軍隊 階級。 軍階

軍隊の階級・銀河英雄伝説、幼女戦記のお供に提督、将軍に階級の解説

軍隊 階級

この節のが望まれています。 1944-1945年 [ ] に技術部の兵技及び航技が統合され、それ以降は陸軍廃止まで階級制度についての改正はなかった。 陸軍軍人の階級(1944年8月10日 - 廃止) 階級 兵科 各部 技術部 経理部 衛生部 獣医部 軍楽部 法務部 憲兵 主計 建技 軍医 薬剤 歯科医 衛生 獣医 獣医務 法務 法事務 陸軍大将 陸軍中将 陸軍技術中将 陸軍主計中将 陸軍建技中将 陸軍軍医中将 陸軍薬剤中将 陸軍歯科医中将 陸軍獣医中将 陸軍法務中将 陸軍少将 陸軍技術少将 陸軍主計少将 陸軍建技少将 陸軍軍医少将 陸軍薬剤少将 陸軍歯科医少将 陸軍獣医少将 陸軍法務少将 陸軍大佐 陸軍憲兵大佐 陸軍技術大佐 陸軍主計大佐 陸軍建技大佐 陸軍軍医大佐 陸軍薬剤大佐 陸軍歯科医大佐 陸軍獣医大佐 陸軍法務大佐 陸軍中佐 陸軍憲兵中佐 陸軍技術中佐 陸軍主計中佐 陸軍建技中佐 陸軍軍医中佐 陸軍薬剤中佐 陸軍歯科医中佐 陸軍獣医中佐 陸軍法務中佐 陸軍少佐 陸軍憲兵少佐 陸軍技術少佐 陸軍主計少佐 陸軍建技少佐 陸軍軍医少佐 陸軍薬剤少佐 陸軍歯科医少佐 陸軍衛生少佐 陸軍獣医少佐 陸軍獣医務少佐 陸軍軍楽少佐 陸軍法務少佐 陸軍法事務少佐 陸軍大尉 陸軍憲兵大尉 陸軍技術大尉 陸軍主計大尉 陸軍建技大尉 陸軍軍医大尉 陸軍薬剤大尉 陸軍歯科医大尉 陸軍衛生大尉 陸軍獣医大尉 陸軍獣医務大尉 陸軍軍楽大尉 陸軍法務大尉 陸軍法事務大尉 陸軍中尉 陸軍憲兵中尉 陸軍技術中尉 陸軍主計中尉 陸軍建技中尉 陸軍軍医中尉 陸軍薬剤中尉 陸軍歯科医中尉 陸軍衛生中尉 陸軍獣医中尉 陸軍獣医務中尉 陸軍軍楽中尉 陸軍法務中尉 陸軍法事務中尉 陸軍少尉 陸軍憲兵少尉 陸軍技術少尉 陸軍主計少尉 陸軍建技少尉 陸軍軍医少尉 陸軍薬剤少尉 陸軍歯科医少尉 陸軍衛生少尉 陸軍獣医少尉 陸軍獣医務少尉 陸軍軍楽少尉 陸軍法務少尉 陸軍法事務少尉 陸軍准尉 陸軍憲兵准尉 陸軍技術准尉 陸軍主計准尉 陸軍建技准尉 陸軍衛生准尉 陸軍獣医務准尉 陸軍軍楽准尉 陸軍法事務准尉 陸軍曹長 陸軍憲兵曹長 陸軍技術曹長 陸軍主計曹長 陸軍建技曹長 陸軍衛生曹長 陸軍獣医務曹長 陸軍軍楽曹長 陸軍法事務曹長 陸軍軍曹 陸軍憲兵軍曹 陸軍技術軍曹 陸軍主計軍曹 陸軍建技軍曹 陸軍衛生軍曹 陸軍獣医務軍曹 陸軍軍楽軍曹 陸軍法事務軍曹 陸軍伍長 陸軍憲兵伍長 陸軍技術伍長 陸軍主計伍長 陸軍建技伍長 陸軍衛生伍長 陸軍獣医務伍長 陸軍軍楽伍長 陸軍法事務伍長 陸軍兵長 陸軍憲兵兵長 陸軍技術兵長 陸軍衛生兵長 陸軍軍楽兵長 陸軍法事務兵長 陸軍上等兵 陸軍憲兵上等兵 陸軍技術上等兵 陸軍衛生上等兵 陸軍軍楽上等兵 陸軍法事務上等兵 陸軍一等兵 陸軍技術一等兵 陸軍衛生一等兵 陸軍二等兵 陸軍技術二等兵 陸軍衛生二等兵 大日本帝国海軍 [ ] この節のが望まれています。 概観 [ ] 士官の分類 [ ] 海軍草創期は、まず、兵科の官が設置され、次いで、軍医官・会計官、その後、機関官の官が順次設けられていった。 一時は秘書科もあったがまもなく廃された。 これらの官は当初はであったが、後に武官に転じた(武官の中で、時期により、「将校・准将校・機関将校・将校相当官」といった区分が設けられていた。 また、機関科の高等武官の処遇は徐々に、兵科の高等武官に近づいてゆき、大正8年9月には両者をともに「将校」と称するに至り、昭和17年には士官に関しては兵科と機関科の区別も廃止された()。 軍医は、伝統的に重視され、機関科を除く各部の中では常に最上位に位置づけられていた。 軍医総監・軍医中将への任官者については、を参照。 また、昭和に入ると、士官が設けられた。 期になると、文官であった法務関係の職員が武官に転換したが、服制が異なったり、相当官、一等兵及び二等兵の階級を欠くなど特別な扱いもあった。 士官の任用 [ ] 草創期は様々な任用がなされた。 代表的なものとしては、次のものなどがある。 従来の旧海軍等の経験に応じた任用がなされたものとしては、、、、、、、明治3年に中佐に任官した、、明治4年に少尉補に任官した、明治4年に海軍少尉に任官した、明治4年に大尉に任官した、明治5年に少佐に任官した、1875年(明治7年)4月4日に海軍少将に任官した及び 、明治7年8月1日に中将に任官した川村純義 、1875年(明治8年)に少尉に任官したなど多数。 陸軍から海軍に転じた者としては、明治5年に海軍中佐に任官した、1871年に海軍に転じた、明治6年に海軍少佐に任官した、明治17年に海軍少将に任官した、1893年(明治26年)5月、海軍主計総監に任官したなど多数。 外国の海軍兵学校等に留学させてその課程を修了した者としては、1873年(明治6年)12月に中佐に任官した、1874年(明治7年)に中尉に任官した、1878年(明治11年)1月に大尉に任官した、1879年(明治12年)1月に中機関士に任官した、1881年(明治14年)9月に中尉に任官した、1881年(明治14年)11月に中尉に任官した 、明治23年に少尉に任官したなど。 もっとも、兵科士官候補生を教育する機関は非常に早い時期から設置されており(海軍操練所・海軍兵学寮・海軍兵学校など名前も変遷した(詳細は参照。 )、これらの出身者が兵科士官の中核を占めるようになっていった(日本の海軍兵学校が整備された後も外国の海軍兵学校に留学させることはあった。 技術部門の高等官は、初期は旧幕府出身者も含めてそれまでの経歴等で任用が行われた時期もあったが 、その後の学校制度の確立に伴い、主に東京大学・帝国大学などの出身者を採用するようになっていった。 特務士官 [ ] 明治30年12月1日に、下士から昇進した兵曹長等は、「士官」に分類されることとなった。 その後、大正4年12月15日に、「士官」に分類されていた兵曹長等が新設の「特務士官」(少尉相当)という区分に分類されることとなった。 これによって、卒(兵)出身者は士官に昇進できないのが原則となった。 ただ、大正9年4月1日に、特務士官は大尉相当から少尉相当まで昇進が可能となった。 昭和17年11月1日には、特務士官も大正9年以来の「海軍特務大尉」等の官名から、正規士官等と同じ「海軍大尉」の官名に変更されたが、特務士官という区分自体は海軍廃止時まで残った。 大正9年4月1日以降、特務士官である特務大尉 (兵科以外も含む)から昇進する場合は、士官である少佐(兵科以外も含む)に任じられることとなった。 准士官 [ ] 准士官の分類は、明治9年8月に官階10等を「准士官」に分類したことに始まり 、少尉補が准士官に分類された。 明治15年6月には官階9等、10等を准士官とした。 この当時の准士官には機関士補等も含まれていた。 下士官(下士) [ ] 明治5年には、准士官はなく、士官より下の乗組官等には「中士」という分類もあり、中士1等(官階10等)が少尉、2等(官階11等)が曹長、下士1等(官階12等)が権曹長、2等(官階13等)が曹長、3等(官階15等)が伍長に相当した。 明治6年に中士の称が廃止され、官階11等から15等までを下士と称した。 明治15年6月には、官階11等から13等までを下士とした。 兵(卒) [ ] 明治初期の特に下士・卒・准卒の官名・職名制度は、職掌と結びついて複雑なものであった(戦後の海上警備隊以降は、制服隊員であれば、職掌の区別なく単一の階級体系に分類されているのと大いに異なる。 その後、概ね科毎に整理等されていった。 明治元年 - [ ] 文武官を分ける始めとして、慶応4年 明治元年 閏4月に、海軍局に、として、海軍将を置き、一等より三等に至る。 明治2年 [ ] 明治2年7月に、軍務官を廃止しが置かれ、大中少将が置かれた。 明治3年9月18日の太政官布達第604号により、大佐から少尉までが置かれた。 この時期、順次官階の整備が進められるなど海軍の体制が確立されつつあり、明治2年9月に海軍操練所を開設し、海軍士官の養成に着手した。 海軍操練所は、明治3年11月に、海軍兵学寮と改称されたが、この時代には、将校と機関官との区別がなかったようで、機関官の淵源は明治3年11月にに入校した者に起こり、同8年10月9日に卒業した者が嚆矢である。 兵学寮の第1期生はらである。 ただ、明治3年11月調べの職員録では、海軍の大将以下少尉以上の官にある者は一人もいない。 明治3年9月 位階 官名 従二位 大将 従三位 中将 従四位 少将 正五位 大佐 従五位 中佐 正六位 少佐 正七位 大尉 従七位 中尉 正八位 少尉 明治3年11月9日、海兵水卒等を水勇と改称した。 明治4年8月 - [ ] 明治4年8月、大元帥、元帥、曹長、権曹長及び軍曹が追加で置かれた。 この際、少将(官階4等)以上を勅任、少佐(官階7等)以上を奏任とし、大尉以下を判任とした。 兵部省軍医寮に、一等・二等軍医正、一等・二等軍医、一等・二等軍医副、軍医試補(官階5等から11等まで)を、海軍部会計局に、会計監長、監督一等、監督二等、監督三等(官階5等から8等まで)を、また、病院総司(官階8等)を置いた。 明治4年8月 官等 将校等 兵部省軍医寮 海軍部会計局 大元帥 勅任 1等 元帥 2等 大将 3等 中将 4等 少将 奏任 5等 大佐 一等軍医正 会計監長 6等 中佐 二等軍医正 監督一等 7等 少佐 一等軍医 監督二等 判任 8等 大尉 二等軍医 監督三等 病院総司 9等 中尉 一等軍医副 10等 少尉 二等軍医副 11等 曹長 軍医試補 12等 権曹長 13等 軍曹 明治5年正月には、大元帥・元帥が廃止された。 会計監長以下が廃止された。 1872年4月5日(明治5年2月28日)に、兵部省が、陸軍省・海軍省に分割された。 明治5年3月4日、水勇を海兵と改称した。 明治5年8月 - [ ] 明治5年8月には、中士1等・2等、下士1等ないし3等(官階10等ないし14等)を設け、少尉・曹長・権曹長・軍曹・伍長に相当した。 卒を5等に分類した。 1等中士に、艦内教授役、掌砲上長、水夫上長、工夫上長(この3つを三上長という)等を置いた。 明治5年10月には大元帥・元帥が再度設置されたほか、伍長が追加された。 海軍省秘史局に、大少秘書官(官階6等・7等)を、会計局に、主計大少監、大中少主計、主計副(官階6等から11等まで)を、軍医寮に、大中少医監、大中少軍医、軍医副(官階5等から11等まで)を、機関司に、大少監、大中少機関士、機関士副(官階6等から11等まで)を置いた。 明治6年5月には大元帥・元帥が再度廃止され、大将が官階1等とされた。 明治6年5月8日に大尉が、12日に中少尉が、奏任とされた。 明治6年6月 - [ ] 明治6年6月29日 には、「少尉試補」は「少尉補」に改称された。 准将校について、秘史局・軍務局に、秘書官、権秘書官、大中少秘書、秘書副(官階5等から10等まで)を置き、会計局の主計大監以下の官階を1等ずつ進め、5等から10等とした。 また、機関司が廃止され、代わりに、主船寮が置かれ、機関大監以下の官が置かれ(機関士副は廃止)、かつ、官階を1等ずつ進め、5等から9等とした。 また、軍医寮大医監以下の官階を1等ずつ進め、4等から10等とした。 また、秘書官、主計官、軍医官、機関官を「乗艦ノ4文官」と称した。 6月30日、大軍医・大主計を奏任とした(7等相当)。 明治6年8月8日 、将官・上長官・士官・下士の分類が設けられたほか、権曹長が廃止された。 官階は、10等を欠き、曹長を11等とした。 機関士副が再置され、下士に分類された。 中士の名称を廃止し、官階11等から15等までを下士に分類した。 卒5等中より、艦船限りで傭役する者を区別した。 最初の海軍兵学校卒業生は、明治6年11月に卒業した平山藤次郎及び森又七郎である。 これらの者が日本国内で近代的な海軍士官教育を受けた最初の世代である。 明治6年11月27日、軍医・秘書・主計・機関の4科の中少尉相当官を奏任とした。 明治7年1月14日に、榎本武揚が初の海軍中将に任じられているが 、現実に海軍に勤務していたわけではない。 また、秘書の例としては、明治7年に大秘書に任じられた児玉利国 などがある。 明治7年7月、機関科に機関士補を置いたが、官等には列しなかった。 5月、秘史局・軍務局が廃止された。 (明治7年)は、この頃である。 明治8年当時の下士の官階を整理すると、次の通りであった。 明治8年当時(軍医副等を除く10等官以下) 官等 10等 艦内教授役 掌砲上長 水夫上長 木工上長 11等 曹長 艦内教授役介 警吏 一等筆生 掌砲長 水夫長 木工長 火夫長 12等 軍曹 警吏補 二等筆生 掌砲次長 水夫次長 指揮官端舟長 甲板長 按針長 信号長 帆縫長 造綱長 木工次長 艦内厨宰 火夫次長 鍛冶長 13等 伍長 三等筆生 掌砲長属 水夫長属 艦長端舟長 大端舟長 甲板次長 檣楼長 按針次長 信号次長 帆縫次長 造綱次長 船艙長 木工長属 艦内割烹 鍛冶次長 14等 中端舟長 少端舟長 甲板長属 檣楼長属 按針長属 信号長属 帆縫長属 造綱長属 槙筎工長 塗工長 桶工長 艦内厨宰介 病室厨夫 看病夫長 火夫長属 鍛冶長属 兵器工長 艦内教授役とは、軍艦・機関の運用及びその他艦内諸機械一切の用法等全てこれらに属する諸般の事務を教授することを掌るものであった。 警吏とは、艦内を巡視し、諸員の勤惰及び不慮の災害等全てこれらに属する一切のことを監視することを掌るものであった。 槙筎工長とは、本艦或いは端舟等の漏孔に槙筎を填めて潮水が濫入することを防ぐことを掌るものであった。 明治9年5月2日、軍楽隊の官等が改正された。 明治9年8月 - [ ] 明治9年8月、官階10等を准士官として、少尉補をこれに分類した。 軍医科に、軍医総監を置いて、3等官とした。 秘書科に、大中少秘史(官階4等から6等まで)を置いた。 主計科の主計大監を官階4等とし、新たに主計中監(官階5等)を置いた。 機関科も主計科と同様の改正を行ったほか、機関士補を官階11等とした。 この時に、主船寮や軍医寮等を廃止した。 「水夫」は「水兵」に改称された。 軍楽科を武官にした。 明治9年12月18日、初のの任官があった()。 1876年(明治9年)頃はまだ任官の要件などが確立されておらず、5月13日には、病重いが20代で海軍少将(昇進としてではない)に任ぜられるなど柔軟な運用がなされていた。 (明治10年)は、この頃である。 明治11年11月、艦船限りで傭役する者を准卒と称することになった。 明治9年8月 - 官階 軍医科 秘書科 主計科 機関科 1等 将官 大将 2等 将官 中将 3等 将官 少将 軍医総監 4等 上長官 大佐 大医監 大秘史 主計大監 機関大監 5等 上長官 中佐 中医監 中秘史 主計中監 機関中監 6等 上長官 少佐 少医監 少秘史 主計少監 機関少監 7等 士官 大尉 大軍医 大秘書 大主計 大機関士 8等 士官 中尉 中軍医 中秘書 中主計 中機関士 9等 士官 少尉 少軍医 少秘書 少主計 少機関士 10等 准士官 少尉補 軍医副 秘書副 主計副 機関士副 11等 下士 機関士補 明治14年当時 [ ] 明治14年8月10日制定の改正により、海軍卒・准卒の職名は次のように定められた。 卒職名表 等級 一等卒 一等水兵 一等信号夫 一等木工 一等船艙夫 一等桶工 一等帆縫夫 一等造綱夫 一等槙筎工 一等鍛冶 一等兵器工 一等塗工 一等火夫 一等看病夫 二等卒 二等水兵 二等信号夫 二等木工 二等船艙夫 二等桶工 二等帆縫夫 二等造綱夫 二等槙筎工 二等鍛冶 二等兵器工 二等塗工 二等火夫 二等看病夫 三等卒 三等水兵 三等信号夫 三等木工 三等桶工 三等槙筎工 三等鍛冶 三等兵器工 三等塗工 三等火夫 三等看病夫 四等卒 四等水兵 四等信号夫 四等木工 四等桶工 四等槙筎工 四等鍛冶 四等兵器工 四等塗工 四等火夫 四等看病夫 五等卒 一等若水兵 一等若火夫 二等若水兵 二等若火夫 准卒職名表 等級 一等准卒 厨宰介 割烹手介 将官厨宰 将官割烹手 二等准卒 一等割烹手 一等裁縫夫 一等造靴夫 将官従僕 艦長一等厨宰 艦長一等割烹手 士官室一等厨宰 士官室一等割烹手 三等准卒 二等割烹手 二等裁縫夫 二等造靴夫 艦長二等厨宰 艦長二等割烹手 士官室二等厨宰 士官室二等割烹手 士官次室厨宰 士官次室割烹手 機関士室厨宰 機関士室割烹手 艦長従僕 上長官従僕 四等准卒 厨宰使丁 三等割烹手 一等守燈夫 一等剃夫 艦長割烹手介 准士官厨宰 准士官割烹手 士官室使丁 士官室割烹手介 将官附士官従僕 士官室士官従僕 士官次室使丁 機関士室使丁 明治15年6月 - [ ] 明治15年6月、曹長・軍曹・伍長を廃止した。 秘書科を廃止した。 軍医部だけであった総監を、機関・主計部にも置いた。 機関・軍医・主計部の機関士副・軍医副・主計副を廃止し、「〇〇補」を新設等して、これらをともに准士官(官階10等)とした。 大中少医監を廃止し、軍医大中少監を置いた。 機関・軍医・主計の3部を准将校と称し、武官とした。 また、この3部の官階4等ないし6等官を某部上長官、7等ないし9等官を某部士官と称した。 9等・10等を准士官と称することになり(9等官には、士官と准士官両方が存在することになる。 )、下士を3等に分け、官階11等より13等までを下士とした。 准士官・下士は共に判任とされた。 また、各部の並びも機関部が軍医部よりも上位に置かれることとなった。 1883年(明治15年)12月27日には、新設の機関総監にが任じられている。 海軍武官官等表(勅任・奏任)(明治15年) 官階 将校 准将校 機関部 軍医部 主計部 1等 将官 大将 2等 将官 中将 3等 将官 少将 機関総監 軍医総監 主計総監 4等 上長官 大佐 機関大監 軍医大監 主計大監 5等 上長官 中佐 機関中監 軍医中監 主計中監 6等 上長官 少佐 機関少監 軍医少監 主計少監 7等 士官 大尉 大機関士 大軍医 大主計 8等 士官 中尉 中機関士 中軍医 中主計 9等 士官 少尉 少機関士 少軍医 少主計 10等 准士官 少尉補 機関士補 軍医補 主計補 海軍武官官等表(下士等)(明治15年) 9等 准士官 掌砲上長 水兵上長 木工上長 機関工上長 10等 准士官 掌砲長 水兵長 木工長 機関工長 楽長 11等 1等下士 一等兵曹 一等木工長属 一等機関工手 一等水雷工手 火夫長 艦内教授役 警吏 一等筆記 一等主厨 一等看護手 楽次長 12等 2等下士 二等兵曹 二等木工長属 槙筎工長 鍛冶長 兵器工長 塗工長 二等機関工手 二等水雷工手 一等火夫長属 艦内教授役介 警吏補 二等筆記 二等主厨 二等看護手 楽師 13等 3等下士 三等兵曹 三等木工長属 桶工長 槙筎工長属 鍛冶長属 兵器工長属 塗工長属 三等機関工手 三等水雷工手 二等火夫長属 三等筆記 三等主厨 三等看護手 楽手 明治17年の帆縫夫等廃止前の明治17年当時の卒、准卒の職名表は次の通りである。 卒職名表 等級 一等卒 一等水兵 一等帆縫夫 一等造綱夫 一等船艙夫 一等木工 一等槙筎工 一等塗工 一等桶工 一等火夫 一等鍛冶 一等兵器工 楽生 二等卒 二等水兵 二等造綱夫 二等帆縫夫 二等船艙夫 二等木工 二等槙筎工 二等塗工 二等桶工 二等火夫 二等鍛冶 二等兵器工 三等卒 三等水兵 三等木工 三等槙筎工 三等塗工 三等桶工 三等火夫 三等鍛冶 三等兵器工 四等卒 四等水兵 四等木工 四等槙筎工 四等塗工 四等桶工 四等火夫 四等鍛冶 四等兵器工 五等卒 五等若水兵 五等木工 五等槙筎工 五等塗工 五等桶工 五等火夫 五等鍛冶 五等兵器工 二等若水兵 二等若火夫 准卒職名表 厨宰介 割烹手介 看病夫長介 将官厨宰 将官割烹手 一等看病夫 一等裁縫夫 一等造靴夫 艦長一等厨宰 艦長一等割烹手 士官室一等厨宰 士官室一等割烹手 一等割烹手 二等看病夫 二等裁縫夫 二等造靴夫 艦長二等厨宰 艦長二等割烹手 士官室二等厨宰 士官室二等割烹手 士官次室厨宰 士官次室割烹手 機関士室厨宰 機関士室割烹手 艦長従僕 上長官従僕 二等割烹手 一等造麺夫 三等看病夫 一等守燈夫 一等剃夫 艦長割烹手介 准士官厨宰 准士官割烹手 士官室使丁 士官室割烹手介 将官附士官従僕 士官室士官従僕 士官次室使丁 機関士室使丁 厨宰使丁 三等割烹手 二等造麺夫 二等守燈夫 二等剃夫 明治17年7月海軍省丙第108号達にて、信号夫・船艙夫・帆縫夫・造綱夫・槙筎工は廃止され 、信号夫・船艙夫・帆縫夫・造綱夫は水兵に、槙筎工は木工に統合された。 明治18年1月31日制定の改正により、卒・准卒の職名に変更があった。 明治19年7月 - [ ] 海軍武官官等表(勅任・奏任)(明治19年勅令52号) 機技部 軍医部 主計部 勅任 大将 一等 中将 二等 少将 機技総監 軍医総監 主計総監 奏任 一等・二等 大佐 機関大監 大技監 軍医大監 主計大監 三等 少佐 機関少監 少技監 軍医少監 薬剤監 主計少監 四等・五等 大尉 大機関士 大技士 大軍医 大薬剤官 大主計 六等 少尉 少機関士 少技士 少軍医 少薬剤官 少主計 准士官の官名が変更された。 「兵曹上長」・「兵曹長」が「上等兵曹」とされ、「木工上長」・「木工長」が「船匠師」と改められた。 なお、明治19年7月13日に、上等兵曹・軍楽師・機関師・船匠師への一斉任官が行われている。 中尉階級が廃止されたため(大尉に統合された )、明治30年12月1日に中尉階級が再度設置されるまでの時期に当たっていた海軍兵学校7期から17期出身者は、中尉階級を経験していない。 海軍武官官等表(判任)(明治19年勅令52号) 機技部 軍医部 主計部 判任一等 准士官 上等兵曹 軍楽師 機関師 上等技工 船匠師 判任二等 下士一等 一等兵曹 一等艦内教授 一等警吏 一等軍楽手 一等機関手 一等技工 一等船匠手 一等水雷工 一等鍛冶手 一等看護手 一等筆記 一等主厨 判任三等 下士二等 二等兵曹 二等艦内教授 二等警吏 二等軍楽手 二等機関手 二等技工 二等船匠手 二等水雷工 二等鍛冶手 二等看護手 二等筆記 二等主厨 判任四等 下士三等 三等兵曹 三等艦内教授 三等警吏 三等軍楽手 三等機関手 三等技工 三等船匠手 三等水雷工 三等鍛冶手 三等看護手 三等筆記 三等主厨 明治19年10月1日調べの海軍武官准士官以上名簿によると、上等兵曹は71名、軍楽師は3名、機関師は51名、船匠師は12名いた。 その後、艦内教授や警吏が廃止された。 明治21年12月1日 、一等若水兵・一等若火夫を廃止して、二等若水兵・二等火夫を五等水兵・五等火夫と改めた。 これは、元々、若水兵・若火夫が、新募兵で、練習が修了するに及び一等若水兵・一等火夫として艦船の定員に充てていたが、恩給令の服役年の計算に入らず、また、実際これを2分する必要がないことからの改正である。 これに伴って、若木工も五等木工に、若鍛冶も五等鍛冶に改められた。 明治22年4月 - [ ] 明治22年4月29日の改訂では、卒を5等級とした。 海軍卒職名等級表(明治22年勅令第58号) 一等 一等水兵 一等軍楽生 一等水雷夫 一等火夫 一等工夫 一等木工 一等鍛冶 一等看病夫 一等厨夫 二等 二等水兵 二等軍楽生 二等水雷夫 二等火夫 二等工夫 二等木工 二等鍛冶 二等看病夫 二等厨夫 三等 三等水兵 三等軍楽生 三等水雷夫 三等火夫 三等工夫 三等木工 三等鍛冶 三等看病夫 三等厨夫 四等 四等水兵 四等軍楽生 四等水雷夫 四等火夫 四等工夫 四等木工 四等鍛冶 四等看病夫 四等厨夫 五等 五等水兵 五等軍楽生 五等水雷夫 五等火夫 五等工夫 五等木工 五等鍛冶 五等看病夫 五等厨夫 その後、明治23年3月14日に工夫が廃止された。 明治23年12月27日には水雷夫が廃止され、信号兵が新設された。 明治22年7月 - [ ] 明治22年7月23日の明治22年勅令第98号では、下士について改訂が行われた。 機技部の水雷工が廃止されたほか、主計部の筆記と主厨とが統合されて主帳とされ、主計部に准士官である上等主帳が置かれた。 海軍武官官等表(判任)(明治22年勅令第98号) 機技部 軍医部 主計部 判任一等 准士官 上等兵曹 軍楽師 機関師 上等技工 船匠師 上等主帳 判任二等 下士一等 一等兵曹 一等軍楽手 一等機関手 一等技工 一等船匠手 一等鍛冶手 一等看護手 一等主帳 判任三等 下士二等 二等兵曹 二等軍楽手 二等機関手 二等技工 二等船匠手 二等鍛冶手 二等看護手 二等主帳 判任四等 下士三等 三等兵曹 三等軍楽手 三等機関手 三等技工 三等船匠手 三等鍛冶手 三等看護手 三等主帳 その後、准士官に上等看護手を(明治23年9月8日 )、下士に信号手を新設する改訂(明治24年2月16日 )と、技工を廃止する改訂とが行われた。 また、明治24年8月26日に「海軍武官官階表」が施行された(明治24年勅令第157号)。 1894年(明治27年)10月3日には、であったが海軍に転じ、海軍初のとなった。 日清戦争中 [ ] 1894年(明治27年)7月から1895年(明治28年)3月にかけて行われた日清戦争中の海軍の階級は次の通りであった。 日清戦争中の階級表(士官以上) 機技部 軍医部 主計部 将官 大将 将官 中将 将官 少将 機技総監 軍医総監 主計総監 上長官 大佐 機関大監 大技監 軍医大監 主計大監 上長官 少佐 機関少監 少技監 軍医少監 薬剤監 主計少監 士官 大尉 大機関士 大技士 大軍医 大薬剤官 大主計 士官 少尉 少機関士 少技士 少軍医 少薬剤官 少主計 日清戦争中の階級表(准士官以下) 准士官 上等兵曹 軍楽師 機関師 船匠師 上等看護手 上等主帳 下士一等 一等兵曹 一等信号手 一等軍楽手 一等機関手 一等船匠手 一等鍛冶手 一等看護手 一等主帳 下士二等 二等兵曹 二等信号手 二等軍楽手 二等機関手 二等船匠手 二等鍛冶手 二等看護手 二等主帳 下士三等 三等兵曹 三等信号手 三等軍楽手 三等機関手 三等船匠手 三等鍛冶手 三等看護手 三等主帳 卒一等 一等水兵 一等信号兵 一等軍楽生 一等火夫 一等木工 一等鍛冶 一等看病夫 一等厨夫 卒二等 二等水兵 二等信号兵 二等軍楽生 二等火夫 二等木工 二等鍛冶 二等看病夫 二等厨夫 卒三等 三等水兵 三等信号兵 三等軍楽生 三等火夫 三等木工 三等鍛冶 三等看病夫 三等厨夫 卒四等 四等水兵 四等信号兵 四等軍楽生 四等火夫 四等木工 四等鍛冶 四等看病夫 四等厨夫 卒五等 五等水兵 五等信号兵 五等軍楽生 五等火夫 五等木工 五等鍛冶 五等看病夫 五等厨夫 明治27年10月3日、初の海軍大将の任命が行われた()。 これまでは、海軍大将は官自体はあっても、実際の任命例はなかった。 戦後の明治28年9月25日に、「火夫」が「機関兵」に、「看病夫」が「看護」に、「厨夫」が「主厨」(「主厨」はかつての主計部下士の官名であった。 )に、それぞれ改められた。 明治29年4月1日 - [ ] 明治29年4月1日には士官以上・准士官・下士について比較的大きな改訂が行われた(明治29年勅令第39号)。 機技部の士官以上の官が、機関、造船、造兵、に分割された。 1896年(明治29年)4月、機技部の分割に伴い、造兵官に転じた者には、などがいる。 海軍武官官階表(士官以上)(明治29年勅令第39号) 大将 中将 少将 機関総監 軍医総監 主計総監 造船総監 造兵総監 上長官 大佐 機関大監 軍医大監 主計大監 造船大監 造兵大監 上長官 少佐 機関少監 軍医少監 薬剤監 主計少監 造船少監 造兵少監 水路監 士官 大尉 大機関士 大軍医 大薬剤官 大主計 造船大技士 造兵大技士 水路大技士 士官 少尉 少機関士 少軍医 少薬剤官 少主計 造船少技士 造兵少技士 水路少技士 信号手・機関手が信号兵曹・機関兵曹に改称された。 主計科の下士については、以前に衣糧部門と烹炊部門とが統合されて「主帳」とされたが、再度分離して「筆記」と「厨宰」とに別れた。 海軍武官官階表(准士官以下) 准士官 上等兵曹 船匠師 軍楽師 上等機関兵曹 看護師 上等筆記 下士 一等兵曹 一等信号兵曹 一等船匠手 一等軍楽手 一等機関兵曹 一等鍛冶手 一等看護手 一等筆記 一等厨宰 下士 二等兵曹 二等信号兵曹 二等船匠手 二等軍楽手 二等機関兵曹 二等鍛冶手 二等看護手 二等筆記 二等厨宰 下士 三等兵曹 三等信号兵曹 三等船匠手 三等軍楽手 三等機関兵曹 三等鍛冶手 三等看護手 三等筆記 三等厨宰 卒一等 一等水兵 一等信号兵 一等木工 一等軍楽生 一等機関兵 一等鍛冶 一等看護 一等主厨 卒二等 二等水兵 二等信号兵 二等木工 二等軍楽生 二等機関兵 二等鍛冶 二等看護 二等主厨 卒三等 三等水兵 三等信号兵 三等木工 三等軍楽生 三等機関兵 三等鍛冶 三等看護 三等主厨 卒四等 四等水兵 四等信号兵 四等木工 四等軍楽生 四等機関兵 四等鍛冶 四等看護 四等主厨 卒五等 五等水兵 五等信号兵 五等木工 五等軍楽生 五等機関兵 五等鍛冶 五等看護 五等主厨 明治30年12月1日 - [ ] 明治30年12月1日に、中佐・中尉を再設置し、少佐相当官として薬剤正・水路正を新設し、下士卒出身者を予定した「士官」として兵曹長・軍楽長・船匠長・機関兵曹長・看護長・筆記長が置かれたが、「特務士官」の区分はなく、兵曹長等は少尉等と同等の官即ち士官であった。 また、准士官として上等信号兵曹が置かれた。 中尉階級の再設置に伴い、海軍兵学校第18期出身者 は、12月1日付で少尉から中尉に、同月27日付で中尉から大尉になった。 海軍武官官階表(士官以上(兵曹長等を除く))(明治30年勅令第310号) 大将 中将 少将 機関総監 軍医総監 主計総監 造船総監 造兵総監 上長官 大佐 機関大監 軍医大監 主計大監 造船大監 造兵大監 上長官 中佐 機関中監 軍医中監 薬剤監 主計中監 造船中監 造兵中監 水路監 上長官 少佐 機関少監 軍医少監 薬剤正 主計少監 造船少監 造兵少監 水路正 士官 大尉 大機関士 大軍医 大薬剤官 大主計 造船大技士 造兵大技士 水路大技士 士官 中尉 中機関士 中軍医 中薬剤官 中主計 造船中技士 造兵中技士 水路中技士 士官 少尉 少機関士 少軍医 少薬剤官 少主計 造船少技士 造兵少技士 水路少技士 海軍武官官階表(士官のうち兵曹長等のみ及び准士官以下)(明治30年勅令第310号等) 士官 兵曹長 船匠長 軍楽長 上等機関兵曹長 看護長 筆記長 准士官 上等兵曹 上等信号兵曹 船匠師 軍楽師 上等機関兵曹 看護師 上等筆記 下士 一等兵曹 一等信号兵曹 一等船匠手 一等軍楽手 一等機関兵曹 一等鍛冶手 一等看護手 一等筆記 一等厨宰 下士 二等兵曹 二等信号兵曹 二等船匠手 二等軍楽手 二等機関兵曹 二等鍛冶手 二等看護手 二等筆記 二等厨宰 下士 三等兵曹 三等信号兵曹 三等船匠手 三等軍楽手 三等機関兵曹 三等鍛冶手 三等看護手 三等筆記 三等厨宰 卒一等 一等水兵 一等信号兵 一等木工 一等軍楽生 一等機関兵 一等鍛冶 一等看護 一等主厨 卒二等 二等水兵 二等信号兵 二等木工 二等軍楽生 二等機関兵 二等鍛冶 二等看護 二等主厨 卒三等 三等水兵 三等信号兵 三等木工 三等軍楽生 三等機関兵 三等鍛冶 三等看護 三等主厨 卒四等 四等水兵 四等信号兵 四等木工 四等軍楽生 四等機関兵 四等鍛冶 四等看護 四等主厨 卒五等 五等水兵 五等信号兵 五等木工 五等軍楽生 五等機関兵 五等鍛冶 五等看護 五等主厨 明治32年には、機関総監・軍医総監・主計総監・造船総監・造兵総監を、中少将相当官とした。 (明治33年 - 34年)は、この頃である。 明治36年11月10日には、薬剤・水路の上長官について、大佐相当官を設け、また、官名を他の将校相当官と同様のものに改めた。 明治36年12月5日の改訂では、鍛冶手が機関兵曹に 、鍛冶が機関兵に 、それぞれ統合された。 また、海軍卒職名等級表中の機関兵・木工の順序が逆になった。 (明治37年 - 38年)は、この頃である。 明治38年頃の松枝新一の解説によると、海兵団に初めて入団した者は一律に五等卒となるが、水兵・信号兵・機関兵・主厨は6か月、軍学生は10か月、木工は12か月の教程を終業して試験に及第すると、四等卒となる。 その後、海上勤務4か月又は陸上勤務6か月以上続けて、進級試験に合格すると、四等卒よりも上級に進む。 一等卒は海上勤務6か月又は陸上勤務8か月以上で、進級試験に合格すると、一等卒となれる。 明治39年には、機関官の官名を将校に準じたものに改められた(なお「機関官」という呼称は存続した。 明治43年6月1日、信号兵曹が兵曹に 、信号兵が水兵に 、それぞれ統合された。 (大正3年 - 7年)は、この頃である。 大正4年12月15日 - [ ] 大正4年12月15日に、「機関官」を「機関将校」に改め、造機官が新設され、兵曹長等が新設の特務士官という区分に分類されることとなった。 また、海軍武官官階表の官名に「海軍」が冠称されている。 この、技術部門の士官を造船・造機・造兵・水路科に分類する制度は昭和17年まで長期にわたって続いた。 海軍武官官階表(士官以上)(大正4年勅令第216号)(「海軍」の冠称を省略) 将校 機関将校 軍医官 薬剤官 主計官 造船官 造機官 造兵官 水路官 将官 大将 機関将官 将官相当官 中将 機関総監 軍医総監 主計総監 造船総監 造機総監 造兵総監 少将 機関総監 軍医総監 主計総監 造船総監 造機総監 造兵総監 佐官 大佐 機関佐官 機関大監 佐官相当官 軍医大監 薬剤大監 主計大監 造船大監 造機大監 造兵大監 水路大監 中佐 機関中監 軍医中監 薬剤中監 主計中監 造船中監 造機中監 造兵中監 水路中監 少佐 機関少監 軍医少監 薬剤少監 主計少監 造船少監 造機少監 造兵少監 水路少監 尉官 大尉 機関尉官 大機関士 尉官相当官 大軍医 大薬剤官 大主計 造船大技士 造機大技士 造兵大技士 水路大技士 中尉 中機関士 中軍医 中薬剤官 中主計 造船中技士 造機中技士 造兵中技士 水路中技士 少尉 少機関士 少軍医 少薬剤官 少主計 造船少技士 造機少技士 造兵少技士 水路少技士 海軍武官官階表(特務士官以下)・卒職名(大正4年勅令第216号等)(「海軍」の冠称を省略) 特務士官 兵曹長 軍楽長 上等機関兵曹長 船匠長 看護長 筆記長 准士官 上等兵曹 軍楽師 上等機関兵曹 船匠師 看護師 上等筆記 1等下士 一等兵曹 一等軍楽手 一等機関兵曹 一等船匠手 一等看護手 一等筆記 一等厨宰 2等下士 二等兵曹 二等軍楽手 二等機関兵曹 二等船匠手 二等看護手 二等筆記 二等厨宰 3等下士 三等兵曹 三等軍楽手 三等機関兵曹 三等船匠手 三等看護手 三等筆記 三等厨宰 1等卒 一等水兵 一等軍楽生 一等機関兵 一等木工 一等看護 一等主厨 2等卒 二等水兵 二等軍楽生 二等機関兵 二等木工 二等看護 二等主厨 3等卒 三等水兵 三等軍楽生 三等機関兵 三等木工 三等看護 三等主厨 4等卒 四等水兵 四等軍楽生 四等機関兵 四等木工 四等看護 四等主厨 5等卒 五等水兵 五等軍楽生 五等機関兵 五等木工 五等看護 五等主厨 大正8年 - [ ] 大正8年には、将校相当官の官名が兵科や機関科に準じたものに改められた。 また、「将校」・「機関将校」の区別を廃止し、両者を一括して「将校」と称し、その中で「兵科将校」・「機関科将校」に分けることとした。 また、従来、「将官・佐官・尉官」を将校・機関将校のみに用いて、将校相当官を含んで総称する場合は「上長官・士官」の語を用いてきたのを改め、将校相当官についても、「将官・佐官・尉官」と呼称することとなり、また、従来の「軍医官」等の呼称を廃止した。 海軍武官官階表(士官) 将校 将校相当官 兵科 機関科 軍医科 薬剤科 主計科 造船科 造機科 造兵科 水路科 将官 大将 中将 機関中将 軍医中将 主計中将 造船中将 造機中将 造兵中将 少将 機関少将 軍医少将 主計少将 造船少将 造機少将 造兵少将 佐官 大佐 機関大佐 軍医大佐 薬剤大佐 主計大佐 造船大佐 造機大佐 造兵大佐 水路大佐 中佐 機関中佐 軍医中佐 薬剤中佐 主計中佐 造船中佐 造機中佐 造兵中佐 水路中佐 少佐 機関少佐 軍医少佐 薬剤少佐 主計少佐 造船少佐 造機少佐 造兵少佐 水路少佐 尉官 大尉 機関大尉 軍医大尉 薬剤大尉 主計大尉 造船大尉 造機大尉 造兵大尉 水路大尉 中尉 機関中尉 軍医中尉 薬剤中尉 主計中尉 造船中尉 造機中尉 造兵中尉 水路中尉 少尉 機関少尉 軍医少尉 薬剤少尉 主計少尉 造船少尉 造機少尉 造兵少尉 水路少尉 大正9年4月1日 - [ ] 大正9年4月1日に行われた改訂では、士官については変更はされなかった。 卒を兵と改め、5等級から4等級に再編した等の大規模な改訂が行われた。 これによって、下士官・兵ともに、従来のような複雑な階級名は一掃され、一律に「兵曹・兵」と科の名称を組み合わせた階級名に整理された。 また、特務士官が従来の1階級(兵曹長等)から3階級(特務大尉・特務中尉・特務少尉)に改められ、従来の兵曹長等は特務少尉等に任じられたほか、「下士」を「下士官」に改めた。 特務士官・准士官・下士官・兵(大正9年勅令第10号)(大正9年勅令第11号) 兵科 機関科 軍楽科 船匠科 看護科 主計科 特務士官 特務大尉 機関特務大尉 軍楽特務大尉 船匠特務大尉 看護特務大尉 主計特務大尉 特務士官 特務中尉 機関特務中尉 軍楽特務中尉 船匠特務中尉 看護特務中尉 主計特務中尉 特務士官 特務少尉 機関特務少尉 軍楽特務少尉 船匠特務少尉 看護特務少尉 主計特務少尉 准士官 兵曹長 機関兵曹長 軍楽兵曹長 船匠兵曹長 看護兵曹長 主計兵曹長 一等下士官 一等兵曹 一等機関兵曹 一等軍楽兵曹 一等船匠兵曹 一等看護兵曹 一等主計兵曹 二等下士官 二等兵曹 二等機関兵曹 二等軍楽兵曹 二等船匠兵曹 二等看護兵曹 二等主計兵曹 三等下士官 三等兵曹 三等機関兵曹 三等軍楽兵曹 三等船匠兵曹 三等看護兵曹 三等主計兵曹 一等兵 一等水兵 一等機関兵 一等軍楽兵 一等船匠兵 一等看護兵 一等主計兵 二等兵 二等水兵 二等機関兵 二等軍楽兵 二等船匠兵 二等看護兵 二等主計兵 三等兵 三等水兵 三等機関兵 三等軍楽兵 三等船匠兵 三等看護兵 三等主計兵 四等兵 四等水兵 四等機関兵 四等軍楽兵 四等船匠兵 四等看護兵 四等主計兵 大正13年の改正で、機関科将官である「海軍機関中将・海軍機関少将」を「海軍中将・海軍少将」に統合し、将官に限っては兵機の一応の統合を見た。 これによって、機関科出身者でも大将に昇進する道が開けたが、結局、機関科出身の大将は生まれなかった(・も参照)。 大正15年の改正で、薬剤科将校相当官に「海軍薬剤少将」が新設された。 昭和5年1月10日、特務士官以下に、航空科が新設された。 昭和5年12月1日、特務士官以下の船匠科が機関科に統合された。 (1932年(昭和7年)1月 - 3月)は、この頃である。 昭和9年4月1日には、特務士官以下に、航空機等の整備を担当する「整備科」が新設された。 その際、海軍航空隊において航空兵器術を修め、特修兵となっていた兵曹・機関兵曹を、航空兵曹に転換させた。 また、海軍航空隊において整備術を修め、特修兵となっていた特務中少尉・機関特務中少尉・兵曹・機関兵曹を、整備特務中尉以下に転換させた。 航空科と整備科の区別としては、航空科は「飛行業務を本務とする者、航空兵器(飛行機搭載兵器)の地上整備を本務とする者及び飛行機の地上整備を本務とする者(整備科)の補助者」の3種類が、整備科は「飛行機その他の地上整備を本務とする者」が科別・兵種の区分として考えられていた。 (昭和12年 - )勃発や、(1937年(昭和12年)8月 - 10月)は、この頃である。 昭和13年12月1日には、特務士官以下に「工作科」が新設された。 昭和16年6月1日には、昭和16年勅令第624号による改正によって、士官に歯科医科を新設し(海軍歯科医少将以下)、特務士官以下の航空科・整備科を、飛行科・整備科に再構成した(兵については昭和16年勅令第625号による。 大東亜戦争中 [ ] 昭和16年12月8日から昭和20年にかけて行われた大東亜戦争(太平洋戦争)中には、複数の改訂が行われた。 開戦時の海軍武官官階表(士官)(いずれも本来は「海軍」が冠称されている。 ) 将校 将校相当官 兵科 機関科 軍医科 薬剤科 主計科 造船科 造機科 造兵科 水路科 歯科医科 将官 大将 中将 軍医中将 主計中将 造船中将 造機中将 造兵中将 少将 軍医少将 薬剤少将 主計少将 造船少将 造機少将 造兵少将 歯科医少将 佐官 大佐 機関大佐 軍医大佐 薬剤大佐 主計大佐 造船大佐 造機大佐 造兵大佐 水路大佐 歯科医大佐 中佐 機関中佐 軍医中佐 薬剤中佐 主計中佐 造船中佐 造機中佐 造兵中佐 水路中佐 歯科医中佐 少佐 機関少佐 軍医少佐 薬剤少佐 主計少佐 造船少佐 造機少佐 造兵少佐 水路少佐 歯科医少佐 尉官 大尉 機関大尉 軍医大尉 薬剤大尉 主計大尉 造船大尉 造機大尉 造兵大尉 水路大尉 歯科医大尉 中尉 機関中尉 軍医中尉 薬剤中尉 主計中尉 造船中尉 造機中尉 造兵中尉 水路中尉 歯科医中尉 少尉 機関少尉 軍医少尉 薬剤少尉 主計少尉 造船少尉 造機少尉 造兵少尉 水路少尉 歯科医少尉 昭和17年4月1日には、法務科が新設され、法務中将から法務中尉まで新設された。 文官であった法務官等が、武官である法務科士官に転官した。 昭和17年11月1日には、造船・造機・造兵・水路科が新設の技術科に統合(下士官・兵についても技術科を新設。 )、機関科が兵科に統合、特務士官の官名が士官と同じものとされ(特務士官という区分自体は残った。 )、看護科が衛生科に改称、将校相当官に軍楽科・看護科が設けられて海軍軍楽少佐・海軍看護少佐が新設(少佐相当官しかないのは、特務士官である軍楽大尉・衛生大尉からの昇進者を予定しているため。 )、下士官の「一等・二等・三等」の官名が「上等・一等・二等」に改称されるなどの改正が行われた。 また、兵についても、水兵・飛行・整備・機関・工作を「兵科」に統合したが、必要に応じて「水兵科兵・飛行科兵・整備科兵・機関科兵・工作科兵」と称することとなり、また、職階名としてはこれらの区別は残った。 「一等・二等・三等・四等」の職階が「兵長・上等・一等・二等」に改められた。 兵を「兵長・上等兵・一等兵・二等兵」に分類するのは当時の陸軍と同じ区分である。 昭和20年5月15日に、特務士官以下にも「法務科」が新設され、海軍監獄看守・海軍警査等を法務科の武官・兵に転換させた。 終戦時の海軍武官官階表(士官)(いずれも本来は「海軍」が冠称されている。 ) 将校 将校相当官 兵科 軍医科 薬剤科 主計科 技術科 歯科医科 法務科 軍楽科 衛生科 士官 将官 大将 中将 軍医中将 主計中将 技術中将 法務中将 少将 軍医少将 薬剤少将 主計少将 技術少将 歯科医少将 法務少将 佐官 大佐 軍医大佐 薬剤大佐 主計大佐 技術大佐 歯科医大佐 法務大佐 中佐 軍医中佐 薬剤中佐 主計中佐 技術中佐 歯科医中佐 法務中佐 少佐 軍医少佐 薬剤少佐 主計少佐 技術少佐 歯科医少佐 法務少佐 軍楽少佐 衛生少佐 尉官 大尉 軍医大尉 薬剤大尉 主計大尉 技術大尉 歯科医大尉 法務大尉 中尉 軍医中尉 薬剤中尉 主計中尉 技術中尉 歯科医中尉 法務中尉 少尉 軍医少尉 薬剤少尉 主計少尉 技術少尉 歯科医少尉 終戦時の特務士官・准士官・下士官・兵 兵科 軍楽科 衛生科 主計科 技術科 法務科 特務士官 大尉 軍楽大尉 衛生大尉 主計大尉 技術大尉 法務大尉 特務士官 中尉 軍楽中尉 衛生中尉 主計中尉 技術中尉 法務中尉 特務士官 少尉 軍楽少尉 衛生少尉 主計少尉 技術少尉 法務少尉 准士官 兵曹長 飛行兵曹長 整備兵曹長 機関兵曹長 工作兵曹長 軍楽兵曹長 衛生兵曹長 主計兵曹長 技術兵曹長 法務兵曹長 上等下士官 上等兵曹 上等飛行兵曹 上等整備兵曹 上等機関兵曹 上等工作兵曹 上等軍楽兵曹 上等衛生兵曹 上等主計兵曹 上等技術兵曹 上等法務兵曹 一等下士官 一等兵曹 一等飛行兵曹 一等整備兵曹 一等機関兵曹 一等工作兵曹 一等軍楽兵曹 一等衛生兵曹 一等主計兵曹 一等技術兵曹 一等法務兵曹 二等下士官 二等兵曹 二等飛行兵曹 二等整備兵曹 二等機関兵曹 二等工作兵曹 二等軍楽兵曹 二等衛生兵曹 二等主計兵曹 二等技術兵曹 二等法務兵曹 兵長 水兵長 飛行兵長 整備兵長 機関兵長 工作兵長 軍楽兵長 衛生兵長 主計兵長 技術兵長 法務兵長 上等兵 上等水兵 上等飛行兵 上等整備兵 上等機関兵 上等工作兵 上等軍楽兵 上等衛生兵 上等主計兵 上等技術兵 上等法務兵 一等兵 一等水兵 一等飛行兵 一等整備兵 一等機関兵 一等工作兵 一等軍楽兵 一等衛生兵 一等主計兵 一等技術兵 二等兵 二等水兵 二等飛行兵 二等整備兵 二等機関兵 二等工作兵 二等軍楽兵 二等衛生兵 二等主計兵 二等技術兵 脚注 [ ]• アジア歴史資料センター、レファレンスコードA09054378200 、3頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA09054378200 、3頁。 1893年(明治26年)3月30日に海軍少尉候補生に任じられたなどがいる。 、、、及びなど多数。 昭和17年11月1日以降は「特務」を冠さない。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA04017113000、13頁• アジア歴史資料センター、レファレンスコードA04017113000、10頁• アジア歴史資料センター、レファレンスコードA04017113000、13頁• アジア歴史資料センター、レファレンスコードA04017113000、12頁-13頁。 以下、明治元年から明治15年頃までの記載は主に、アジア歴史資料センター、レファレンスコードA04017113000による。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA09054274900 、147-149頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07062089000、12頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07062089000、25頁。 明治5年10月12日の海軍省官等表は、アジア歴史資料センター、レファレンスコードC09120059600を参照。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードC09111782900。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07062089000、40頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07062089000、41頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07090067400 164頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07062089000、41頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07062089000、42頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07062089000、45頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA09054378200 、3頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードC07040168300、2頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07062089000、80頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07090067400 169頁。 将官なのは、少将のみで、軍医総監は含まれない。 海軍武官官等表。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07090067400 159頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA04017113000、12頁によると、この時転換したように読めるが、他方、物集高材によると、明治8年当時に既に大医監以下や、機関士副らを海軍武官の項に載せている(}。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードC07040061800。 将官なのは、少将のみで、機関総監以下は含まれない。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードC07040061800。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07090067400 159頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07090067400 189頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07090067400 161頁。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA09054378200 、34-38頁。 中尉は奏任5等であったが、この時期の大尉は奏任4等及び奏任5等とされていた。 海軍武官准士官以上名簿、アジア歴史資料センター、レファレンスコードA09054378200。 日付については、アジア歴史資料センター、レファレンスコードC06091341900、5頁も参照。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA07062099500。 明治23年勅令第25号。 明治23年勅令第293号。 明治23年勅令206号。 明治24年勅令第11号。 将官なのは、少将のみで、機技総監以下は含まれない。 明治28年勅令第132号。 明治30年勅令第310号• 明治32年勅令第19号。 明治36年勅令第164号。 明治36年勅令第269号。 明治36年勅令第270号。 明治39年勅令第9号。 明治43年勅令第241号。 明治43年勅令第242号。 大正4年勅令第216号• 大正8年勅令第427号。 大正9年勅令第10号。 大正13年勅令第401号。 大正15年勅令第256号。 昭和4年勅令第386号。 昭和5年勅令第227号・第228号。 昭和9年勅令第66号。 アジア歴史資料センター、レファレンスコードA02030266200 20頁。 昭和13年勅令第143号。 昭和17年勅令第298号。 昭和17年勅令第610号。 昭和17年勅令第611号。 関連項目 [ ]•

次の

軍階(中英文對照)

軍隊 階級

軍隊の階級一覧表 大雑把に軍隊の階級はこんな感じ。 実際は国や時代によって変わってくるから大体はこんなもん位に。 大体の場合、軍に入隊すると2等兵からスタート。 【下士官】よく聞く軍曹もこの階級 下士官って何? 兵をまとめる役。 士官学校出てないと左官まで行かず下士官止まりのパターンが多いよ。 漫画とか映画とかでよく聞く軍曹とかもこの階級。 軍曹は叩き上げの現場上がりの人が多く、兵たちの規律とかを保つのも任務だった。 なので軍の中でも特に厳しくて怖い人が多く鬼軍曹って言葉が有名に。 漫画アニメの下士官のキャラクター ケロロ軍曹:ケロロ軍曹 相良宗助軍曹:フルメタル・パニック 宮藤芳佳(アニメ版は軍曹、劇場版は少尉)ストライクウィッチーズ キリコ・キュービィー(曹長)装甲騎兵ボトムズ アレ?軍曹の上が曹長ならケロロ軍曹よりクルル曹長の方が偉いの!? 幼女戦記の主人公ターニャ・デグレチャフちゃんも、ちゃんと学校で軍事教育を受けたので最初の階級は少尉。 チビでデブなのにカリスマ溢れる稀有なキャラクター。 佐官とは? 司令部の参謀など戦闘より指揮がメインになる階級。 陸軍では数百~数千名の部下を率いる。 海軍では航海長、砲術長等の各部門の長や艦長を務める。 その為、個人の戦闘技能より指揮管理能力が問われる階級なので尉官から佐官になるのは出世の壁の一つとも。 長男ギレンが大将。 キシリアが少将、ドズルが中将、ガルマ・ザビは大佐。 もうボス級ばっか出てくる階級。 将官とは? 銀河英雄伝説のキャラクターは大体この階級。 万単位の兵、艦隊の指揮を執る。 元帥は第二次世界大戦の日本で一番知名度の有る、あの山本五十六さんだって死後に送られたくらい高位の階級。 元帥とは? 軍隊の最高階級。 でも元帥の階級を置いていない国や、あっても名誉職だったりすることも。 第二次世界大戦後は軍縮が進み元帥はあまり置かれていない。 元帥のアニメキャラクター 銀河英雄伝説の登場人物の何人かとワンピースのセンゴクとか数人。 現実世界だとマッカーサーとかロンメルなど。 あと西郷隆盛。 あと、ワタクシ六郎オススメの漫画に元帥の御姫さん出てくるよ。 コミック絶版になっちゃったみたいだけど、 歩兵の心理描写、冬での戦争の過酷さについて一番上手く書いている作品だと思う。 上級大将を置いている国は第二次世界大戦までのドイツとかだけど、ロシアは今でも上級大将を置いている。 上級大将を置いている国は准将を置かないが、銀英伝の銀河帝国は上級大将と准将両方置いている。 なお、銀河英雄伝説のラインハルトは本編開始時20歳。 大佐の上、少将の下の階級。 日本では自衛隊でも帝国時代も准将にあたる階級は置かれていない。 現実でもノルウェー陸軍のは准将の階級のペンギン!? 陸空軍の元帥から少将、准将までを指す呼称。 提督とは? 艦隊指揮官のこと。 海軍の元帥から少将、准将までを指す呼称。 もとは軍の指揮官で将軍とほぼ同じ意味だったけど、黒船来航の時にペリー提督って呼んでから海軍の指揮官の意味を持つようになった。 銀河英雄伝説では宇宙戦艦での戦いなので将軍より提督で呼ばれることが多いよ。 まとめ 銀河英雄伝説は宇宙で沢山の有人惑星もった国家同士が戦うから1話から帝国200万以上、同盟400万人くらいが激突するくらい大規模な戦闘だから将の位の人がわんさか出てくるよ。 は全10巻だけど、ovaで110話かけてやった超絶ボリュームだし登場人物凄く多いから最初はアニメなり漫画なり見てから読んだ方がわかりやすいよ。 ラインハルトが20歳で上級大将まで出世した過程とかの前日談は で書かれてるよ。 ちなみに幼女戦記の主人公ターニャちゃんは士官学校出て士官候補生からアニメ最終話では少佐まで出世。 ヤンジャンの漫画版銀河英雄伝説はラインハルトの少年時代から始まるからアニメ版の1話まで少しかかるけど、陣形とか見やすいし初めて銀河英雄伝説に触れるのなら問題ないよ。

次の

軍隊

軍隊 階級

() 軍隊の階級(ぐんたいのかいきゅう)は、における階層関係の制度のことをいう。 軍事組織において、世界的に階級が制度化されている。 例外としては、後述するように社会主義国の軍隊において一時階級制度が廃止されることもあったが、後に復活している。 ヨーロッパ諸国の陸海軍においては、職名が階級化していったという歴史的経緯から、軍種によって階級名が大きく異なる。 旧は、制定の「3年第604号」を以てに設けられた、下のに倣った陸海軍大将から陸海軍權曹長までの11等級を起源とする。 これらは制定の「明治6年太政官布達第154号」による官等表改正で軍人の階級として引き続き用いられ、西欧近代軍の階級を和訳する際にも当てはめられた。 旧および旧では、階級を上がることを「 」(しんきゅう)といい、階級が下がることを「 降等」(こうとう)という。 一方、現在の(・・)では「 昇任」(しょうにん)及び「 降任」(こうにん)といい、(他国の軍隊における)等の階級が上がる場合は「 昇進」(しょうしん)という。 社会主義国における階級制度の廃止 [ ] ( - )、( - )、及び軍( - )などの社会主義国の軍隊では、社会主義の理念から、自国の軍隊を帝国主義諸国の軍隊と区別するために、軍隊の階級制度を廃止した。 ただし、いずれの場合も、よく誤解されるように軍隊の職制(司令官・師団長など)を廃止したわけではなく、指揮命令系統自体は存在した。 これらの諸国では後に階級制度は復活し、現在はほとんどの社会主義国の軍隊に階級制度が存在している。 しかし、のように「階級」ではなく「軍事称号」という名称を使っている例もある。 現代の階級 [ ] ほとんどの現代の軍隊では階級を大きく3種類に区別している。 それらはで、いくぶん曖昧な区分「士官」、「下士官」及び「兵」として区別されている。 以下に個別の詳細を示す。 士官・将校 [ ] 、ないしは、職権の保持によって、他の軍人から区別される。 士官は指導者や指揮権保持者として訓練される。 この2つの語はほぼ同義であるが、厳密には異なる場合もある。 詳細はそれぞれの記事参照。 士官・将校はさらに「将官」、「佐官」、「尉官」の3段階に分けられる。 将官 [ ] 長期間にわたり単独で作戦を実施することが期待される典型的な(以上の部隊や・等)を指揮する士官がである。 将官の階級は、典型的には、、、が含まれる。 いくつかの軍では、元帥のように、別の肩書きを付与された上記の例より上位の階級が一つ以上ある場合がある。 それらの階級はしばしば、やのように廃止されたり、あるいはやのように戦時や名誉昇任に制限されたりすることがある。 いくつかの肩書きは純粋には階級ではなく、将軍の職務や、名誉的な肩書きである。 佐官 [ ] は、単独で短期間の作戦を実施できることが期待される典型的な部隊(及び、大型、飛行戦隊)を指揮する上級士官である。 佐官は一般的にはの職務もつとめる。 典型的な佐官の階級には大佐、中佐、少佐が含まれる。 多くのイギリス連邦の国では、最上級の佐官( Brigadier)が旅団長 をつとめる。 准将( Brigadier General)がその職務をつとめる国もある。 いくつかの国の海軍では、( Commodore)の階級も使用される。 しかしながら、「佐」とは文字通り「補佐」の意味である。 漢字文化圏では、参謀や副官、副指揮官ならともかく、部隊指揮官の階級(とくに前近代のヨーロッパでは傭兵隊長と連隊長はほぼ同義であった)としては違和感がある。 そのため中国語圏では、「佐」ではなくて「校」が用いられる。 事実上は日本軍の下位組織であったにおいても、中国式の訳語が踏襲された。 古代中国のでは、将軍の下位の部隊長クラスの官位として「」があり、ここから取られている。 また、上記の「将校」の語も、将官と校官を総称した意味である。 指揮官クラスの人材を指す「将領」という漢語があるためか、韓国軍では、「あずかる」という意味を持つ「領」の字が充てられている。 尉官 [ ] の階級は3つか4つの最下級士官の階級である。 配下の部隊は、単独で長時間の作戦を実施することを一般的には期待されていない。 いくつかの部隊では尉官も参謀の役割をつとめる。 典型的な尉官の階級には大尉、中尉、少尉が含まれる。 イギリス海軍のように二階級式を取っている場合もある。 日本の律令官制では、大尉・少尉は、佐より下位の官位であったために、この字が充てられた。 古代中国の・においては、は軍事を担当する官位の最高位であった。 その後の中国では太尉という官職は消滅し、現代中国においても尉官はこの字が充てられている。 准士官 [ ] はそれぞれの国や軍種で扱われ方が少し異なる混合した階級である。 准士官は、精鋭の上級下士官であったり、士官と下士官の間の完全に分離された格付けであったりする、通常は専門職の階級である。 下士官・兵 [ ] 下士官・兵は士官や准士官の下の階級であり、軍人の大多数を構成する。 下士官 [ ] は、士官の指揮の下で、他の軍の構成員を監督する代理権限を許可され重要な監督責任を負う。 上級下士官は尉官よりも軍歴が長いことが多く、上級下士官が公式にもつ責任と非公式に受ける敬意は尉官に勝るとも劣らない場合が多い。 いくつかの国では、准士官の階級は専門職に対する階級とし最も功績ある下士官に対する階級を下士官に留めおく場合もある(など)。 下士官の階級は典型的にはかなり多くの格付けの曹長、軍曹、伍長(陸軍、海兵隊と空軍)、兵曹(海軍と沿岸警備隊)である。 いくつかの国や軍種では、異なるでは肩書きも異なる。 兵の階級には様々な格付けがあるかもしれないが、しかしそれらは通常は権限が増えるのではなく給与の変化を反映しているに過ぎない。 これらが技術的に階級であるかどうかは、国や軍種による。 階級符号 [ ] NATO階級符号 [ ] 北米と西欧の多国間軍事同盟である(NATO)では、 2116で「NATO軍人階級符号」(the NATO codes for grades of military personnel)を制定している。 STANAG 2116の別表では加盟各国の軍隊の階級と NATO 階級符号との対応が定められている。 士官:OF-1からOF-10(昇順)。 英語のOfficersに由来する。 見習士官:OF(D)。 英語のOfficers Designateに由来する。 准士官:WO-1からWO-5(昇順)。 英語のWarrant Officersに由来する。 その他の階級:OR-1からOR-9(昇順)。 英語のOther Ranksに由来する。 NATOではOR-5からOR-9に含まれる階級は下士官とみなされるが、加盟各国の軍隊の下士官の範囲とは必ずしも一致しない。 なお、一般的な制度における准士官は上級の下士官として「その他の階級」に含まれるが、、、、及びの准士官は、少尉と下士官の間の「士官」にも「その他の階級」にも含まれない独立した階級である。 そして、NATOは事実上を盟主とする軍事同盟であるため、米軍のシステムに合わせて准士官の階級符号は別に設けられている。 アメリカ軍給与等級 [ ] アメリカ軍では軍人の基本給と階級の対応付けに使用する連邦政府規準として給与等級 pay grade を定めている。 この給与等級はアメリカ合衆国連邦政府における職階制給与制度に含まれる。 士官:O-1からO-11(昇順)。 英語のOfficersに由来する。 O-1とO-2はNATO階級符号のOF-1に、O-3以上はそれぞれNATO 階級符号 OF-2以上に相当する。 准士官:W-1からW-5(昇順)。 英語のWarrant Officersに由来する。 W-1からW-5はそれぞれNATO階級符号のWO-1からWO-5に相当する。 下士官兵:E-1からE-9(昇順)。 英語のEnlisted personnelに由来する。 E-1からE-9はそれぞれNATO階級符号の OR-1からOR-9 に相当する。 アメリカ軍の下士官はE-4以上に分類される。 ただし、兵であってもE-4以上に分類されることがある。 国際比較 [ ] 元帥 [ ] 軍全体の総司令官など。 あるいは名誉階級。 日本軍の「元帥」は、階級ではなく、陸海軍大将のうち特に功績のあった者で、に列せられた大将に親授された称号。 韓国軍の 원수(元帥)は、名誉昇任の階級。 朝鮮人民軍の 조선민주주의인민공화국대원수(朝鮮民主主義人民共和国大元帥)は金日成・金正日のみが、 조선민주주의인민공화국원수(朝鮮民主主義人民共和国元帥)は金正恩のみが保持。 中華民国軍の 特級上將は2000年に廃止された。 中国人民解放軍の 一级上将(一級上将)は1994年に廃止された。 また、かつて 中华人民共和国大元帅(中華人民共和国大元帥)と 中华人民共和国元帅(中華人民共和国元帥)があったが、前のに廃止。 また、ヒトラーは1940年にゲーリングに元帥位 Generalfeldmarschall より上位の国家元帥位 Reichsfeldmarschall を与えた。 イギリス軍の Admiral of the Fleet、 Field Marshal 及び Marshal of the Royal Air Force は、戦時または名誉昇任の階級。 イタリア軍の Generale、 Ammiraglioは、国防参謀総長就任者の名誉昇任階級。 アメリカ軍の General of the Army、 Fleet Admiral 及び General of the Air Force は、戦時のみの階級。 海兵隊には元帥位は存在しない。 また General of the Armies of the United States 及び Admiral of the Navy は名誉階級。 満洲国軍の「將軍」は、階級ではなく、陸海軍上將のうち特に功績のあった者で、將軍府に列せられた上將に勅授された称号。 将官 [ ] 陸軍では(または、)以上の部隊、海軍ではの司令官など。 以下少将、以下少将までの階級が将官に属す。 米国など准将の階級も置かれている国もあり、その国の階級制度によって Commodore と呼ばれる場合もある。 は、その出身自衛隊の幕僚長と同一の階級を使用する。 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 実際の運用としては、自衛官の俸給表は一般的には階級別になっているが、将補の場合は政令で指定された官職(いわゆる指定職)を占める者と、指定職以外の官職を占める者で適用される俸給表の区分が異なることから、将補の中でも2段階あるとみなすこともできる。 なお、陸将、海将及び空将であっても指定職以外の官職を占める者は俸給表の将補(二)欄が適用される。 中国人民解放軍にはかつて 大将の階級が 上将の上にあったが、文化大革命前の1965年に廃止。 中国人民解放軍の 大校は、将官ではなく佐官(中国語では 校官)。 帝政ドイツ陸軍 Kaiserliches Heer, 1871年 - 1919年 、ワイマール共和国国防軍 Reichswehr, 1919年 - 1935年 の陸軍 Reichsheer 、ナチスドイツ国防軍 Wehrmacht, 1935年 - 1945年 の陸軍 Heer の各兵科名称をつける。 歩兵科: General der Infanterie• 砲兵科: General der Artillerie• 騎兵科: General der Kavallerie• 工兵科: General der Pioniere• 通信兵科: General der Fernmeldetruppe• 輜重兵科: General des Nachschubtruppe• 山岳兵科: General der Gebirgstruppe• 装甲兵科: General der Panzertruppe• ドイツ連邦軍 Bundeswehr の陸軍と空軍の General 及び海軍の Admiral は、1962年導入。 ドイツ連邦海軍の Flottillenadmiral の英語表記は Rear Admiral Lower half。 オーストリア・ハンガリー帝国陸軍の Generaloberst Veze'rezredes は、1915年導入。 1975年6月30日のNATO標準化合意書では、フランス海軍は以下のような階級構成を採っていたが1992年に改定。 OF-8: Vice-amiral d'escadre、及び Vice-amiral• OF-7: Contre-amiral• OF-6: Capitaine de vaisseau chef de division(代将たる大佐)• イギリス海軍の Commodore、イギリス海兵隊とイギリス陸軍の Brigadier、およびイギリス空軍の Air Commodore は、将官ではなく佐官。 キリル文字のラテン翻字には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 陸軍将官、空軍将官の階級をで呼称する国々では、ブラジルをはじめとするラテンアメリカの幾つかの国々、日本および台湾に対し中将を、少将をと呼称する。 その場合、師団将軍はOF-8相当、旅団将軍はOF-7相当と見做される。 なお、大将は概ねの呼称を用いるが、台湾の二級上将は、一級上将は陸軍将軍の表現を用いる。 佐官 [ ] 陸軍ではから程度の部隊の指揮官、海軍では艦長、副長、船務長その他の科長など、空軍では航空団、作戦群、飛行大隊程度の部隊の指揮官。 大佐は陸軍では「タイサ」とよみ、海軍では「ダイサ」とよむ。 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 実際の運用としては、自衛官の俸給表は一般的には階級別になっているが、1佐の場合は官職及び一般職に属する国家公務員との均衡を考慮して、適用される俸給表が1佐の(一)(二)(三)と区分されることから、1佐の中でも3段階あるとみなすこともできる。 中国人民解放軍には 大校の階級が、 上校の上にある。 フランス陸軍の Commandant は、正式には下記の通り。 とはいえ、この階級の士官に呼びかけるときは陸軍の全兵科で Mon Commandant である。 歩兵科、工兵科、信号科: Chef de bataillon• 機甲科、騎兵科: Chef d'escadrons• 憲兵科、砲兵科、輜重科: Chef d'escadron• キリル文字のラテン翻字には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 尉官 [ ] 陸軍では以下の部隊の指揮官など、海軍では船務士等、分隊長、分隊士など、空軍では飛行中隊以下の部隊の指揮官など。 一般的に、戦闘機のパイロットには尉官から佐官が当てられる。 大尉は陸軍では「タイイ」とよみ、海軍では「ダイイ」とよむ。 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 中国人民解放軍にはかつて 大尉の階級が 上尉の上にあったが、1965年に廃止。 帝政ドイツ陸軍、ドイツ国防軍陸軍及びオーストリア・ハンガリー帝国陸軍の Hauptmann は騎兵や砲兵のような騎乗兵科では Rittmeister。 ロシア軍の少尉はかつてソ連軍時代は「中尉」、同じく中尉は「上級中尉」と日本語訳される事が多くあった。 キリル文字のラテン翻字には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 士官候補生 [ ] 士官候補生はとなるための教育を受けている者。 便宜上下士官などの階級を与えられる場合と、独立した階級を与えられる場合がある。 日本海軍の少尉候補生は少尉の下、の上に位置していた• 自衛隊の幹部候補生学校の幹部候補生の階級は(下士官)である。 陸上自衛隊幹部候補生学校の幹部候補生は、海上自衛隊幹部候補生学校の幹部候補生は、航空自衛隊幹部候補生学校の場合はである。 ただし、幹部勤務を命ぜられた者については幹部(士官)相当、そうでない者についてはその階級相当(つまり下士官相当)とするものと定められている。 (第10条、他)• ドイツ連邦陸軍とドイツ連邦空軍の士官候補生の階級は、右に記した下士官兵の階級とそれぞれ同等の階級である。 Fahnenjunker: Unteroffizier• ドイツ連邦海軍の士官候補生の階級は、右に記した下士官兵の階級とそれぞれ同等の階級である。 Seekadett: Maat• 特務士官と准士官を合わせて特准と称した。 特務士官になるものは兵からのたたき上げで、兵、下士官、准士官を経て特務士官に昇任した。 士官相当の階級とはいえ制服や階級章は将校とは別であり作戦指揮権はなかった。 例は少ないが特務士官から士官へ転官して士官のに昇任することができた。 日本海軍の特務士官は次のように変遷。 (明治30年)9月16日、准士官にを設置し高等官(奏任官:少尉相当官)とする。 (大正4年)12月2日、兵曹長の官階を准士官から新設した特務士官に変更。 (大正9年)4月1日、特務士官で最も上の階級を大尉相当官に改め特務大尉と特務中尉を新設、兵曹長を特務少尉に改称し、同時に准士官の上等兵曹を兵曹長に改称。 (昭和17年)11月1日、特務士官の階級を改め、特務大尉を大尉、特務中尉を中尉、特務少尉を少尉とする。 日本海軍の特務士官及び准士官の階級の変遷 官階 1897年 - 1915年 1915年 - 1920年 1920年 - 1942年 1942年 - 1945年 特務士官(奏任官四等) 特務大尉 大尉 特務士官(奏任官五等) 特務中尉 中尉 特務士官(奏任官六等) 兵曹長 特務少尉 少尉 准士官(奏任官六等) 兵曹長 准士官(判任官一等) 上等兵曹 上等兵曹 兵曹長 兵曹長 英国海軍においてもまでの兵曹長 Warrant Officer は、日本海軍の特務士官やアメリカ軍の准士官 Warrant Officer と同様の階級であった。 なお、以降の英国海軍の兵曹長 Warrant Officer は英国陸軍のような上級の下士官である。 アメリカ軍の准士官 Warrant Officer は、士官よりも下、下士官よりも上で、そのどちらにも属さない別個の階級であり、独立したキャリア制度である。 本来、厳密には高度な技術を備えた専門職のための階級である。 特殊な例としては、軍の内部で発生した犯罪の捜査を行うCID(犯罪捜査部)の捜査官は、将校でも下士官でもないその特性が捜査に都合がよい事もあり准士官が充てられている。 アメリカ空軍の准士官はに廃止された。 アメリカ海軍には Warrant Officer の階級はないが Chief Warrant Officer の階級はある。 Chief Warrant Officer には給与等級 E-7、E-8 または E-9 に該当する階級から昇任できる。 アメリカ陸軍やアメリカ海兵隊では Warrant Officer には給与等級 E-7 未満に該当する階級からも昇任できる。 このように、アメリカ軍の昇任経路からみると下士官 E-7, E-8, E-9 と准士官 WO1, CW2, CW3 の階級が同等の階級として並立している。 一方、待遇からみると、アメリカ軍の Chief Warrant Officer の給与と特権は階級によるが士官と同じである。 准士官には将校の給与等級と同程度の給与が支払われる。 しかしそれは准士官は軍での経歴が長いことが普通だからであり、時としてもっと高いこともある。 韓国軍の 준위(准尉)は、各種専門技術行政担当の職に補される。 専門技術職に携わる将校(士官)と副士官の間に位する准士官の階級であり、各部隊及び機甲部隊で兵器、弾薬、輸送、陸軍航空などの専門職を任務とする。 韓国軍の階級を3段階で分類する時は通常は将校に含まれる。 准士官(士官相当官)の階級の一覧 NATO 階級符号 WO-5 WO-4 WO-3 WO-2 WO-1 韓国軍 준위(准尉) アメリカ陸軍 Chief Warrant Officer 5 CW5 Chief Warrant Officer 4 CW4 Chief Warrant Officer 3 CW3 Chief Warrant Officer 2 CW2 Warrant Officer 1 WO1 アメリカ海兵隊 アメリカ海軍 准士官・上級下士官 [ ] 准士官は士官以外の階級では最上位であり、辞令をうけて士官に準ずる特権と待遇を与えられる。 一般に先任の下士官が准士官へと昇任し、下士官から士官へ昇任する制度がない場合は、下士官兵からの経歴における最も上の階級である。 なお、アメリカ軍の准士官は、ここで説明する准士官とは別の階級制度である。 アメリカ軍の最上級下士官に特有の職名に軍最先任上級曹長等がある。 これらの職はアメリカ陸海空軍・海兵隊・沿岸警備隊の各軍種で最先任の下士官を代表し、各軍種においてそれぞれ一人だけが任命される。 日本陸軍の准尉は、1932年にから改称。 日本海軍の兵曹長は次のように変遷。 ( の表も参照。 (明治19年)7月12日、兵曹上長及び兵曹長の呼称を上等兵曹に改定。 (明治30年)9月16日、准士官に兵曹長を設置し高等官(奏任官:少尉相当官)とする。 (大正4年)12月2日、兵曹長の官階を准士官から新設した特務士官に変更。 (大正9年)4月1日、特務士官で最も上の階級を大尉相当官に改め特務大尉と特務中尉を新設、兵曹長を特務少尉に改称し、同時に准士官の上等兵曹を兵曹長に改称。 自衛隊の准尉、すなわち准陸尉、准海尉および准空尉は、1970年5月に新設。 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 自衛隊の曹長、すなわち陸曹長、海曹長および空曹長は、1980年11月に新設。 なお、これらは下士官(曹)の階級である。 (参考:)• 中国人民解放軍では2009年に階級を大きく変更している。 以下に当時までの階級名を列挙する。 六级士官(六級士官)• 五级士官(五級士官)• 英国海軍では2004年4月1日に Warrant Officer WO を Warrant Officer Class 1 WO1 に改称し、 Warrant Officer Class 2 WO2 を導入。 かつては、通常は OR-7 であるが、他の Chief Petty Officer CPO よりも上の、 Charge Chief Petty Officer CCPO の階級があり、 Charge Chief Artificer(高度な資格がある技術職の CCPO)に NATO OR-8 の地位が与えられることもあったが、それでもなお英国陸軍や英国海兵隊の WO2 よりも下のままであった。 WO2 導入時に、 CCPO は全員 WO2 に昇任。 英国陸軍の Warrant Officer Class 1 WO1 で最上級の職は、上から順に、• 輜重科の Conductor Cdr• Academy Sergeant Major AcSM• ロンドン軍区の Garrison Sergeant Major GSM• 英国陸軍の Warrant Officer Class 1 WO1 のうち下記の職を含む。 これらの職はこの表で同等のアメリカ軍の階級と職務が似ているが、他の WO1 と同じ階級である。 Regimental Sergeant Major RSM• Garrison Sergeant Major GSM• 近衛騎兵隊の Regimental Corporal Major RCM• 英国陸軍の Warrant Officer Class 2 WO2 のうち下記の職を含む。 これらの職はこの表で同等のアメリカ軍の階級と職務が似ているが、他の WO2 と同じ階級である。 Company Sergeant Major CSM• Squadron Sergeant Major SSM• 英国砲兵隊の Battery Sergeant Major BSM• 近衛騎兵隊の Squadron Corporal Major SCM• Band Sergeant Major• 英国空軍では1939年に Warrant Officer Class I を Warrant Officer WO に改称。 また、 Warrant Officer Class II 廃止。 1930年代までの別名 Sergeant Major 1st Class 及び Sergeant Major 2nd Class。 韓国軍は1962年に下士官の階級を変更している。 旧名を以下に降順で列挙する。 특무상사(特務上士)• 일등상사(一等上士)• 이등상사(二等上士)• 일등중사(一等中士)• 이등중사(二等中士)• 하사(下士)• キリル文字のラテン文字転写には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 中華民国軍の 一等士官長、 二等士官長及び 三等士官長は、台湾へ移転後に新設。 アメリカ陸軍の Sergeant Major of the Army は、1966年に新設。 陸軍最先任上級曹長。 アメリカ陸軍の Command Sergeant Major は、1966年に新設。 アメリカ陸軍の Sergeant Major は、1958年新設。 アメリカ海兵隊の Sergeant Major of the Marine Corps は、1957年新設。 海兵隊最先任上級曹長。 アメリカ海兵隊の Master Gunnery Sergeant は、1958年新設。 アメリカ海軍の Master Chief Petty Officer of the Navy は、1967年に新設。 海軍先任伍長。 アメリカ空軍の Chief Master Sergeant of the Air Force は、1967年に新設。 空軍先任曹長。 アメリカ空軍の Command Chief Master Sergeant は、1998年に新設。 アメリカ空軍の Chief Master Sergeant 及び Senior Master Sergeant は、1958年に新設。 先任曹長・上級曹長。 日本陸軍の軍曹は、1886年から1905年まで一等軍曹。 日本陸軍の伍長は、1886年から1905年まで二等軍曹。 また、1886年以前のフランス式軍制ではこの階級も軍曹で、伍長はさらに下の階級。 日本海軍では、1942年11月1日に階級を変更。 旧呼称は右側に表記。 上等兵曹:一等兵曹• 一等兵曹:二等兵曹• 二等兵曹:三等兵曹• 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 中国人民解放軍では2009年に階級を大きく変更している。 以下に当時までの階級名を列挙する。 四级士官(四級士官)• 三级士官(三級士官)• 二级士官(二級士官)• ドイツ陸軍・空軍の Unteroffizierは特定の階級を示すほか、下士官を示す総称でもある。 文献等で同語を翻訳する際には、どちらの意味であるかを判断する必要がある。 フランス陸軍の憲兵科、機甲科、騎兵科、砲兵科および輜重科では、他の兵科とは階級が異なる。 その呼称を右側に表記。 英国海軍では、かつては、通常は OR-7 であるが、他の Chief Petty Officer CPO よりも上の、 Charge Chief Petty Officer CCPO の階級があり、 Charge Chief Artificer(高度な資格がある技術職の CCPO)に NATO OR-8 の地位が与えられることもあったが、それでもなお英国陸軍や英国海兵隊の Warrant Officer Class 2 WO2 よりも下のままであった。 2004年4月1日に WO2 を導入した時に、 CCPO は全員 WO2 に昇任。 英国陸軍の Staff Sergeants は、 Company Quartermaster Sergeant のような他の職名も持つことができる。 なお、歩兵連隊においては、職名ではないが Colour Sergeant CSgt の肩書きが使用される。 英国陸軍の Staff Corporal、及び Corporal of Horse は近衛騎兵。 英国空軍の Chief Technician は、技術的な兵科と軍楽隊のみ。 朝鮮人民軍では1998年に階級を変更している。 旧呼称は右側に表記。 중사(中士):新設• 하사(下士): 상사(上士)• 상급병사(上級兵士): 중사(中士)• 韓国軍では1962年に下士官の階級を変更している。 旧名を以下に降順で列挙する。 특무상사(特務上士)• 일등상사(一等上士)• 이등상사(二等上士)• 일등중사(一等中士)• 이등중사(二等中士)• 하사(下士) 하사(下士)は下士官(韓国では副士官)で最も下の階級で、 병장(兵長)は兵の階級である。 兵分隊長制度導入によって 병장(兵長)は 하사(下士)が補職されていた分隊長、日直下士(当直下士)などの職責も遂行する。 韓国軍陸軍基準では 상등병(上等兵)服務7ヶ月で 병장(兵長)に昇任し、通常戦闘能力は 하사(下士)と同等と見なされる。 キリル文字のラテン文字転写には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 アメリカ陸軍の Staff Sergeant は、1958年に再導入。 日本陸軍の兵長は、1940年9月13日新設。 なお、この階級の新設に伴い伍長勤務上等兵制度は廃止された。 もっとも、両者は別物である。 日本陸軍の上等兵は、フランス式軍制を採用していた1886年までは伍長。 日本陸軍では1932年に階級の変更があり、一等卒を一等兵に、二等卒を二等兵に改称。 なお、1942年11月1日に階級が変更された。 旧呼称を右側に表記。 水兵長:一等水兵• 上等水兵:二等水兵• 一等水兵:三等水兵• 二等水兵:四等水兵 五等水兵などは1920年4月1日に廃止。 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 自衛隊の(3等陸士、3等海士及び3等空士)は陸曹候補者、海曹候補者又は空曹候補者たる自衛官のうち専ら教育訓練のみを受けるもの(15歳以上17歳未満の男子で中学校などの卒業者を対象に募集している)の採用時の階級。 平成22年10月1日付で廃止。 平成21年6月3日に公布されたにより、平成22年7月1日以降採用される任期制隊員の前期課程・練習員課程にある者はと呼ばれ、自衛官の定数外となる(自衛官としての身分・階級を有しない。 詳細は当該記事を参照のこと)。 中国人民解放軍では2009年に階級を大きく変更している。 下士官の階級である 下士は、 一级士官(一級士官)であった。 砲兵: Kanonier• 騎兵: Reiter• 歩兵(擲弾兵): Grenadier• ドイツ国防軍陸軍の Stabsgefreiter は1942年廃止。 ドイツ国防軍陸軍の Obergefreiter のうち勤続6年以上は、1936年導入。 ドイツ国防軍陸軍の Obergefreiter のうち勤続6年未満。 ドイツ国防軍空軍の Stabsgefreiter は1944年廃止。 ドイツ連邦軍の Oberstabsgefreiter 及び Stabsgefreiter は、1962年導入。 ドイツ連邦軍の Soldat は、兵科によって次のような呼称がある。 飛行兵: Flieger Flg, S• 通信兵: Funker Fu, S• 歩兵(擲弾兵): Grenadier Gren, S• 砲兵: Kanonier Kan, S• 水兵: Matrose Matr, S• 工兵: Pionier Pi, S• 機甲通信兵: Panzerfunker PzFu, S• 機甲歩兵(装甲擲弾兵): Panzergrenadier PzGren, S• 機甲砲兵: Panzerkanonier PzKan, S• 機甲工兵: Panzerpionier PzPi, S• フランス陸軍の機甲科、騎兵科、砲兵科、輜重科では、他の兵科とは一部階級が異なる。 その呼称を右側に表記。 Caporal-chef: Brigadier-chef• Caporal: Brigadier• フランス陸軍の Soldat は、兵科によって次のような呼称がある。 歩兵: fantassin• 砲兵: artilleur• 工兵: sapeur sapeur-pompiers de Paris を含む• 歩兵隊猟兵、山岳兵、騎兵隊猟兵: chasseur• 竜騎兵: dragon• 機甲兵: cuirassier• 騎兵: hussard• 輜重兵: conducteur• 英国海兵隊、英国陸軍及び英国空軍の OR-4 及び OR-3 は、下級下士官の階級。 かつては英国海軍の Leading Rate は、英国海兵隊、英国陸軍及び英国空軍の Corporal よりも下だった。 英国海軍では、1999年4月1日 Able Rating に Ordinary Seaman を併合、 Junior Rating 廃止。 英国海兵隊では、1999年4月1日 Marine 1st class と Marine 2nd class を併合、 Junior Marine 廃止。 英国陸軍の Corporal 及び Lance Corporal は、英国砲兵隊では Bombardier 及び Lance Bombardier。 英国陸軍の Corporal は、近衛歩兵旅団では Lance-Sergeant。 英国陸軍の Corporal は、近衛騎兵隊では Lance Corporal of Horse。 英国陸軍の Private Pte は、兵科及び所属部隊によって呼称が異なる。 近衛騎兵隊、機甲科及び特殊空挺部隊 SAS : Trooper Tpr• 砲兵科: Gunner Gnr• 工兵科: Sapper Spr• 信号科: Signaller Sig• 陸軍航空科: Air Trooper ATpr• 近衛歩兵連隊: Guardsman Gdm• フュージリア連隊: Fusilier Fus• 国王連隊: Kingsman• 英国グリーン・ジャケッツ及び英国グルカ・ライフル隊: Rifleman Rfm• ハイランダーズ: Highlander• 電気機械科: Craftsman Cfn• 陸軍軍楽科: Musician Mus 、あるいは Drummer Dmr , Trumpeter Tptr , Bugler、または Piper Ppr• 英国陸軍の Junior は、16歳からの年少新兵。 英国空軍の Junior Technician は、技術的な兵科と軍楽隊のみ。 朝鮮人民軍では1998年ごろに階級を変更している。 旧呼称は右側に表記。 중급병사(中級兵士): 하사(下士)• 하급병사(下級兵士): 상등병(上等兵)• 韓国軍の 상등병(上等兵)は1962年に 하사(下士)に代わって新設された。 また、一般的には以下のように略称される。 상등병(上等兵): 상병(上兵)• 일등병(一等兵): 일병(一兵)• 이등병(二等兵): 이병(二兵) 韓国軍陸軍基準では兵で入隊した場合、入隊すると同時に 이등병(二等兵)となり、正常服務の時は入隊から6ヶ月で 일등병(一等兵)に昇任、服務6ヶ月で 상등병(上等兵)に昇任する。 훈련병(訓練兵)は正式の階級ではなく、ただ基礎軍事訓練を受けている者を示す用語であり、大韓民国の軍人事法上では 이등병(二等兵)である。 キリル文字のラテン文字転写には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 アメリカ陸軍とアメリカ海兵隊の Corporal、及びアメリカ海軍の Petty Officer Third Class は、下士官の階級。 アメリカ陸軍の Specialist は、1985年 Specialist Four から改称。 アメリカ陸軍の Private PV2 は、1955年まで Private 1st Class。 アメリカ海兵隊の Lance Corporal は、1958年導入。 アメリカ空軍では、下士官の階級である Sergeant は1967年再導入、1991年廃止。 Senior Airman は、1975年に新設。 1952年から1967年まで Airman 1st Class。 アメリカ空軍の階級は以下のように変遷。 1952年まで: Corporal、 Private 1st Class、 Private• 1952年から1967年まで: Airman 2nd Class、 Airman 3rd Class、 Airman Basic• 1967年から: Airman First Class、 Airman、 Airman Basic 脚注 [ ].

次の