のど に 流れる 張り付く 後 鼻 漏 は これ で 治せ。 後鼻漏を自己治療する方法を教えて下さい。後鼻漏で悩んでいます。もう半年...

レクステラプレミアムセブン(植物性ケイ素高配合)

のど に 流れる 張り付く 後 鼻 漏 は これ で 治せ

しかも、 くり返すことで上咽頭癌へとガン化しやすくなる可能性もいわれています。 どうして癌化しやすいかといいますと、「 癌 」は「 慢性的な刺激の結果 」とされているからです。 胃の粘膜が胃潰瘍を繰り返すと癌化しやすいといわれていますが、それと同じです。 粘膜に炎症が起きると、人間の体は修復しようとします。 何度も粘膜細胞の炎症と修復をくり返しているうちに、あるとき修復エラーが起こり発生するのが癌細胞といわれています。 ただ、必ずこのようになるわけではないので「ガン化するのでは…」と、あまり神経質になる必要はなさそうです。 ガンの心配よりも、 ケアをしない事を心配した方が良さそうです。 上咽頭のケアは大切ですよ!忘れないようにしましょう。 治療の一環として医療の現場でも使用されており、以前は3万円〜8万円もする高価な物でしたが、最近では、家庭用として2万円以下で機能と価格のバランスが良い機種が入手できるようになってきています。 調べてみると、生理食塩水が使える機器を製造しているのは、医療機器メーカーで知られている『株式会社エーアンドデイ』(東証1部)1社のみでした。 水道水と食塩で簡単に作ることができ、体液と同じ塩分濃度なので身体になじみやすく楽な吸入ができます。

次の

粘膜注射療法│アレジオ銀座クリニック

のど に 流れる 張り付く 後 鼻 漏 は これ で 治せ

最近では、中国からの大気汚染や黄砂アレルギーなども誘因になっているケースもあるようです。 後鼻漏は水鼻や痰様の鼻水が喉に流れる症状で、口臭や鼻臭症、咳、痰の原因にもなります。 後鼻漏自体に効能効果をもった薬(漢方薬を含む)はなく、独自の組み合わせによる漢方治療はありますが、その漢方治療もごくわずかに限られています。 後鼻漏は治療してもなかなか改善しにくい症状のひとつなのです。 後鼻漏には、これといった治療が少なく、薬による治療法も確立されていないので、治療方法で悩んでいる人も多いのですが、近年、自宅で手軽にできる薬を使わない「鼻吸入療法」(スチーム式の吸入器であれば、鼻スチーム療法ともいう)による習慣的ケアとの治療併用が後鼻漏を治療中の方に注目されるようになってきています。 後鼻漏のときの不快症状を軽減し、改善を促す、薬を使わない治し方です。 後鼻漏(後鼻漏症候群)の原因としては、蓄膿症(副鼻腔炎)、血管運動性鼻炎、アレルギー性鼻炎等が一般的なのですが、併発症状として後鼻漏の症状がある人に意外に多い疾患が「上咽頭炎(鼻咽腔炎)」です。 この上咽頭炎、実は大変多くの人が上咽頭炎の症状を持っているのに、治療される機会が少ない疾患なのです。 鼻の奥の突き当たりで、鼻と喉の境目付近が上咽頭です。 (のどちんこの裏側のちょっと上辺り)この部分は常に外気にさらされているので慢性的な炎症症状が生じやすくなっています。 上咽頭炎が慢性化することで、後鼻漏をはじめ、頭痛、咽頭違和感、肩こり、耳鳴、めまいなど様々な症状が引き起されます。 後鼻漏で痰が強く喉に貼りついたような症状がある場合に、この上咽頭炎を疑っていいかもしれません。 耳鼻咽喉科でもこの部分の炎症に着目する医師が少ないため、見逃されていることが多く、後鼻漏とともに『残念な疾患』ともいわれています。 ここが見逃されている結果、特に鼻中に異常がなくて鼻水が喉に落ちる後鼻漏の症状がある人は、医師から「気のせい」などと言われることもあるようです。 また、薬が塗布しにくい場所なので、治療もなかなか手こずるようです。 ほんとうに残念です。 ですが、、、ご安心を! 蓄膿症(副鼻腔炎)やアレルギー性鼻炎等に加え、上記のように上咽頭炎から生じる後鼻漏の不快症状には、ノドと鼻が関係していることが多いため、ノドと鼻とを同時にケアする必要があります。 そこで、ノドと鼻とを同時にできる家庭用ノド鼻吸入器(薬を使わず、生理食塩水が使える吸入器)を使った後鼻漏吸入療法が注目されるようになったのです。 自分で手軽にできる治療法としても普及してきています。 鼻吸入療法は薬の使用や患部を直接治療するものではなく、微霧化した生理食塩水を使ったセルフケアです。 生理食塩水の微霧で温め、潤いを与えることで後鼻漏時の鼻やノドの不快症状改善を促します。 花粉症、副鼻腔炎、蓄膿症、後鼻漏(後鼻漏症候群)で治療中の人は必見です。 とくに元々の原因が花粉症の方は、鼻吸入療法(鼻スチーム療法)+各治療との併用で改善率がアップすることが予測されています。 厚生労働省のHPの「花粉症の民間医療について」をご覧になるとご理解頂けるかと思います。 【生理食塩水が使える吸入器=医療機器認証番号:219AHBZX00003000】.

次の

粘膜注射療法│アレジオ銀座クリニック

のど に 流れる 張り付く 後 鼻 漏 は これ で 治せ

鼻炎の最新治療 「粘膜注射療法」 粘膜注射療法は、鼻炎を始めとする様々な耳鼻咽喉科疾患を対象にした最新治療です。 鼻やノドの粘膜から炎症や肥大などの異常を直接取り除くことで速やかに効果が表れ、鼻炎でも数年程度の効果の持続が期待できます。 その即効性・持続性の高さにも関わらず、従来の外科的治療のように粘膜を傷つけることがない侵襲性の低さが最大の特長です。 副作用がないため、軽症から重症まで安心して適用できます。 治療対象となる主な疾患・症状 炎症により腫れた鼻粘膜を正常な状態に復元することで、鼻水・鼻づまり・くしゃみ等の症状が改善されます。 粘膜注射療法は、特に進行した後鼻漏症状の治療に適しています。 鼻粘膜が変性してしまい、薬物療法では効果が得られにくい場合でも治療が可能です。 術後後遺症 過去に粘膜の切除手術や蓄膿症(副鼻腔炎)の手術を行ったことで、粘膜が強い刺激により変性してしまうことがあります。 そのような症例にも粘膜注射療法を適用できます。 いびき 肥大したノドの粘膜を減量します。 粘膜注射療法の開発は、いびき治療を発端に考案されました。 また、いびきをかく人は鼻づまりで口呼吸となっている場合が多く、一度、鼻炎治療の診察を受けることをお勧めします。 粘膜注射療法の仕組み(鼻炎の場合) 鼻の粘膜が炎症すると、粘膜内の鼻腺・血管・神経の反応によって鼻水・かゆみ・くしゃみなどの症状が現れ、 また、腫れた粘膜が鼻づまりを起こします。 鼻炎の治療は大きく分けて、薬で一時的に炎症を抑える内科的治療と、レーザー焼灼や切除により炎症した粘膜を直接取り除く外科的治療です。 外科的治療は即効性や持続性が高い反面、鼻粘膜が本来持っている加温・加湿・除菌などの生理機能も損なわれてしまうため、より重症の場合に適用されます。 粘膜注射療法は、身体をバリアーする鼻粘膜のこれら生理機能を維持させたまま、症状を更に効果的に改善する外科的治療です。 炎症した鼻粘膜内にエタノールを主成分とする薬剤を注射し、その凝固作用により粘膜を内側から収縮・減量します。 鼻粘膜のバリアー機能が備わる粘膜上皮(表面)にはほとんどダメージを与えず、余分な鼻腺・血管・神経がある鼻粘膜の下層部分のみを効率よく取り除くことが可能です。 また、鼻粘膜のバリアー機能が維持されるため、粘膜上皮を取り除く外科的治療よりも鼻炎が再発するまでの期間が長くなり、多くの場合は数年単位で効果が持続します。 実際の治療 粘膜注射療法は、特別な症例を除き、一度の施術で治療が完了します。 局所麻酔と注射処置を行う数時間程度の手術で、入院の必要はありません。 術後の痛みや出血もほとんどなく、身体的・精神的負担が少ないメリットがあります。 粘膜注射療法をご希望の場合でも、適用を診断するために、まずは診察・検査を受けていただく必要があります。 さらに詳しく知りたい方のために 粘膜注射療法の詳しい内容について、治療事例などを以下の専門サイトにまとめています。 また、当クリニック院長・呉孟達による著書『鼻すっきりの健康学』が2010年に講談社から出版されています。 疾患のテーマは花粉症ですが、粘膜注射療法について詳細に解説しており、薬剤の作用や他の治療法との比較など、治療を検討する他の疾患の方にも参考にしていただける内容です。

次の