バースト アサルト ライフル。 【フォートナイト】ミシックのバーストARが頼もしい!!【バーストアサルトライフル】

【フォートナイト】アサルトライフルとバースト比較(どっち使う?)

バースト アサルト ライフル

武器一覧 項目 バーストAR バーストAR バーストAR バーストAR バーストAR モチーフ FAMAS FAMAS FAMAS AUG AUG レアリティ コモン アンコモン レア エピック レジェンド 発射形式 2点バースト 2点バースト 2点バースト 2点バースト 2点バースト 最大ダメージ 31. 0 ~50m 33. 0 ~50m 35. 0 ~50m 36. 0 ~50m 37. 0 ~50m 中ダメージ 24. 8 75m 26. 4 75m 28. 0 75m 28. 8 75m 29. 6 75m 小ダメージ 20. 2 100m~ 21. 4 100m~ 22. 8 100m~ 23. 4 100m~ 24. 0 100m~ 対物ダメージ 31. 0 33. 0 35. 0 36. 0 37. 0 対物減衰 なし なし なし なし なし クリティカル 1. 5x 1. 5x 1. 5x 1. 5x 1. 5x 発射レート 580RPM 580RPM 580RPM 580RPM 580RPM ディレイ 0. 3s 0. 3s 0. 3s 0. 3s 0. 3s 装弾数 30発 30発 30発 30発 30発 リロード時間 2. 9s 2. 7s 2. 6s 2. 5s 2. 3s ターゲット速度 0. 2s 0. 2s 0. 2s 0. 2s 0. 2s 腰だめ精度 2. 4 - 7. 4 2. 4 - 7 2. 4 - 6. 7 2. 2 - 2. 5 2. 2 - 2. 5 ターゲット精度 1. 5 - 4. 4 1. 5 - 4. 2 1. 5 - 4 1. 3 - 1. 5 1. 3 - 1. 4s 0. 4s 0. 4s 0. 4s 0. 4s TTK100HP 0. 610s 0. 610s 0. 507s 0. 507s 0. 集弾性がレアリティに強く影響されるのですが、エピック以上になると50メートル前後の距離でも優れた制圧力を発揮します。 ダメージ量より命中率に重きをおいた武器になっています。 発射レートも400RPMを越えているので、壁を壊したときに弾抜けが発生します。 クラフト1枚でしか防御していない相手への追撃に重宝します。 レアリティによる変化 v11からレアリティによる変化が若干変わりました。 レアと エピックの間に大きな溝が有り、姿が変わると同時に使用感が大きく変わります。 FAMAS レアまで 射撃時の精度低下が大きすぎて、バーストディレイを挟んでも精度が最大まで回復しません。 最速で連続射撃すると、2トリガー、3トリガーと際限なく精度が低下していき、弾切れまで撃ち続けると、サブマシンガン以下の精度まで低下します。 v13以降では2点バーストに変更されたので、3点バーストのときより精度低下が大分緩和されたので、DPSの低下を差し引きしても一概にマイナスとも言えません。 依然として小回りが利かない部分は残るものの、中距離での信頼性が向上したとも言えます。 AUG エピックから v11から変更された武器モデルですが、姿が変わると同時に使用感が一変します。 オートバースト機構で最速連射しても、最高の精度でずっと攻撃できるようになり、敵に与えるダメージ期待値がレアまでのFAMASとは異なってきます。 交戦距離が大きく伸びて、遠距離での戦いも信頼できるようになります。 特にv11~v12の間では、圧倒的な集弾性と瞬間火力を武器に、タイマンの戦闘力では圧倒的な状態でしたが、それが災いしてかv13で弱体化しました。 下方修正の内容に関してはレアリティに関わらず一定ですが、エピック以上のAUGは元々が高精度だったので2点バースト化しても恩恵ありません。 DPSや瞬間火力の低下が響き、もっぱら影響力を低減させました。 他武器との比較 アサルトライフル アサルトライフル 項目 アサルトライフル モチーフ SCAR レアリティ レジェンド 発射形式 フルオート 最大ダメージ 36. 0 ~50m 中ダメージ 28. 8 75m 小ダメージ 23. 4 100m~ 対物ダメージ 36. 0 対物減衰 なし クリティカル 1. 5x 発射レート 330RPM 装弾数 30発 リロード時間 2. 1s ターゲット速度 0. 2s 腰だめ精度 2. 4 - 3. 85 ターゲット精度 1. 55 - 2. 4s TTK100HP 0. DPSの差を補って余りあるだけの命中を期待できます。 アサルトライフルは思っている以上に命中率が悪いので、一方的に命中弾を出せる距離を守って戦うと有利になります。 それは所持しているバーストARのレアリティによって増減しますが、およそ50メートル前後だと考えて良いです。 タイマンの撃ちあいではかなり有利です。 一方でお互いに命中率が高くなる近距離では力負けしやすく、またお互いに命中が期待できない遠距離では、単射攻撃するときの効率差によって不利が付きやすいです。 またクラフトなどを破壊する能力では大きく劣るため、汎用性という観点ではアサルトライフルには及ばない側面が強いです。 レア、エピック間の巨大な格差は無くなったものの、支配的な武器の座を失いました。 v13• バーストディレイの減少 0. 2020-06-18 20:52 v11• 外観の更新 下位:FAMAS、上位:AUG• オートバーストの追加 押しっぱなしで自動連射• バーストディレイの短縮 0. 35秒• 射撃精度の向上 エピック、レジェンド• 射撃精度の低下 コモン、アンコモン、レア バーストディレイが短縮されていますが、その分発射レートが引き下げれています。 使いやすくなったものの、下位レアリティの精度不足が顕著なので、エピック以上にならないと安定した運用が難しくなっています。 全体的に射撃精度が向上しました。 遠距離は結構苦手な武器でしたが、連射時の精度改善で相当狙いやすくなっています。 コモンのバーストARでも、SCAR並の精度になっているのは大きいです。 相変わらず初弾補正とは相性が悪く、点を追うのは苦手ですが、50メートル位までなら優れたダメージディーラーになってくれます。 レジェンダリーのFMASは屈指の射撃精度になっており、50メートル程度なら命中率100%が狙えるので、敵が溶けます。

次の

【フォートナイト】バーストアサルトライフル(FAMAS)の特徴と性能!効果的な使い方とコツについて!【AR】

バースト アサルト ライフル

概要 [ ] を採用したの後継モデルとして開発され、にに制式採用された。 設計者はゲンナジー・ニコノフ(, 故人)らで、最初の2発のを短間隔で発射する機能を特徴としている。 右側面に折りたためるを採用し、強化部品も使用されている。 45-mm Avtomat Nikonova 1994, 1994年型5. 45mmニコノフ式)」の略である。 なお、ロシア連邦軍はソ連崩壊による経済難やAN-94本体の複雑な設計などによりAK-74を置き換えるには至らなかった。 特徴 [ ] 2点バースト [ ] 高い発射速度の2点バーストが可能。 この発射速度を実現するため、へが装填される前にスライダー上へ薬莢が運ばれ、その後に薬室へ装填される機構を持つ。 このスライダーはとにより作動し、その機構を避けるためは射手から見て右下に傾いた状態で銃に装着される。 反動の抑制 [ ] 、ガスピストン、ボルトキャリアー、上部レシーバーが一体化され、下部レシーバーの上に乗っている。 銃身コンポーネントはの際、に似た前後動を繰り返す。 この構造によって射撃の際に発生する反動が緩和される。 銃身先端には、ガスチェンバーを2個持つ新設計のが設けられる。 堅牢設計 [ ] コンポーネントには念入りなカバーが施されており、ずぶ濡れになってもから出ていれば可能で、などへの耐久性も高い。 全体的に大ぶりであり、重心が前方にあるが、これは、射撃時の反動を抑える効果がある。 銃剣 [ ] 従来のAKでははの下側に装着され、同じく銃身下に装着されるとの併用はできなかった。 しかし、AN-94はをそのまま使用でき、射手から見て銃身の右側に着剣される。 銃剣がグレネードランチャーの軸線と干渉しなくなったため、両者を併用することが可能となった。 その他 [ ] 撃発機構を含むグリップ周辺部が容易に着脱可能な構造になっている。 これは、後の政権-政権初期に横行したの銃器の横流しを防止する意味合いが強い。 また、開発初期に軍部のが強く警戒された事から、を簡便化する意図もある。 の照門はAKのデザインを脱し、風車型のダイヤルを回して切り替える方式となった。 射手から見てレシーバーの左側面にはAKなどと共通のアクセサリーレールが設けられている。 主な欠点 [ ] 堅牢であり、かつ最新装備が惜しみなく用いられている一方で、切削加工が多く、などを多用したそれまでのAK系ライフルよりも製造コストが高い。 また、と比べ0. 5kg程度重量が増加している。 AKと比べ内部構造が複雑化したため、分解整備が難しくなった。 また、発砲時の排熱が悪くなり作動不良を起こしやすくなった [ ]。 そのため、ROST2005(見本市)のデモでも頻繁に作動不良を起こすなど、信頼性に問題を抱えている。 を折りたたむと部分を覆ってしまい、射手から見て銃右側面からの操作ができなくなる [ ]。 また、セレクターレバーととが別個になっているため、取り扱いには習熟を要する。 設計者であるニコノフの事故死により、改良とバリエーションの開発が大きく遅延している [ ]。 アバカンプロジェクト [ ] 「アバカン」は-1994年にかけて行われた次世代アサルトライフル開発プロジェクトの名称で、この名称は南部のアバカン要塞やの名にみられる。 このプロジェクトはAK-74の連射命中性能を上回る5. 45 mmアサルトライフルを設計することが目的で、ソ連の多数の工廠が多種の試作品を設計した。 本銃はこのプロジェクトで選出された試作品、ASMを改良したものである。 しかしASMはアバカンとは呼ばれていない 配備状況 [ ] にに制式採用された。 当初はエリート()に配布されるに留まったが、近年の経済の回復により、現在概ね1につき1丁の配備まで進んでおり [ ]、と併用することでAKの短射程問題をカバーする運用を行っている [ ]。 AN-94の射程支援に合わせたと思われるも開発された。 脚注 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2010年3月)• Fortier, David M. 2003. "The AN-94 Nikonov: How it stacks up against its peers". The Shotgun News Treasury Issue Volume 4. Primedia Publishing• 外部リンク [ ]• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

【フォートナイト】専門用語まとめ(武器の別名など)

バースト アサルト ライフル

ハンドキャノン ハンドキャノンは一発の威力が高い武器です。 遠くの大きなダメージを与えられますし、建築を一発で破壊できるのでとても有用な武器ですね。 ハンドキャノンの色は紫と金色です。 ハンドキャノンの元ネタは「デザートイーグル」です。 デザートイーグルは強力なマグナム実包を安全に使用するため、自動拳銃では珍しいガス圧作動方式を採用している。 発射された弾丸の運動エネルギーは、AK-47などに使用されている7. 62x39mm弾と同等であり、NIJ規格レベルIIのボディアーマーを貫通する能力を持っている。 銃身上部にはレールを装備しており、スコープ、ドットサイト、レーザーサイトなどの搭載が可能なため、スポーツ射撃や狩猟での運用にも対応している。 アサルトライフル(グレー・緑・青) アサルトライフルは上述した通り、中距離で一番輝きます。 ただ近距離でもとっても強いです。 フルオートで使いやすいですが、そのまま打ち続けると反動で弾がブレがちなので、タップ撃ちをうまく使って相手に当てていきましょう。 色はグレーと緑と青です。 アサルトライフルの元ネタは「M16」系統の武器だと思われます。 M653とかM4など形の似ている武器が多いです。 M16とは、アーマーライト社、ユージン・ストーナーが開発した突撃銃である。 なお、M16は米軍の制式名であり、コルト社を始め各メーカーでの製品名は「AR-15」である。 採用当初は従来の歩兵銃と異なるプラスチックとアルミ合金製の外観から「マテル(玩具メーカー)の銃」「ブラックライフル」などとも呼ばれた。 実戦で様々な不具合や欠陥を露呈しつつも様々な改修を経て、現在も米軍制式銃である。

次の