西洋古典学研究。 西洋古典学_百度百科

早稲田大学 研究者データベース

西洋古典学研究

哲学の専任教員がカバーしている研究領域は、古代ギリシアから現代欧米までの各時代におよび、また、形而上学、存在論、認識論、倫理学、政治哲学から、言語哲学、論理と数学の哲学、情報の哲学といった多様な分野にわたっていて、西洋の哲学・思想の主要な時代と分野を網羅しています。 授業は、講義、原典講読を中心とした演習、また、学生自らの研究発表を基にした討論などの形で行われ、哲学という知を愛し求める探求に、主体的に参加することが期待されています。 特に大学院の学生には、将来研究者として自立してゆくための高水準の独創的研究が要請され、充実した非常勤講師陣とともに、そのための徹底した個人指導が行われています。 西洋古典学の研究対象は、古典ギリシア語・ラテン語それ自体のみならず、それらの言語で書かれた書物、さらにはギリシア・ローマ時代全般にわたります。 学生は両古典語の習得と、韻文・散文の双方にわたる幅広い読解が求められますが、授業は、それに対応できるように構成されています。 詳しくは次のアドレスをクリックしてご覧ください。 哲学・西洋古典学のホームページ 哲学• 教授 石川 求 Prof. ISHIKAWA, Motomu カントの批判哲学に一つの基準を求めつつ、ドイツ近現代の哲学・思想を専攻している。 教授 岡本 賢吾 Prof. OKAMOTO, Kengo 西洋哲学、特に、論理学の哲学(Philosophy of Logic)、数学の哲学(Philosophy of Mathematics)、情報の哲学(Philosophy of Information)を専門的に研究している。 教授 栗原 裕次 Prof. KURIHARA, Yuji ギリシア哲学、特にプラトンの存在論、認識論、倫理学、言語論、政治哲学を中心に研究している。 教授 松阪 陽一 Prof. MATSUSAKA, Youichi フレーゲ、ラッセル、ウィトゲンシュタインに始まる現代の言語哲学。 特に言葉の指示や意味の問題を研究するための枠組みについて考察している。 准教授 木田 直人 Associate Prof. KIDA, Naoto 「常識」概念を探究し、「自明性」の構造を見通す。 生命、身体、言語、制度など、諸価値の発生起源を整理し、次いでこれら諸価値が重層的・錯綜的に相互影響を与え合う論理を解明する。 これにより、日常を構成する諸価値の固有の持ち分の保証への視点と同時に、越権に対する批判の視点を構築する。 助教 井原 健一郎 Assistant Prof. 西洋古典学• 准教授 小池 登 Associate Prof. KOIKE, Noboru 専門は主にギリシャ語学・文学。 両古典語の韻文・散文を扱いつつ、特にギリシャ語韻文の文体・修辞や本文校訂の問題等に取り組む。

次の

京都大学学術出版会:西洋古典学事典

西洋古典学研究

古代ギリシア・ローマの人々が「よく生きるために」創出したギリシア神話・叙事詩をはじめとする文学諸ジャンル、民主制や共和国の理念など、本専修はこれらの文化的諸相を文献に基づいて研究する。 高橋 宏幸 教 授 ラテン文学 河島 思朗 准教授 西洋古典学• 文学部受験生向けメッセージ 西洋古典といえば、外国文学の中でも最もなじみの薄いものの一つかも知れません。 西洋古典学専修を擁する大学も日本では三つしかありません。 ここではギリシア語・ラテン語で書かれた文学を中心に、哲学や歴史、さらには古代ギリシア・ローマの文化全般を研究対象にしています。 ヨーロッパの思想や文化を辿っていくと必ずローマとギリシアに到達しますし、動植物の学名から病気の名称に至るまで、科学用語は今でもほとんどギリシア語・ラテン語を元にして作られています。 ほとんどすべての文学ジャンルが古代に既に出そろっています。 ギリシアではホメロス作と伝えられる叙事詩『イリアス』と『オデュッセイア』、抒情詩人サッポーやピンダロス、三大悲劇詩人アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデス、喜劇詩人アリストパネス、歴史の父ヘロドトス等々。 ラテンでは喜劇詩人プラウトゥスとテレンティウス、ウェルギリウスの叙事詩『アエネイス』、ホラティウスの多様な詩、オウィディウスの『変身物語』、リウィウスやタキトゥスの歴史、キケロやカエサルやセネカの散文等々。 紀元前八百年頃から千数百年にわたるこれらの作品を今日読むことができるのも、写本を発掘しテクストを確定してきた先人の気の遠くなるような努力のお陰です。 西洋古典を学ぶことは、古典の魅力に触れると共に、学問を守り継承してきた人々の営みに連なることでもあるのです。 大学院研究科受験生向けメッセージ 教 授 高橋 宏幸 ラテン文学 准教授 河島 思郎 西洋古典学 紀元前8世紀のホメロスから後2世紀のローマの著述家まで、ギリシア語・ラテン語を用い同一の文化的精神的伝統を共有する世界を古典古代という。 そこにおいてギリシア文学は叙事詩・抒情詩・悲劇・喜劇・歴史・牧歌・小説など、さまざまな文学ジャンルを生み出し、ラテン文学はギリシア文学を継承しつつ、恋愛詩・風刺詩・弁論など独自の発展を織り込んでルネッサンス以後の再生に連なる古典の伝統を築き上げた。 本専修は、一方で、これらの文学作品を主要な研究対象とする。 さらに、古典古代にギリシア語とラテン語で書かれたすべての文献をも研究領域に含めつつ、原典批判を基本に、テクストを精細に読み、背景にある伝統を踏まえ、文脈に即した解釈を提起すべく研究を進める。 その一方、西洋古典学という学問の特質、および、古典古代以前と以後にも注意と目配りを忘れない。 すなわち、西洋古典学は古代にあっても近代の新たな出発点にあっても、文学、哲学、歴史学など人文科学分野にとどまらず、数学、物理学、天文学、医学、生物学などの自然科学分野をも含んで、人間にかかわるすべての学問分野にまたがる形で成立し、その根幹には人間を分割しえない完結した個体として相対的に捉えようとする視点があった。 また、ギリシア文化の形成にあたっては、エジプトやメソポタミアの先進国から多大な影響が及び、他方、古典文化の伝統はビザンチン文化やカロリング朝文化、さらにはイスラム文化によって継承されたという、文化史の大きな流れを視野からはずすことはできない。 本専修における大学院進学者は、京都大学文学部出身者よりも他大学出身者の方が多い。 古典の語学・文学を研究する学生はもちろん、文化を研究する学生にとっても、もっとも重要なのは第一次資料となるギリシア語・ラテン語の原典を読みこなす能力である。 また、辞書・研究書は外国語のものがほとんどであるから、英・独・仏等の近代後にも堪能であることが要求される。 古典古代を広い視野から研究するために、古代哲学史・西洋古代史の授業をも積極的に受講することが望まれる。

次の

西洋古典学

西洋古典学研究

総合文学領域 領域紹介 「総合文学」領域は、文学理論・比較文学、および西洋古典学で成り立っています。 本領域では、幅広い横断的な視野から研究を進める大学院生を募り、斬新な問題意識を磨きつつ、しっかりとした学術的な基礎のもとに学位論文を完成させるよう教育を展開しています。 その結果これまでに、挑戦的でかつ学問的信頼性の高い数多くの博士論文が完成され、多くの学生が博士号を取得して国内外で活躍しています。 「文学」研究は近年ますます「文化」研究に移行していく傾向にあります。 この総合文学領域における研究の現状も例外ではありません。 文学理論・比較文学という用語を本領域のキーワードとして用いていますが、「理論」と「比較」の概念は拡大されており、実際に研究をしている学生は広い意味での「文化」研究に分類しうるものを論文にしています。 とくにこれまで本領域で活発におこなわれてきた研究の方向性としては、従来の諸研究のほかに、日本占領下でのさまざまな日本語表現文学の研究などを含む「越境」文学・文化研究、映画やマンガなどを素材とする表象研究、美術や演劇と関わるパフォーマンス文化研究などが挙げられます。 いずれの研究においても、対象作品の深い読み込みと新たな問題意識、背景となる社会状況を掘り起こす力、体系的な構想力などが求められます。 現在所属している学生が研究対象としているものには、以下のようなものがあります。 イギリス・ファンタジー文学、ソヴィエト映画における英雄表象、ハリー・ポッター研究、江戸川乱歩文学における「迷宮」のイメージ、東アジアのモダニズム文学、近代日本語における人称代名詞の成立と私小説の発生 本領域の開講科目には「文学批評研究」「文学理論研究」「文学交流論演習」「比較文学研究」などがあり、異文化間交渉と領域横断的な表象の問題が多く取り上げられていることも特徴です。 また領域全体のゼミという位置づけで「文学研究発表演習」が設けられ、学生どうしが互いの研究を通じて真剣に切磋琢磨し合う環境が整っていることも大きな魅力でしょう。 また、「西洋古典学」分野がこの領域に入っているのは、ある意味で東京教育大学時代からの伝統を継承していると言えます。 西洋文学を専攻した場合、昨今大学での研究者ポストの可能性は、ほとんど英語教員に限られますが、規範的な英語教員を目指すためには、ギリシア語・ラテン語と西洋古典文学の素養が不可欠だからです。 また本学では、従来のギリシア・ラテン語学文学研究にとどまらず、イタリア文化論などを含む「地中海学」全般を研究対象としています。 科目には「古典古代学研究」「古典古代学演習」などがあります。 在籍する学生数が比較的多く、とくに留学生が多いのが、この領域のひとつの特徴です。 現在6人の学生が所属し、半数が留学生です。 その他に留学生の研究生がいます。 国際的な視野を養うには最適な環境だといえるでしょう。 これまで、韓国、中国、台湾、インド、トルコ、ロシア、スロベニア、ベルギー、シリア、ハンガリーなどから留学生たちがやってきて、日本人学生とともに、レベルの高い活発な研究活動を展開してきました。 なお、2020年度から新しい大学院課程である「人文学学位プログラム」が発足しました。 そのなかの「文学サブプログラム」には、本領域所属教員の指導学生として博士前期課程3名、後期課程2名の学生がおり、本領域の所属院生と密接な交流を持ちながら学修・研究活動を進めています。 研究活動 院生は入学後、博士論文を5年後の目標としながらも、まずは中間評価論文(修士論文)の作成に専念します。 修士論文完成後は実際に博士論文の作成に没頭します。 その際、本学内外の学会での発表や論文投稿が奨励されることになります。 本領域の院生は日本国内のみならず、アメリカ、オーストラリア、フランス、中国、韓国、台湾、タイなどで積極的に学会発表を行い、論文を発表しています(使用言語は日本語、英語、中国語、韓国語など)。 なおこうした院生の研究活動を支えるものとして、本領域を中核とする「筑波大学比較・理論文学会」があります。 年に一度、大会を開催して卒業生を交えた研究交流をおこなっています。 また機関誌『文学研究論集』は2020年3月に第38号を発刊いたしました。 さらに、この学会を母体とした論文集が、これまでに何冊も単行本として刊行されています。 また西洋古典学には「古典古代学研究室」の発刊する雑誌『古典古代学』があります。 進路 大学院修了者の多くは、日本内外の高等教育機関に就職しています。 主な就職先は、東京外国語大学、早稲田大学、秋田県立大学、筑波大学、北海道教育大学釧路校、東京理科大学、東京福祉大学、名古屋大学、愛媛大学、北九州大学、九州大学、熊本県立大学、高崎健康福祉大学、東呉大学(台湾)、慈済大学(台湾)、淡江大学(台湾)、政治大学(台湾)、中山大学(台湾)、中華大学(台湾)、東海大学(台湾)、ソウル大学(韓国)、高麗大学(韓国)、淑明大学(韓国)、誠信女子大学(韓国)、全州大学(韓国)、寧波大学(中国)、復旦大学(中国)、上海財経大学(中国)、ネヴシェル・ハジュ・ベクタシュ・ヴェリ大学(トルコ)などです。 etsuko. gn アット u. tsukuba. jp アットを に入れ替えてください。

次の