誹謗中傷 エルプランニング。 エルプランニングの紹介

エルプランニングの風評被害対策を調査しました。

誹謗中傷 エルプランニング

ネットに触れる機会が日常的に多い業界。 それだけソーシャルメディアに関するリスクも大きくなっています。 現状とネット風評傾向、誹謗中傷対策コラムを確認しておきましょう。 多くの利用者が日常的に訪れる飲食店はSNSを通じて炎上しやすい業界です。 現状とネット風評傾向、誹謗中傷対策コラムを確認しておきましょう。 バカッター、バイトテロなどSNSを通じた炎上をすると学生の未来に影響を与えてしまいます。 現状や傾向と対策を確認しておきましょう。 ジェンダーとは「社会的・心理的」性別をさす言葉である。 単に性別が男女別• 同窓会の写真にクレームが寄せられる 筆者は高校同窓会の役員をしている。 リツイート裁判の衝撃 ツイッターでリツイートした内容が、名誉毀損になる• 告発へ向かうユーザー心理 ここからは、単なる炎上騒ぎにとどまらず、ユー ネット上には、玉石混交の情報が日々公開され、誹謗中傷や炎上など企業ブランドを傷つける事例が年々増加しています。 そのような中で、企業は「攻め=集客・広報」と「守り=誹謗中傷対策」の両面から、ネットの情報防衛と情報発信をしていく必要があります。 株式会社エルプランニングでは、2003年のインターネット黎明期に創業し、 「守り」では検索結果やSNSの監視、炎上予防・誹謗中傷対策コンサルの実績38000件以上 「攻め」では検索結果の最適化(SEO)技術を駆使し、集客や積極的な広報(IR、PR)を支援 その実績や事例を活かし、このサイト上では、企業に役立つ実践的なネット炎上対策や誹謗中傷対策について、定期的に情報発信を行いますので、組織のリスクマネジメントとブランドイメージ向上に是非ご活用ください。 いまの消費者は「モノを買う」とき、ネットで情報を集め、取捨選択します。 企業の宣伝文句より、購入者の「声」を聴き、意思決定する傾向が強まっています。 SNSに代表されるソーシャルメディアには、こうした「声」が溢れています。 しかし、企業活動は依然として「従来」のままです。 ネットにシフトといっても、 会社の組織体制、人員の配置、役割は大きく変わっていません。 ネットの空間で、「今」何が起きているのか、それを知ることこそ、企業がやるべきことです。 ソーシャルメディアガイドラインで定める「傾聴」の態度が企業に求められています。 一方でネットには、匿名を利用して、デマや悪い噂、誹謗中傷を流す「声」も少なくありません。 時にはその「声」が幅をきかせネット炎上して、企業の信用を一瞬で台無しにする事件も起きています。 その炎上の原因が、社員の書き込みや投稿、個人情報や機密情報の漏えいにあることも少なくありません。 ネット情報参謀「セイメイ」は、企業を取り巻くリスクだけではなく、 活用支援についても、皆さんと一緒に考え、役に立つ情報を発信していきます。 どうぞご期待ください。

次の

エルプランニングの紹介

誹謗中傷 エルプランニング

エルプランニングとその評判を調べてみた エルプランニングの評判は? エルプランニングは集客ソリューションの提案の事業を行っていました。 そしてそこで得られたノウハウを生かして、誹謗中傷や風評被害対策のサービスを実施しています。 まず監視体制は、風評監視チェッカーと呼ばれる自動監視ツールを使っています。 ちなみにこのツールはクラウド型で運用されているのが特徴です。 問題の書き込みがあれば、逐一クライアントに報告されるシステムが整備されています。 その他には検索エンジンで企業名の検索を行った時に出てくるネガティブなサジェストワードの対策も実施しています。 ネガティブワードが来ないようにいろいろな方法を駆使します。 集客ソリューションのノウハウがここで生かされていると思います。 ウェブ広告やWEB集客のスキルを使って、風評対策を行っているわけです。 逆SEO対策も行っています。 会社の誹謗中傷や悪意のある評判が掲載されているサイトを検索結果の上位に来ないように対処します。 たいていの人が1ページ目に掲載されたサイトを訪問します。 ですから2ページ目以降に押し下げただけでもかなりの効果が期待できます。 エルプランニングでは、逆SEOの成果が出た後も半年間監視を続けます。 変化の早いネットの世界にしっかりと対策しているので、安心して依頼できると感じました。 玄関口のサジェスト対策はエルプランニングで 私もパソコンを利用するときに使いますが、キーワードを検索サイトで入力するとサジェストといって、ほかのユーザーがよく入力する関連語の候補が表示されます。 ユーザーはこの関連語を見ることで、そのキーワードのイメージがなんとなく掴めます。 もし皆さんの企業の名前を検索サイトに入力したところ、ネガティブな単語ばかりがサジェストしてしまうとどうでしょう?検索しようと思った人は、決して皆さんの会社にいいイメージを持たないはずです。 サジェストは、皆さんのホームページの玄関口のような役割を果たしています。 ここで悪い印象のある言葉が出てくると、みすみすせっかくの見込み客を手放すことにもなりかねません。 またサジェストの中でも上位に出てくる単語をクリックする人が多いと思います。 そこでサジェスト対策として、風評被害につながるようなワードがいかに出てこないようにするかも大切です。 エルプランニングでは風評被害に関わるようなワードがサジェストに出てきた場合、非表示する対策を行います。 その他にも、皆さんが表示させたいワードがあればサジェストの上位に持ってくる対策も実施しています。 5000社以上のクライアントと仕事をしてきた実績を持っていて、99%のお客さんに満足してもらっているということなので企業イメージ、評判の向上を希望している人は一度利用してみるのもありだと思います。 エルプランニングの逆SEOのやり方はいろいろ サジェストなどでネガティブなワードが上位に来ないように対策することももちろん大事です。 しかしキーワードの順位は随時変動しています。 ですからずっと張り付いて、ネガティブなワードが上位に来ないようにチェックするのはほかの仕事もやっている以上無理だと思います。 そこでもしネガティブなワードやサイトが上位にきてしまったときのために、逆SEO対策を検討します。 これは皆さんの会社を貶めるような悪意のある評判などが書かれているサイトが検索結果の上位に来ないようにする対策です。 たいていの人は、検索結果の上位に来るサイトをクリックします。 逆SEO対策で出来るだけ誹謗中傷の書きこまれているサイトを見られないようにして、企業防衛を行います。 ただし逆SEO対策といっても、やり方はいろいろです。 またどのような内容の書き込みがされているのか、中傷コメントの書かれているサイトの更新頻度がどのくらいなのか、サイトの属性はどうなのかといった総合的な評価のもとで、適切な対処をする必要があります。 エルプランニングではこのようなコンサルタントを専門的に行っているスタッフが多数在籍しています。 皆さんの置かれている状況の診断は無料で行っています。 今後問題があれば気軽に相談できますね。

次の

株式会社エルプランニング

誹謗中傷 エルプランニング

イベントカレンダー+ログは「IT・製造業・ビジネス関係のイベント(セミナー・展示会・勉強会・コンテスト・Webイベントなど)を開催する企業・コミュニティが登録したイベント情報のポータルサイト」として約7年間運営をしてきました。 これまでサービスを続けることができたのは、イベントカレンダー+ログのコンセプトに共感をいただき、適切なイベント情報をお寄せいただいた皆さまのご支援があったからこそと考えております。 重ねて御礼申し上げます。 しかしながら、イベント情報の入手方法の多様化やイベント紹介サービス市場の状況、@ITの今後のメディア運営方針などを検討した結果、 2020年6月30日(火)15:00をもちましてイベントカレンダー+ログのサービスを終了することにしました。 これまでご利用をいただきました皆さまには残念なお知らせとなり、誠に心苦しく思っております。 何とぞ、ご理解をいただけますと幸いです。 イベントカレンダー+ログの7年間で皆さまのイベント情報の共有が図られ、ビジネスへの貢献などが行われたのであれば、当社にとって望外の喜びです。 サービスの終了までのスケジュール、およびこれまで登録していただいたイベント情報の取り扱いにつきましては、以下の記載をご確認ください。 また、「イベントカレンダー+ログ 」サービス終了にともない、 @ITのを2020年7月1日付で変更いたします。 ・質問:自分が登録したイベント情報を保存するには? お手数ですが、ユーザーページ(マイページ)から各イベント情報のページに行き、該当箇所をコピー&ペーストで、テキストファイルなどに保存してください。 ・質問:Twitter、Facebookのログイン情報はサービス終了後、どうなりますか? ログイン情報は全て削除されます。 なお、サービス終了に伴い、Twitter、Facebookでのログインに伴うメールアドレスの取得はストップさせていただきます。 ・質問:イベント情報の登録はいつまでできますか? 2020年6月30日15:00まで可能ですが、その後閲覧できなくなるので、登録はお勧めできません。 今後とも弊社サービスをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

次の