シンクロ スキン セルフ リフレッシング ファンデーション。 SHISEIDO シンクロスキンシリーズ

【SHISEIDO】ファンデーションなど2019新作秋コスメ詳細

シンクロ スキン セルフ リフレッシング ファンデーション

厚塗りでは無いのに24時間メイク直しを必要としない、新製品「シンクロスキン セルフリフレッシング」を試しに行って来ました。 コスメイベントが好きで… 色味は100番台が明るめ 200番台が標準 300番台が濃いめとなっているそうです。 100番台でも3色あり、私は明るめなのでこのどれかか200番台も良さそうでした。 微妙な違いなので迷います。 130はニュートラル?140はピンクっぽい?160は220より濃いめ?本当に合う色は1日付けて夜まで経過を見たい感じです。 液体はスルッとしていて、店員さん曰く少しの量を伸ばすと良いそうです。 その際、赤いブラシで下がプニプニとしたシリコンぽい筆でポンポンしても良いと勧めてくれました。 SPF35・PA++++(全12色、各30mL、各6000円)秋冬に良いですよね。 来場者全員にランダムでプレゼントがあり、私はミニとのサンプルを頂きました。 最近のコスメイベントは楽しい、オススメです。 あと、会場でを試せたのですがこれが…サラッサラで気持ち良くこれも欲しいと思いました。 あれもこれも良くてお金が大変です….

次の

SHISEIDO / シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーションの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

シンクロ スキン セルフ リフレッシング ファンデーション

メイク直しを気にせずに、24時間笑っても動いてもいつでもフレッシュで美しい肌が叶います。 厚塗り感は一切でないのに 肌の上に1つ膜を作るかのようにしっかりとカバーしてくれました! 赤みなどの色ムラもしっかりと隠してくれました。 特別にデザインされたという へちま型のようなアプリケーターは、先端のチップでピンポイントに、カーブしたシルエットで肌の上を滑らせると広範囲に塗布でき、フィット感がアップします。 まるで 肌に染み込んでいくかのように、驚くほどキレイに馴染んで感動! 重ねづけしても、 ひび割れたり小ジワが目立ったりせずとてもキレイにカバーすることが出来ました。 超微粒子パウダーが肌とシンクロしテカリを抑え、 毛穴や凹凸などの肌悩みを自然にぼかしながら、肌に溶け込むようになじみます。 先に塗ったファンデのツヤを残しつつ 清潔感のあるサラリとした肌に仕上げてくれました。 マットタイプは、 粉っぽくならないのに余分なツヤを抑えてくれる印象。 少しカバー力をも感じ、 キメの細かいマシュマロ肌に仕上げてくれました。 資生堂から今秋新しく登場するベースメイクアイテム。 この他にも、 クッションファンデや スティックコンシーラー、 プレストパウダーも登場しますので是非チェックしてみてくださいね! -------------------------------------------------- 【Not sponsored】SHISEIDOさまご提供品の紹介記事です。 使用感はライターの感想です。 --------------------------------------------------.

次の

【SHISEIDO】ファンデーションなど2019新作秋コスメ詳細

シンクロ スキン セルフ リフレッシング ファンデーション

色は130、140、160、220、230、240、250、310、320、330、340、360• 色選びではまず最初に人気色である標準色から見て行きます。 シンクロスキンセルフリフレッシングファンデの場合、 標準色は220です。 標準色220は赤みと黄みのバランスがとれた色です。 若干赤みが強い色になりますが、標準色220は多くの人に馴染みやすい色です。 そして、標準色と同じぐらいの明るさで黄みが強い色が 230・240・250です。 標準色220で赤みが気になるという方の色選びでは、黄みと赤みのバランスがとれた自然な肌色の240、もしくは黄味のある自然な肌色の250という順番に色選びして行くと良いです。 赤みが強いと肌に血色感が出て女性らしい華やかな印象になります。 くすみが気になる方の色選びにおすすめなのが赤みの入った色味です。 そしれ、黄みが強いとカジュアルで自然な印象になります。 ナチュラル感が欲しい方は黄み色がおすすめです。 色白な方の色選びだと、100番台をチョイスします。 130・140・160があります。 一番明るい色が130です。 130は赤みと黄みのバランスのとれた色です。 140は赤みのある色、160は黄みのある色となっています。 140はくすみの気になるブルベの方の色選びでおすすめです。 160はイエベ肌の方におすすめです。 ですが、それぞれ肌の色味感を中和したい場合は逆の色味をチョイスしてくださいね。 そして、健康的な肌色の方の色選びは、 310・320・330・340・360から選ぶことができます。 一番赤みがあるのが310です。 赤みと黄みのバランスがとれた色が320と360ですが、360の方がより健康的な肌色です。 黄みのある色だと330と340があります。 赤み・黄みでの色選びについては色白肌の方と同じように、ブルベの場合は赤み系、イエベの方は黄み系を選ぶと肌になじみます。 そして、かなりイエベ寄りの肌だという方の色選びでは 230や250がおすすめです。 これらは黄みの強い色味で、イエベ肌を自然な肌色に仕上げてくれます。 資生堂シンクロスキンセルフリフレッシングファンデ|サンプルは2色あり シンクロスキンセルフリフレッシングファンデーションは、人気の 130と220の2つのサンプルがあります。 実際に購入する前に自分の肌に合うか知りたい!という方は、こちらのサンプルで試してみることをおすすめします。 サンプルの入手方法は、SHISEIDOの店舗でもらうか、ネットのフリマサイトで購入するかの2つです。 サンプルが出品されているサイトはメルカリなどです。 サンプルを手軽に入手したい場合はメルカリで購入してみてくださいね。 シンクロスキンセルフリフレッシングファンデーション|相性バッチリな下地は3つ シンクロスキンセルフリフレッシングファンデーションと一緒に使う下地でおすすめなのは、同じ資生堂から出ている下地です。 資生堂の下地は資生堂ファンデと相性がバッチリなので、ファンデーションの仕上がりをワンランクアップさせてくれます。 なりたい仕上がりに合わせて、 3つの下地から選んで行きましょう!おすすめの資生堂の下地はこちらです。 グローエンハンシングプライマー…明るく自然な肌を持続する下地。 持ちがアップ。 リファイニングメーキャッププライマー…カバー力を上げつつ乾燥も防ぐ下地。 ワソウポアレスマットプライマー…部分下地。 テカリや毛穴が気になる部分にプラスしてサラサラを保つ。 みんなにおすすめされているのは二番目のカバー力と潤いをアップする下地です。 一番目の下地ほどではありませんが二番目の下地にも崩れ防止効果があるので、明るさというよりしっかり肌をカバーして綺麗な仕上がりを保ちたい場合は二番目の下地をチョイスしてみてくださいね。 また、三番目に挙げた部分下地は、毛穴に塗ると毛穴レス感を保ちつつテカリ知らずのサラサラ状態を持続してくれます。 毛穴が開いていたり黒ずみがあったりして絶対に隠した良い場合は、三番目の下地も並行して使うことをおすすめします。 シンクロスキンセルフリフレッシングファンデーション|口コミでは崩れやすさが低評価 それでは、シンクロスキンセルフリフレッシングファンデーションの口コミについて見て行きましょう。 良い口コミ評価と悪い口コミ評価、どちらもしっかりとまとめたので、購入を検討している方はぜひ隅から隅までくまなくチェックしてくださいね。 基本的にはマットではなくツヤ感の残るナチュラルな仕上がりのファンデーションなので、それを頭に入れつつ口コミを確認して行きましょう。 ナチュラルなツヤ感がありますが崩れやすいので、脂性肌のかたや汗をかきやすい方は使わない方が無難かもしれません。 すず シンクロスキンセルフリフレッシングファンデーション|CMでは24時間メイク持ちを宣伝 次に、シンクロスキンセルフリフレッシングファンデーションのCMについてです。 シンクロスキンセルフリフレッシングファンデーションは、CMで「24時間自然体ファンデーション」と宣伝しています。 しかし、今まで口コミを見てきた通り、口コミでは CMとは違い「崩れる」という評価が意外にも目立っていました。 ということで、CMで宣伝しているメイク持ちはあまりあてにならないと言えそうです。 確かに「崩れにくい」と口コミを書いている方もいましたが、ツヤ感の残るファンデーションは水分や油分が多い分崩れやすい仕様になっています。 もしメイク崩れを予防してできるだけ長持ちさせたいという場合は、下地に崩れ防止系を使用するか、パウダーで軽めにフィット感を出すと良いですよ。 CMだけ見るとすぐに購入したくなりますよね。 しかし、できるだけCMよりも口コミを重視して、慎重に選んでくださいね。 ただあのCM、私は好きです。 CMでは踊りが綺麗ですよね。 ダンサーを用いたCMの商品はよく売れるそうです。 すず シンクロスキンセルフリフレッシングファンデーション|成分ではジメチコンが崩れの原因 崩れやすいという口コミが多かったので、シンクロスキンセルフリフレッシングファンデーションの成分も調べてみました。 すると、 合成ポリマーが9種類と多く含まれており、 ジメチコン 人口のオイル成分 の割合もかなり高かったです。 おそらくこの成分によりツヤ感を出しているのだと思われますが、そのせいで崩れやすさが出てくるファンデーションとなっています。 また、合成ポリマーという成分は、長く使い続けると肌のセラミドが減らすので乾燥が気になる肌になる心配も出てきます。 それに日常のメイク落としでも強い洗顔料を使わないと落とし切ることができないため、乾燥をより一層引き起こします。 9種類も配合されているのというのが、ちょっと気になりますね。 コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの美容液成分を全体の94%配合• 皮脂吸着パウダーでテカリや崩れを防止• 合成ポリマーは必要最低限の2種類のみ使用• ブライドニングパウダーでトーンアップ 肌に優しいのにカバー力の高さがあることでSNSで人気の広まったアイテムなので、ご存知の方も多いと思います。 BBファンデなので下地・ファンデーション・日焼け止め・美容液・コンシーラー・コントロールカラーの6役をこなすので、コスパもすごく良いです。 個人差はありますうが1本で3ヶ月もつのも嬉しいポイントです。 使い方も塗って伸ばすだけの簡単方法です。 税込送料無料で3,298円で 45日間の全額返金保証もついてくるので、資生堂のファンデを見て「テカらず崩れにくいものが良い」「良質なのに手ごろなファンデを知りたい」と思った方は、ぜひ一度マナラBBリキッドバーも確認してみてくださいね。 独自のテクノロジーで、皮脂や汗を察知し崩れにくくすると宣伝しています。 ですが、 口コミでは崩れとテカリが低評価だったので、CMの完璧な仕上がりを鵜呑みにはしない方が良いかもしれません。 購入する前はサンプルで確認して、自分の肌に合うかどうかチェックを忘れずにしてください。 今までにない新しい感覚のシンクロスキンセルフリフレッシングファンデーションとは言われていますが、崩れやすさがありつつ冬は地味に乾燥が気になるようなので、もし購入なさった方はベースの保湿をしっかりして下地に保湿系をチョイスして乾燥に負けない土台を作ってからファンデに取り掛かりましょう!.

次の