新型 コロナ 福岡 県。 最近までコロナ感染者が増加傾向にあった福岡県 明太子業界に打撃か

最近までコロナ感染者が増加傾向にあった福岡県 明太子業界に打撃か

新型 コロナ 福岡 県

(1)対象者 中堅・中小法人、個人事業者。 また、医療法人、農業法人、NPO法人など、会社以外の法人。 (3)申請期間 2020年5月2日(土曜) から2020年7月 31日(金曜) (4)申請要件 1.2020年1月から5月までの期間(以下、対象期間という。 )のうち、ひと月の売上が前年同月比30%以上50%未満減少した月があること。 2.対象期間のうち、前年同月比50%以上減少した月がひと月もないこと。 3.国の「持続化給付金」を申請していないこと。 【注1 収受印について】 ア)別表一(法人)または、第一表(個人事業者)控えには、収受印が押印されていることが必要です。 イ)電子申請(e-tax)をされた方は、「電子申告の日時」「受付番号」が記載されていることをご確認ください。 申告書が税務署に到達したことが確認できる受信通知がある場合は、受信通知と確定申告書類の提出で代替できます。 ウ)個人事業者の方で、収受印(受付日時の印字)または受信通知が存在しない場合、提出する確定申告書類の年度の「納税証明書(その2所得金額用)」(事業所得金額の記載のあるもの)と確定申告書類の提出で代替できます。 2.2019年1月~2020年5月までの月単位の売上がわかる確定申告の基礎となる書類等(1で提出済みの書類を除く) 3.通帳の写し 4.その他事務局が必要と認める書類 添付書類の詳細は、「(6)申請方法」に記載の申込ページまたは申請要領でご確認ください。 (6)申請方法 Web上での申請を基本とします。 申請方法については、以下をご参照ください。 予めご了承ください。 現在、WEB上で給付申請を受付しております「福岡県持続化緊急支援金」について、パソコンやスマートフォン等を所有しておらず、 WEB上での電子申請が困難な方のために、申請支援窓口を開設しています。 申請支援窓口は、新型コロナウイルス感染防止の観点から完全予約制とします。 事前予約なしにご来場いただいても支援が受けられませんので、ご注意ください。 ご予約等につきましてはお問い合わせ先(0570-094894)へご連絡ください。 なお、予約に関するお問い合わせは、相談窓口以外ではお受けできません。 ご不便をおかけしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。 (7)参考情報.

次の

<新型コロナ>福岡解除「思ったより早い」 緊急事態宣言で県内関係者|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

新型 コロナ 福岡 県

福岡県で10日、新たに2人の感染が確認された。 感染者は北九州市と福岡市でそれぞれ1人。 九州7県の感染者は、長崎県ので確認された感染者や再陽性を除いて累計1001人となった。 このうち約8割を福岡県が占めている。 北九州市が感染を確認したのは、小倉南区の50代女性で、感染経路は不明。 軽症という。 同市の感染確認は19日連続で、この期間の感染者は計147人となった。 1桁は9日連続。 また、9日に感染を発表した若松区の20代男性は介護施設職員であることを明らかにした。 福岡市で感染が判明したのは、同市中央区の30代自営業男性。 市によると、男性は7日に寒けを感じ、翌日には熱が39度まで上昇。 9日に病院を受診し肺炎と診断された。 5月末まで東京での滞在歴があるが、感染経路は不明という。 同市での感染確認は3日以来7日ぶりで、累計373人となった。 一方、福岡県久留米市によると10日午前、新型コロナウイルスに感染した市内在住の70代男性が死亡した。 同市での感染による死者は2人目。 4月下旬から市内の医療機関に入院していた。 (内田完爾、黒石規之、山口新太郎).

次の

福岡県内での発生状況

新型 コロナ 福岡 県

この中で、福岡県の小川知事は「緊急事態宣言が解除された。 今までの努力が水泡に帰さないように、第2波の到来を抑止しなければならない。 私も北九州市の皆様には不要不急の外出自粛をお願いしたい」と述べ、北九州市民に対し、不要不急の外出自粛を呼びかけました。 また小川知事は、ナイトクラブやキャバレーをはじめとする接待を伴う飲食店などへの休業要請を、今月末で解除するかどうか、29日、県の対策本部会議を開いて判断する考えを示しました。 そのうえで、記者団から北九州市だけ休業要請を延長するという選択肢はあるのかと問われたのに対し、「これだけ交通網が発達している中で、なかなか難しい」と述べ、要請を解除するかどうかは、北九州市も含めて県内一律に判断する考えを示しました。 新型コロナウイルスの感染確認が、北九州市内で続いていることについて、JR小倉駅前では市民から不安の声や緊急事態宣言が解除され気の緩みがあったのではないかといった声が聞かれました。 このうち、門司区に住む60代の女性は「お店や学校が再開してから、急に感染者が出てきているので、人混みに出るのが怖いです」と話していました。 また、小学生の子どもがいるという小倉北区の30代の母親は「学校が再開したばかりなのに、急に感染者が増えてきて、これからどうなるのか不安です」と話していました。 門司区の30代の男性は「人の動きが増えたら感染者も増えるだろうなとイメージはしていたが、思っていたよりも感染者の数が多いと感じます。 マスクと手洗いで自衛することが大事だと思います」と話していました。 さらに、小倉北区の40代の女性は「第2波が来るかもしれないと思っていましたが、北九州市だけで感染者が増えていることが驚きです。 緊急事態宣言が解除され、気の緩みがあったのではないかと思います」と話していました。 北九州市で新型コロナウイルスの感染者数が増えていることについて、感染症対策に詳しい東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は「再流行は予想されていたが、国内でも実際に起こることが分かった。 今回、北九州市で確認された感染者の半分以上は詳しい感染経路が分かっていないということで、気付かないうちに広がるおそれもあり楽観はできない。 いま一度、気を引き締めて地域全体で対策を進めていく必要がある」と指摘しました。 そのうえで、賀来特任教授は「再流行は全国のどの地域、都市でも起こりうるので、感染リスクはゼロにならないということを一人一人が強く自覚する必要がある。 密閉、密接、密集、いわゆる『3つの密』を避け、人との接触を減らすなど今後も、しばらくは緊急事態宣言が解除される前の生活を意識する必要がある」と話しています。 また、東京都内の感染者数が3日続けて10人を超えていることについて、「東京ではまだ感染の連鎖が続いていて、完全に制御ができていない状態にあるのではないか。 人口が多い東京は感染があっという間に広がるリスクがあるため、社会生活を元に戻しながら感染を抑えることができるか、今後の推移が非常に重要だ」と話しています。 NTTドコモは、携帯電話の基地局の情報を基にプライバシーを保護した形で全国の人出のデータをまとめています。 それによりますと、北九州市中心部にあるJR小倉駅と周辺の人出は、今月初めの大型連休中はことし1月中旬から2月中旬の感染拡大前の平均と比べて、70%余り減少していましたが、福岡県で緊急事態宣言が解除された翌日の今月15日には49. 6%と、減少率が50%を下回りました。 減少率の縮小傾向はその後も続き、緊急事態宣言の解除から1週間がたった今月21日は33. 1%と、これまでで最も低くなり、人出が増えています。 一方、福岡市も同様の傾向にあり、繁華街の天神と周辺の減少率は大型連休中は80%を超える日もありましたが、27日は24. 6%と大幅に縮小しています。

次の