ライカ q2。 「ライカQ2」と「ライカQ」の違い

ライカQ2 / ライカオンラインストア

ライカ q2

ライカの高級コンパクトデジタルカメラ「 」。 その2019年3月末の発売から、1年が経ちました。 Leica SL, Vario-Elmarit-SL 24-90mm 僕がこのカメラを手にしたのは2019年6月。 仕事で使用しているミラーレス一眼「ライカSL」とバッテリーが共通していることから、仕事用のサブ機として購入しました。 しかし、その高い描写性能や機動性、汎用性から、 当初想定していた用途を遥かに超える活躍を見せてくれています。 Leica SL, Vario-Elmarit-SL 24-90mm この記事では、約1年間の使用を経てのレビューや使用例を、私見たっぷりにご紹介しようと思います。 ライカQ2=「コンパクトじゃない高級コンデジ」 Leica SL, Vario-Elmarit-SL 24-90mm このカメラを一言で紹介するなら「 コンパクトじゃない高級コンデジ」。 レンズの取り外しができない一体型カメラを通例で「コンパクトデジタルカメラ」と呼ぶため、一応コンデジというカテゴリに入っています。 前モデルである初代「ライカQ」は約60万円程度という値段ながらも、その描写性能や取り回しの良さや洗練されたデザインから大評判となり「 最も売れたライカカメラ」と言われるヒット製品となりました。 「ライカQ2」は、そんな初代ライカQのデザインをほぼそのままに、より高解像度なセンサーを搭載し、防塵防滴性能を備えた、アップグレード版です。 では、次の項目からは実際に使って感じた特長を紹介します。 初代ライカQが約60万円程度の値段にも関わらず、なぜヒットしたのか? その理由の一つは、実はコストパフォーマンスにあります。 というのも、ライカQ/Q2が搭載しているレンズは「 ズミルックス f1. その 同等品「ズミルックス M f1. 」を単品で購入すると、なんと約86万円もするのです。 それより安い値段でフルサイズセンサーを搭載したボディーがついてきて、しかもオートフォーカスも使える。 ということで、 ライカQは「高コスパ」と評判になりました。 Leica Q2 そんな評判のレンズ「 ズミルックス f1. 」ですが、実際に使用していても、その描写には惚れ惚れとさせられるものがあります。 Leica Q2 現代レンズらしい解像感に、収差を抑えたすっきりとした描写、28mmながらも歪みの少ない画作り。 Leica Q2 レンズボディ一体型カメラならではのチューニングもあって、 約86万円の「ズミルックス M f1. 」を上回ると評されることもあるくらいです。 Leica Q2 なかでも開放f1. 7(近接時f2. 8)で撮影した写真には、特筆すべき美しさを感じます。 明るいレンズとフルサイズセンサーの組み合わせが作るボケ味は、非常にまろやか。 Leica Q2 まるで 被写体を空気ごと閉じ込めるかのようなクリアかつ色気のある描写で、なんてことない日常の中にある輝きに気づかせてくれる気がします。 であることが物語っているように、このライカQ2は「 アクションカメラのように扱えるライカ」と捉えることだってできます。 Leica Q2 多少の雨や水しぶきなら何の問題もなし。 そのため、どんな天候になるか分からない旅行時は、このライカQ2を1台だけ持って行くのが定番となりました。 Leica Q2 初代ライカQではセンサーにゴミが乗りやすいという問題が報告されていましたが、防塵機能によってそうしたトラブルもありません(ただしファインダーにはゴミが入りました)。 Leica Q2 またQ2から採用された有効4730万画素センサーにより、クロップ耐性も向上。 ボタンを押すだけで35mm、50mm、75mmの焦点距離を選べるため、28mm単焦点でも幅広いシーンに対応した撮影が行えます。 Leica Q2 ちなみにLightroomであればRAWにもクロップ設定が適用されているため、本当にレンズを切り替えるかのように使えるのも良い点です。 このクロップ適用は残念ながら常用ソフトであるCapture Oneには対応していないので、Q2で撮影した写真だけはLightroomで管理しようかと迷っています。 Leica Q2 そして、 AFによって可能となるのが、片手での撮影。 一人旅ならともかく、誰かと旅行しているときは撮影よりも旅自体を楽しみたいので、ライカQ2はやはり旅行に最適なカメラだと感じます。 Leica Q2 なお、スマートフォンアプリ「ライカFotos」を使えば、Bluetooth経由でライカQ2のWi-FiをONにして写真転送ができるため、 旅先でのインスタグラムストーリーズ等へのSNS投稿もスムーズ。 JPGの画作りも非常に見栄えのする設定となっているので、ほとんど編集要らずなのも嬉しいところですね。 AFとマクロ撮影が実現する「もっとも遊べるライカ」 Leica Q2 M10等のライカを代表するMシステムに対し、ライカQシリーズが誇る2大アドバンテージが、AFとマクロ(近接)撮影です。 普通のカメラでは当たり前の2機能ではありますが、ライカレンズでこの2つが使えるというのは、非常に大きなメリットとなっています。 AFのメリットは先述の通り。 ライカQ2は顔認識や動体認識AFも備えていますが、僕は基本的に中央1点のスポットAFを使用しています。 Leica Q2 そしてなんといってもマクロ撮影。 寄れるというだけで喜んでしまうのはおかしいのですが、ライカレンズで寄れるというのは、やっぱり大きな価値なんです。 Leica Q2 手振れ補正機能と75mmクロップを活用すれば、相当なマクロ撮影も可能。 テーブルフォトはもちろん、仕事での物撮りの際にもディテール表現で重宝しています。 気になる点をいくつか 以上、ライカQ2の気に入っている点を挙げてきましたが、長期使用する中で気になる点もご紹介します。 ・高感度撮影時はノイズ多め ・RAWデータの調整幅が狭め ・動画撮影時にLog撮影ができない ・フィルムモード(JPG設定)を無視した、光学ファインダー風EVF設定が欲しい ・ライカFotosとの接続がやや不安定 ライカQ2についてよく指摘される高感度ノイズ問題ですが、個人的にはあまり高感度撮影しない&ノイズの出方がフィルム風で悪くないため、大きな不満は感じていません。 総じて完成度が高いカメラという印象です。 高いけど高くない、本気で欲しい人にはおすすめしたいカメラ Leica SL, Vario-Elmarit-SL 24-90mm 以前、ギズモード・ジャパンに寄稿した記事の中で、ライカQ2について「反則」という表現を使いました。 スマートフォンのような感覚でライカ品質の写真が量産できてしまうのは、やっぱり反則的だと、今も毎日のように感じています。 Leica Q2 M型ライカの持つ魔法のような魅力とは別物ですが、ライカQ2は実用品として間違いなくQOLを上げてくれるカメラです。 Leica SL, Vario-Elmarit-SL 24-90mm 「レンズ単体で買っても86万円で…」なんて言い訳をしたとしても、決して安い買い物ではありません。 しかし、日常の中で写真を楽しみたいという方にとっては、 それだけの価値はあるカメラだとおすすめしたいと思います。 ちなみに通常よりも安く購入しようと思えば、香港での購入や海外からの仕入れなどのルートもありますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次の

365日ライカ:030 遊べるライカ「ライカQ2」長期使用レビュー|#365leica|note

ライカ q2

ついに二代目の「LEICA Q2」が登場です。 初代のあまりの出来の良さにM型を売ってまで買った人を知っています。 やはりAFが出来て片手で撮れるフルサイズのライカというだけで存在価値があり、M型と併用する方も多くおられますし、中にはM型の出番が減った方も。 そこからLEICA Q2はどう進化したのか。 若干のサイズ変更こそあるものの、見た目は殆ど同じです。 ライカ使いはこれを当然のこととして受け入れるに違いありません。 速写性と画作りを実現するために年月をかけて抽出されたプロダクトデザインの究極の形でもあるとお分かりなのです。 さっそく検証してまいりましょう。 曖昧さの無い、凄まじい解像力ですね。 おそらく初代に引き続き、ローパスフィルターを搭載していないものと思われます。 ちなみに4,730万画素というのは35mmフルサイズセンサー搭載のライカでは、現時点では最大の画素数。 ということはこれからのM型にも? 妄想は逞しさを増すばかりですが、これだけの高画質を実現するにはセンサーだけではなくレンズの力も必要です。 7 28mm ASPH. 」の高い実力は、画素数が倍になって一層顕著に現れています。 歪みも認められず、線という線を真っ直ぐに描いてくれます。 開放から遠景描写もクッキリ。 これはまだ予想の範囲内です。 しかしこの周辺の落ちなさ具合を見た時は、腰を抜かしそうになりました。 後述のボケ味も含め、間違いなく最上クラスの28mmレンズです。 そもそも28mmでF1. 7というのは超がつくハイスペックで、Mマウントの現行ラインナップにも存在しませんから、このレンズが付いているだけでも手に入れる価値があります。 」と本機との税込価格の差は14万円ほどですが、これでボディもついてくるのです。 しかも、フルサイズライカ史上最高画素のセンサーがこの単焦点レンズだけのために最適化されているのですから、写りが悪かろうはずがありません。 マクロ機能は初代から継承されていますが、まずはそれを使わずに寄ってみます。 これでも結構寄れますね。 合焦部は非常に緻密ですが、後ボケも相変わらず佳いですね。 28mmとはいえボケの量はかなりのものですし、現代的でありながら深い味わいもあります。 光学性能不足による味ではなく、ライカの最新技術で積極的に追求した味です。 非球面らしくストンとボケはするのですが、間に存在する空気を端折ることはなく、ピントのレイヤーが積層した重層的な描写だと感じます。 ちなみにISO感度は50まで下げられますので、開放撮影も更にやりやすくなっています。 LEICA Qシリーズはクロップすることで「ズーム」的な効果を得ることができますが、LEICA Q2では新たに75mm相当までクロップ出来るようになりました。 画素の積み増しによる恩恵でしょうが、新たに望遠まで手中に収めたことで、撮影のバリエーションはさらに多彩になります。 75mm相当での画素数は約650万画素。 今の基準では決して高画素ではありませんが、積極的に使える画質だと思います。 しかしまさかライカで野鳥が撮れるとは。 髭の部分までしっかりと描いていますが、レンズの分解能が並外れて高いのだと思います。 こちらは50mm相当(約1460万画素)。 光学ズームを積むこともできたでしょうが、サイズも値段も上がってしまいますし、単焦点とクロップの合わせ技でも何の不足もありません。 35mm相当(約3000万画素)です。 28mmという焦点距離は多くのカメラに採用されている割には、意外と扱いづらい時もあります。 例えばご覧のようなシーン。 日本の街中では、寄っても引いても中途半端になりがちで、背景をバランスよく収めるためには道の真ん中に立たなければならない、なんてことも。 そんな時はLEICA Q2のクロップ機能が非常に有効です。 しかも35mm相当の時点で、初代Qはおろか現行M型さえ上回る画素数ですから、28mmと35mm相当時はクロップと言うより「画素追加」という贅沢な解釈も可能です。 EVFも逆光時は特に助かりますが、こちらも抜かりなくアップデートされております。 新開発の有機ELを採用し、より見やすく、省エネ設計となっています。 倍率も0. 7倍から0. 76倍に上がっているので、MFでのピントの見極めも気持ちよく出来ました。 マクロモードで最短撮影距離付近(17cm)まで寄ってみました。 開放絞り値は自動的にF2. 8となります。 前よりも後ろのほうがボケはスッキリしている印象ですが、前がうるさいという印象は全くありません。 被写体の息遣いさえ感じられそうな、ライカならではの描写です。 う〜ん、いいなあやっぱり(笑)。 75mm相当、ISO 800です。 画素数を減らして感度を上げたので不利な状況ですが、雰囲気のある描写をしてくれますよね。 手ブレ補正も強力で、こういった状況でもバシッと止まります。 やっぱり75mm相当は便利。 気がついたら結構使っていました。 感度はISO 50000まで上げられますが、こちらはISO 12500でのショット。 かなりの健闘ぶりですね。 路面を撮っただけですが、解像力のご確認に。 「ライカのフルサイズ、新たな次元へ」といった感があります。 AFの出来るデジタルライカ判。 正常進化の二代目に死角なし。 昨今のフルサイズセンサー搭載のカメラを触っていると、M型でも相当小さく感じます。 LEICA QシリーズはM型よりも更に横幅が短く、フルサイズセンサー搭載のカメラとしては格段にコンパクトですが、確実なハンドリングに必要な最小限のサイズは確保しています。 バッテリー込みで718gという重量も絶妙で、光学式手ブレ補正機構こそあれど、ボディのソリッドな造りも相まって、手ブレ補正を使わなくてもしっかりとカメラをホールドできそうな信頼感があります。 しかも新たに防塵防滴設計となり、よりタフな場面でも臆せず撮影に没頭できます。 高画素化の恩恵もご覧のとおりで、被写体がどういうものなのかを切れ味鋭く定義してくれます。 画作りもライカの伝統に則ったもので、どこも出しゃばることなく、ただひたすらにリアルです。 レンジファインダーではありませんが、これはれっきとしたライカ判のライカ。 しかもAFが出来て17cmまで寄れてしまう、とんでもないライカです。 M型ユーザーの方が初めて本機を手にされても全く違和感なくお使いいただけますし、初めてライカに触れる方なら「これがライカか!」と悦に浸ることは確実です。 ネックはそのお値段。 ですが、一度触ってしまうと冷静でいられなくなる、、、そんな魔力に満ち溢れています。 特徴的なグリップ部の凹みは初代から継承されています。 親指が吸い込まれるようにピタッと収まる位置にあり、ハンドリングを一層確実にしてくれます。 左側の「DELETE」ボタンは無くなりました。 LEICA M10同様、消している暇があったら撮影に集中しなさいという「教え」です。 インターフェースや通信機能関連では、USBポートなどの物理的な端子の全てが無くなり「WiFi」と「Bluetooth」のみと潔いものになっています。 これも「本質だけを」という哲学なのでしょう。 底面の造りも変更されました。 まずSDカードの収納部。 フタを開けるにはフタそのものをスライドさせるというワンアクションで、バネの力でパタンと開く仕組みになっています。 ものすごい精密感です。 次にバッテリーですが(LEICA SLと共通のものになり容量もアップしました)、フタと一体化しているため、カメラ本体にバッテリー用のフタは存在しません。 シルバーのレバーを操作すると、これまたバネの力でポンと出てきます。 とは言っても、この時点では往年のスーパーカー消しゴムのようにすっ飛んでいくことはありません。 この写真に写っている位置でピタッと止まるようにロックが掛かり、この状態から落下することはなく、更に奥の方に少し押すことで初めてリリースされるので安心感があります。 いやあ、このカラクリだけでもため息が出るのですが、どれほどのコストがかかっているのでしょう!というのは下世話でした。 やはりどこをとっても、ライカはライカ。 これに尽きます。 2019.

次の

【保存版】憧れのカメラ「ライカ」の魅力とおすすめモデル6選!知ればきっと欲しくなる!!

ライカ q2

ライカのカメラは、プロの写真家も心から欲しがる超ハイエンドな製品だ。 カメラ界のブガッティであり、そう呼ばれるのも当然といえる。 ライカといえば、歴史ある最高品質の職人技や比類のない光学性能、そして驚くべき価格で知られている。 それにライカのカメラは、だんだんと好きになる味のような存在でもある。 ほかのカメラとは異なるくせがあり、よくも悪くも、わが道を行く。 単焦点レンズのコンパクトカメラ「ライカQ2」は、4,730万画素の35mmフルサイズのセンサーに、レンジファインダースタイルの電子ヴューファインダー、ほこりや水滴の侵入を防ぐ保護シーリングをもつ。 だが、値札を見たら財布が逃げだすかもしれない。 価格は4,995ドル(日本価格は73万4,400円)なのだ。 冷水を浴びせられたようなこの現実を、どう感じただろうか?しかしQ2の価格は、大半の写真家がこのカメラを購入候補から外す唯一の理由ではない。 Q2は、ライカ自身のものを含むほかのミラーレスカメラと比べて、決して機能が充実しているとは言えないのだ。 というのも、レンズを交換できないのである。 つまり、採用されている28mm、f1. 7のレンズから逃れることはできない。 これは残念なことだし、もちろん5,000ドルするカメラとしては異例なことだと言えよう。 ただし、ライカのレンズだけに、信じられないほど素晴らしい写真を撮ることができる。 筆舌に尽くしがたい上質な写真 このようなカメラで撮影した写真には、筆舌に尽くしがたい上質さがある。 たとえレンズの絞りを最大にしても、ピントがしっかり合った写真になる。 背景が溶けこんだ、バターのように滑らかで甘美なボケを表現できる。 どのようなシーンを切り取っても、透明ガラスに閉じ込められたかのようにクリアだ。 色彩も鮮やかで、忠実に再現される。 確かに、28mmレンズは柔軟性が高い。 スナップ写真やストリート写真、大部分の旅行写真に適している。 実際に個人的に最も多用するのは28mmレンズだ。 28mmレンズは、息をのむほど美しい風景写真を撮るには画角が狭く、ポートレートを撮るには広すぎる。 個人的にはポートレートを撮るときは、もっと焦点距離が長いほうがいい。 85mmくらいか、最低でも50mmあるといい。 つまり、Q2の28mmレンズでは、人の顔をのぞき込むように撮影しなければならない。 もっと安価なカメラでさえ1台で何役もこなしてくれるが、Q2にはそれができない。 オートフォーカスという最大の武器 ただし、Q2にはオートフォーカスがある。 もはや基本機能も同然だが、ライカはオートフォーカスと奇妙な関係を築いている。 ライカのミラーレスカメラが採用している「Mシステム」は、フルサイズのデジタルレンジファインダーを搭載していてレンズ交換も可能だが、焦点は手動で合わせなければならない。 これは設計思想上の決断であり、マニュアルでゆっくりとピントを合わせる面白さが優先されている。 本気で構図を考え、ゆっくり呼吸し、その瞬間を味わうことができる。 一方でこの決断は、いくつもの切り取るべき瞬間が失われることも意味する。 これこそ、Q2のオートフォーカスシステムに大きな意味がある理由だ。 ライカのオートフォーカス付きレンジファインダー。 これは大きい。 Q2はオートフォーカスだけでなく、Wi-Fi接続、動画撮影、タッチパネル式モニターなど、標準的な文明の利便性を取り入れている。 ライカのアプリを使用すれば、撮影した写真をWi-Fi経由でスマートフォンに転送もできる。 動画撮影も簡単 スマートフォンアプリは驚くほど直感的だ。 カメラメーカーが提供する写真転送アプリのほとんどはかなり簡素で、反応性や使い勝手が特に優れるわけではない。 これに対してライカのアプリは、インターフェースが単純明快で、カメラへの接続も容易だ。 動画撮影も簡単といえる。 47メガピクセルのフルサイズセンサーで、毎秒24フレームか30フレームのゴージャスな4K動画を撮影できる。 ただし、ここでも28mmレンズが足かせになる。 実際に使って動画を撮影するときには、例えば24~70mmのように焦点距離を自由に変えたいと感じた。 タッチスクリーンは反応がよく、明るく、発色は鮮やかだ。 Q2のセンサーが生み出す心地よい写真にふさわしい。 タッチ操作も便利だ。 タップするだけで焦点を変えたり、設定を調節したりできる。 タッチパネルが物理的なボタン操作を見事に補完しており、使っていて楽しい。 ボタン類の配置も理にかなっている。 メニューをくまなく調べなくても、シャッタースピード、ISO、絞り、露出補正などの重要な設定を行うことができる。 PHOTOGRAPH BY LEICA 最も注目すべきは、市場トップクラスのセンサーだ。 JPEG画像でさえ、業界最高レヴェルのダイナミックレンジを誇る。 アドビの「Photoshop Lightroom」で編集したときも、細部をほとんど犠牲にすることなく露出調整できた。 まさに夢のようなセンサーだ。 レンズの選択肢さえあれば、と思わずにはいられない。 「世界最高のコンパクトカメラ」 もしライカのエコシステムの一員になる気があり、その挑戦に大金を投じてもいいと考えているなら、Q2を買うことから始めるのはあまりお勧めできない。 Q2は素晴らしいカメラで写真の質も申し分ないが、基本的には「世界最高のコンパクトカメラ」だ。 もし複数のレンズを使いたいのであれば、同じく5,000ドルで古いMシリーズのカメラと中古レンズを購入したほうがいい。 そうすれば、少しずつキットを成長させていくことができる。 もし求めているのがオートフォーカスと複数のレンズであれば、同じ5,000ドルをソニーか富士フイルムにつぎ込めば、エコシステムの奥深くまで入り込むことができるだろう。 例えば、富士フイルムの名機「X-Pro2」なら、1,000ドル前後で中古品を見つけることができる。 レンズ交換が可能で優れたレンジファインダーを搭載しており、Q2と同様に、この世のものとは思えないほど美しい写真を撮影できる。 実際にソニーと富士フイルム、どちらのフルサイズのミラーレスカメラを選んでも、投資額をはるかに上回る満足感を得られるだろう。 しかし残念ながら、どちらのカメラにも同じセンサーとレンズは付いていない。 このため結局、取り外すことのできない頑固なレンズが付いたQ2のことを、いまも心から愛しているのだ。

次の