仕組み 類語。 仕組みの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

取り組みの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

仕組み 類語

漏電の恐ろしさ 漏電遮断器の仕組みを知る前に、まず漏電の恐ろしさについて知っておきましょう。 漏電とは、その名の通り電気が漏れていることを指します。 電気配線や電気器具類にある電気が漏れないように絶縁の処理がされたものが、傷つく、老朽化するなどして漏電は起こります。 漏電が起こると電力の損失だけではなく最悪の場合感電や火災など命に関わる事態にもなります。 漏電の原因としては以下のことが挙げられます。 電気回路の接続箇所が発熱 コンセントに差し込んだプラグが緩くなった場合などに起こります。 これは、接触箇所が大きくなってしまい電流が流れると発熱するようになります。 この状態が長くなると銅線が錆びたりなまったりして最終的に発火するようになります。 電線が細い 細いビニールコードなどを延長コードにすると電線が発熱し、絶縁物が変形してショートします。 また、長い間挿しっぱなしのコンセントのプラグの根本にホコリなどが溜まっていると、ホコリが電気を通しやすくなり電流が流れると発熱します。 雨漏り 雨漏り箇所を修理しないまま放置し、ブレーカーやコードを濡らすと漏電を起こす可能性があります。 アース線がついていない アース線がついていないと万が一漏電した際に危険なため、電気製品にアースがついているか必ず確かめましょう。 以上のことを対策するためにも、以下のような対策をしましょう。 電気コードを折ったり曲げたりしない、また、束ねた状態で使わない 放熱が妨げられ、発熱を起こす危険性があるため束ねた状態で使うのは控えましょう。 プラグにホコリを溜めないように定期的に清掃をする プラグのホコリは先述したように発火の原因になるため、定期的に掃除をしましょう。 タコ足配線の利用を避ける タコ足配線はホコリや湿気が多いと「トラッキング現象」という消費電力に関係なく発火を引き起こす現象を起こす可能性があります。 特に長い間差し込んだままのプラグなどは、そこにホコリが積もることでトラッキング現象を引き起こしやすいです。 パソコンやテレビなどのタコ足配線には注意するようにしましょう。 濡れた手で電気機器を触らない 濡れた手は抵抗力が弱いため、感電をする恐れがあります。 電気機器を湿気の多い場所に置かない 湿度の多い場所にホコリが溜まると、ショートを起こす危険性があります。 幼児のいる家庭は特に、コンセントに感電防止用のカバーを取り付ける 幼児がコンセントのプラグをなめたり、直接触ったりすると感電する恐れがあります。 コンセントには感電防止用のカバーをつけましょう。 むやみに電気機器の分解や修理を行わない 素人が電気機器の分解や修理を行うと、不具合が起きたり感電する危険があります。 電気機器の修理などは業者に頼みましょう。 漏電遮断器の仕組みとは? 漏電遮断器は漏電を感知し、遮断する役割をもつブレーカーです。 漏電遮断機の仕組みは電気の行きと帰りの電流の大きさの差を見ていることにあります。 例えば、5アンペア電流が流れているうちの1アンペアが漏電していたら、すぐに電気を遮断してくれます。 いわば電気の監視員です。 漏電遮断機は住宅用分電盤には1つしかついていないため、回路が一つでも漏電していた場合すぐに遮断をしてくれます。 漏電遮断器の原理 漏電遮断器は二本の電線の電流を監視しています、そのため漏電があると途中で電流が地球へ逃げてしまうため、電流に差が生じます。 その差を感知して、ブレーカーが落ちる仕組みになっています。 漏電遮断器の必要性 漏電遮断器には設置義務があります。 電気設備技術基準において「金属製外箱を有する使用電圧が60ボルトを超える低圧の機械器具に接続する電路には、電路に地名を生じたときに自動的に電路を遮断する装置を施設すること」というものがあります。 金属製外箱とは以下のものがあります。 ・冷蔵庫 ・電子レンジ ・オーブンレンジ ・洗濯機 ・ボイラー(ガス・灯油) ・電気温水器 ・エコキュート ・電気ボイラー ・蓄熱暖房機 ・パネルヒーター ・エアコン ・レンジフード ・オーブントースター ・食洗器 ・IHクッキングヒーター ・電気自動車充電設備(EVコンセント) ・自動販売機 また、築年数の古い物件は漏電遮断器が未設置の場合もあるため、すぐに設置するのがよいでしょう。 まとめ 漏電は火災や感電に繋がることもあるため、しっかりとした対策が必要です。 漏電を起こさないためにも、漏電遮断器は欠かせないものとなります。 もし、自宅や賃貸のアパートなどに漏電遮断器がついていない場合は、すぐに業者に頼んで設置をしてもらいましょう。 漏電遮断器の設置を依頼できる業者 依頼できる業者や料金について、詳しくはのをご覧ください。

次の

仕組み(しくみ)の類語・言い換え

仕組み 類語

「走馬灯」の意味とは? 「走馬灯」とは「照明器具」を意味する 「走馬灯」とは、照明器具である「灯籠(とうろう)」の1つを意味する言葉です。 「走馬灯」の起源は古く、江戸時代に中国から伝わりました。 「走馬灯」の特徴である「影が駆けまわる様子」から、「記憶が頭のなかを駆けめぐる様子」を表す言葉としても使用されます。 「走馬灯」の読み方は「そうまとう」 「走馬灯」の読み方は「そうまとう」です。 書き言葉として使用する場合は、「走馬燈」とも表しますが、「走馬灯」と「走馬燈」の意味に違いはありません。 話し言葉として使用する場合は、「そうばとう」などと読み間違えないよう注意しましょう。 「走馬灯」はお盆を表す季語の1つでもある 「走馬灯」は、夏の風物詩の1つでもあります。 とくにお盆の季節になると、灯籠をかざることから「盆灯籠(ぼんとうろう)」という言葉もあります。 俳句では「走馬灯」が夏やお盆を表す季語として使用されます。 「走馬灯」の使い方と例文 「走馬灯現象」とは「昔の記憶がよみがえる現象」を表す 「走馬灯現象」とは「昔の記憶がよみがえる現象」を表しています。 感情の揺れが高まった状況で起こるとされており、意図して思いだすのではなく自然と思い出があふれます。 たとえば、「校門をくぐり抜けた瞬間、3年間の思い出が走馬灯のように流れてきた」という文章。 上記の文章は「卒業」により感情が高まったことで、3年間の思い出があふれだした様子を表しています。 「走馬灯のように過ぎる」は比喩表現として使用 「走馬灯」の使い方の1つに「走馬灯のように過ぎる」があります。 「走馬灯のように過ぎる」は「走馬灯」を使った比喩表現の1つです。 思い出が頭のなかを次々に駆けめぐる様子を、走馬灯で表しています。 「走馬灯」の類語表現と英語表現 「走馬灯」の類語である「回り灯籠」 「走馬灯」の類語に当てはまるのが「回り灯籠」です。 「回(まわ)り灯籠(どうろう)」と読み、呼び名が違うだけで意味は同じです。 また、「昔の記憶がよみがえる」という点では「フラッシュバック」が類語となります。 類語ではありますが、「フラッシュバック」は「過去にうけたトラウマ体験を思い出す現象」を意味しているため、「走馬灯」とは少し意味が異なります。 「走馬灯」は英語で「Flash」 「走馬灯」の英語表現は「Flash」が適しています。 「走馬灯」は日本で使われる表現であるため、「走馬灯」そのものを表す英語はありません。 そのため、「Flash」を使って「一瞬で駆け巡る様子」を表します。 たとえば、「I saw my life flash before my eyes」という例文。 上記の例文だと、「走馬灯のように記憶がよみがえった」という意味になります。 (付録)「走馬灯」の仕組み 「走馬灯」は影絵と同じ仕組み 「走馬灯」の仕組みは「影絵(かげえ)」と同じです。 ろうそくや電気などの光源を中心に二重の筒があり、内側の筒に馬や人型に切りとった紙をはりつけます。 外側の筒はスクリーンの役割があり、明かりを灯すことで影が浮き上がるのです。 紙をはりつけた内側の筒には風車がついており、ろうそくの熱と風車によって内側の筒が回転します。 内側の筒が回転することで、影絵が回転しているように見えるのです。 まとめ 「走馬灯」とは、中国から伝わった照明器具の1つで、日本では夏の風物詩とされています。 明かりを灯すと影が駆け回ることから、転じて「記憶が頭のなかを駆けめぐる様子」を意味するようになりました。 「走馬灯がよぎる」や「走馬灯のように過ぎていく」のような使い方をするため、感情が高まった状況で使用してみましょう。

次の

民主主義とは簡単にいうと?意味・対義語・仕組み・問題点を紹介

仕組み 類語

ビジネスの専門家だけでなく、私に相談して来る人も、よく「仕組み」という言葉を使います。 もちろん自分も会議の中でこの言葉を使うのですが、たまに仕組みという言葉が伝わらないと感じる時があります。 仕組みとは何か? 簡単に説明すると、物事をうまく運ぶための計画だと思うのですが、もう少し分解していうと、大きな計画の中で、「誰が何をいつまでに実行するか」役割がはっきりしていて、確実に回るシステムが「仕組み」ではないでしょうか。 仕組みができていないということは、誰がやるか決まっていない。 何をやるのか決まっていない。 いつまでにやるのか決まっていない。 ということになります。 仮に決まっていても出来ないとするなら、経営者自身に別の理由があると考えられます。 すごく簡単な話なのですが。 うちの会社では、新しいサイトの依頼が入ったら担当者にドメインを送り、「22番のタイプで!」と伝えるだけで、サイトの枠組みが完成するようになってます。 わざわざ説明しなくてもたった1通のメールで物事が進んでいくのです。 会社サイトは週に1回は更新することになっているのですが、毎回毎回更新内容を打ち合わせするわけではありません。 狙うべきキーワードやタイトルは会議の中でまとめているので、担当者から「何を書けばいいですか?」と質問されることもありません。 このように、「誰が何をいつまでに実行するか」を明確にすることが仕組み作りの基本なのです。 一度決めたことを継続的に実行できない人はいつまでも仕組みはできないということになります。 やることをリストを作ること 仕組みを作るまえに、まずはやることリストを作りましょう。 今自分は何をやるべきなのか?抱えている問題や課題を考えれば自ずと答えは見えるはずです。 何をやれば良いか課題すらわからない。 という方は、一度専門の人に相談してみるべきです。 ビジネスで課題がわからないのは致命的な問題でもあります。 例えば、うちの会社では今このような課題があります。 ・2017年7月からの新サービスと既存サービスの見直し ・メルマガの1本化 ・新ブログの作り込み ・会社サイトの作り直し ・顧客フォロー用の資料作り ・見込み客フォロー用の資料作り ・動画コンテンツの作成 ・デザイン制作の速度アップ ・交流の場を増やす これらの課題や問題点を解決するために「やることリスト」を作っています。 こういったことを考える時間を確保することも課題の一つとなりますので、目の前の仕事に追われている人は時間の確保も必要になってきますね。 大きな変化を求めるということは、今までとガラッとやり方を変えるということです。 ですので、先月までの一番の課題は「時間を確保する」でした。 1人でも100万円200万円と稼ぎ出すことができる人は、仕組みの基本が出来ている人です。 「誰が、何を、いつまでに」がはっきりしているのです。 私たちコンサルタントは「課題」を見つけるプロです。 クライアントが今やるべきことが瞬時にわかり、全く集客できない場合、商品力、発信力、コミュニケーション力の何かが書けている場合が多いのです。 その中で特に重要な課題は何かと考えれば、より具体的なやることリストを作ることが可能となります。 仕組み作りはビジネス経営の基本です。 仕組みを作る上で、もっとも重要なことは明確な目標を持つことです。 ここでいう目標とは妄想的な目標ではなく、達成できる具体的な目標のことを言います。 例えば、起業1年目の人は30人の公開できる実績を作るという目標でも良いと思います。 月に2. 5人くらいは本気でやればどんな方法であれ達成できる数字だと思います。 月に2. 5人の実績(モニター)を作るにはどうしたら良いか?それがやることリストです。 僕ならこうします。 ・毎月100人の人と名刺交換をする ・毎日ブログを更新する ・SNS繋がりの友達や仲間に声かけをす あとは、「いつまでに」を決めるだけですね。 「仕組み」というとすごく難しく考えてしまう人が多いようですが、そんなに難しいことではありません。 誰が、何を、いつまでに、しっかり考えてみてください。 仕組みの基本についてでした! 本日締め切り.

次の