光 genji スター ライト。 スターライト・キッズ

ROLLER DISCO ローラーディスコ: 光GENJIとスターライトエクスプレス

光 genji スター ライト

解説 [ ] シングルでは光GENJIの最大の。 ・・のフォーマットで同時発売された。 発売当時、あまりの人気のためほとんどの店でレコードが入荷と同時に売り切れてしまい、新聞紙上にお詫びの広告が掲載されたほどだった。 シングルの売上(出荷)枚数は公称で100万枚。 発売週の初動売上は、集計でおよそ30万枚、当時歴代1位の記録となった。 同年のオリコン年間シングルチャートでは1位を記録し、更に2位・3位も光GENJIの曲 となった。 これは、1978年の以来2組目となる、オリコン年間シングルチャートTOP3の独占だった。 また7位にも「」がチャートインした。 歌番組では、により出演できない年下2人(、)を除いた5人で披露する機会が多かった。 この状態は次のシングル「」まで続いた。 1988年にはを受賞。 同日放送のでは、「光GENJI'88メドレー」のうちの1曲として歌唱された。 また、の『』及びの『』の年間チャートでは、2位となった。 者のは同曲のなどが評価され、第30回日本レコード大賞の編曲賞を受賞した。 翌1989年には、のに採用された。 シングル発売から30年以上経過した現在でも「ガラスの十代」と共に、のとして、定番の曲となっている。 また、の捕手の登場曲である。 なお、先述の『歌のトップテン』でこの曲一曲歌う間の光GENJIメンバーの走行距離を測定したことがある。 結果は303mというものであった。 出版権について [ ] CHAGE and ASKAによる光GENJIへの楽曲提供は本作をもって一時中断するが、これはと(当時のCHAGE and ASKAの所属事務所)の間で出版権の帰属 を巡り対立が生じた事が一因とされる。 なお、現在この曲を含むCHAGE and ASKA提供楽曲の出版権はヤマハとロックダムアーティスツ(現在のCHAGE and ASKAの所属事務所)が共同で保有している。 同様の報道がされた2019年10月の芸能記事 に対し、ASKAは翌日のブログ で、「元々ジャニーズ側が楽曲の代表権利を持つ契約であり、もめたことは一切なく、好意により権利は10年後に譲渡された」と反論した。 収録曲 [ ]•

次の

STAR LIGHT 光GENJI 歌詞情報

光 genji スター ライト

最近、 光GENJIに ハマっています。 いい歌が多いですね~。 一つわからないのは、 私は 光GENJIが解散した頃は まだ赤ちゃんだったので 一人一人の 声がわからないのです。 樹生くんと敦啓くんは甲高くて細い声質なので、 高音で突っ切ってる声?は2人のどっちかです。 見分け方は鼻にかかってる声が樹生くん、 キンキンしてるのが敦啓くんって感じでしょうか? 寛くんと淳くんは柔らかくて聞き心地の良い声で、 細くて透き通ってて安らぎそうな声が寛くん、 太くてハリがあって力強い声が淳くん。 声の変化が1番大きいのは晃くんです。 デビュー当時と卒業当時だと面影ありません。 天使の歌声から低くて渋い声になりました。 和己くんは声質は基本ベース同じな感じ? 昔はとっても甘くてまったりした声で歌ってましたが、 後半は太くてお腹からのしっかりした声になりました。 なので全然違う声に聞こえます。 初期にはない、やたらと聞こえるビブラートは和己くんです。 そこで問題が内海くん・・・ 昔、内海くんFANの友人が「聞こえない(泣)」と・・・。 けど、慣れると直ぐにわかります。 わたし的には意外に1番声が耳に入ってくるんですけど、 あまり声が通らない声質で、慣れないと消えてしまうようです。 長々と書いてみましたが、 それぞれのソロ曲聞いてみるとよくわかりますよ。 初期の頃なら・・・ 「Pocket Album-7つの星-」あたりはいかがでしょうか? ソロ曲が2曲ずつ収録されています。

次の

光GENJIの歌詞一覧リスト

光 genji スター ライト

光GENJIは、 第3次ローラースケートブームを作ってくれました。 頃は1987年。 スターライトエクスプレスというミュージカルが世界的にヒットしていました。 ローラースケートを履いて、 滑って、歌って踊るミュージカルです。 登場人物っていうか、登場するのは世界中の列車です。 その動きをローラースケートで表現していました。 そのスターライトエクスプレスが日本公演をしたのです。 光GENJIがデビューした年です。 私たちが聞いていたのは、 光GENJIはスターライトエクスプレスのプロモーションチームでした。 我がグッドスケートジャパンも、 スターライトエクスプレスのプロモーション活動をしました。 その時、 私はまだグッドスケートジャパンに入ってなかったのですが、 私の友達がスターライトエクスプレスの、 プロモーションチームのオーディションを受けました。 私は、仕事の関係でオーディションは受けませんでした。 私がグッドスケートジャパンに入ったのは、 そのプロモーション活動が大阪であった時に見学にいったのがキッカケでした。 この時のプロモーション活動は、 光GENJIと一緒でした! 当時、 川崎麻世が新幹線・橋本役で出演していました。 スターライトエクスプレスが2回目に日本で公演したときは、 私もプロモーション活動に参加しました。 広島のマハラジャで記者会見があって、 そこで私たちが衣装を着て記者会見をしたのです。 え~っ!ってな感じでしたけど!! 2回目の時は、 我がグッドスケートジャパンのリーダーであるユキ安床と若手が一人出演しました。 私は仕事があったので、オーディションを受けてません! 一人、ドン臭いのがスタントマンで公演に参加しましたが、 骨折して帰ってきました。 この公演を通して、 スタントマンを使わず、全公演に出演したのは、 ユキ安床ただ一人だったそうです。 ちなみに~その時の若手は、 光GENJIのデビュー前にジャニーズからオファーがあったんですよ! 若手3人に声がかかったのですが、 ジャニー喜多川氏にモーホーの噂があったので、 チームとしては行かせられなかったのです。 もし? 行っていたら光GENJIのメンバーは変わっていたでしょう! だって、 光GENJIってローラースケートが下手なんですよ! おまけに、 大阪から東京に行ったローラースケーターが伝えたテクニック使ってました。 ユキ安床がアメリカから持って帰ってきたテクニックです!!.

次の