野口 健 児童 婚。 15歳シェルパの娘と「父親のOK」で結婚した野口健氏の行動は、ユニセフが根絶に取り組む「児童婚」そのもの|LITERA/リテラ

野口健氏が自慢げに語った『15歳の少女と性交』× 野口氏が出演予定の「おはよう朝日です」はそれでいいのか

野口 健 児童 婚

15歳シェルパの娘と「父親のOK」で結婚した野口健氏の行動は、ユニセフが根絶に取り組む「児童婚」そのもの 検証のため、あえて紙幅を割いて詳細を紹介しておこう。 同書によれば、1995年2月、20代の大学生だった野口氏はメラ・ピーク挑戦のためネパールへ飛び、15人のシェルパを雇った。 そして、そのサーダー(リーダー格)であるテンバーという男性の家で娘と出会った。 〈彼女は英語ができなかった。 テンバーに聞くと名前はペンハー・ラム。 年は15か16だと言う。 父親のテンバーも娘の正確な年齢がわからない。 「メイビー、フィフティーン、オア、シックスティーン。 アイドンノー」といった調子なのだ。 〉(『落ちこぼれて〜』) ラムは父親に言われ、野口氏の身の回りの世話をした。 〈それから毎晩のように、テンバーの家に通った〉という野口氏は、こう書いている。 〈僕は、ただただラムに会いたかった。 一目惚れだった。 何を話すわけではない。 大体、ラムは英語を話せないので、会話というものが成立しない。 僕は、ラムとは従兄弟にあたるデンディに通訳を頼んだが、ラムは外国人と話すのが恥ずかしいようだった。 ただ目と目が合うだけで、僕はどきどきした。 〉 〈彼女にずっとそばにいてほしい。 ラムと一緒になりたい。 山頂アタックをかける前に、この気持ちをすっきりさせたいと思った。 ルクラを発って8日目の夜、僕はテンバーに言っていた。 断られたらどうしようか。 僕はとても緊張していたのだが、テンバーの返事はあっけなかった。 「OK、OK」 それだけだった。 僕の結婚はこうして決まった。 英語も話せない15歳か16歳のシェルパの娘と結婚したと言っても、コレ、どうみても本人の意思と関係なく父親が決めた結婚だろう。 ユニセフは「児童婚」を〈18歳未満での結婚、またはそれに相当する状態にあること〉と定義しており、子どもの権利侵害として世界的な問題になっている。 根絶に向け国際社会では様々な取り組みがなされている。 〈児童婚は、子どもの権利の侵害であり、子どもの成長発達に悪い影響を与えます。 女の子は妊娠・出産による妊産婦死亡リスクが高まるほか、暴力、虐待、搾取の被害も受けやすいのです。 また、学校を中途退学するリスクも高まります。 〉(ユニセフHP) 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチの2016年の報告書によれば、ネパールでも、法律では結婚できるのは20歳からにもかかわらず、少女の37%、少年の約11%が18歳未満で結婚しているといい、ネパール政府は2030年までの児童婚根絶を掲げている。 言っておくが、20年以上前の出来事で現代と人権意識が違うというような話ではまったくない。 野口氏が結婚した1990年代にはすでに「幼年結婚」は廃絶すべき悪しき慣習として世界各国で問題視されていた。 野口氏のやったことはこの時点で「子どもの人権侵害」といわれても仕方がないだろう。

次の

グレタさん攻撃で炎上した登山家・野口健の過去は事実だった!「15歳のシェルパの娘と“児童婚”して離婚」「猫を空気銃で射殺」 (2019年12月15日)

野口 健 児童 婚

グレタさん攻撃で炎上した野口健のTwitter スウェーデンの16歳の少女、グレタ・トゥンベリさんに世界中から注目が集まっている。 人々は行動を変える準備ができていて、それこそが希望です」と堂々たるスピーチを行った。 そんななか、日本では自称「アルピニスト」野口健氏のツイートに批判が殺到している。 野口氏といえば安倍政権擁護や右派的発言が多いことで知られるが、野口氏は12日、グレタさんが電車に載って食事する画像を転載したネトウヨ系まとめサイトの記事をリツイートしながら、こんな投稿をしたのである。 このグレタさんの温暖化への取り組みのひとつを揶揄した野口氏のツイートには、当然、批判が殺到。 その後、「女性自身」のウェブ版がこの件を取り上げると、投稿を削除するとともに、こんな言い逃れを始めた。 〈この記事に寄せられた多くのコメントを読みました。 一部、批判的な意見もあり僕の表現も大人げなかったのかもしれませんね。 ただ公共交通機関である飛行機に乗ることが環境破壊に繋がるという姿勢からして動力による移動手段を好まないのかと。 そういう印象があったのも事実。 〉 〈グレタさんには「さん」付け。 僕には「野口」と大半で呼び捨て。 中々、見ない展開。 それは別にいいとしても僕は一言も「電車はダメ」とは書いていませんよね。 飛行機に乗らないぐらいだから馬車に乗る印象があったと。 女性自身さん、せめて僕にも取材して欲しかったな。 〉 〈ツイッターという文字制限のあるところで呟いた僕のミスでもありますね。 新聞にて連載記事を書いていますので、次回のコラムにてちゃんと書きます。 素朴な疑問を呟いただけですが、これだけ関心が集まるとは。 さすがグレタさんです。 この注目度があれば彼女は直接的なアクションをいくつも起こせる!〉 「さすがグレタさんです」などと取り繕って批判をかわそうという匂いがプンプンするが、反発は全くおさまらず、ネット上では野口氏への批判は鳴り止んでいない。 しかも、そのなかには、野口氏に人権意識が欠如している証拠として、こんなショッキングな過去を暴露するツイートも出始めた。 「ネパールの15歳の少女と児童婚した」「子猫を射殺した」 にわかには信じがたい話で、野口氏自身も野口支持者のネトウヨユーザーから〈これは名誉毀損で訴えてもいいと思うのですが〉とリプを送られると、〈その線で今、調べています!〉と返信するなど、法的措置までちらつかせ始めた。 だが、検証してみたところ、いま、ネットで言われている野口氏の「児童婚」「猫殺し」は、過去に自ら明かしている事柄だった。 まず「ネパールの15歳の少女と児童婚した」なる話。 1999年に出版された著書『落ちこぼれてエベレスト』(文藝春秋)などにそのくだりが出てくる。 むしろ、ネットで指摘されている「人権侵害の児童婚」そのものだった。

次の

野口健氏が自慢げに語った『15歳の少女と性交』× 野口氏が出演予定の「おはよう朝日です」はそれでいいのか

野口 健 児童 婚

伝記や自伝に描かれた幼少時代の野口少年は決して模範的な子供ではありませんでした。 伝記「僕の名前は。 アルピニスト野口健の青春」によると、父親のエジプト勤務時代に小学生だった野口さんは荒れに荒れた不良で、数々の「イタズラ」を重ねます。 子供のヤンチャにしてもやり過ぎに見えますが、野口さんの「イタズラ」はさらにエスカレートして一線を越えます。 それは小学5年生の時、食用の雀や鳩を撃つのに使う、鉛玉を撃てるライフル型空気銃「ラムセス」を購入したことによります。 野口さんはこの空気銃で雀や鳩を撃っては肉屋に売って弾丸代を稼いでいましたが、それ以外にも練習として工事中の他人の家の電灯や走行中の車の窓などを撃って遊んでいました。 しかしある時、友人たちと射撃の練習をしている時に猫の親子を見つけ、子猫の頭を撃って射殺。 そのことを咎めた友人と口げんかになり、「撃つぞ」「撃ってみろよ」というやり取りの後、本当に友人の足の甲を撃って大怪我をさせます。 驚いたことに、事件当日に友人が病院に行った帰りにはまた同じ空気銃で鳩を撃っていたとされています(「僕の名前は。 アルピニスト野口健の青春」75〜80ページより)。 こうした荒れた小学校時代を送った後、野口さんはイギリスの全寮制の立教英国学院に入学。 そこでは先輩らに因縁を付けられてよく殴られていたとのことですが、高校1年になると友人2人と共に先輩グループを個別に襲撃してボコボコにするという暴力沙汰を繰り返して停学処分になっています(「僕の名前は。 アルピニスト野口健の青春」106〜108ページより)。 アルピニスト野口健の青春」55ページより)。 さらに立教英国学院時代には女性の下着を盗んでいたことも描かれています(「僕の名前は。 アルピニスト野口健の青春」120ページより)。 ここまでのエピソードはいずれも自らの伝記に描かれたものであり、自身でも語っているため、悪意を持った何者かによるデマではないということは確認しておく必要があります。 野口さんの言葉を見るに、少女本人との恋愛感情からの結婚ではなく、親にのみ話した上での本人の意志とは関係のない状態での結婚ということになります。 なお、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は2016年にネパールでの児童婚の問題について報告書を発表し、同国では18歳未満の少女3人に1人が結婚をしている事を指摘。 ネパールの法律では女性が結婚できる年齢は20歳なので、この結婚はあきらかに違法。 そしてユニセフでは児童婚を「18歳未満での結婚、またはそれに相当する状態にあること」と定義しているため、野口さんが行ったのは違法な児童婚ということになります。 この辺りのエピソードについては吉田豪さんがラジオでも取り上げており、野口さん本人から武勇伝のように語られた事も赤裸々に話しています。 一部抜粋。 これを受けて、会議を主導したのが中国だ。 いまや世界2位の経済大国となった中国では、再生可能エネルギーによる発電が大きく拡大している。 いくつかの根源的な問題がなければ新たなリーダーの出現は、歓迎されただろう。 しかし、まず何より中国は世界最大の二酸化炭素(CO2)排出国だ。 排出量も少なくとも向こう数年は落ち込む気配はない。 しかも「一帯一路」政策の下、東南アジアやアフリカの各国に環境負荷の高い発電インフラを輸出している。 ベトナム、パキスタン、ケニアなどでは中国からの投資によって、石炭火力発電所の建設ブームが起きているほどだ。 つまり、温室効果ガスの削減強化を目指す上では、中国が主導権を握ると、困ったことになる可能性が高い。 会場には国際連合の旗が掲げられたが、合意事項が守られているかを監視する組織などは存在しない。 つまり、工場や自動車などから吐き出される温室効果ガスの総量の測定と申告はそれぞれの国が自主的に行い、他国の政府やNGOがそれを検証することになる。 メリーランド大学のグローバル・サステイナビリティ・センターの所長ネイサン・ハルトマンは、「2030年までに既存の石炭火力発電所をすべて 閉鎖するといった積極的な対策をとることが 必要です。 石炭の生産量も7〜8割は減らさなければならないでしょう」と話す。 彼らが注目するのは、気候変動の大きな要因となっている中国だ。 中国は世界の石炭の半分を消費しているだけでなく、2002年以降の世界の石炭生産の伸びに占める割合は40パーセントに上る。 炭鉱労働者の数は米国の7万6,000人に対し、中国は実に430万人だ。 つまり中国は石炭大国なのだ。 狭山工場(埼玉県)で一時操業を止めたが、20日朝に復旧したという。 詳しい被害状況を調査している。 18日、各地の生産ラインを制御するシステムが「ランサム(身代金)ウェア」と呼ばれるコンピューターウイルスに感染した。 事務系のパソコンも感染したが、現在のところ、目立った被害は確認されていないという。 日産自動車も5月、海外主力生産拠点の英サンダーランド工場で、同種のウイルスによるサイバー攻撃を受けている。 彼女を国連総会で登壇する場を調整した環境団体は、以前、米国委員会により、中国共産党政府の代理人の疑いがあると指摘されている。 9月23日、国連総会開催に合わせて開かれた気候変動サミットに、世界12カ国から集まった16人の8歳から17歳までの環境保護活動に関心を置く子どもたちが参加した。 16人は、 国連子どもの権利委員会に対して、気候変動に関する政府の行動の欠如に抗議する非難声明を提出した。 国連組織ユニセフ(UNICEF)ニューヨーク本部で開かれた記者会見で、グレタさんら代表者が発表した。 ユニセフによると、16人は世界的な法律事務所ハウスフィールドLLP(Hausfeld LLP)および環境保護系の法律事務所アースジャスティス(EarthJustice)の公式代表という。 子どもたちによる非難声明は、両所が準備した。 グレタさんの非難声明を用意した環境系法律事務所 中国政府代理人の疑い。 2つの法律事務所は、世界各地で環境活動家たちの訴訟を代行している。 米下院天然資源委員会は2018年10月1日、アースジャスティスは中国政府に都合がよく、逆に米国に不都合な活動を米国内外で展開していることについて、同法律事務所に書簡で回答を求めている。 委員会は書簡の中で、同団体を外国代理人登録法(FARA)に基づき、アースジャスティスを「外国代理人」として登録する可能性があると伝えている。 「外国代理人」に登録された組織は、年間予算や支出、支援団体などの情報開示を米当局に定期的に行う必要がある。 天然資源委員会議長ロブ・ビショップ(Rob Bishop)議員と、同委員会の監視・調査小委員会議長ブルース・ウェスタマン(Bruce Westerman)議員は書簡で、アースジャスティス代表アビゲイル・ジレン(Abigail Gillen)代表に対して、 日本の沖縄県で継続的に米軍の行動に反対する活動を行っている環境活動団体・生物多様性センター(CDB)と協働する反基地活動について、問い合わせた。 書簡の中で委員会は、 中国との争いを避け関係を維持しようとする環境保護主義者の動きが、米国の活動に影響を与えていると懸念している。 委員会はアースジャスティスについて「普天間基地の移転に反対する米国内での(代行)組織の政治活動と、沖縄での継続的な軍事プレゼンスへの否定的な動き」を問題視している。 委員会は2018年から、「外国から米国への天然資源と環境政策への影響」を調べるために、環境団体と外国政府の関連を調査している。 同年6月には国防総省に対して、環境団体からの訴訟が国家安全保障に与える影響についての評価を求めている。

次の