ポケモン 剣 盾 ソーラー ビーム。 【ポケモン剣盾】ウインディの型紹介①物理耐久型②チョッキ型③アタッカー型④物理特殊両受け型【ウインディ育成論】

【ダブル】リザードンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ソーラー ビーム

特性「いかく」と「おにび」で物理アタッカーを機能停止に追い込む。 性格:「ずぶとい」「わんぱく」 ぼうぎょが上がる性格を使います。 攻撃技を物理か特殊にするかでどちらか選択してください。 4ターン以上居座ることができるなら、永続的に回復できる食べ残しのほうがメリットがあります。 準速ウインディは、最速ギャラドスより1すばやさを早いので上から「おにび」を打つことができます。 「ドリュウズ」まで上を取りたい場合は、性格をすばやさ上昇補正にして「208」すばやさに努力値を振ります。 さ 物理技:「じゃれつく」「インファイト」「ワイルドボルト」「アイアンヘッド」「かみくだく」「じならし」 ほのお技に耐性のあるポケモンを見れる技にしたいので、ドラゴンに「じゃれつく」岩に「アイアンヘッド」や「インファイト」水に「ワイルドボルト」と様々な選択肢が出てきますが、環境を見ると「じゃれつく」や「アイアンヘッド」が多い印象です。 特殊技:「バークアウト」「ソーラービーム」「りゅうのはどう」 特殊技は3つから選択です。 「水ロトム」をはじめ「ヌオー」「トリトドン」とウインディを完全に止めるために出てくるポケモンに強い「ソーラービーム」ドラゴンへの打点として「りゅうのはどう」 「バークアウト」を搭載すれば特殊ポケモンへの受けとして仕事することも可能になります。 5倍になるアイテム「とつげきチョッキ」を持たせた型です。 変化技が打てなくなるので、「おにび」は打てませんが、とくせい「いかく」で物理耐久も実質1. 5倍になります。 水ロトムのハイドロポンプやインテレオンのなみのりなど、弱点技も耐えるようになり、苦手な相手でも1回は行動をする事ができるようになります。 ダイマックス技は耐えられないので注意 性格:努力値 性格:「ようき」 努力値:攻撃252 すばやさ208 残りHP 「最速ドリュウズ」抜きにして、残りをHPに振っています。 環境にドリュウズがとても多いのでそこまで役割を持たせゆたいと思いまして。 もしくは耐久をもっと上げたいなら 性格:「ようき」 努力値:HP252 すばやさ208 残り特防 同じく「最速ドリュウズ」抜きは変えずに、耐久を上げた型です。 攻撃に無振りでもH4ドリュウズにはフレアドライブで確定1発はとれます。 火力が少し足りなくなりますが、そこは先制技の「しんそく」でカバーしていきます。 性格:「おくびょう」 努力値:HP252 すばやさ208 残り特防 特殊型の場合はこちらがオススメ、同じくH4ドリュウズはオーバーヒートで確定1発です。 「しんそく」の使い勝手がとても良いです。 ウインディの少し足りない火力を補ってくれます。 特殊型:「オーバーヒート」「もえつきる」より選択。 「かえんほうしゃ」もありですが、威力が低く決定打になりにくいため個人的には高威力技の方がオススメです。 連発したいなら「かえんほうしゃ」で。 特殊型でも「しんそく」は役に立つ 性格で下降補正をかけている為、威力は少し下がりますが強力な先制技「しんそく」の使い勝手はとても良いので、採用の有力候補になるでしょう。 ほのお技に耐性のあるポケモンを見れる技にしたいので、ドラゴンに「じゃれつく」岩に「アイアンヘッド」や「インファイト」水に「ワイルドボルト」と様々な選択肢が出てきます。 特殊技:「バークアウト」「ソーラービーム」「りゅうのはどう」 特殊技は3つから選択です。 「バークアウト」で相手のとくこうを下げる事で、特殊受けとしての役割を加速できます。 「水ロトム」をはじめ「ヌオー」「トリトドン」とウインディを完全に止めるために出てくるポケモンに強い「ソーラービーム」ドラゴンへの打点として「りゅうのはどう」から選択です。 「いのちのたま」「たつじんのおび」型だと、「おにび」が打てるのでとくせい「いかく」と組み合わせて、物理ポケモンへの役割は保てます。 性格:努力値 性格:「ようき」 努力値:攻撃252 すばやさ208 残りHP 最速ドリュウズ抜きです。 特殊型は技範囲が狭いので、物理型がオススメです。 技構成 確定枠:「フレアドライブ」「おにび」 フルアタにしても良いですが、「おにび」があったほうがダイマックス技の「ダイウォール」も打てるようになり、様々な状況に対応できるようになります。 性格:努力値:持ち物 性格:「おだやか」 努力値:HP252 ぼうぎょ128 とくぼう124 防御方面はようきドリュウズのじしん確定耐え特防方面は特化水ロトムのハイドロポンプを確定耐えです。 バークアウトでとくこうを下げたり、やけどをいれる前提ならどちらかに極振りしても良いと思います。 持ち物は「たべのこし」「オボンのみ」などの回復アイテム推奨です。 居座り前提なら「たべのこし」タイマン性能なら「オボンのみ」がいいです。 技構成 「おにび」 この技がないと始まらない。 やけどをいれる鬼火。 外したら負け。 「バークアウト」 とくこう1ランクダウンさせつつ、申し訳程度のダメージを与える。 交代読みで当てる事でほとんどの特殊ポケモンを受け切る事ができる。 この技で受けきれなくても、後続の起点にはなる。 「あさのひざし」 回復技。 逆に言えば相手のダイマックスを強要できる為強い。 「もえつきる」「オーバーヒート」「かえんほうしゃ」 3つのほのお技のウエポンからの選択。 「もえつきる」は命中安定で、タイプ変更もできるので、弱点が疲れにくくとても良いですが、一回打つと交代しないと使えない。 「かえんほうしゃ」は命中安定技、威力は物足りないがこの技が1番使いやすいと思う。

次の

【ポケモン剣盾】リザードンの育成論

ポケモン 剣 盾 ソーラー ビーム

リザードンの基本データ HP 78 タイプ ほのお こうげき 84 ひこう ぼうぎょ 78 特性 もうか とくこう 100 とくぼう 85 夢特性 サンパワー すばやさ 100 リザードンの特徴 キョダイマックスわざ「キョダイゴクエン」 キョダイマックスリザードン専用のキョダイマックスわざ。 キョダイマックスわざの追加効果が発動すれば、 相手のポケモンの体力を削ることができます。 攻撃技以外で相手のHPを削る手段の代表例として、天候でのスリップダメージが挙げられます。 また、「こだわりメガネ」などの火力アップアイテムを持たせることで、キョダイマックスせずとも活躍させることができます。 リザードンの技 有用な攻撃技 ブラストバーン タイプ一致技。 キョダイゴクエンの威力が150になる。 ねっぷう タイプ一致技。 相手2体を攻撃することができる。 命中率に不安あり。 だいもんじ タイプ一致技。 単体技なので使いやすいが命中率が85と不安。 かえんほうしゃ タイプ一致技。 火力はだいもんじに劣るが命中率が安定している。 エアスラッシュ タイプ一致技。 ダイジェットのベースとしても。 ソーラービーム 苦手とするみずタイプやじめんタイプへの打点に。 ダイソウゲンのベースとしても。 げんしのちから ミラーを意識した、いわタイプわざ。 ダイロックの火力は申し分ない。 りゅうのはどう 上記のわざでは届かない、ドラゴンタイプへの打点として。 ダイドラグーンの追加効果もおいしい。 きあいだま バンギラスへの高打点を求める方 はこちら。 有用な変化技 まもる こだわりアイテムを持たせないのであれば、ほぼ必須。 おいかぜや にほんばれ、 うそなきでサポートをすることで、 リザードンの力を存分に発揮させることができます。 ヤミラミ エルフーンと同じ特性「いたずらごころ」を使って、リザードンをサポートします。 エルフーンと同様に、 にほんばれを使うことで火力アップを図ります。 また、エルフーンが覚えない、 さきおくりや サイドチェンジを使うことで戦いを優位に進められます。 じめんタイプ ドリュウズやドサイドンといった物理わざを使うじめんタイプと組むことが多いです。 リザードンの苦手とするロトムや削り切ることができないほのおタイプを大きく削ることができます。 リザードンの対策 ウインディ バークアウトによるCダウンとキョダイゴクエンの 追加効果を受けないほのおタイプです。 リザードンの火力さえ下げてしまえば、ペースをつかむことができます。 ウォッシュロトム、ヒートロトム リザードンのタイプ一致技を両方とも半減で受けることができます。 ヒートロトムに関しては、キョダイゴクエンの追加効果も受けないため、受けるダメージを減らしつつリザードンを大きく減らすことができます。 バンギラス+ドリュウズ 言わずと知れたメジャーな並びです。 この2匹を見たら、まず相手は先発にリザードンを出すことは難しいでしょう。 2体で弱点を突ける点や、ダイマックスをせずともに突破できることもあり、非常に有利な対面です。 さいごに ダブルバトルにおけるリザードンの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 <好きなポケモン> サンダース ヨーギラス パッチラゴン <ゲーム部門> WCS2019 Day1出場。 関連する記事• 2020. 03 レンタルチームID: 0000 0002 YRN9 66 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 個 […][…]• 2020. 18 目次 1. ミロカロスの基本データ2. ミロカロスの特徴2. 特性「かちき」で能力ダウンをけん制 […][…]• 2020. 17 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. こだ […][…]• 2020. 18 目次 1. はじめに2. 教え技一覧3. ダブル上位ポケモンが習得する教え技3. トゲキッス3. […][…]• 2020. 24 目次 1. ミミッキュの基本データ2. ミミッキュ2. 特性「ばけのかわ」でダメージを無効化2. […][…].

次の

【ポケモン剣盾】シーズン3 シングル最終557位 キュウコン構築:元あられ注意報

ポケモン 剣 盾 ソーラー ビーム

それと見た目が好きなポケモン中心に組みました。 かえんほうしゃではミミッキュが乱数になってしまうため安定のウェザボ採用。 珠ダイスチルでよくネギトロにされました。 回避UPよりも砂で襷を潰されない点が優秀で、カバ相手にも強気に突っ張れるのが強み。 ギャラドスやトゲキッスストッパーとしてはもちろん、へびにらみによる誤魔化し性能、 残りHP1の状態でもミミッキュやギルガルドに一発殴ることができる点などが優秀でした。 初手にも出しやすいもののドラゴンアローが襷貫通で余裕で確1なのがとても辛い。 一時期流行っていたバンドリュやヌルアント、トリルドサイドン辺りへのメタ枠。 先に展開できてしまえばギャラドス程度なら余裕で殴り勝てる固さ。 ただ終盤は役割対象が減り、ドラパミミッキッスのような対面ポケモンに加えて ピクシーも大量発生していたため非常に動き辛い環境でした。 カビゴンも役割対象にしたかったものの上記のポケモン達と組んでいることが大半で、 中々厳しい選出を迫られました。 特性はバンギ意識の防塵にしましたが、防音のほうが欲しい場面多かったかも。 ドヒドイデやカビゴン相手に剣の舞を積んで強引に勝ち筋を作るのが基本的な立ち回り。 特に語ることもないパワーモンスター。 ダイマックスとの相性もよく使いやすいポケモンであったものの、 PT全体で地震が一貫しているためドリュウズがいた場合選出し辛かったのが難点でした。 とはいえドリュウズは比較的処理しやすいポケモンだったので、 選出誘導をできていると考えたら非選出時でもいい仕事をしていたと思います。 【基本選出・立ち回り】 相手のPTによって比較的満遍なく選出していて、基本選出はありませんでした。 どうしても辛そうな並びにはニンフィア、エレザード、キュウコンの状態異常でサポートしつつカジリガメを強引に通せるような立ち回りを意識しました。 重かったポケモン:リザードン・スカーフヒヒダルマ どちらもマヒを入れて誤魔化すかカジリガメで先に展開しないとPTが半壊してしまうので とても厳しい立ち回りに。 【反省点】 最初はジャラランガを使いたくて組んだ構築で、キュウコンが補完として優秀なのでは と考え、そこからミミッキュに隙を見せにくいポケモンを中心に組んでいったのですが、 結局ジャラランガの選出率が低くなってしまった悲しみ。 【余談もとい不満点的な】 ダイマックスという仕様、個人的にはもう少し調整して欲しいなあと思う点が多いです。 ポケモンの面白さはタイプ相性によるメタとそこから生まれるサイクル戦だと考えているのですが、ダイマックスはどちらもそれを否定し対面性能が高いポケモンを詰め込むのが正解、というゲームをメガシンカやZ技以上に加速させてしまっているのではと感じています。 今は準伝出禁によるデフレにも関わらず、7世代末期以上に使用率が偏ってしまっているのは もったいない環境だなと。

次の