マイ アプリ & ゲーム。 スマートフォンアプリ【マイフェバ】のご案内│関西・北陸・せとうちのおでかけ&観光【マイフェバ】

ヒプノシスマイク

マイ アプリ & ゲーム

iOSにおける「ショートカット」とは、iPhoneやiPadの複数の機能や操作を自動化してくれる機能のこと。 「アクション」と呼ばれるさまざまな操作を組み合わせて登録したショートカットを、ワンタップやSiri、位置情報の変化によって実行させることができる。 いわば「日常のルーティン」をボタン化する機能といえる。 ・会議用にワンタップで消音・おやすみモードに設定。 ・Live Photosをワンタップで動画化し、Instagramへ投稿。 ・画像やURLなどのメール共有がワンタップでできる。 などなど、アイデアと組み合わせ方次第でショートカット化できる動作は無限に広がる。 もちろん、保存したショートカットをあとからカスタマイズして、使い勝手を上げることも可能だ。 理解しておきたいショートカットの用語 ・アクション ショートカットを構成する要素のこと。 アクションの種類は300以上あり、カレンダー、マップ、ミュージック、写真などの標準アプリをはじめとした対応アプリは自由に組み合わせが可能だ。 また、オートメーションは自分で使うだけでなく、家族や友人、グループでも共有できる。 ギャラリー内のおすすめショートカット ギャラリーに登録されているショートカットのなかからおすすめをいくつか紹介しよう。 ここで気になったものがあれば、ぜひ実際にギャラリーをのぞいてみてほしい。 ・会議中は消音にする 音量を下げ、会議などのイベントが終わるまでおやすみモードに設定してくれるショートカット。 ・Live PhotosをInstagramに投稿 Live Photosのデータを自動で動画に変換し、Instagramに投稿してくれるショートカット。 Twitterへ投稿できるショートカットもある。 ・自分自身にメール 共有シートに[自分自身にメール]の項目が追加され、写真やWEBサイトなどをワンタップで設定したアドレスにメールで共有できる。 ・バーストをGIFに変換 バーストで撮影した写真を選択するだけでGIFに変換してくれるショートカット。 ショートカットのつくり方 ショートカットは「マイショートカット」から新規につくる方法と、「ギャラリー」から使いたいショートカットを選んで登録する方法があり、いずれも自在に作成・カスタマイズ可能だ。 ここからは、ショートカットを具体的にどのように設定するかを紹介する。 「ギャラリー」のショートカットをマイショートカットに追加する方法 ギャラリーには、基本的なショートカットが目的別に用意されている。 使いたいショートカットをタップして、ショートカットの名前や、場合によっては必要項目を入力してマイショートカットに保存すると、使えるようになる。 ここでは「必須ショートカット」から、現在地から自宅までの経路を検索し、指定した相手に到着時間をメッセージで送信できる『自宅までの所要時間』を例に登録方法とその使い方を解説する。 条件によって動作する「オートメーション」を使ってみよう 「オートメーション」は時間や位置情報、日付といった特定の条件によってショートカットを自動で実行する機能だ。 職場を出たら帰宅時間を家族にメッセージで送信したり、指定の時間になったらミュージックを再生したり、特定のBluetoothデバイスに接続したらミュージックアプリを立ち上げたり、アラームを止めたらブラウザでニュースサイトを立ち上げたりといったことが可能になる。 ここでは、STEP1でマイショートカットに追加した「自宅までの所要時間」に位置情報の条件を追加した「オートメーション」のつくり方を紹介する。 作成したオートメーションはオートメーションタブに表示され、タップすると有効と無効の切り替えができる。 [有効]にしていると、職場から出たら設定した相手に帰宅時刻がメッセージ送信されるショートカット実行の確認通知が表示される。 ショートカットは、iPhoneをスマートフォンからスマートなアシスタントへと進化させるアプリ ショートカットアプリは、使いこなせば生活をより便利にしてくれることは間違いないだろう。 ただし、アプリとしてはまだ発展途上にあり、上手く動かない場合もしばしばある。 とくにSiriショートカットは動作に少し時間がかかり、うまく実行できない場合もある。 アクションのなかにはプログラミングの知識が必要なものもあり、現時点ではコードを使わずプログラミングができるアプリのような側面もある。 個人で作ったショートカットを「レシピ」として公開でき、誰かがつくったショートカットをダウンロードして使うこともできる。 そうした便利なレシピを紹介するブログや記事もあるが、不具合が起きる場合もあるので利用は自己責任で行ってほしい。 使ってみたい機能があれば、ダウンロードするより公開されたレシピを参考に自分でショートカットを作るほうが安全で、使い方を学ぶ機会にもなるだろう。 まずは普段からよく繰り返す操作を自動化したり、アプリ内のギャラリーから使い始めて、少しずつカスタマイズしながら慣れていくのがいいだろう。 使いやすいギャラリー内のショートカットの追加など、今後の進化が楽しみだ。 最初は少し難しく感じるかもしれないが、便利になることは間違いないのでぜひ挑戦してみてほしい。

次の

ヒプノシスマイク

マイ アプリ & ゲーム

他の音ゲーと比べるとコンテンツが少なめ まだストーリー少ない、ハウス機能等なし なのが気になりましたが、それを余裕でひっくり返すくらい曲がカッコイイです! ヒプマイ自体は前からちょいちょい聞いてたんですけど、音ゲーになるとまた違った良さがありますね。 改めて聞き直してみようと思えました。 音ゲー部分ではスクラッチノーツ推されてますが、しばらくは 少なくともキャラが育って適正難易度変わるまでは そんなに出てこないです。 ただこんなもんかと思ってエキスパート行ったらガンガン出てくるし対応難しかった…低難易度は誰でも楽しめて、高難易度はちゃんと練習しないとスコア伸びないいい塩梅かなと思いました。 1個だけ気になってるのがノーツのSEタイミング…なんか違和感あるのは自分だけですかね?Android端末でやってるのがよくないのかな 久しぶりにスマホ音ゲーでSEオフにして遊んでますね。 ストーリーの追加と合わせて改善期待です。 たまに楽曲を聴く程度の者だが、ひとまず触ってみた感想としては「素材を生かし切れていないゲーム」。 惜しいを通り越して悲しみすら覚える残念さである。 豊富な楽曲を惜しみなく楽しめるリズムゲームとあって、少しばかり期待していたのだが… なんやねん…女性向けの音ゲーってみんなこうなんか…?? あんスタmusic1日だけやった人 ノーツの見難さや音ズレなどシステム面で言いたいことはたくさんあるのだが、何よりもアプリ全体の安っぽさが目につく。 数年前のスクフェスを簡素にした感じだ。 ホームに設定されるキャラはホーム画面でのみしか喋らない。 コンテンツごとのアイコンもただ貼り付けただけのようで、なんだか薄っぺらい。 移動するたびにレコードとイラストがカットイン いわゆる黒画面ローディング するのも、サクサクいけないためもどかしい。 リリース延期されていたと聞いていたこともあり、「この出来なのかぁ…」と思わずにはいられなかった。 肝となる音ゲー部分もノーツがよく見えない上、音ズレがあるため難易度が高くなるにつれ違和感が増す。 譜面もそこまで楽しいとは思えず、本当に曲が良いだけに残念に思えた。 あとこれは良い悪いという前に笑えたのでどっちつかずなのだが…SEが独特である。 が特徴的で、初期設定だと大きめなのでとてもインパクトがある。 音ゲーのリザルト画面で連発された時にはもう笑うしかない。 総評としては「楽曲視聴アプリ」。 音ゲー部分はこれから良くなってくれることを願うしかないため、暫定評価として。 曲はとても良いのだ…もっとゲームを作り込んでくれ….

次の

「Google Playストア」のマイアプリからインストールしたアプリ履歴を削除する方法【Android】

マイ アプリ & ゲーム

2月になりましたのでマイナンバーの通知はもう皆さまのお手元に届いているかと思います。 もちろん私の手元にも無事到着いたしました! 実は私、運転免許証なるものを持っていないため、この日本では身分証明が大変困難となって来ています。 先日までは全然流行らなかった住基カードを握りしめていたのですが引っ越しとともに剥奪され、今は顔写真付きの身分証明書を一切持っていないので安易な気持ちでクラブへなんて行けなくなってしまいました…。。 でも私がこの神アプリに出会ったのは就活中の時でした。 絶対に前髪で目が隠れてしまうようなことのないようお願いします。 また顔の輪郭が隠れてしまうのもNGです。 アクセサリーについて ピアスやイヤリングの記載はないのでどうやらOKのようですが証明写真ですので大きなものは避けた方が良さそうです。 逆にメガネの方が厳しくなっていますので注意してください。 ・フレームが目にかかってはいけない。 ・目や顔を覆う面積が大きい太いフレームはNG。 ・照明が眼鏡に反射してはいけない。 またサングラスももちろんNGです。 その他に ・帽子や幅の広いヘアバンド等により頭部が隠れてはいけない。 ・顔や頭の輪郭が隠れるような髪飾り、装飾品等はつけてはいけない。 ・顔の器官が隠れるマスクなどの装飾品等をつけてはいけない。 というものがあります。 コンタクトレンズ(カラコン)について カラーコンタクトの使用についての記載はないため問題ないようですが【瞳がフラッシュ等により赤くなってしまう】のはNGとなっているため証明写真ですし激しいものは避けた方が良いでしょう。 服装について 原則、顔の一部が隠れてしまうのは服装はNGです。 顔の輪郭がしっかりわかるような服を選んでください。 背景について 背景は無地でないといけないのでできる限り白い背景になるように白い壁の前などで撮りましょう! カーテンなどの柄ものや椅子など背景に入ることのないようお願いします。 また照明の位置なども考えて影も入ることのないようお願いします。 少し細かいですが審査に引っかからないように注意してから撮影に挑んでください! 履歴書カメラの使い方! アプリ【履歴書カメラ】のダウンロードと撮影にあたっての注意点の確認ができましたらカメラアプリ【履歴書カメラ】の使用方法について説明して行きたいと思います! まずははアプリ【履歴書カメラ】を起動して【撮影する】を押してください。 手順1.撮影する 画面のピンクのラインに顔が合うようにしてください。 丸のラインよりも上下のラインを気にするようにしてください。 上のラインに髪を含めた頭のてっぺんが来るように合わせ、下のラインに顎の先が合うように合わせてください。 また中心を示す点線に鼻の中心、唇の中心を合わせて顔が真っ直ぐになるようにしてください。 撮影する時の姿勢とスマホの位置についてですが画像のようになるべく平行になるように気をつけてください。 顎を引くことも忘れずに! 画面を見て顔の位置が決まったら、シャッターを切る際の目線は画面ではなくスマホの内側についてる【カメラ(レンズ)】を見るようにしてください。 画面を見たままシャッターを切ってしまうと目線が画面に行っているため若干ですがズレてしまいます。 以上のことを気をつけて真ん中にある【カメラアイコン】を押してシャッターを切って撮影をしてください。 手順2.写真を選択する 撮影するとこの画面になります。 再度撮影をしたい場合は同じく下部の【もっと撮る】を押して撮影画面へ戻ってください。 まずは肌の補正を行ってください。 何も補正をかけない【ノーマル】・【清潔感】・【健康的】・【華やか】から選択してください。 手順4.くま消しを行う 写真下赤枠内の【くま消し】ボタンを押すとくまを消すことができる補正画面になります。 手順5.写真サイズを選択する 最後に写真のサイズ選択をします。 ここで間違えますとマイナンバーの個人番号カード用証明写真ではなくなってしまうのでとても重要な選択です。 ) 間違いなく選択できたら【保存する】を押して写真を保存してください。 ここへ来て写真を変更したいと思ったら【戻る】を押せば1つ前の画面(補正画面)へ戻ることが可能です。 手順6.保存された写真を確認する 保存された写真はスマホの【写真】の中に保存されています。 ちゃんとサイズが間違っていないか保存されているかを確認しておきましょう! 画像のように2枚の写真が保存されているはずです。 1コンビニなどで印刷する用の4枚が1枚になっている写真• 21枚の大きい写真 【印刷用】の写真の上部には【写真サイズ】の記載があります。 必ずここを見て写真サイズの確認をしてください。 【大きい1枚の写真】の方はスマホもしくはパソコンからの申請に使用する写真データです。 次の記事でスマホからの申請方法を載せるのでその時に必要となります。 注意点は多いけど自宅で簡単に撮れる優れものアプリ!! いかがだったでしょうか? いくつか証明写真のアプリはありますがこの【履歴書カメラ】はわかりやすくきちんと補正機能もついているので綺麗に撮れますしかなり有能だと思います! マイナンバーの個人番号カード用の証明写真のために取得するのはもちろん、他の証明写真にも使えますのでこのアプリは1台に1つ入っているととても便利なのではないかと思います! マイナンバーの個人番号カードの証明写真は10年使用できるそうなので、細かい注意をしっかり守って素敵な証明写真をご自身の手で撮影してみてはいかがでしょうか? 次回はマイナンバーの個人番号カードをスマホで申請するやり方をお教えしたいと思います!.

次の