エンジン ブレーキ 使い方。 車のフットブレーキとエンジンブレーキの違いとは?その意味から仕組みや正しい使い方まで

エンジンブレーキとは?

エンジン ブレーキ 使い方

エンジンを活用して、ブレーキをかける 運転中にアクセルペダルを戻すと徐々に速度が落ちていきますが、これは、エンジン気筒内へ送られる空気量が減少し、ポンピングロスが生じて、回転抵抗となるためです。 このポンピングロスとは、エンジンが空気を吸込む時の抵抗のこと。 エンジンの内部抵抗には、摩擦抵抗など他の理由もありますが、最も寄与が大きいのがこのポンピングロスなのです。 一般的に、エンジン内部抵抗の約30%をこのポンピングロスが占めていると言われています。 さらに、より強いエンジンブレーキを効かせたいときは、アクセルを離した状態でシフトダウンをおこないエンジンの回転数を意図的に上げることで、より強く減速を効かせることができます。 ギアを低くすることにより、強く減速することが可能に この理由は、低いギアにするほどエンジンは多く回転したいのですが、スロットルバルブが閉じているため、空気を吸い込むことができず、大きな回転抵抗となるためです。 よくある例えですが、息を吸込むとき、大きく口を開けて吸込むのと、口をすぼめて吸込むのでは、後者の方が吸いにくくなりますよね。 この吸い込みにくさが、ポンピングロスの原理と同じです。 ちなみにこの時、エンジンは高回転となり、ブーンと唸るような音が出ますが、エンジンブレーキを多用したとしても、直ぐに壊れたりすることはありません。 エンジンブレーキを多用すると燃費は改善するのか? 走行中にアクセルペダルから足を離し、シフトダウンをすると、エンジンの制御によって燃料カットが入ります。 日産デイズ アクセルペダルとブレーキペダル このとき、理屈上は、燃料噴射量がゼロになります。 そのため、エンジンブレーキを使っている間は、ガソリンの消費は少なくなり、その状態で走行し続けている間は燃費が向上します。 このように、エンジンブレーキを正しく使うことで、理屈上、燃費はよくなります。 しかし、その効果は小さく、悪化こそしないものの、格段に燃費が良くなるものでもありません。 また、坂道を下っているときにアクセルオフにしている場合も、理屈上は燃料カットとなりますので、燃費は良くなります。 ちなみに、平地でアクセルオフにすると、車速が徐々に下がりますので、エンジン回転数は低下していきます。 それが、アイドリング回転付近までに低下すると、エンジンは停止を防ぐため、通常通りに燃料噴射を復帰させます。 ハイブリッド車はエンジンブレーキを多用しない方が良い?? プリウスの様なハイブリット車の場合だと、エンジンブレーキと燃費の事情は、少し違ってきます。 プリウスにはシフトレバーにブレーキを意味するBレンジがあります。 エンジンブレーキを必要としたいときにBレンジを使うのは通常のエンジン車と同じなのですが、プリウスの場合は、燃費が良くなるとは言えません。 トヨタ プリウスのシフトレバー なぜなら、ハイブリッド車はEV走行中にガソリンを使用しませんので、その瞬間は燃費が理論上、無限大になります。 プリウスのようなハイブリッド車の場合は、このEV走行の時間を増やすことで、燃費は向上します。 少し詳しく説明すると、Dレンジでの走行中にバッテリーが充電可能な場合、アクセルを戻すと減速エネルギーは回生=充電に回されます。 このとき、回生による抵抗が発生し、Dレンジであってもエンジンブレーキのような減速が効きます。 またブレーキを軽く踏んだ程度では、電気を回収するモーターの抵抗で減速をしていますので、ブレーキパットは使用しておらず、モーターの発電抵抗だけで減速させています。 強い制動力が必要なブレーキング時にはブレーキパッドも使っています。 フル充電状態の日産リーフ+ ただし、フル充電になると、モーターによる減速は起きません。 その時点では充電の必要が無いからです。 回生充電ができるのにBレンジへ入れてしまうと、充電に回しているエネルギーをエンジン側に取られてしまうので、燃費は悪化してしまいます。 つまり、フル充電されていないときは、Dレンジでアクセルオフやフットブレーキで減速した方が燃費は良くなるのです。 まとめ エンジンブレーキを上手に使うことは、低燃費につながります。 また、エンジンブレーキには、坂道などでのベーパーロック現象やフェード現象といった危険な状況に陥ることを防ぐという重要な役目もあります。 しかし、ハイブリッド車やEV車だと、エンジンブレーキの使い方は変わってきています。 ご自分のクルマは、どういった運転操作をすれば燃費が改善するのか、考えてみる機会を持ってみてはいかがでしょうか。

次の

エンジンブレーキとは?

エンジン ブレーキ 使い方

【目次】• エンジンブレーキの仕組みとは? エンジンブレーキは、どのような仕組みで効いているのでしょうか? エンジンはガソリンや軽油をなどの燃料を燃やしてそのエネルギーでエンジンを回転させてタイヤを動かし車を走らせます。 ですから、アクセルペダルから足を離すことでエンジンに燃料が送り込まれなくなると、エンジンが動かないので、動かないエンジンを タイヤの回転で動かすことになり、この抵抗が減速力となり、この状態を『エンジンブレーキ』と呼びます。 タイヤとエンジンの間に位置するトランスミッションの接続様式が、エンジンブレーキの強さに比例しますので、CVTは構造上の理由から効きは弱めです。 しかし、スズキや日産が多く使っている『副変速機構付CVT』であれば、通常のトルクコンバーター式のATも介在しているたけ、普通のAT車と変わらない強いエンジンブレーキが効くCVTもあります。 エンジンブレーキを使うタイミングは? さて、エンジンブレーキはどのような状況で使うのでしょうか?効果的なエンジンブレーキの使用方法をまとめてみました。 長い下り坂• バイパスや高速道路での速度調整• 空いている道路で、赤信号など停止を前もって予測出来るとき などが、エンジンブレーキの使用が推奨される状況です。 まず、長い下り坂の場合ですが、通常の減速操作で使う足で踏む『フットブレーキ』は、長時間連続で使用すると過熱して、効きが悪くなったり、効かなくなったりするので、エンジンブレーキの使用が必須となります。 2つ目のタイミングとしては、車の流れの良い幹線道路や高速道路での使用が挙げられます。 不必要なフットブレーキ使用によるブレーキランプの点灯は渋滞の原因になるので、速度の調整くらいの軽度の減速であれば、エンジンブレーキの使用が推奨されます。 最後は、後続車のと車間距離もあり、遠くの信号が赤だったり交差点で停止の必要があるなど、停止が予測できる場合です。 この状況では、エンジンブレーキのみでの停車も可能なほどですので、フットブレーキ使用によるブレーキパッドの摩耗を抑制したり、アクセルOFFによる燃費の向上などのメリットがあります。 エンジンブレーキを使わないとどうなる? エンジンブレーキを全く使わずに、フットブレーキのみを使った場合はどのような状況になるのでしょうか? 長い下り坂などでフットブレーキばかり使用していると、減速によって発生するブレーキの摩擦熱によって、ブレーキまわりの部品が高温になってしまいます。 異常な発熱で高温になってしまうと、ブレーキパッドとディスクの摩擦力が低下する『フェード現象』や、足でブレーキペダルを踏んだ力を伝達する『ブレーキフルード』が沸騰して油圧が伝わらなくなる『ベーパーロック現象』が発生する可能性があります。 フェード現象とべーパーロック現象とは? 『フェード現象』とは、ドラム式やディスク式の『摩擦ブレーキ』を使用すると発生するブレーキの効きが悪化する現象です。 ブレーキをかけて制動力を得るための摩擦材が加熱され、下り坂などで連続してブレーキを使用すると摩擦材の素材である金属やゴムなどが仕様上の設定された耐熱温度を越えてしまいます。 そうすると、ブレーキの材料が分解・ガス化し、これがブレーキローターやパッドとの間に入り込み、とガスの『膜』ができます。 この膜が出来ることによって、ブレーキの部品同士の摩擦力が低下してしまい、ブレーキの制動力が落ちてしまうのです。 もうひとつの『ベーパーロック現象』とは、 フェード現象が発生した際の熱が ブレーキフルードにまで伝わり、その結果 ブレーキフルード が熱せられて 中に含まれる水分が沸騰してしまい、 ブレーキ配管内に気泡が発生することによって 完全にブレーキの制動力が失われてしまいます。 エンジンブレーキを使うことで車の寿命が長くなるの? エンジンブレーキの使用は、車の寿命に関係あるのでしょうか? 通常のフットブレーキを使った場合は、ブレーキパッドとブレーキディスクの摩擦力によって、制動力を得ます。 制動力を得ると同時に、パッドやディスクの消耗も発生しますので、エンジンブレーキを使うとこれらの部品が消耗しないので、車の寿命が伸びると言っても過言ではないでしょう。 他にも、ブレーキフルードの劣化を抑えられたり、ブレーキキャリパーやホイールの汚れも少なくなります。 エンジンブレーキの仕組みや、使うタイミングがわかってよかったわ。 フットブレーキだけ使っていると、フェード現象などによって大事故の危険性があるんですね! エンジンブレーキを使うことによって、車の寿命も長くなると知れてよかった!! エンジンブレーキ以外のブレーキとは? エンジンブレーキ以外のブレーキについておさらいしておきましょう。 通常の足でブレーキペダルを踏んで使う、『フットブレーキ』と停車時に使う『パーキングブレーキ』があります。 それぞれ、使う用途が違うので、使い間違いには要注意ですよ。 フットブレーキ フットブレーキとは、車を減速させるために常用するブレーキのことですで、一般的には運転席の足元、にありAT車の場合は左側、MT車の場合は真ん中になります。 右足でブレーキペダルで操作することによって、減速して速度を落とすときや、赤信号などで停車するときに使用します。 フットブレーキの浮力は、負圧式倍力化装置で増幅され、マスターシリンダー内のピストンを押してブレーキの油圧を発生させて各車輪のブレーキキャリパーへ制動力を伝えます。 パーキングブレーキ パーキングブレーキは、別名『駐車ブレーキ』とも言われていて、運転席の横のハンドレバー式や足下にあったり、最近では電気式のタイプもあります。 いずれも止めるための仕組みは、ブレーキディスクやドラムをパッドで挟む仕組みの、摩擦ブレーキの仕組みを利用してます パーキングブレーキは駐車時以外にも、フットブレーキの故障などで車を停止できなくなったときの非常時や緊急時に、減速のための制動手段として使う場合もあります。 ブレーキの種類や使い方をきちんと理解するのが大事ですね。 使い方を間違えると、故障や事故に繋がる場合もあるので注意が必要ですね。 パーキングブレーキは、緊急時や非常時に減速目的で使えるのが勉強になりました。 エンジンブレーキを使うとエンジンに負担がかかる? AT車の場合には、まず問題になりませんが、MT車の場合には、エンジンブレーキの使い方によって、エンジンに強い負荷がかかり壊れてしまう場合があります。 アクセルを踏んでエンジンを回す場合は、タコメーターの回転上限の赤い部分『レッドゾーン』をこえてしまう『オーバーレブ』することは稀ですが、エンジンブレーキの場合はそうとも言えません。 また、アクセルONでレッドゾーンを超えてしまった場合よりも、エンジンブレーキでレッドゾーンを超えてしまった場合の方がエンジンの負担は大きいと言われています。 アクセルONでは意図的にエンジンを回転させますが、アクセルOFFではタイヤの回転がエンジンを無理やり回転させている原理のためです。 1度や2度のオーバーレブですぐにエンジンが壊れるわけではありませんが、エンジンの命とも言える、エンジンオイルが汚れていたり減っていては、エンジンをきちんと守ってくれません。 高性能のオイルを使うのも効果的ですが、一番大切なことは、オイルの状態をしっかりと管理して、オイル性能をきちんと保つことなのです。 車のメンテンナスの基本である、エンジンオイルの管理は大事ですね。 エンジンブレーキをきちんと効かせたり、万が一にオーバーレブさせていまったときにも、きちんとオイル交換をするなどの日頃のメンテンナスが重要ですね。 エンジンオイルは燃費や冷却だけではなく、エンジン守る性能が一番重要ですからね! 新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は? 新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。 しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!! ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。 また、 値引きは限界です。 その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください! と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。 やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね? そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。 そんな時に役立つのが、 になります。 そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんと あなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。 私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。 そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。 初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。 だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。 かんたん車査定ガイドでは、 1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。 ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。 まとめ この記事では、エンジンブレーキの仕組みや、使った場合のエンジンへの負担を減らす方法についてご紹介してきましたが、如何でしたか? エンジンブレーキが効く原理や、使い所のポイントなどがしっかりと確認して、正しい使い方を身に着けたいですね。 フットブレーキやパーキングとの違いについても復習できましたし、緊急時や非常時にパーキングで減速する使い方も学べましたね。 エンジンブレーキの使い方によっては、エンジンに大きな負担となるので、日頃からオイル交換等の愛車のメンテナンスの重要性も再認識できました。 エンジンブレーキ多く使う状況になりそうなルートを走行する際や、使うポイントなど参考にしてくださいね。

次の

運転が上手い人のエンジンブレーキの使い方とは|中古車なら【グーネット】

エンジン ブレーキ 使い方

誰もが知っているフットブレーキの意味と正しい使い方は? 運転する際に必ず使うのが「フットブレーキ」です。 減速や停止をする最も多用するブレーキですね。 常時使用することから「常用ブレーキ」と呼ぶこともあります。 場所は皆さんご存知の通りアクセルペダルの左側に設けられたブレーキペダルによって操作します。 踏み込み加減によって、制動力が変化するように作られています。 自転車やバイクではワイヤー式の物も見られますが、現代の車はほとんどが油圧ブレーキを採用しています。 フットブレーキのブレーキペダルの横にある足踏み式サイドブレーキ()のことをフットブレーキと呼称することもありますが、フットブレーキというとこの常用ブレーキを指すことが大半です。 フットブレーキの仕組みは? ディスクブレーキのローター部分 ディスクブレーキを例にとってみましょう。 フットブレーキは「マスターシリンダー」「ブレーキホース」「キャリパー」の主に3つのパーツで構成されており、内部はブレーキフルードというオイル(液体)で満たされています。 ブレーキペダルを踏み込むとマスターシリンダーのピストンに力が加わり、ブレーキホースへと伝わります。 そして、ブレーキキャリパーのピストンに力を伝え、ブレーキパッドにディスクを押し当てることでブレーキが利きます。 水とオイルは力を加えても圧縮されることはありません。 ではブレーキに水ではなくオイルが使用されるのはなぜでしょうか? それはブレーキ内部の液体が沸騰し気泡になるのは防ぐためです。 気泡ができると内部に空洞ができ、本来の制動力を得られなくなってしまいます。 しかし長い下り坂などでフットブレーキを多用するとでブレーキフルードが沸騰してしまうこともあります。 これをベーパーロック現象と言います。 ベーパーロック現象を防ぐためにエンジンブレーキの使用が推奨されています。

次の