ゆうちょ 生体認証。 ゆうちょ銀行が「ゆうちょ認証アプリ」を配信 ゆうちょダイレクトに生体情報でログイン

生体認証ATMの行方 [銀行・郵便局] All About

ゆうちょ 生体認証

記事の目次• ゆうちょ銀行の代理人カードって何? 代理人カードは、家族など2人でゆうちょの貯金口座を共有するときに便利に使えるキャッシュカードです。 ゆうちょ銀行の家族カードを作っておけば、お金の共有ができて送金がわりにも使えるほかに、親が高齢になったときに親のゆうちょ銀行の口座から貯金がおろせなくて困るということもなくなります。 そもそもキャッシュカードは2枚作れるの? という疑問をもつ人がいると思いますが、ゆうちょ銀行の他に、みずほ銀行は代理人カードという名前で、ソニー銀行はファミリーカードという名前でキャッシュカードを2枚目まで発行しています。 しかし、ゆうちょ口座では送金の為に代理人カードを作らなくても、家族間で通帳とカードを分けてもつことで、どちらからでも引出や預け入れが出来ます。 ゆうちょ銀行の代理人カードの基本情報 ゆうちょの代理人カードの申込対象は、ゆうちょ銀行では口座の名義人本人の家族を勧めていますが、名義人が希望すれば家族でなくても申込可能です。 認知症などの理由で判断能力が不十分な人が、成年後見人などの家族以外の人にゆうちょ口座の代理人カードを持ってもらうことも出来るのです。 なお年会費や発行手数料は無料ですが、代理人カードが作れるのは1つの口座につき1枚までと決まっています。 また代理人カードには刻印されているのは代理人の名前で、カードはその場でもらえる訳ではなく、窓口で申し込みしてから代理人カードが届くまでには約2週間かかります。 代理人カードの暗証番号は別のものを設定しよう 代理人カードの暗証番号は、初期設定ではゆうちょ銀行から割り振られた番号ですが、もちろん後から希望の暗証番号に変更することができます。 暗証番号を忘れてしまうと大変なので、キャッシュカードと代理人カードの暗証番号を同じものにした方が忘れ防止になり便利そうですが、しかし、セキュリティ面で考えるとこれはおすすめできません。 ゆうちょ銀行でも、キャッシュカードと代理人カードの暗証番号は別にすることをおすすめしています。 面倒でも、やはり暗証番号は別々のものにしておきましょう。 特に指の静脈情報を利用する生体認証で、なりすましによる送金や預金の引き落としといった不正利用を防ぐことができます。 なおICチップによる取引が出来るのはゆうちょ銀行と郵便局の貯金窓口、ゆうちょATMのほかにICカード対応の提携金融機関ATMです。 中にはICチップに対応していないATMがありますが、その場合は磁気ストライプによる従来の方法(暗証番号の入力)で取引することが出来ます。 ICキャッシュカードの新規発行や切替方法 ICカードの新規発行や、手持ちの磁気キャッシュカードをICカードへ切り替えたいときは、全国のゆうちょ銀行と郵便局の貯金窓口で手続きができます。 生体認証を利用したい場合は、指の静脈情報を登録する必要がありますが、これもゆうちょ銀行や郵便局の貯金窓口で登録できます。 ただし代理人カードへのICカードの指静脈情報の登録は、申し込むときに口座の名義人本人が代理人同伴で申し込み手続きをしなければなりませんが、一緒に行けない場合は委任状を提出することで申込可能です。 なおICキャッシュカードの新規発行や切替方法は、手数料無料となっています。 ゆうちょ銀行で代理人カードを作る時に必要なもの すでにゆうちょ銀行の口座があり、代理人カードを発行したいという場合は、ICキャッシュカード発行手続きを行います。 ICキャッシュカード発行手続きに必要なものは、「キャッシュサービス利用申込書」と下記3点が必要です。 印鑑(届出印)• 本人確認書類 まだゆうちょ銀行に口座がなく、口座開設と同時に申し込む場合は、「総合口座利用申込書」に下記2点が必要です。 本人確認書類 例えば子供の通帳の代理人カードを申し込むという場合は、通帳と印鑑に子供の本人確認書類(保険証など)のほか、手続きを行う人の本人確認書類も必要となります。 自分の通帳の代理人カードを発行する場合は、名義人本人が窓口に手続きを行えばいいので代理人が一緒に窓口へ行く必要はありません。 ただし、代理人カードに指静脈情報を登録する場合は、登録する代理人も一緒に窓口へ行く必要がありますが、通帳の名義人が窓口へ出向けない場合は、委任状を提出することで代理人だけで手続きすることは可能です。 ゆうちょ銀行の代理人カードでできること ゆうちょ銀行の代理人カードは、基本的に名義人本人のキャッシュカード同様の使い方ができます。 例えば窓口やATMでの入出金はもちろん、ゆうちょ口座間での送金や、他金融機関への振込みをすることができます。 ただあくまでも通帳の名義人の代理という位置づけのカードであるため、利用上限額などの変更はできません。 通常は1日当たり50万円に設定されている利用上限額を変更したいときは、通帳の名義人が、ゆうちょ所定の書類に必要事項を記入して、カードを添えて窓口に届け出る必要があります。 ゆうちょ銀行の代理人カードと成年後見人制度 認知症など判断能力が不十分な人は契約を結ぶことや貯金などの財産の管理が難しい場合があります。 このような人を保護して支援する制度を成年後見制度と言います。 成年後見制度のなかの法定後見制度によって裁判所から成年後見人として選任されると、本人の代理人として契約などの法律行為が出来たり、本人が同意をしないで得た不利益な法律行為の取り消しが出来たりします。 ゆうちょ銀行では、口座の名義人が成年後見制度を利用する場合、代理人カードを申し込む前にゆうちょへの届け出が必要です。 届け出には成年後見制度の「登記事項証明書」、成年後見人に選任された人の本人確認書類、通帳と届け印、成年後見制度に選任された人の届け印、ゆうちょ銀王の窓口に備え付けてある届出書をすべて揃えて提出しなくてはいけません。 そして、ゆうちょ銀行の貯金等共通規定第8条 成年後見人等の届け出 により成年後見人制度の届け出がされている場合やゆうちょ所定の利用代理人の届け出をゆうちょ銀行に行っている場合は、口座の名義人がカードの交付受けていないときでも、成年後見人や利用代理人の届け出によって代理人カードを発行してもらえます。 ゆうちょ銀行の銀行キャッシュカードをロックされたときは キャッシュカードの暗証番号を何回か間違ってしまいロックがかかった時は、キャッシュカードと本人確認書類を持参して、ゆうちょ銀行か郵便局の貯金窓口へ向かいましょう。 その場でロックを解除してもらうことはできますが、暗証番号を再び間違えてしまえばロックがまたかかってしまいます。 もし、正しい暗証番号が分からない場合は、ゆうちょ銀行か郵便局貯金窓口へ、通帳とカード、印鑑と本人確認書類を持って、暗証番号の紹介手続きをすると、後日貯金事務センターから簡易書留で暗証番号が送られてきます。 電話での問い合わせなどでは教えてもらえないため、暗証番号が分からなくなった場合は早めの手続きをおすすめします。 代理人が申し込む場合は、キャッシュカードと通帳の名義人の本人確認書類の他に、委任状と代理人の本人確認書類が必要です。 関連記事をチェック! キャッシュカードを2枚作る時に注意することは? キャッシュカードをそれぞれ1枚ずつ、合計2枚もつことは紛失や盗難などの危険も増えるということです。 カードなどの盗難や紛失により、キャッシュカードが他人に使用されるおそれがある時は口座の名義人がゆうちょ銀行に届け出ましょう。 このときに代理人にも通知をすることが出来ます。 口座の名義人と代理人どちらが引き出したのかは、通帳には記録されませんので自分できちんと覚えておかないと、通帳からどちらがいくら下したのかで問題が生じることもあるので注意が必要です。 まとめ ゆうちょ銀行では通常は1口座に1枚しか発行できないキャッシュカードですが、代理人カードとしてもう1枚発行してもらうことができます。 子供への仕送りなど、キャッシュカードが2枚あれば、いろいろな場面で便利でしょう。 ただし紛失や盗難などのリスクも高くなりますから、可能であれば指静脈情報を登録する生体認証の機能を利用することも、検討してみてはいかがでしょうか。

次の

今更ながらゆうちょで生体認証の登録をしてきたレポ

ゆうちょ 生体認証

生体認証カードのメリット 生体認証カード最大のメリットは、従来のICチップカードや磁気ストライプカード以上のセキュリティ対策ができる点です。 ATMでの取引限度額も上がるため、窓口へ行かずに大口取引ができるようになります。 不正利用されるリスクが低い 生体認証カードは、不正利用被害に遭いにくく、セキュリティが厳重なキャッシュカードです。 生体認証に対応したATMで生体認証カードを使えるのは、 自分だけです。 万が一キャッシュカードが盗難に遭っても、大きなお金を一度に盗まれることはありません。 カードの偽造が難しい点も、生体認証カードのメリットです。 キャッシュカードに生体認証を登録できるのは1度きりで、窓口で本人確認などの手続きが必要です。 ATM利用限度額が増える 生体認証カードは、ICチップや磁気ストライプのキャッシュカードに比べて、 ATM利用限度額が大きくなります。 ATMからの引き出しや振り込み、振り替えを行う際の限度額が増え、わざわざ窓口に行く必要がなくなります。 生前贈与などで、大きな金額を振り込みたい人にとって便利です。 窓口で大口取引を行う際は、通帳や印鑑にくわえ、本人確認書類(運転免許証など)も必要です。 生体認証カードは、静脈認証によって本人確認できるため、ATMでも金額の大きな取引が可能となります。 一例として、大手銀行のATM出金限度額と、ATM振込限度額を比較してみました。 たとえばATM引き出し限度額の場合、生体認証登録のないキャッシュカードだと、初期設定は50万円です。 磁気ストライプカードやICキャッシュカードだと、利用限度額を引き上げても1日200万円程度しか取り引きできません。 生体認証カードだと、1日あたり1,000万円まで引き出せるようになる銀行もあります。 本人しか取り引きできない、生体認証カードならではのメリットです。 生体認証カードのデメリット 上記のようなセキュリティの高さから、自分のキャッシュカードに生体認証を登録しようと思う人は多くいます。 しかし、生体認証カードにはデメリットもあります。 銀行の公式サイトにはあまり載っていないため、生体認証登録してから「やっぱり登録しなければよかった」と後悔するケースも少なくありません。 暗証番号でも引き出せるATMあり 多くの生体認証カードは、 生体認証に対応していないATMでは「暗証番号入力」で取り引きを行います。 代表的な例は、コンビニATMです。 コンビニATMには静脈認証端末がないため、従来のICキャッシュカードや磁気ストライプカードと同じように、暗証番号を入力して取り引きをします。 みずほ銀行の生体認証情報登録済みICキャッシュカードは、生体認証取引だけでなく、 通常のICキャッシュカード取引や磁気ストライプカード取引にもご利用いただけます。 みずほ銀行 公式サイト「」より抜粋 言い方を変えれば、キャッシュカードに生体認証を登録しても、暗証番号が第三者に漏れると不正利用被害に遭うリスクはあります。 「生体認証を登録したから安心」と思わず、暗証番号を厳重に管理する必要があります。 三菱UFJ銀行• 一部の地方銀行 三菱UFJ銀行の生体認証カードは、自行の生体認証対応ATMでしか使えません。 急ぎでお金をおろしたくても、コンビニATMなどが利用できず不便です。 生体認証ATMでしか使えない生体認証カードは、銀行のなかではやや古いシステムのキャッシュカードです。 三井住友銀行やみずほ銀行、ゆうちょ銀行では、生体認証ATM以外でも、生体認証カードを使えるようになっています。 かつては三井住友銀行の生体認証カードも、生体認証に対応したATMでしか使えなかったそうです。 現在はシステムを一新し、生体認証機能のないATMでも生体認証カードを使えるようになっています。 三菱UFJ銀行や地方銀行でも、将来的には生体認証カードでコンビニATMなどが使えるようになるかもしれません。 発行手数料がかかる場合あり 生体認証を登録するには、キャッシュカードの再発行が必要になります。 カード再発行手数料がかかる銀行では、生体認証カードを作る際も手数料が必要です。 三菱UFJ銀行:1,100円• 三井住友銀行:1,100円• また、磁気ストライプのキャッシュカードを使っていると、 先にICキャッシュカードを再発行しないと、生体認証登録できない場合もあります。 古いキャッシュカードを使っている人は、磁気ストライプカードの可能性が高いです。 事前にカードの種類を確認しておくことをおすすめします。 ICキャッシュカードは、光沢のあるICチップが埋め込まれています。 ただし、クレジットカード機能付きキャッシュカードだと、ICチップがついていても磁気ストライプカードの場合があります。 私が2012年ごろに三井住友銀行で発行したクレジット機能付きキャシュカードは、ICチップはついているものの、キャッシュカード機能は磁気ストライプ型でした。 私が三井住友銀行の窓口で生体認証登録の相談をした際は、先にICキャッシュカードの再発行が必要だといわれました。 窓口での再発行は手数料がかかるとのことだったので、いったん持ち帰りました。 なかなか認証しない人もいる 人によっては、生体認証ATMで静脈がなかなか読み取れない人もいるようです。 Twitterで生体認証カードの口コミを調べると、「なかなか認証が通らない」という声が多々ありました。 キャッシュカード指紋にしたら30回くらいやっても認証してくれないんだけど戻したい — なかわた mgkt 指紋認証にも使えないものがあるので注意が必要ですよ。 僕が某銀行のATMで指紋認証を使おうとしたら 「認証できません」 「認証できません」 「認証できません」 「お手数ですが 以下略 これを何度も繰り返して嫌気が差し、暗証番号を入力するタイプに戻しました。 — 警備員Qsk Qsk42628594 この季節になると、iPhoneの指紋認証や銀行ATMの静脈認証が通りません。 しかし、体が冷えて血管が収縮したり、運動の直後に血管が拡張していると、読み取りづらくなる可能性があります。 冬に読み取りづらくなる人が多いのは、冷えが原因かもしれません。 手や指を端末に強く押し当てすぎて、読み取りづらくなるケースもあるそうです。 これも血流の影響が考えられます。 知人が銀行で働いていたときは、静脈認証できない原因は 読み取り方法を間違えているケースが大半だったそうです。 手首の静脈を認証登録したのに、手のひらや指を押し当てる人が多かったと話していました。 特に、高齢者の方は静脈を登録した箇所を忘れる人が多く、生体認証をつけたいと言われた際は時間をかけて使い方を説明していたとのことです。 生体認証なしATMも使える銀行がおすすめ 生体認証カードの発行を考えているなら、 生体認証なしのATMでも取り引きできるキャッシュカードをおすすめします。 三菱UFJ銀行のように生体認証ATMしか使えないキャッシュカードだと、コンビニATMなどが使えず不便です。 自分が急病で入院した際などに、家族が代理で治療費を引き出すこともできません。 生体認証なしATMでも使えるキャッシュカードの多くは、「生体認証取り引き」と「ICキャッシュカード取り引き」のATM利用限度額を個別に設定できます。 第三者の不正利用が心配なら、 「ICキャッシュカード取り引き」の限度額を0円にしておけば安心です。 ICキャッシュカードで取り引きが必要になった際は、ネットバンキングなどから限度額を引き上げればOKです。 ふだんはICキャッシュカードのATM利用限度額を0円にしておき、コンビニATMで出金したいときのみスマホから限度額を引き上げるようなイメージです。 ICキャッシュカードでもセキュリティ対策はできる 個人的には、無理に生体認証カードを持つ必要はないと考えています。 キャッシュカードのメリットは、持ち運びやすくコンビニでも入出金できる手軽さです。 生体認証登録で利用できるATMが制限されるなど、不便になるくらいならICキャッシュカードで十分です。 キャッシュカードの種類を問わず、 紛失時は銀行へ連絡すればカードを止めてもらえます。 一度カードを止めれば、第三者が正しいキャッシュカードの暗証番号を知っていても、利用できなくなります。 キャッシュカード紛失時の連絡先は、でリストアップされています。 不正利用被害から 30日以内に銀行へ連絡し、こちらに過失がないと認められれば、被害額を補償してもらえます。 自分から暗証番号を教えていたり、暗証番号を見える場所に貼っていたりすると、こちらに過失があったとみなされる可能性が高いです。 「カードが手元にないと気づいたら、すぐにカードを止める」という対策方法を知っていれば、ICキャッシュカードでも十分な対策となります。 月1回以上、入出金履歴を確認するようにしておけば、身に覚えのない入出金にも気づきやすくなります。 入出金のメール通知を受けるようにしておくのも効果的です。 生体認証を外したい場合 生体認証カードから静脈認証機能を外す場合は、 キャッシュカードの再発行が必要です。 よって、キャッシュカードの再発行手数料が有料の銀行では、ICキャッシュカードに戻す際も手数料が発生します。 これから生体認証カードを検討する人は、メリット・デメリットを理解したうえで検討することをおすすめします。

次の

ゆうちょ銀行(ゆうちょダイレクト)ログインについて今回ど...

ゆうちょ 生体認証

ご来店 指静脈情報のご登録 ご登録後は、すぐに指静脈認証機能のご利用が可能となります。 1日あたりのご利用限度額 指静脈情報ご登録後に当行の指静脈認証lCキャッシュカード対応ATMをご利用いただいた場合、一日あたりのご利用限度額は、以下の通りとなります。 一日あたりのご利用限度額 現金お引出し お振込 お振替 300万円 1,000万円 1,000万円 なお、ご利用限度額は、ご利用の金融機関およびご利用のATMにより異なります。 ご利用限度額の変更 指静脈情報ご登録後の指静脈認証ICキャッシュカードのご利用限度額は、下記の設定可能範囲内で減額および増額の設定をすることができます。 ATMでは、「月中限度額」および「一日限度額」の減額設定のみの対応となります。 「現金」「振込」「振替」の利用限度額の減額設定および増額設定は、窓口においてのみお手続きできます。 一日あたりのご利用限度額 現金お引出し お振込 お振替 0~500万円 0~5,000万円 0~5,000万円 指静脈認証ICキャッシュカードの対象預金 当座預金・普通預金(総合口座・決済用普通預金を含む)・貯蓄預金となります。 ご利用いただだける方 個人および法人のお客さまがご利用いただけます。 また、ご本人指静脈認証ICキャッシュカードのほかに、代理人指静脈認証ICキャッシュカードをご利用いただくことができます。 ただし、代理人指静脈認証ICキャッシュカードは、個人のお客さまの場合はご本人さまと生計をともにする親族1名様、法人のお客さまの場合は代表者が認めた社内の2名様に限り発行いたします。 お申込方法 当行本支店の窓口でお申込みいただけます。 新規でのお申込み、現在お持ちの磁気キャッシュカードからのお切替え、新約口座開設と同時のお申込みが可能です。 また、磁気ストライプを搭載しているので、指静脈認証ICキャッシュカード未対応のATMでは暗証番号によるお取引が可能です。 また、一部ご利用できない提携先があります。 指静脈情報の登録について 指静脈認証ICキャッシュカードがお手元に届きましたら、下記(1)~(3)をお持ちのうえ、当行本支店の窓口へご来店ください。 なお、お取引店以外の当行本支店窓口のほか千葉ローンプラザ、津田沼ローンプラザでもご登録いただけます。 お持ちいただくもの 1 ICキャッシュカード 2 お申込口座のお通帳・お届けのご印鑑 3 運転免許証、健康保険証など氏名・住所・生年月日が確認できる書類 ・お持ちいただく資料は有効期限内のものに限ります。 ・今までご使用されていたカードは、指静脈情報の登録にご来店いただく際にご返却いただきますので、お持ちください。 ご登録の際は上記(1)~(3)をお持ちください。 ご本人さまの指静脈認証ICキャッシュカードにはご本人さま(法人のお客さまの場合は代表者さま、または代表者さまが認めた1名の登録者さま)の指静脈情報を、代理人さまの指静脈認証ICキャッシュカードには代理人さまの指静脈情報をご登録いただきます。 ご本人さま(法人のお客さまの場合は代表者さま、または代表者さまが認めた1名の登録者さま)は上記(1)~(3)を、代理人さまは上記の(1)(3)をお持ちください。 指静脈情報は指静脈認証ICキャッシュカード上のICチップ内に登録し、当行の機器には保有しません。 <ご参考> ご利用限度額 お取引種類 現金お引出し お振込 お振替 ICキャッシュカード指静脈認証 でのお取引 (ちば興銀ICカード対応ATMをご利用の場合) 300万円 (500万円まで増額できます) 1,000万円 (5,000万円まで増額できます) 1,000万円 (5,000万円まで増額できます) ICキャッシュカード ICチップでのお取引 100万円 (200万円まで増額できます) 200万円 (500万円まで増額できます) 200万円 (500万円まで増額できます) ICキャッシュカード 磁気ストライプでのお取引 50万円 (200万円まで増額できます) 200万円 (500万円まで増額できます) 200万円 (500万円まで増額できます) 磁気キャッシュカード 磁気ストライプでのお取引 50万円 (200万円まで増額できます) 200万円 (500万円まで増額できます) 200万円 (500万円まで増額できます).

次の