メリケン粉 名前 由来。 広島風お好み焼の歴史

小麦粉とメリケン粉の違いとは?名前の由来や見分け方の話。

メリケン粉 名前 由来

スポンサーリンク メリケン粉とは 結論からいくと、 メリケン粉とは小麦粉の一種のことを指します。 厳密にいえば同一のものではありません。 メリケン粉の特徴を見ていきましょう。 元々はアメリカ輸入小麦を指す言葉 元々のメリケン粉は アメリカから輸入された小麦が由来です。 アメリカから小麦が輸入されるようになったのは明治時代。 ペリーがやってきて開国、江戸幕府の滅亡、文明開化とめまぐるしく歴史が動いた時代ですね。 当時の日本では水車の動力を利用して、石臼で小麦を挽くという水車製粉を行っていました。 製粉技術は未熟で、当時の小麦はうすい茶色をしていました。 国産小麦の用途は主にうどんなどの麺です。 そんな中、明治政府の意向で、パン食の普及のためにパン焼き用の小麦が輸入されることになりました。 アメリカの製粉技術は日本に比べて進んでおり、既に機械化されていました。 当時の人はアメリカ産の真っ白な小麦を見て驚いたそうです。 この真っ白な輸入小麦のことを、国産小麦と区別するためにメリケン粉と呼ぶようになったのでした。 薄力粉• 中力粉• 強力粉 と種類が分かれています。 日本で生産されている小麦は、中力粉の原料となる中間質小麦がほとんど。 なので、明治時代の国産小麦粉は中力粉であったと思われます。 では、明治時代に輸入されていた「メリケン粉」はパン焼きに向いているという強力粉だったのでしょうか? それがそうとも言えないのです。 じつは、小麦大国アメリカには、日本よりもさらにたくさんの小麦の種類があるのです。 強力粉、中力粉、薄力粉、Pastry Flour(薄力粉と中力粉の間の性質の小麦粉)。 さらに、それぞれの小麦に漂白・無漂白の区分があります。 こんなにあったら、何を使っていいかわからないよ?となりそうですが・・・ 実はアメリカでは「All Purpose Flour」という中力粉を使うのが一般的で、 この粉でカップケーキもパンケーキも、パンも焼くことができるそうです。 ということであくまでも想像ですが、明治に輸入されていたメリケン粉は、偶然にも中力粉だった可能性があります。 関西地方で定着したメリケン粉 実はメリケン粉って・・・ 関西ローカルな側面を持っているのです。 「うそ!?」って思ったあなたは関西人 笑 私は関東人ですが、この記事を書くにあたって調べるまでは・・・ 「なんとなく言葉は知っているけど小麦粉の一種かな?」 程度の認識でしたからね。 ではどうして、「メリケン粉」という呼び名は関西方面で定着したのか。 その理由とは・・・ メリケン粉が関西でメジャーになった理由 大正時代に関西では「一銭洋食」という、薄いお好み焼きのような食べ物が流行していました。 発祥地は京都とも大阪ともいわれています。 戦後、食料の供給が少ない中、 アメリカの進駐軍からのメリケン粉を頼りに、この一銭洋食を売っていたお店があったそうです。 また、当時は神戸港からメリケン粉が入って来ていたからという話もあります。 このような時代背景があいまって、メリケン粉という呼び名が関西地方に残っていった、というのが判明している理由ですね。 関西では、今でも小麦粉を呼ぶ時はメリケン粉。 ただし、メリケン粉という名称で売られている小麦粉はなかなか見かけません。 唯一、熊本の製麺メーカー五木から「メリケン粉」という名称で販売されている小麦粉があります。 気になった方はチェックしてみて下さい。

次の

メリケン粉、名前の由来は?【ことば検定】 答え林修

メリケン粉 名前 由来

出典: メリケン粉とは メリケン粉とは、簡単にいうと小麦粉の別名です。 現代では小麦粉と同じ意味の言葉として使われることがありますが、昔は日本で作った小麦粉を「うどん粉」、 アメリカで作った小麦粉を「メリケン粉」と分けて呼んでいました。 現代ではほとんど使われていない言葉ですが、沖縄では「メリケン粉投げ」という文化があり、その言葉が使われています。 これは卒業式にメリケン粉を投げ合ってお祝いする風習です。 投げると白い粉が舞うことから祝いごとに向いているとして行われています。 ただし全ての学校が現在でも行っている風習というわけではなく一部にて残っている習慣とされています。 また沖縄以外でも、昭和生まれなど一定年齢以上の人であれば聞き覚えのある言葉です。 そして関西地方では昔から小麦粉がよく使用されていたことから、他の地域よりもその呼び方が定着していました。 そのため比較的他の地域よりも現代でも使うことが多いです。 メリケン粉の由来 出典: メリケン粉と呼ばれるようになった理由は、メリケン粉が 「アメリカ製である」ことです。 アメリカは英語で書くと「America」ですが、アメリカ人やアメリカ風という意味の言葉は「American」となります。 これを最初のAをとってローマ字読みすると「メリケン」となります。 このことからアメリカ製である小麦粉は日本製の小麦粉とは分けてこう呼ばれるようになりました。 メリケン粉と小麦粉の関係 出典: メリケン粉と小麦粉は現代では一緒のものとされています。 ですがメリケン粉が登場した当時は日本産の小麦粉とは別ものとして考えられていました。 日本では小麦粉を使う主な目的はうどん、 アメリカで小麦粉を使う主な目的はパンでした。 日本の小麦粉とは違い近代的な製法がされていたために粉が白く、また日本産でないことを分かりやすく区別するために別々の通称がついたとされています。 現代では日本産の小麦粉も近代的な製法がされており粉も白いので、これといった大きな違いはありません。 現代ではあくまで小麦粉の「昔の言い方」とされています。 メリケン粉の歴史 出典: メリケン粉という言葉が誕生したのは明治時代です。 当時日本でも小麦粉が作られていましたが、この時期にアメリカから小麦粉が輸入されるようになりました。 日本ではその頃石臼を使って小麦粉を作っていましたが、機械で製造されるアメリカ製の方が質が高かったのです。 そのため初めてアメリカ産の小麦粉を見た人はとても驚いたそうです。 そしてそれ以降、日本ではアメリカ産の小麦粉が主流になっていきました。 しかしその後に日本でも機械で製造されるようになり、アメリカ産に負けない品質、同じように白い小麦が作られるようになりました。 しかしそれは簡単なことではなく、日清製粉株式会社 当時の舘林製粉株式会社 が苦労を重ねて製作していったのです。 メリケン粉は小麦粉である 出典: メリケン粉は簡単にいうと小麦粉のことですが、もともとはアメリカ製の小麦粉という意味です。 アメリカ製のものに「メリケン」とつけるのは何も小麦粉のことだけではありません。 当時は同じようにアメリカ人のことを「メリケン人」と呼ぶなどしていました。 これはアメリカンという言葉をネイティブスピーカーが発音すると「メリケン」と聞こえることが理由とされています。 現代ではあまり使われることがなくなった言葉ですが、世代や人によっては現在でも使うことがあります。 多くの食べ物にはそれぞれ歴史や名前がついた由来がありますが、日本人になじみのある小麦粉も由来や理由があります。 アメリカ産が主流となっていく中で、「アメリカに負けない良質で健康に良い小麦粉をつくる」という努力の賜物でもあります。 どこかでこの言葉をきいたときは「小麦粉のこと」と理解すれば大丈夫です。 言い方の問題なので、現在では小麦粉との違いはありません。 当時でい「メリケン粉」を使った日本の食べ物で「うどん」があります。 地方によって姿かたちも変わり、讃岐うどんやほうとうなど様々な種類があります。 そのうどん文化を世界に広めようとするパフォーマー「小野ウどん」さんをご存知でしょうか? 大人の職場体験予約サイト「ココロミル」では小野ウどんさんから学ぶうどんの体験を行っています。 世界でただ一人のうどんパフォーマーとして活躍している小野さん。 NHK Eテレ「人生デザインU-29」など様々なメディアに出演しています。 この体験では音楽に乗せ、讃岐うどんの技術を披露していただけます。 『食』において食べる前のプロセスに着目し、楽しくうどんを学ぶことができるので、親子で参加するのもおすすめです。 実際に自分で讃岐うどんを打って、食べます。 5時間 体験費用:9,000円.

次の

広島風お好み焼の歴史

メリケン粉 名前 由来

広島風お好み焼の歴史 <お知らせ> スマホに対応した新しい「広島風お好み焼の歴史」を作成しました。 以下のアドレスをクリックして新しいページをご覧ください。 広島風お好み焼は、いつどのようにして生まれたのでしょうか? 実はかなり前からお好み焼の歴史については気になっていたので 広島風お好み焼の歴史を検証していきたいと思います。 ただし、これが絶対に正しい歴史だという答えは分からないので ゴマちゃんなりの解釈を入れながら述べてみたいと思います。 まず、お好み焼には広島風・大阪風・東京風(もんじゃ焼)と3種類あります。 (もちろんこれが全てのお好み焼ではありません。 ) 広島風が他の2つのお好み焼と大きく違う点は焼き方が重ね焼きだという事。 大阪風・もんじゃ焼の混ぜ焼きと広島風を比較すると共に同じお好み焼という名前でありながら 別物だと思えます。 広島風だけが完全に違う流れで生まれていると言えるでしょう。 それではそのルーツは何か?ずばり言って「一銭洋食」が元になっていると考えられます。 一銭洋食は京都で生まれたお好み焼です。 (ここで大阪風のお好み焼を関西風と呼んでいない 理由はこのためです。 )それでは広島風お好み焼は京都生まれなの?? その答えはとりあえず置いておいて、一銭洋食とはどのようなお好み焼なのでしょうか? 京都生まれのこのお好み焼は、広島風と同じように生地を薄く丸く焼いて、粉ガツオやネギ とろろ昆布等を乗せて半分に折ってソースをかけた物です。 具がたくさん入ってボリューム満点の 広島風と比べるとかなりシンプルですが焼き方はよく似ています。 広島でも昭和初期(もっと前かも・・・)には駄菓子屋で一銭洋食は販売されていました。 しかしこれはあくまでも子供用のおやつです。 とても食事と言える物ではなかった筈です。 ではいつから今のようなスタイルに変わっていったのでしょうか? その答えは第二次世界大戦の後からです。 そして知られていない事ですが広島風お好み焼とアメリカには深い関係があるのです。 別にお好み焼ゴマちゃんがアメリカンタイプのお店だからそう言ってる訳ではないですよ。 お好み焼とアメリカの深い関係とは? 第二次世界大戦・広島・アメリカとくれば絶対に忘れる事のできない、 そう、それは1945(昭和20)年 8月6日 8時15分・・・。 この日、原爆の投下により広島の街は一瞬にして廃墟となってしまいました。 そして終戦・・・。 焼け野原となった広島では食べる物が本当に少なくて人々は食糧難に苦しんでいたのです。 アメリカの進駐軍が小麦粉を配給をしてくれていたのですが、元々日本では主食は米であって 小麦粉を食べる習慣はなかった。 ここでクローズアップされたのが一銭洋食なんです。 この後、一銭洋食は広島風お好み焼へ進化して行くのですが その話の前にお好み焼とアメリカの関係を述べなければいけません。 お好み焼を作るのに絶対に必要な物。 色々な材料があるけれど基本となるのは小麦粉です。 広島風に限らず小麦粉がなければお好み焼を作る事はできません。 ただ広島ではお好み焼に関して言うと、一般的には小麦粉の事を別の呼び名で呼んでいます。 その呼び名とは・・・? 答えはメリケン粉。 そうメリケン粉です。 それではメリケンとは何でしょう? 言うまでもないですがメリケンは「アメリカン」から来ています。 アメリカの粉という意味ですね。 戦後、アメリカの進駐軍が配給するメリケン粉を使って、食べ物に困っていた広島の人たちは 魚を入れたり野菜を入れたりいろいろと工夫をしながらお好み焼を作っていったのでした。 現在の広島風お好み焼店の元祖と言えるのは戦後の新天地広場に集まったお好み焼の屋台です。 当時はお好み焼にそばやうどんの麺はまだ入ってませんでしたが(焼そばはメニューにあった。 ) ある屋台の主人がたまたまお好み焼と焼そばを合体させた物を販売したのがきっかけで 他の屋台でも売るようになり現在のスタイルに近づいていきました。 後に新天地広場の屋台は公園から立ち退きとなり多くの屋台は「お好み村」に入居したのでした。 (現在のビルのお好み村は2代目です。 )お好み村に入居しなかった屋台も自前で店舗を構えて 商売を始めました。 そして現在に至ります。 (この当時に始めた店には現在の有名店が多いです。 ) 子供のおやつだった一銭洋食が第二次世界大戦を経て 広島風お好み焼へと進化していった内容が理解できましたでしょうか? 京都とアメリカが関係していたなんて意外ですよね。 特にアメリカは原爆の投下、メリケン粉の配給、そして広島風お好み焼の誕生と深い関係なのです。 しかしアメリカが広島名物と関係していたなんて、なんと皮肉な事でしょうか・・・。 21世紀となった今、お好み焼はまだまだ進化を続けて行くと思います。 ゴマちゃんでは青海苔をかけずにゴマを振り掛けますがもしかしたら将来それが当たり前になる時が 来るかも知れません?お好み焼店の経営者としてお好み焼文化(メリケン粉文化)を 作り続けて行きたいと思っています。 注 : この内容は私ゴマちゃん店長が様々な資料を参考にして自分の意見を入れながら述べたものです。 [ ].

次の