エクセル 塗りつぶし ショートカット。 エクセル ショートカット キーの一覧

【エクセル時短】Ctrl+Vに1つ足すだけ。「形式を選択して貼り付け」を一瞬で済ませるショートカットキー

エクセル 塗りつぶし ショートカット

shiftを押しながら十字キーを使い、結合させるセルを選ぶ• すると以下のような画面が表示されます。 ここまで表示されれば、あとは[C]もしくは[M]を押せばよいです。 [C]や[M]で代用できます 結合しようとすると、いつも通り以下の警告が出ますので、OKもしくはエンターを押します。 まず、• 「F4」• 「Ctrl + Y」 という2つのショートカットには、「直前の操作を繰り返し行う」という機能があります。 つまり、• マウス操作でセルを結合する のいずれかを行ったあとは、結合したいセルを選択して「直前の操作を繰り返し行う」ことで、 まるでショートカットのようにパパッと結合を繰り返せるのです。 なお「F4」もしくは「Ctrl + Y」に割り当てられた機能は「直前の操作を繰り返し行う」なので、直前に違う操作を挟んでしまうと、その操作が繰り返されてしまいます。 その点はご注意下さいませ! スポンサーリンク まとめ! Excelでの「セル結合」をショートカットで行う方法を紹介しました。 最後に簡単にまとめてみます。

次の

【Excel】塗りつぶしのショートカットを3通り解説!パパッと塗る裏技

エクセル 塗りつぶし ショートカット

1.エクセルのシートを移動するショートカットキー データの量が増えると複数のシートに渡ってデータを入力する場面がでてきます。 入力の度にシートを選択していては時間がかかり仕事が滞ってしまいます。 そんなときに便利なのがシート間を移動するショートカットキーです。 エクセルシートの右に移動する場合は• シートを追加することもショートカットキーで対応できます。 これは便利なので是非覚えましょう。 新しいシートを追加するショートカットキーは• これだけ覚えると、もうシート間の移動を自由自在に行ったり来たりができるでしょう。 2.エクセルの行と列にセルを追加・削除するショートカットキー エクセルの行や列にセルを追加・削除するのを簡単にするショートカットキーです。 セルの追加や削除は使用頻度が高いのでショートカットキーを使用すると大幅な時間短縮ができます。 ショートカットキーも簡単で覚え易いです。 行や列を追加するショートカットキーは• 今までマウスの右クリックやエクセルのメニュー画面で行っていた作業がキーボードで簡単でできるようになります。 これで行や列の追加と削除が簡単にできるようになりました。 3.エクセルのセルの色を繰り返し塗りつぶすショートカットキー セルに色を付けることは多くあるでしょう。 その度にセルを選択して色を指定するのは手間以外のなにものでもありません。 これをショートカットキーで行うと短時間で作業が終わります。 しかし色を塗りつぶすショートカットキーはありません。 ではどのように作業するのか解説します。 事前に特定のセルに色を付ける• 塗りつぶしたいセルに移動して• このショートカットキーはあらゆる場面で使用できます。 そのため使い方次第では一番使えるショートカットキーと言えます。 4.今日の日付と時間を入力するショートカットキー エクセルで書類を作る場合に今日の日付を入力します。 そのとき日付の間違いが起こる可能性を減らせるショートカットキーを紹介します。 このショートカットキーは使用頻度が高いので労務関係の方や経理で働いている方には嬉しいでしょう。 今日の日付を表示するには• そうするとパソコンに設定されている日付を自動でセルに入力してくれます。 このショートカットキーと関連して「:(コロン)」を入力すると同じくパソコンの時間を入力してくれます。 そのため常に新しい日付が自動入力されることになります。 これで日付を間違えると大変なことになる、書類の日付を正確に記入することができました。 5.カーソル位置やデータ範囲を選択するショートカットキー カーソル位置を選択するのにマウスを使っているか方は、ショートカットキーで大幅な時間短縮ができます。 データ範囲の先頭や末尾にカーソルを移動するショートカットキー• 作業マウスとショートカットキーの両方を上手く組み合わせて効率よく仕事をしましょう。 仕事でエクセルを使う方にショートカットキーは必須 エクセルのショートカットキーを覚えるのは、仕事としてエクセルを使用する方にとっては当たり前かもしれませんが、あまり詳しく知らない方にとっては難しく感じるかもしれません。 しかし作業をより効率よくこなすためにはショートカットキーは必須と言えます。 ショートカットキーを知る事でエクセルを操っている感覚が感じられ、楽しく作業ができます。 毎日同じ作業の繰り返しで仕事に嫌気がさしている方は、ショートカットキーを活用すると新鮮な気持ちで仕事ができるようになります。

次の

【Excelの裏技】セルの結合をパパッと出来るショートカット2つを解説

エクセル 塗りつぶし ショートカット

エクセルにはショートカットキーという便利なものがあります。 例えば、『CTRL』キーと『1』を同時に押すと、よく使う『セルの書式設定』ダイアログを一発で開くことができてとても便利です。 たいした差じゃないと思うかもしれませんが、慣れるとショートカットキーの方が はるかに早くて確実に作業を進められます。 エクセルの作業が早い人は、とにかくショートカットキーを使いこなしている人が多いんです^^ ここでは、エクセルで作業する時に『よく使う』おすすめのショートカットを一覧でまとめたので、この機会にぜひ覚えてください。 操作キー できること 『ALT』+『F4』 エクセルを終了(閉じる) 『CTRL』+『W』 ブックを閉じる 『CTRL』+『S』 上書き保存(強制保存) 『F12』 名前を付けて保存 『CTRL』+『W』は、アクティブ(現在の操作対象)になっているブックを閉じることができます。 なので、エクセルを終了させる『ATL』+『F4』とほぼ同じ動作をしますが、最後のブックで『CTRL』+『W』を押すとブックは閉じてエクセルのウィンドだけが残る状態になります。 『F12』は別名で保存する以外にも、保存先のフォルダが確認できたりと、色々使いみちが多いショートカットキーです。 詳しくは次の記事を参考にしくてださい。 操作キー できること 『CTRL』+『PageDown』 次(右)のシートに切り替える。 『CTRL』+『PageUp』 前(左)のシートに切り替える。 『CTRL』+『SHIFT』+『PageDown』 選択中のシートに加えてさらに右のシートも選択する。 『CTRL』+『SHIFT』+『PageUP』 選択中のシートに加えてさらに左のシートも選択する。 『SHIFT』+『F11』 新規にシートを挿入(追加)する。 『CTRL』+『SHIFT』+『PageDown』、『CTRL』+『SHIFT』+『PageUP』は、現在選択しているシートを基準に左又は右のシートを更に選択します。 つまり、このショートカットキーを押すたびにシートの選択範囲がどんどん広がっていきます。 フィルターの設定/解除をするショートカットキー.

次の