ドルトムント 海外 の 反応。 Borussia Dortmund

パリSG 4人に新型コロナ陽性反応、いずれも無症状 23日再集合の検査で判明― スポニチ Sponichi Annex サッカー

ドルトムント 海外 の 反応

どう感じるかは観方の問題でしょう。 圧倒的に強いチームが存在して、 そのチームと試合ができるリーグが レベル高いと感じるか、 全体的に同じような戦力のチームが並んでいて 拮抗した試合が多いほうがレベル高いと感じるかは もう個人の好みの問題になってしまいます。 ただ、現実的にブンデスの2強は 今や欧州でもトップクラスの強豪と言えますし、 実際のところブンデスで圧倒的に強くはありませんよ。 試合を観れば分かりますが リーガでレアルとバルサがそうなように 楽勝に圧勝できるような試合は ブンデスリーガではあまりありません。 まぁ、実際にCLなどで直接対決してる結果を無視して リーグとしての全体的なレベル、などというのを言われてしまうと それはもう本当に、観てる人の主観の問題でしょうけどね。 よく言われてる通りブンデスリーガの下位チームのやってるサッカーは甘いです。 全体的にガツガツいく感じで戦術的に組織されてるチームは少ないかな。 予算もプレミア勢に比べれば全然小規模だし ただ、レヴァークーゼンは強いと思います。 多分ユナイテッドも苦戦するでしょう。 シャルケはチェルシーやシティはともかくリバプールやアーセナルが相手なら互角に戦うでしょう。 フライブルクやマインツ辺りのやってるサッカーはプレミアでスウォンジーがやってるような感じの洗練されたサッカーですよ。 ブンデスリーガはそもそもバイエルンとその他のリーグです。 バイエルンのライバルの座をレヴァークーゼン、ブレーメン、シャルケ、ヴォルフスブルグ、ハンブルグ辺りが争ってきたわけで最近ようやくドルトムントが国際的に認められてきただけです。 なんで実質バイエルンの1強リーグです。 同時に残りの17チームは打倒バイエルンで切磋琢磨してるわけで現在はヨーロッパで戦う時、たとえ相手がレアルやバルサ、ユベントスやミランだろうがバイエルンとやるより楽だと言えるわけです。 あと疑問なんですがバイエルンとドルトムントより弱いチームしかいないリーグがレベル高いのでしょうか?チャンピオンズリーグがこれだけ全てのクラブにとって最重要な位置づけになってる今、リーグのレベル比べるなんて無意味です。 プレミアの中堅チームより、ポルトガル、ロシア、フランス、ウクライナ、トルコ、etc・・・王者の方が強いですよ普通に。 だってパリやモナコがプレミアやリーガにいたら優勝候補でしょうし、ソシエダやアトレティコじゃ資金力で勝負にならないし。 話が大分それましたがブンデスリーガは他と比べて赤字のチームないし、若手が次々とでてくるし、外国人の依存度が低いし、競争力も高いのでレベルの高いリーグだと思います。 オイルがないとサッカーできないチームとかないし(イングランド)、人種差別で暴動起きないし セリエA)、給料未払いが発覚したら即降格だし(スペイン)・・・ほっといてもドイツの時代がやってくるでしょう。

次の

翻訳したらこうなった Sub: バイエルンサポ「なんてこった・・」香川がドルトムント復帰へ(?)海外の反応

ドルトムント 海外 の 反応

で最高のデビューを飾ったMFに対して、かつての同僚が喜んでいるようだ。 3日に行われたトルコのスュペル・リグでベシクタシュは敵地でと対戦。 今冬の移籍市場でドルトムントからベシクタシュに期限付きで加入した香川は、81分からピッチに立ち、デビューを飾る。 すると交代からわずか1分後の82分にチーム5点目を奪うと、その2分後にも直接FKでネットを揺らし、6-2の勝利に大きく貢献した。 香川はベシクタシュ移籍に際して、かつての同僚MFやMFに話を聞いたと明かしていた。 そしてこのデビュー戦での活躍を受け、ギュンドガンがツイッターを更新。 「シンジー、クレイジーだよ。 なんてデビュー戦だ。 とっても嬉しいよ、ブラザー」とハッシュタグ「 SamuraioftheBosphorus ボスポラスのサムライ 」付きで喜びを表現した。 さらに、サヒンもこのデビュー戦をテレビで見守っていたことが、自身のインスタグラムで明らかに。 こちらも「Stop it bro」と仲の良さを強調しつつ、最高のデビュー戦を祝福した。 現在もでプレーするDF、DF、MFらもインスタグラムでベシクタシュの試合結果をアップし、香川の新天地での活躍ぶりを喜んだ。

次の

【海外の反応】香川真司最新速報 1ゴール1アシストの香川を現地ドルトムントサポが絶賛!レバークーゼン戦: ナナコダイアリー

ドルトムント 海外 の 反応

Contents• アレックス・ファーガソン(元マンチェスター・ユナイテッド監督) 香川真司を世界一のビッグクラブ、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに連れてきた張本人。 マンチェスター・ユナイテッドを27年間もの間、最高のクラブとして率い、サー(イギリスの栄誉称号で「ナイト」の称号)の称号を授与されるほどの伝説の監督だ。 そんなファーガソンは獲得時から、香川選手へ高評価のコメントを残している。 『香川への興味はブンデスリーガの最初のシーズンからあった。 1シーズンだけでは選手の力は図れないが、2シーズン芽もすばらしかった。 だから獲得に一切迷いはなかった。 』 また、入団が決まった際には直接電話をして 『会えるのを楽しみにしている。 一緒に成功しよう』 と話したのだそうだ。 そして2年目、監督を後任のモイーズにゆずったことで香川選手の出場機会が減り、 最終的に古巣ドルトムントへ戻った際には、 『彼(香川)が活躍できるように導けなかったのは残念なことだ。 私は1年目については満足していた』 『(香川を)成功させるべきだった。 もったいないことだ』 というコメント。 香川選手の実力は、ずっと変わらず認めていたことは間違いなさそうだ。 ジョゼ・モウリーニョ(現マンチェスター・ユナイテッド監督) 香川選手がマンチェスターへ移籍するタイミングで、接触していたのはファーガソン監督だけではなかったようだ。 当時レアル・マドリーの監督であったジョゼ・モウリーニョも香川選手に声をかけていたらしい。 「結果的にカガワはマンチェスター・ユナイテッドを選んだ。 彼がマドリーに来ることはなかったが、私はできることをトライした。 彼のプレースタイルが好きなんだ」 出典: そしてモイーズ監督になり、出場機会が激減した際には、 「たしかに今、カガワのプレー時間は限られているかもしれない。 ただ、それは彼だけの責任じゃない。 クラブにはモイーズという新監督がやってきて、いま新たなチームを作っている段階だ。 ベースを作っている時期なんだ。 チーム自体も苦しんでいる。 カガワの苦境も一時的なものだよ」 出典: とこちらも香川選手の実力をしっかりと認めてのコメントを残している。 ユルゲン・クロップ(現リバプール監督) 香川とともに大成功を収め、ひとつの時代を作った、元ドルトムントのクロップ監督。 親と子のような存在だった香川選手が手元を離れ、マンチェスターへ移籍したものの、やはりモイーズ監督がやってきて、出場機会が激減した際に、こんなコメントを残している。 「香川真司は世界で最高の選手の一人だが、マンチェスター・ユナイテッドでは20分間しかプレーしていない、しかも左ウイングで! 心が痛むよ。 本当に涙が出そうだ」 出場できた試合でも、本来のトップ下ではなく慣れないサイドでの起用。 それに対しても親心が見えるコメント。 「セントラルMFこそがシンジのベストポジションだ。 彼は攻撃的MFとして、私が今まで見てきた中でも最も優れた得点嗅覚を持った選手の一人だ。 だが日本の人々の多くにとって、マンチェスター・ユナイテッドでプレーすることにはドルトムント以上に意味があるようだ。 彼が去る時には、お互いの腕の中で20分間泣いたよ」 出典: ピーター・シュマイケル(マンチェスター・ユナイテッドOB、デンマーク代表GK) 「シンジはただ走るのではなく、滑らかにピッチ上を駆けるんだ。 パスを出すのもうまいし、出した後の動き出しも素晴らしい。 そして、フットボールに関する考え方や判断力は非常にハイレベルで、かなり頭が良い選手だね。 個人的には、シンジがどれほどすごい選手なのか、ほんの少ししか見せてもらっていないと思っている。 彼は今後、更に活躍するだろうし、スーパースターになると信じている。 もちろん、既にスーパースターなんだけど、より凄い選手になると言う意味だよ(笑)」 出典: ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッドキャプテン、イングランド代表) 「シンジはファンタスティックなプレーヤーだね」。 「僕とシンジが一緒にプレーしている時間はまだ少ないけど、シンジはクレバーなプレーヤーだ。 チームメートからパスを受けると、細かいパスでつないでボールを動かすのが好きだよね。 あと、ゴール感覚にも優れてる」 出典: マンチェスター・ユナイテッドでも一緒にプレーしたルーニー選手。 ポジションがかぶるものの、二人のパス交換や周りを生かすプレーは時にものすごい煌めきを放っていた。 香川選手がマンチェスターでハットトリックをした際も、ほとんどがルーニー選手との絡みから。 当然ルーニー選手も香川選手を高評価している。 — 2014 9月 8 9:20午前 PDT ドイツ誌『キッカー』 『ドルトムントにおける香川が衝撃を与えたように、どのクラブも「自分たちのカガワを手に入れたい」と思うようになった。 日本人選手の存在はいまや、時代の象徴となっているのだ』 出典: ドイツでは日本人選手が結果を残していることもあり、日本人への印象は他リーグに比べて良いようだ。 ドルトムントのチームメイト 最後にチームメイトからの評価を。 香川とプライベートでも仲の良かったグロスクロイツと、DFエリック・ドゥルムは初めて一緒にプレーした際のコメントだ。 グロスクロイツ 「彼とはピッチ上で息が合うし、ピッチの外では親友だよ。 彼は僕たちの助けになる。 今日の試合から、それを示してくれた。 技術的に傑出した選手で、2人の相手を簡単にかわしてしまえる」 エリック・ドゥルム 「彼がどれだけうまい選手かは知っていたよ。 練習ではスーパーだったし、毎日、彼がどれほどのクオリティーを持っているのかを見ていたからね。 今日のゴールもスーパーだった。 でも、プレー全体でもそうだったね」 「ファンは彼のことをすごく楽しみにしていたが、みんなの期待に応えたね。 本当にものすごいプレーヤーだ」 出典:a こうしてチームメイトとも良い関係を作っている香川選手。 盟友グロスクロイツは移籍してしまったが、チームメイトとの仲の良い写真が今でも香川選手のインスタグラムに上がってくることがあり、個人的にはほのぼのと眺めている。

次の