パスワードが漏洩しました。 Chromeで、「パスワードの確認」ポップアップが出ても、ウイルス・マルウェア・詐欺ではないので落ち着いて対処を

【それってネット詐欺ですよ!】自分が設定したパスワードが書かれた脅迫メールが来た【被害事例に学ぶ、高齢者のためのデジタルリテラシー】

パスワードが漏洩しました

漏洩したパスワードや使いまわしのパスワード、不正使用される恐れがあるパスワードをチェックしてくれる「Googleパスワードチェックアップ」をご紹介します。 パスワードチェックアップを使うと、 Chromeに保存したパスワードをGoogleのデータベースと照合して、データ侵害や漏洩したパスワードがあれば警告してくれます。 他にも使いまわしのパスワードや、簡単すぎるパスワードの確認、該当アカウントサイトへの移動や保存されたパスワードの変更も可能です。 iPhoneやAndroidスマホでも問題なく使えますよ。 パスワードチェックアップは、元々Google Chromeの拡張機能として提供されていましたが、2019年10月からGoogleアカウントでも使えるようになりました。 パスワードの漏洩チェックや安全性の確認は、78億のデータベースを持つ「」や「」が有名ですが、Googleも40億を超える流出アカウントのデータベースを持ち、Chromeに保存したパスワードと照合して漏洩や不正使用を確認することができます。 安全性を常時チェックするなら、Chromeにパスワードチェックアップの拡張機能を追加して、時々確認する程度でよければGoogleアカウントからチェックするといいでしょう。 Googleアカウントからパスワードチェックアップを使う まずはGoogleアカウントでパスワードチェックアップを使ってみましょう。 以下から直接パスワードマネージャに進んでログインしてください。 パスワードマネージャの上部から「パスワードを確認」をクリックすると、パスワードチェックアップに進めます。 Googleアカウントから開く場合は、ログインして左メニューから「セキュリティ」に進みます。 パスワードチェックアップは「セキュリティ診断」と「パスワードマネージャ」の両方から使えます。 まずは「アカウントを保護」をクリックしてみましょう。 「セキュリティ診断」で表示された問題の下に、パスワードチェックアップがあります。 「他のサイトへのログイン」に表示されたパスワードマネージャから開くこともできます。 パスワード漏洩や不正使用を確認する パスワードチェックアップを利用する前に、まず本人確認が必要です。 「パスワードを確認」をクリックします。 パスワードを入力して本人確認を行います。 パスワードチェックアップがGoogleの漏洩データベースと照合して、保存されているパスワードを分析してくれます。 問題があれば件数も表示してくれます。 このアカウントに保存されているパスワードには問題が3つありました。 不正使用されたパスワード• 再利用されているパスワード• 脆弱なパスワードを使用しているアカウント 「不正使用されたパスワード」の項目をクリックすると、同じユーザー名とパスワードを使用しているサイトが表示されます。 これらのアカウントで使われているパスワードは、第三者によるデータ侵害で漏洩しているので、今すぐ変更する必要があります。 「再利用されているパスワード」は、使いまわしのパスワードに対する警告です。 「脆弱なパスワード」は、簡単すぎるパスワードや短いパスワードへの警告です。 他人に推測されやすいので、強固なパスワードに変更しましょう。 パスワードの変更・更新 パスワードの変更方法ですが、該当アカウントのサイトで変更する方法と、Chromeに保存されたパスワードを変更する方法の2種があります。 まず「パスワードを変更」をクリックすると、該当アカウントのトップページに飛ぶので、ユーザーページや管理ページ等からパスワードを変更します。 パスワードを表示• 保存されているパスワードを更新• パスワードを削除 「パスワードを表示」からChromeに保存されたパスワードを確認することができます。 Chromeに保存されたパスワードの更新は「保存されているパスワードを更新」から行いますが、変更後にアカウント側とパスワードが一致していることを確認しましょう。 「パスワードを削除」で保存済みのパスワードを削除できます。 Chromeを長年使っている場合は、使用していないアカウントや変更済みのパスワードも警告されることがあるので、利用状況に応じて対処してください。 スマホでパスワードチェックアップを使う パスワードチェックアップは、iPhoneやAndroidスマホでもPCと同様に使うことができます。 スマホからGoogleアカウントのにアクセスして、パスワードチェックアップで「パスワードを確認」します。 パスワードチェックアップを利用するときは、必ずパスワードを入力して本人確認を行います。 「次へ」進むとアカウントに保存されているパスワードの分析結果が表示されます。 あとは「パスワードを変更」をクリックして、該当アカウントのユーザーページや管理ページ等からパスワードを変更してください。 ご覧の通り、パスワードチェックアップはスマホでも問題なく使えます。 パスワードチェックアップ Chrome拡張機能 Googleパスワードチェックアップは、元々Chrome拡張機能で提供されていました。 Chromeにパスワードチェックアップをインストールすると、サイトのログインページからユーザー名とパスワードを入力するたびに、Googleが持つ流出アカウントリストを自動的に照会してくれるので、危険なパスワードの常時監視が可能です。 最近入力したパスワードにデータ侵害がなければ、問題がないことを示す緑のマークになります。 入力したパスワードが危険であれば、すぐに赤いダイアログで警告してくれます。 パスワードを変更する必要があれば、赤い警告アイコンが表示されるので、早急に対処しましょう。 Chrome拡張機能のパスワードチェックアップは、パスワードの漏洩や不正使用を瞬時に検証できるので、Googleアカウント経由よりも早い対処が可能になります。 データ侵害やパスワード漏洩を常時監視するなら、Chrome拡張機能の利用をオススメします。 パスワードチェックアップのChrome拡張機能は、以下からダウンロードしてください。 Chromeのセキュリティ機能 Chromeにはブラウザベースで使えるセキュリティ保護機能もあります。 Chrome拡張機能を使いたくない場合は、ブラウザ内でセキュリティ機能を設定してください。 また、Chrome 79のアップデートからリアルタイムのフィッシング対策機能も追加されており、今まで30分ごとの検証だったものがリアルタイムで警告してくれるようになりました。 リアルタイムのフィッシング対策機能は、「セーフ ブラウジング」と「検索とブラウジングを改善する」をオンにすると有効になります。 パスワード使い回しの危険性 パスワードの流出対策としてよく言われるのは、サイトごとに違うパスワードを設定することですが、実際に覚えるのは大変なので、同じパスワードを使い回すことがよくあります。 特に「123456」や「password」「qwerty」といった推測されやすいパスワードを使い回していると、パスワードリスト攻撃や、パスワードの総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)によって、知らないうちに不正ログインやハッキングの被害を受けているかもしれません。 以下の最悪パスワードランキングにリストアップされているような単純なパスワードは、ほぼ間違いなくパスワードリスト攻撃の対象になるので、早急に変更しましょう。 あとはGoogleと別の漏洩データベースを持つ「Have I Been Pwned? 」や「Firefox Monitor」を併用して、パスワードの危険性や流出の有無を多重チェックするとより安全です。

次の

パスワードが漏洩?Chromeで「パスワードを変更して下さい。サイトまたはアプリでのデータ侵害により~」と警告ポップアップが出る理由について

パスワードが漏洩しました

Chromeで表示された「パスワードの確認(漏洩しました)」のポップアップ パソコンのChromeで、とあるサイトを表示したら、上のポップアップが表示されました。 パスワードの確認 サイトまたはアプリでのデータ侵害により、 パスワード情報が漏洩しました。 なんだこれ、めちゃくちゃ怖い。 ちなみに「とあるサイト」っていうのは クレジットカードのサイトなので、「クレジットカードが不正利用されちゃうのかも~~~?」とより一層の恐怖です。 パスワードが漏洩した?怖すぎていろいろ調べてみた 本当にChromeからの正しい警告か? まず、こういうポップアップって、ダマシの場合もあるのでそこを調べてみました。 たまに上のようなダマシのポップアップが出てくることもあるんですよね。 悪意のあるサイトというか。 「パスワードが漏洩しました」はどうやら、本当にChrome(Google)が出している警告の様です。 「パスワードの確認」のポップアップの「確認」をクリックしてみると、 (ダマシのポップアップだとこのクリックで変なサイトに飛ばされるので注意が必要です) パスワードチェックアップ、というページにアクセスしました。 どうやら本当にGoogleのサイトに繋がっている様子。 「不正使用されたパスワードが2件あります」とありますね。 これが今回の「パスワードが漏洩しています」の原因みたいです。 「パスワードが漏洩した」について 僕の場合の、2件の「不正使用されたパスワードが2件あります」は、上の2サイトでした。 ぼかしていますが、この2サイトは、最初にポップアップが表示されたクレジットカードのサイトではありません。 なのですが、この2サイトとクレジットカードサイトのパスワードは同じ(一部同じ。 クレカサイトはパスワード等の入力が複数あってそれぞれ内容が違う)。 同じパスワードを使っているサイトを表示すると警告のポップアップが表示されるのでしょうか?もしかしてGoogleに保存したパスワードでログインした場合は漏れなくこのポップアップが表示されるとか? 恐らくですが、 「パスワードが漏洩しました」はイコール「このポップアップが出たサイトで不正アクセスされました」というわけではないみたいです。 僕の場合、今のところ不正にクレジットカードが使われている様子はありません。 Googleに登録されてる「メールアドレスとパスワード」の組み合わせにヤバいのがあるよ という大きめのメッセージなのかも知れません。 とりあえずパスワードは変更すること(使い回しはやめる) とりあえず、先ほどの「パスワードのチェックアップ」の画面で「不正利用されたパスワードがあります」に該当したものはパスワードを変更しておきましょう。 まとめ• パスワードの使い回しはやめる• 脆弱なパスワードは使わない• 警告のあったパスワードは全部変更する• クレジットカードやサイトの利用履歴におかしなものがないか確かめる• Chromeの「パスワードのチェックアップ」で分かる問題を全部つぶす 骨が折れそうですが、これくらいやれば安心なのかなーと思います。

次の

パスワードが漏洩していないかチェックする方法

パスワードが漏洩しました

ブラウザGoogle Chrome のセキュリティ機能が強化 2019年12月のウェブブラウザ「Google Chrome」のアップデート、バージョン79にてセキュリティ機能が強化されました。 そのセキュリティ機能とは IDとパスワードの組み合わせが第三者によるデータ漏えいの影響を受けていないかをGoogleが自動で調べてくれる「Password Checkup」です。 具体的に何をするのかというと、 ユーザー(あなた)がWEBサイトのログインフォームで利用したIDとパスワードが世間に情報漏洩していないか自動チェックし、もし漏れていれば「パスワードを変更してください」とユーザーに警告する仕組みです。 ブラウザChromeの利用者は今回のセキュリティアップデートについて事前知識がありませんし、いきなりポップアップが表示されて何が何だかわからず驚いている人が多いと予測されます。 本記事では何が起きているのか解説します。 パスワードを変更してください。 サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 XXX(サイトURL)のパスワードをすぐに変更することをおすすめします。 このメッセージを最初に見た時「ログインしようとしたサイトに何か問題がある、情報漏洩が起きたのでは?」と誤解してしまいました。 同様にポップアップが表示されたあなたも混乱したと思います。 注意点ですが、 この警告ポップアップが出た時にログインしようとしたサイトそのものが情報漏洩を起こしたわけではありません。 該当サイトで利用している「IDとパスワード」の組み合わせが、何らかの経路で世の中に流出してしまっている、使い続けない方が良い・パスワードを変更するべき、ということをブラウザGoogle Chromeが警告してきたのです。 Google Chrome ではどのような処理で漏洩の判定をしているのか Google Chromeはどうしてパスワードが漏れているって判断できるの? Chromeのセキュリティを強化する新機能「Password Checkup」は以下の流れで情報漏洩をチェックしています 1. Googleは既に何らかの経路で世の中に漏洩したIDとパスワードのリストを入手しています。 そのデータをGoogle内部で安全な形式(暗号化・ハッシュ化)で管理しており(これらのデータを仮に「漏洩リスト」と呼ぶ) 2. 私たちがChromeを使ってWEBサイトにログインする時、Chromeは自動的にこのIDとパスワードを暗号化・ハッシュ化した上でGoogleに送ります。 Password Checkup は ID・パスワードの組み合わせが漏洩リストに含まれていないか照合します。 ID・パスワードの組み合わせが漏洩リストに含まれていることが判明したら「パスワードを変更してください(このIDとパスワードの組み合わせは漏洩しているので危ない)」とポップアップで警告します。 このような流れになっています。 画像は以下の公式ブログから引用しました。 英語ですがGoogle公式ブログの解説です。 英語になります。 何も知らずにこのポップアップを見た人は、現在ログインしたサイトで情報漏洩があったのかと誤解するケースが多そうですが、上記で解説した通り、違います。 過去に利用した何らかのWEBサービスから漏れており、流通しているということです。 もしもパスワード情報漏洩の警告ポップアップが表示されたら 警告ポップアップが表示された人は、 ・該当するIDとパスワードの利用を今後止める ・該当するIDとパスワードで登録しているサイトのパスワードを変更する 上記の作業を行った方がよいでしょう。 情報漏洩リストに載っている・警告が出たということは、あなたのID・パスワードの組み合わせが、今まで使ってきた何らかのWEBサービスから漏洩している、ということになります。 悪意のあるハッカーもGoogle同様に漏洩リストを入手し、記載されているID・パスワードの組み合わせで様々なWEBサービスにログインしようと試みます。 お金の絡むサービスに不正ログインされると大変です。 Chromeからパスワードを変えるように警告された人は、今まで使ってきたWEBサービスとID・パスワードの組み合わせを見直しましょう。 重要な情報が漏れたら大変なことになりますし、データが壊される・PCが立ちあがらなくこともありますよ。 私のおすすめは アバスト です。 日本ではそれほど知名度は高くないかもしれませんが、動作が軽くて操作性もシンプルなのでお勧めです。 国内で有名なソフトは動作がもっさり、裏側で勝手に動作してPCが重くなるなど不満が多いです。 繰り返しますが アバストがおすすめですよ。 という話題でした。 他にもおすすめの記事だよ 人気記事 人気記事 人気記事 人気記事 人気記事 KazuoLv1.

次の