河合奈保子 デビュー。 河合奈保子 デビュー ~Fly Me To Love~ 歌詞

河合奈保子の娘Kahoの現在!歌手デビューに失敗して消えた理由

河合奈保子 デビュー

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

「河合奈保子」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

河合奈保子 デビュー

80年代を語る上で絶対に欠かすことのできない爆乳アイドル。 "西城秀樹の妹コンテスト"をきっかけに、80年に「大きな森の小さなお家」でデビュー。 ボディはダイナマイトだが清純で明朗という二律背反するキャラで、アイドル歌手としての人気を得た。 以降「17才」「スマイル・フォー・ミー」「けんかをやめて」など次々とヒットを飛ばし、83年の「エスカレーション」の大ヒットで頂点を極める。 また同年代の女性歌手の中でも抜群の歌唱力を誇っていた彼女だが、86年のアルバム『スカーレット』以降はほぼ全曲を作曲するという、およそアイドルとしては考えられぬ類稀なるアーティスト性を発揮。 80年代後半には大人のバラード歌手としてのイメージをアピールした。 現在では家庭に納まり、主婦&子育てに専心している模様。 お幸せに……。 私が好きな河合奈保子 2015年08月26日リリース アルバム・37曲• 1 夢かさねて• 2 スマイル・フォー・ミー• 3 ハーフムーン・セレナーデ• 4 大きな森の小さなお家 うち• 5 ラブレター• 6 けんかをやめて• 7 プリズム・ムーン• 8 黒髪にアマリリス• 9 ハリケーン・キッド• 10 ヤング・ボーイ• 11 十六夜物語• 12 Twilight Dream• 13 唇のプライバシー• 14 モスクワ・トワイライト• 15 ラヴェンダー・リップス• 16 桜の闇に振り向けば• 17 涙のハリウッド• 18 Sky Park• 20 Invitation• 21 若草色のこころで• 22 愛してます• 23 エスカレーション• 24 LOVE• 25 夢みるコーラス・ガール• 26 想い出のコニーズ・アイランド• 27 夏のヒロイン• 28 ジェラス・トレイン• 29 ANGELA 手をひいてアンジェラ• 30 Harbour Light Memories• 31 青い視線• 32 SENTIMENTAL SUGAR RAIN• 33 ムーンライト・キッス• 36 FOR THE FRIENDS• 37 ストロー・タッチの恋• 1 けんかをやめて• 3 スマイル・フォー・ミー• 4 エスカレーション• 6 ジェラス・トレイン• 7 SENTIMENTAL SUGAR RAIN• 8 GT天国• 9 ヤング・ボーイ• 10 十六夜物語• 11 涙のハリウッド• 12 プリズム・ムーン• 13 17才• 14 冷たいからヒーロー• 15 ラブレター シングル・ヴァージョン• 16 ストロー・タッチの恋• 17 ムーンライト・キッス• 18 北駅のソリチュード• 19 やさしさの贈りもの• 21 黄昏ブルー• 22 夏の日の恋• 23 No No Boy• 24 若草色のこころで• 25 大きな森の小さなお家 うち• 26 ファーストネームでもう一度• 27 疑問符• 28 I'm in Love• 29 そしてシークレット• 30 ハーフムーン・セレナーデ• 31 微風 そよかぜ のメロディー• 32 キャンディ・ラブ• 33 Invitation• 34 唇のプライバシー• 35 ジャスミンの夢飾り• 36 恋のハレーション• 37 春よ恋• 38 セレネッラ• 39 コントロール• 40 木枯らしの乙女たち• 41 悲しい人• 42 メビウスの鏡• 43 Harbour Light Memories• 44 あなたはロミオ• 45 バラードを止めて• 46 夏のヒロイン• 47 刹那の夏• 48 青い視線• 49 UNバランス• 50 十六夜物語 ピアノ・トランスクリプション• 51 リメンバー• 52 愛してます• 53 プールサイドが切れるまで• 54 ゆれて-あなただけ• 55 ラヴェンダー・リップス• 56 愛をください• 57 ハリケーン・キッド• 1 美・来• 2 大きな森の小さなお家 うち• 3 夏のヒロイン• 4 コントロール• 6 愛をください• 7 微風 そよかぜ のメロディー• 8 けんかをやめて• 9 涙のハリウッド• 10 唇のプライバシー• 11 眠る、眠る、眠る• 12 ヤング・ボーイ• 13 十六夜物語• 15 スマイル・フォー・ミー• 16 エスカレーション• 17 悲しい人• 18 ラヴェンダー・リップス• 19 ムーンライト・キッス• 20 UNバランス• 21 Invitation• 22 Golden sunshine day• 23 刹那の夏• 24 北駅のソリチュード• 25 愛してます• 26 ストロー・タッチの恋• 27 ハーフムーン・セレナーデ• 28 エンゲージ• 29 愛のセレナーデ• 30 ジェラス・トレイン• 31 17才• 32 ラブレター• 33 Harbour Light Memories• 35 疑問符• 1 メビウスの鏡• 2 やさしさの贈りもの• 3 セレネッラ• 4 木枯らしの乙女たち• 5 夏の日の恋• 6 キャンディ・ラブ• 7 十六夜物語 ピアノ・トランスクリプション• 8 Southern Cruise• 9 GT天国• 10 青い視線• 12 春よ恋• 13 ジャスミンの夢飾り• 14 リメンバー• 15 バラードを止めて• 16 冷たいからヒーロー• 17 ゆれて-あなただけ• 18 あなたはロミオ• 19 プールサイドが切れるまで• 20 若草色のこころで• 22 I'm in Love• 23 ハリケーン・キッド• 24 恋のハレーション• 25 No No Boy• 28 プリズム・ムーン• 29 黄昏ブルー• 30 SENTIMENTAL SUGAR RAIN• 31 そしてシークレット• 32 ファーストネームでもう一度• 1 唇のプライバシー• 2 エスカレーション• 3 UNバランス• 4 飛んでイスタンブール• 5 モンテカルロで乾杯• 6 こころ美人• 7 ROBOT ロボット• 8 ブルー・ライト・ヨコハマ• 9 真夏の出来事• 10 ビューティフル・ヨコハマ• 11 さらば恋人• 12 渚のうわさ• 13 可愛い嘘• 14 あなたならどうする• 15 夢でいいから• 16 真夜中のボサ・ノバ• 17 時代遅れの恋人たち single version• 18 粋なうわさ•

次の

河合奈保子の現在

河合奈保子 デビュー

当時高校1年だった自分にとって、1963年7月24日生まれの彼女は1学年上のお姉さんだった。 この1コ上というのは実に微妙なラインで、1962年の早生まれで3コ上になる松田聖子がそれまでの70年代アイドル同様に憧れの存在であったり、タメ年の三原順子や薬師丸ひろ子に親近感を覚えたりしたのとはちょっと違う意識があった。 友達の姉でも同級生でもない感覚。 そして何よりあの豊満なプロポーションに、純情だった高校生は気後れしてしまったのだ。 80年代アイドルの筆頭を飾る新たな3人娘計画は幻に終わった。 キャラクターが違い過ぎたせいだろうか。 個人的には『3年B組金八先生』で三原順子のファンになり、『ザ・ベストテン』の初登場シーンで松田聖子にノックアウトされ、さらには薬師丸ひろ子も追っかけていたので、奈保子嬢のフォローが疎かになってしまったことは否めない。 新曲が出る度にちゃんと買ってはいたんですけど。 デビューのきっかけは、所属事務所の芸映が催した『HIDEKI(=西城秀樹)の弟・妹募集オーディション』で優勝したこと。 6月1日にリリースされたデビューシングル「大きな森の小さなお家」を屈託ない笑顔で歌う彼女の姿には好感がもてたし、歌番組などで明るくハキハキ「ハイッ!」と応える彼女を見るのも好きだった。 サビでいきなり転調するのが印象的なセカンドシングル「ヤング・ボーイ」が好評を博し、続く「愛してます」、「17才」と順調にヒットを連ねた後、5枚目のシングルとしてリリースされた「スマイル・フォー・ミー」の素晴らしさに圧倒された。 アイドルポップスの魅力を余すところなく伝えてくれる抜群の傑作は、80年代アイドルソング・ベスト10の上位に喰い込むのではないかと思っている。 トップアイドルとしてのさらなる飛躍が期待されていたところ、次の新曲「ムーンライト・キッス」を展開していた81年10月、公開番組のリハーサル中に舞台の迫(せり)から落ちるという不慮の事故に遭ってしまったのは本当に気の毒であった。 それがなかったら同曲はもっと売れていたに違いない。 それでも2ヶ月足らずで復帰した彼女は、年末の紅白歌合戦に初出場を果たしている。 そして翌82年は究極の夏ソングとなったサンバ歌謡「夏のヒロイン」や、竹内まりや提供の「けんかをやめて」、83年には筒美京平作品「エスカレーション」、「UNバランス」など楽曲にも恵まれて活躍を続けるわけで、85年まではシングルを年に4枚のローテーションがしっかりと保たれていた。 もちろんアルバムも然り。 80年代後半には自作曲が中心となり、アーティスト化していったのは少々意外な展開で、そちらの方のファンも少なくないかもしれないけれども、自分はやはり純粋なアイドル時代の河合奈保子が好きである。 筒美京平をはじめ、水谷公生、来生たかお、林哲司ら優れたコンポーザーによる提供曲の中で、アイドル・河合奈保子の魅力を最も巧みに引き出したのは、馬飼野康二だと思う。 デビュー曲「大きな森の小さなお家」をはじめ、「スマイル・フォー・ミー」、「ラブレター」、「夏のヒロイン」などの躍動感に満ちた楽曲群を、彼女ほど清々しく表現出来る歌手はほかにいないのではないか。 河合奈保子の歌声をもう一度と願う声は常に絶えない。 早く逝ってしまったお兄様の代わりに、いつかまた歌を聴かせて欲しい。 2019.

次の