横向 温泉 ロッジ。 ゾゾゾ最新作「幽霊ペンション&横向ロッジスペシャル」3/6(金)に配信決定!サムネイル解禁!

横向温泉ロッジ

横向 温泉 ロッジ

かなりの高所に位置していて、冬は雪のせいでかなり孤立してしまうスポットだそうです。 そのため霊が集いやすいのだとか。 このホテルには、特に子供の霊が出現すると噂されています。 また霊力が強いということからテレビや雑誌などで何度か取り上げられているそうです。 いくつか奇妙な噂があるので、ここで紹介したいと思います。 まず一つ目が、ホテルの地下室の扉をノックすると、ドアの向こう側から物凄い叩き返してくる、というもの。 二つ目は、ロッジ内の女の子の絵が書かれている場所。 そこには「いっしょに」と落書きされており、時々女の子の絵だけが消えるそうです。 横向温泉ロッジ(廃墟ホテル)• 住所:福島県耶麻郡猪苗代町若宮 県道30号線• 最寄駅:なし(車でのみアクセス可能) 福島県の心霊スポットランキング第3位は、「黒塚」です。 黒塚は、福島県二本松市(にある鬼婆の墓、そしてその鬼婆にまつわる伝説のことを指します。 鬼婆の伝説を簡単に説明すると、700年代に道に迷った一人の僧が一軒の岩屋に宿を求め、そこには老婆が住んでおり、その老婆の正体は、人を喰らっていたという「安達ヶ原の鬼婆(あだちがはらのおにばば)」だったというもの。 僧が逃げると悟った老婆は鬼婆の姿と変身し、人並み超えた速さで追いかけてきたといいます。 僧は、絶体絶命の中、旅の荷物の中から如意輪観世音菩薩の像を取り出し、必死に経を唱えます。 すると菩薩像が空へと舞い、光明を放ちながら破魔の白真弓に金剛の矢をつがえて射ち、鬼婆を仕留めたと伝えられています。 他にも鬼婆はイナズマに打たれて死んだという説もあります。 黒塚(福島の心霊スポット)での怖いエピソード・心霊体験 この常葉少年自然の家が使われなくなってしまった理由の一つとして原発が挙げられますが、もう一つは心霊現象だったそうです。 施設内には複数の部屋がありますが、一つだけ絶対に足を踏み入れてはいけないと言われていた部屋があったのだとか。 そこをやむおえず使用した人の証言によると、部屋中が白いモヤのようなもので囲まれてしまったり、壁に血痕がついていたり、奇妙な気配を感じたりしたそうです。 他にも、夜中に外出すると、中野区在住の人に限って何者かが、後ろから肩を叩き「あんた、中野の人かね?」と話してくるそうです。 しかし、振り向いても誰もいないそうです。 ここは太平洋戦争時代に、中野区のとある小学校が疎開してきたそうなのですが、すぐ近くの鎌倉岳に逃げ込み、行方不明になったと伝えられています。 常葉少年自然の家(廃墟)• 住所: 福島県田村市常葉町山根鰍5• 最寄駅:なし(車でのみアクセス可能) 噂によると、この遊園地には展望台があり、あるカップルがそこで心中したそうです。 また、オーナーが経営難を苦に自殺したという噂もあります。 また、ジェットコースターで人が投げ出された大きな事故が発生したとも噂されています。 心霊的な噂で有名なのは、入り口付近に男性の霊が立っているというもの。 また、ジェットコースター付近で女性の悲鳴が聞こえるそうです。 ジェットコースターや観覧車もほぼそのまま残っているから、異様な雰囲気が漂っているそうです。 足を踏み入れるには注意が必要です。 高子沼グリーンランド(廃墟)• 住所:福島県福島市瀬上町沼西1• 最寄駅:向瀬上駅.

次の

【恐怖】福島の心霊スポット(廃墟・ホテルなど)ランキングベスト10!

横向 温泉 ロッジ

別件でたまたま通りがかりに見つけた。 帰ってから調べると、どうやら経営難でつぶれたらしいということがわかった。 しかし、詳しい情報は見つからない。 というかね、心霊スポットとして有名らしく、面白くもない記事ばかり。 怖い話は嫌いじゃない。 というよりかなり好きな方だ。 だけど、そういうのを色々読んで色々見て、結論、嘘ばっか。 特に写真系は、写真によくある現象をオーブだの身体の一部が消えただの、大袈裟に煽ることにうんざり。 コンパクトカメラ、ストロボ、この辺りを考えればすぐわかりそうなもんなのに。 昔の心霊写真はすごいのがたくさんあったけど、近ごろはインパクトのあるものが全然ない所を見ると、昔のもフェイクだったんだろうな。 今はテレビ局もフェイクがバレると叩かれるから、あからさまな画像加工には手を出さないのだろうし。 話が逸れた。 廃墟には妙な噂が尾ひれをつけるものだが、横向温泉ロッジにも、オーナーが自殺しただの火事で泊まり客が焼死しただのの噂が語られる。 しかし、実際のところそんな事実はどうやらないらしい。 普通に経営破綻して、放棄された廃墟ですよ。 お子ちゃまな落書きにもセンスがなくて興ざめ。 朽ち方はなかなかいい雰囲気なんだが。 中に入ってみようかとも思ったが、うっすらと雪が積もっていて危険物があっても隠れている状態。 釘を踏み抜いたりするのも嫌なので近付くのはやめておいた。

次の

横向温泉ロッジ(耶麻郡猪苗代町)

横向 温泉 ロッジ

令和2年1月23日 改訂 1 概要 から国道49号線を方面へと向かい,途中,県道206号線方面へ曲がり,さらにいくつかの脇道に入り込み進むとやがて見えてくるという,少々分かりづらい場所にあるペンション墟である。 雑木林に囲まれた場所の中に建てられており,かつては車で建物の近くまで進入することが出来たが,その後,通路に倒木があり,奥まで進入することが困難になっていたと記憶している(ただ,私も現地を最後に訪れたのは平成10年代の話であり,ふるい情報であることは否めない。 このペンション墟も,別稿で記載した横向温泉ロッジ同様,営業を辞め現在のような廃墟に至る経緯について,様々な説がある。 具体的には,同ペンションのオーナがー自殺した,また,一家心中事件が発生したなどの噂をよく聞くところであるが,真相は横向温泉ロッジ同様定かではない。 通称である「幽霊ペンション」の名に恥じず,同ペンション内部やその周辺では,多くの怪奇現象が噂されている。 具体的には,森を歩いているとオーナーの幽霊に導かれ,それに付いて行くとオーナーの妻の幽霊が2階からこちらを見つめている,また,オーナーと妻との間の子供の幽霊の手形で1階のガラスに埋め尽くされているなどといわれている。 2 解説 別稿で記載した横向温泉ロッジと並び,内を代表する,いや,福島屈指の心霊スポットと言えるであろう。 私も相当古い時期(平成9~15年頃であろうか)に,何度か同ペンションを訪れたことがあるが,特に,人影も無く,しんしんと雪が降り,周囲の木々も枯れ果てている同ペンションを見た時は,夏に訪れた時とはまた別の恐怖感を抱いたことを鮮明に記憶している。 しかし,疑問なのは,であるを眺めることもできず,かつ,お世辞にも景観が良いとはいえないこのような雑木林の中に,何故ペンションを建てたのだろうか。 さて,上記のとおり,このペンションが廃墟に至る経緯が色々と噂されているが,オーナーが自殺した,また,一家心中を遂げたという話は完全な誤りとされている(その場合,上記の怪奇現象が発生する裏付けが存在しないことになる。 そのため,何故怪奇現象が発生するのか,その根拠がよく分からない。 ただ,この場所には,心霊番組の取材等で実際に霊能力者が訪れたことがあるのは事実である。 見える方には見えるのかも知れない(なお,霊能力者の話では,この場所にはで亡くなった方の幽霊が集まってきているらしい。 最後に,同地には,白い車で訪れると不幸な目に遭う,という噂も存在していた。 私が若い頃に訪れた際には,知人の運転する白い車で来たのだが・・・(その後,その知人がどうなったかは,連絡をしていないため定かではないし,私自身,何か不幸な目に遭遇したという記憶はない。 ) sizyuukara-1979.

次の