通信講座 最安値。 【日商簿記2級】受講料金が安い通信講座を徹底比較!

行政書士|おすすめ通信講座を口コミ評判でランキング!15社から厳選した5社を徹底比較します。

通信講座 最安値

このページの目次 CLOSE• カラーコーディネーターの通信講座費用 各通信講座の色彩系通信講座と、その費用は以下のとおり。 最安値は1万円以下・最高値だと10万円以上とバラつきがあります。 ユーキャン カラーコーディネート講座 費用: 51,000円 ヒューマンアカデミー たのまな 色彩検定2・3級講座 費用: 49,000円 フォーサイト 色彩検定2級合格講座 2019年度夏期試験対策【Web通信】 費用: 29,800円 資格の大原 色彩検定 3級コース 費用: 22,600円 キャリカレ カラーコーディネーターW合格指導講座 費用: 46,000円 色彩検定協会 【文部科学省認定】たのしく学ぶ色彩講座初級コース 費用: 13,000円 クリエ・スクール 色彩検定2・3級対策通信講座(合格保証付き) 費用: 45,000円 FDAフラワースクール フラワーカラーコーディネーター2級対応講座 費用: 194,400円 文化服装学院 スタイリスト・ファッションコーディネーターコース 費用: 38,000円 産業能率大学 色彩検定受験3級 費用: 24,840円 最安値の通信講座は? 色彩検定協会の『たのしく学ぶ色彩講座・初級コース』。 色彩検定3級に準じた内容で、テキストと添削で知識を身に付けます。 次いで、大原の色彩検定3級コース。 こちらは公式テキストに加え大原オリジナルのテキストやポイントCDを加えた内容で、より理解力を高める工夫がなされています。 まずは講座同士を比べてみよう 通信講座を決めるポイントは値段だけではありません。 上位級を目指すものほど費用は高くなるので、目指すのが趣味レベルか・プロレベルかで講座を決めるべきでしょう。 また料金が高い講座は一見損しそうですが それだけ教材やサポートが充実しています。 費用を少し多くするだけで、手厚いフォローが受けられることもあるんです! テキストやサポートの情報は、各講座のパンフレットに詳しく記載されています。 無料で取り寄せできるので 費用やカリキュラムをじっくり比較しましょう! サポート・フォロー体制は? 受講者へのサポート体制は、通信講座の会社でかなり差があります。 ここのチェックは入念にやっておきましょう!• 最短どれくらいで資格が取れるか?• 添削課題はどれくらいあるか?• 質問は月に何回OKか?• チャットやメールサポートはあるか?• 講師と直接やり取りできるか?• 試験に落ちた後もサポートを受けられるか?• 就職や転職のサポートを受けられるか? …などなど、見るべきポイントはたくさんあります。 ここを疎かにすると独学と一緒になってしまうので、じっくり吟味してください。 特に質問回数や試験後のフォローは確認しておいた方がいいですよ! おすすめのカラーコーディネーター通信講座 カラーコーディネーターの資格とは 色彩検定など色にまつわる資格はいくつかありますが、カラーコーディネーターは 工業デザインに関するカラーの知識をつけたい人に向いています。 色の違いだけでなく• 色の鮮やかさ(彩度)• 色の明るさ(明度)• 色の組み合わせ方 など様々なことを学びます。 色というのはそれだけで一つの職業になるくらい奥深いもの。 ファッション業界、インテリア業界、美容業界…様々な職種の方には絶対に必要な色の話。 組み合わせ方、効果などを知っていなくてはならない職業の方に最適な資格です。 色が及ぼす効果は仕事はもちろんプライベートでも役立つことがあります。 洋服を選ぶとき、自分の部屋を模様替え、リフォームするときなど自分の好み、イメージ通りにすることができるようになるでしょう。 カラーコーディネーターの資格は、年齢や職業など制限がありません。 中学生・高校生・主婦・定年後の方などどなたでも取ることができます。 カラーコーディネーター資格の種類。 色彩検定との違いは? カラーコーディネーターとして仕事をする際、特別な資格は必要はりません。 しかし専門知識がないまま何となくのセンスに頼って仕事をしていると、当然超えられない壁にぶち当たるはずです。 またお客様に自分を知ってもらう・信頼してもらうためにも資格を持っていたほうが良いのはいうまでもないでしょう。 そこで最適な資格を見つけるため、色にまつわる資格をご紹介していきましょう。 掲載している通信講座の情報は2018年10月現在のものです。 現在の受講募集・料金は公式サイトにてご確認ください。 当サイトでご紹介した通信講座は以下の都道府県で対応しています。 詳細は各通信講座のサイトをご確認ください。 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県.

次の

【2020最新】宅建通信講座ランキング|おすすめ17社を徹底比較!

通信講座 最安値

「宅建士の通信講座を探してるけど、多すぎてどれを選べば良いのか分からない・・・」 そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。 実際、 宅建士の通信講座は非常に数が多く、一つ一つ調べていては途方もない時間がかかってしまいます。 特に初めて宅建士試験に挑む方の場合、なんとなく通信講座を選んでしまい、後になって 「自分にはこの通信講座は合わなかった・・・」と後悔してしまうことも少なくありません。 そこでこの記事では、資格Times運営陣が 宅建士の通信講座をあらゆる面から徹底的に分析し、通信講座選びにもっとも大切な• 講座費用の安さ• 教材の分かりやすさ• 受講生に対する学習サポート• 合格率• 会社の信頼性 の5つのポイントをもとにランキング形式で紹介します! フォーサイトの宅建講座の特徴• 受講生の合格率は全国平均の4. 21倍!• テキストはフルカラーかつ図表も豊富!• 出るところだけに絞った無駄のない学習設計!• 動画講義もスマホ学習も最高品質!• 不合格の場合は受講料全額返金! フォーサイトの宅建士講座の最大の特徴は全国平均の4. 21倍という 業界最高クラスの合格率です。 テキスト・講義・スマホ学習システム、どれをとっても非常にクオリティが高く、これら全てが高い合格率を支えていることが伺えます。 さらに2020年度からは 「不合格者への全額返金制度」を導入し、他の追随を許さない通信講座となりました。 講座費用が特別安いわけではありませんが、合格というゴールを見据えるのであれば 1番おすすめの宅建講座です。 人気講座ランキング (上位3社) その他の宅建士通信講座 上に挙げた5社以外にも、宅建士を目指せる通信講座はたくさんあります。 しかし、 以下に紹介する講座はどれもウィークポイントが明確であり、 自信を持っておすすめするには至らないものとなっています。 通信講座選びの候補に入れなくてもデメリットはあまりないので、参考程度にご覧ください。 ユーキャン 言わずと知れたユーキャンの通信講座です。 もちろん 教育訓練給付制度の対象講座に認定されており、会社の知名度・信頼度という面ではユーキャンの右に出る講座はないでしょう。 講座費用は63,000円と相場通りの価格となっていますが、ユーキャンには他の通信講座と異なり メインの動画講義が存在しません。 短い解説動画が各章に用意されている程度です。 代わりに ユーキャンならではの添削指導がありますが、メインの講義なしてこの価格は少々高い印象を受けます。 一方でテキストは薄くても合格に十分な内容が詰め込まれており、スマホを使った学習システムも用意されているので、 合格を目指すのに不足はない講座となっています。 一方で メインテキストが宅建学院オリジナルのものではなく市販テキストであったり、受講料に加えて入学金や教材費が別にかかるために 合計100,000円以上必要だったりなど、残念な点が目立ちます。 目立った合格実績やアピールポイントも見られないので、他講座との比較の中で選ばれることは少ないでしょう。 エル・エー L・A(エル・エー)の通信講座は 全国平均の1. 6倍の合格率や、 合格者に対する受講料半額返金制度などを強みにしている通信講座です。 これまで見てきた通信講座と比較すると、 合格率も合格特典も目を見張るほどではないと判断せざるを得ません。 また、 受講料も50,000円から80,000円と決して安くはないので、イマイチ推しどころに欠ける講座です。 キャリアカレッジジャパン キャリアカレッジジャパンはフォーサイトと同じく 「不合格者への全額返金制度」を実施している数少ない講座です。 ただし講座内容の口コミ評判は良いとは言えず、講義の質の低さやテキストの誤字脱字などに不満を抱える方の意見が非常に多く見られました。 さらに返金制度についても、「返金方法が明記されていない」「返金の対応時期が短すぎる」といった 悪い口コミが多数見受けられます。 講座費用も安く返金制度も魅力的なのですが、残念ながら現状の評判ではおすすめはできません。 Livoo! Livoo! の最大の特徴は 資格取得後の就職支援サービスまでセットになってついてくる点です。 もともとは就職支援サービスがメインだったため、宅建講座は無料で提供していたのですが、現在では講座を有料化して質を高めています。 ただし、就職支援サービスについては資格取得後に自分で他の転職エージェントを利用すれば良いだけですし、 冊子のテキストが無いなど通信講座としてはまだまだ未熟な点も多いです。 たのまな たのまなはヒューマンアカデミーが運営している通信講座です。 たのまなの宅建士講座は赤と黒の二色刷りではありますが、メリハリがついており、イラストも多いので読みやすく 初学者でも抵抗なく勉強することができます。 講座費用は70,632円となっており、相場よりもやや高いです。 スタケン スタケンは 優秀な宅建アプリを配信していることが特徴の通信講座です。 会社代表であり講師でもある田中謙次先生は宅建士試験に関する様々な教材を自ら出版しており、まさに宅建士試験のプロと呼べる方です。 学習アプリは極めて優れている一方でテキストはPDFでのみ配布されており、 冊子版はありません。 アプリは360円から利用できるので、教材は他の講座のものを利用して、スタケンアプリだけを活用するのも良いでしょう。 通信講座も選べる宅建予備校一覧 通学講座を主として取り扱っている予備校でも、最近では通信講座も同時に開講していることが多いです。 しかし、いずれも 講座費用が100,000円以上するものばかりなので、価格の安さで通学ではなく通信講座を選択しているという方は読み飛ばしてしまって大丈夫です。 TAC TACは通学メインの大手資格予備校ですが、通信講座のようにオンラインで学習を進めることも可能です。 カリキュラムは通信講座に多い「出るところに絞った内容」とは異なり、 宅建の試験範囲を全てカバーしています。 したがって短期間で合格したい人向けとは言えないでしょう。 また、通学メインではあるので 通信講座ならではのスマホ学習システムなどは期待できません。 予備校ということもあり講座費用は高く、通信講座で87,000円、通学講座は100,000円から170,000円近くかかります。 資格の大原 TACと並ぶ大手予備校である資格の大原は、その講座の性質もTACと似ており、宅建の試験範囲を網羅的に学ぶことができます。 講座費用は通信と通学であまり差はなく、 100,000円から169,000円です。 LEC東京リーガルマインド LEC東京リーガルマインドは上に見た大手予備校2社と比べると、 比較的通信講座にも力を入れている資格予備校です。 講師の質の高さに定評があるほか、ほぼ全てのコースを通学でも通信でも受講することができます。 通信の方が通学よりも費用は抑えられていますが、それでも 120,000円から190,000円ほどかかります。 上記全ての予備校に言える事ですが、せっかく予備校を選択するのであれば、 通信よりも通学を選択して予備校の利点を最大限に生かすのをお勧めします。 反対に、通信講座を受講する!と決めているのであれば 予備校は選択肢から外してしまって良いでしょう。 日建学院 日建学院は50年以上も運営している資格予備校であり、 合格実績の高さに定評があります。 通学はもちろん、通信講座にも対応しています。 この出し方で合格率を大々的に公表しているのは、果たして正しい情報提供だといえるのか疑問が残ります。 講座費用はコースによって 50,000円から250,000円まで幅広いですが、直前対策講座や公開模試などを組み合わせると 合計費用はかなり嵩みます。 総合資格学院 総合資格学院は 個別対応主義を掲げている資格予備校です。 宅建士の講座以外でも建築士や建築設備士など、不動産系の資格を中心に取り扱っているので、専門性の高い講義が期待できます。 しかし、予備校の中では珍しく合格実績を公開していないほか、知名度もあまり高くないので信頼度はあまり高くありません。 やはり群を抜いておすすめなのが、合格実績が抜群であり、不合格者への全額返金制度も備えている フォーサイトです。 その上、講座費用も相場から外れず 通信講座ならではの低価格を保っています。 その他の通信講座にもそれぞれ独自の魅力がありましたが、費用を適切に抑えつつ、 「一発合格する」という最も大切な目的を果たすためには、フォーサイトの通信講座を選ぶのが良いでしょう。 宅建の通信講座選びで失敗しないためのポイント5選 講座費用の安さ 宅建の通信講座の費用相場は 約60,000円です。 予備校の場合は講座費用が100,000円を越えるのが普通であるため、比較的安く講義を受けられると言えるでしょう。 通信講座の費用が相場から大きく外れている場合は、どういう点が優れているのか、なぜ価格が高いのかをしっかりと考える必要があります。 講座選びに限った話ではないですが、 値段が高さとサービスの品質は必ずしも比例しないので注意しましょう。 教材の分かりやすさ 教材の分かりやすさを判断する際には、図表やイラストの多さに注目するのが効果的です。 一般に 図表やイラストをテキストに含めるのは大きな手間と時間がかかるので、それを惜しまずテキストに拘っているかどうかは教材の質を測る指標となります。 またテキストだけでなく 隙間時間を活かせるスマホ学習システムがあるかどうか、 講義動画のクオリティにもこだわっているかも大事なポイントです。 受講生に対する学習サポート 通信講座を選んだからには、教材だけでなく 質問対応や学習スケジュール管理など、独学では得られなかったメリットを最大限活用したいところです。 また、合格特典や不合格者に対する補助はモチベーションの維持だけでなく コストパフォーマンスにも関わってくるので、講座選びでは重要なポイントです。 合格率 通信講座を選ぶ上では 最も注目したいポイントの一つです。 ただし、残念ながら合格実績を公表していない講座も多く、合格率で全ての講座を比較することは現状できません。 また、高い合格率を公表している会社であっても、調査の対象を受講生のうち成績優秀な方に限定していたりする場合もあるので、 合格実績はその測り方にも注目する必要があります。 会社の信頼性 通信講座の運営会社の信頼性は、その講座の品質を客観的に判断する一つの指標となります。 こうした信頼度は 会社の講座運営歴や講座利用者による評判だけでなく、教育訓練給付制度の対象であるかどうかも参考になります。 つまり、宅建士試験において満点を目指す必要はあまりなく、 頻出事項を抑えて8割前後の得点率を狙っていくのが最も効率的となります。 通信講座を選ぶ際も闇雲に全範囲を一律に学ぶものではなく、学習範囲を適切に絞っているかどうか意識して見ると良いでしょう。 宅建の勉強時間の目安は300時間 宅建士試験に合格するまでに必要な勉強時間はおよそ300時間と言われています。 そんな中、通信講座の講義時間が合計で100時間もあったら、 動画を観ているだけで勉強時間の3分の1を使ってしまいます。 独学と通信講座はどっちがおすすめ? 宅建士試験は比較的独学でも合格しやすい試験だと言われています。 しかし、もしあなたが一発合格をしたいとお考えなのであれば、 迷わず通信講座を受講することをおすすめします。 平均合格率は当然、こうした受講生の合格者を含めて算出されています。 つまり、 独学者だけで算出した合格率は全体の平均よりも大きく下がるということです。 独学者の合格率を求めたデータは現状存在しませんが、極めて低い合格率だと分かった上で、それでも敢えて独学を選択するメリットはほぼ無いでしょう。

次の

医療事務の通信講座一覧と料金比較

通信講座 最安値

「宅建士の通信講座を探してるけど、多すぎてどれを選べば良いのか分からない・・・」 そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。 実際、 宅建士の通信講座は非常に数が多く、一つ一つ調べていては途方もない時間がかかってしまいます。 特に初めて宅建士試験に挑む方の場合、なんとなく通信講座を選んでしまい、後になって 「自分にはこの通信講座は合わなかった・・・」と後悔してしまうことも少なくありません。 そこでこの記事では、資格Times運営陣が 宅建士の通信講座をあらゆる面から徹底的に分析し、通信講座選びにもっとも大切な• 講座費用の安さ• 教材の分かりやすさ• 受講生に対する学習サポート• 合格率• 会社の信頼性 の5つのポイントをもとにランキング形式で紹介します! フォーサイトの宅建講座の特徴• 受講生の合格率は全国平均の4. 21倍!• テキストはフルカラーかつ図表も豊富!• 出るところだけに絞った無駄のない学習設計!• 動画講義もスマホ学習も最高品質!• 不合格の場合は受講料全額返金! フォーサイトの宅建士講座の最大の特徴は全国平均の4. 21倍という 業界最高クラスの合格率です。 テキスト・講義・スマホ学習システム、どれをとっても非常にクオリティが高く、これら全てが高い合格率を支えていることが伺えます。 さらに2020年度からは 「不合格者への全額返金制度」を導入し、他の追随を許さない通信講座となりました。 講座費用が特別安いわけではありませんが、合格というゴールを見据えるのであれば 1番おすすめの宅建講座です。 人気講座ランキング (上位3社) その他の宅建士通信講座 上に挙げた5社以外にも、宅建士を目指せる通信講座はたくさんあります。 しかし、 以下に紹介する講座はどれもウィークポイントが明確であり、 自信を持っておすすめするには至らないものとなっています。 通信講座選びの候補に入れなくてもデメリットはあまりないので、参考程度にご覧ください。 ユーキャン 言わずと知れたユーキャンの通信講座です。 もちろん 教育訓練給付制度の対象講座に認定されており、会社の知名度・信頼度という面ではユーキャンの右に出る講座はないでしょう。 講座費用は63,000円と相場通りの価格となっていますが、ユーキャンには他の通信講座と異なり メインの動画講義が存在しません。 短い解説動画が各章に用意されている程度です。 代わりに ユーキャンならではの添削指導がありますが、メインの講義なしてこの価格は少々高い印象を受けます。 一方でテキストは薄くても合格に十分な内容が詰め込まれており、スマホを使った学習システムも用意されているので、 合格を目指すのに不足はない講座となっています。 一方で メインテキストが宅建学院オリジナルのものではなく市販テキストであったり、受講料に加えて入学金や教材費が別にかかるために 合計100,000円以上必要だったりなど、残念な点が目立ちます。 目立った合格実績やアピールポイントも見られないので、他講座との比較の中で選ばれることは少ないでしょう。 エル・エー L・A(エル・エー)の通信講座は 全国平均の1. 6倍の合格率や、 合格者に対する受講料半額返金制度などを強みにしている通信講座です。 これまで見てきた通信講座と比較すると、 合格率も合格特典も目を見張るほどではないと判断せざるを得ません。 また、 受講料も50,000円から80,000円と決して安くはないので、イマイチ推しどころに欠ける講座です。 キャリアカレッジジャパン キャリアカレッジジャパンはフォーサイトと同じく 「不合格者への全額返金制度」を実施している数少ない講座です。 ただし講座内容の口コミ評判は良いとは言えず、講義の質の低さやテキストの誤字脱字などに不満を抱える方の意見が非常に多く見られました。 さらに返金制度についても、「返金方法が明記されていない」「返金の対応時期が短すぎる」といった 悪い口コミが多数見受けられます。 講座費用も安く返金制度も魅力的なのですが、残念ながら現状の評判ではおすすめはできません。 Livoo! Livoo! の最大の特徴は 資格取得後の就職支援サービスまでセットになってついてくる点です。 もともとは就職支援サービスがメインだったため、宅建講座は無料で提供していたのですが、現在では講座を有料化して質を高めています。 ただし、就職支援サービスについては資格取得後に自分で他の転職エージェントを利用すれば良いだけですし、 冊子のテキストが無いなど通信講座としてはまだまだ未熟な点も多いです。 たのまな たのまなはヒューマンアカデミーが運営している通信講座です。 たのまなの宅建士講座は赤と黒の二色刷りではありますが、メリハリがついており、イラストも多いので読みやすく 初学者でも抵抗なく勉強することができます。 講座費用は70,632円となっており、相場よりもやや高いです。 スタケン スタケンは 優秀な宅建アプリを配信していることが特徴の通信講座です。 会社代表であり講師でもある田中謙次先生は宅建士試験に関する様々な教材を自ら出版しており、まさに宅建士試験のプロと呼べる方です。 学習アプリは極めて優れている一方でテキストはPDFでのみ配布されており、 冊子版はありません。 アプリは360円から利用できるので、教材は他の講座のものを利用して、スタケンアプリだけを活用するのも良いでしょう。 通信講座も選べる宅建予備校一覧 通学講座を主として取り扱っている予備校でも、最近では通信講座も同時に開講していることが多いです。 しかし、いずれも 講座費用が100,000円以上するものばかりなので、価格の安さで通学ではなく通信講座を選択しているという方は読み飛ばしてしまって大丈夫です。 TAC TACは通学メインの大手資格予備校ですが、通信講座のようにオンラインで学習を進めることも可能です。 カリキュラムは通信講座に多い「出るところに絞った内容」とは異なり、 宅建の試験範囲を全てカバーしています。 したがって短期間で合格したい人向けとは言えないでしょう。 また、通学メインではあるので 通信講座ならではのスマホ学習システムなどは期待できません。 予備校ということもあり講座費用は高く、通信講座で87,000円、通学講座は100,000円から170,000円近くかかります。 資格の大原 TACと並ぶ大手予備校である資格の大原は、その講座の性質もTACと似ており、宅建の試験範囲を網羅的に学ぶことができます。 講座費用は通信と通学であまり差はなく、 100,000円から169,000円です。 LEC東京リーガルマインド LEC東京リーガルマインドは上に見た大手予備校2社と比べると、 比較的通信講座にも力を入れている資格予備校です。 講師の質の高さに定評があるほか、ほぼ全てのコースを通学でも通信でも受講することができます。 通信の方が通学よりも費用は抑えられていますが、それでも 120,000円から190,000円ほどかかります。 上記全ての予備校に言える事ですが、せっかく予備校を選択するのであれば、 通信よりも通学を選択して予備校の利点を最大限に生かすのをお勧めします。 反対に、通信講座を受講する!と決めているのであれば 予備校は選択肢から外してしまって良いでしょう。 日建学院 日建学院は50年以上も運営している資格予備校であり、 合格実績の高さに定評があります。 通学はもちろん、通信講座にも対応しています。 この出し方で合格率を大々的に公表しているのは、果たして正しい情報提供だといえるのか疑問が残ります。 講座費用はコースによって 50,000円から250,000円まで幅広いですが、直前対策講座や公開模試などを組み合わせると 合計費用はかなり嵩みます。 総合資格学院 総合資格学院は 個別対応主義を掲げている資格予備校です。 宅建士の講座以外でも建築士や建築設備士など、不動産系の資格を中心に取り扱っているので、専門性の高い講義が期待できます。 しかし、予備校の中では珍しく合格実績を公開していないほか、知名度もあまり高くないので信頼度はあまり高くありません。 やはり群を抜いておすすめなのが、合格実績が抜群であり、不合格者への全額返金制度も備えている フォーサイトです。 その上、講座費用も相場から外れず 通信講座ならではの低価格を保っています。 その他の通信講座にもそれぞれ独自の魅力がありましたが、費用を適切に抑えつつ、 「一発合格する」という最も大切な目的を果たすためには、フォーサイトの通信講座を選ぶのが良いでしょう。 宅建の通信講座選びで失敗しないためのポイント5選 講座費用の安さ 宅建の通信講座の費用相場は 約60,000円です。 予備校の場合は講座費用が100,000円を越えるのが普通であるため、比較的安く講義を受けられると言えるでしょう。 通信講座の費用が相場から大きく外れている場合は、どういう点が優れているのか、なぜ価格が高いのかをしっかりと考える必要があります。 講座選びに限った話ではないですが、 値段が高さとサービスの品質は必ずしも比例しないので注意しましょう。 教材の分かりやすさ 教材の分かりやすさを判断する際には、図表やイラストの多さに注目するのが効果的です。 一般に 図表やイラストをテキストに含めるのは大きな手間と時間がかかるので、それを惜しまずテキストに拘っているかどうかは教材の質を測る指標となります。 またテキストだけでなく 隙間時間を活かせるスマホ学習システムがあるかどうか、 講義動画のクオリティにもこだわっているかも大事なポイントです。 受講生に対する学習サポート 通信講座を選んだからには、教材だけでなく 質問対応や学習スケジュール管理など、独学では得られなかったメリットを最大限活用したいところです。 また、合格特典や不合格者に対する補助はモチベーションの維持だけでなく コストパフォーマンスにも関わってくるので、講座選びでは重要なポイントです。 合格率 通信講座を選ぶ上では 最も注目したいポイントの一つです。 ただし、残念ながら合格実績を公表していない講座も多く、合格率で全ての講座を比較することは現状できません。 また、高い合格率を公表している会社であっても、調査の対象を受講生のうち成績優秀な方に限定していたりする場合もあるので、 合格実績はその測り方にも注目する必要があります。 会社の信頼性 通信講座の運営会社の信頼性は、その講座の品質を客観的に判断する一つの指標となります。 こうした信頼度は 会社の講座運営歴や講座利用者による評判だけでなく、教育訓練給付制度の対象であるかどうかも参考になります。 つまり、宅建士試験において満点を目指す必要はあまりなく、 頻出事項を抑えて8割前後の得点率を狙っていくのが最も効率的となります。 通信講座を選ぶ際も闇雲に全範囲を一律に学ぶものではなく、学習範囲を適切に絞っているかどうか意識して見ると良いでしょう。 宅建の勉強時間の目安は300時間 宅建士試験に合格するまでに必要な勉強時間はおよそ300時間と言われています。 そんな中、通信講座の講義時間が合計で100時間もあったら、 動画を観ているだけで勉強時間の3分の1を使ってしまいます。 独学と通信講座はどっちがおすすめ? 宅建士試験は比較的独学でも合格しやすい試験だと言われています。 しかし、もしあなたが一発合格をしたいとお考えなのであれば、 迷わず通信講座を受講することをおすすめします。 平均合格率は当然、こうした受講生の合格者を含めて算出されています。 つまり、 独学者だけで算出した合格率は全体の平均よりも大きく下がるということです。 独学者の合格率を求めたデータは現状存在しませんが、極めて低い合格率だと分かった上で、それでも敢えて独学を選択するメリットはほぼ無いでしょう。

次の