星の器 東方。 【東方アレンジ】星の器 ~ Casket of Star

星の器とは (ホシノウツワとは) [単語記事]

星の器 東方

12名が救出されるが442名が死亡となる事態となった。 12月30日の調査報告書による、原因は午後9時19分に(最悪の雷雲)に陥て、午後9時26ー32分に(の一つ)に押させて、船が9時31分に転覆、9時32分に沈没。 この節のが望まれています。 客船は重慶市の国有企業「重慶東方輪船公司」が運航しており、をに出発しに向かうだった。 事故当時、現場付近は激しい風雨に見舞われる悪天候だった。 船内では旅客が就寝準備中だったとみられるが、竜巻に巻き込まれてから1、2分で長江の北岸寄りで転覆した。 救難活動が本格化したが、乗客の大半は船内に取り残されるなど行方不明となっており、警察当局は同日、救助された船長、機関長の身柄を拘束した。 乗っていたのは、中国国内の旅行客406人のほか、旅行会社の関係者5人、乗員47人。 乗客の多くは国内旅行社が募集したツアー参加者で、50歳から80歳の年代が多かったという。 なお、の発表によれば、出身地は97人、江蘇省204人、11人、43人、19人、8人、23人。 その後5日から船体の引き上げ活動が開始され、船内の捜索が始まった。 政府はテレビで全国中継する一方、乗客の家族でさえ現場に近づけさせず、不満を募らせる一部の家族が抗議する場面もあった。 作業はロープの固定などが難航し、5日午前7時すぎに開始された。 2台のクレーンを使って船体を回転させ、2時間ほどで上下を元に戻した。 転覆時の衝撃からか、船は屋根の一部が大きく損傷していた。 その後、クレーンを1台追加して船体をつり上げ、夜には船内の捜索を始めた。 「東方之星」の沈没は、に最大4000人が乗っていた客船「(Kiangya)」が上海沖で沈没した事故以来、中国国内で最悪の船舶事故となった。 午前10時30分、船内の捜索活動が全て終わり、水面の遺品の捜索に移った。 中国当局は、同日午前11時(日本時間同日正午)までに431人の死亡が確認されたと発表した。 救出された生存者は14人のままで、行方不明者は11人になっている。 事故原因 [ ] 当局の取り調べに対し、「東方之星」の船長が6日までに「左舷からの風の勢いが突然強まりバランスを崩した。 左かじを最大限きったが、風の力に対応できなかった」と当時の状況を証言した。 また機関長は「甲板をパトロールして機関室に戻ったところ、大量の水が流れ込んで照明が消えた。 この瞬間に転覆すると思った」と証言している。 船長によると、事故直前は風速3~8メートルだった。 船の速度を上げることで対応しようとしていたと説明した。 関連項目 [ ]• - 乗員・乗客の死者・行方不明者は304人。 出典 [ ] []• 朝日新聞. 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2015年6月3日. 2015年6月7日閲覧。 新浪 2015年6月13日. 2015年6月13日閲覧。 — 2015年12月30日. 轉載网. YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2015年6月2日. [ ]• 産経ニュース 産経新聞社. 2015年6月2日. 央广网 中央人民广播电台. 2015年6月2日. 朝日新聞 朝日新聞社. 2015年6月6日. 毎日新聞 毎日新聞社. 2015年6月7日. の2015年6月10日時点におけるアーカイブ。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2015年6月6日. 外部リンク [ ] 以下はいずれも中文ニュースサイト• (中国語)• (中国語)• (中国語)• (中国語)• (中国語)• (中国語)• (中国語)• (中国語)• (中国語)• (中国語).

次の

東方アレンジ

星の器 東方

星の器 ~ Casket of Star 概要 第4弾「」、使用時の4面、の曲である。 でによるがの曲として使用されたため、 そちらのの方が有名かもしれない。 の これ以上に妙な曲は難しいですよ。 に、っぽい物を感じます ちょっと、重厚な感じがしますよね。 (そうかな~、う~ん) より 「も格なので意表をついた曲を創ろう」と意気込んで創られた曲。 もともとの4面(・)は曲を分けるつもりはかったのだが、時間が余ったので2つに分けて創られた。 の方はっぽく、の方は西洋っぽくするつもりだったらしい。 そのせいか、曲の一部にと同じようながある。 に、に版が、『1 ~ Uouched v. 1』にの手直し版が収録されている。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

星の器とは (ホシノウツワとは) [単語記事]

星の器 東方

日頃、 「玉堂星は〜」とか「車騎星は〜」などと書いていますが、これらの十大主星は10個しかないので、これだけで人の性質を語ろうとすると10種類の星がに5つ入る組み合わせは252通りしかないことになります。 それだけでもまぁ大枠は分かるのですが、 もう少し詳しく性質を見ようとするときは、それがどんな「器」に入っているのかを見ます。 「器」というのは、星が出てくるときの日干ではないもう一つの干のこと。 例えば、画像の命式の場合、 日干が庚で、 禄存星は甲の器に入った禄存星、 調舒星は癸の器に入った調舒星、 龍高星は戊の器に入った龍高星、 石門星は辛の器に入った石門星、 玉堂星は己の器に入った玉堂星、 ということになります。 十大主星は10種類ですが、 10種類の器(十干)毎の性質の違いを分けて考えれば100種類あることになります。 100種類の星がに5つ入る組み合わせは75,287,520通り。 それでも地球上の人口を網羅できるものではありませんが、252種類よりはもう少し詳しく人の性質を知ることができるようになります。 ということで、その器に星が入った場合のその性質の表れ方を以下にご案内します。 甲の器に入ると、「直」だけにストレートにその星の性質を発揮します。 乙の器に入ると、「曲」だけにその星の性質が少し分かりにくいかたちで発揮されます。 丙の器に入ると、「明暖」なので、明るくあけっぴろげでありながら人を不快にさせないかたちでの性質の発揮になります。 丁の器に入ると、「孤明」なので、近づかないおその性質が伝わりません。 戊の器に入った性質は、「不動」だけにきっかけがないと発揮されず、 己の器に入ると、「広平」なので、その性質は普通の人に普通に伝わるものとなります。 庚の器に入ると、「鋭剛」なので、スピードと勢いをもってその性質が発揮されます。 辛の器に入ると、「柔鋭」で、特殊で特別感、選民意識的な気配を持つ性質の発揮となり、 壬の器に入ると、「流動」なので、あちこちどこへいってもその性質が発揮されます。 癸の器に入ると、その性質が発揮されるのに時間がかかります。 若いうちはその性質が見えにくいものの、晩年になると見事にその性質が現れます。 ちなみに、画像のはのもの。 納得感はありますでしょうか。

次の