さつまいも 収穫後。 さつまいも採れたて!芋掘りで収穫後のものはすぐに食べたらダメ?食べ頃時期と保管方法

さつまいもの収穫後の食べ頃はいつ?保存方法や、おすすめのレシピも紹介!

さつまいも 収穫後

スポンサーリンク さつまいもの洗い方土の落とし方 さつまいもを洗う時は以下の2つのポイントを押さえて土を落とすと良いですよ。 洗う前に軍手で土を払い落とす 収穫したさつまいもは、水洗いする前にまず、 軍手で表面の土を払い落としておきましょう。 するとそれだけでもかなり土汚れが落とせますよ。 水で濡らしてしまうと、土は泥になってしまい粘度が高くなるので、 乾いた状態で土を払うと良いですね。 水で洗うのはそれからの方がかなり土も落としやすいですよ。 メラミンスポンジでさつまいもを洗う 頑固なさつまいもの土汚れのベストな洗い方はメラミンスポンジを使うこと。 タワシを使った洗い方をしている人も多いでしょうが、 それだと表面が傷ついて皮が剥げてしまうことも! さつまいもは皮にも栄養がたくさんあるので、 できれば皮を傷つけずに洗いたいところですね。 そこで役立つのが激落ちくんなどのメラミンスポンジ。 さつまいもを傷つけずに、でも土はしっかり落とせるのでおすすめ! 収穫して土つきのままのさつまいもは、 以上の洗い方でぜひ土を落としてみてくださいね! さつまいもを掘った後はすぐに洗うの? さつまいもを掘った後にすぐに食べるのでしたら土を洗い流すべきですが、 そうでないのでしたら、土はついたままの方が良いでしょう。 というのも、さつまいもって水気に弱いので、 すぐに食べないのに水に濡らしてしまうと、 傷みやすくなったり、表面にカビが生えてしまうことがあるんですよ! そのため、すぐに食べるさつまいもだけをよく水洗いして、 土を落とすようにしていきましょう。 さつまいもは水に濡らしてはいけないって、 実はあまり知られていないんですよね…。 芋掘りをして収穫したさつまいもって、 家に持ち帰るまえについつい洗いたくなってしまうんですが、 大量にある場合は水で濡らすと日持ちしなくなってしまいます。 ということで、さつまいもは食べる分だけ水洗いして、 それ以外は長持ちさせるためにも土つきのままにしておくことを忘れずに! スポンサーリンク さつまいもの収穫後の保存方法 続いて、収穫したさつまいものベストな保存方法をご紹介! さつまいもを干す 収穫してすぐに食べないさつまいもは、 土付きのまま、まずは日陰干しをしていくようにしましょう。 風通しがいい日陰で干すのが良いので、 ベランダにダンボールなどで影を作ってそこに干すと良いでしょう。 窓を開けた室内に干しておいてもOKですよ。 さつまいもは吊して干す必要はないので、 新聞紙などの上にさつまいもを並べておけば大丈夫です。 だいたい2週間くらい干しておけば、 さつまいもは熟成されるので、甘みがより強くなるし、 表面も乾燥して日持ちするようになります。 ただし、夜や雨の日は室内に入れておき、 雨水や夜露、霜などがさつまいもに当たらないようにご注意を。 さつまいもを新聞紙で包んで保管する 十分に乾燥させたさつまいもは、1個ずつ新聞紙に包み、 ダンボールなどに入れて通気性のいい場所で保管しましょう。 あまり暑くも寒くもならない場所での保管がおすすめですよ。 そうすると、さつまいもは長持ちして1~2ヶ月は保存できます。 しかも熟成されているので、よく水洗いしてから食べれば、 収穫したてよりも美味しくなっているでしょう。 さつまいもって熟成させてから食べるのが良いんですね! てっきりさつまいもも新鮮なうちが良いと思ってましたが、 収穫したものはすぐに食べない方が、逆に美味しく食べられるんですよ! ぜひ芋掘りしたさつまいもは、熟成させてから食べてみてくださいね。 まとめ さつまいもの土を落とすには、まず乾いた状態で軍手で払い落し、 次にメラミンスポンジを使って水洗いするのがベスト。 ただし、すぐに食べるさつまいもだけを洗うようにして、 保存しておくものは土つきのまま、1度乾燥させておき、 その後は新聞紙を包んで風通しのいい場所に保管しましょう。 するとさつまいもが美味しくなるし、 しかも長期保存できるのでとってもおすすめなんですよ!.

次の

さつまいもの収穫後の食べ頃はいつ?保存方法や、おすすめのレシピも紹介!

さつまいも 収穫後

スポンサーリンク さつまいもの洗い方土の落とし方 さつまいもを洗う時は以下の2つのポイントを押さえて土を落とすと良いですよ。 洗う前に軍手で土を払い落とす 収穫したさつまいもは、水洗いする前にまず、 軍手で表面の土を払い落としておきましょう。 するとそれだけでもかなり土汚れが落とせますよ。 水で濡らしてしまうと、土は泥になってしまい粘度が高くなるので、 乾いた状態で土を払うと良いですね。 水で洗うのはそれからの方がかなり土も落としやすいですよ。 メラミンスポンジでさつまいもを洗う 頑固なさつまいもの土汚れのベストな洗い方はメラミンスポンジを使うこと。 タワシを使った洗い方をしている人も多いでしょうが、 それだと表面が傷ついて皮が剥げてしまうことも! さつまいもは皮にも栄養がたくさんあるので、 できれば皮を傷つけずに洗いたいところですね。 そこで役立つのが激落ちくんなどのメラミンスポンジ。 さつまいもを傷つけずに、でも土はしっかり落とせるのでおすすめ! 収穫して土つきのままのさつまいもは、 以上の洗い方でぜひ土を落としてみてくださいね! さつまいもを掘った後はすぐに洗うの? さつまいもを掘った後にすぐに食べるのでしたら土を洗い流すべきですが、 そうでないのでしたら、土はついたままの方が良いでしょう。 というのも、さつまいもって水気に弱いので、 すぐに食べないのに水に濡らしてしまうと、 傷みやすくなったり、表面にカビが生えてしまうことがあるんですよ! そのため、すぐに食べるさつまいもだけをよく水洗いして、 土を落とすようにしていきましょう。 さつまいもは水に濡らしてはいけないって、 実はあまり知られていないんですよね…。 芋掘りをして収穫したさつまいもって、 家に持ち帰るまえについつい洗いたくなってしまうんですが、 大量にある場合は水で濡らすと日持ちしなくなってしまいます。 ということで、さつまいもは食べる分だけ水洗いして、 それ以外は長持ちさせるためにも土つきのままにしておくことを忘れずに! スポンサーリンク さつまいもの収穫後の保存方法 続いて、収穫したさつまいものベストな保存方法をご紹介! さつまいもを干す 収穫してすぐに食べないさつまいもは、 土付きのまま、まずは日陰干しをしていくようにしましょう。 風通しがいい日陰で干すのが良いので、 ベランダにダンボールなどで影を作ってそこに干すと良いでしょう。 窓を開けた室内に干しておいてもOKですよ。 さつまいもは吊して干す必要はないので、 新聞紙などの上にさつまいもを並べておけば大丈夫です。 だいたい2週間くらい干しておけば、 さつまいもは熟成されるので、甘みがより強くなるし、 表面も乾燥して日持ちするようになります。 ただし、夜や雨の日は室内に入れておき、 雨水や夜露、霜などがさつまいもに当たらないようにご注意を。 さつまいもを新聞紙で包んで保管する 十分に乾燥させたさつまいもは、1個ずつ新聞紙に包み、 ダンボールなどに入れて通気性のいい場所で保管しましょう。 あまり暑くも寒くもならない場所での保管がおすすめですよ。 そうすると、さつまいもは長持ちして1~2ヶ月は保存できます。 しかも熟成されているので、よく水洗いしてから食べれば、 収穫したてよりも美味しくなっているでしょう。 さつまいもって熟成させてから食べるのが良いんですね! てっきりさつまいもも新鮮なうちが良いと思ってましたが、 収穫したものはすぐに食べない方が、逆に美味しく食べられるんですよ! ぜひ芋掘りしたさつまいもは、熟成させてから食べてみてくださいね。 まとめ さつまいもの土を落とすには、まず乾いた状態で軍手で払い落し、 次にメラミンスポンジを使って水洗いするのがベスト。 ただし、すぐに食べるさつまいもだけを洗うようにして、 保存しておくものは土つきのまま、1度乾燥させておき、 その後は新聞紙を包んで風通しのいい場所に保管しましょう。 するとさつまいもが美味しくなるし、 しかも長期保存できるのでとってもおすすめなんですよ!.

次の

さつまいものつるの処理は?おすすめ利用法と収穫後の畑に植えたい物

さつまいも 収穫後

A ベストアンサー 何が良いかというよりは、何が悪いかを把握するべき問題だと思います。 質問者の場合は、連鎖障害を気にしている問題だと思いますが、 じゃがいもはナス科の植物ですが、同じナス科の植物を同じ所で育て続けると 連鎖障害が発生しやすいので、じゃがいも・ナス・トマトなどのナス科を避けて キャベツ・大根などのアブラナ科の様な違う「科」に属する植物を植えると 連鎖障害を防ぐ事が可能になります。 ちなみに、ナス科以外の植物としては イネ科=とうもろこしなど 豆科=えだまめなど ユリ科=長ネギ・たまねぎ、などがあります。 いろいろな野菜を植えているのであれば、 毎回場所を変えてローテーションで育てる様に工夫してみましょう。 A ベストアンサー 家庭菜園にて肥料として使っています。 キャベツの場合 ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。 過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。 あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。 仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。 ほかにも同様のやり方で育つものとして、 トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。 土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。 もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。 A ベストアンサー 早い地域では収穫時期が近づいています。 花は咲きましたか? 品種や植えた時期、地方によって収穫時期は異なります。 一般的には黄色くなり始めたら収穫時期です。 病気の可能性もありますが過去に花が咲いていたら多分大丈夫でしょう…。 話はそれますが私は今年は早稲種のきたあかりと極早生種のインカのめざめを植えています。 きたあかりは昨年も違う場所 ナス科の連作障害を避けるため に植えたのですがなかなか美味しい品種で収穫も早いものでした。 今年初挑戦のインカのめざめは味はいいということですが収穫時期が極早生で休眠期 芽が出ず寝ている時間 が極端に短いため収穫が遅れると芽が出てしまう欠点や収穫量が少なく病気に弱い品種のためどきどきしながら見守っています。 最近そろそろ黄色くなり始めたかな~という頃合いです…。 ま、話はそれましたがジャガイモといっても色々品種があるわけで植えた時期や地域も分からなければ見たわけでもないので病気かどうかも分かりません。 出来れば天気のいい日が続いたときに収穫してあげて下さい。 参考までに私のお気に入りのジャガイモのページを何ページか紹介しておきます。 maff. geocities. ちなみにご存知と思いますがナス科 トマト・ジャガイモ・ナスなど は連作を嫌います。 同じ土地には3年ほど植えないようにしましょう。 少し離れたところであればOKです。 詳しくは「ナス科」「連作」で検索すれば調べられると思います。 早い地域では収穫時期が近づいています。 花は咲きましたか? 品種や植えた時期、地方によって収穫時期は異なります。 一般的には黄色くなり始めたら収穫時期です。 病気の可能性もありますが過去に花が咲いていたら多分大丈夫でしょう…。 話はそれますが私は今年は早稲種のきたあかりと極早生種のインカのめざめを植えています。 きたあかりは昨年も違う場所 ナス科の連作障害を避けるため に植えたのですがなかなか美味しい品種で収穫も早いものでした。 今年初挑戦のインカのめざめは味はいいというこ... Q もうどうしようもないのですが、来年のためにアドバイスをください。 今年、初めてじゃがいも栽培に挑戦してみました。 しかし、大きく育つ前に、ほとんどが枯れてしまいました。 まだ収穫時期ではないのですが、枯れてしまったので掘ってみると、枯れたどの株にもビー玉からピンポン玉大くらいの子イモが、1株あたり数個から10個くらいついていました。 枯れた原因も気になりますが、気になっているのは元の親芋がどろどろに溶けていたことです。 まるで膿のような色で気持ち悪いくらいドロドロでした。 そういうものなんでしょうか?それとも何かの病気や異常のサインなのでしょうか? 状況は以下の通りです。 土は、今年の外構工事にときに余分に置いて行ってもらった新しい土です。 真砂土というよりは、小石が少し混じった土ですが比較的さらっとした土で、粘土質ではありません。 軽く苦土石灰を混ぜ込んでから植えました。 種イモは園芸店で買ってきたメークインです。 小さいイモだったので切らずに植えました。 畝に溝を掘って、イモとイモの間に堆肥を置きました。 植えたのは3月上旬で、4月上旬には植えたすべての種イモから芽がでました(28個)。 その時点では特に異常は感じませんでした。 増えてきた芽を5月に入って間引きましたが、この時点でも4月と比べてもあまり芽の背丈は伸びておらず、全体的に葉の色も緑が少し薄いような印象を受けましたのを覚えています。 その後、葉に次々と黒い点が現れ、枯れる芽が現れてきました(黒点病でしょうか?)。 残ったものは緑が濃い葉をしていますが、まだ背は低く20cmあるかないかという状況です。 また、1株あたり2つの芽は残すようにしていたのですが、残ったのは株あたり1芽だけで、他の芽は枯れました。 当初、萎れるような様子は見られなかったので、植え付けからは水遣りはほとんどしていませんでした。 黄色く変色した葉が見られるようになってからは少しだけ水をあげましたが、他の植物のようにじゃぶじゃぶになるほどに与えたことはありません。 ちなみに、すぐ隣の畝ではトマトとトウモロコシがかなり勢いよく育っていて、環境が劣悪というわけでもないようです。 地域は、瀬戸内平野部です。 何か、来年に向けてのアドバイスがあればお願いします。 もうどうしようもないのですが、来年のためにアドバイスをください。 今年、初めてじゃがいも栽培に挑戦してみました。 しかし、大きく育つ前に、ほとんどが枯れてしまいました。 まだ収穫時期ではないのですが、枯れてしまったので掘ってみると、枯れたどの株にもビー玉からピンポン玉大くらいの子イモが、1株あたり数個から10個くらいついていました。 枯れた原因も気になりますが、気になっているのは元の親芋がどろどろに溶けていたことです。 まるで膿のような色で気持ち悪いくらいドロドロでした。 そういうも... A ベストアンサー ペーハー測定器は在った方が良いです。 気づかないうちに酸性に傾いてしまいます。 ホームセンタ-等で4000円程度で売っている簡易型でよいと思います。 大きくなる前に枯れ出してしっまたのは肥料不足も考えられます。 堆肥を 入れて見てはいかがでしょうか?私も昨年から畑を開墾してジャガイモを作り出しましたが 堆肥は一般に言われている量の5倍、苦土石灰・消石灰・牡蠣ガラ灰もPH6.0以上に なるまで相当量すきこみました。 同時にバーミュキュライトと籾殻薫炭もすき込み 通気性と排水性を向上させておきました。 今年はさらに溶性燐肥と高度化成を混ぜ、 堆肥・石灰を一緒に鋤き込んでから20CM程度の高畝にして種芋を植えました。 収穫は下の葉が黄色く成りだしてから(枯れる前)彫り上げました。 種芋1Kgで 20~30Kgの収穫となり大変満足しています。 草丈は50CM以上になりました。 来年からはPHの調整に適量の石灰と堆肥で行けると期待しています。 Q 植物から堆肥を作るには乾燥させてから山積みにして切り返しを行うとよく書いていますが、その様な堆肥作りは難しいのが実情です。 現在サツマイモとタマネギを交互に栽培していますが、いつも悩むのがサツマイモを収穫した後のツルや葉、それから定期的に抜く雑草の取り扱いです。 化学肥料だけをやり続けても土は硬いままで、何らかの堆肥をやりたいところですが、例えばツルや雑草(この場合種子は覚悟する必要はあるが)をある程度小切りにして畝にパラパラと巻いておけば一応肥料にはなるのでしょうか? 連作障害はないものと仮定して回答頂けないでしょうか。 実際に巻いてみると丸虫が集っているようですし、その結果分解すれば立派に肥料成分は回収出来そうな気がします。 また、これを濡れたまま積み過ぎて嫌気性になると脱窒素反応により硝酸塩も分解されて窒素になってしまうと、あるサイトで解説していましたが、私は少なくとも燐酸や加里、石灰などはそのままその場に残るような気がします。 A ベストアンサー ご希望により回答します。 新鮮な残渣を土中に鋤き込むことは、次の作目に向けた効率的な農作業として普及しております。 醗酵しておりませんので、当然この残渣は堆肥ではありません。 過剰な残渣を鋤き込めば分解に伴うガス発生が懸念されますが、この残渣は少量ですので数週間たてば障害にはなりません。 この間、元肥として家畜堆肥、化学肥料を施用したり、耕起、整地など植え付け準備があります。 残渣や灰の肥料効果はご期待されているほど大きくはありません。 それは家畜堆肥の適正施用量は1反に乾物 含水率0%)で600kg前後、原物で2t前後であり、さらに化学肥料を散布することからもお分かりとお思います。 複雑な生態系を持つ土を維持する1つの努力とご理解ください。 A ベストアンサー ネギが分けつしすぎて密集したので植え替えたいと言うことですね。 ネギは寒さにはめっぽう強い作物です。 私は去年の11月に播種した苗を2月の末に定植しました(関東地区)。 やはり同じく分けつしすぎたネギも、ばらばらにほぐして植えかえしました。 質問者様の地域も同じような気候と思われますが、今でも植え替えをして大丈夫ですよ。 密集したネギを丁寧にほぐし(土が落ちても大丈夫です)20cm間隔くらいで植えます。 30cmくらいの溝に、深さは根が隠れる程度です。 この時肥料はやりません。 あらかじめ圃場が用意されているなら、追肥でよいでしょう。 この辺はNO1様の回答を参考にしてください。 Q 先日、畑に詳しい親戚の人とトマトの話をしていたのですが、「ちゃんと米ぬかまいてる?」と言われました。 わたしが「直接まくんですか?」と言ったら、「そりゃあそうだよ」と言って笑ったのです。 でも、わたしはこんなふうに思っていました。 肥料というのは、微生物のエサとなる資材を与えて、発酵させますよね。 発酵が完了するというのは、エサがほとんどいなくなって、発酵熱がおさまった状態だといいます。 で、発酵が終わっていない堆肥をまくのは、畑の土に微生物が爆発的に発生して窒素を奪ったりするからダメ、と教わりました。 でも、米ぬかは微生物が発酵するためのエサだから、畑に直接まいたら、微生物が爆発的に発生するんじゃないかなあ、と。 何だかおかしな質問になってごめんなさい。 文意を理解していただける方だけ答えていただければけっこうです。 米ぬかをそのまままいても、大丈夫なんでしょうか? A ベストアンサー 昔は今のように市販の肥料が豊富ではありませんでしたから、何処の家 でも米ぬかや米の研ぎ汁を庭や畑に撒いていました。 多分その名残があ るため、親戚の方も言われているのだろうと思います。 米ぬかには植物に必要な色んな成分が多く含まれていますが、メリット はあるのですがデメリットもある事を忘れてはいけません。 粉末の油粕がありますが、油粕の成分は醗酵が終わっていなければ植物 に吸収されない性質があります。 土中で醗酵すると醗酵熱によって根が 傷んでしまうし、醗酵時に出るガスによっても根が傷んでしまいます。 米ぬかも油粕と同じで、醗酵しない限りは施しても意味がありません。 米ぬかを少量なら使用されても構いませんが、大量に使用されると土中 の通気性や排水性が悪くなります。 また腐敗によってハエなどの害虫が 発生しやすくなるので、使用には注意した方がいいですね。 Q 我が家のベランダ菜園の、ししとうとピーマンにアブラムシが大量発生してしまいました T-T 特にししとうはものすごくついています。 ここで色々検索して、牛乳を吹きかけると、皮膚の弱いアブラムシは死んでしまう、と知り、試しにやってみました。 なるほど・・・確かに死にますね。 しかし量が半端じゃないので、死んだアブラムシを 爪楊枝ではじき落としたりして結構大変でした。 (水で流しても取れなかったので) ・・・牛乳で死ぬ、と言うことは、他の物でも効果はあるんでしょうか? 例えば、クエン酸水とか、酢を薄めた物をかけるとか、 ジュースとか・・・ それとも、牛乳自体にアブラムシに効く成分??でも あるんでしょうか? 観葉植物も枯らしてしまう超初心者な私なので、まさか アブラムシがわくとは思ってもいませんでした・・。 アブラムシ駆除について色々教えていただければありがたいです。 A ベストアンサー 絶対に農薬を使いたくないなら クラフトテープがお勧めです。 ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープです。 あれでぺたぺたやってください。 アブラムシやヨトウミシや尺取虫などなんでも取れます。 おまけに植物に与える影響はまったくありません。 テープもあまり強く押しつけない限り葉っぱなどにもくっつきません。 アブラムシだけ取れます。 爪楊枝で落とす必要もないのでらくちんです。 私もこの方法で薔薇をアブラムシから守ってますよ。 うちの薔薇は完全無農薬です。 今は100円均一で安く手に入るのし毒性はまったくないので(あたりまえ) 近所に迷惑も掛かりません。 取ったアブラムシはそのままテープをはっつけてしまえば手も汚れません 一度お験しあれ!.

次の