爬虫類 体表。 爬虫類(はちゅうるい)とは

昆虫類(こんちゅうるい)とは

爬虫類 体表

イモリとヤモリの違い イモリは両生類ヤモリは爬虫類 イモリはカエル、サンショウウオなどと同じ仲間の両生類、ヤモリはカメ、ヘビ、トカゲなどと同じ仲間の爬虫類です。 イモリは水中生活、ヤモリは陸上生活 両生類と爬虫類の大きな違いは水にあります。 水の中でのみしか生きることができない魚類から、約4億年前に脊椎動物では最初に進化して上陸したのが両生類です。 さらに進化して水から離れて生きることができるようになったのが爬虫類です。 両生類は水の近くの陸から上がっただけですが、爬虫類は水から離れて生きることができます。 イモリとヤモリの大きな違いは、イモリが水から離れて生きることができないのに対して、ヤモリは水から離れて生きることができます。 イモリは水中生活するのに対して、ヤモリは陸上生活します。 イモリは肺呼吸と皮膚呼吸、ヤモリは肺呼吸 両生類であるイモリは、卵から返ったばかりの幼生期にはカエルと同じように、オタマジャクシになり、エラで呼吸します。 オタマジャクシは成長するにつれて足が出て、成体になると肺で呼吸するようになるので、 時々水面から顔を出しガス交換を行います。 しかし、イモリの肺機能は十分でないため、皮膚呼吸も同時に行っています。 一方、ヤモリは卵からかえると、すでに成体と同じヤモリの姿をしていて、肺呼吸をします。 イモリとヤモリの見分け方 体の色、体長 イモリとヤモリは体の色から容易に見分けることができます。 イモリは背面が黒褐色で腹面が目立つ赤と黒のまだら模様をしているので「アカハラ」と呼ばれているのに対し、ヤモリは全身が灰色のため目立ちません。 イモリの体長は約8~13cmに対して、ヤモリの体長は少し大きく10~14cmくらいです。 体の表面 イモリは皮膚呼吸をしていますが、そのためには皮膚は常に湿っていなければなりません。 イモリを乾燥した場所に長時間放置すると、体の表面が乾燥して皮膚呼吸ができなくなり、体内から水が蒸発して死んでしまいます。 イモリの皮膚に鱗はありません。 一方、ヤモリの皮膚はイモリと異なり、乾いた鱗におおわれていて、体内からの水分の蒸発を防いでいます。 瞼 目のあたりをよく見ると、イモリは瞼がありますが、ヤモリは瞼がありません。 前足の指や爪 前足の指の数は、イモリは4本ですが、ヤモリは5本です。 また、イモリは爪がありませんが、ヤモリには爪があります。 歩き方 イモリは腹を浮かせて歩くことができません。 移動時も腹部を地面につけているためゆっくりとしか歩けません。 一方、ヤモリは陸上生活に適応し、胴体を地面から浮かせてより速く歩くことができます。 スポンサーリンク イモリの特徴 イモリは漢字では井守 イモリは漢字で井守と表記します。 井というのは湧き水が出る泉や地下水をためた水くみ場のことです。 特に井戸を指す場合もあります。 池や井戸など水のあるところを守るように棲んでいることから、井守と呼ばれるようになったと考えられています。 イモリの再生能力 イモリの例えば足を切り落としたとすると、切り口からは血が出ますが、そのうちに傷口が白く盛り上がり、切り落としたはずの足がもと通り再生されてしまいます。 イモリの毒 イモリには毒があります。 イモリの毒は微量ですが、その成分はフグと同じ猛毒のテトロドトキシンです。 イモリが毒々しい赤い色で目立たせているのは、毒があるから食べないようにと天敵に警告しているのです。 イモリの黒焼き 昔からイモリの黒焼きは、ほれ薬として有名です。 その効果のほどは定かではありませんが、イモリのオスがメスに盛んに求愛行動をするので、そのことがほれ薬を連想させたのではないかとされています。 ヤモリの特徴 ヤモリは漢字で家守 ヤモリは乾燥した場所に生息し、家の近くで見られるため家守と名づけられました。 ヤモリの出る家は縁起がいい ヤモリは肉食の生きもので、家にいるゴキブリやハエ、シロアリなどの害虫を食べて 家を守るという意味から縁起がよいとされています。 ヤモリの中でも特に、白いヤモリを見ると金運がアップするといわれています。 ヤモリの足の秘密 ヤモリは垂直な壁や天井を日在に歩き回ることができます。 カエルのような吸盤や、カタツムリのような粘液があるわけではありませんが、どのようなところでも落ちずに歩くことができます。 その秘密は、原子や分子の間で働くファンデルワールス力という引力にあります。 このヤモリの足の仕組みを利用した接着テープなどの製品も開発されています。 ヤモリの毒 ほとんどのヤモリは毒を持っていません。 ヤモリの種類の中で毒を持っているのは世界でメキシコドクトカゲ、アメリカドクトカゲのみです。 日本で生息するヤモリは毒をもっていません。 まとめ イモリとヤモリの違いや見分け方を以下にまとめました。

次の

爬虫類と両生類の違いとは

爬虫類 体表

概要 [ ] に地上で生活を全うできる生物群として3億年前にから分かれてした爬虫類は急速に多様化した。 そして爬虫類は、その前にいた両生類に代わり世界を支配し始めた。 には、などが、からはが繁栄した。 一方、古生代半ばから中生代前半にかけて繁栄したの祖先である 哺乳類形爬虫類 は、その後の研究並びに分類方法の変更から、現在は爬虫類には含まれない。 現生種としては通常は類(類を含む)、類、類、を含み、とは含めない。 基本として体表は表皮の変形したでおおわれ、4本の脚と尾、乾燥に強い(有羊膜卵)などが特徴である。 またのによって発生するはやのような尿素ではなく、水に不溶であるに代謝し、とともにから排泄するものが多い。 これも乾燥に対する重要な適応の一つである。 ヘビや、を始めとする一部のトカゲのように脚がしているものやカメ類のように鱗と骨格が一体化し、甲となったものもある。 繁殖形態は卵生で、革質か石灰質の殻におおわれたを陸上に産む。 生まれた子供は親と同じ姿をしており、変態はしない。 ただし直接子供を産むの種もいる。 、オガサワラヤモリ、など、種が一部に存在する。 蛇の仲間は一般的に足が退化している。 多くはで、体温が外部温度に少なからず依存する。 昼行性の爬虫類の多くは等で体温を高めた上で活動を始める。 体温を保つのにエネルギーを費やす必要がないため、やに比べて食事の間隔は長い。 適度な水分さえあれば何も食べずに1ヶ月ほど生きることもある。 現生の爬虫類の中には、ウミガメの一部の成体などのように体温の変動幅がわずかな的体温調節を行うものもいる。 またやなどの絶滅種には内温性であったものが存在するのではないかと考えられている。 現生種はやを中心に、以外の全世界に分布する。 体長2cm、体重1g以下の Sphaerodactyus ariasae(ヤモリの一種)から、など体長10m、のように体重1トンを越える種もある。 多くは性であるが、大型類や類などのようにやのものも存在する。 Crocodylus porosus 系統分類の考え [ ] 爬虫類の取り扱いは、上の分類にしたがっている。 爬虫類の分類上の取り扱いには、難しい問題がある。 これは、生物の分類を「共通の祖先を持つグループごとの単位」()に分類していくべきであるとする考え方に対応して発生した。 地球の歴史の中で爬虫類の祖先を考えたり、現生種の遺伝子を分析しそれぞれの種がどのぐらい離れているか(遺伝的距離)を推定する研究から、爬虫類の一部のグループ(恐竜)からが分かれたことが明らかになってきている。 現生動物の系統 [ ] 下記は、爬虫類、鳥類、を含む「」をその系統で整理した例(参照)で、それに上の分類を対応させたものである。 この分類は一定しておらず、あくまでも一例であることに注意してほしい。 特にカメ類の位置には論争がある。 有羊膜類• 単弓類• 獣弓類• 哺乳類• 竜弓類• 爬虫類• 双弓類• 竜類(サウリア)• 鱗竜類• 有鱗類• ((と近縁説が有力)、 と近縁説が有力 を含む)• 主竜形類• 主竜類• 化石動物も含める [ ] 上の系統分類の考え方に、絶滅した、、などを含むと下記のようになる。 ただし、初期有羊膜類の分類・分岐については化石の産出が断片的であることもあいまってとの境界も含め非常に流動的であり、wikipediaでも様々な記述が見られる事に注意されたい。 おおよそ確定的なのは、以降の分類である。 - 哺乳類以外絶滅• 中竜類• - 絶滅• ミレレッタ類• 細脚類 - 絶滅• 類 - 絶滅• 鰭竜類 - 絶滅• 鱗竜類• プロラケルタ類 - 絶滅• リンコサウルス類 - 絶滅• トリロフォサウルス類• コリストデラ類• - 絶滅• 類 - 絶滅• 類 - 鳥類以外絶滅• 脚注 [ ] []• ネイチャー・ワークス地球科学館 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 爬虫類に関連する および があります。 (哺乳類型爬虫類)• 外部リンク [ ]• (英語).

次の

カメレオンの飼育方法4つのポイント!初心者が知りたい飼い方のコツ

爬虫類 体表

脊椎動物門に属する動物の。 石炭紀に現れ,にした動物群で,進化の系統ではと・の中間に位置する。 皮膚を保護するをもち,に卵を産むことで,地上のほとんどの場所で活動できるようになり,形態は多様化した。 種は目 Chelonia,目 Rhynchocephalia,目 Squamata,目 Crocodiliaに分けられるが,類や類などのようなすでに絶滅したものも多数含まれる。 体は一般に角質の鱗でおおわれ,ほとんどがない。 体の大きさは,体長約 35mmのの仲間から 9mに達するまで実にさまざまである。 現生のカメで最大のオサガメは,体重が 600kgをこえる。 と一部のトカゲを除いた類は四肢をもつが,体側から側方に突き出てから下方に曲っているため,前進するとき左右にも体が揺れてしまい運動の効率は良くない。 しかしとは体を持上げて走ることができ,そのスピードは意外に速い。 陸性で脚をもたない種類は,体の下面で地面や岩などの固い場所を後方へ押しやって移動する。 樹上性のニシキやカメレオンは,尾を枝に巻きつけて体を保持し,移動する。 また,ヤモリが壁をよじ登れるのは,小さな鉤の沢山ついた指の裏で,壁面のわずかな突起を捕えているからである。 爬虫類のなかには水中で生活するものもいるが,そのほとんどが尾を使って泳ぐ。 心臓は2心房2心室をもつが,心室間の隔離は原則として不十分である。 ムカシトカゲ以外の雄は交接器をもち,体内受精を行うが,トカゲ類とヘビ類のなかにはを行うものも知られている。 一般に殻に包まれた比較的大型の卵を産む。 まれにのようにの種もある。 卵の数はカメの仲間で一度に最高 200個も産むものもいるが,ヤモリで通常2個,ワニで 20~70個程度である。 卵は発生中に羊膜と尿膜ができるのが特徴で,羊膜は卵を乾燥から守り,尿膜は呼吸器官として機能する。 爬虫類,鳥類,類だけに羊膜ができるので,これらを総称して羊膜類ともいう。 排泄器は後腎。 世界で 6000種余が知られており,温帯から熱帯にかけて広く分布する。 しかし食用あるいは皮革製品用に狩猟され,これまでに多くの種が絶滅した。 ごく一部の限られた地域を除いて,人間に危害を加える有毒な種はほとんどない。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 変温動物のうちでは最も進んだ体制をもつ脊椎動物の一綱。 体表は原則として角質の鱗におおわれ,半数以上の種類が発達した四肢をもつが,四肢が退化したものもある。 心室は不完全ながらで区分され,終生肺で呼吸して,鰓呼吸の時期をもたない。 生体内窒素を尿酸の形で排出し,陸上でのが可能。 卵はに包まれ,成体形へ直接発生して,幼生期も変態することはない。 古生代末に両生類から分かれ,中生代に著しく繁栄()したが中生代末期にはほとんどが滅び,現在では4目約6000種を数えるにすぎない。 しかし鳥類,哺乳 ほにゅう 類を生むとなって,生物進化の過程で重要な位置を占めた。 喙頭 かいとう 目(),目,目は形態的にはほとんど中生代のものと変わりないが,,類を含む有鱗 ゆうりん 目は,の水生トカゲのから分かれ,新生代に著しい分化を遂げた。 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて の解説 脊椎 せきつい 動物門爬虫綱に属する、角質の体鱗 たいりん に覆われた変温動物の総称。 この仲間Reptiliaは次のような歴史を有する。 [松井孝爾] 系統と進化爬虫類は古生代末期に両生類から分化し、乾燥に強い皮膚と発達した四肢を備え、卵殻をもつ有羊膜卵(発生過程で羊膜を生ずる卵)を陸に産むことで、陸上に進出した。 やがて、中生代には大発展を遂げて、爬虫類時代とよばれる繁栄を築きあげた。 爬虫類の最初の祖先型は、ペルム紀(二畳紀)に出現したリムノスケリス Limnoscelisなどの杯竜 はいりゅう 類で、すでに爬虫類型の骨格を完成しており、その起源は、両生類と爬虫類の両方の特徴をもつシームリア Seymouria類と考えられている。 ジュラ紀から白亜紀にかけて、大形恐竜類を含む多数の群に分化し、陸ばかりでなく海、空にまで生活圏を拡張していった。 しかし中生代末期には不明の原因で急に衰微し、かわって爬虫類から分岐した哺乳 ほにゅう 類、鳥類が台頭するようになった。 爬虫類の現生種はカメ、ムカシトカゲ、トカゲ、ヘビ、ワニの総計約6000種で、南極を除く世界の各地に分布する。 [松井孝爾] 形態的特徴体表は鱗 うろこ または角質の皮膚に覆われ、分泌腺 せん が乏しくて乾燥している。 体鱗は表皮の表層が角質化したもので、さらに骨質の皮骨を含むものも少なくない。 カメレオンをはじめ樹上性のトカゲ類には、真皮内の色素胞の収縮・拡張による体色変化を利用した、効果的な保護色をもつものが多い。 脱皮は、成長に伴って表皮の角質部が脱落するもので、ヘビでは全身が一度に、トカゲでは部分的に、カメやワニでは徐々に行われる。 骨格は両生類よりもさらに硬骨化し、頭骨はただ1個に減った後頭顆 こうとうか (後頭部にあるくぼみ)で頸椎 けいつい と関節するため、頭部はかなり自由に動く。 頭骨の構造、とくに側頭窓(目の後方にある開口部)の数や位置は分類上重要な要素であり、全体が6ないし7群(亜綱)に分類される。 そのうち現生種が含まれるのは次の3群のみで、他はすべて絶滅した化石種である。 [松井孝爾] 現生種 1 無弓亜綱Anapsida もっとも原始的な一群で杯竜類も含まれる。 頭骨は堅固な少数の骨で構成され、側頭窓がなく側頭部は完全に覆われている。 現生種はカメ目だけで、甲を備えた祖先型はすでに三畳紀に出現していた。 甲は、皮骨である骨板と脊椎骨、肋骨 ろっこつ 、鎖骨が結合した堅固な箱形で、表面は角質の甲板 こうばん (鱗板)で覆われるが、一部では二次的に甲や甲板が退化している。 上下のあごとも歯を欠くが、祖先型では口蓋 こうがい に歯を残していた。 肛門裂 こうもんれつ は体軸に平行である。 すべて卵生で、水生・海生種も陸で産卵する。 11科約220種が知られ、頭頸部の引っ込め方で、潜頸亜目と曲頸亜目に大別される。 2 有鱗亜綱Lepidosauria 原則として上下2個の側頭窓があり、体表は角質化した細鱗で覆われる。 肛門裂は体軸に直角である。 三畳紀初期に分化して栄えた喙頭 かいとう 目は、現在ムカシトカゲ科の1種がニュージーランドに生存するだけである。 有鱗目で現存するのは、トカゲ亜目の約23科3400種とヘビ亜目の約11科2500種で、側頭窓は下方で不完全となって1個しかなく、下あごは方骨を介して頭蓋に緩く関節するため、口を大きく開くことができる。 3 鰐形 がくけい 亜綱Archosauria 上下2個の側頭窓をもち、肛門裂は体軸に平行である。 代表的な大形恐竜を含み、現生種は槽歯目から分化したワニ目の2科23種である。 歯並びや鱗板の違いで、アリゲーター科とクロコダイル科に分類される。 全長3~7メートルの大形種が多く、爬虫類ではもっとも強力な存在である。 爬虫類は、毒ヘビと少数の大形ワニが人畜に被害を与えるが、反面、多くの種が農林業の害獣であるネズミ類や小哺乳類をとらえて、役だっている。 一部が食用、細工物の材料、ペット、民間薬用に供せられる。

次の