爪 横割れ。 爪が割れる原因は乾燥かも!爪が割れるのを防ぐグッズや補修方法

爪が割れる・でこぼこする原因|栄養不足や病気の可能性。ケア方法は?

爪 横割れ

ジェルネイルやポリッシュを楽しまれている方なら、「自爪をキレイに長くのばしたい! 」と思うのは自然なことですよね。 でも時には、何かにひっかけたり、重たい物を持ったりして、急に爪が割れてしまうこともあります。 明日はお出かけだから、何とかこれ以上割れないようにキープしたい! 1本だけ短くなるのはイヤなので、できるだけ切らずにおきたい! サロンで補修をお願いする時間の余裕はない! という方のために、 割れた爪を自分で補修する4つの方法を紹介します。 自分でも簡単に爪を補修できる4つの方法• 爪ようじで爪の割れたところにグルーを埋める• 爪の割れたところにシルクラップを貼る• ガタガタになってしまった爪の先で皮膚を引っ掻き、ケガをしてしまう可能性があるからです。 以下では、それぞれの補修方法について説明します。 爪ようじでヒビ割れの中にグルーを埋める 爪を補修する方法の1つは、を使う方法です。 接着剤といっても、木工用ボンドのようなものでは補修箇所の見た目がかなり汚くなってしまいますのでNGです。 またまつげグルーでも接着力に欠けます。 ネイルチップや、ネイルパーツを付けるためのもの まずは、下準備として、割れた自爪の表面の油分を どうしてもない場合はエタノール などで拭き取ります。 ジェルネイルを塗る前の下準備としても油分の拭き取りは欠かせないですが、それと同様に、グルーをしっかり爪に密着させるための工程です。 そして、爪ようじの細い方を使って、割れてしまった箇所にグルーを埋め込んでいきます。 爪ようじの先はとがっていますので、誤って手先の皮膚に刺してしまわないよう、十分に注意してくださいね。 あとはグルーを乾かし、補修跡が気になるようならポリッシュなどを重ねておくのがオススメです。 爪の割れたところにシルクラップを貼る グルーで補修する場合よりも、さら仕上がりがキレイで、割れにくく補修できる方法は、シルクラップを使用する方法です。 各メーカーから色々なシルクラップが販売されていて、セルフでジェルネイルをされている方に人気のある商品です。 ナチュラルフィールドサプライでも、どんな爪の形にも合わせやすい「」のお取り扱いがあります。 シルクラップははじめから接着剤がついていて、 割れたところに乗せるだけなので簡単ですし、そのまますぐジェルネイルを行うことも可能です。 「ドットシルクラップ」を使用した、爪の補修方法については、で更に詳しく触れています。 気になる方はぜひ、合わせてご覧ください。 ~シルクラップの代用品はある!? ~ ちなみに、シルクラップのような薄い布なら、「シルクラップの代わりとして使えるのでは!? 」という意見もよくネットなどで見かけます。 例えばティッシュやガーゼです。 ただ、ティッシュでは強度に欠けすぐに破れてしまうこと、ガーゼでは貼ったところが目立ちすぎることから、シルクラップとして使うことには適していないでしょう。 やはり、ちゃんと シルクラップとして販売されているものを使うのが1番オススメです。 シャイナー 爪磨き で爪の表面を磨く 爪の表面だけに、ほんのわずかな割れが見られる場合 割れというよりスジが入っているというイメージ 、さらにヒビが深くなってしまわないように、で、爪の表面を磨くという方法があります。 爪の表面だけのヒビ割れの場合、これだけでも大分目立たなくなります。 ベースコートを塗る 爪の表面に、ほんのわずかな割れが見られる場合の補修方法として、ベースコートを塗るという方法もあります。 先述したシャイナーと合わせて使うことで、凹凸の少ないキレイな爪の表面に仕上がります。 「気になるか気にならないか微妙なラインだけど、一応何とかしておきたいな」と思ったら、試してみてくださいね! 持っているアイテムやヒビ割れの状態に合わせて、4つの補修方法を使い分けよう! ネイルグルーを使う• ドットシルクラップを使う• 手持ちのアイテムや、ヒビ割れの程度に合わせて、補修方法を使い分けてみてくださいね! もちろん、血が出るほど深く割れている場合は、無理に補修を考えず、治療を優先しましょう。 マニキュアやジェルネイルも、傷が治るまではお休みした方がいいです。 ちなみに、 「爪がよく割れてしまう」という方は、爪そのものが弱っているのかもしれません。 下記ページでは、自爪を強くする方法について触れておりますので、気になる方はぜひ、合わせてご覧ください!

次の

爪が割れる:医師が考える原因と対処法|症状辞典

爪 横割れ

ちょっとぶつけただけなのに~爪が割れちゃった~痛い! 爪が割れると本当に痛いですよね・・・それに爪ってなんでこんなに簡単に割れちゃうの? 爪は皮膚の角質が変化したもの。 でも、爪を丈夫にして、 簡単に割れないようにしたい! 今回は、 爪割れの原因と割れた時の処置、爪割れの予防法について下記の流れでお伝えしますね。 ・爪割れの原因は? ・手の爪割れと足の爪割れ・・・原因は同じ? ・縦割れと横割れ。 手荒れの原因になることは、爪割れの原因にもなるのです。 靴を履くと、どうしてもムレて爪白癬になりやすくなっちゃいますし、キツイ靴に圧迫されたり、歩くときに靴との摩擦があったりして、爪が割れちゃうのです。 足に合わない靴のせいで、巻爪になってしまい、割れやすくなることも。 すばやく処置していくことで、爪割れなどの二次的症状を防ぐことにもなりますよ。 Sponsored Link 縦割れと横割れ。 原因と処置方法は? 縦割れの原因 ・ 乾燥 洗剤や除光液は 爪の油分を奪います。 油分が奪われると、爪の水分が奪われて爪割れの原因に・・・ 肌荒れならぬ、爪荒れの状態になるわけです。 ・ 食生活 食生活が乱れると、肌荒れが起こりますよね?爪だって栄養が偏ると割れやすくなります。 こんな爪割れの症状には注意 先ほども少し触れましたが、爪割れには内分泌異常や代謝機能の異常などの病気が隠れていることがあります。 具体的には、 甲状腺機能障害・卵巣機能障害・糖尿病・高尿酸血症・慢性肝障害・貧血などです。 爪割れが続く場合には、医師に相談して下さいね。 爪割れを直ぐに処置する方法 爪が割れた時、割れたところまで切って、爪が伸びるのを待てば良いのですが、爪を伸ばしている人は切りたくないですよね。 ネイルサロンで補修してもらえますが、自分で何とかしたいときには、こんな方法を試してみて下さい。 爪に色をつけたくない場合はこんな方法もあります。 ネイルグルーという爪用の接着剤が市販されていますから、まずそれを用意してください。 洗剤を使うときにはゴム手袋を。 除光液を使用する回数もできるだけ減らす。 そして、爪は、爪の下にある爪床という皮膚から水分や栄養をもらっています。 皮膚の主成分はコラーゲン。 これらも意識して摂りましょう。 ですから、 頻繁に爪割れが起こるようになったら、ジェルネイルは少しお休みした方が良いです。 ジェルネイルをお休みしている間は、よく 油分を補って下さいね。 爪はデリケートなものですから、この記事を参考に、食生活やお手入れの習慣を見直して丈夫な爪を手に入れて下さいね!.

次の

爪が割れた処置や対処法は?接着剤なら100均ダイソーのネイルグルーが優秀?

爪 横割れ

爪が割れる原因 爪が割れる原因は思っているよりも多いです。 縦割れと横割れでは原因が違い、縦割れは注意が必要かもしれません。 縦割れ• 病気 爪が割れる原因の多くは乾燥によるものです。 洗い物などの水仕事で手の脂が落ちてしまい乾燥します。 また除光液なども爪の油を根こそぎ持って行ってしまうので乾燥の原因になりますね。 そしてもう一つの原因が病気。 爪が割れる病気ではなく、その病気が引き起こすものの一つとして爪の割れがあります。 該当する病気の例として以下の様なものがあります。 甲状腺機能低下症• 糖尿病• 貧血気味• 卵巣機能の障害• 高尿酸血症• 慢性肝障害 特に糖尿病の場合は爪が白く濁ったり巻爪になるなどの症状が出て、貧血では二枚爪のような症状が出ることもあります。 乾燥と違い、ちゃちゃっと対処というわけには行きませんね。 横割れ• 栄養不足• 爪切り• 乾燥 横割れする原因は乾燥・栄養不足に加えて、爪切りの仕方です。 乾燥は縦割れと同じく水仕事などで油がなくなってしまい乾燥します。 栄養不足 や生活習慣の乱れ による割れは現代人ならではですね。 夜更かしして砂糖たっぷりの甘い紅茶を飲みながらお菓子を貪るなんて生活はもってのほかです。 僕ですね 意外なのが 爪切りですね。 爪を切るときにパチンッと音がしますよね。 あのときに爪に加わる衝撃はかなりのもので実は爪が傷んでいます。 ただこれだけでは割れる理由としては弱いです。 爪を切る形も爪の割れに関係しているんですね。 Sponsored Link 治し方 原因が分かったところで、対策を見ていきましょう。 縦割れ まずは病気の対策です。 病院に行ってください。 これは家庭で簡単に治せるものではないので専門家の指導を受けるのが一番です。 手遅れになる前に病院に行きましょう。 病気かどうか分からない…という場合は思い当たる節がないか考えてみましょう。 そうそうなる病気ではないので可能性は低いですが、もし不安なら万が一ということもありますし病院に行くことをおすすめします。 次に乾燥対策です。 手が乾燥することってあると思います。 手と爪は同じ場所にあるので、手が乾燥していいるなら爪も乾燥しています。 爪は固くて潤いとは無縁に思うかもしれませんが、一定の水分を含んでいます。 その水分が失われれば乾燥している=割れやすくなるんですよね。 保湿をします。 当たり前 乾燥するのは水洗いなど、水を触る時です。 水洗い時はできるだけゴム手袋をするなどして洗剤から手を守りましょう。 洗剤はかなり強力で手の脂を根こそぎ奪ってしまいます。 ハンドクリームでアフターケアすることはできますが、ダメージを和らげているだけですから少なからず乾燥します。 最初からダメージを防ぐほうが手の健康にはいいですね。 除光液も爪にダメージを与える大きな原因ですね。 爪に直接触れる分、ダメージが大きいです。 こちらは使わないというわけにも行かないので保湿でアフターケアをするのが大事になります。 保湿をする場合、手はハンドクリームですが、爪はキューティクルオイルで潤いをあたえます。 爪に栄養分や潤いを与えてくれるものです。 特に乾燥していない場合でも栄養を与えることは爪にとっていいことですので普段使いすると爪にいいですよ。 横割れ 乾燥対策は縦割れと同じです。 残る横割れの原因は次の2つですね。 栄養不足• 爪切り 栄養不足対策! にも書きましたが爪を作っているのはタンパク質です。 そしてできた爪を維持するために、他の栄養素が必要になります。 成分と効果、食品の一覧は以下のとおり。 加えて魚や肉を食べればいいですね。 ビタミンEを取るために、おやつにアーモンドを食べるようにすればバッチリです。 別に毎日栄養を取る必要はなく、週に何回か意識すれば十分です。 普通の食事をしていればこれらの栄養分のうちいくつかは自然と取れるはずですからね。 食事がしっかりしていても、冷え性の方は注意が必要です。 冷え性は末端の血管に血液があまり届かなくなって起こる症状です。 血液が届かなければ栄養も届きません。 手や足をよくマッサージして血行を促しましょう。 次は爪切り! まず、爪切りをした時のパチンッが問題です。 あの時の衝撃は思った以上に強くそれだけで割れてしまうこともあるほどです。 できるだけ衝撃を和らげるために、手をお湯につけたりお風呂直後にしたりして爪が柔らかい状態で切りましょう。 スクエアオフと呼ばれる形が爪の強度的には最適です。 先端を水平に切ってから角を少し削って丸くする方法ですね。 この形にするだけで爪割れをかなり防ぐことが出来ます。 いちばんお手軽にできる方法ではないでしょうか。 ネイルをしたくて伸ばしている時もこの形にしておいて、いざするという時に形を整えると割れづらいです。 また爪やすりを使うと爪へのダメージをなくせます。 爪切りと違って衝撃がないので爪が剥がれたりすることもないですからおすすめです。 爪やすりにはガラス製や金属製がありますが、ガラス製が扱いやすくていいです。 水洗いができるのがいいんですよね。 削る性能も高いので時間がかからないのもポイントが高い。 ぶつけたり落としたりすると割れる可能性があるのが欠点です。 爪やすりはでおすすめを紹介しています。 まとめ• 縦割れは病気の可能性あり• 洗剤や除光液で乾燥する。 保湿するべし!• 栄養不足は割れの元。 普段の食事から改善。 冷え性ならマッサージで血行促進を! 病気が原因で爪が割れる、と言うのはあまりないです。 普段から爪がよく割れるという方は、乾燥してたり不摂生・不規則な生活で爪に栄養が行き届いていなかったりするのがほとんど。 生活で改善できることばかりなのでぜひ意識してみてください。 Sponsored Link.

次の