陣痛 腰 の 痛み。 出産が怖い!想像出来ない分娩時の痛みの“乗り越え方”とは?

陣痛ってどんな痛み?どこが痛い?陣痛と上手に付き合うコツ教えます

陣痛 腰 の 痛み

陣痛は「敵」ではなく「味方」です 陣痛は、むやみにこわがるとかえって痛みが増すので要注意!です。 陣痛について恐怖心がもってしまう人が増えていますが、ちょっと待って。 この陣痛が来ることで、子宮が自然と開き、赤ちゃんがあなたの腕の中に降りてくるのです。 だから、陣痛がちゃんと来たら、まずは「感謝」しましょう。 そして順調に強くなってくれたら、それは本当にありがたいことです。 陣痛とは「子宮が収縮すること」 普段も、子宮は収縮しています 痛みと書いてありますが、陣痛の意味は子宮が収縮するということです。 子宮は心臓のように筋肉でできていますので、普段も収縮しています。 生理中、セックスで興奮したときなどいろいろなときに小さく収縮しています。 ただ、陣痛の収縮は他に較べて非常に強く、リズミカルに繰り返して次第に強くなり、分娩に至ります。 このスペシャルな収縮を陣痛と呼びます。 「すごく強い生理痛」と一応考えておきましょう 陣痛の痛みについてよく言われるのは……• すごい強い生理痛• 発汗、寒気など全身の変化を伴う• 頭は少しぼうっとした感じになり、感覚は敏感になる などでしょうか。 この中でも一番よく聞くのは「すごく強い生理痛」というもの。 これを目安にしておきましょう。 ただ、痛み方は個人差が大きく、この表現には全然同感できない人もいます。 つらさも「思ったほどではなかった」「思ったよりずっとつらかった」とまちまち。 前回の自分の痛みさえ、次のお産では違う人もいます。 姿勢によっても違い、ベッドに寝ていると腰痛がひどくなることがあります。 陣通中は、発汗、寒気など全身の変化も伴います 陣痛中の感覚はお腹だけではイメージし切れません。 全身にいろいろな変化が起きるからです。 例えば寒かったり、暑かったりしますし、嘔吐や下痢が起きることもあります。 身体が人生で何度もない「大掃除」をしているような感じでしょうか。 陣痛中は、脳も変化して、自然の麻酔が出てきます 陣痛中は、精神的にも変化があり、頭は少しぼうっとした感じになり、感覚は敏感になります。 外界のことが気にならなくなります。 最後の頃はベータ・エンドルフィンというモルヒネ様の物質が脳内に増えてくるので、とろとろと眠くなったりします。 これはお産という大仕事の負担から母親を守る仕組みでしょう。 自分の身体を信じて リラックス法や出産に適した姿勢などを学びながら、落ち着いて、身体を信じてその日を迎えましょう。 恐怖心、嫌悪感は、緊張を強めて苦痛を増すだけです。 ~あわせて読みたい~.

次の

「陣痛の痛み」って、どこがどんな風に痛いの?【経験者が答えます】

陣痛 腰 の 痛み

想像してお産が怖くなるという人もいますが、痛みを上手に逃すことができれば、お産はグングン進んで安産しやすくなります。 痛みを和らげる方法はたくさんありますから、予習をして、その日に備えましょう。 陣痛はなぜ起こる? 赤ちゃんを子宮の中から外に押し出す力が陣痛です。 医学的には陣痛は、10分より短い間隔で規則的なおなかの張り(子宮収縮)があり、痛みがついてきたものをいいます。 陣痛の始まるしくみについては、実にさまざまな説があり、まだはっきりと解明されていません。 説としては、ママの脳や卵巣から分泌されるホルモンによって起こる、赤ちゃんから分泌されるホルモンによって起こる、胎盤から放出されるホルモンによって起こるなどが有力で、これらの相互作用により、陣痛開始のスイッチが入ると考えられています。 でも実際は、それをした人はいません。 つまり、今まで感じたことがないような痛み、ということを表現しているのだと思います。 出産経験者であるママたちからは、生理痛の100倍痛いとか、骨盤がくだけるような痛さといった声はよく聞きます。 陣痛はどこが痛い? 陣痛~出産の痛みは、お産が進むとともに変わってきます。 赤ちゃんは子宮の中から産道を通り、下降してくるため、最初はおなか全体や下腹部に。 赤ちゃんが骨盤に入ってくると恥骨(ちこつ)や腰が、もうすぐ生まれるというころは、腟口や肛門(こうもん)あたりに強い圧迫を感じる人が多いようです。 もちろん、骨盤の大きさや角度は人によって違うので、痛みを感じる場所も人によって異なります。 陣痛・出産の痛みを和らげる方法 出産が怖いという人の多くは、「痛みに弱いから心配」「痛さに耐えられる自信がない」など、痛みへの恐怖をあげていますが、陣痛の痛みは軽減できるので、あまり心配しすぎないでください。 痛みを和らげる方法について、「妊娠中」と「陣痛中」に分けて、それぞれできることを紹介していきます。 【妊娠中】お産の流れを知って、不安を和らげよう! 陣痛開始から赤ちゃんが生まれるまで、ずっと連続して痛いわけではありません。 陣痛は、寄せては引く波のようなイメージで、痛いときと痛くないときがあり、痛くない時間を間欠期といいます。 間欠期は、体を休めたり、体を適度に動かしたりすることで、お産がラクになりますし、安産へとつながります。 また、陣痛は、最初から最後までずっと強い痛みではなく、徐々に痛みがついていき、お産が近づくほど痛みが強くなっていきます。 【陣痛中】体を温めよう 体が温まると血流がよくなり産道もやわらかくなります。 するとお産も進みますし、痛みも和らぎます。 腰を温めたり、足湯をしたり、厚めのくつ下をはくなど、足元のほうから温めてあげましょう。 【陣痛中】体は適度に動かす 痛いからといって、ベッドの上でジーっと静かにしていると、お産はなかなか進みません。 時間がかかれば、痛みもその分長く感じることに。 動けるうちは、産院の中を歩いたり、腰をゆらゆらと回したり、スクワットをするなどしてお産を進めましょう。 【陣痛中】吐く息に意識を集中する 痛みがあると息を止めてしまいがち。 息をしっかり吐くことに集中すれば、痛みにばかり意識がいくことを避けることができます。 また、しっかりと息を吐けば、自然に吸うことができ、おなかの赤ちゃんにたっぷりと酸素を送ることもできます。 【陣痛中】リラックスを 陣痛が引いたあと、「陣痛がまた来るまた来る」とイメージしてしまうと、筋肉がこわばり、お産が進まないだけでなく、陣痛の痛みもより強く感じてしまうことに。 自分がリラックスできることをやってみましょう。 好きな香りや好きな音楽などを準備しておいたり、おなかの赤ちゃんに話かけてみたり、間欠期には立ち会う家族と会話するなどして過ごしてください。 陣痛の痛み、陣痛にかかった時間、ママたちのエピソード 「1人目、2人目とも腰が激痛でした。 陣痛が来るたんびに腰をガンガンたたいていたので、毎回産後の腰回りが青アザだらけでびっくりします! 3人目臨月入りましたが、今回も腰が痛くなるんだろうなぁと怯えてます…」 「1人目のとき、おしりの穴を突き破って出てくるのかと思うくらいおしりが痛かったです。 ずーっと「おしり痛い、おしり痛い」って言ってたよねー、とだんなにも言われます、未だに」 「おなかというか子宮? キューーーッッと握りつぶされるような絞られるような痛みでした。 3人出産して、3人目で腰にぐわ~んという感じの痛みがあり、あ~腰が痛いってこれか~!と思いました。 でもやっぱりおなかのほうがキツく、3人目はおなかの中でのけぞる姿勢をよくしていて(感覚的になので実際はわかりません笑)陣痛がキューーッッときている最中ものけぞるので、その頭で子宮口を圧迫されてさらに痛くて今動くなバカー!!と小声で訴えてました。 それにしても、なぜあんなにつらい痛みが産まれてしまえば思い出になるのか。 女ってすごいですね」 「下っ腹。 まるで下痢のときの様な痛みでした。 こんなことならとっとと切ってもらえばよかった…。 そして個人的には頭が出るときよりも、肩や体が出るときのほうが痛かったです。 陣痛の痛みは下痢でおなかが痛いのを、ものすごく強くした感じでした。 でも耐えられないくらいかと言われると、そこまででもないかなという印象でした。 (もうかなり忘れちゃってます 笑)ちなみに私が出産一連の中でいちばん痛かったのは、分娩後に会陰切開の傷を縫ってもらうときでした」 「分娩時間27時間の長丁場でした。 どんなに耐えても開かない子宮口…。 時間と共にどんどんヤサグレてきて、様子を見にきてくれる助産師さんに対して「もうおなか切って!!お前がやってみろ!!」と、こともあろうに「お前」呼ばわりしたそうです 夫の話。 私、記憶なし そのセリフは記憶ないのですが、大騒ぎした自覚はあったので、産まれてすぐに分娩台の上から「数々の悪態と暴言、すみませんでした…」と謝りました 恥 」 陣痛は確かに痛いものですが、おなかの赤ちゃんを押し出してくれる大切な力です。 ママが痛みをこらえて頑張っているとき、赤ちゃんも同じように頑張っています。 産道は、赤ちゃんにとっては狭くて骨があってゴツゴツとかたくて、とても大変な場所! ママが「痛い、痛い」と体をこわばらせてしまうと、筋肉がかたくなって産道はさらに狭くて困難な場所になってしまいます。 ママが、痛みを和らげる工夫をすることで、赤ちゃんはとってもラクになるのです。 お産は、ママだけではなく、赤ちゃんも一緒に頑張っていることを忘れないで。 陣痛は、赤ちゃんをつれてきてくれる大きな喜びの波とイメージし、勇気をもって、その日を待ちましょう。

次の

【医師監修】陣痛の痛みと始まりや間隔は?経産婦だと変わる?|ウーマンエキサイト

陣痛 腰 の 痛み

陣痛待ちの妊婦さん! 出産予定日が近くなってくると、ちょっとしたお腹の痛みでも「陣痛が来たのかな?」と敏感になってしまいますよね? 陣痛の始まりは下痢の痛みに似ているため、「下痢だと思っていたら陣痛だった」ということがあります。 下痢の場合は、排便すれば治まることが多いですが、陣痛の場合は、痛みがどんどん強くなります。 さらに陣痛が進むと、お腹の痛む場所が変化してきます。 今回は、陣痛の「痛みの場所」「痛みの長さ」「痛みの逃し方」について、調べてみました。 スポンサーリンク 陣痛は痛みの場所が変化する? 陣痛の始まりは、下痢の痛みに似ています。 下腹部が痛くなり、お腹(腸のあたり)が痛いのか、子宮が痛いのか、よくわからない痛みです。 生理痛のひどい痛みと感じる方もいらっしゃいますが、まだまだ我慢できる痛みです。 陣痛が本格的に始まると(本陣痛)、痛みが下腹だけでなく、腰、恥骨、足の付根、まで下がって来ます。 これは、赤ちゃんが下がってくることによって、骨盤周りが押されるためです。 更に、陣痛が進んでいくと、肛門や膣が、内側から押されるような痛みを感じるようになります。 例えば、 ・お産が進むごとに、痛みが下に移っていった ・割れるかと思うくらい腰が痛かった ・お腹が痛くなると思っていたら、骨盤から足の付根が痛くなった ・お尻と太ももが痛くなった ・排便を我慢しているみたいに、肛門が痛かった このように、陣痛の痛みは、下腹部(子宮)だけでなはなく、腰やお尻など、子宮とは関係ないところの痛みを感じることがあります。 また、下腹部の痛みは、子宮全体が押し潰されるような痛みに変化してきますので、まさに子宮が収縮していることを感じることができるでしょう。 私の陣痛は、お腹の痛みと同時に、肛門がものすごく痛くなり、赤ちゃんの頭で押されているのがわかりました。 このような痛みは、「陣痛でしか味わえない痛み」だと思います。 陣痛の痛みの長さは? 「こんな激痛がどれくらい続くのだろうか?」「自分は陣痛に耐えられるのだろうか?」と不安になっていると思います。 初産の場合、陣痛から出産までにかかる時間は「約15~16時間程度」と言われています。 しかし、その間、陣痛の痛みは、ずっと続くわけではありません。 陣痛の痛みが、襲ってきては引いて…を繰り返します。 一般的な目安ですが、陣痛が最も辛いのは、1~2時間だと言われています。 陣痛の波が襲ってきている時間は、最初は15秒、20秒、30秒程度ですが、子宮口が最大になり、陣痛がピークのときは、痛みが1分~1分半くらい続きます。 「激痛が1分も!?」と感じるかもしれませんが、そのころには赤ちゃんの頭が出始めていたり、それまで我慢していた「いきみ感」に対して、思いっきり力を入れることができるので、痛みだけに向き合うことはなくなります。 スポンサーリンク 陣痛の痛みの逃し方は? 陣痛が進んでくると、「我慢できない痛み」になってきます。 そして、子宮口が開いてくると、「いきみ感」が出てきます。 「いきみ感」とは、自然にお腹に力が入りそうになる感覚です。 しかし、子宮口が全開(10センチ)になるまで、いきむことはできません。 「いきみを逃す」のが、また一苦労なのです。 陣痛の痛みや、いきみを上手に逃すために、次のことを試してみて下さい。 もしくは、息を止めてしまいます。 また、苦しいと、息を吐くことを忘れがちになるので、過呼吸になる可能性があります。 陣痛の波がやってきそうになったら、大きく息を吸い込み、痛みがピークになったときに、ゆっくり息を吐くようにしましょう。 痛くなったら、「しっかり長く息を吐く」ことに、意識を集中させて下さいね。 緊張していたり、痛みの恐怖のためにストレスを感じていると、産道が固くなってしまい、お産が進まない原因となります。 靴下やカイロを使って、体を温めるようにしましょう。 腰回りを暖めると、陣痛の腰の痛みが和らぐそうなので、ぜひ試してみて下さい。 を温めて飲むのもお勧めです。 私は、ずっと横向きに寝て、体を丸めていました。 何かを握っていると、痛みに耐えることが出来ます。 タオルやベッドの手すりでもいいですし、付き添いのご主人の手を握ってもいいでしょう。 私は、主人の手を強く握りしめ過ぎて、主人が悲鳴を上げたほどです。 「素手でりんごが潰せる」くらい、陣痛の痛みに耐えるには、体にものすごい力が入ってしまいます。 肛門や膣の指圧には、テニスボールがお勧めです。 ご主人にテニスボールで押してもらってもいいですし、テニスボールの上に直接座っても構いません。 テニスボールがない場合は、ご主人にグーって押してもらったり、正座をし、自分のかかとで肛門周辺を指圧する方法もあります。 体が脱水気味なると、お産が進みにくくなるそうです。 また、痛みを乗り越えるたびに、呼吸が荒くなりますので、喉も渇きます。 こまめに水分補給するように心がけましょう。 まとめ 陣痛の時、痛みのあまり「大声で叫んでしまった」という方は多くいらっしゃると思いますが、声を出すことは、「ストレス発散=痛みを逃がす」ことにつながるので、悪いことではないそうです! 私は、とにかく痛みがやってきたら、「吸って、長く吐く」ことに気をつけましたが、痛みがピークのときは、声を出さずにいられなくなりました。 私は、「ふーふー」と文字とおり「ふ」の文字を、大声で発していました。 「あー」とか「うー」よりも、意識して呼吸ができたと思います。 お産のクライマックスになると、痛みのあまり、どこが痛いかなど、わからなくなります。 その頃には、いきむことができると思いますので、力いっぱいいきんで下さい! 陣痛の波にあわせていきむと、とてもすっきりしますよ! スポンサーリンク.

次の