ショートバング ミディアム。 キュートさ溢れる♡【ショートバング】で大人かわいいヘアをゲット

ショートバングミディアムボブ:ミディアム

ショートバング ミディアム

hpplus. 頭の上部は丸みのあるマッシュルームシルエット、そして襟足や毛先を軽くし、その部分がオオカミの毛のようだということで「ウルフ」の名が付いています。 ひし形シルエットでかわいい髪型が多く、ミディアム、ボブ、ショートでもOK!! そして40代でマッシュウルフをする場合ですが、 ショートやボブの場合、襟足や毛先の軽くした部分が長すぎると「オオカミ感」がすごくなってしまい、ちょっと痛い印象に。 hpplus. hotpepper. 男性にも人気のマッシュウルフですが、女性がショートでチャレンジする場合トップのマッシュルーム部分にレイヤーをあまり入れず、ふんわり丸くなるようにすると女性らしさが出るのでおススメ! 前髪を厚くすることでもふんわり感を出して、男性のマッシュウルフとは差をつけていきたいところ。 キレイにひし形シルエットになっていてかわいい!!サイドは耳かけでも下ろしてもOKですね。 hotpepper. hotpepper. hotpepper. beauty-navi. hotpepper. ベビーバングにとウルフということで、ちょっと奇抜な組み合わせ。

次の

ベビーバングの髪型|ショート・ボブ・ミディアム・ロング別の前髪アレンジ方法

ショートバング ミディアム

前髪パーマでイメージチェンジ!ショート、ボブ、ミディアム、ロングの長さ別に前髪パーマで再現できるスタイルをピックアップしました。 前髪を変えるだけで印象が変わるからこそ失敗したくない人必見!あなたの好みのスタイルをチェック! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ トレンドは「隙間のある長め前髪」 かっこいい色気を出す秘訣は…隙間のある長め前髪にあった! 印象を左右する前髪をクールに変えてみよう。 「前髪が決まらないと、一日中気になりますよね。 正面から見たときにパッと目に入る前髪は、人を印象づけるのにとても大事なパーツです。 例えば、大人っぽい顔だちでも厚めのぱっつん前髪にしていたら個性的な雰囲気だし、逆に優しげで甘い顔だちの人が辛口な前髪にしているとビターな印象になります。 今回は、かっこよく見せるための前髪に特化して、スタイルを作りました。 大事なのは下の5か条。 特に、動きを出しやすい長さ、束感や隙間を作りやすいレイヤー、外への動きが今年のトレンドになっています。 根元がペタンコになるとバランスが悪くなるので、ブロー時の根元の立ち上げが必須。 毛先のカール感が強めなので、クシュっとヘアオイルをつけるだけで簡単にスタイリングが決まるのも嬉しいポイントです。 前髪はアリとも、ナシともカテゴライズできないボーダーレスにすることで、今っぽい抜け感のある表情に。 【カット&前髪Howto】 襟足は2cmの長さでレイヤーにカット。 中間からトップにかけてはグラデーションでカットして重さを残します。 前髪はサイドを同じ長さに設定して、角をとる程度のレイヤーを入れて少しだけ軽くして、動きを出します。 【パーマのかけ方】 パーマをかける場合、20mmのロッドで毛先から2回転平巻きのデジタルパーマをかけます。 パーマ無しでも26mmのアイロンを使って、毛先は外ハネ、中間は内巻きにして波ウェーブとすることでも同様のスタイルを楽しめます。 くるっとしたカール感を出すパーマではなく、毛先を逃して巻いているため、無造作で遊びのある表情になっています。 また、カラーリングは暖色のオレンジブラウンにすることで、表情が明るくなり、顔色がよく見える効果も。 半歩先のおしゃれ感を楽しみたい人はもちろん、猫っ毛や毛量が少なく根元に立ち上がりが欲しい人にもオススメのショートヘアです。 【カット&前髪Howto】 マッシュベースにカットし、動きが出やすいように表面にレイヤーを入れます。 前髪を目の上のギリギリの長さに設定することで、角度がゆるめのマッシュラインとなりナチュラルテイストに。 【パーマのかけ方】 パーマは、20~22mm のロッドを使い、毛先を逃した中間巻きに。 しっかりしたカール感ではなく、毛先の遊びや動きのニュアンスとなるパーマをかけます。 ニュアンスパーマをかけて毛先に動きがプラスされ、ふんわりとした仕上がりになっています。 やさしい空気感が漂うこちらのスタイルは、厚すぎず、薄すぎない前髪もポイントです。 前髪とサイドバングをマッシュで繋ぎ丸みのあるラインに。 さらに、チラッと見えるおでこのすき間が抜け感を演出してくれます。 パーマの動きがあるので、ダークなヘアカラーでも軽いイメージに。 【カット&前髪Howto】 ベースは前下がりのショートボブにカット。 顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れます。 前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。 量感を調整して、重すぎない印象としています。 【パーマのかけ方】 23~25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかけます。 前髪に束間と隙間をつくることで涼しげで、こなれ感があるナチュラルヘアに仕上がっています。 ショートボブがベースでありながら、トップにはレイヤーを入れて動きのあるデザインに。 さらに、ニュアンスパーマをかけているので、ふわっとした可愛らしさを演出。 マッシュラインの顔まわりは、ワイドバングを長めのサイドバングで繋ぐようにつくることで、耳にかけるとモードっぽくシャレ感のあるスタイルとなります。 ダークなカラーでもパーマの動きがプラスされ軽やかな印象のショートヘアに。 ナチュラルスタイルでちょこっと個性を引き出したい人はもちろん、髪のボリュームが出やすいという悩みを持つ方にもオススメです。 【カット&前髪Howto】 ベースのカットはショートボブに。 動きを出すため、トップにはレイヤーを入れます。 襟足はすっきり切り込みます。 前髪はワイドバングでカットし、サイドとマッシュラインで繋げます。 また、スライドカットで調整をして涼しげな抜け感に。 もみ上げはより細めのロッドをセレクトし、襟足は首元になじむようにピンパーマを。 おでこから耳上にかけてのカットラインがラウンドしたスタイルで、やや懐かしさのあるマッシュですが、ラウンドする毛先を長めに残し、毛先を動かしてラフに顔周りを隠すのが今っぽく作るコツ。 顔周りの毛が長いので、丸顔や頬骨が出ている人の骨格もカバーできます。 パーマをかければスタイリングは超簡単に。 パッと見でおしゃれ感がある程よく個性派なスタイル。 【カット&前髪Howto】 前髪は厚め。 目の下でカットし、サイドは耳下までラウンドカット。 フェースラインを包むように毛束はやや長めに残します。 後頭部は丸みが出るようにグラデーションカット、重さを残すのが女っぽく見せるカギです。 トップを動かしやすくするよう、ハチ上にレイヤーを入れます。 【パーマのかけ方】 毛先全体に28mmの細めのロッドで、平巻き1. 25回転のパーマを。 パーマをかけるのでスタイリングがとにかく簡単。 でも大丈夫。 そんな人にぜひおすすめしたい、骨格矯正ショートをご紹介します! ポイントは、顔周りの毛束。 エラが張った部分に毛先が落ちるようにカットしているので、自然とエラが隠れて輪郭が整って見えます。 さらにショートは後頭部にボリュームを出しやすく、グラデーションカットで丸いフォルムを作ることが絶壁がカバーされ頭の形がキレイに。 輪郭を隠すのが難しく感じるショートでも、カット次第で骨格矯正して見えて気になる部分をカバーできます。 【カット&前髪Howto】 バックはあご下1cmでカット。 首元に沿うようにレイヤーを入れ襟足はすっきりさせます。 後頭部は、横から見たとき鼻のラインでボリュームが出るようにグラデーションカットを。 サイドはやや前下がりで、顔周りはエラが張った部分に毛先を落ちるようにカットします。 耳の周りに毛束がたまると野暮ったく見えるので、耳が透けるくらいに軽くするとおしゃれな印象に。 トップには動きが出るようレイヤーを入れます。 前髪は目にかからないくらいの長さでカットし、自然にサイドに流れるよう毛量調整を。 襟足の長さが短い部分はコットンを使用したパーマでボリュームを抑えると、襟足がすっきり見えます。 残りのバックを横4段に分け、1段目を17mm、2段目を20mm、3段目を23mm、4段目を26mmのロッドで根元まで巻き込みます。 サイドは横3段に分け、1段目は20mm、2段目は23mm、3段目は26mmのロッドで根元まで巻き込みます。 前髪は表面と内側の毛の2段に分け、23mmと26mmのロッドで根元まで巻き込みます。 毛先がラフに動くように、全体的にパーマはゆるくかけるのが鉄則です。 前髪がないとクールになり大人っぽい印象に。 逆に前髪を作るとグッとかわいらしい印象になります。 どっちも魅力的なのでクールもかわいいもイイトコ取りの前髪をご紹介します! まず顔周りは鼻ラインでカット、さらに中央の前髪を薄く取り、目の上ギリギリでカットしたシースルーバングをプラスした前髪。 つまり、顔周り長め&中央シースルーを合わせた前髪にすれば、クールさもかわいらしさもバランス良く取り入れられるスタイルに。 またこの前髪は、頬ラインが隠れるので小顔効果も絶大です。 中央のシースルーバングはトレンド感がありつつ、表情を柔らかく見せる嬉しい効果もあり。 この前髪はロングに合わせると野暮ったく見えがちですが、ショートに合わせることでおしゃれ感が際立ちます。 ショートで前髪に悩んでいる人は、ぜひこのイイトコ取りの合わせ前髪に注目を! 【カット&前髪Howto】 サイドはリップライン、耳より前はレイヤーを入れず長めにカットします。 顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取り目の上ギリギリでカット。 後頭部は裾が丸いシルエットになるようグラデーションカットに。 【パーマのかけ方】 24㎜のロッドでバックを上から3段、サイドを上から2段に分け、それぞれ平巻きパーマをかけます。 顔周りは毛先が軽くリバースになるようパーマをプラス。 小顔に見せつつ柔らかな雰囲気も楽しめるショートボブ。 パーマでスタイリングは簡単なので、朝が忙しいOLやママにもぜひおすすめしたい髪型です。 その王道といえば、ひし形シルエット。 耳横ふんわり&首元がくびれたようなひし形の髪型にすると、顔がキュッと 小顔に見えると言われています。 でもシルエットではなく、輪郭そのものがひし形になるように顔周りの毛束を整えることがポイント。 重要なのは前髪横のこめかみに落ちる毛束で、これをサイドバングと呼びます。 サイドバングを耳付近に向かって斜めに流すと、正面から見たとき、眉尻から頬に沿って斜めのラインができます。 さらに頬からあごにかけて髪が顔にかからないようにすると、自然と輪郭がひし形に。 輪郭がひし形になることで、必然的に顔の面積が小さく見えます。 こめかみに落ちるサイドバングの毛束を頬にかかる長さでカットします。 正面から見たとき毛先に動きが出るよう顔周りに軽くレイヤーを入れます。 バックは重たく見えないよう、ジグザグにはさみを入れるチョップカットで軽さをプラス。 前髪は目の上ギリギリで薄めにカット。 おでこを隠すことで小顔効果をUPさせつつ、薄めに作っているので幼く見えません。 カラーは6トーンのダークグレージュ。 光に透ける寒色系なので、暗めでも重たく見えずあか抜けた印象に。 憧れのボリュームヘアに見え、さらに今っぽおしゃれ感もプラスした髪型をご紹介します! ポイントは外ハネボブにレイヤーを入れ、ややウルフっぽく作ること。 ウルフは70年代に流行ったトップが丸く裾が軽いスタイル。 昔ほど裾を軽くせず重たさを残すのが、ウルフを今っぽく見せるコツ。 この髪型は裾がキュッとくびれた外ハネが特徴で、むしろ毛量が少ない方が作りやすいことも。 またくびれがある分、トップのふんわり感が強調されボリュームアップして見せる効果もあり。 前髪を作るとクールになり過ぎず、柔らかさが出るのでおすすめです。 スタイリングも簡単なので、毛量少なめな人だけでなく朝が忙しい人や今っぽいおしゃれ髪になりたい人にもぜひTRYしてほしいスタイルです! 耳掛けすると顔周りがタイトになり外ハネが強調されおしゃれ感up! 裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。 表面にレイヤーを入れやや軽さを出します。 前髪は目の上ギリギリでカット。 隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。 カラーは8トーンのアッシュブラウン。 程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せます。 さらに前髪があればかわいらしい印象を与え好感度も上がります。 肩上でふわっと揺れるぐらいが、女らしさと親しみやすさを与えるモテの好バランスです。 巻き髪に抵抗がある人も、パーマをかければ問題なし。 今どきパーマはダメージレスで柔らかい質感に仕上がり、理想の巻き髪を作り出せます。 こんな良いことづくめの揺れパーマミディスタイルです! 【カット&前髪Howto】 鎖骨下3cm、水平にカットし丸みが出るよう毛先はグラデーションカット。 裾は重たさを残しつつ、表面にレイヤーを入れ動きを出しやすくします。 さらに全体にスライドカットを入れふんわり感をプラス。 前髪は目の上で自然に流れるようスライドカットを。 【パーマのかけ方】 パーマは髪質に合わせ、硬毛の人はクセがつきやすいデジタルパーマ、軟毛の人はダメージの出にくいエアーパーマがオススメ。 表面は23mmのロングロッドでスパイラル巻き、それ以外は20mmのロッドで平巻きメインのパーマをかけます。 前髪は25mmのロッドで内巻きに。 パーマをかけているのでスタイリングが簡単。 朝が忙しい人にも嬉しいスタイルです! 暗めカラーでも華やかパーマで明るく柔らかな印象に 華やかさのあるパーマをかければ、暗めカラーでも重たくならず明るい印象になります。 そんなパーマのポイントは、耳下の毛束は平巻きでかけること。 耳上の毛束は内・外MIX巻きですが、耳下からは平巻きにすることで、横に広がったウエーブに仕上がります。 横に広がるので毛束の動きが強調されやすくなり華やかな印象に。 さらに面長をカバーしつつ、柔らかな印象も手に入る嬉しい効果もあり。 長過ぎるとケバく見えがちなので、長さは鎖骨で揺れるセミロングが最適。 また前髪はおでこが見えるくらいの厚さで毛先をサイドに流すとかわいらしい印象に。 耳掛けするとさらにすっきり感が出て重たく見えません。 暗めカラーでも、ポイントを効かせたパーマをかければ明るく柔らかい印象を作れます。 【カット&前髪Howto】 鎖骨下7cm、毛先に厚みを残した切りっぱなし風ワンレンカット。 パーマの動きが出やすいよう、表面にはレイヤーを入れます。 前髪は眉と目の間でカットし、毛先がサイドに流れるように毛量調整をします。 【パーマのかけ方】 パーマは柔らかい質感に仕上がる水パーマがおすすめ。 28mmのロッドで、耳上は毛束の中間から内・外MIX巻き、耳下は毛先まで平巻きのパーマをかけます。 乾かし方は、根元をしっかり乾かしてから毛先を8割乾かします。 さらにカールを手のひらで包むように持ち上げながら乾かすとふわっとしたウエーブに仕上がります。 パサついて見えやすいこともあり、短くカットしてごまかす人も多いのでは。 そんな、柔らかなロングに憧れるけどこの髪質では無理…と諦めていた人におすすめしたいのが、こちらのセミロング。 ただすいて毛量を少なくしているのではなく、ハサミを少しずつ滑らせるスライドカットにより毛束が先細になるように作っています。 それにより、毛量を抑えながらも自然と束感ができ柔らかな印象に。 また前髪はおでこが見える斜め流しで重たく見えず、女らしさもあります。 ただ毛量を減らすのではなく、束感を作りながら減らすカット技術により、多め&硬めの髪でも柔らかに見え女っぽさも引き出すスタイル。 胸より上で揺れるセミロングはアイロンで扱いやすく、ふわっと感も出やすいのでおすすめです! 【カット&前髪Howto】 胸上の緩やかな前上がりベース。 毛先に軽くレイヤーを入れます。 前上がりのカットラインは、後ろから毛束を持ってきたとき胸上で重たくならず程良い厚みに。 毛束の先が細くなるスライドカットで、束感を作りながら全体の毛量を調整します。 こめかみからトップにも軽くレイヤーを入れ、トップがボテっとならないよう後頭部に向かう毛流れを作ります。 前髪は目の下、サイドは流れるようにカット。 カラーは8トーンのラベンダーとショコラブラウンのMIX。 赤みを抑えた深みのある艶で、軽やかな透明感を演出します。 髪色が重くてもカールの質感で軽やかに見せる、長めのスタイルがあるんです。 それがこちらのセミディ。 前髪が眉上&サイドやや広めなので、おしゃれでありつつスッキリした印象に。 また動きがあるのでおでこが見え、それがヌケ感となります。 裾のカールは毛束がラフに動き、ほつれたような質感に。 これにより毛束の間に隙間ができたり表面がふわっと浮いたりして軽やかさがup。 このほつれウエーブ、アイロンでの作り方にコツがあります。 一度毛束をねじってから巻いているので、アイロンの熱が当たる位置がランダムになりラフな動きに。 くるんと巻くカールではなく、あえて崩したような巻きなのでクセ毛の人にもおすすめです。 キメ過ぎない前髪や裾のウエーブにより、軽やかさとおしゃれ感が両方手に入るスタイル。 カラーの重たさもおしゃれに転ぶので、暗めカラーでも充分に楽しめることを約束します! 【カット&前髪Howto】 鎖骨下4cmの重めのワンレンベース。 表面と顔周りにややレイヤーを入れ、毛束を動かしやすくします。 前髪は巻いて眉が見えるように、眉下でカット。 前髪のサイドは眉より外側まで取り、ややラウンドにカット。 カラーは6トーンのアッシュベージュ。 しっかり艶の出る明度で赤みを抑えます。 また透明感が高く、暗めカラーでも重たい印象になりません。 とは分かっているけど、傷みそうだし、いかにもくるりんって感じでカッコ悪くなりそうだし…。 そんなパーマに臆病な人にこそおすすめしたいのが、デジタルパーマで作るミディスタイル。 今どきのデジタルパーマは薬剤が研究されててほとんど傷みません。 さらにアイロンで巻いたような自然なカールに仕上がります。 おすすめのパーマのかけ方は、MIX巻きのミディ丈。 ミディだとパーマをかける部分が長くないのでスタイリングしやすいです。 またMIX巻きにすることで、寝ぐせでハネていても気になりません。 まさに時短のスペシャリスト的スタイル。 パーマの動きが出やすいように、毛先全体にローレイヤーを入れます。 前髪は目の下でカットし、自然に流れるように毛量調整を。 パーマはデジタルパーマをかけます。 毛先全体に2. 8㎜の太めのロッドで、内巻き、外巻きとランダムに2回転。 トップのみ、同じロッドで毛先から根元まで巻き込み立体感をプラスします。 前髪は自然にサイドに流れるように、2. 6㎜のロッドで毛先から1. 5回転巻きます。 カラーは9トーンのウォームベージュ。 温かみがある落ち着いたカラーですが、光に透けやすいので重たくなりません。 色持ちが良く退色しにくいのも忙しい女子におすすめです。 軽さと清潔感が生まれ、好印象を約束! 伸ばし中の前髪にもおすすめ。 さらに切りっ放しのざっくり感が出るよう毛先をカットし、カジュアルさを強調。 前髪と顔周りをつなげるよう前上がりにカットすると、顔が包み込まれて自然な小顔効果も狙えます。 表面にレイヤーを入れ、丸みのあるフォルムに。 アッシュカラーと、平巻きで作った動きで女性らしい透明感を引き出して。 【前髪POINT】奥から作り、ペタッと感を軽減。 おでこが出ている場合、奥の方が透けていると薄毛に見えるので、透けさせるのは毛先側半分にすること。 \顔にかかる細やかな束がアンニュイなムードを演出/ \長め+隙間のあるエアリー前髪でかわいらしさを程よく軽減!/ 教えてくれたのは… GARDEN Tokyo 副店長|津田 恵さん 人気タレントからの指名が多く、『美的』のアレンジや髪悩み解決企画にも多数登場。 クールで色気のあるスタイル作りに定評あり。 清楚な印象で人気ですが、毛先が規則正しく内巻きになっていたら野暮ったく見えることも…。 そこで、かわいくてちゃんとおしゃれ感のある、今っぽい内巻きロングの作り方をご紹介します! ポイントは、顔周りの毛束は鎖骨下からレイヤーを入れて前上がりにすること。 それにより正面から見たとき裾に内巻きが溜まらず、軽やかな印象に。 毛先の長さが違うのでカールに段差ができ、ふわっと感が出やすくなります。 また内巻きのワンカールは、毛先をくるっと外に向ければ外ハネにも見えます。 巻いた毛先を散らすことで、ただ内巻きだけのカールでなく、MIX巻きをしたような動きを出すことが可能に。 内巻きロングといえど、カットベースとスタイリングのひと手間で野暮ったさは回避されグンとおしゃれな印象に。 毛先が軽すぎると古い巻き髪に見えやすいので毛先には重たさを残しつつ、顔周りは鎖骨下からレイヤーを入れます。 前髪は黒目と黒目の間に落ちる毛束を目の上ギリギリでカット。 前髪のサイドはややラウンドにカットし自然にサイドに流れるようにします。 カラーは8トーンのウォームベージュ。 黄みを抑えるベージュ系なので傷んで見えず、またほんのり赤みが入っているので肌をキレイに見せる効果もあり。 パッキリ分けすぎないこと、前髪の毛先は外ハネにすることで、女性らしいまろやかさと今っぽさが加わる。 前髪の両サイドの動きは、カールアイロンで外ハネにしてからなじませて。 おでこの生え際にハードスプレーをつけておくと、フワッと立体的に仕上がる。 サイドの一部が前髪になるため前髪に長さと厚みが生まれ、ほんのりクールなイメージが浮遊する。 ボリュームが出がちな逆サイドパートは、タイトになでつけながら分けるとうまく行く。 さらにワックスで毛流れをキープしつつ、しっとりした質感に。 前髪を横へ流しつつサイドは耳にかけ、可憐で上品なムードを漂わせて。 かしこまったシーンで重宝しそう!.

次の

大人かわいいシースルーバングの作り方|ショート、ボブ、ミディアム、ロングなど

ショートバング ミディアム

ウルフカットが流行り始めた当初は、襟足とトップの髪の長さの違いによって楽しまれる髪型でした。 しかし時代が進むにつれ、アレンジ方法やカット方法もさまざまなものへと進化を遂げています。 ウルフカットの長さやヘアアレンジ方法によって、ふんわりと女性らしい印象だって与えてくれるのです。 またウルフカットは、セルフでのヘアアレンジがしやすいと言われており、ワックスなどを使用すれば比較的簡単にヘアアレンジができカットスタイルとしても人気でと。 髪全体が軽い印象を持っているため、スタイリングがとてもしやすいのでしょう。 その為似合うヘアスタイルもさまざまなのです。 女性を美しく見せる髪型としても大活躍を見せているのが「ウルフカット」です。 似合う大人カッコいいウルフカットについて、同じくこちらの掘り下げておりますので合わせていかがでしょうか。 一見すると、面長な女性は丸顔の女性に比べると、ウルフカットが似合わないのではないか?と思われがちですが、恐らくそれは丸顔の人と同じヘアスタイルやカットスタイルをしてしまったから「似合わない」と感じてしまったのでしょう。 丸顔な人と同じスタイルにしてしまうと、面長の人はかえって悪化してしまうのです。 面長の女性も丸顔の女性も、ウルフカットによって、顔の輪郭をカバーすることが可能ですし面長女性にも似合うのです。 しかし、面長の人が丸顔の人と同じ髪型にしてしまうと、輪郭や顔の長さを強調してしまう恐れがあるのです。 そのため面長の方には自分の顔のラインよりも長めにスタイリングすることをおすすめします。 三つ目が「首元が太めな女性」です。 カットスタイルや長さによっても異なりますが、比較的ロングウルフヘアーの方が、首元が太めな女性にはおすすめです。 面長な女性や丸顔の女性は主に、フェイスラインをカバーすることによって、自分の顔の特徴をぼやかす効果を得ています。 これと同様に、首元付近にカットラインを持ってくることで、シルエットをぼかすことが可能なのです。 更にトップにボリュームを持たせることと併用すれば、相手の視線を誘導することもできますよ。 ウルフカットのヘアスタイルで、ヘアアイロンなどを使用して自身でヘアアレンジを行うこともありますよね?そんな方へ向けたこちらの記事も合わせておすすめですので是非、一読してみてくださいね。

次の