こじんまり。 【こじんまり】と【こぢんまり】の意味の違いと使い方の例文

【穴場の温泉宿】和倉温泉で少人数しか宿泊できない人気の温泉宿

こじんまり

「こじんまり」と「こぢんまり」の違い 「こじんまり」は「こぢんまり」の間違い 「こじんまり」と「こぢんまり」の違いを分かりやすく言うと、 「こじんまり」とは「こぢんまり」の間違った使い方、「こぢんまり」とは小さいながら程よくまとまって落ち着きがあるという意味です。 「こじんまり」は誤字 一般的には「こじんまり」という言葉は存在しません。 漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、「こぢんまり」のことを間違えて「こじんまり」として使っている人がほとんどです。 また、「こぢんまり」に似た「小ぢんまり」という言葉があるのですが、「こぢんまり」を漢字にした言葉なので置き換えて使っても問題ありません。 「こぢんまり」は正しい日本語 正しい言葉である「こぢんまり」を使った例分かりやすいとしては、「こちらのこぢんまりとしたお店は私のお気に入りです」「祖父の家はこじんまりとした田舎にある」「こぢんまりとした戦いしかないのでこの映画は面白くない」などがあります。 「こぢんまり」という言葉はあっても「こじんまり」という言葉は存在しないことを覚えておきましょう。 同時に「こぢんまり」という単語の意味について「小さいながら程よくまとまって落ち着きのあること」と覚えておくようにしてください。 「こぢんまり」の英語表記 「こぢんまり」を英語にすると「cozy」となり、例えば上記の「こちらのこぢんまりとしたお店は私のお気に入りです」を英語にすると「This cozy shop is my favorite」となります。 「こじんまり」の意味 「こじんまり」とは 「こじんまり」とは、 「こぢんまり」の間違った使い方を意味しています。 「こじんまり」と間違える理由は発音 「こじんまり」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。 発音が同じなため、「こぢんまり」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けてください。 「こぢんまり」の意味 「こぢんまり」とは 「こぢんまり」とは、 小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることを意味しています。 その他にも、小さくまとまって物足りないことを意味しています。 「こぢんまり」の使い方 「こぢんまりとしたカフェで飲むコーヒーは美味しい」「老後はこぢんまりとした田舎の家で過ごすのも悪くない」「こぢんまりとした財布は使いやすい」などの文中で使われている「こぢんまり」は、「小さいながら程よくまとまって落ち着きのあること」の意味で使われています。 一方、「こぢんまりとした空中戦しかないのでこのアニメは観ていても退屈だ」「若いうちからこぢまりとした行動ばかりしていては成長しない」などの文中で使われている「こぢんまり」は、「小さくまとまって物足りないこと」の意味で使われています。 「こぢんまり」という言葉は、小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることと、小さくまとまって物足りないことの二つの意味があるのですが、一般的に使われているのは、小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることの意味になります。 「こぢんまり」を小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることの意味で使う場合は、プラスのイメージになっています。 そのため、小さくまとまって良いという意味と覚えておきましょう。 反対に、「こぢんまり」を小さくまとまって物足りないことの意味で使う場合は、マイナスのイメージになっています。 同じ「こぢんまり」という言葉でも、意味によって真逆のイメージになるのでそこは注意してください。 「こぢんまり」の類語 「こぢんまり」の類語・類義語としては、小さくまとまっていることを意味する「ちんまり」、物の構成や構造などが小さいことを意味する「小規模」、小型で中身が充実していることを意味する「コンパクト」、同類の物の中で型が小さいことを意味する「小型」などがあります。 「こじんまり」の例文 5.男なら若いうちはこぢんまりとしたことはしないほうがいいと師匠から言われた。 この言葉がよく使われる場面としては、小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることを表現したい時などが挙げられます。 その他にも、小さくまとまって物足りないことを表現したい時にも使います。 例文1から例文3のように「ごぢんまり」を使っている場合は、小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることの意味になっています。 小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることの意味の場合は、プラスのイメージで「こぢんまり」を使っています。 例文5のように「ごぢんまり」を使っている場合は、小さくまとまって物足りないことの意味になっています。 小さくまとまって物足りないことの意味の場合は、マイナスのイメージで「こぢんまり」を使っています。 上記の例文のように、こぢんまりは二つの意味を持っているのでそれぞれの場面に適した使い方をするようにしましょう。 「こじんまり」と「こぢんまり」どちらを使うか迷った時には、「こじんまり」は辞書にない言葉なので、「こぢんまり」を使うようにしてください。

次の

【こじんまり】と【こぢんまり】の意味の違いと使い方の例文

こじんまり

この前は「こじんまり」と「こぢんまり」のどちらが正しいのかわからなくなってしまいました。 こういうときは、おっくうがらずに辞書を引いてみましょう。 こぢんまり 小さいなりにまとまっていて、落ち着いた雰囲気が有る様子。 「ー(と)した住まい」 「新明解国語辞典 第七版」 新明解には「こぢんまり」の見出し語はありますが、「こじんまり」の見出し語はありません。 =こじんまり 「ベネッセ表現読解国語辞典」 ベネッセは「こじんまり」という表記も認める立場のようです。 もう一冊、見てみましょう。 「角川必携国語辞典」 角川必携は「こじんまり」は誤りとの見解を示しています。 ではなぜ「こじんまり」は誤りなのだろう?と考えてみると、「こぢんまり」はもともと次の単語から来ていることに思い当たります。 ちんまり 小さくまとまって、かわいらしいようす。 「ーした鼻」「ーした家」 「角川必携国語辞典」 「こ+ちんまり」なのだから「こぢんまり」が正しいと言われればたしかにそのとおり。 とはいえ「こじんまり」という表記にも何だか捨てがたいものがあります。 みなさんの見解はいかがでしょうか? アーカイブ•

次の

こじんまり?こぢんまり?意味と使い方、漢字、類語、英語表現

こじんまり

「こじんまり」と「こぢんまり」の違い 「こじんまり」は「こぢんまり」の間違い 「こじんまり」と「こぢんまり」の違いを分かりやすく言うと、 「こじんまり」とは「こぢんまり」の間違った使い方、「こぢんまり」とは小さいながら程よくまとまって落ち着きがあるという意味です。 「こじんまり」は誤字 一般的には「こじんまり」という言葉は存在しません。 漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、「こぢんまり」のことを間違えて「こじんまり」として使っている人がほとんどです。 また、「こぢんまり」に似た「小ぢんまり」という言葉があるのですが、「こぢんまり」を漢字にした言葉なので置き換えて使っても問題ありません。 「こぢんまり」は正しい日本語 正しい言葉である「こぢんまり」を使った例分かりやすいとしては、「こちらのこぢんまりとしたお店は私のお気に入りです」「祖父の家はこじんまりとした田舎にある」「こぢんまりとした戦いしかないのでこの映画は面白くない」などがあります。 「こぢんまり」という言葉はあっても「こじんまり」という言葉は存在しないことを覚えておきましょう。 同時に「こぢんまり」という単語の意味について「小さいながら程よくまとまって落ち着きのあること」と覚えておくようにしてください。 「こぢんまり」の英語表記 「こぢんまり」を英語にすると「cozy」となり、例えば上記の「こちらのこぢんまりとしたお店は私のお気に入りです」を英語にすると「This cozy shop is my favorite」となります。 「こじんまり」の意味 「こじんまり」とは 「こじんまり」とは、 「こぢんまり」の間違った使い方を意味しています。 「こじんまり」と間違える理由は発音 「こじんまり」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。 発音が同じなため、「こぢんまり」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けてください。 「こぢんまり」の意味 「こぢんまり」とは 「こぢんまり」とは、 小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることを意味しています。 その他にも、小さくまとまって物足りないことを意味しています。 「こぢんまり」の使い方 「こぢんまりとしたカフェで飲むコーヒーは美味しい」「老後はこぢんまりとした田舎の家で過ごすのも悪くない」「こぢんまりとした財布は使いやすい」などの文中で使われている「こぢんまり」は、「小さいながら程よくまとまって落ち着きのあること」の意味で使われています。 一方、「こぢんまりとした空中戦しかないのでこのアニメは観ていても退屈だ」「若いうちからこぢまりとした行動ばかりしていては成長しない」などの文中で使われている「こぢんまり」は、「小さくまとまって物足りないこと」の意味で使われています。 「こぢんまり」という言葉は、小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることと、小さくまとまって物足りないことの二つの意味があるのですが、一般的に使われているのは、小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることの意味になります。 「こぢんまり」を小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることの意味で使う場合は、プラスのイメージになっています。 そのため、小さくまとまって良いという意味と覚えておきましょう。 反対に、「こぢんまり」を小さくまとまって物足りないことの意味で使う場合は、マイナスのイメージになっています。 同じ「こぢんまり」という言葉でも、意味によって真逆のイメージになるのでそこは注意してください。 「こぢんまり」の類語 「こぢんまり」の類語・類義語としては、小さくまとまっていることを意味する「ちんまり」、物の構成や構造などが小さいことを意味する「小規模」、小型で中身が充実していることを意味する「コンパクト」、同類の物の中で型が小さいことを意味する「小型」などがあります。 「こじんまり」の例文 5.男なら若いうちはこぢんまりとしたことはしないほうがいいと師匠から言われた。 この言葉がよく使われる場面としては、小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることを表現したい時などが挙げられます。 その他にも、小さくまとまって物足りないことを表現したい時にも使います。 例文1から例文3のように「ごぢんまり」を使っている場合は、小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることの意味になっています。 小さいながら程よくまとまって落ち着きのあることの意味の場合は、プラスのイメージで「こぢんまり」を使っています。 例文5のように「ごぢんまり」を使っている場合は、小さくまとまって物足りないことの意味になっています。 小さくまとまって物足りないことの意味の場合は、マイナスのイメージで「こぢんまり」を使っています。 上記の例文のように、こぢんまりは二つの意味を持っているのでそれぞれの場面に適した使い方をするようにしましょう。 「こじんまり」と「こぢんまり」どちらを使うか迷った時には、「こじんまり」は辞書にない言葉なので、「こぢんまり」を使うようにしてください。

次の