君の心へ続く。 Texas Is The Reason / Do You Know Who You Are? 「君」も「僕」も「僕」、果てなく続く自分との対話を繰り広げるエモ・レジェンド。

piapro(ピアプロ)

君の心へ続く

何もかもうまくいかないんです。 悪いことばかり続くんです。 完全に運に見放されているみたい……」 と相談してきたのは、大手不動産会社に勤める女性、Kさん(34歳)でした。 その時点ですでに、目力は弱く肌は荒れ、髪はパサパサで年齢よりもだいぶ上に見えました。 しかも口臭があり、気の毒ですが「仕事をうまくやるのは難しいのではないか」と、思うほどでした。 彼女の話によると、上司が過去の失敗を持ち出し、ネチネチと頻繁に叱るのだそう。 そのせいか同僚からは距離を置かれて孤立状態になり、仕事はほとんどうまくいかないと。 また、彼女は実家暮らしで、母親が食事の食べ方や、家の中の歩き方のようなことをいちいち注意し、そこから「あなた将来大丈夫なの?」と漠然とした不安を、とりつかれたように言い続けるのだといいます。 彼女は私に「家や会社の風水や方位で何か問題があれば教えてほしい」と、相談にきました。 それはそうかもしれませんが、彼女の負のスパイラルの原因が、このふたりの言動であるのは明らかでした。 そこで、方位や家具の置き方という風水ではなく、まずは負のスパイラルから抜け出すためのアドバイスをすることにしたのです。 そのアドバイスとは 「ボディ・マインド・スピリット」すなわち 「体・考え方・霊的」という3つの側面からの解決法でした。 だから「少し体を動かしてみたらどうでしょう」と、アドバイスしたのです。 すると「ヨガなら少し前までやっていたので、久しぶりにスタジオに行ってみる」と、彼女は話してくれました。 ヨガ以外にも、ジムやエアロビクス、ダンス、ウォーキング、ジョギングなどで体を動かすと、緊張がゆるみ、呼吸が深くなり、体の気の流れが回復していきます。 そうすれば身体的に負のスパイラルから抜けるきっかけとなるはずです。 「運動はちょっと……」という方は、マッサージやリフレクソロジーに行くのもよいでしょう。 体がリラックスすれば、心もリラックスしますから。

次の

君の心へ続く 長い一本道は

君の心へ続く

内覧のお願いを切り出す A君「もうハウスメーカーとか決まりました?」 何も振っていないのに、前のめり気味に話を聞いてくるA君。 どうやら八郎が家を建てることに興味深々のようです。 これは思った以上に簡単に頼めそうな気がしてきましたよ。 八郎「 いや、まだだけど(ホントは決まってるけど)でも気になるハウスメーカーはあるね」 A君「例えば、どことかありますか?ここなら20社くらい入ってますから選びたい放題ですよ」 八郎「 そうやなぁ、セキスイハイムとか気になるかなあ(チラッ)」 A君「えーまじっすか!俺セキスイハイムですよ!!何なら営業紹介しましょうか!?」 いやいや、もう営業はハイム営業がいるので間に合っています(笑) 必要なのは、営業ではなくて、 君の家を内覧したいのだよ、A君。 八郎「うーん、まだ検討段階だから。。。 営業とかは良いんだ」 A君「そうなんですか。。。 」 ものすごく残念がるA君。 君は何てイイヤツなんだ! イイヤツなら、俺のためにもうひと肌脱いでおくれ!! A君「他に。。。 何か出来ることはないですか?」 八郎「うん、そうだなあ。。。 ワザトラシクマヲアケテ、ト セキスイハイムの事が気になっているから」 この流れ、かなり自然にA君に内覧をお願い出来そうな感じだ。 おし、どさくさに紛れて言ってやれ! 八郎 「 参考にしたいから、A君の家を実際に見させてくれないかな?」 この時、この男(A君)の目が輝いたことに八郎は気が付きません。 A君「!!!な~んだあ。 そんな事ですか!お安い御用ですよ」 は?え?。。。 ウソ? なんと、あっさり快諾です。 拍子抜け、と言うか、こんなに安請け合いして大丈夫なんでしょうか? 招かれざる客 A君「 何なら、今から見に来ますか?」 八郎・嫁「!!!!!」 いやいやいや。 流石に今からはマズいでしょ? A君は良いかもしれないけど、 A君の奥さんは絶対に良い訳がない。 それとも、来客に備えて常にスキなく、 掃除・片づけがされているのでしょうか? しかし、まだ年端もいかない可愛い娘さんがいるのに、 いつ来客があっても問題ない程度に部屋が片付いているなんて無理があるような気もします。 余計なお世話かもしれませんが、 頼んでおきながら、こっちが心配になってきましたよ。 チラッと嫁に目をやると。。。 嫁「(ダメダメダメダメ)」 と目が訴えかけています。 A君もまだ若いな。 このまま八郎がA君宅に突撃訪問したら、 君たちはきっと夫婦喧嘩だよ。。。 自分で不躾に頼んでおきながら、 こう言う時だけ、変に上司風を吹かせて、 今日の申し出は断ろうと思いました。 そして、この突然の来客を歓迎していない人がもうひとりいました。 お父さんを取らないで! 愛娘「お父さん、今から遊び行くって言ったでしょ!?言ったでしょ!?」 八郎を睨みつけながら、 しきりにお父さんの手を引こうとする娘ちゃんの姿が。。。 そうなんです。 娘ちゃんにとっては、今日は数少ないお父さんを独占できる日。 恐らく、お父さんと遊びに行くのをずっと心待ちにしていたはずです。 それを、見ず知らずのハゲデブおっさんが奪おうとしているのです。 もう、憎き仇以外の何物でもありません(笑) 今度どこかで遭遇しようものなら辻斬りに合う事間違いなしです。 八郎「今日は流石に突然すぎるから、日を改めるよ。 娘さんもお父さんと遊ぶのを楽しみにしているみたいだし」 そう言いいながら、しゃがみこんで娘ちゃんの目線まで視線を落とし、 八郎「急にごめんねー、お父さん、ちゃんとこれから遊んでくれるから安心してね」 と、頬を膨らましてニコニコしながら話しかけたら、 どうやら娘ちゃんも納得してくれたようです。 明らかな警戒心丸出しの目つきはなくなりました。 デブでスキンヘッドの八郎が、子供を怖がらせないように接するにはどうしたらいいか… 10年かけて考案した結論が、ここ数年、漸く実を結び始めました。 視線を落として、頬を膨らませてニコニコすれば、大概の子供さんは警戒心を解いてくれます。 これを八郎は「アンパンマン対応」と勝手に呼んでいます。 子供は、丸いものには警戒心を解くみたいです。 何もしなくても八郎、既に丸いんですけどね。 やはり、やなせたかし先生偉大だなー、と感じる今日この頃です。 (次回へ続く) 内覧を快諾どころか、その日のうちに案内してくれようとしてくれたA君。 しかし、奥さんや娘さんの事を考えてとりあえず今日の内覧は辞退することに。 日程を決めて後日伺う事にします。 しかし、なぜ、A君は八郎をすぐにでも家に招待しようとしたのか? その理由を読み進めながら推理して見て下さい。 (もうお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが) 次回 君は、選び抜くことができるか。 よく読まれている記事• 6k件のビュー 2020年2月12日 に投稿された• 1k件のビュー 2020年2月15日 に投稿された• 1k件のビュー 2020年3月18日 に投稿された• 9k件のビュー 2020年2月13日 に投稿された• 9k件のビュー 2020年3月19日 に投稿された• 892件のビュー 2020年2月12日 に投稿された• 887件のビュー 2020年3月17日 に投稿された• 879件のビュー 2020年3月14日 に投稿された• 781件のビュー 2020年5月14日 に投稿された• 779件のビュー 2020年2月26日 に投稿された.

次の

君の心へ続く長い一本道は

君の心へ続く

何もかもうまくいかないんです。 悪いことばかり続くんです。 完全に運に見放されているみたい……」 と相談してきたのは、大手不動産会社に勤める女性、Kさん(34歳)でした。 その時点ですでに、目力は弱く肌は荒れ、髪はパサパサで年齢よりもだいぶ上に見えました。 しかも口臭があり、気の毒ですが「仕事をうまくやるのは難しいのではないか」と、思うほどでした。 彼女の話によると、上司が過去の失敗を持ち出し、ネチネチと頻繁に叱るのだそう。 そのせいか同僚からは距離を置かれて孤立状態になり、仕事はほとんどうまくいかないと。 また、彼女は実家暮らしで、母親が食事の食べ方や、家の中の歩き方のようなことをいちいち注意し、そこから「あなた将来大丈夫なの?」と漠然とした不安を、とりつかれたように言い続けるのだといいます。 彼女は私に「家や会社の風水や方位で何か問題があれば教えてほしい」と、相談にきました。 それはそうかもしれませんが、彼女の負のスパイラルの原因が、このふたりの言動であるのは明らかでした。 そこで、方位や家具の置き方という風水ではなく、まずは負のスパイラルから抜け出すためのアドバイスをすることにしたのです。 そのアドバイスとは 「ボディ・マインド・スピリット」すなわち 「体・考え方・霊的」という3つの側面からの解決法でした。 だから「少し体を動かしてみたらどうでしょう」と、アドバイスしたのです。 すると「ヨガなら少し前までやっていたので、久しぶりにスタジオに行ってみる」と、彼女は話してくれました。 ヨガ以外にも、ジムやエアロビクス、ダンス、ウォーキング、ジョギングなどで体を動かすと、緊張がゆるみ、呼吸が深くなり、体の気の流れが回復していきます。 そうすれば身体的に負のスパイラルから抜けるきっかけとなるはずです。 「運動はちょっと……」という方は、マッサージやリフレクソロジーに行くのもよいでしょう。 体がリラックスすれば、心もリラックスしますから。

次の