不用意な 意味。 不祝儀袋の意味とは?不祝儀袋とは何か、解説いたします|終活ねっと

「不要」と「 不用」意味の違いとは?使い分け方と使い方・例文も

不用意な 意味

テレビや新聞のニュースなどで、政治家やタレントといった有名人の失言が取り上げられた際に「不用意な発言」という言い方を耳にします。 ここではその「不用意」という言い方について、意味や使い方などさまざまな観点から見てみましょう。 「不用意」という言葉の意味 「不用意」という語の意味は、字から考えると「用意をしていない」ということです。 ここで「用意」という語についてもう少し詳しく見てみると、一般的によく使われるような「準備」「支度」 前もって必要なものを揃え整えておく という意味もありますが、一方では「用心」や「配慮」 細かいところにまで気を配る という意味も持っています。 「不用意」という言葉における「用意」は、どちらかと言えば後者の意味合いが強く、「注意や配慮が足りずうっかりしていること」という意味になります。 使い方としては、「不用意に」という形で副詞として用いられる場合と、「不用意な」という形で形容詞として用いられる場合が一般的です。 そこで次にそれぞれの使い方を見てみましょう。 「不用意に」 「不用意に」という形で用いられる場合、前述のように後に続く動詞などを修飾する副詞という形になり、「注意や用心が足りない」という意味合いを持っています。 「不用意に飛び出す」 急いで道を渡ろうとして、周りをよく確認しないままでいきなり前へ出てしまった場合や、見通しの悪い曲がり角などで、前に気をつけずにそのまま曲がりかけて慌てて立ち止まる場合などで用いられます。 例 ・車が来ていたのに不用意に飛び出した。 不用意に飛び出して前から来た人とぶつかりそうになった。 また、誰かの身に危険が迫っている時などで、何も考えずとっさに身体が動いて前に出てしまうといった場合にも用いられます。 例 ・子どもをかばおうとナイフの前に不用意に飛び出した 「不用意に言葉をかける」 誰かが集中して何かに取り組んでいる最中などに、深く考えず気軽に声をかけてしまい、作業を中断させたり効率を悪くしてしまったりした場合などに用いられます。 例 ・不用意に言葉をかけられ作業が滞ってしまった また、悲しみにくれる人を皆が気遣って遠巻きに見守っている中、そのことに全く気付かずに気軽に慰めの言葉を口にしてしまい、当人や周囲に怒られるといった場合にも用いられます。 例 ・不用意に頑張れと言葉をかけたため周りから顰蹙を買ってしまった 「不用意な」 では次に「不用意な」という形容詞として使われる場合について見てみましょう。 この場合の「不用意」には、「用心や心遣いが足りない」という意味と「準備が行き届いていない」という両方の意味合いがあり、前後の文脈や状況によって変わります。 「不用意な発言」 「不用意な」という言葉において、よく見られる使い方です。 改まった席での発言では、謙遜としての意味合いで用いられることもありますが、この場合の「不用意」は注意や配慮という意味だけではなく、準備が行き届いていないという意味合いも含まれています。 例 ・不用意なまま作業をしてミスにつながった ・不用意なまま試験に臨むはめになった 「不用意」という語の類語や言い換え 「不用意」という語と似た意味を持つ言葉は他にも数多くあります。 類語として挙げてきたのはごく一部ですが、次に意味だけではなく漢字や字面のよく似た言葉について見てみましょう。 不用心 無用心 この言葉には大きく分けて二つの意味があります。 一つめは警戒を怠り用心が足りないことという意味です。 例 ・戸締りが不用心な家 もう一つは治安が悪く物騒なさまという意味です。 例 ・夜道の一人歩きは不用心です 特に一つめの意味に関して、「不用意」という語と共通する部分もありますが、二つめの意味を考え合わせると言い換えが可能なほどよく似た表現とは言えないでしょう。 不注意 注意が足りず、重要なことに気が付かない様子を表す言葉です。 例 ・不注意な一言が相手を傷付けた 「不用意」という語と比べると、「配慮が足りない」という意味ではよく似た表現ですが、「準備が足りない」という意味合いで用いられるよりは「うかつな」という意味合いで用いられることが多くなっています。 不必要 「不必要」は文字どおり「必要がないこと」つまり「なくても差しさわりのないこと」という意味を表します。 例 ・不必要に大きな声で話す 「不用」という言い方もあることから、字面の似た言葉ではありますが、意味や使い方は「不用意」とは全く異なると言えます。 ここで紹介した言葉以外にも、字面や使い方の似た言葉はありますが、「用意」と同じ音を持つ「容易」 「たやすい」 という語に関して、「不容易」という表現は日本語では見当たらず、「容易」を打ち消す場合には、「容易ならぬ」 「そうたやすくはない、重大である」 という形で用いられるのが一般的です。 「不用意」と似た言葉に関してここまで見てきましたが、一方で反対の意味を持つ言葉にはどういったものがあるでしょうか。 順に見てみましょう。 用意周到 全てにわたって準備が整い、少しも手抜かりのないことを表します。 例 ・用意周到な実施計画 この言葉はよくある中国語源の四字熟語ではなく、明治期における日本独自の造語であると言われています。 よく似た言葉に「用意万端 よういばんたん 」や「用心堅固 ようじんけんご 」という表現がありますが、「用意万端」は準備全般を表し、「用心堅固」はきわめて注意深いことを表す言葉です。 用心深い 「用心」とは先に挙げた「用心堅固」という言葉にもあるように、心配りや気遣いあるいは万一に備えて注意や警戒を怠らないことを表す語です。 つまり「用心深い」という語は、十分に注意して警戒する様子を表す言葉です。 例 ・登下校の様子を用心深く見守る 慎重 「慎重」という語も「不用意」の対義語の一つです。 「慎重」とは、注意深くて物事を軽々しくは行わない様子を表します。 例 ・勝敗は見えているが慎重な態度を崩さなかった このように、「不用意」と反対の意味を持つ言葉は、意味合いから考えると他にも数多くあります。 例 ・手堅い ・危な気ない ・手回しがよい ・手はずを整える 似た意味の言葉に関しても同様ですが、それぞれの言葉の持つニュアンスの違いをある程度把握しておくと、手持ちの語彙がぐっと増え、言葉を使い分ける技術が格段にレベルアップします。 言葉の使い分けは、円滑なコミュニケーションの基本です。 あまり難しく考えず、語彙を少しずつ増やしましょう。 不用意な発言をなくすには? 「不用意な発言」というと、前段で見てきたように「言わなくてもいいことを言ってしまう」場合と、「しっかりと下準備をしないままに言ってしまう」場合があります。 いずれの場合も発言者本人にはあまり悪気がないことが多いのですが、状況によっては相手を手ひどく傷付けてしまったり、反対に怒らせてしまったりと、修復不可能な関係に陥ってしまう危険性をはらみます。 そこで、次にそうした「不用意な発言」をなくすためには、どうすればいいかということについて考えてみましょう。 場の空気をしっかり読むこと 「不用意な発言」をなくす対策の一つは、「その場の空気をしっかり読むこと」です。 相手が何を望んでいるのかということを見きわめ、相手の表情や声音、身ぶりといった全体的なことに気を配りながら会話を続けるよう心がけると、「不用意な発言」をある程度防ぐことができます。 できるだけ事前準備をすること 一方、事前の準備が不足しているため「不用意な発言」となってしまう場合は、まずは下準備をしっかり行う余裕を持つことが必要です。 相手に関する情報収集をしたり、話す内容をあらかじめシュミレーションしておくと、必要以上に緊張したり遠慮したりせずに発言することができ、「不用意な発言」を防ぐことができます。 また、可能であれば会話の主導権を他の人に譲ったり、発言する機会を先に延ばすことで、事前準備の時間を作り出すことも、「不用意な発言」を避ける手だてとなります。 いずれの場合も、勢い任せで場当たり的に自分の考えを主張したりせず、相手や周りの反応に常に気を配りながら発言するよう心がけることが大切です。 「不用意」にならないよう備えを十分に ここまで「不用意」という言葉に関していろいろな面から見てきました。 人は誰でも「不用意な発言」や「不用意な行動」をしてしまう可能性があり、実際にそのために相手の気分を害してしまったといったことは多くの人が経験しているのではないでしょうか。 人が生きていく上で、他の誰かと関わるということは欠かせません。 コミュニケーションが苦手だという話もよく聞きますが、そういう人も全ての人に対して苦手感を持っているわけではないでしょう。 コミュニケーションの基本は相手に対する思いやりです。 そして、百パーセントうまくいく必要はないといった、気持ちの上での余裕を持つことが肝心です。 自分に余裕が生まれると、落ち着いて周りを見渡すこともできるようになります。 相手の気持ちに寄り添いながら、自信を持ってチャレンジしていきましょう。

次の

不用意の意味

不用意な 意味

公開日: 2018. 27 更新日: 2018. 27 「無用」「不用」「不要」の意味の違いと使い分け 「無用」「不用」「不要」という言葉をご存知でしょうか。 「天地無用」「不用品」「不要な買い物」といったように使います。 では、「無用」「不用」「不要」の意味についてしっかりと知っているでしょうか。 この3つの言葉は日常会話においても、使うことが多い言葉です。 ただ、3つとも非常に似ているので区別することが難しいですよね。 正しく使うためには、違いについて適切に知っておく必要があります。 そこで今回は「無用」「不用」「不要」の使い分けについて解説していきます。 正しく覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう! 「無用」の意味と使い方 「無用」は< むよう>と読みます。 「無」は音読みで「ム・ブ」、訓読みで「ない」と読みます。 「無」は「〜がない、〜でない」を意味します。 「用」は音読みで「ヨウ」、訓読みで「もちいる」と読みます。 「用」は「ものの作用や機能」を意味します。 「無用」の意味は、 ・役に立たない、使いものにならない ・するべき事柄がないこと ・いらないこと、不要なこと ・やってはいけないこと です。 「無用」は「ご無用」という形で用いられることも多いです。 「心配ご無用」だったら「心配しなくて良いです」という意味になります。 「無用」を用いた表現には、「無用の用」「無用の長物」などがあります。 それぞれ「一見役に立たなそうだが、大事な機能を果たす」「役に立たず足手まといになるもの」を意味します。 よく使われる表現としては「 天地無用」があります。 「天地無用」とは「上と下を逆さまにしないように」という意味です。 「無用」の反対語は「 有用」です。 「有用」は「役目を果たすこと」を意味します。 例文 「役に立たない」という意味 ・無用なものは必要ないので、早く捨ててしまった方が良い。 ・このパソコンは誰も使わなくなってきているので、やがて無用の長物となるだろう。 「するべき事柄がない」という意味 ・無用の者はこの部屋には入ってはいけない。 ・今、彼女は無用で時間があるから、きっと君の仕事を手伝うだろう。 「いらない」という意味 ・プロジェクト実行に関しては心配無用だから、安心してください。 ・今日はたくさんキャベツが獲れたので、昼食も夕食も問答無用でキャベツ料理を食べてもらう。 「やってはいけない」という意味 ・落書き無用と書いてある看板を見ると、つい何かを描きたくなってしまう。 ・天地無用と書かれている荷物は、しっかりと真っ直ぐに持って運ぶようにしてください。 「不用」の意味と使い方 「不用」は< ふよう>と読みます。 「不」は音読みで「フ・ブ」、訓読みで「ず」と読みます。 「不」は「〜ない、〜でない」を意味します。 「用」は音読みで「ヨウ」、訓読みで「もちいる」と読みます。 「用」は「ものの作用や機能」を意味します。 「不用」の意味は、 ・役に立たない、使いものにならない ・いらないこと、不要なこと です。 使っていたものの、もう必要としなくなったものを「不用」と表します。 例えば、「不用な物を捨てる」「不用な本を売る」といったように使います。 「不用品の回収をする」とよく言いますが、これは「いらなくなった、使わなくなったものを回収する」という意味になります。 「不用」の反対語は「 入用」です。 「入用」は「物事を行うのに必要なこと」を意味します。 例文 「役に立たない」という意味 ・こんな不用なものを使っていたら、いつまでも上達しないよ。 ・不用なものばかりが残っていて、何にも作ることができない。 ・小屋を作るには、この道具は不用となるだろう。 「いらない」という意味 ・引っ越しをする前に、不用な衣類や書籍は早く捨ててしまった方が良い。 ・この遊園地は入場券は不用だから、誰でもすぐに入ることができるよ。 ・息子が一人暮らしを始めることになり、自転車が不用となったのでリサイクルショップで売ろうと思う。 「不要」の意味と使い方 「不要」は< ふよう>と読みます。 「不」は音読みで「フ・ブ」、訓読みで「ず」と読みます。 「不」は「〜ない、〜でない」を意味します。 「要」は音読みで「ヨウ」、訓読みで「かなめ・いる」と読みます。 「要」は「使えるもの、なくてはならないもの」を意味します。 「不要」の意味は「 いらないこと、不要なこと」です。 「不要」は「なくても問題ないもの、困らないもの」を表します。 使っていたものが必要としなくなるという訳ではなくて、 はじめから必要としていないもの、いらないものを表します。 例えば、「不要な物を買う」といった場合は「なくても困らないような物を買う」という意味になります。 「不要不急」という言葉があります。 これは「大事なものでもなくて、急ぐ必要もないこと」を意味します。 「不要」の反対語は「 必要」です。 「必要」は「欠かすことのできないこと」を意味します。 例文 ・彼女は不要な買い物ばかりしているから、すぐにお金がなくなるのだ。 ・可愛いデザインのグッズが欲しかったが、生活する上では不要となるから買わなかった。 ・祖母は毎日買い物に歩いて行っているので、車の免許は不要である。 ・第一希望の学校に合格するためには、テレビやゲームなどは不要になる。 ・不要な出費はなるべく抑えないと、後悔して自分が損をすることになるよ。 ・高熱を出しているのだから、安静をとって不要不急の外出はしない方が良い。

次の

不祝儀袋の意味とは?不祝儀袋とは何か、解説いたします|終活ねっと

不用意な 意味

「不要」の意味や使い方 「不要」という表現は、 「ある物事・行動・人物などがまったく要らないこと、まったく求めていないこと」を意味しています。 「不要」という表現には、 「必要性 需要・欲求 の全面的な否定」のニュアンスが込められています。 「不要」の表現の使い方は、 「不要な家具をすべて売り払いました」のように、 「あるものや人員などがまったく要らない場合」に使うという使い方になります。 「不必要」の意味や使い方 「不必要」という表現は、 「ある事物・行為・人などが必ずしも 絶対というほどに 必要ではないこと」を意味しています。 「不必要」という言葉には、 「必要性の一般的な否定 絶対に要るわけではない 」のニュアンスが込められているのです。 「不必要」の表現の使い方は、 「懐中電灯は遠足には不必要でした」のように、 「あるものや人物が必ずしも必要ではない場合」に使うという使い方になります。 「不要」と「不必要」の違い 「不要」と 「不必要」の意味の違いを、分かりやすく解説します。 「不要」という言葉は、 「ある物事・行動・人員などが要らないこと、まったく求めていないこと」を意味しています。 「不要」という言葉には、 「必要性 需要・求め の強い否定」の意味のニュアンスがあるのです。 それに対して、 「不必要」という言葉は 「ある物事・行為・人員などが必ずしも必要ではないこと」を意味しています。 「不必要」という表現は 「不要」と比較すると、 「否定する度合いがやや弱めである」という違いがあるのです。 「不要」は 「必要性の全面的な否定・拒絶」の意味のニュアンスがでてきますが、 「不必要」という言葉は 「必ずしも必要ではないというレベルの一般的な否定」のニュアンスがあるという違いを指摘できます。 「不要」を使った例文と意味を解釈 「不要」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。 「不要なゴミやものがあれば、次のゴミだしの日にすべて出すようにしてください」 この 「不要」を使った例文は、 「不要」の表現を、 「まったく要らないゴミやものがあれば」という意味を持つ文脈で使っています。 「不必要」を使った例文と意味を解釈 「不必要」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。 「妻から不必要だから処分してといつも言われているプラモデルですが、自分にとっては大切なものなのです」 この 「不必要」を使った例文は、 「不必要」の表現を、 「妻から必ずしも必要なものではないのだから、処分してといつも言われているプラモデル」という意味合いで使用しています。 まとめ 「不要」と 「不必要」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか? 「不要」というのは、 「ある物事・行動・人員などが要らないこと 必要性の強い否定 」を意味しています。 それに対して、 「不必要」というのは 「ある物事・行為・人員などが必ずしも必要ではないこと 必要性の一般的な否定 」の意味合いを持っています。 「不要」と 「不必要」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の内容を読んでみてください。

次の