任天堂 配信 ミルダム。 Mildom(ミルダム)の楽曲権利問題について

オープンレック人気配信者「りんごもちぃ」さんが、配信サイトをMildom(ミルダム)へ移行!

任天堂 配信 ミルダム

重要な内容となりますので、以下リンクよりご確認ください。 ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、ご理解、ご協力をお願いいたします。 なるほどなぁ。 しかしながら、本件はCygames社及びCyberZ社(OpenRec)の関係が主要因となり、交渉妥結には至りませんでした。 現状、NexTone許諾済み、JASRAC最終合意中となっておりますので、ご安心ください。 ちなみにミルダムの文字は無い。 2ch. 検索: 検索 最近の投稿• 2020年7月17日• 2020年7月17日• 2020年7月16日• 2020年7月16日• 2020年7月15日• 2020年7月15日• 2020年7月15日• 2020年7月15日• 2020年7月15日• 2020年7月15日 最近のコメント• に 匿名 より• に 名古屋まで より• に 遅いは役にたたない より• に 匿名 より• に 匿名 より アーカイブ• カテゴリー•

次の

ミルダム(Mildom)の使い方は?いくら稼げる?

任天堂 配信 ミルダム

いずれはミルダムへ行くかもしれないとのことですが、今のところ様子見のようです。 (2019. その中で、りんごもちぃさんが教えてくれた、Mildomのすごさや、りんごもちぃさんがMildomへ行こうと思った理由、そして今後の活動についてまとめてみました。 この記事を読んで、Mildomの勢いについて皆さんにも感じ取ってもらえたらと思います。 Contents• O PENRECからMildomへ 配信冒頭で「30分で人生が変わりました。 」と述べたりんごもちぃ。 Mildomの運営さん3人と30分ほどお話しをしたそうです。 そして11月中にはオープンレックからミルダムへ 完全移行するとの発表がありました。 というのも、ミルダムと 専属契約をする為、 他配信サイトでの配信や動画投稿は一切できなくなるのです。 (ミルダムを発展させたいから、他の配信サイトではやらないで欲しいという運営さんの思いです。 ) 3年間配信してきたオープンレックを引退し、ミルダムへ移行するというのは 大きな決断ですね。 1ヵ月前からずっと悩んでいたそうですが、ようやく決心がついたそうです。 Mildomについて Mildomの熱い思い Mildomの運営さんとのお話しの中で、「 YouTubeを超える」という話があったとのこと。 YouTubeは、Googleがバックについている超巨大な動画共有サービスです。 そのYouTubeを超える、とはなかなか言えることじゃないと思います。 りんごもちぃさんも、「 最終的にYouTubeを超えられるかどうかは分からないが、YouTube以外の配信サイトは超えると思っている」と言っていました。 そのミルダムの意気込みや熱意、また、eスポーツを発展させたいという熱い思いが移行する上での決断ポイントになったようです。 Mildomの引き抜き 現在のミルダムはまだまだ小さいプラットフォームかもしれません。 しかし、11月からはものすごいことになるよ、とりんごもちぃさんは言っています。 スプラトゥーンの大手配信者も、 シャドバの大手配信者も、 スマブラの大手配信者もミルダムへ移行するらしいとのこと。 みんなが良く知る配信者も続々移行してくるらしいです…。 中には、なんと 億単位で契約している人もいるとのこと。 これはすごいですね。 りんごもちぃさんも、「 僕も億貰えるかもしれない」と話していて、これは冗談なのか本当なのかよく分かりませんでした。 でも声色的には冗談っぽくなかったんですよね。 すごい。 現在のMildomの大手配信者といえば、プロゲーマーチーム【父ノ背中】所属の けんきさん、 あびつんさん、 ダステルさんでしょうか。 彼らは今までのYouTubeでの配信がメインでしたが、現在はミルダムへ移行しています。 おそらく、結構な額の契約金が提示されたのではないかと思います。 つまり、その有名配信者が 新規ユーザーをミルダムに引き付れてくる訳です。 配信者にとって、視聴者が多いサイトで配信をしたいと思うのは当たり前で(その点でYouTubeは最強ですよね)、視聴者がいないという不安要素やサイトの将来性についても、りんごもちぃさん的に大手配信者が来るということで緩和されたのではないでしょうか。 先日、 Shroud(シュラウド)が mixerへの移行を発表しましたが、それと同じで有名配信者を引き抜く力も企業の力ですよね。 引き抜くだけの財源があるということでしょう。 「〇〇を修正して欲しい!」、「 〇〇を追加して欲しい!」という視聴者の声に結構対応してくれているそうです。 例えば、以前は1回1回配信を更新するとコメントが消えてしまう仕様になっていましたが、それもすぐに修正されました。 また、現在も様々な機能を実装予定で、例えば、 ・ ダークモード機能 (暗い場所で画面を見る時に目の負担を軽減する) ・ キャプチャ機能 ・ アンケート機能 (著作権の問題で実装が難しいが、検討しているとのこと) の実装も検討しているみたいです。 任天堂収益化 スプラトゥーンなどの任天堂のゲームを配信する時は、任天堂の許可が必要です。 ミルダムはその許可も 取得済みです。 現在はそのことがサイトのどこにも書いてありませんが、それは完全に承認されるまでに3ヵ月程かかるそうなので、まだ記載ができないだけのようです。 なので配信者は安心して任天堂のゲームを配信できますね。 りんごもちぃさんの今後の活動について 上記で述べたように、今後は ミルダムのみでの活動になるようです。 ミルダムの 公式配信者ということですね! また、配信頻度も増えるとのこと。 ミルダム側から「 最低20日以上、 1日1時間以上は配信をしてください」と言われているようです。 なかなかにホワイト企業じゃないでしょうか…(笑) 公式配信者であれば、アーカイブもすべて残るようですので、配信を見逃してしまったとしても大丈夫です! スタンプも自分で作れるとのことですので、どんなスタンプが作られるのか楽しみでもあります。 まとめ 私自身、オープンレックは好きな配信サイトで、りんごもちぃさんの配信もよく見ていたので、移行宣言は少し寂しいですね。 りんごもちぃさんはオープンレックで3年間配信していましたが、オープンレック側としては契約も何も結んでいなかったので、引き留めることは難しいでしょうね。 私はオープンレックのプレミアム会員になっていますが、配信者が減ってしまうようなら一般会員に戻るのもアリかなぁと考え中です。 ミルダムは今のところすべて無料ですしね。 ちなみに、私は彼の配信は 大好きなのでMildom(ミルダム)へ行っても視聴します^^ どこまでもついていくよーーー!.

次の

ミルダム(2020/03/14 00:00)

任天堂 配信 ミルダム

Switchには配信機能がない Switchには キャプチャー機能があります。 しかし、これは 録画機能であって、 ライブ配信できるわけではありません。 この点、ライブ配信ができるとは異なります。 では、どうすればSwitchのゲーム配信ができるのでしょうか。 PCを用意しよう まず、 PCが必要です。 ノートPCでも デスクトップPCでもかまいません。 それ相応のスペックがあれば配信できます。 もっとも、PCは持っていない、 スマホからゲーム配信をやりたいという人もいるでしょう。 しかし、スマホでのSwitchのゲーム配信は現実的ではありません。 直撮り配信するならともかく、想像以上にハードルが高いのです。 Switchのゲーム配信をしている配信者の ほぼ100%がPCを使っていると思ってください。 機材を用意しよう キャプチャーボード ゲーム配信というからには、ゲーム画面をPCに映さなくてはいけません。 そこで必要になるのが、 キャプチャーボードという周辺機器です。 キャプチャーボードがあれば、 Switchのゲーム画面がPCに映り、かつPCからSwitchのゲーム音が出るようになります。 PCがTV画面の代わりになると思ってください。 「 キャプチャーボードを使わずに無料でゲーム配信できないの?」と疑問に思う人もいるでしょう。 これについては下記ページで解説していますが、できません。 少なくともSwitchについては、 機材なしでゲーム配信(生放送)はできないというのが現状です。 マイク 自分の声を配信で流したい場合にかぎり、 マイクが必要です。 ヘッドセットと スタンドタイプがありますが、どちらでもかまいません。 参考 マイクは、Switchに接続するわけではありません。 PCに接続します。 PCに自分の声を入れる必要があるからです。 キャプチャーボードについて理解を深めよう Switchのゲーム配信をするには、どのようなを購入すればよいのでしょうか。 まず、いちばん重要な点ですが、 HDMI端子を搭載したキャプチャーボードを購入します。 なぜなら、Switchとキャプチャーボードを HDMIでつなぐ必要があるからです。 また、大画面TVでSwitchのゲームをプレイしたいという人は、を覚えておいてください。 この機能がキャプチャーボードにあれば、ゲーム画面をTVに映しつつ、PC側でライブ配信ができます。 以上の2点を満たしているのが下記製品です。 GC550 PLUS、および Game Capture HD60 Sは定番です。 0 USB 3. 0 USB 3. 下記ページをよく読んで、賢く買い物してください。 「自分のPCに」Switchの画面を映すためには、 キャプチャーボードが必要です。 そして、その画面を「視聴者に」見せるために使うのが 配信ソフトです。 さまざまな配信ソフトがありますが、3種類覚えておきましょう。 もし完全無料で定番の配信ソフトがよいなら、 OBS Studioです。 (以下OBS) - 無料• - 有料だが、無料でも使える• - 無料 Switch側の準備をしよう まず、Switchは ドックに装着します。 つまり、 TVモードにします。 テーブルモードや携帯モードでは、ゲーム画面をPCに映せません。 理由は簡単で、Switchをドックに装着しないと、 SwitchとキャプチャーボードをHDMI接続できないからです。 Switch Liteはドックに装着できないので、注意してください。 キャプチャーボードと接続することはできません。 これはSwitch Lite側の仕様です。 もし イヤホンをSwitchに接続しているのであれば外します。 そうしないと、ゲーム音がPCから出ません。 「 ボイチャしながら配信したい」という人もいると思いますが、最初のうちはやめておきましょう。 難度が上がります。 配信方法を簡単に理解しよう 最初にの準備を行います。 イメージとしては、PCにゲーム画面が映っていて、かつゲーム音もPCから聞こえる状態です。 そのうえで、配信ソフトのほうで以下のような設定を行いましょう。 ゲーム画面を配信するための設定• ゲーム音・マイク音を流すための設定• 画質・音質の設定• 配信サイトに接続するための設定 すると、配信ソフトでゲーム配信できるようになります。 配信サイトごとに設定しよう ここまで、Switchに焦点を当ててゲーム配信のやり方を見てきました。 大まかなイメージを持てたはずです。 あとは、 各配信サイトの仕様・特徴を押さえつつ、 配信ソフトの設定を行っていきましょう。 たとえば、画質の設定や、配信サイトに接続するための設定は重要です。 下記ページでは、 配信サイトごとのゲーム配信のやり方について解説しています。 棒読みちゃんの使い方や、コメント(チャット)を配信画面に表示する方法についても掲載しています。 参考にしてください。 たとえば、YouTubeでの配信方法は下記ページに掲載しています。 OBSに画面を映す設定がわからない人へ Switchの画面をに映す設定方法を知りたい、画面が映らないという場合は、下記ページをご覧ください。 はじめまして。 少し質問させてください。 当方は、今PCからニコ生配信しているのですが今回Switchでの放送をしたいと思っています。 キャプチャーボードについては理解しているのですが、PCスペックにどのキャプボが適しているかがよくわかりません。 当方PCスペックはi5-3210M 2. 50GHz RAM4. 00GB 3. 90GB 64ビット win10です。 配信ツールはOBSStudio、NCV、棒読みちゃん、使用ブラウザはChromeです。 この場合どのキャプボが余裕を持って適しているのでしょうか? もし、無理な場合はキャプボを使っての配信に必要な最低スペックを教えていただけますでしょうか? 是非ともご教示いただければ幸いです。 に 管理人 より• に けんじ より• に newmomizi より• に 管理人 より• に いずく より• に 管理人 より• に 管理人 より• に goyoushine より• に オムレツ より• に 匿名 より アーカイブ•

次の