エクソン モービル の 株価。 エクソン・モービル(XOM)の株価・配当利回りは?業績など解説|マネーの研究室

[XOM]エクソンモービル 企業概要・株価・配当金・利回り・増配状況

エクソン モービル の 株価

エクソンモービル XOM の基本情報 エクソンモービル XOM の事業と歴史 エクソンモービルは世界200ヶ国以上で事業を行うエネルギー会社であり世界最大手の石油メジャーです。 21カ国に38の石油精製所を展開し、毎日の石油精製量は630万バレルです。 エクソンモービルが保有する油田の石油埋蔵量は2007年末で720億バレル換算とされ、現在の生産量で14年以上持つと言われるほどの驚異的な生産能力を誇っています。 石油精製事業の他に天然ガス関連事業やポリエチレン、ポリプロビレン、プラスチックなどの石油化学製品等の生産販売も行っています。 このようにある程度分散された事業形態ですが、石油精製事業エネルギー資源の探鉱・生産、輸送、精製、販売までの事業を垂直統合で一括で行っており原油・天然ガスの探査・生産を行う 上流 アップストリーム事業とは石油製品の製造と販売を行うダウンストリーム 下流 事業に分かれており、原油価格が上昇すれば上流部門が収益を拡大し、下落すれば下流部門がそれを下支えするので同業他社ほど原油価格による影響を受けにくい それでも大きく影響があります です。 元々は2社とも、ジョン・ロックフェラーが1870年に設立したスタンダード・オイル社が源流です。 スタンダードオイル社は1911年に反トラスト法違反で連邦最高裁判所による解体命令を受け、34社に分割されました。 分割された34社のうち、スタンダードオイルニュージャージー 後のエクソン とスタンダードオイルニューヨーク 後のモービル の両社が1999年に合併しエクソンモービルとなりました。 前身となる両社は共に第二次世界大戦後から1960年代まで石油生産をほぼ独占したセブンシスターズと呼ばれる石油メジャーの1つでありこの合併は超大物同士の合併でした。 また、極めて高い政治的影響力を持ち時には油田開発のために国家とも交渉をします。 アメリカのトランプ政権最初の国務長官であった、レックス・ティラーソン氏は就任直前までエクソンモービルの会長兼最高経営責任者 CEO でした。 エクソンモービル XOM の株価推移 エクソンモービルの株価 2019年10月24日現在 です。 長期的に伸び続けてきましたがここ10年ほどは原油価格の低迷や原油需要に関する不安から業績と株価は伸び悩んでいます。 それでも、新興国の発展に伴い2040年代まで原油需要は伸び続けると言われておりしばらくは心配しなくてもいいと考えています。 エクソンモービル XOM の増配年数と配当利回り 増配年数 36年 配当金 配当利回り 3. 48 4. 近年の原油価格低迷を受けて株価は低迷しています。 そして、近年のキャッシュフローから見て現金創出力に不安を持つ投資家の動向もあり他の石油メジャー シェブロンやロイヤル・ダッチ・シェル と比較しても低いパフォーマンスであり続けています。 石油などの化石燃料から太陽光や風力といった再生可能エネルギーへの移行が世界で進んでいますが、IEA 国際エネルギー機関 の報告書によると、原油需要の先行きは2040年まで新興国の発展などを背景とした増加が見込まれています。 また、新たなガスエネルギーとして注目されているシェールガスの存在が原油価格を抑制している面もあり今後原油価格が急騰する事はあまり見込めないと思われます。 ESG投資の影響 近年、ESG投資を掲げる機関投資家 金融機関・年金基金・保険会社 などが出てきており環境への悪影響から石油関連銘柄 他にたばこ関連銘柄も含まれます への投資を避ける事も起こり始めています。 莫大な資金を有する機関投資家が投資を行わないとなれば株価に大きな影響をもたらすでしょう。 株価が割安に放置されたままであることも考えられます。 実際、エクソン・モービル XOM の時価総額は2013年にApple AAPL に1位の座を奪われて以来低下の一途をたどっています。 しかし、特に配当狙いの個人投資家にとっては割安にこういった配当銘柄を買うことができるなど大きな投資チャンスとなる可能性があります。 14 11. 41 12. 21 12. 81 11. 18 12. 68 12. 89 安定した数値を出し続けています。 参入障壁が高く、規模も大きい企業であることの表れです。 エクソンモービル XOM の今後の見通しとまとめ 原油需要は新興国の成長などに伴い2040年まで伸び続けるとされていますが、ESG投資の拡大などが株価に対する逆風となります。 しかし、化学部門も有しており化学製品に力を入れたり新たなエネルギーの事業比率を高めるなど時代に合わせて存続し続け株主に配当を支払ってくれる企業だと思います。

次の

【XOM】エクソンモービルの株価と決算、配当

エクソン モービル の 株価

エクソンモービル XOM 、ExxonMobilは米国株を代表する優良銘柄の石油メジャー ニューヨーク株式市場も反発して世界同時株安も一旦落ちついたのでしょうか? 底値がどこなのか、それは結局未来になって振り返らないと誰にも分かりません。 私の米国株の投資スタンスはシーゲル流に大きく影響を受けています。 流行りの企業に投資するのではなく、永続する企業こそ大きな利益をもたらすという考えです。 今回はヘルスケアやタバコセクターと同様にシーゲル推薦の石油メジャー関連です。 世界同時株安で最近値下がりしたエクソンモービル XOM を購入しました。 エクソンモービル(ExxonMobil)は世界的に有名な石油メジャーです。 投資に興味がない方でも耳にしたことがある企業ではないでしょうか。 今回は下記の点で記事を書きましたのでぜひご覧ください。 「エクソンモービルの過去の株価の動きは?」 「エクソンモービルの配当金の歴史と配当利回りは?」 エクソンモービル XOM の株価の動きとキャピタルゲインは? それでは早速エクソンモービルの株価の値動きについて見てましょう。 株価チャートは米国エクソンモービルの投資家用のページから確認可能です。 参照: 世界的な好景気で米国株も絶好調にも関わらず、エクソンモービルのこの10年の株価はほとんど横ばいです。 FAANG銘柄など米国株の株価上昇が目覚ましい中、エクソンモービルの株価の値動きは物足りないですね。 これはAmazonなどFAANG銘柄に比べて将来の事業の伸びしろがなく成長性に乏しいと投資家に判断されている所以です。 しかし長期チャートが示す通り、キャピタルゲインを狙った購入はオススメできません。 現在の株価でPERはおよそ17. 7倍です。 値上がりが期待できなくても配当目当てで株式が購入されるためそこそこ高いPERになっていますね。 シーゲル流の投資では 「永続する会社が本当の利益をもたらす」という考えが基本にあります。 エクソンモービルの永続する企業のように、優良銘柄が長期で大きな利益をもたらすと考えます。 米国株式に興味がある方は是非シーゲルの名著を一読することをオススメします! 私自身も米国株式に投資を開始する際の投資スタンスを決定する上で非常に参考になりました。 エクソンモービル XOM の配当金とインカムゲインは? キャピタルゲイン狙いでは大きな利益があまり期待できないことが分かりました。 それでは肝心のエクソンモービルの配当金はどうでしょうか? HPより入手できる最近の配当金についてグラフにしました。 参照: 毎年順調に増配が実施されていて、綺麗な右肩上がりのグラフですね! 2018年に関してはまだ4Qの配当が未定で含まれていないためバーが低くなっています。 23となり昨年を超えます。 エクソンモービルの株主向けページの配当欄には下記のような力強い文言が記載されています。 簡単に訳すと 『過去35年、エクソンモービルの株主への配当支払いは年平均6. 分割を考慮する旨が注釈に記載されています。 米国企業特有の配当施策への強いこだわりが感じられて安心できます。 米国の企業運営においては、配当金を支払えないのは経営者として能力に欠けることを意味します。 利益がしっかりとある限り、多少の不況に陥っても簡単に減配することはありません。 日本株でも現在配当がそれなりにある企業がありますが、ここが米国企業との大きな違いですね! なお現在の株価でエクソンモービルの配当利回りはおよそ4. 増配を続ける企業で未だこれだけの高利回りであることは素晴らしいの一言に尽きます。 管理人のエクソンモービル購入価格と今後のスタンスは? シーゲル本を読んで以来、注目していたエクソンモービルですが株価が中々下がりませんでした。 0で14株購入しました。 40になります。 38です。 28とわずかではありますが含み損です! この状況も、4Qに想定通りの配当がいただければプラスに転じます。 さらに株価が下げ続けるようであれば定期的に買い増ししたいと思います。 底値がどこかは誰にも分からないので一気に購入するのは危険です。 管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。 株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。 しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。 私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります! 利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。 また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね! 案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。 まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。 無料口座開設 公式サイト >>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の

【XOM】エクソンモービルの株価・配当金の推移と銘柄分析

エクソン モービル の 株価

エクソンモービルってどんな会社? 社名 Exxon Mobil Corp ティッカー XOM 設立年 1882年 セクター エネルギー 従業員数 71,000人 連続増配年 36年 決算月 12月 PER 16. 31 直近配当利回り(税込) 5. 元々は1911年ジョン・ロックフェラーが創設したスタンダード・オイルが元で、その後セブン・シスターズと呼ばれた7つの巨大石油会社の支配時代を経て、現在のスーパーメジャー6社体制となりました。 以下にスーパーメジャー6社の売上と利益の一覧を掲載します(2018年1)。 企業名 国 売上高 (百万$) 営業利益 (百万$) エクソンモービル アメリカ 279,332 22,124 ロイヤル・ダッチ・シェル オランダ 388,379 31,189 BP イギリス 298,756 16,341 シェブロン アメリカ 158,902 14,446 トタル フランス 184,106 15,314 コノコフィリップス アメリカ 36,417 8,859 2018年はスーパーメジャー6社の中でエクソン・モービルは売上についてはシェル、BPにつぐ第3位、利益についてはシェルに続いて第2位の成績なので上出来ですね。 さらにS&P信用格付けは、AA+とスーパーメジャーの中では最高値となっています。 これは他者と比較して財務状況がもっとも良いところから来ています。 ・株価は原油価格に左右される ・石油消費量は今後も拡大する スーパーメジャーである以上、原油を売ってなんぼの会社です。 各社さまざまな分野に進出しているものの、やはり主力は原油にあるため原油価格が上昇すれば利益も増え、それに伴い株価も上昇します。 WTI原油先物価格とXOMの株価を比較したものを掲載します。 また石油消費量ですが世界経済の拡大に合わせて順調に増えていっています。 以下のグラフは1965年以降の世界の石油消費量の推移です。 そして今後も世界のGDPは増え続けるという予測があるので、石油消費量も増えていくことでしょう。 最近はシェールオイルなど新たな原油層が採掘できるようになっていますが、原油は有限な資源です。 今は原油価格が低迷していますが、今後世界の景気がよくなると再度原油価格も上昇してくるものと考えています。 その時株価上昇の恩恵を受けられるよう株価が低迷している今のうちに先行投資しておくのもありかと思います。 さすがスーパーメジャーです。 全世界をカバーしているものの主力地域はやはりアメリカですね。 世界のGDPの多くをアメリカが占めており原油消費量も多いので、自然な流れですね。 セグメント別売上比率 現在の事業収益としては大きく3つに分けられます。 上流・・・原油の探鉱・開発・採掘• 下流・・・石油の精製・販売• 化学薬品 そのなかでも一番のシェアを握っているのは原油の探鉱・開発・採掘を行う上流事業です。 エクソン・モービルの利益に一番貢献しているのもこの上流事業です。 カテゴリー• 人気記事• くわにゃん( kuwanyan98)です。 私が2018年10月から実践している米国高配当株投資... くわにゃん( kuwanyan98)です。 米国高配当株の人気銘柄の一つであるウェルズ・ファーゴ... くわにゃん( kuwanyan98)です。 前回の記事ではETFのメリット・デメリットを投資信託... くわにゃん( kuwanyan98)です。 2017年からiDeCo、2018年から積立Nisa... くわにゃん( kuwanyan98)です。 私のメインの投資の一つである海外ETFを使ったインデ... くわにゃん( kuwanyan98)です。 2018年11月から運用しているインヴァスト証券のト... くわにゃん( kuwanyan98)です。 2018年11月から運用しているアイネット証券のルー... くわにゃん( kuwanyan98)です。 WealthNaviは2016年7月から開始されたサ... くわにゃん( kuwanyan98)です。 2018年9月から運用している手動トラリピを紹介しま... くわにゃん( kuwanyan98)です。 米国高配当株の人気銘柄の一つであるコカ・コーラ(KO...

次の