バイオ ハザード 7 ルーカス。 バイオハザード7 レジデント イービル

バイオハザード7ルーカスの正体と最後どうなったのか考察。NOT A HEROで再び?【ネタバレ考察】

バイオ ハザード 7 ルーカス

バイオハザード7の謎まとめ クリスのナゾ ・エンディングで登場 ・ アンブレラのヘリから降りてくる ・「レッドフィールドだ、無事でよかった」と発言 ・エンディングのスタッフロールに 「クリス・レッドフィールド」と書いてある ・日本語版の声優は、いつもクリス役をやっている東地宏樹氏 ・ハンクのような格好をしていた ・2017年春に配信されるDLCの主人公はクリス ・ゲーム内のデータに、バイオハザード2の警察署がある事が分かっている ・このデータはDLCで使われる可能性がある これはクリスではない、見た目がぜんぜん違うじゃないかという人がいるかもしれない。 しかしクリスは、バイオ1と、バイオ5で見た目が変わっているので、7でまた見た目が変わっていてもおかしくはない。 一番のナゾは、なぜアンブレラ社のヘリから降りてきたかだ。 クリスの生涯は、アンブレラをたおすために費やされてきたと言っても過言ではない。 そのクリスがアンブレラ社に所属しているというのは、正直良くわからない話だ。 2017年春にクリスが主人公のDLC「NOT A HERO」が配信されるので、そこですべてのナゾが明らかにされるだろう。 【アンブレラのヘリ】 【エンディングのスタッフロール】 【ハンクのような姿のクリス】 【2017年春配信DLC「NOT A HERO」】 【バイオハザード7のゲーム内データで発見されたラクーンシティ警察署】 アンブレラのナゾ アンブレラ社は、バイオハザード4で倒産した事になっている。 しかし、今回バイオハザード7のエンディングにアンブレラ社のヘリが登場した。 アンブレラ社のロゴは、もともとは 赤色だったのに対し、バイオハザード7の会社ロゴは 青色だった。 ルーカスのナゾ ・ルーカスは、エヴリンによって洗脳されていなかった ・なぞの組織と協力して実験を行っていた ・バイオハザード7では、 行方不明になっている ・ルーカスが正気だったのなら、食事シーンで 腕を切ったり、ビデオで爪をはがしていたのは演技だったのか なぞの多いバイオハザード7でも、ひときわ異彩を放つのがベイカー家の長男ルーカス・ベイカーの存在だ。 彼は、おかしくなったふりをして、実はまともで、謎の組織と実験をしていた。 しんでおらず、今後DLCなどで登場する可能性がある。 エヴリンのナゾ ・謎の組織の 生物兵器「E型被験体第一号」 ・カビを他の生物に感染させて、洗脳する事ができる ・カビから「モールデッド」を作れる ・船で護送中にBOWが暴走して、ベイカー家に助けられた ・家族が欲しかったエヴリンは、ベイカー家の人達を洗脳しておかしくしてしまった ・少女だったが、能力の副作用で 25倍の速さで老化した ・ベイカー家に来て3年経つので、3x25=75歳年をとっている エヴリンはもともと少女だった。 しかし、 長期間注射を打たなかったため、通常の25倍の速さで老化して、あのような姿になってしまった。 ミアのナゾ ・なぞの組織の 特殊工作員 ・別の工作員と夫婦を装って、エヴリンを船で移送中に事故が発生した ・ イーサンをだましていた ・血清をゾイに使った後、いつのまにか船に移動している ミアがいた組織が何なのか今となっては分からない。 アンブレラなのか、ルーカスがつながっていた組織なのか、もしくは全然別の組織なのか、ミアの正体は謎に包まれている。 イーサンのナゾ ・ イーサンは感染してるままゲームが終わった ・エブリンがミアに 「こいつはお前を愛してない。 私が愛させてあげようか?」とイーサンがミアを愛してないと発言 ・一通りの武器を使える ・極限状態で気を失わない ・エンディングで「ずいぶん遅かったじゃないか」とクリスを待っていたような発言 実は、われわれプレイヤーは、主人公のイーサンについてすらほとんど分かっていない。 彼が何者なのか、まさか一般人ではないだろう。 ミアを愛していない、感染してるまま終わってしまうなど、謎を残したまま彼はいなくなってしまった。

次の

【バイオ7】バイオハザード7★ネタバレ★その他考察①組織・D型被験体・ワクチンなど

バイオ ハザード 7 ルーカス

どーも、ホラーゲームは自分で出来ないので実況中継に頼りきり。 DJココアです。 はこちら 今ちょっと頑張ってるから見て欲しい記事がこちら。 体験版で話題でした、7ついに出ましたね。 ストーリーをきっちり説明していきますよ。 と、その前に関連のあるリンクをご紹介。 さてでは本題。 がっつりネタバレしますので、いやん、という方は回れ右。 さぁ、行ってみよう。 ベー邸へ向かうイーサン 主人公はイーサン・ウィンター。 明らかにになっている設定としては一般人だが、5にアンブレラ社の研究員の名前としてイーサン ・Wが登場している。 同一人物かどうかは現時点で不明である。 妻であるミア・ウィンターは3年前から行方不明になっている。 そんなミアからイーサンの元へメールが届いた。 内容は一言、迎えに来て欲しい、とのことだった。 メールからなにがあったかはまるでわからないが、イーサンはミアを探しににあるベー邸へ向かった。 ベー邸は巨大な屋敷であり、付近にはテレビ取材クルー(体験版で登場したもの)が乗ってきたのであろうワゴンが停められていた。 屋敷の前でミアの免許証が落ちているのを発見したイーサンは屋敷の中へと入っていく。 廃墟と化した屋敷は不気味で、異様な空気を纏っていた。 屋敷の地下で死体を発見し、いよいよなにか異常なことがここで起こっていることを感じる。 壁に貼られた無数の写真やリストもなにに使われたものなのか不明だ。 そしてイーサンは地下の檻の中で横になるミアを発見する。 イーサンに起こされたミアは驚きの表情を見せる。 イーサンにメールを出したのはミアではないようだ。 イーサンとミアは共に屋敷から逃げ出そうとするが、突如ミアが豹変し、イーサンに襲 いかかる。 ゾイと名乗る謎の女性からの電話で屋敷脱出のサポートをしてもらうが、ミアから逃げることができない。 やむおえず、イーサンもミアを攻撃するが、ミアは致死レベルの傷を負っても立ち上がってくる。 重傷を負いつつも、やっとの思いでミアを倒したイーサン。 しかし突然現れたジャック・ベーに殴られ、気絶してしまう。 ベー邸からの脱出 目を覚ましたイーサンはベー一家から逃げ出すことを試みる。 しかし、閉ざされたベー邸からはどこからも出ることができない。 ミアもどこかへ行ってしまった。 そして一家の父であるジャック・ベーは追ってくる。 度重なる戦闘でジャックを何度も倒すが、ジャックの生命力は完全に人間のそれではなくなっていた。 ベー邸の住人は5人。 父であるジャック、その妻のマーガレット、息子のルーカス、娘のゾイ。 車椅子の老婆だ。 ジャックの娘、ゾイだけは正気を保っているようで、電話でイーサンをサポートしてくれる。 ジャック、マーガレット、ルーカスはなにかに取り憑かれたように狂気じみている。 車椅子の老婆は、作中なんども登場するが、不気味に存在するだけで、イーサンをただ目で追うことしかしない。 言葉も発さない。 無害な存在だ。 屋敷の中で発見する無数のメモを見る限り、どうやら、ベー一家は捕まえた人々になにかしらの人体実験をしているようだった。 父親は誰か イーサンは地下の解体室と呼ばれるところで、大量の怪物が作られているのを発見する。 書かれたメモを見る限り、ジャックやルーカスが客人を改造して怪物を作っていたようだ。 ジャックは独り言で、「私が父親だったのに、、、あいつを父親にすると言い出すなんて、、、」と言いながらイーサンを探している。 ジャックは誰かの父親だったはずなのに、それがイーサンに代わってしまいそうということだろうか。 血清 イーサンはジャックの娘であるゾイと連絡を取ることができた。 ゾイの話を聞くと、どうやらミアやベー一家はなにか病のようなものに侵されているようだ。 ゾイはそれを穢れと表現した。 ゾイは正気を保っているようだが、ゾイもそれに同じく侵されているようで、その穢れを治さない限り、屋敷から逃げ出すことができないらしい。 それを治すには「血清」が必要なようで、その手がかりは旧館にあるようだ。 血清があればミアを救うことができると知ったイーサンは旧館に向かうが、旧館にはジャックの妻、マーガレットが潜んでいた。 新たな存在エヴリンとは 旧館でミアと再会することができるが、すぐに息子ルーカスに連れ去られてしまう。 やはり彼女が穢れに侵されているのは本当のようで重傷だったはずの傷は癒えている。 再会したミアは豹変する前の優しいミアだった。 彼女からなにか聞き出したかったがここに来た経緯や状況に関して記憶を失くしてしまっているようだった。 イーサンは血清を手に入れるため、旧館の探索を続けるが、虫を操るマーガレットの追跡に合ってしまう。 そして探索中、マーガレットがゾイに宛てたメモを発見する。 その中にエヴリンという人物の名前が。 エヴリンとは誰なのか、、、。 血清の作り方 マーガレットが守る旧館の祭壇で血清の作り方を入手する。 D型被験体の脳神経と末梢神経。 つまりD型被験体の「頭」と「腕」が必要ということだ。 ゾイが頭を持っているというので、イーサンは腕を探すことになる。 そしてイーサンは死闘の末マーガレットを倒し、D型被験体の腕を入手する。 なぜかこの頃から、イーサンは幼い女の子の声や姿を目撃するようになる。 屋敷内も少女が住んでいたような面影がある。 この家にはもう一人家族がいたのだろうか。 息子ルーカスとのデスゲーム D型被験体の頭を持つゾイと合流するため、中庭のトレーラーへ向かうイーサン。 しかしゾイはルーカスに連れ去られてしまった後だった。 ミアもルーカスの元にいる。 ルーカスに呼ばれたイーサンは罠と分かりつつも地下の解体室へと向かう。 なんとかデスゲームをクリアしたイーサン。 ゾイとミアの元へ駆けつける。 ルーカスはどこかへ行ってしまったようだ。 イーサンの持つD型被験体の腕とゾイの持つD型被験体の頭を使い、二人分の血清を作り出すことに成功する。 しかし、そこに化け物に変貌したジャック・ベーが襲いかかる。 ミアの記憶 死闘の末、ジャックを倒したイーサン。 しかし、ジャックを倒すのに二本しかない血清のうち、一本を使ってしまった。 穢れの治療が必要なのはミアとゾイ。 イーサンはミアに血清を使うことを選ぶ。 ゾイは屋敷に残り、イーサンとミアはボートで脱出を試みる。 途中、イーサンはミアに事情の説明を求める、しかしミアはやはり記憶を失くしてしまっているようだ。 その時、ボートの前方に廃船と化した巨大な船が現れる。 船は破損してからかなりの時間が経過しているようで、劣化が激しく進んでいるものだった。 同時に、二人が乗るボートは何者かの力で転覆させられてしまう。 イーサンとミアははぐれてしまい、ミアは廃船のそばで目を覚ます。 どこかから聞こえる少女の声に導かれ、ミアは廃船の中へ入っていく。 ミアとエヴリン 廃船の中で、ミアは幻覚の少女を追いかける。 そしてその少女に導かれ、失くした記憶を取り戻す。 ミアはある組織のというイーサンの知らない顔を持っていた。 ミアは3年前、エヴリンという少女の母親を装い、エヴリンを移送する任務についていた。 移送中、恐ろしい能力を持つエブリンの暴走を止めることができず、巻き込まれた乗組員は全滅。 ミアとエヴリンはベー邸のすぐ側でジャック・ベーに保護されたのだ。 そのエヴリンが再びミアの前の表れ、ミアは記憶を取り戻したが、ミアはエヴリンの母親になることを拒絶する。 エヴリンは家族に飢えており、家族を集めようとしていたのだった。 ジャックの夢 気を失ったイーサンはジャックの姿を夢に見る。 そして、本来のジャックから、エヴリンに感染させられた家族はずっと心を支配され、抵抗することができなかったと伝えられる。 家族を救ってくれと思いを託されたイーサンはミアに救出され、目を覚ます。 ミアからエヴリンを倒すためのキーアイテム、「エヴリンの体組織」を受け取ると、イーサンは再びミアとはぐれてしまう。 イーサンはエヴリンを倒すため探索を再開する。 ルーカス・ベーと謎の研究所 ベー邸のすぐ近くには廃鉱があった。 どうやらルーカス・ベーはここに潜んでいるらしい。 進んでいくと中は研究所になっていた。 そこで発見した資料を見て、イーサンはエヴリンの正体を知っていく。 エヴリンはある組織によって生み出された「敵集団を戦闘によらず制圧する」だった。 エヴリンは、菌を繁殖、感染させることによって対象を実質的に支配、精神攻撃、洗脳することができるのだ。 ルーカスは廃鉱では見つからなかったが、実は洗脳は既に解けているらしい。 ルーカスは操られているフリをしていたのだ。 組織と交信している形跡も発見した。 なにか関連が深いようだ。 イーサンは「エヴリンの体組織」を使いエヴリンを倒すことができる特殊な血清を作り出し、エヴリンとの最終決戦に挑む。 謎の老婆 ベー邸に戻ったイーサンは引き続き少女の幻覚を追いかける。 そして、ついにエヴリンの本体を見つけ出す。 エヴリンはベー邸に最初からいた謎の老婆だった。 エヴリンは組織の管理下から外れたことで、細胞劣化により急激に老化していってしまっていたようだ。 イーサンやミアが見ていたのはエヴリンが見せていた幻覚。 10歳のままのエヴリンだった。 イーサンはエヴリンに血清を打ち込み、ついにエヴリンを倒すことに成功する。 戦闘で重傷を負い、倒れているイーサンを駆け付けたが救出する。 ミアも無事救出された。 クリスが乗ってきたヘリにはなぜかアンブレラ社のロゴが入っていた。。。 あとがき はい、いかがだったでしょうか。 大体合ってるんじゃないかと思っています。 もし間違ってたらご指摘お願いします。 僕自身バイオシリーズ詳しくなくてですね。 汗 他作品とかの繋がりなどよくわかっていないです。 たまたま見た7が面白かったので今回書かせて頂きました。 個人的に理解できなかった部分は、廃鉱の研究所はいつの時点でできていたのか?っていうところですね。 エヴリンが生まれるまでの研究がされているように見えました。 もしそうなら、3年前、全滅してエヴリンが乗った船が偶然ここにたどり着いたはずなので、なんでここにエヴリンの研究所があるの?と思いました。 ルーカスがこの研究所を出入りしていたようなので、それなら、「エヴリンが来た後、洗脳から解放されたルーカスが、エヴリンを作った組織と手を組み、エヴリンの観察を続けていた。 その過程でエヴリンが生み出されるまでの資料を取り寄せていたので、その資料が廃鉱の研究所にあった。 」という方が自然かと思っています。 ただそういった描写が僕には見当たらなかったです。 見落としただけならめんご。 正直、このゲームめっちゃエネルギー使いました。 実況者さんの見てただけですが。 笑 元来ホラー苦手です。 ホラーと恋愛は使っちゃダメだと思ってます。 またなにか面白い作品見つけたらこうゆうの書こうかと思ってます。 では、また、夢で。 横浜カカオクラブの他記事はこちら yokohamakakao.

次の

BIOHAZARD 7 resident evil

バイオ ハザード 7 ルーカス

]: Z [アメリカ]: [ヨーロッパ 一部を除く ]: 18 [ドイツ版]: 18(18歳未満提供禁止) コンテンツ アイコン [通常版]暴力、犯罪、恐怖、言葉・その他 [グロテスクVer. ]暴力、犯罪 ダウンロード コンテンツ あり デバイス [PS4]対応 必要環境 OS: WINDOWS 7,8,8. 1,10 64-BIT プロセッサー: Intel Core i5-4460, 2. 4GHz 以上 売上本数 750万本(2020年3月31日現在) その他 海外版はパッケージ、1種類のみ 『 バイオハザード7 レジデント イービル』(バイオハザードセブン レジテント イービル、 BIOHAZARD 7 resident evil, 日本国外版: RESIDENT EVIL 7 biohazard)は、よりに発売されたゲームソフト。 キャッチコピーは「 すべては恐怖のために」。 にはとしてグロテスクVer. がに対応。 概要 [ ] 『』20周年記念作品第2弾。 同シリーズゲームとしては、第1弾『』(以降、『アンブレラコア』)より約半年振りとなり、ナンバリング作品としては前作『』(以降、『6』)からおよそ4年振りのリリース。 時系列としては前作『6』での事件から4年後、『アンブレラコア』から2年後の2017年頃であり、ナンバリングシリーズ初の一般人主人公であるイーサン・ウィンターズが妻のミアから受け取ったメッセージを切っ掛けにバイオハザードに見舞われたとある家に潜入し、ミアの救出と、そこからの脱出までのストーリーが描かれる。 よりの会員限定でPS4用の体験版タイトル『 バイオハザード7 ティザー 〜ビギニングアワー〜』(バイオハザードセブン ティザー ビギニングアワー、 BIOHAZARD 7 TEASER -BEGGINING HOUR-)が配信された。 他のハード用の体験版も順次配信された。 体験版タイトルにつく「ティザー」はを意味する。 本作は、シリーズで初めてレーティングがとなる『 バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. 』(バイオハザードセブン レジデント イービル グロテスクバージョン)も発売されている。 価格や基本的なゲーム内容は通常版と変わりないが、グロテスクVer. はグラフィックや演出面での残虐表現がより過激なものになっている。 なお、残虐表現が最も強いのは日本国外版であり、国内版のグロテスクver. でさえ日本国外版から切断描写の一部が削除されているため、完全に同一の内容ではない。 通常版・グロテスクVer. 両方とも、2016年に発売されたでプレイする場合、解像度でのプレイが可能。 「」「」などのゲームアワードにおいて多くの賞を受賞した。 2017年に全てのDLCを収録したゴールドエディションが発売。 通常版・グロテスクVer. 両方ともダウンロード専売となるが、グロテスクVer. のみPS4パッケージ版も発売された。 タイトル [ ] 「BIOHAZARD」の「Z」の部分がオレンジ色で「7」に塗られている。 サブタイトルの『レジデント イービル(Resident Evil)』はで、日本以外の他の言語版では『 RESIDENT EVIL 7 biohazard』となり(『VIL』の一部がオレンジ色で『VII』に塗られている)、日本語版とは逆の表記になっている。 このようなタイトルになったのは、今回の内容が従来シリーズの日本版タイトルである『 バイオハザード(生物災害)』および日本国外版でのタイトル『 Resident Evil(内に潜む悪)』の双方に該当しているためだとされている。 開発 [ ] 『バイオハザード7』の開発中の一部コンテンツを『KITCHEN』(キッチン)というタイトルでプロジェクト・モーフィアス(の開発中のコード名)専用コンテンツとしてのとに出展したところ、好評を博した。 ホラーゲームとVRは相性がいいことが判明したため、一部ではなく『バイオハザード7』全体をVRに対応することが決定した。 「 新生バイオハザード」とも銘打たれており、プロデューサー・川田将央は、バイオハザードは『』- 『』と『』 - 『6』ではゲーム性が変化しているが、『7』ではまた新たな変革になると語っている。 カプコン統括プロデューサーの竹内潤によれば、プロダクトビジョンとして以下の4点を掲げて開発された。 ホラーにフォーカス。 ホラー映画『』がモチーフ - 広い世界ではなく狭い世界で展開させていくという意図。 協力プレイ()なし - ホラー体験に集中してもらう意図。 シリーズ関連は最後だけ - シリーズキャラクターがでてきてしまうとキャラクターの個性などに縛られてしまうことを懸念した。 また、初代『』の体験に近いものにするため、真新しいシステムやイメージの一新を図ろうとした。 一人称視点()やVRはフォトリアルにすることでさらに没入感を高めることを目的としている。 「カプコン伝説」第61回のコメントで、ディレクターの中西晃史は「例えば、父親(ジャック)はストレートな暴力によるスラッシャー系、母親(マーガレット)は生理的嫌悪感を煽る虫地獄系、息子(ルーカス)は映画『』のようなトラップ系の神経を締め付けられる感じ、といった感じでタイプを分けることで、なるべく長く怖がってもらえるようにしました。 逆にいうと、ベイカー一家の企画はそこを踏まえたもの」という風に、それぞれが異なる「恐怖」の演出を担うようデザインしたと述べている。 ゲームシステム [ ] REエンジンの導入と視覚システムの一新 上記のように従来のシリーズから大きくゲーム性を変格し、『4』から『6』にかけて主体だったから主観視点の「 アイソレートビュー」()に変更し、本作のために開発されたフォトリアルな新しい「 」を搭載した。 にも完全対応しており、360度見渡してのプレイが可能である。 なお、REエンジンは本作での好評を受け、に発売された『2』のリメイク作品『バイオハザード RE:2』にも搭載された。 本作でのライフの表現 本作のプレイヤーの体力は、後述の腕時計型デバイス「コデックス」にて表示される。 『4』以降は体力ゲージという明確なパラメーターで体力を可視化していたが、本作では旧シリーズと同様のバイタルサインの波形のみが表示されるに留まり、具体的な残りのライフは不鮮明に表現されている。 また、ダメージを負うごとに視界に血しぶきが溜まる演出が盛り込まれ、重傷を負うだけでも視界不良に陥り、操作にハンデを伴うことになる点も(仕様は違うが)旧シリーズと類似している。 本作でのセーブシステム プレイデータのセーブは、マップ上の特定の箇所に設置された「カセットレコーダー」を操作することで実行される。 このシステムは『1』から『4』にかけて存在した「タイプライター」の形式を彷彿とさせるものであるが、特に高難易度「Madhouse」では『3』までの「インクリボン」と同様に「カセットテープ」なる専用の消費アイテムが必要であり、「プレイ中のセーブ回数に上限がある」という過去作の難度を踏襲している。 アイテム入手可能数の制限 『4』『5』『6』ではアクションゲーム性が色濃く、敵を倒すたびに一定確率で弾薬や回復アイテムをドロップするので「敵を倒せる限り無尽蔵に物資が入手できる」という面があったが、本作では『3』までと同様にエネミードロップのシステム(キーアイテムを所持するボスを除く)を廃し、消費アイテムの入手可能数に制限が課せられた。 そのため、無謀な敵の殲滅などで希少なアイテムを浪費することはプレイヤー自身の戦況を悪化させることを意味し、適切なアイテムの使用方法やその判断力が求められる(後述のCRAFTも参照)。 CRAFT 本作での探索中に入手する弾薬や治療薬といった消費アイテムは多くの場合、発見時は使用できないか効果が薄い不完全な「材料」の状態になっている。 そういった際には合成用アイテム「薬液」を組み合わせて生成することで物資を調達していく。 そのほか、より高い効果のアイテムを生み出せる「薬液(強)」や生成済みのアイテムを薬液に戻す「分離剤」が存在し、調合する組み合わせが揃えばクラフトスロットの欄に記録され、手順を省略できる。 これら「薬液」の入手頻度は「材料」を下回るため、プレイスタイルや状況に合わせて弾薬か治療薬かを選択することが求められる。 影絵パズル 本作での「謎解き」で最も多用されている要素。 特定の場所にライトで照射された絵画や落書きの一部が輪郭のみで欠損しており、ライトの前にアイテムをかざし、その影の形を不完全な部分に重ねることで絵を完成させると、連動して屋敷のさまざまな仕掛けが作動する。 不完全な絵を完成させるには、その影の角度を微調整して型に当てはまるよう操作しなければならないことはもとより、ライトにかざすべきアイテムが何であるかも推理しなければならない。 Found Footage 本作のキーアイテムとして「ビデオテープ」が登場する。 このアイテムは特定の場所に設置されているビデオデッキを用いて再生すると、「その映像の撮影者たる人物の出来事を追体験する」という形式で、プレイアブルキャラクターが主人公のイーサンからその人物へ一時的に変更される。 ビデオの内容は現実にとっての「過去」に当たるため、その映像(プレイ内容)が攻略のヒントになっていたり、なにかしら現実でリンクすることもある。 アンティークコインと鳥籠 どちらもマップ上の特定の箇所に配置されたアイテムとオブジェクト。 アンティークコインはアイテムとして所持でき、鳥籠に表記された枚数分のコインを投入することで内部に収納されたアイテムを入手できる。 ミスターエブリウェア人形 エリア内の特定の位置に配置されている手乗りサイズの首振り人形。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年2月)() 平凡な青年男性である主人公の イーサン・ウィンターズは、3年前に突然行方不明となった妻・ ミアをずっと探し続けていた。 2017年7月のある日、ミアから「迎えに来てほしい」というメッセージが送られてくる。 イーサンはメッセージの情報を頼りに、ベイカー農場の跡地に赴く。 イーサンは廃墟となったベイカー邸でミアと再会するが、ミアは次第に様子がおかしくなっていき、ついにはイーサンを殺そうと襲いかかってくる。 やむなくミアを打ち倒すことで難を逃れたイーサンだったが、その直後に背後から謎の人物に襲撃され、意識を失う。 やがて目を覚ましたイーサンが見たものは、おぞましい料理の乗った食卓を囲む ベイカー家の住人の姿だった。 ベイカー家の主人で不死身の怪物・ ジャック、その妻で羽虫を使うクモ女・ マーガレット、トラップに凝っている爆弾狂の長男・ ルーカス。 彼らにより屋敷に囚われてしまったイーサンは、電話でコンタクトを取ってきたベイカー家の末娘・ ゾイの協力を得ながら、狂気に満ちたベイカー家の館からの脱出を試みる。 長い探索の果てに、ミアやベイカー家を襲ったバイオハザードの真実が解き明かされ、謎の少女・ エヴリンの特異菌と精神感応により、ミアやベイカー家が操られていることが判明する。 そしてイーサンは、すべての元凶として屋敷に潜む邪悪な存在「 レジデント イービル」と対峙することになる。 登場人物 [ ] 物語の要素はあらすじ節へ記述して下さい。 登場人物節はあらすじの序盤以降を書き連ねていく場所ではありません。 既婚者だが3年前に妻のミアが謎の失踪を遂げており、突如彼女から届けられたメッセージをきっかけに単身でベイカー邸を探索していたところ、謎の一族、「ベイカー一家」に拉致された。 物語は基本的に彼の一人称視点で進むため、外見が確認できるのは一部のムービーのみであるが、そのムービーでも地面に突っ伏して気絶していたりなど顔はほとんど見えないようになっている。 ベイカー邸に足を踏み入れた際にエヴリンの特異菌に感染しており、手足に切断のような重傷を負っても簡単な手当で完全に回復するなど 、エヴリンの支配を受けるほど重症ではないものの異常な再生能力を手に入れていた。 襲い来るベイカー一家を退け、ついにはB. エヴリンを倒して脱出に成功する。 システムエンジニアであり、これといったスポーツ経歴も持たないが、事件の僅かな間に優れたサバイバル能力を開花させる。 『End of Zoe』エンディングではクリスを介してゾイと電話で会話し生還を喜んでいた。 イーサンは彼女の名前で送られてきた「迎えに来てほしい」というメッセージに従ってベイカー邸を訪れたが、冒頭ではイーサンに「あなたに嘘をついていた」「私を探さないで」というメッセージを送ろうとしていたり、ベイカー邸で彼と再会した際には突如として凶暴化し襲い掛かるなどの不可解な行動を見せる。 その正体はエヴリンを開発した組織に所属する工作員であり、自分の仕事については夫のイーサンには秘密にしていた。 行方不明となった際には生物兵器であるエヴリンの護送のために船に乗り込んでおり、エヴリンが引き起こしたバイオハザードから唯一生き残りその後ベイカー一家に保護される。 その際に特異菌に感染しており、ベイカー一家に対して「黒髪の少女を見つけても接触してはならない」という旨のメモ書きを残すも時すでに遅く、エヴリンを保護したことにより一家は一夜のうちに感染させられてしまい、自身もベイカー一家から抜け出すことが出来なくなってしまった。 ジャックたちのように完全に支配されてはいないが症状の進行によってエヴリンの影響を受けており、彼女に唆されてイーサンに襲い掛かっていた。 そのため、血清によってエヴリンの支配下を脱しなければ脱出できない状況に陥っている。 本編中盤では彼女の過去の謎に迫る必要事項として一時的にイーサンからプレイアブルキャラクターが変更され、途中のFound Footage(ビデオテープ)も強制的に再生させられる。 正体は「ベイカー一家」の長女で、ジャックに拉致されたイーサンの手当てを行い、コデックスを取り付けたのも彼女である。 他の家族とともに特異菌に感染してしまうが、ミアの残したメモ書きで血清の事を知り、イーサンがやって来るまで3年間1人孤独に戦っていた。 一家から脱出するためイーサンに助力し血清の精製に必要な「D型被験体」の頭部を回収していたが、その途中で兄のルーカスにボートハウスへと連れ去られてしまう。 後にイーサンに救出され、血清を2つ精製するが、片方はジャックを止める為に使用してしまったため、もう一つの血清を彼女とミアのどちらに使用するかでエンディングが分岐する。 ストーリー上正史となるのは血清をミアに使用するルート。 この場合、本編では後にジャックと共にイーサンの精神世界に現れるため、死亡したかに思われたが 、後日談を描いたDLC『End of Zoe』で生存していることが判明する。 イーサン達と別れた後、エヴリンによって石灰化させられてしまうが、全身には及ばず、気を失っていたところをアンブレラ職員と伯父のジョーによって発見され、一時保護される。 その後、彼女を狙ったスワンプマンによって連れ去られてしまうが、ベイカー邸にて死闘の末にスワンプマンが倒され、ジョーによって治療薬を投与されたことで目を覚ました。 直後に駆け付けたクリス達によって保護と治療を受け、体内から特異菌を排除したことでエヴリンの呪縛から解かれることになった。 直後にクリスを介したイーサンから生還を喜ぶ電話を受け、自分を決して忘れなかったことを感謝した。 初回購入及び早期DL特典でのみ入手出来る「サプライボックス」は彼女からのメッセージ付き支援物資である。 「家族」という概念に歪で執拗な思想を持っており、拉致したイーサンを「家族になる」と称して監禁し猟奇的な暴行を繰り返す。 ごく普通の初老の男性に見えるが驚異的な怪力と不死身の再生能力を持ち、スコップや棘付きのローラー、果ては大斧やチェーンソーに片刃を取り付けた巨大鋏を手にし、ベイカー邸からの脱出を目指すイーサンを執拗に追跡する。 その正体は、難破した船から流れ着いたエヴリンを保護したがために彼女の能力によって支配されてしまった一家の家長。 元海兵隊員の農場主で、3年前に家族共々失踪したとされていた。 エヴリンに支配されて以降は暴力的かつ猟奇的な面が目立つようになり、一家の周辺を訪れる旅行者や浮浪者を拉致、監禁していたが、本来は家族思いの温厚な男性である。 正気だった頃は民宿を開くことが夢だったらしい。 『Welcome to the Family』のコメントによると、「タイラント」や「追跡者」、「ウスタナク」といったシリーズを代表する「タフな生命力でプレイヤーを追い回すクリーチャー」という役回りを踏襲しつつも、「喋る」という人間性も併せ持つ新たな恐怖を持たせる敵キャラとして描かれている。 「狂人と化した父親」というキャラクター性と名前は、が演じた『ジャック・トランス』からインスパイアを受けたもの。 ベイカー邸からの脱出を目指す過程で幾度となくイーサンの前に立ちはだかった末、最後はボートハウスで完全にクリーチャー化した状態で襲いかかり、ゾイが完成させた血清を打たれた事で遂に倒された。 その後、イーサンの精神世界内に正気を取り戻した状態で現れ、イーサンにエヴリンの正体とベイカー一家が豹変した経緯を打ち明けた後、エヴリンを止め家族を解放してほしいと懇願した。 兄のジョーが主人公を務めるDLC『End of Zoe』にてクリーチャー・スワンプマンとして再登場。 言葉を発することはできるが聞き取りにくい。 ゾイを連れ去ろうと幾度にもわたってジョーを襲撃する。 ジョーからゾイを連れ去り、途中で出会ったアンブレラの隊員達を殺しながらベイカー邸へと帰宅し、追ってきたジョーと戦うも倒された。 このクリーチャー化したジャックの誕生経緯や本人なのかどうかは、作中で断片的にしか語られず不明な点が多い。 しかし、ゾイに対しては決して危害を加えず、共にベイカー邸へ戻ろうとしたことなど、ジャックの父親としての意識を本能的に持っていたことが伺える。 「家族」として招かれた者に甲斐甲斐しく食事を振る舞うなど世話を焼こうとするが、ヒステリックな性格でふとしたきっかけで気性が荒くなり、苛立つと常に暴言を吐く。 特に自分の手料理 を蔑ろに扱う者に対しては激しく激昂する。 ジャックと同じく凄まじい怪力と再生能力を持ち、旧館でイーサンを追跡する。 特殊なランタンを用いて数多くの虫型クリーチャーを操り、遠距離から襲わせることで攻撃してくる。 ジャックと同様、エヴリンによって完全に支配されており、彼女からもらった物を祭壇で祀ったり自らの操る虫を我が子のように可愛がるなど、過剰なまでの家族愛を抱いている。 後述のDLC『ドウターズ』で描かれた豹変前の様子からは、本来はジャックと同様に温厚で心優しい人物であることが覗える。 因みにエヴリンの影響で気性が荒い身内同士で口論が絶えないが、変貌した現在でも夫ジャックへの夫婦愛は僅かながら残っており、『ベッドルーム』である手順を行うと、プレイヤーのクランシーを尻目に仲睦まじい夫婦の姿を見ることができる。 素行の悪い不良で、過去のVTRに登場するテレビ局のクルーたちも彼の悪評を語っていた。 幼少時から発明大会で幾度も賞を取る程に機械工作などの才能に恵まれ、天才的な技術力を持つが、その才能を悪用する形で軍事関係者顔負けの巧妙なや、武器、からくりを自作し、それらを用いてベイカー一家に拉致されてきた「家族」をゲーム感覚で甚振ったり、殺害する事を楽しむ非常に悪辣且つな性格や嗜癖の持ち主。 また、軽薄かつ挑発的な態度とは裏腹に勘が鋭く、アンブレラの隊員達や、コネクション 、遂にはエヴリンをも出し抜くなど演技力や奸計にも長けた策略家でもある。 その反面、自身の嗜癖や慢心が仇となって、詰めの甘さ を見せてしまう事もある。 幼少期には脳に障害があったのか病院で検査を受けており、それを小馬鹿にした友人を自室に仕掛けたトラップによって閉じ込めて餓死するまで監禁するなど、特異菌に感染した事で人格が豹変した両親とは違い、彼自身の猟奇的な性格はだった。 そのため、精神を支配されていたことに嫌悪を抱きつつもエヴリンに与えられた力を受け入れており、普通の人間に戻ろうとするゾイを侮蔑していた。 ジャックが「家族」として招きながら、ベイカー邸からの脱出を図ろうとするイーサンを標的に定め、作中中盤でミアとゾイを拉致すると、イーサンに対し狂気的なほどに軽薄な態度で挑発を繰り返しながら自作の実験場へと誘い出すも、最終的に全ての罠を突破されてしまい、ビデオメッセージで捨て台詞を残しながらベイカー邸から脱出した。 本編中ではそれ以降、イーサンの前に立ちはだかる事はないが、後に手に入るファイルから、エヴリンが一家を支配した際に彼も家族同様感染し操られていたが、後にある組織によって血清を打たれたことで、異様な再生能力 は残しつつも精神支配から自我を取り戻していたことや、エヴリンに支配されているように装いつつ彼女の観察を行うなど組織に協力しており、廃屋の地下に隠された研究室の一室で秘密裏に組織とやり取りしていたことが判明している。 本編のエピローグストーリーであるDLC『Not a Hero』において、ベイカー邸から逃げ出した後は、パーナビー廃鉱最深部にあるコネクションの研究所に逃げ込んでおり、先行したアンブレラの隊員数名を人質にとり、クリスを罠に誘い込み始末しようとした。 また組織から派遣された職員達を皆殺しにした上で組織すらも裏切り、特異菌を他の組織へ売り込もうと画策していたが、罠を全て突破したクリスについに追い詰められ企みも阻止されてしまう。 クリスの銃弾によって致命傷を負ったことで体内に残っていた特異菌が臨界に達し、巨大な人型クリーチャーとなってクリスに襲いかかるも無力化され、最後は頭部を撃ち抜かれて倒された。 特異菌のデータは、組織に送信中にクリスによってサーバー本体が破壊され、阻止された。 一見すると事切れた遺体のようだが、しっかりと生きている。 老化により体力が殆ど残っていないのか、眼球運動のみでコミュニケーションをとることが多い。 館の各所に神出鬼没に現れるが、ただこちらを見つめるだけで害はない。 一方でプレイヤーからも攻撃を与えることは不可能で、銃器の照準を合わせようとしても強制的に構えを解除してしまう。 その正体は過去にベイカー家に存在した本物の祖母ではなく、能力の副作用により急速に老化したエヴリンである。 エヴリンはその強力な能力の副作用として細胞劣化の速度が人の数十倍となっており、そのままでは通常の人間の25倍の速度で老化してしまい精神にも問題を来たしかねないため、劣化を抑え込む薬品を投与することが欠かせなかった。 しかしベイカー邸へと逃れて以降、薬の投与が出来なくなったことで劣化が抑えられなくなり、3年(正確には劣化現象が始まって僅か1年程)という短い月日で現在の老婆のような姿へと変わってしまった。 作中、所々で現れる少女の姿は彼女が感染者に見せている幻覚である。 作中で家族写真を見ることが出来るがそこに「祖母」の姿は写っておらず、廃屋でミアと合流した直後に発見する老婆だけが写った写真の裏には識別番号と思われる意味深な単語が書かれているなど、序盤からその正体に関しての伏線が張られている。 一見10歳前後の少女であるが、その正体はヒト胚に特異菌を組み込み、培養によって誕生した「B. 生物兵器 」である。 「敵を殺すことなく支配下に置く兵器」というコンセプトで複数開発された被験体の中で、唯一全ての課題をクリアした被験体であり、「E型被験体」とも呼ばれていた。 カビに酷似した性質の特異菌を体内で生成し自在に操る能力を持ち、それらを周囲の人間に感染させることで、最終的には精神と肉体を完全に支配し思いのままに操ることが可能。 生物兵器でありながら明確な自我を持ち、性格は歳相応に無邪気。 しかし、その精神的な幼さと研究施設で孤独に過ごした経験から「家族」という関係への歪んだ執着を抱くようになる。 支配した人間に対しては擬似的な家族関係を築く行動を取る一方、自傷行為や他者への攻撃を迫るなど残酷な面も見られる。 開発された研究施設に隔離されていたが敵対組織による強奪情報が入ったために他の支部へと移送されることとなった。 両親を装ったアランとミアによってタンカー船で移送されていたが、研究施設での生活に嫌気が差していたことから途中で脱走し、船内でバイオハザードを引き起こし壊滅させた。 その後は船が流れ着いた沼地でミアと共にジャックに保護され、以降は自分を保護したベイカー一家をその能力で支配した。 ベイカー一家を支配してからも家族に対する執着は変わらず、ベイカー一家を利用して周辺を訪れる旅行者や浮浪者を拉致、監禁させていた。 エヴリンの父親を装いタンカー船でエヴリンを移送していたが、彼女の脱走を許してしまい、その際に特異菌に感染してしまう。 その後はエヴリンによって完全に支配されてしまい、全身の特異菌を活性化させられ死亡した。 助けを求めるイーサンの様子を錯乱していると判断してかまともに取り合わなかった。 体験版『ビキニングアワー』脱出ENDで、ジャックの魔の手から奇跡的に生還した男性(体験版主人公)の通報を、証拠品が紛失したために「妄想」と決め付け、捜査を打ち切ったのも彼である。 そんな頑迷で融通の利かない性格が仇となり、イーサンへの尋問中に背後から迫るジャックに気付けず頭部にシャベルを突き刺され惨殺される。 しかし彼の所持していたナイフとハンドガンは脱出を目指すイーサンの大きな助けとなった。 後に彼の遺体は全身に特異菌が繁殖した挙句、ルーカスの手で切断された頭部 がトレーラーハウスの冷蔵庫に、胴体は地下の解体室に安置され、それぞれイーサンへのメッセージまたはアイテムを隠したメッセージボード代わりに利用された。 1998年に発生したラクーンシティ事件の生き残りで、ラクーン市警察(R. 以前まではBSAA北米支部アルファチーム隊長だったが、本作では終盤に新生のヘリコプターでイーサンを救援に来る。 今作では新生アンブレラへ招かれ、部隊の指揮を執る。 劇中では「レッドフィールド」としか名乗らないが、エンディングのスタッフロールでフルネームが判明する。 本編の後日談を描いたDLC『Not A Hero』の主人公を務める。 筋肉質な体格であった『5』や『6』に登場した頃に比べて初期の作品に近い若干細身の体格となっているが、カウンターで敵を殴り飛ばすなど、卓越した腕力は健在。 『Not A Hero』ではルーカスを確保するため、またルーカスに拉致された先行隊員達を救出するためにパーナビー廃鉱へと潜入するもルーカスの罠によって隊員達は死亡してしまい、自身も左手にリモコン式爆弾を付けられてしまう。 爆弾を起動させられるも液体窒素によって機能停止させ、また仕向けられる罠を全てかいくぐりルーカスを追い詰める。 最後はクリーチャーとなって襲い掛かるルーカスにとどめを刺し、またエヴリンのデータを組織に転送される寸前で阻止し作戦を成功させた。 その後も事件の事後処理のために留まり、「End of Zoe」のエンディングではジョーとゾイを保護し、彼女の生還をイーサンへ伝えた。 後述のようにイーサンが行動する本編の時点では既に故人であり、本編で直接登場することは無いが、『発禁フッテージ』を含めたビデオテープの大半が彼の過去に起こった出来事を撮影したものであり、「番外編」での主人公と言える存在。 テレビ局のインターネット配信用オカルト番組「スーワ・ゲーターズ」の取材として、同僚のアンドレ、ピーターとともに3年前に空き家となったはずのベイカー邸に足を踏み入れ、ジャックに拉致された。 その後は、一時ピーターと一緒に監禁され、脱出を試みるもピーターは豹変したミアによって殺害され(VR体験コンテンツ『KITCHEN』)、自身はマーガレットによって彼女の寝室に監禁されてしまう(DLC『ベッドルーム』)。 その後、彼女の目を盗んでどうにか脱出に成功するも、ベイカー邸内を逃げまわった末にジャックに捕まり、モールデッド達が蔓延る地下室に放り込まれる(DLC『ナイトメア』)。 なんとか一晩耐え凌いで地下室からは脱出したものの、運悪くルーカスの実験場へ迷い込んでしまい、今度は彼に拉致、拘束される(DLC『21』)。 ルーカスが仕掛けてきた最初の殺人ゲームはなんとかクリア出来たものの解放される事なく、次のゲームに仕掛けられた罠に気付くことができず 、ゲームクリア直後に焼死した(ビデオテープ『バースデー』)。 なお、本編では実験場のとある場所で、彼と思しき焼死体がメッセージボード代わりに配置されている。 クランシーを含めたテレビ局クルー3名のフルネームは、ゲーム中のファイルで閲覧できる彼らの失踪記事にて確認できる。 インターネット番組「スーワ・ゲーターズ」の撮影の為に、ピートとクランシーと共に廃屋へ訪れるが、取材の最中に姿を消し、後に廃屋の地下で(恐らく)ジャックによって惨殺された状態でクランシーに発見される。 また、本編序盤に訪れる廃屋の地下の水路で彼と思われる遺体が、イーサンに発見されている。 愛称は「ピート」。 かつては有名番組のキャスター(アンドレ曰く「週末の代理役」)だったらしく、今もその栄光が忘れられないのか、「スーワ・ゲーターズ」の仕事を不服に思っており、スタッフのクランシーやアンドレに対してやや傲慢な態度をとる。 クランシー、アンドレと共に廃屋へ訪れるが、突然失踪したアンドレを探している最中にクランシーと共に拉致された模様で、VR体験コンテンツ『KITCHEN』にて、クランシーと共に拘束されていたところを目を覚まし、彼の拘束を解こうと試みるが、その最中にミアに襲撃され、必死に包丁で抵抗しようとするが、最終的に首を切断され殺害される。 ずた袋を被せられており素顔はわからない。 ルーカスに捕えられ、クランシーとブラックジャックで闘わされる。 1回目の敗北で右手の指を五本失う が、「家族のもとに帰りたい」という執念から再戦を要求。 2回目の敗北でルーカスが改造した最大出力の電気ショックを喰らって意識を失う。 その後、ルーカスの操り人形にされて無理矢理3回目の勝負をさせられるも敗北し、ルーカスが作った「スーパー残虐マシン」(通常版では爆弾、グロテスクVerでは丸鋸)の餌食となってしまう。 マシンが動き出した直後に目を覚ますも、「スーパー残虐マシン」の作動により死亡した。 家族がおり、娘の名前はメリッサ。 必ず生還して再会すると口にしていたが、この時点でホフマンは特異菌による感染が示唆され、人格に及ぶほど進行していた様子が描写されている。 名前や森を訪れた経緯については明かされない。 後のイーサン同様に『廃屋取材』での惨劇を観てしまい、幻覚に苛まれながらもモールデッドの追撃を躱して脱出。 地元警察に通報したが、デイビッド・アンダーソンが捜査を行ったところビデオテープなどの証拠品が見つからなかったことと、血液に微量の薬物が検出されたことから思い込み・妄想と判断され、捜査は打ち切られた。 リアクションボイスはイーサンの流用。 トラヴィス 廃屋や本館にあるファイルに名前がある人物。 イーサンが訪れる以前に恋人(あるいは妻)のコートニーと共にベイカー家に拉致され、マーガレットの料理を食べた事によって特異菌に感染し、本館地下の焼却炉の中に閉じ込められていた。 その後、中でモールデッドに転化し、閉じ込められていた焼却炉を開けたイーサンと対峙する オリバー ルーカスの幼い頃の友人。 本館にあるルーカスの日記に名前のみ登場。 ルーカスに対して「お前は頭の病気だ」とからかったことから、ルーカスに屋根裏部屋に閉じ込められ、そのまま餓死した。 屋根裏は、ルーカスによって簡単に入れないように工作されており、ジャックやマーガレットも気づかなかった。 ジャックの兄でゾイやルーカスにとっては伯父に当たる。 ベイカー邸近く湖畔の小屋で孤独に自給自足生活を送っていた。 生身の初老だがワニが生息する地域に居住を構えるだけあって秀でたサバイバルスキルを持っており、拳だけでモールデッドを退けてしまうほど腕っぷしが強く、(マーガレットが生んだクリーチャーではなく)野生の百足や芋虫、ザリガニと言った生物を捕まえては生で食して回復に回す などワイルドな一面を持つ。 反面、頑固で融通の利かない性格の悪さと世間から離れて近況に疎い面があり、ゾイを救出に来た隊員の説明を信用しなかった結果全滅させる原因になった上、近隣に住みながら3年以上もベイカー邸の異変に気付かずにいた。 ジャックに負けず劣らずの家族愛の持ち主で、姪であるゾイを助けるため治療薬を求めて奔走することになる。 スワンプマンの襲撃をかわしつつ、治療薬を手に入れるがスワンプマンによってゾイを連れ去られてしまう。 終盤、スワンプマンの正体が弟のジャックである事を知り動揺するが、ゾイを助けるためにジャックと対決する事を決意、途中でAMG-78を手に入れジャックが逃げ込んだベイカー邸へと乗り込む。 激しい肉弾戦の末、「昔喧嘩した時はいつも鼻っ柱を折っていた」という言葉の通り、別れの言葉を叫びながら最大出力のパンチを叩き込んでジャックを倒した。 そしてゾイに治療薬を使用し目を覚まさせる事に成功。 その後、治療を受けたゾイに「ジャックは最期までお前を愛していた」と告げた。 本部 クリスをサポートするアンブレラ社の女性で、名前は不明。 マルケス アンブレラ社の隊員の一人。 イーサンを保護した後、クリスよりも先にルーカスを確保するために廃鉱へ向かうが、逆にルーカスによって捕らえられる。 クリスが来たときには廃鉱の奥で首に爆弾を付けられて倒れており、助けることになるが、普通に助けようとするとトラップが作動するため、先にトラップを解除する必要がある。 助けられた後はクリスと共に脱出しようとするが、前述の爆弾が爆発したことにより死亡する。 その他、『The Beginning Hours』では、当初ベイカー一家では犬(この動物自体がクリーチャーとして設定されていたのかは不明)を飼っており、序盤の晩餐シーンにも参加させる予定だったが没にされたとコメントがある。 登場クリーチャー [ ] モールデッド 人型の真っ黒な体色に眼球のない、鋭く異様な牙と爪を持つ怪物。 エヴリンの操るカビ状の特異菌によって生み出された生命体である「カビ人間」。 感染者が転化しモールデッドへと変貌してしまう他、増殖した特異菌からも生み出されることがある。 生存本能による獰猛さと大型肉食獣と同等の戦闘能力を持ち、攻撃されると感染してしまうことになる。 頭部が弱点であるほか、身体の接合が非常に脆く、肩や股関節に攻撃を集中すれば容易に四肢を切断できる。 頭部を腕で守る行動が見られるが知能自体は低く扉の開閉が出来ない。 有料追加DLC『ジャック55thバースディ』では、頭に様々な種類の帽子を被ったややコミカルな出で立ちで登場する。 ゾンビやB. などさまざまなクリーチャーが登場した過去作と異なり、今作では基本的にボスを除けば等身大クラスではこのクリーチャーしか出現しないが、下記のような派生種が、ゲーム進行によって出現する。 ブレード・モールデッド 基本形の人型から右腕が刃状に変化した強化個体。 銃弾を弾くほど硬質化され、盾としても機能する武器となっている。 しかし関節は通常個体同様に脆いため、右肩を破壊して腕ごと刃を落とすことも可能。 廃屋と邸内で発見するファイルの内容から、イーサンが最初に交戦したのは彼以前にベイカー家に拉致され、脱出のヒントをメモに書き残したトラヴィスという男性が転化させられた個体であることが伺える。 クイック・モールデッド 過去作のリッカーなどのように壁や床を走り回る、四足歩行型のモールデッド。 俊敏な動きと高い攻撃力を併せ持つが通常の個体と比べて耐久力は低く、獲物を狙う際に一瞬動きを止める傾向が見られる。 ファット・モールデッド 猛毒の酸を放射する、肥満体のモールデッド。 各要所に中ボス的立場で現れる。 耐久力が凄まじくその姿からは想像できないほど突進力もあるため、かなりの強敵である。 人間(イーサン)や通常のモールデッドほどの身長に、さらに見上げるまでの背丈を持つ強力な大型個体が存在する。 『Not A Hero』では頭部と両腕がない個体が登場する。 プレイヤーに向かって走り、自爆する。 ダブルブレード・モールデッド 有料DLC『End of Zoe』に登場する頭部と両腕が刃状に変化したモールデッド。 フューマー 無料DLC『Not A Hero』に登場する白いモールデッド。 通常のモールデットよりも大型で体色が白く変色している個体。 体からは白い煙が立ち込めているのも特徴。 驚異的な再生能力を持ち、銃弾をただ打ち込むだけでは瞬時に再生してしまう。 ラムロッド再生阻害弾を撃ち込まれることで1発で仕留めることができる。 ママ・モールド 無料DLC『Not A Hero』に登場する白い体色と白煙を発するファット・モールデッド。 フューマーやファット・モールデットよりもさらに巨大な姿をしている。 フューマーと同じくダメージを与えても瞬時に再生するが、ラムロッド再生阻害弾を打ち込まれると再生機能を失い、以降は通常の銃器でダメージを与えることができる。 再生機能を失うと、体から発していた白煙も無くなる。 その巨体を生かした突進のほかにリトル・クロウラーを生み出すこともでき、ダメージを負った際にも周囲へ体液を撒き散らすため接近することは非常に危険。 再生を阻害された後も多くの体力を有する強敵。 食人虫 旧館でマーガレットによって使役される巨大な羽虫。 壁や床に張り付いており、近くで音を立てるとプレイヤーの周囲を飛び回る。 針で突き刺してくる他、腕に掴みかかれると振り解く為の動作で数秒間無防備になってしまう。 基本的にどの武器でも一撃で倒せ、静かに移動すれば気づかれないので駆除するのは容易である。 食人虫(幼体) 旧館各所にある巣や徘徊するマーガレットの体内から出現する食人虫の幼体。 幼体でありながらすでに成体に近い姿で羽虫本来の大きさからそれ以上まである。 成体同様に耐久力は無いに等しいが群れを成して飛びかかって来るため、まともに戦うにはバーナーのように広範囲へわたる武器が必要不可欠である。 食人蜘蛛 旧館の扉やゲージなどに張り付いている蜘蛛。 プレイヤーが近づくと跳んで攻撃してくる。 ミア・ウィンターズ エヴリンに操られ、凶暴化した状態のミア。 作中の選択肢によっては終盤でも戦うことになる。 エヴリンの支配と自身の自我が混濁した状態らしく、イーサンに対する自身の本来の想いとエヴリンによって強制的に植え付けられた殺意の言葉を投げかけ、包丁やチェーンソーで襲い掛かってくる。 終盤ではエヴリンがイーサンに見せる幻覚として、序盤の狂暴化したミアがフラッシュバックの中で襲ってくる。 ジャック・ベイカー 第一形態 本館で幾度となく遭遇し、イーサンを執拗に追跡してくる。 姿はただの人と変わらないが特異菌によって凄まじい怪力とほぼ不死身の再生力を誇る。 頭突きなどの肉弾戦の他、農機具などを凶器として振り回して攻撃してくる。 決戦の場となる死体保管庫では途中からチェーンソーを組み込んだ大型バサミを武器として使用してくる。 上記の通り、不死身とも思われる再生力を持っており、イベント戦を除いた館内を徘徊している状態ではいかなる手段を持ってしても完全に活動を止めることは不可能で、ある程度のダメージを与えて昏睡しても、攻撃を与えると即座に蘇生して活動を再開してしまう。 死体保管所での決戦では短時間に多大なダメージを負った場合は特異菌の新陳代謝が過剰活動を起こし、上半身から巨大な顔のような核が剥き出しの状態で現れて動けなくなる。 この核にダメージを受け続けると特異菌の新陳代謝に体が耐えられなくなり、自爆してしまう。 第二形態(変異ジャック) 上半身が爆散したにも関わらず生きており、特異菌の過剰代謝によって異常に巨大化している。 全身がドス黒い特異菌に覆われ以前の面影は頭部に僅かに残るのみとなっている。 特異菌によって形成された複数の腕を振り回す、頭部から胃酸を吐きかけるなどの単純な行動のみだが、どれもが大ダメージを伴う危険な攻撃である。 弱点は体の各所に形成された眼球であるが、それらを潰されても活動を停止せずイーサンに襲いかかる。 最期は血清を打たれたことで特異菌の代謝が停止し、全身を石灰化させて活動を停止した。 呼び名の「スワンプマン」は「沼男」の意。 大柄の人型で顔や四肢、体格等が辛うじてジャックの面影を残しているが全身はほとんどモールデッドのように変化して腐敗が酷く、口周りはグロテスクに無数の蟲が融合しており、当初は腐植土が変質したかのようなマスクで素顔を隠していた。 湖畔近辺に神出鬼没に出現しては、ゾイの身柄を狙って度々ジョーを襲撃する。 ゲーム中に見つかる調査報告で「ジャックの細胞組織のみがエヴリンの特異菌との適合によって他の家族のものと比較にならない驚異的な再生力を持っている」という情報が示唆されていることから、その正体は本来のジャックが損傷した際に切り離された肉片が何らかの形でジャック本体の形状と行動原理を模倣するまでに再構成が進んだ分離体の可能性もあるが、ゲーム中でも具体的な誕生経緯は不明でいつから存在していたのか定かではない。 本編のジャックと同様に脅威的な再生能力とタフさを持ち、パワフルな肉弾戦を駆使するほか、最終的にはオリジナルのジャックが見せなかったような軽快なフットワークや、体内の特異菌を変化させたような触手を瞬時に伸ばして中距離攻撃を仕掛けてくる。 最期はAMG-78を装備したジョーとの勝負の末に、最大出力のパンチを喰らわされて頭部が消滅し、肉体も石灰化して活動を停止した。 マーガレット・ベイカー 第一形態 旧館でイーサンを追跡してくる。 近接攻撃が主だったジャックと違い、所持しているランタンによって食人虫を操り遠距離から攻撃してくる。 しかし感染者特有の怪力と再生力も持っており、男性であるイーサンを軽々と投げ飛ばし、銃で数発打ち込んだだけではビクともしない。 決戦の際はイーサンを床下へ突き落とし、見下ろす形で大量の食人虫をけしかけてくるため、銃などの遠距離攻撃で応戦するか、一定時間経過するまで食人虫を退け続ける必要がある。 第二形態(変異マーガレット) 一度は倒れ伏したが特異菌の過剰代謝によって変異し、両腕が異常なほどに伸びた姿へと変貌した。 蜘蛛のごとく四つ這いで高速移動し、壁や天井を這い回ることができる。 長くなった腕で殴りつけてくる他、暗所で入り組んだ地の利を利用して天井や壁の穴からの奇襲や壁に張り付いた状態から飛びかかってくるなど非常に厄介な攻撃方法をとる。 また一旦姿を消し、自身の体内から食人虫を産み出すことがある。 炎に弱い他、股間部分に形成された球状の核が弱点。 攻撃を加えることで仰向けに倒れダウンするが手足をばたつかせて抵抗する。 倒すと特異菌の活動が停止し、石灰化して崩れ落ちる。 変異エヴリン E-ネクロトキシンを打たれたエヴリンが暴走を起こし変異した姿。 本作のラスボスである。 廃屋を覆い尽くすまでに特異菌を爆発的に拡散させ、自身も異様なほどに巨大化した。 もはや人としての姿形はなく特異菌によって形成された胴体の中央に顔が浮かんでおり、周囲から無数の触手が伸びている。 攻撃は伸びた触手で殴りつけてくるだけだがその巨体故に大ダメージを伴う。 最期は血清弾が装填されたアルバート-01(サムライエッジの改良版)によって止めを刺され、全身を石灰化させて活動を停止した。 彼女との戦闘は正面から迫ってくるのをただ迎撃し続けることで進行するため、過去作のようなラスボス戦ではなくエンディングを前にしたイベント戦闘という意味合いが強い。 ホフマン DLC『21』でブラックジャックをする相手。 ワニ 『End of Zoe』に登場する。 ベイカー邸周辺の湿地帯に生息する野生のワニだが、特異菌に感染している為か、身体に胞子のようなものが付いている。 接近すると即死攻撃を放ってくるため、素手攻撃で倒すことは出来ない。 リトル・クロウラー 無料DLC『Not A Hero』に登場する蛙のようなクリーチャー。 群体で出現し、対象に取り付いた瞬間に自爆してダメージを与える。 個体自体は貧弱で踏みつけただけで絶命する。 変異ルーカス 『Not A Hero』におけるラスボス。 クリスに奇襲をかけたつもりのルーカスが返り討ちに遭い、銃弾で致命傷を負わされたショックで体内の特異菌が臨界を突破して変異した姿。 クリーチャーへの変異は銃弾でダメージを受けたルーカスの肉体がネクロトキシンを注射されたエヴリンと同様に黒く溶解し、その後天井に作られた巨大な繭から産み落とされる形で出現する。 身体の質感はモールデッドや変異ジャックに近い黒いカビ状だが、両腕が異様に肥大化しており、頭部はルーカスがトラップやカラクリの道具として愛用していたピエロの人形に似た顔が3つ繋ぎ合わせたような形状をしている。 ルーカスの自我は残っているが、それまで得意としていた頭脳戦は用いずに、クリスやイーサン達への憎悪の言葉を口にしながら、力任せに猛攻してくる。 主に複数の巨大な腕に変異した右腕を振り回しながら攻撃してくる。 対して左腕は巨大な盾状に変異し、弱点である頭部や胸部を覆うことで守ることができる。 ダメージを負うと更に変形した上で大量の特異菌を撒き散らし、高性能フィルターでさえ防げないほど周囲を高濃度に汚染するが、最後はクリスによって無力化されたところを頭部を撃ち抜かれて沈黙した。 登場武器 [ ] 前作『6』ではオリジナルデザインの架空の銃が大半であったのに対し、今作では具体的な名称ではないものの、『5』までと同様に実銃の外観を持った銃器となっている。 また、本作では弾薬の売買システムが廃止され、弾薬の入手機会が低下している。 近接武器 [ ] デイビッド保安官補佐から護身用として手渡される、折り畳み式の。 リーチ、攻撃力共に貧弱で、戦闘に使用するには心許ないものの、弾丸の温存やロープの切断など様々な場面で活躍する。 通常時は切りつけの連撃となり、構え状態では一撃の威力は高いが隙が大きい両手での突き刺しとなる。 後半のとあるビデオイベントで初期装備として登場する他、イベント後の廃船ステージで入手できる。 ナイフと使い勝手は似ているが、こちらはリーチ、攻撃力共に高め。 DLC『Not A Hero』の初期装備である白兵戦用の軍用ナイフ。 本編に登場する各種ナイフよりも威力が高く、モールテッドに対してはかなり有効。 イーサン、ミアと比べて攻撃速度が速く隙が小さい。 通常時は逆手持ちでの2連撃となり、構え状態では順手での突き刺しとなる。 作業用の小振りの手斧。 体験版と序盤の一部イベントのみ使用可能。 ナイフに比べて振りが遅い反面、打撃力はやや高い。 伐採用の大型チェーンソー。 死体保管所でのジャック・ベイカー(第一形態)戦のみ使用可能。 その大きさと振動故に使い勝手にやや癖があるものの、攻撃力、リーチ共に非常に高い。 何度か使用していると電源が落ちる為、リロードボタンでエンジンを掛け直す必要がある。 一部ルートにのみ発生するあるボス戦でのみ使用可能。 黄金のバール DLC『ジャック55thバースデー』である条件を達成することで入手できる。 敵を攻撃すると燃える。 ナックル(ジョー・ベイカー) 『End of Zoe』の主人公ジョーの戦法にして彼の戦術。 両腕から繰り出されるジャブやストレートはモールデッドすら葬り去るほどの威力を発揮し、タイミングよく出せば連続ラッシュに移行する。 またエリアのバリケードすらも突破できる。 Advanced Multi purpose Gauntlet 78 略称は「AMG-78」。 DLC『End of Zoe』に登場するジョーの最強武器にして最終武器である手甲。 実際は兵器ではなく元々「運搬作業などをする際の効率向上」を目的とした腕力の増加とそれに伴う使用者の負担の軽減を行うために開発された道具だが、クリスの所属する部隊のケージから拝借したジョーは己の攻撃に転用した。 通常でも左手のパンチの威力が以前よりも増しているほか、拳に力を込めるとその神経に反応し、「チャージ開始」、「チャージ完了」という2段階の貯め攻撃が発動する。 ストーリー中、ジョー自身の素手でも破壊できない強化バリケードを破壊するのに装備は必須。 ハンドガン [ ] 一般的なまたはを用いる類。 これまでのシリーズでは序盤で手に入る事が多かったが、今作では(一部イベントを除いて)初めて入手できる機会が比較的遅い。 本作で標準的な性能のハンドガン。 デイビッド保安官補佐が所有していたもの。 装弾数が多めで速射性能が高いが、威力は低い。 ゾイの住居であるトレーラーハウスで手に入る壊れたハンドガンをリペアキットで修理する事で使用可能となる他、体験版と序盤の一部イベントでも使用可能。 装弾数が少なく連射も遅いが、威力はやや高い。 ミア操作時の廃船ステージで入手できる小型のハンドガン。 G17よりも装弾数が一発少ないなど性能は底辺であり、あくまでミアのサブウエポンというべき武器。 本編の最終ボスであるエヴリン戦でクリスが支援のために投げ落としてくれる銃器で、本作ではこの武器が最終ボス打倒の為の最後の切り札となる。 かつてが愛用していたサムライエッジをベースに新ユニットを追加した対B. 用特殊拳銃。 本編で使用できるのはエヴリン戦のみだが、血清弾を使用しているためかエヴリンを相手に絶大な効果を発揮している。 DLC『Not A Hero』ではクリスの初期装備として使用可能。 通常弾とラムロッド再生阻害弾の切り替えができる。 ゴールドブラスター DLC『ジャック55thバースデー』である条件を達成することで入手できる。 弾数は無限。 ブルーブラスター DLC『ジャック55thバースデー』のステージ内で入手できる銃。 時間内なら無限に撃つことができる。 敵に当てると止まる時間が増える。 レッドブラスター DLC『ジャック55thバースデー』のステージ内で入手できる銃。 時間内なら無限に撃つことができる。 持っていると足が早くなり、敵に当てると燃える。 ショットガン [ ] 近距離で大きな威力を発揮する銃で、広範囲に弾をばら撒くため複数の敵を同時に攻撃できるが、距離による威力の減衰が大きい。 ハンドガンよりも弾の入手機会が限られている。 本館のホールに飾られており、取得するために仕掛けを解かなくてはならない。 装弾数はやや少なく、一発毎にポンプアクションを挟まないとならないために連射速度が遅いが、一撃の威力がハンドガンより遥かに高く、また近距離でヒットさせれば敵を大きく怯ませることができる。 ショットガンM21 本館で手に入る壊れたショットガンをリペアキットで修理する事で使用可能となるが、序盤では上記のM37を入手する為の仕掛けを解く鍵として使用するため、武器として使用する事が可能となるのは中盤に手に入るあるアイテムを入手した後になる。 しかしこのキーアイテムは高難易度モード「Madhouse」では序盤に入手可能となっており、早い段階で扱えるようになる。 一撃の威力がM37よりも高く、射程も少し長く、ポンプ操作を挟まず2発を素早く連射できるのが利点。 反面、装弾数が2発のため頻繁なリロードが強いられる。 アルバート. モデル02 "トールハンマー" DLC『Not A Hero』に登場する高威力で連射力も高いセミオートショットガン。 アンブレラの制式採用銃。 アルバート-01と同じく、アルバート・ウェスカーの残したデータを元に開発された対B. 戦用特殊銃。 マガジン式であるため装弾数が多く、リロード速度も早い。 その他の銃器・兵器 [ ] 極めて強力なを用いる大型の拳銃類。 専用の44マグナム弾を用いる。 今作ではゾイが保管していたオートマチック式の一種類のみであり、過去作で登場したリボルバー銃は登場しない。 威力は高く、特にヘッドショットまたは弱点への攻撃を加える事で絶大な効果を発揮する反面、弾薬の入手機会が極めて少ない。 榴弾を発射する武器。 本作で登場するのは、ルーカスがガラクタや廃材から弾薬を含め自作したものと思われる即席品。 装弾数は1発のみで、弾自体の入手数が少ない上に弾の調合にも希少な「薬液(強)」が不可欠。 また、本作では種類が焼夷弾と神経弾の二つと少ない。 しかし、ショットガンを上回る威力と弾の特性から、扱いようによってはどの銃器より有効な武器にもなり得る。 焼夷弾 グレネードランチャーに装填する可燃性の薬剤が詰まった赤い弾頭の通常弾で、下部には魚が描かれた缶詰のようなラベルが貼られている。 着弾時に燃え上がり、炎が弱点の変異マーガレットに対しては非常に有効。 神経弾 グレネードランチャーに装填する神経に作用する劇薬が詰まった緑色の弾頭をした特殊弾で、こちらは下部にワニが描かれたラベルが貼られている。 着弾と共に撒かれる神経ガスは変異生物であろうと一定の間、活動を停止させられる。 後半のとあるビデオイベントで初期装備として登場する他、イベント後の廃船ステージで入手できる。 撃った際の反動による手ブレが激しいので照準がずれやすく、一発の攻撃力はハンドガンより低いが、連射することで相手を足止めしながら実用的に大きなダメージを与えることができる。 旧館で手に入る特定のパーツを組み立てる事で使用可能となる。 のグリップやブレーキなどのガラクタで作られた即席品で、グレネードランチャーと同じく設計図が見つかる事から、恐らくこれもルーカスが自作したものと思われる。 これまでのシリーズに登場したに相当し、弾薬ではなく式の燃料を消費する。 連続的に炎を噴射し延焼による持続ダメージを与えるも威力自体はさほど高くなく、燃料の消費が激しく射程距離が短い事も同様。 ただしその性能上、変異マーガレットや彼女の操る食人虫に対しては最も有効的な武器となる。 リモコン爆弾 後半のとあるビデオイベント内とイベント後の廃船ステージ以降、入手可能となる。 設置後、リモコン操作する事で爆破する事が可能。 爆破前なら再回収することも出来るが、この装備のみ無限弾薬の効果が及ばない。 手榴弾 『Not a Hero』で使えるクリス専用武器。 爆発によるダメージを与える通常のグレネード弾、炎上発生の焼夷グレネード、神経ガスを発生させる神経グレネードの三種類。 投げ槍 『End of Zoe』にのみ登場するジョーの専用武器。 主に床やなにかに「刺さっている状態」で見つかる場合が多いが、材料でクラフトすることも可能。 前方の標的に勢いよく投げつけて攻撃する。 格闘主体のジョーにとっては貴重な飛び道具であり、大抵の敵を一撃で仕留められるほど強力だが、床や壁などに当たると再回収出来る反面で、一度敵に命中すると消滅してしまうので基本的に使い切りのアイテムでもある。 ステイクボム 『End of Zoe』に登場するジョーの手製爆弾。 自作なのでデザインは無骨だが、用途や威力は上記のリモコン爆弾と類似する。 クリア特典 [ ] ストーリーモードでは難易度を問わず、4時間以内でクリアすると入手可能となる。 リーチがナイフと同等に短く、振りも遅い反面、チェーンソーと同等以上の威力を誇る。 チェーンソーとは違い、何度使用しても電源が落ちることは無い。 威力は「AMG-78」に劣る。 難易度Casualでは入手出来ない。 所持しているだけでエクストリームチャレンジのタイマーが少し早く進む。 Advanced Multi purpose Gauntlet Dual 『End of Zoe』の難易度Joe Must Dieのクリア特典。 略称は「AMG-Dual」。 両手で攻撃することができる。 所持しているだけでエクストリームチャレンジのタイマーが非常に早く進む。 ムラマサ 『End of Zoe』エクストリームチャレンジのクリア特典。 アルバート-01R ストーリーモードでは難易度を問わず、クリア特典として使用する事が可能となる。 上記のアルバート-01のレプリカモデル。 通常のハンドガンを大きく上回る性能を誇り、装弾数はたったの3発と最少であるが、強装弾を使用すればマグナム並の攻撃力を発揮する。 ゲームの舞台 [ ] ベイカー農場 の架空の街 ダルヴェイ郊外に位置する本作の舞台。 本館と旧館、かつては飼育場だったと思われる実験場、沼地のボートハウスなど、複数の建物によって構成されている。 本編の3年前である2014年に主のジャックがアナベル号の漂着現場に倒れていたミアとエヴリンを保護し、ワケありの親子連れと思い家に迎えたことが惨劇の連鎖を引き起こす結果となる。 やがて「家族」を求めるエヴリンによって一家全員が特異菌に感染してしまい、異変にいち早く気づいた長女ゾイを除いて全員が精神を乗っ取られたことにより訪れた人間を次々と囚えていく魔の巣窟となる。 以降、敷地内と隣接する森には黒い幽霊(モールデッド)が出没するようになる。 当然、失踪事件や幽霊の調査は行われたが巧妙にカモフラージュされてしまい、地元警察の努力も虚しく、外部まで異常が伝わらないままに事態は悪化の一途を辿っていく。 当初は「家族」として囚えられた人々もやがては感染しモールデッドへと転化、もしくはベイカー一家の猟奇的な暴行によりその全てが死亡している。 事件後は敷地周囲に隔離壁とアンブレラの野営地が設置され、特異菌の解析と治療薬の開発が行われていた。 しかし隔離壁外であっても特異菌の汚染は深刻で、沼地にはいたる所に特異菌の塊が散見され事件後もなおモールデットが複数発生し、アンブレラの隊員達に犠牲者が出ていた。 本館 ベイカー農場の中心部にあるベイカー一家が居住している屋敷。 地上2階・地下1階建て。 中央のホールを挟み、非常に広大かつ入り組んだ造りといった『1』の舞台となった洋館を思わせる構造となっている。 ベイカー一家が感染して以降、屋敷の至る所が特異菌であるカビの塊に汚染されている。 また、これまでのシリーズ同様に多くの扉が施錠されており、それらの鍵を開けるのに扉に貼り付けられた剥製と同じ動物の鍵『蛇』『蠍』『カラス』が必要とされる部屋がある。 他にも旧館や実験場などに入る為のアイテムが隠されている場合があり、他のエリアに行き来できるようになって以降も頻繁に戻ってくる必要がある。 地下には後述の加工場が設けられている他、2階にはかつてルーカスが使っていた子供部屋があり、彼が自作したからくりを起動させる事で屋根裏部屋に登る事ができる。 中庭へ続く出口はホールの扉のみであるが、外へ出る為には屋敷の各所に隠された3つの魔犬のレリーフが必要とされる。 改築には『1』の洋館を設計したジョージ・トレヴァーとの関連性を示唆させる「トレヴァー&チェンバレン建築設計事務所」が携わっていた。 加工場 本館地下に広がる解体作業場や死体保管所などを備えた広大な施設。 地上とは比べ物にならないほど特異菌による汚染が酷く 、モールデッドが多数徘徊している。 ベイカー家に拉致された人間をここで転化させたり解体しているらしく、至る所に人肉や死体袋、元は家畜であろう牛の無惨な姿が置かれている。 旧館 本館から中庭や森を挟んで離れた場所に位置するもう一つのベイカー家の邸宅。 本館同様に地上2階・地下1階建ての構造だが、特異菌の汚染に加え、3年前にベイカー一家がエヴリン達を保護する直前に発生していたによる暴風雨の被害を受けていた事もあって、本館以上に荒廃しており、屋敷全体が半壊した廃墟同然の状態となってしまっている。 旧館の近くに位置する温室。 旧館同様に暴風雨の被害を受けた為か、半壊状態となっている。 旧館でイーサンに敗れた後、変異を起こしたマーガレットとの決戦の舞台となる。 初めて訪れる際には旧館から床下の隠し通路を通って向かうが、門を開く事で中庭からも行き来が可能となる。 中庭 ボートハウス、廃屋を除くベイカー農場各施設を繋ぐ場所で、作中で最も頻繁に行き来する事となる。 トレーラーハウスの他、ルーカスの実験場や、旧館に続く桟橋への出入り口などがある。 トレーラーハウス 中庭の一角にあるゾイの住居。 かつては物置として使われていたが、ベイカー一家が豹変して以降、ゾイはここを活動拠点に治療の糸口を探っていた。 その為、室内にはアイテムボックスやテープレコーダーや複数のアイテムが置かれ、実質セーブハウスとして機能されている。 実験場 中庭に隣接されたルーカスが自作したトラップや拷問具の性能を試すついでにベイカー一家に拉致されてきた者達を加虐する為の拷問施設。 派手なイルミネーションで彩られたり、白いペンキが撒かれたり首のないマネキンが多数配置されるなどの異常な装飾の施された部屋や、通路の至る所にワイヤー式の地雷や爆弾の仕組まれた木箱などの危険なブービートラップが仕掛けられ、施設の一角にはクランシーと思われる焼死体が安置されている等、ルーカスの常軌を逸した精神や嗜癖を連想させる構造となっている。 最深部にはルーカスの監視部屋があり、そこからボートハウスへと続く桟橋に出る事ができる。 施設内の一部の設備から元は家畜の飼育場だった事が察せられる。 ボートハウス ルーカスの実験場から続く水上の桟橋を通った先にある沼地に面した小屋。 イーサンはこの場所でゾイと初めて対面する他、完全にクリーチャーへと変異したジャックとの決戦の舞台となり、ジャックを倒した後、ミアかゾイのどちらかとここに隣接した船着き場からボートで脱出する事となる。 廃屋 ベイカー農場の外れに位置する一家がかつて住んでいたという住居のひとつ。 イーサンがベイカー農場で最初に訪れる他、過去にはクランシーらテレビ局クルーが取材に訪れたり、ジャックに拉致された男性(体験版の主人公)が監禁されるなど、それぞれこの場所から災厄に巻き込まれていく事となる。 地下にはルーカスが自我を取り戻して以降、エヴリンの監視や謎の組織との連絡の為に使っていた研究室があり、パーナビー廃鉱と地下で繋がっている。 終盤ではパーナビー廃鉱を通って再度訪れ、エヴリンとの最終決戦の舞台となる。 アナベル号 全ての惨劇の発端であるバイオハザードが発生したタンカー船。 名称は廃船内に飾られた絵画で確認できる。 「船長の親戚である家族連れの客」という名目でミアとアランによるエヴリンの護送に利用された。 アランのミスによってエヴリンが暴走状態のまま逃亡し、船内と船員達を特異菌で汚染する。 やがて爆発事故を引き起こし、感染を免れた船員も皆嵐の海に投げ出されてミアを除き消息不明、事実上全滅した。 その後、大破した状態でベイカー農場付近の沼に漂着し以降はそのまま放置されている。 内部は至る所に船員だったであろうカビの塊がオブジェの様に佇む異様な空間にモールデッドの巣窟と化している他、事件発生から3年経った2017年の間も電力は生きている。 パーナビー廃鉱 ベイカー農場が位置する森の地下に広がる空間。 かつては塩鉱として機能していた様だが、地盤が脆く事故が多発していた事が記録されており、閉鎖されて久しい。 謎の組織が密かに研究所を建設し、エヴリンの監視と記録を行っていた。 入口前の休憩小屋には何者かが生活していた痕跡があり、内部の坑道には組織と通じていたルーカスが仕掛けたトラップ(ワイヤー式の地雷)がある。 血清によってエヴリンの支配から逃れたルーカスが秘密裏に組織と通信を行っていた。 奥はさらに広大な坑道が広がっているが特異菌を培養する研究の影響で地上とは比較できないほど高濃度に汚染されており、高性能フィルター等を使わなければまともに立ち入ることができないエリアも多く様々な形態のモールデットが複数徘徊している。 研究所 パーナビー廃鉱の最深部に存在する大掛かりな研究施設。 組織によって設置されたものらしく、ルーカスと組織側の研究員数名によって特異菌の研究をしていた。 組織の意向によりルーカスが責任者として運用していたが、組織の研究員達はルーカスの奇行を告発しようとした際にルーカスによって殺害され、以降はルーカス単独で運用されていた。 用語 [ ] コデックス 序盤にゾイによってイーサンの腕に取り付けられる腕時計型の装置。 イーサンの体力を波形によって表している他、エヴリンに関する様々なボックスを開錠することが可能。 正式名称は「ゲノム・コデックス」。 エヴリンを開発した組織によって作られた物で、本来はエヴリンの位置情報やバイタルサインを表示し監視するための装置で、所持者同士での通話も可能。 E型特異菌 エヴリンを開発した組織によって発見されたカビに酷似した新種の真菌。 本編中では単に「特異菌」と呼ばれる事が多い。 見た目は粘性を持ったドス黒いカビでエヴリンによって自在に操られる。 感染者の体組織を養分として徐々に細胞を特異菌のものへと置換していき、脳幹へ達すると完全にエヴリンの支配下に置かれ最後には完全に自我も喪失してしまう。 感染初期からエヴリンの幻覚や幻聴を発症し、またその影響で性格や言動が徐々に豹変していくが、過去作に登場した「ジュアヴォ」同様に感染前の知能は、ほぼ完全維持されるため、一見未感染の時となんら変わりない日常生活や行動をとる事ができる。 しかし、、衛生観念の欠如など、通常の人間と比べると明らかに異常と解る部分も見受けられる。 同様に感染者を支配する過去作の「プラーガ」との大きな違いは、上記の様に脳幹等への物理的な変調もあるものの、幻覚や幻聴を見せることによる「精神的な蝕み」が人格の改変への影響が大きい。 その様子をイーサンの精神世界に現れたジャックは「心を完全に支配するのではなく、無理矢理心の中に入り込み、自分の感情を抑えられなくなる」と説明していた。 また、ベイカー一家のように理性を残した特異菌感染者の特徴としては、エヴリンの影響で「家族」という概念に盲信しているが故に、「家族」の一員であるエヴリンの思想を肯定する一方で、「家族」として存在する自身の立ち位置に執心してしまうという傾向がある。 実際に作中でイーサンやミア、クランシーを「家族」に取り入れようと襲ってくるジャックとマーガレットは、度々「父」や「母」である自分の立場が危うくなる矛盾に葛藤したり、理不尽に逆上する場面が見られ、兵器として必要な制御面、特に統制力や連携性の不安定さが「プラーガ」に比べるとデメリットな面と言える。 菌による新陳代謝によって身体能力の向上や切断された四肢でさえ自然接合するほどの再生力を得るが、特異菌の感染が全身に及ぶと人の姿を逸脱した姿へと変異してしまう。 ベイカー一家のように完全に人の姿を保っている場合もあればモールデッドのような異形の姿に変わってしまう者など個人差があるようである。 また適性がない者は感染していく過程で死亡してしまう。 感染初期の自我が保たれている段階でも感染した時点で生殺与奪をエヴリンに握られており、言動も全て伝わってしまうため感染者は基本的にエヴリンに逆らう事が出来ない。 しかしイーサンやゾイに対して感染していても支配できない、ルーカスの感染している演技に気付かないなど、支配自体は完璧とは言えない。 被験体 エヴリンの他に生物兵器として開発されていた者達。 特異菌のゲノムをステージ4以降のヒト胚に組み込み、38~40週の培養によって開発された。 開発途上で性能不良が発見されたものはA~Dのナンバリングがされ、全ての課題をクリアしたエヴリンのみE型被験体と呼ばれていた。 共通点として10歳前後の少女の外見をしており、これは都市や難民などの社会集団に紛れ込ませるのが容易であるからとされる。 なお、組織は被験体(エヴリン)の護送の際には父親役(アラン)、母親役(ミア)の2名の同伴を推奨している。 これは周囲に一般的な「家族」であると偽装させるとともに、親という立ち位置を設けることで被験体にある程度の服従心を擦り込ませる意図があるとされる。 血清 特異菌の新陳代謝を停止させ石灰化させる血清。 感染者に投与することで体内の特異菌を排除しエヴリンの精神支配からも脱することが可能だが、感染が全身に及んでいた場合は感染者自身も死亡してしまう。 精製には他の被験体の脳神経と末梢神経が必要で、作中ではミイラ化したD型被験体の頭部と腕が使用された。 E-ネクロトキシン エヴリンを殺処分するために開発された壊死毒。 エヴリンの体組織に他の被験体の体組織と血清を組み込むことで精製することができる。 即効性で被験体に打ち込むとすぐさま嘔吐し、短時間で死亡する様子が作中の資料写真で記録されている。 組織と内通していたルーカスが万が一の手段として用意していたらしく、作中でイーサンはもぬけの殻と化した彼の隠れ家に安置されていた生成装置をコデックスで起動させることで作り出した。 かつてアルバート・ウェスカーが所属していた組織。 研究所に残されていた書類からエヴリンの開発に関わっていたことが判明するが、初登場した『CV』から15年以上経っている今作でも正体は未だ謎に包まれている。 作中2007年に旧アンブレラの退職者たちによって創設された新生アンブレラ。 製薬企業ではなく対バイオテロ専門のとして創設され、企業理念も「アンブレラの罪の清算」として所属隊員達に周知しており、贖罪の意識の表れとしてあえて悪名高いアンブレラの名前を企業名としている。 活動は世界に拡散された生物兵器の根絶、また生物兵器を扱う犯罪者達の捕縛であり、今作でもB. に対してクリスを作戦顧問として招聘し、ルーカスの確保と関連が疑われる組織「コネクション」との調査が行われている。 しかし、クリスは旧アンブレラの職員が在籍している事や、アンブレラという企業名そのものに懐疑心を抱いており、完全には信用していない。 コネクション 生物兵器の闇市場において世界的に暗躍する犯罪組織。 エヴリンを開発した組織として強く疑われているが、規模や人員、拠点などは判明しておらず謎も多い。 DLC [ ] ゲーム本作購入後、公式サイトにてダウンロードできる追加コンテンツ。 発禁フッテージ(Banned Footage) 「ベイカー家で発見されたビデオテープ」という名目で、本編とは異なる屋敷で起こった過去の事件を追体験するミニゲーム。 操作方法は本編と同じであるが、各々に独自の要素やルールがある。 ナイトメア 主人公はクランシー。 ゲームのジャンルとしてはサバイバルゲーム。 「拉致された深夜の地下室で夜明けまで生き残る」という名目で、エリア内を動きながらクリア条件達成まで現れ続けるモールデッドやジャックを退ける。 フィールドには計4か所「粉砕機」というオブジェクトがあり、起動させると微量の瓦礫を出し続け、それを回収した量に応じて開始地点にて「作成」ができる。 「作成」は主に銃器や弾薬を作る「アイテム」と、銃器や粉砕機の性能を上げる「スキル」の2種類があるが、中には2回目以降の作成の消費量が増加しているものもある。 またエリアの特定の位置に敵を足止めしたり攻撃を補助するトラップがあり、一定量の瓦礫を消費することで作動させることが可能。 設定上では午前0時から5時までの1時間ごとの計5段階のステージに分かれており、1時間ごとのリザルトでも瓦礫が報酬で入るが、時間を経過するごとに難易度が上がっていく。 ベッドルーム 主人公はクランシー。 ゲームのジャンルとしては脱出ゲーム。 マーガレットによって拉致された部屋中の謎を解き、最終的に部屋の隠し通路から逃げ出せばクリア。 大雑把にゲームの本質を言えば「だるまさんがころんだ」の要素を含んでおり、探索中に必然的に発生してしまう騒音(柱時計の時報、ワインボトルの破裂音等)を察知したマーガレットが部屋に戻ってくるまでに「探索の一環として移動させたり持ち出したアイテムを(少なくともマーガレットの視野に入るものを)初期位置に戻す」、「ベッドに戻って拘束されたふりをする」の条件を満たさなければマーガレットに逃げ出そうとしていたことを勘付かれ、ペナルティとしてダメージを受けたり、ゲームオーバーになってしまう。 イーサン マスト ダイ 主人公はイーサンだが、本編とは一切繋がりが無い独立した高難易度ゲームで、VR非対応。 モールデッドたちの魔の手を掻い潜りながらベイカー邸を探索していき、最終エリアで待ち構えている変異マーガレットを撃退するとクリア。 タイトルに違わず本編以上の高い難易度で設定されており、「アイテム位置がランダム」「敵の攻撃を1~2発受けただけで死亡する」「アイテム木箱がランダムに爆弾に置き換わる」などいくつかのプレイヤーを苦しめる制約がある。 21 主人公はクランシー。 ゲームのジャンルはカードゲーム(ブラックジャック)。 自分と同じくルーカスに拉致されたホフマンという男性と対面し、強制的にブラックジャックをさせられる。 カードは通常の数字カードの他にも、様々な効果を発動させる「スペシャルカード」があり、戦況を左右する。 ゲームは計3セットでそれぞれにペナルティとして拷問器具や処刑器具が用意されており、ゲームに負けた段階でいずれかの餌食になってしまう。 拷問器具および処刑器具は通常版とグロテスクVerで異なり、1回戦は通常版が指をへし折る器具でグロテスクVerは指切断機。 2回戦は双方とも感電装置、3回戦はルーカスが「スーパー残虐マシン」と名付けたもの。 通常版は爆弾でグロテスクVerは丸鋸となる。 感電装置を仕掛けた2回戦では、電流メーターが最大値の状態で負けるとゲームオーバーとなるが、ドローでも電流の餌食となるため、最大値の状態になった場合は勝利しない限りゲームオーバーとなってしまう。 クリアすると「Survival」モードが解放される。 拷問器具は1回戦の器具のみが用いられ、5回ミスする前に5人に勝ち抜けばクリアとなる。 2回戦の感電装置のみが拷問器具として用いられ、プレイヤー側の電流メーターが10になる前に10人の相手に勝ち抜けばクリアとなる。 ドウターズ 主人公はゾイ。 本編の前日談と言える3年前のストーリーで、「ごく普通の一般家庭だったベイカー一家が如何にして豹変したか」という本編で語られなかった真相が描かれている。 序盤は平凡な家庭として屋内を移動するが、途中からは感染してしまったマーガレット、そしてジャックに捕まらないように脱出する方法を探索しなければならない。 クリア条件としてはプレイヤーのプレイ内容によって本編との繋がりがあるものと、逆に繋がりがなく独立したもの(いわゆるバッドエンド)の2種類がある。 ジャック 55th バースデー 主人公はミア。 『イーサン・マスト・ダイ』と同様、本編と一切関係がないミニゲームで、VR非対応。 「55歳の誕生日を迎えたジャックを祝う」という形で、拠点のテーブルに構えているジャックに、フィールド内に配置されている料理やドリンクを運んで食べさせる。 本編や他のDLCとは異なり『バイオ』の特色であるホラー要素を一切廃した「おふざけ」な構造であり、「祝ってもらうジャックが鼻眼鏡と帽子を被って空腹に駄々をこねる」、「本編と異なりミアがハイテンション」、「モールデッドたちが帽子やヘルメットを被って申し訳程度のコスプレをしている」、「銃器の発砲の際に軽快な効果音を鳴らしながら紙吹雪が舞う」など極力コミカルな雰囲気が徹底されている。 制限時間以内にジャックの満腹度を達成させるまで料理を食べさせるのがクリア条件だが、モールデッドを倒すごとに「ボーナスタイム」が発生し、その時間が0になるまでメインのタイムは減少しない(最高クラスでクリアするためにはメインタイムを5~10秒程度しか減らさずにクリアする必要があるため、ボーナスタイムを稼ぐことが極めて重要となる)。 また一部の施錠されているドアは、同じ錠前の蛍光色をしたモールデッドを撃退すれば通過できるようになる。 ミスターエブリウェア人形を壊せば、蓄積されたボーナスタイムが2倍になる。 なお、ゾイとルーカスはヒントとなるメモを残すにとどまっており登場はせず、マーガレットは通常体・変異体ともにモールデッドに混じってクリーチャーとして出現する(モールデッド同様蛍光色になっており、鍵の役目を果たす) 料理アイテムは他の銃器・スキルなどと所有枠を共有するため、アイテムのバランスも重要。 また、料理は特定の組み合わせでよりジャックを満足させやすい上級料理へのCRAFTができる。 ここで集める料理は本編のマーガレットが調理したような所謂「ゲテモノ」とうって変ってまともな料理であり、「はずれ」として配置されている「生ごみ」をジャックに食べさせるとあまりの不味さに吹き出してしまう。 なお、回復薬も同様。 ちなみにトロフィー「ミラクルシェフ」を達成するには吐き出してしまうようなものも含めた単体料理と上級料理全てをジャックに食べさせる必要があるほか、生ごみは砂糖と合わせることでジャックの満腹度をもっとも上げる最高の料理「ベイカースペシャル」を作成可能。 Not A Hero(ノット ア ヒーロー) 2017年12月14日に配信。 主人公は。 時間軸は本編終了直後。 イーサンとミアの保護・移送を見送った後、コネクションへの内通者であるルーカス・ベイカーの確保及び、先行して交信が途絶えたアンブレラ隊員3名の捜索・救出の為にルーカスが逃げ込んだパーナビー廃鉱最深部にクリスは単独で突入する。 End of Zoe(エンド オブ ゾイ) 2017年12月14日に配信。 時間軸は一番最後(本編から数週間後)に位置し、ジャック・ベイカーの兄であるジョー・ベイカーを主人公とした後日譚。 ジョーを操作し石灰化しかかっているゾイを助けるため奔走する姿を描く。 終始銃器を持たず、手に入れる武器も狩猟用の投げ槍や即席で作る爆弾のみのため、基本的には鍛えられた体による徒手空拳を駆使して徘徊するモールデッドを退けながら探索する。 素手による肉弾戦が主となる他、背後から気付かれずに攻撃することで一撃で仕留めることができる。 序盤はゾイを治すための治療薬を求めてアンブレラの野営地を探索し、後半はゾイを連れ去ったスワンプマンを追跡していくことになる。 主なスタッフ [ ]• プロデューサー - 川田将央• ディレクター - 中西晃史 音楽 [ ] 本作の主題歌には、 (: )のプロデュースにより、フランス発祥と言われている伝統音楽『』をダークテイストにアレンジし、独自の歌詞を入れたものを使用している。 主題歌の歌手はマイケルらが行ったオーディションの中で100人近い候補者から選ばれた (: )。 本来、この主題歌の企画はアメリカのロス内で仕上げる予定のものだったが、ジョーダンがイギリスのロンドン在住だったため両都市間でネットによる遠隔収録が行われた。 なお、この楽曲が本作の主題歌として使用されることは極秘事項で歌唱を担当したジョーダンにも伏せられており、当初は「誰もが知るフォークソングを不気味なイメージで歌う」としかオファーを受けておらず、依頼完遂後に知らされて興奮したという。 評価・受賞歴 [ ] カプコンの海外投資者向け資料において発表された本作の将来的な最終目標販売本数は全世界1000万本であるとされ、販売開始数週間の時点で300万本出荷を突破。 国内向け決算資料においては「おおむね順調に推移した」とコメントされた。 2020年3月31日時点、累計出荷本数は750万本。 「閉ざされた空間からの脱出」というシリーズの原点に戻り、恐怖と面白さを追求した演出と美しいグラフィックがプレイヤーから高い評価を受け「サバイバルホラーの最高傑作」として賞賛され 、多くの賞を受賞した。 また、アイソレートビューとプレイステーションVRを組み合わせることで、より没入感のあるプレイができる点も高く評価されている。 2016• フューチャー部門• 日本ゲーム大賞2017• 年間作品部門・優秀賞• 2017• ゴールドプライズ• ユーザーズチョイス賞• CEDEC AWARDS 2017• モデル01 アルバート. モデル01P トールハンマー アルバート. モデル02 関連項目 [ ]• - 有名な台詞である「」は、クランシーの台詞に由来する。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『アンブレラコア』の国外版では、シリーズで始めてタイトルに『Resident Evil』が付けられていなかった。 難易度「Madhouse」では配置場所や数が異なる。 『4』の場合は全コイン破壊の報酬で専用の銃器を入手し、『6』の場合は破壊するごとに閲覧ファイルが追加されていた。 チェーンソーで切断された左手首が大型ホッチキスで留めるだけの簡単な処置で不完全な状態ながらも再接合し、イベントによっては足を切断されても液状の治療薬をかけるだけで完全に回復する。 ミアに血清を使用した場合は、ゾイを置いていくことになるため、彼女の生死は不明となる(少なくとも、本編では生死がはっきりと判らないまま終わる)。 なお、血清をゾイに使用した場合は、効力を発揮する前にエヴリンによって特異菌を活性化させられて殺害されてしまい、ミアも血清を打たれなかった事で感染が悪化し、後に廃船において完全に倒さざるを得なくなるため、実質BAD ENDとなる。 治療後は石灰化の後遺症からか、髪の色が黒から白に変わっている。 イーサンをはじめ、食べさせられた者達の反応や、台所で見つかるとあるファイルの内容からが用いられている事が伺える。 『Welcome to the Family』によると、作中の代表的なシーンであるTAPE2「ベイカー家」の食事シーンでも当初はジャックとマーガレットの熱愛の様子を取り入れていたが、作中で目指すホラー要素の方向性と異なっていたので没としたらしい。 自身の狂行を告発しようとしたコネクションの研究員の行動を見抜いて彼らを『事故』を装い始末している。 クランシーを陥れて殺害した一部始終をビデオテープに記録していたが為に、結果的にイーサンに自身の実験場を突破するヒントを与える事になったり、クリスに仕掛けた罠が発動後、その生死を確認しないままコネクションにクリスを始末したと報告し、それを傍受された事で自身の潜伏場所が発覚してしまう等。 イーサンの精神世界に現れたジャックが「自分やマーガレット、 ルーカスも、本当はイーサンを殺したくはなかった」と説明している事から、父親をはじめ、他のベイカー家の人間の前では常人を装い、誰もルーカスの異常性に気づいていなかった模様。 先行映像「ベイカー家」では、食事中に行儀が悪かったところを憤慨したジャックによって片腕を切り落とされるが、それほど意に介してはしていなかった。 海外版ではその際に顔が真っ二つに両断される。 上半分(ジャックにシャベルを突き刺された箇所)には特異菌が大量繁殖し、半ばモールデッド化した状態になっている。 グロテスクVer. を含めた日本版では冷蔵庫内には彼の顔写真が代わりに入れられ、頭部も解体室の遺体と繋がったままで安置されている。 『Not A Hero』終盤にて、クリス抹殺に成功したと思い込んでいるルーカスが、組織へのメール中に「あの筋肉バカ」と愚痴をこぼす場面が存在する。 運搬の妨げになるスプリンクラーを停止させて着火したままの蝋燭をケーキに立てる事が目的。 ルーカスは「辛くて苦しい死に方をしたくなかったらここから脱出しないとゲーム」という仮称を付けていた。 グロテスクVerではこの展開になるが、通常版は拷問器具が 指をへし折るものに変更されているため、右手の指を五本 折られるという展開に変更。 実際にこれらの生物は回復薬の材料としてクラフト可能で、そちらの方が直に食べるより回復量が多い。 日記によれば野に放たれたモールデッドと遭遇することが幾度か過去にあったようだが、何故「家族」に執着していた筈のジャックたちも今まで血縁者の彼に直接干渉しようとしなかったのかは不明。 肉体の液状化から繭になるまでの過程はカットされている。 左手のみしか使えないが近くにもうひとつ右手用のAMG-78が入っていたケースがあり、何者かに持ち去られている。 とある場所でこの武器の設計図が見つかる他、弾薬を調べると下記のように手製を思わせる外装などが確認可能。 自身の劣化に動揺したエヴリンが大量の特異菌を吐瀉したことが原因であるとルーカスのメモに綴られている。 調査の過程でルーカスとコネクションとの通信傍受などから、以前からベイカー邸に目星をつけており、上空からヘリで幾度も監視・偵察していたことが作中で拾える写真や無線などから判明している。 イーサンがベイカー邸を訪れた日も、折しもクリス率いる特殊部隊が介入・突入する前夜であった。 『Not A Hero』の中でも「本当は、ルーカスをアンブレラに取り込みたいんじゃないのか?」「俺は『アンブレラ』の名を信用などできない」と、はっきり明言している。 「スパイス」などの調味料をそのまま食べさせても同様の反応を示す。 ただし、一応ジャックの満腹ゲージを多少は上昇させられる。 出典 [ ]• イーカプコン• イーカプコン• 株式会社 2020年6月6日. 2020年2月13日閲覧。 4Gamer. net 2016年6月14日• GAME Watch 2018年5月22日. 2018年5月22日閲覧。 4Gamer. net 2016年9月15日12時16分. 2016年9月15日閲覧。 IGN Japan 2016年6月20日. 2018年10月5日閲覧。 御月亜希 2016年6月21日. 4Gamers. net. 2016年6月21日時点のよりアーカイブ。 2018年10月5日閲覧。 ファミ通. com. 2017年2月19日時点のよりアーカイブ。 2017年2月23日閲覧。 カプコン 2017年3月10日. 2017年3月3日時点のよりアーカイブ。 2017年2月27日閲覧。 PlayStation. Blog. Sony Interactive Entertainment Inc. 2018年6月12日. 2018年6月15日閲覧。 GAME Watch 2017年1月25日. 2017年1月25日閲覧。 緑里孝行 2017年4月25日. GAME Watch. 2017年4月26日閲覧。 安田俊亮 2017年2月24日. GAME Watch. 2017年2月24日閲覧。 これらの逸話はYouTubeでのbiohazard公式チャンネルにてインタビューが収録されている。 gamespark. 2018年1月31日閲覧。 ファミ通. com. 2017年12月25日閲覧。 カプコン. 2017年12月25日閲覧。 カプコン. 2020年6月6日閲覧。 CESA. 2017年12月23日閲覧。 CESA. 2017年7月21日閲覧。 playstation. com. 2017年12月8日閲覧。 Computer Entertainment Developers Conference. 2018年8月24日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の