挨拶文 ビジネス コロナ。 コロナウイルスについて気遣うビジネスメールの例文を紹介|ドドヨの腹ぺこ自由帳

コロナに関するビジネス文章の書き出しと営業再開について文書の締め方

挨拶文 ビジネス コロナ

ここ数年、 地震・台風・洪水・噴火・土砂崩れなど、多くの自然災害ニュースをよく耳にしますね。 このような災害が起きた時に気になるのが、 被害に遭った方の状況。 同じ会社の人が無事だったのか、お客様・取引先など社外の人が無事だったのか・・ ニュースなどで被害を知ったあなたは、「自分に何か出来ることはないだろうか?」と心配しながらも、歯がゆい思いをしていることでしょう。 そんな時に、あなたができる行動一つが お見舞いのメールを送ること。 まずは、社内の方へ送るメールから見ていきましょう! 件名:地震被害のお見舞い 大阪支社 〇〇 様 今朝のテレビ報道で、大阪支社の地域で大規模な地震があったと知り、ご連絡いたしました。 地震によって、大きな被害を受けているのではないかと心配しております。 〇〇さんならびに他の皆様方は、ご無事でいらっしゃいますか。 また、もし私が何か出来る事がありましたら、遠慮なくおっしゃってください。 できる限りのことをさせていただければと思います。 メールにて恐縮ですが、取り急ぎお見舞いまで。 jp 通常のビジネスメールでは、「お疲れ様です」などの挨拶を入れるのがマナーです。 しかし、お見舞いメールなので、スピード感が大切。 いつもの挨拶文は省略して問題ないので、 急いで見舞いの一報を入れていることを示しましょう。 また、内容に関してですが、 相手の立場に寄り添う内容を心掛けたいものです。 ただし、長々とは書かずに、相手の心身を気遣うようにすることが大切。 台風による建物の被害や、河川の氾濫などのケースもありますね。 その場合には、どういう言い回しをしたらよいのでしょうか? 先程のお見舞いメールをもう一度、見ていただければと思います。 基本的に変更するのは、 件名と本文の前半部分のみでOK。 件名は、「台風被害によるお見舞い」「大雨による災害のお見舞い」などに変えましょう。 前半の文章に関しては、以下のように変えてみてください。 件名:地震被害のお見舞い 株式会社〇〇 〇〇部 〇〇 〇〇 様 株式会社ビジマナねっとの山田でございます。 今朝のテレビ報道で、御地で地震が発生した事を知りました。 大きな被害が御社に及んでいないかと心配しております。 〇〇様ならびに従業員の皆様のご無事を、心よりお祈りしております。 また、現在御社に発注しております案件の納期については、くれぐれもお気遣いなさらないでください。 私共で何かお役に立てることがありましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。 メールにて恐縮ですが、取り急ぎお見舞い申し上げます。 jp まずは、災害によって安否を気遣う言葉をしっかりと盛り込みましょう。 心配している• 無事を祈念している などのような文言ですね。 また、現在抱えている仕事などへの配慮を行うことも大切。 まずは復旧作業や生活を立て直すのが、先方にとって最優先です。 そのため、「納期は気にせずに」「返信はお気になさらずに」などのような文言で 配慮の気持ちを伝えましょう! ここまで、社内と社外宛に送る2パターンの例文をご紹介してきました。 両方に共通することとして、ぜひ 頭に入れておきたいポイントが3つあります。 どんなことを把握しておくべきなのでしょうか? 次の見出しで詳しく見ていきましょう! スポンサーリンク 災害のお見舞いメールで意識したい3つのポイント 災害のお見舞いメールでは、どんなことに気をつけるべきなのでしょうか? 特に大事なのが次の3つのポイント。 それは・・・• 災害の内容を入れる• 安否を気遣う内容にする• 援助する旨を提案する それぞれについてお伝えしていきますね! 災害の内容を入れる どんな災害に対してのお見舞いメールなのかを述べることが大切。 地震・洪水・台風など、様々な種類の災害がありますね。 怪我をしていないか、日常生活に大きな支障が出ていないかなど、 思いやりの言葉を入れたいもの。 自分のことを気にかけてくれる人を嫌に思うことは、まずないでしょう。 ただし、先方は非常事態の中にいるわけですから、くれぐれも長文とならないようにしてくださいね。 援助する旨を提案する 援助が必要な場合の気遣いも非常に大切。 相手から何かをお願いしますということは、なかなか切り出しにくいもの。 相手の心身や状況のことを気にかけるような内容にしていきましょうね! もしかすると、相手は連絡がなかなか取りにくい状況下に置かれているかもしれません。 メールのメリットは、相手が 自分のタイミングでチェックできること。 そのため、メールの返信が来るようであれば、危機的状況である可能性が低いことを確認できるのも、よいところですね! 形式以上に大切なのが、 相手の立場や気持ちを思いながら内容を考えることです。 あなたが送ったお見舞いメールが、被害に遭われた方たちの励みになりますように! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

新型コロナウイルスへの対応についての挨拶文と感染症対策の例文ひな形

挨拶文 ビジネス コロナ

ビジネス文書の書き出しで一般的に使われる例文とその使い方 それではさっそくビジネス文書の書き出しで、よく使われる例文と使い方を紹介していきます。 どんな時に使うのか確認しておきましょう。 『いつもお世話になっております。 『いつも大変お世話になっております。 『平素よりお世話になっております。 『いつもお力添えいただきまして、ありがとうございます。 『日頃より大変お世話になっております。 』 これらは、常日頃から付き合いがある相手に対して、何度目かのメールなどでのやり取りの際に使われる場合の挨拶の例文です。 様々な場面でも使うことができるビジネス文書・メールの書き出しため、覚えておくと良いでしょう。 なお、「平素より」とは、「普段から」と同じ意味を持っています。 『平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 』 これは、かなりかしこまったビジネス文書の書き出しの例文です。 『拝啓』に続けて使われることも多いため、覚えておきましょう。 普段のやり取りの中で使われることはあまりありませんが、とっさの時に使えるようにしておく必要があります。 会社を代表して文書を送る時や、取引先からのメールや手紙に返事を書く時などにも、多く使われる書き出しです。 初めてビジネス文書を送る人に「いつも」などがつく書き出しは使わない 紹介したビジネス文書の書き出し例文の場合、初めて文書やメールを送る相手に対して使ってはいけません。 初めてメールを送るのにもかかわらず、「いつも」や「平素より」といった言葉を使ってしまうと、不自然な文面になってしまうからです。 ビジネス文書の書き出しで相手別の例文を見てみよう ビジネス文書を個人宛に送るのか、法人(企業)宛に送るのかによっても書き出しが変わってきます。 ここでは、個人宛と法人宛ビジネス文書の書き出し例文をそれぞれ見ていきましょう。 個人宛にビジネス文書を送る場合の例文• 『貴殿におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 『貴殿におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 』 個人が相手ですから、繁盛を願ったり喜んだりするよりも、健康に重きを置いて、「ご清祥」という言葉を使った方が良いでしょう。 「健勝(けんしょう)」というのは、健康であることを意味しています。 この場合は、健康で何よりです、といったニュアンスで使われていると考えてください。 また「お慶び申し上げます」は、「お喜び申し上げます」と書いても問題ありません。 どちらを使っても失礼にあたることはありませんが、よりかしこまった印象を与えたいのであれば、「お慶び申し上げます」の方が適していると言えます。 法人宛にビジネス文書を送る場合の例文• 『貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 『貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 『貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 』 こういった書き出しは、ビジネス文書を送る相手が企業であった場合に使われるものです。 そのため、文頭に「貴社」という言葉がついています。 この時、「御社」と間違えないように気をつけましょう。 「御社」は話し言葉ですから、文書では「貴社」を使います。 「盛栄」「隆盛」「盛栄」「清祥」の意味 「盛栄」「隆盛」「盛栄」「清祥」について、それぞれが持つ意味に注目してみましょう。 これらはどれを使っても失礼にあたることはほとんどありませんが、その意味を知っておくと便利であると言えます。 盛栄(せいえい):主に商売の繁盛、繁栄を意味しています。 業績が順調そうで何よりです、といったニュアンスになるでしょう。 隆盛(りゅうせい):大いに栄えることを意味しています。 こちらも相手企業が発展していることを喜んでいるという意味になります。 清栄(せいえい):主に健康、そして繁栄を意味しています。 社員、ひいては企業そのものが健やかであることを喜んでいる、といった意味合いになるでしょう。 清祥(せいしょう):健康や無事であることなどを意味しています。 この言葉は企業相手だけではなく、個人相手にも使うことができます。 ビジネス文書の書き出しで個人宛に送る時の例文 個人宛のビジネス文書の書き出しを考える時に気をつけたいのが、その相手がどんな人かを意識することです。 たとえば、初めてやり取りをする人に「いつもお世話になっております」という書き出しのビジネス文書を送ってしまうと、相手は面食らってしまうでしょう。 このようなミスを防ぐにはビジネス文書を送る時に、そのケースごとに適切な挨拶を選ばなければいけません。 ここで、個人宛にビジネス文書を送る時のケース別に、書き出しの例文を見てみましょう。 ビジネス文書の書き出しで初めてやり取りする人に送る場合の例文• 『初めまして、(以下自己紹介)』• 『突然のご連絡、失礼いたします。 』 初めてビジネス文書を送る人にはこのような書き出しにすれば、充分に相手に礼儀を尽くしたことになるでしょう。 全く面識がない場合に、不躾に用件だけを送りつけたり、「いつもお世話になっております。 」などと書いてしまったりすると、ビジネスマナーを知らない人なのかなと思われてしまう可能性が高いと言えます。 そうなれば、自分だけでなく会社やチーム全体のイメージにも悪影響を及ぼしてしまうかもしれないので注意しましょう。 ビジネス文書の書き出しで前回の連絡から間が空いた人に送る場合の例文• 『ご無沙汰しております。 『大変ご無沙汰しております。 』 前回の連絡から間が空いてしまった相手に対しては、そのことについて触れておくべきです。 何の挨拶もなしに本題に入ってしまうと、ずいぶんと素っ気ない態度を取る人だなと思われてしまうこともありますから、その点に気を遣っておきましょう。 ビジネス文書の書き出しの基本は、相手への気遣いを見せるということです。 ビジネス文書の書き出しで少し前に会った人に送る場合の例文• 『先日はお世話になりました。 『先日はありがとうございました。 『その節は大変お世話になりました。 『その節は誠にありがとうございました。 』 ビジネス文書を送る少し前に会う機会があった場合は、このような書き出しにすると良いです。 何か接点があったにもかかわらず、その後連絡を取る機会がなかったという時には、ビジネス文書を送る際に必ずお礼の一文を加えてください。 また簡単で構わないので、後日改めてお礼の言葉を述べる機会を設けましょう。 ビジネス文書の書き出しでは「時下」という言葉を使うこともある ビジネス文書の書き出しでよく使われる時候の挨拶がありますが、その代わりに「時下(じか)」という言葉を使うことも多いです。 時下には「現在」「この頃」などの意味があります。 また、ビジネス文書の書き出しを「時下」にする場合、「貴社」は使わないので注意しましょう。 いくつかの例文を紹介します。 『時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 『時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 『時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 』 ビジネス文書の書き出しで使う基本的な時候の挨拶 ビジネス文書の書き出しでは、季語を使った挨拶文を使う場合があります。 これが「時候の挨拶」と呼ばれる、ビジネス文書の基本的な書き出しです。 ここで紹介する以外にも数多くの季語がありますが、全体的に季節を一歩先取りしているイメージを持っておくと覚えやすいでしょう。 「まだ暑いけれど、季語の上では涼しさを感じさせるものだったな」「少し寒くなる頃だから、季語は寒さを感じさせるものがいい」といった具合に考えてください。 では、月ごと時候の挨拶例を紹介していきます。 ビジネス文書の書き出し例文:1月の時候の挨拶• 『新春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『厳冬の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『大寒の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『寒風の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 1月の時候の挨拶では、「まだまだ寒い日が続きますが」といった意味を持つ季語が多く使われています。 どの書き出しも寒さを感じさせるものです。 ビジネス文書の書き出し例文:2月の時候の挨拶• 『残冬の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『向春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『余寒の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『軽暖の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 暦の上では、だんだん暖かくなってきているという意味の季語が使われています。 生活の中では寒さを感じていても、季語では暖かさを感じるものを使いましょう。 ビジネス文書の書き出し例文:3月の時候の挨拶• 『早春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『春分の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『萌芽の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 いよいよ春の訪れを表す季語を使うことになります。 気持ちも明るくなるような、春らしい季語が多く使われるのが3月の時候の挨拶です。 ビジネス文書の書き出し例文:4月の時候の挨拶• 『春暖の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『春爛漫の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『晩春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 4月は春が始まってから終わっていく季節ですから、暖かさや春爛漫といったフレーズを使えるのもこの月だけの特徴と言えるでしょう。 ビジネス文書の書き出し例文:5月の時候の挨拶• 『若葉の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『立夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 緑がいきいきとし始める、夏に向かっていくのを感じさせるのが5月です。 若葉や新緑などの言葉が多く使われるのが特徴です。 ビジネス文書の書き出し例文:6月の時候の挨拶• 『長雨の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『向暑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 6月の特徴は何と言っても梅雨ですから、長雨といった季語が使われることが多くあります。 また、初夏という季語を使うのも良いでしょう。 ビジネス文書の書き出し例文:7月の時候の挨拶• 『酷暑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『猛暑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 7月は夏の暑さが始まり、だんだんその暑さが厳しくなってきます。 そのため「暑」という漢字を使うことが多く、夏を感じさせる挨拶となります。 ビジネス文書の書き出し例文:8月の時候の挨拶• 『晩夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『残暑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『立秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 8月は体感的にはまだ暑さが続いているのですが、暦の上では立秋を迎えます。 そのため晩夏、残暑、立秋などの季語がよく使われます。 ビジネス文書の書き出し例文:9月の時候の挨拶• 『初秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『秋晴の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『秋冷の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 初秋、秋晴、秋冷など9月は秋が始まったことに触れる季語が多くあるため、時候の挨拶にはそれらを使うと良いでしょう。 ビジネス文書の書き出し例文:10月の時候の挨拶• 『仲秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『秋雨の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『秋霜の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 10月は秋雨が降って、だんだん寒くなってきたことを表す仲秋、秋雨、秋霜などの季語が多くあり、それらがよく使われています。 ビジネス文書の書き出し例文:11月の時候の挨拶• 『晩秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『霜寒の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『向寒の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 11月はいよいよ秋も終わりですから、「寒」という字を使うことも見受けられます。 これから冬に移り変わっていくことを感じさせる季語が多くあるのが11月です。 ビジネス文書の書き出し例文:12月の時候の挨拶• 『初冬の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『師走の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『歳末の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 12月は師走ですので、それに触れるのが一般的です。 1年が終わることについて触れることで、「今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いいたします」といった流れを作りやすくなります。 ビジネス文書の書き出しは正しい定型文を覚えるとスムーズに書ける ビジネス文書を書く機会は多いですが、書き出しの定型文を間違えていてもそれを指摘してくれる人がいなければ気づくことができません。 正しい定型文をきちんと覚えて、必要に応じて適切な場面ですらすらと書けるようにしておくことが大切だと言えるでしょう。 状況に応じたビジネス文書の正しい書き出しを覚えておくと、時間に追われている時に、ビジネス文書の書き出しでつまずいて肝心の本文を書けなくなるのを防ぐことができます。

次の

手紙の書き出し コロナウィルス》例文・文例

挨拶文 ビジネス コロナ

相手を気遣うメールの重要性、気遣いの一言の重要性について見ていきますが、大前提として知っておくべき事があります。 それは、メールだけでなく、ビジネスの場で「気遣い」というのは非常に大切だという事です。 ビジネスメールを送る相手に気遣いの一言を送る能力は、これから社会人になる人も、既に社会人として軌道に乗っている人も、絶対にマスターすべきスキルでしょう。 忙しい相手を気遣うメールで営業成績があがった例も 一つ例を上げましょう。 Aさんは、営業マンになってからなかなか成績が伸びなかったそうです。 それでも常に気遣いを大切にし、メールで一言添えることを徹底しました。 はじめは、どこの取引先も「忙しい」といって相手にしてくれなかったようですが、Aさんはその「忙しい」という点を逆に活用しました。 忙しい相手を気遣うメールを送り続けていると、その努力が実って、立て続けに取引が成立して、チームチップの成績を収めたそうです。 これは、忙しい相手への気遣いメールがもたらした成功エピソードの一つです。 確かに、全員がこんなようにはなれないかもしれませんが、たかが「忙しい相手を気遣いのメール」されどと思わない方がいいという良い例ですね。 メールに気遣いの一言を入れて送るというのはビジネスパーソンの出発点 ビジネスの世界で活躍したければ、相手を気遣う一言を添えたメールを送れるようにしましょう。 対面での気くばりも必要ですが、データとして残るメールでも相手を気遣う事が大切です。 気遣いの一言を添えたメールを送るという行為を、ビジネスのスタートとして捉えてみてください。 それほど、相手を気遣う一言があるのとないのとでは、今後のやり取りが変わって来るため、重要と考えられています。 ビジネスメールにおける最低限のマナーを守り、きちんとした挨拶や言葉遣い、用件を的確に伝える事が出来た上で、相手に気遣いの一言を伝えることができれば理想的です。 気遣いメールの基本は「お世話になっています」 ビジネスメールの冒頭には、相手への気遣いとして「お世話になっています」という挨拶を遣うのが重要です。 上司や同僚に対しては、「お疲れ様です」でも良いので挨拶しましょう。 さらに忘れてはいけないのは、名前を名乗ることですね。 気遣いメールを送る前に、自分が誰なのかを必ず名乗りましょう。 こうした基本的な事が出来た上で、気遣いの一言が添えられたなら理想的です。 「お忙しいところ…」も気遣いメールでは必要 相手に商談の時間をとってもらいたい場合には、たいてい「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」といった内容にします。 ビジネスシーンでのメールは、相手になんらかの要求をする内容が多いですよね。 自然に「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを使えるようになりましょう。 この「お忙しいところ…」という一言があるかないかが、気遣いメールであるかどうかの分かれ目となります。 気遣いのメールは、ビジネスマナーの観点から重要と言えますので、ビジネスマナー的フレーズは積極的に使うように心がけてください。 そのため、相手を慮っていることの示しであります。 例えば、寒い季節であれば「体調にお気をつけ下さい」、忙しい時期である事が分かっていれば「ご多忙の中とは存じますが」などです。 相手はあなたの急なメールに、時間を取られているかもしれません。 まずは、慮っていることをメール内で示すのが重要です。 それによって、その後のやり取りが変わってくるでしょう。 メールを貰った人の気持ちを考えて送ろう 読みやすいメールは、相手の視点で書かれています。 メールはコミュニケーションの一種ですから、負担をかけないように気遣った書き方ができると、自然と好感度も信頼度も上がるでしょう。 これは、出来る人と思われるメールのポイントにもなります。 ビジネスメールにおける気遣いの言葉一覧 では、実際にメールで使える気遣いの言葉を一覧にしました。 メールでの気遣いの仕方が分からない人は参考にしてください。 ・行き届いたお心配りに感謝いたします。 ・お心づかいいただき、ありがとうございます。 ・お心遣い本当にありがとうございました。 ・お心遣い、うれしく存じます。 ・温かいお心づかいをいただき感謝しております。 ・お心遣いありがたく、感激いたしました。 ・いつもお心にかけていただき、恐縮です。 ・先日はご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。 ・お忙しいと思いますが、お体にお気を付け下さい。 ・ファイルを添付致しました。 お知らせ下さいませ。 ・早速お返事をいただき、どうもありがとうございました。 ・ご不明点がありましたら、お気軽にご質問下さいませ。 気遣いの言葉があってこそ取れる契約もあるので、これらの相手を気遣うメールでの一言というのはとても重要です。 気遣いの言葉を使い、相手とうまく関係を築けると良いですね。 それは何気ない一文かもしれません。 しかし、相手への気遣いを意識しているのとしていないのとでは大違いです。 気遣いの言葉は感謝を伝えます。 感謝の気持ちの込め方は、メールのフォーマットに落とし込めない部分ですよね。 その反面「気遣いし過ぎ」が不快な印象を与える場合もあります。 メールのやり取りの中で空気を読みながら、気遣い文を入れるようにしてください。 気遣いメールでも感謝の気持ちは相手に必ず伝わる ビジネスのメールで心が通じ合えば、円満な関係を築けるようになります。 例えば、相手を気遣うメールで「いつもお気遣いいただき、ありがとうございます」「お気遣いくださり、うれしく思っています」など「お気遣い」のほかに「お心遣い」とも言い換えられます。 ありがたく思う気持ちを伝える一言とは、心から感謝の念を持っていなければすぐには出て来ません。 そして、その感謝の気持ちは必ず伝わります。 気遣いの言葉はメールでの重要性が高いのです。 読み手が後で確認しやすいようにするのも気遣いの1つ 相手と何回もやりとりをする場合には「RE:」の数が増えていくでしょう。 しかし「RE:」が極端に増えるとそれは失礼にあたりますので、その場合は件名の内容はそのままでRE:の部分だけを消すのも、相手を気遣うメールの一環と言えます。 あるいは「RE: 件名(数字)」などにして、何回目のやりとりかを件名の後に入れておくのもおすすめです。 その他にも内容の追加・修正があった場合も、件名の後に(追加)や(修正)といった文言を付け加える事によって相手が分かりやすいメールとなります。 ビジネスメールでは後で確認するというケースが多いので、読み手が後で確認しやすいメールを送信することが、もっとも大切ですよ。 ネイルサロン経営者が語るホンネ「気遣いがあるかないかで全く違います」 メールに気遣いの一言があると、送ってくれた相手への印象はとてもよくなります。 ビジネス上の付き合いなので、相手に価値を提供するのは当たり前ですが、お互い人間なので、気遣いが見えるだけでこの人とは長く付き合っていきたいと思うでしょう。 ここでは求人の広告掲載をしたお店の声を紹介します。 様々な雑誌やインターネットサービスへの求人掲載を検討していましたが、決めてになったのは担当営業さんの一言でした。 こちらの工数を考えたうえで早めに連絡を下さり「お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。 」と一言添えた連絡をくれたのです。 私にも他の仕事があることをきちんと考えた上での配慮と気遣いのあるメールをいただけたので、この方に仕事をお願いしようという気持ちになりました。 複数の取引先候補がある中で、価格や提供サービスだけでなく、担当が信用できるかどうかも重要になります。 やはり気持ちよく仕事をしたいのが人の心でしょう。 このような心遣いがビジネスの決め手になる場合もあるようです。 メールにおける気遣いの一言はビジネス関係を円満にするという意味でも入れるべき 相手を気遣うメール、またビジネスメールでの気遣いの一言を添える重要性について見てきましたが、いかがでしたか?メールでの気遣いの言葉は、重要性がとても高いです。 ビジネス上の気遣いメールにおいては、心が通じ合うと円満な関係が築けるので気遣いはとても重要性のあるものと言えるでしょう。 例えば忙しい相手を気遣うメールを送ることで、思いもよらない耳寄り情報が新しい仕事の獲得などにつながるかもしれません。 そうした事も起こると想定して、常日頃からの気遣いや心遣いを重要に思い、相手を大切にしましょう。 また、そうした気遣いメールを送れるように、普段の行動から心掛けていくことも必要ですよ。

次の