スター ウォーズ フォールン オーダー 攻略。 【スターウォーズ ジェダイ フォールンオーダー】ストーリー攻略チャート

スターウォーズ ジェダイ フォールンオーダー攻略wiki

スター ウォーズ フォールン オーダー 攻略

ストーリー 本作「スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー」のストーリーは、映画「スター・ウォーズ シスの復讐」の5年後の世界。 ジェダイの騎士たちによって守られて来た平和は、帝国軍によって破壊されることとなります。 また、銀河の秩序を守るためにパダワンたちも指揮官として訓練されることになりました。 しかし、共和国に隠れた脅威が迫っていました。 帝国軍のシディアス卿が、共和国最高議長シーヴ・パルパティーンに扮し、共和国軍に潜んでいたのです。 メイス・ウィンドゥたちは、シディアス卿の正体に気づき、パルパティーン議長を拘束。 しかし、シディアス卿は密かにアナキン・スカイウォーカーの心を操ることに成功していました。 アナキン・スカイウォーカーはメイス・ウィンドゥたちを倒し、ダークサイドへ。 そして、ダース・ベイダーと名乗ることとなります。 圧倒的に劣勢となった共和国軍。 そんな状況下で、カル・ケスティスという若者がフォースの力を持つ者を狩る帝国軍から隠れて生活をしていました。 しかし、ついにフォースの力を使っているところを帝国軍に見つかってしまいます。 カル・ケスティスに残されたのは、ジェダイとなり、自ら活路を切り開くのみ。 本作はカル・ケスティスという人物が主人公となってストーリーが展開していきます。 エンディング カル・ケスティスの前にダース・ベイダーが現れます。 「降伏した方が身のためだ」 ダース・ベイダーは次々とカル・ケスティスの仲間を殺し、降伏を促します。 そんなダース・ベイダーにカル・ケスティスは襲いかかりますが、強力なフォースの力に押さえ込まれ、逃げることに。 しかし、ダース・ベイダーに対してカル・ケスティスのフォースはあまりにも貧弱。 ライトセイバーも奪われてしまいました。 「ホロクロンを渡せ」 ダース・ベイダーはBD-1に記録されている機密情報を渡すよう、カル・ケスティスに命令します。 「お前には渡さない」 そこにシアが現れ、ダース・ベイダーに襲いかかります。 シアはフォースの力でダース・ベイダーと拮抗。 しかし、徐々にシアは暗黒面へと引き込まれそうになっていきました。 カル・ケスティスが最後の力を振り絞り、シアを救出し、船から外へ逃げ出します。 しかし、外は海。 徐々に意識を失っていきます。 気づくとカル・ケスティスは味方の宇宙船にいました。 シアとカルはなんとかダース・ベイダーから逃げ出すことができたのでした。 カル・ケスティスと仲間たちは、その場でホロクロンを叩き切ります。 フォースの力を持った人々の情報が記録されたデータは消滅したのです。 カル・ケスティスはこう言います。 「彼らの未来はフォースに委ねるべきだ」 こうして本作「スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー」はエンディングを迎えました。 裏技/テクニック 序盤の攻略テクニック バトル編 まずはバトルに関わる序盤で役立つ攻略テクニックをまとめてご紹介します。 1つ目は、崖を利用して敵を倒すということです。 強い敵キャラクターが出て来た際に真正面から受けて立つと、体力がどれだけあっても足りません。 もし近くに崖があるのであれば、崖に背中を向けてギリギリの場所で戦いましょう。 敵キャラクターは、たまにモーションの大きな攻撃を仕掛けて来ますので、それをうまく避けることで、落下させることが可能です。 2つ目は、どんどん積極的に攻撃を仕掛けにいくということです。 敵に囲まれている状態では守りつつ攻めることになりますが、1対1の場合はスタミナを削る目的でもどんどん攻撃を仕掛けていくと良いでしょう。 スキル「オーバーヘッド・スラッシュ」を解除しておけば、スタミナを削ることが簡単になります。 敵キャラクターのスタミナがなくなれば、ダメージをかなり与えやすくなるため、おすすめです。 3つ目は、フォースを駆使するということです。 ライトセイバーの扱いが上手くなればフォースを使わなくても攻略することができるのですが、後半に行くほどフォースの有用性が高まるため、序盤でフォース慣れしておくことがおすすめです。 序盤の攻略テクニック アイテム・スキル編 次に、アイテムやスキルに関わる序盤で役立つ攻略テクニックをまとめてご紹介します。 1つ目におすすめするのは、積極的にBD-1のスキャンを行っていくということです。 ボガーノでBD-1と出会った後は、敵キャラクターやアイテムなどをスキャンすることが可能です。 スキャンをした後に瞑想ポイントで経験値に変えることで、レベルを上げることができます。 またフィールド内でスキャンを行うことで、秘密データなどを解除することができる可能性があります。 2つ目は、ボガーノを攻略した後、惑星ゼフォではなく惑星ダソミアに向かうということです。 通常プレイをすると、すぐに攻略ができる惑星ゼフォに向かう流れなのですが、ダソミアでは「ダブルセイバー」をゲットすることができます。 ダブルセイバーは強敵と戦う際に持っているとかなり戦いやすくなるため、できるだけ早い段階で手に入れておくことがおすすめです。 3つ目は、スキルポイントをゲットしたらできるだけ早く使ってしまうということです。 敵キャラクターに倒されてしまうとスキルポイントを全て失ってしまうため、必要最小限のポイントが貯まった段階ですぐに使いましょう。 また、スキルではサバイバル系のスキルを優先的に解除しておくと攻略に役立ちます。 キャラクター紹介 カル・ケスティス 本作の主人公であり、ジェダイの「マスター・ジャロ・タパル」からフォースの使い方を学んだパダワンのカル・ケスティス。 惑星ブラッカで師匠タパルとともに生活を送っていましたが、仲間に裏切られたことにより、タパルを失います。 それからは、帝国軍のジェダイ狩りから逃れるために身を隠して解体屋で働き、なんとか生活を送っていました。 ある日、事件が起こり、その中で友人を助けるために致し方なくフォースを使うことに。 その姿が帝国軍に見られてしまい、追われることとなったのです。 この出来事がきっかけで、カル・ケスティスはジェダイの道を歩むことになりました。 その後は、ドロイドのBD-1やシア、ドリタスたちと行動をともにし、ジェダイ・オーダーを復活させるために戦いへと身を投じていきます。 BD-1 カル・ケスティスのドロイドであるBD-1。 過去には、ジェダイ・マスターである「イーノ・コルドヴァ」と行動をともにして、古代文明を解明するためのデータ収集やアシスタントを勤めていた経験もあります。 帝国軍と共和国の戦いから、後にジェダイ・オーダーが壊滅することを推察したコルドヴァは、BD-1にフォースを使用することができる者たちのリストをホロクロンで収録。 そして、重要な記録が悪用されないように暗号化を進めていました。 カル・ケスティスは暗号化されたBD-1の記録を再生できた数少ない人物の1人。 この出会いがきっかけとなり、カル・ケスティスはジェダイ・オーダーを復活させる旅に出たのでした。 しかし、後にBD-1の記録は破壊されることになります。 フォースを使用できるからといって、帝国軍との激しい戦いに参加することを強制するようなことはしたくないと、カル・ケスティスが意図的に壊したのでした。 ソウ・ゲレラ クローン戦争の際、レジスタンス戦士として独立星系連合の敵兵と激しい戦闘を繰り広げたソウ・ゲレラ。 クローン戦争が終わった後には、銀河帝国のレジスタンスである反乱同盟軍と共闘することを決心し、再び戦争へ参加することとなります。 ソウ・ゲレラの戦いぶりは異常なまでに激しく、敵として戦った帝国軍兵士はもちろんのこと、共和国の人々すら恐るほど。 ソウ・ゲレラの戦い方を見た元老院議員の「ランソム・カスタルフォ」曰く「戦い方はテロリストそのもの」と言わしめます。 ソウ・ゲレラのチームは、基本的にクローン戦争でともに戦った仲間たちで編成されており、高い連携力で敵を圧倒。 帝国軍からも反乱分子の重要人物としてマークされていました。 スター・ウォーズを題材にしたセキロやダークソウルのようなアクションゲーでやりごたえのあるゲームです。 アクションが苦手な人でも出来るように難易度がいつでも変えられるのでライトセーバーで無双したい人にもオススメの面白いゲームです。 神ゲーでした!! スターウォーズファンなら発狂レベルです!! 物語の面白さ、アクションの多彩さ全てに対して大満足のゲームです。 最も発狂した部分はやはり最後でしたね、、、あの呼吸音からのダースベイダーの登場!!あの時の絶望感は最高です。 是非やるべきゲームで間違いありません!!•

次の

『スターウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー』海外レビュー・評価・メタスコア

スター ウォーズ フォールン オーダー 攻略

【評価】探索が戦闘の魅力を台無しに - 『STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』のクリア後レビュー・感想【ネタバレ】 エレクトロニック・アーツより11月15日に発売された『 STAR WARS スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー』(PS4版)をクリアしました。 ボリュームは少なめでした。 クリア後のレビュー・感想を書いていきたいと思います。 スポンサーリンク? 探索が戦闘の魅力を台無しに。 ボス戦も微妙 『STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』の戦闘は楽しかったという印象があります。 難易度を低くしてプレイしても、アクションがかっこよかったりするので楽しめます。 戦闘が楽しいとは言うものの、「悪いところ」に書いたように、ボス戦が微妙。 「アクションゲームのボス戦」という意識で戦えたのは数えるほどしかない。 あとは「イベントの中のボス戦」というイメージ。 それは、自分がストーリーモードでプレイしていたせいかもしれないけど。 道中の 探索+戦闘があまりにもダルいので、ストーリーモード以外ではやる気がしなかった。 クリア後に、ボス戦だけ遊べるモードとかがあれば難易度を上げて挑んでみたかったけど、そういうものはない。 そして、当のボス戦もイベントじみたものばかり。 アクションゲームにしたいのか、探索ゲームにしたいのか、イベントゲームにしたのか、中途半端。 あと、前々から書いているけど、 探索がダルい。 それはクリアした後の感想でも変わらない。 途中で投げ出したくなるほどに、探索の押しつけが苦痛だった。 探索が面白ければ比重が多くてもいいと思うけど、つまらないからゲームとして悲惨な出来になってしまっている。 少なくとも自分は、楽しんでプレイできるゲームではなかった。 スポンサーリンク? 世間的には評価が高めだけど - メタスコア 世間的な評価を見ていきます。 以下は11月23日時点のメタススコアです。 批評家たちによる評価=メタスコアが 81点。 ユーザーによる評価=ユーザースコアが 8.1点。 偶然にも、100点満点換算するとどちらも81点と同じスコアになっています。 81点というのは、まぁまぁな高評価という感じでいいんではないかと思います。 自分としては、総合的に見て、このゲームのなにがそんなに良いのかサッパリ理解できませんが。 戦闘面で評価できるところはあるけど、それ以外がボロボロ。 また、「ファミ通.com」の発表による初週の国内売上は、 26,761本。 「スター・ウォーズ」ゲームの前作『 Star Wars バトルフロントII』は 36,805本だったので、約1万本売り上げが下がっています。 国内の売上的にはかなり微妙ですね。 国内での評判が良い方向なのも、最初からこういうゲームを好きな人しか買ってないから、ということなのかもしれません。 参考: スポンサーリンク? 【評価】結果、すべてが中途半端なゲームに なんでこの『STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』は、こんなに探索が多いんんだろ? 「 ソウルライク」なゲームと呼ばれる本作。 『 Demon's Souls』や『 DARK SOULS』をプレイしたことないので、この記事を書くためにYouTubeで動画を見てみたけど、うーん……。 たしかに、本作がソウルライクと言われるのはわかる。 その二つもまた謎解きが難しそう、というか無駄にめんどくさそうだなと見てて感じました。 すべて共通して、戦闘と探索と謎解きが一体化している感じか。 ただ、本作は立体的に移動したり探索できる点で進化しているように見える。 まぁ、簡単に言うとソウルライクゲームは自分に合わないな、と。 そんなことを思いました。 基本的にアクションゲームが合わないんだけど。 戦ってるのにQTEやムービー挟まれるのが嫌いだけど、最近のアクションゲームはそんなのばっかりだし。 そういう苦手とかを抜きにしても、本作はあまり褒められる出来になっていない。 探索をそんなにさせないのかな? 戦闘面でもがんばってるけど、「スター・ウォーズ」世界観の雰囲気も良いんだけど。 結果、全てが中途半端なゲームになっているかなと思います。 このブログで低評価なことを書くと、コメント欄で叩かれたりするんだけど、まぁ仕方ないと思っています。 「 自分に合わないゲーム=クソゲー」という評価に文句を言われることが多いですが、自分はなにかを代表してゲームを評価しているわけではないので、この評価方法が当然なのかなと今は考えています。 定まった方針もないので、その時々でブレブレになることはあり得ますが。 個人ブログの個人が書いている記事なのに、誰かに配慮して評価を定めるようなことをして何の意味があるのかなとも思います。 好きだと思ったゲームは好きだし、嫌いだと思ったゲームは嫌いです。 お金もらえれば「忖度」して書きますけどね。 誹謗中傷を含まないコメントであれば、否定的な意見も当然ですが受け付けています。 返信するかどうかは気分です。 基本しません。 ということで、『STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』のスコアは 50点とします。 長々と書いてしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。 【実況動画】STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー 関連記事.

次の

【評価】探索が戦闘の魅力を台無しに

スター ウォーズ フォールン オーダー 攻略

ということからもわかる通り、本作のストーリーは原作の映画を知っていたほうが楽しめるのは間違いありません。 この記事では最低限の単語はで簡単に説明しますが、基本的な知識は備えているものとして話を進めさせて頂きます。 ブラスターを偏向しつつ前進し、行く手をさえぎるストームトルーパーを斬り倒すのは、確かにほかでは得がたい快感です。 ですがそれが可能かどうかは、あなたの腕次第となります。 映画でも描かれていますが、ジェダイは決して無敵の戦士ではありません。 『エピソード2/クローンの攻撃』でのジオノーシスの戦いを思い出してみてください。 捕えられたアナキン・スカイウォーカーたちを助けるために多くのジェダイが決起したものの、無限とも思えるバトルドロイドの群れの前で生き残れたジェダイは数えられるほどでした。 確かにジェダイであれば、単体のストームトルーパーや、小型の原生生物には負けないでしょう。 しかし複数で攻めてくるとなれば、話は違います。 本作もそれに習ってか、対複数の戦闘では、ライトセーバーを振り回すだけの戦い方では(難易度次第ではあるものの)かなり苦戦を強いられるでしょう。 ゲーム的な説明をすると、攻撃を受けたときに硬直時間があり、即座にガードに移れなかったり、転倒時でも無敵状態にならなかったりという仕様上、敵が複数いる状態では一度攻撃を受けると連続でダメージを受けてしまいがちだからです。 まずは己の身を守ることを考え、ガードを固めて反撃の機会を待つのがオススメ。 やはり映画の主役級は次元が違う強さなのか、本作のストームトルーパーはなかなか手ごわい相手です。 スカウト・トルーパーですら、ライトセーバーの攻撃をしっかり防御するため、片っ端から切り捨てて進むというプレイは難しいのが現実です。 主人公のカルは、まだ修行を終えていない身ということもあるのでしょう。 そして本作の帝国軍には、さらに腕の立つ存在が登場します。 つねに命の危険と隣り合わせの状況で生きている賞金稼ぎたちも手ごわい相手といえるでしょう。 そんな敵が相手の場合、ライトセーバーを闇雲に振り回したり、ガードしたりしているだけでは勝てません。 パリィによって相手のスタミナを奪い、攻撃に転じる。 これが本作のライトセーバー戦の基本となります。 強力ではあるものの攻撃後のスキが大きいので、華麗に回避して反撃するチャンスです。 ジェダイといえば、フォースの技も見逃せません。 カイロ・レンほど完全に停止はさせられないものの、敵の動きや弾速をかなり遅くできます。 パダワンの時点でこんな芸当ができるのだから、カルのミディ=クロリアン値はかなり高いのかもしれません。 通常であればライフ回復時は少しのスキが生まれてしまいますが、敵をスロウにしておけば安全に回復できます。 これらのフォースアクションをどう使うかが腕の見せどころ。 わかりやすい例では、プッシュで敵を穴に落としたり、プルで敵を引き寄せ、即席の盾として使ったりといったことも可能です。 また、プルで引き寄せた物をプッシュで投げつけるといった複合的な使い方もできます。 フォースを使うとフォースゲージが減少し、一定値以下になるとフォースの技を使えなくなりますが、ライトセーバーの攻撃やガードによってフォースゲージは回復します。 戦闘時の乱発は避け、ここぞというときに使うと、よりジェダイらしい立ち回りができるでしょう。 スキル強化の項目はカルが新しい技を覚えたり、道具を手に入れたりすることで増えるので、まずはストーリーを進めて項目の開放を目指すのがオススメ。 ジェダイの活動と意外と相性がいい謎解き要素を堪能! 本作にはパズル系の謎解き要素があります。 主人公の目的はジェダイ・オーダーの再建で、そのためには古代の神殿に隠されたある物を必要としているのですが、古代の遺跡といえば、絶好の機会といわんばかりにあらゆるゲームで謎解き要素が盛り込まれますよね。 ジェダイといえばライトセーバーで戦っているイメージが強いですが、平時には膨大な知識が眠るジェダイ・アーカイブで学問の探求をして、深い知識を蓄えることに熱心な人物も多く、知識の探求者的な側面もあります。 となれば、遺跡の探索などもしていそうに感じませんか?• 困ったら青く光る場所を探しましょう。 なお、フォースを使わない仕掛けの場合はハイライトされないため、青い光に集中しすぎて本来の仕掛けを見逃さないように注意! 仕掛けの多くは、その神殿固有のギミックをフォースの技を使って起動するというもの。 例えば、プルで引っ張ったオブジェクトが一定時間すると元に戻ってしまうなら、引っ張った後にスロウをかければ、戻るまでの時間を延ばせます。 謎解きそのものもおもしろいですが、ファンとしてはフォースを駆使して仕掛けを作動させるというその挙動が嬉しいですね。 プッシュで脆くなった壁に穴をあけたり、恒例の手を払うような動作で扉を開けたりしていると、「俺、今ジェダイなんだ!」という気持ちがこみ上げてきます。 細かいところに喜びを見出せる、ファンならではの楽しみもいっぱい! ある程度ストーリーを進めると、いくつかの惑星を自由に探索できるようになります。 完全新規の惑星もあれば、ほかの『スター・ウォーズ』シリーズに登場したことのある惑星もあり、そんな星を自分で見て回れるとなれば、ファン的にはワクワクが止まらないでしょう。 出会うだけで感激ものです。 カルは触れた物品に残されたフォースの記憶を読み取れる能力を持っています。 確定ではないものの、未来予知を行うジェダイはいましたが、残留思念のようなものを読み取れるのは、ジェダイでも特に珍しい能力。 本作では、マップ中に点在するさまざまなオブジェクトの記憶を読み取ることで、その惑星でどんな事件が起こったのか、背景設定を知ることができるコレクション要素があります。 物語本編には大きく関わらないため無視しても問題はありませんが、経験値をもらえるので、見つけたらチェックしておきたいところ。 カルの外套や衣服、BD-1や母船となるマンティスのカラーを変更できるのですが、その中でも一番ファン的にグッとくるのはライトセーバーのカスタマイズ! これらのカスタマイズアイテムは、あらゆる場所に配置されているコンテナから手に入ります。 自分のライトセーバーを自分の手で組み立ててこそジェダイですので、ぜひ多くのパーツを手に入れ、自分だけのライトセーバーを作ってみましょう。 ライトセーバーの刃の色を変えられるのもアツい要素! アナタはブルーとグリーン、どっち派ですか? ジェダイとしてライトセーバーを振り回せるというだけで楽しいですが、プレイすればするほど『スター・ウォーズ』世界の新たな一面にのめり込んでいきます。 当時、行われていたクローン戦争において、ジェダイたちは銀河共和国の将軍としてクローン兵士を率いて参戦していたが、そのクローンたちにジェダイを襲わせる命令のこと。 実は銀河支配の障害となるジェダイを排除するため、最初から仕組まれていた。 ジェダイ・マスターたちが集うジェダイ評議会がジェダイの派遣などの全体の方針を決めたり、若きジェダイを訓練したりする。 フォースと呼ばれる不可視のエネルギーを感じ、扱うことができ、フォースを使うことで超能力や身体能力の強化を行える。 光る剣、ライトセーバーを携帯し、一騎当千の力を誇っている。 一人前と認められるとジェダイ・ナイトとなり、功績を積むに従ってジェダイ・マスター、グランド・マスターと上がっていく。 また、パダワン未満のジェダイ訓練生の子供たちを指すジェダイ・イニシエイトという階位も存在する。 プラズマの刃を持つ光る剣で、ジェダイは自らのライトセーバーを自分で組み立てているため、デザインには個人の好みが大きく反映される。 ジェダイはフォースとつながり、操ることで物を浮かせたり、人の心を惑わせたりと、超能力のような力を使うことができる。 フォースには暗黒面(ダークサイド)と呼ばれる側面もあり、怒りや憎しみなどの負の感情から扱うこともできるが、強力な反面コントロールが難しく、安易に手を出すと破滅を招くと言われる。 ジェダイの残党を狩るために存在する特殊部隊のようなもので、全員がダース・ベイダーによって訓練されたフォースの暗黒面の使い手。 All rights reserved. EA, the EA logo, Respawn, the Respawn logo, are trademarks of Electronic Arts Inc.

次の