の あの あ 炎上。 レペゼン地球DJ社長が「パワハラザホルモン」による炎上について謝罪と釈明 あの騒動から3ヶ月。炎上の理由やエミリン/よききの炎上についても

炎上 (ネット用語)

の あの あ 炎上

かまいたち濱家の「タオル持論」に、SNSが炎上 お笑い芸人・かまいたちの濱家隆一が5日、「炎上覚悟で言います」とSNSに投稿した「タオル持論」。 その期待通り、コメント欄では賛否が飛び交っている。 濱家は自身のツイッターに、「タオルにふわふわ感は全くいりません。 全タオル、バスマットぐらいのかたさでいいです。 はぁはぁ…。 ついに言ってしまった…。 」と投稿。 炎上覚悟で言います。 タオルにふわふわ感は全くいりません。 全タオル、バスマットぐらいのかたさでいいです。 はぁはぁ…。 ついに言ってしまった…。 — かまいたち濱家 hamaitachi ホテルのタオルを理想とするふわふわ具合が良いとされる風潮のなか、批判覚悟で世間に一石を投じた。 そんな濱家の投稿に、ふわふわ派からは「ファーファの気持ち考えたことあるんですか!?」「謝罪動画はよ」といった声が寄せられ、 なかには「濱家さんを好きだからこそ、そんなこと言うなんてがっかりしました。 逆の立場になって考えてみてください。 もし、私が謝ってこられてきたとしたら、絶対に認められてたと思いますか?」と、M-1ネタを用いて詰め寄るようなコメントも。 その一方、ガシガシ派も意外に多く、「わかる~ガシガシしたやつが好きやし、柔軟剤使わんわー」 「水を吸った感じとか肌にまとわりつきとかが違うので私もガッシガシのタオルの方が好きです」 といった擁護するコメントのほか、柔軟剤を使うと吸収力が無くなると石鹸洗剤をオススメする実験映像の投稿も見受けられた。 また、元広島ホームテレビのアナウンサーで、現在はお笑いコンビ・ラフレクランを結成する西村真二の 「濱家さんもう柔軟剤のCMは諦めてください」というコメントに、濱家は「全然考えてなかった」とすっかり後悔モードになった。

次の

レペゼン地球・DJ社長に聞いた「あの、でっち上げセクハラ炎上、なんだったんですか?」

の あの あ 炎上

(C)まいじつ 強制性交等罪で逮捕された元俳優・新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)をかばってツイッターが大炎上した件から、ちょうど1年を迎えたマルチタレントのムロツヨシ。 一時はツイッター更新をやめるに至った騒動も何とか鎮火したが、人々の記憶にはいまだ強く焼き付いているようだ。 目を見て、 悪いことをした、と言ったら、 思いっきり、叱ります、 嫌という程、叱ります、 それだけです、 まだ目を見てない、 だから俺は普段通り、 これから飲みいってくるよ、 来れそうだったら連絡してな、 いってくるね、 — ムロツヨシ murotsuyoshi 2月11日深夜、ムロは『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日系)に出演し、「仕事でイラッとしたこと」というトークテーマで「時代は〝ハラスメント〟ですから。 (自身の言動も)何かしらのハラスメントに当たる」とチクリ。 「何がハラスメントか分からないハラスメントを受けているんです」と、自身も被害者であると主張した後、「若い子たちの顔見て『どれハラ?』って。 今、若いスタッフさんに『彼氏いるの? 彼女いるの?』もダメ」「これが怖い。 ずっと(交際相手がいるのかと)言ってきたもん」と露骨に不満をあらわにした。 共演した室井滋は「(その質問はハラスメントなので)ダメダメ」と相づちを打っていたが、ムロは「『彼氏いないのかお前は? かわいいのにな』なんて待ち時間に言いながらさぁ。 あったじゃないコミュニケーションが!」と徐々にヒートアップ。 その後も日頃のうっぷんをぶちまけるように、「それはハラスメントじゃない、コミュニケーションだよ」と続け、最後は「でも、みんなが(それはハラスメントだと)言うからやめてる!」「今、待ち時間に何も言えないですよ、ホント」と、不満気に吐き捨てていった。 また、昨年の〝舌禍〟がいまだに尾を引いてか、一部では「当時、猛バッシングを受けたことを根に持っており、〝今は思ったことも口に出せない嫌な世の中〟だと不満をにじませているのでは?」との見方も広まった。 「この見方は意外と的を射ていると思います。 あのとき、ムロは後にあそこまで炎上するとは思わず、軽い気持ちで〝思ったこと〟をツイートしました。 その結果、ぐうの音も出ない正論で猛反発を受けたわけで、本人からすれば〝何げない発言がハラスメント扱いされる〟と愚痴った今回と同じ構図。 それだけ大きな失態だった一連のツイートだが、この見方が正しいとすれば、内心は全く反省していないのかもしれない。

次の

あの炎上CMを作った“外圧おじさん”は「逃げ恥」で勉強し直せばいいよ

の あの あ 炎上

SNSでの過激な誹謗中傷……なぜ止まらない? SNSの普及と共に増えていく、ネット上の誹謗中傷。 ひとたび批判のターゲットにされると、瞬く間に攻撃され、とことんまで追い込まれてしまいます。 特に昨今は、政治家の言動や行政の対応、芸能人の素行が批判のタネとなり、ネット上ではたくさんの誹謗中傷の書き込みが炎上しています。 では、なぜネット上では誹謗中傷が過激になりやすいのでしょうか? 背景として、次の2つの心理学的理由が考えられます。 1) 集団極性化……集団で話し合うと極端な結論になりやすい 集団で議論をしているときには、一人で考えているときより極端な結論になりやすくなることがあり、これを心理学では「集団極性化」と呼んでいます。 たとえば、グループ内でマナーの悪い人の話題が出ると、いつしか口汚い罵りに発展し、あとから「みんなでなぜ、あれほど悪く言ってしまったんだろう」と後悔したことはありませんか? これは集団極性化によって、会話が極端な方向に暴走してしまったためです。 ちなみに、ネット上ではしばしばこの集団極性化が生じますが、これを「サイバーカスケード」と呼んでいます。 「集団極性化」について詳しくは「」もご参照ください。 2)没個性化……匿名で発言できるため、攻撃的な主張をしやすい ツイッターなどのSNSは匿名で書き込むことができるため、個人が特定される心配がありません。 ですが、そのために普段は言えないようなことも、大胆に主張できてしまいます。 これは、心理学的には個人が集団の中に埋没する「没個性化」という現象によって生じるものと考えられます。 たとえば、SNS上の誹謗中傷により名誉棄損罪で逮捕された加害者が、普段はとても大人しく穏やかな人であり、性格のギャップに驚かされることがあります。 これは、SNSという没個性化の環境において、本人が普段は抑圧している攻撃性の一面が表出してしまい、暴走してしまった結果だと考えられます。 「没個性化」については「」もあわせてご覧ください。 ネットで衝動的・感情的にならないために必要なこと SNSには、誰もが同じ条件(文字数制限等)でタイムリーに自分の考えを発信できること、そして、市井の人々の多様な意見や本音を知れること、趣味や感性の合う人とつながれる、といったたくさんの利点があります。 一方で、上に述べたようにSNS上では集団極性化によって話が極端な方向に流れ、没個性化によって衝動的で攻撃的な発言が生じやすくなる、といった欠点もあります。 思いつきで書いてしまった言葉がそのまま拡散され、過激な方向に暴走する。 その結果、人を追い込み、名誉棄損の加害者になってしまうリスクがあるのです。 そのため、SNSに書き込む際には、送信ボタンを押す前にいったん時間を置き、読み返す必要があります。 そして、「衝動的に書いていないか」「本当にこれを発表してもいいのか」と考える必要があります。 読む側も、SNS上の書き込みは集団極性化や没個性化によって極端な方向に流れやすいことを念頭に置き、発言の内容に感情的に巻き込まれず、冷静さを保ちながら読んでいく必要があります。 ネット・SNSを便利に使いこなす人は「メタ認知」を働かせている つまり、ネットやSNSを活用する際には、書き込む側も読む側も「メタ認知」を働かせる必要があるのです。 メタ認知とは、自分の認知を高い位置から認知すること。 つまり、自分が考えていることや感じていることを俯瞰して捉えることです。 そのため、何かをSNSに書き込もうとする際には、「私は今、このことをSNSで書こうとしているんだ」と認知し、その自分の行動を高い位置からモニタリングするイメージを持つことです。 そして、本当にそれを行って良いのか、書き込む内容に責任を持てるのか、匿名性という条件に安住して発言していないか、といったことを自分に問い掛けていくことが必要です。 また、ネットの情報を読んで感情が揺さぶられたときにも、そうした自分自身をモニタリングすることです。 「この発言に強く同感しているはなぜ?」「これを読んで、胸がえぐられるのはなぜ?」というように、その時に覚えた感情を観察していきます。 そして、同感や怒りから衝動的に書き込みをしようとしていないか、メタ認知を使って振り返りましょう。 すると、感情の暴走を防ぐことができ、責任のある行動をとることができます。 ネットやSNSを上手に活用すると、生活の幅や人間関係は格段に広がっていきます。 しかし、一時の感情や衝動に振り回されず、便利なツールとして使い続けていくためには、上で述べたように「メタ認知」を働かせていくことがとても重要になるのです。 「メタ認知」については「」でも詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

次の