ゲームセンターcx ときめきメモリアル。 『ゲームセンターCX DVD

『ゲームセンターCX DVD

ゲームセンターcx ときめきメモリアル

この項目では、シリーズ第1作について説明しています。 映画については「」を、シリーズ全体については「」をご覧ください。 『 ときめきメモリアル』は、5月27日に、コナミ(現・)から向けに発売された、。 なお、3月31日の化に伴い、版権はに移っている。 略称は、一般的に「 ときメモ」として知られているが、コナミの公式な略称は「 ときめき」とされている。 これは当初「ときめき」を正式タイトルにする方向だったことから来ており、が取得できなかったため、改題された。 ただ、『』のCMなどでは公式でも「ときメモ」の略称が用いられることもある。 は、 ()(こくら雅史)である。 ときめきメモリアルのタイトルはコナミデジタルエンタテインメントの登録商標になっている(登録数13件)。 歴史 [ ] 本作は、日本の家庭用一般ゲームにまだ「」「」というものが定着してなかったころに向けに発売されたゲームである。 この作品の大ヒットによりこの分野がとして一般化し、ソフトの発売数も増加していった。 PlayStation版以降 10月13日に版『 ときめきメモリアル 〜forever with you〜』が発売された。 それ以降、版(1996年2月9日)、版(1996年7月19日)、版(1997年12月4日)、版(1999年2月11日)と各機種で発売。 3月9日にはPlayStation版を元にした版が発売された。 3月19日にAmazon. jp専売で発売されるではの形で収録される予定となっている。 関連商品 本作の大ヒットにより、関連ゲームソフト・書籍・・・キャラクターグッズ・などが多数コナミから販売された。 またコナミ以外からも、各キャラクターのなどが多数リリースされた。 コナミは本作とそのキャラを前面に押し出し、コナミのブランドイメージをも変えた作品となった。 シリーズ化 シリーズは次の世代に受け継がれ、11月25日にキャスト・スタッフ等を一新した『』がPlayStation、12月20日に一般層へのアプローチを試みた『』がでそれぞれ発売された。 その後もゲーマー以外へのアプローチを模索し、6月20日に女性プレイヤー向けの『』がPlayStation 2で発売され、の市場を拓くこととなった。 3月23日にはを重視したとしてゲーム内容を改めた『』が向けにサービスを開始したが、7月31日をもって終了している。 12月3日に男性向け恋愛シミュレーションゲームとしては約8年ぶりの新作となる『』がPlayStation Portableで発売された。 モバイル版 ・としても、向け()・向け()・向け()にて配信中。 9月15日、本作の新展開として、学園型アイドルコミュニケーションゲーム『』を2017年〜冬にとして配信されることが発表された。 ゲーム内容 [ ] このゲームの主人公(プレイヤー)は架空の「きらめき高校」に入学した男子生徒である。 主人公は、「 の日に、校庭のはずれにある樹(伝説の樹)の下での女の子からの告白で生まれたカップルは永遠に幸せになる」というきらめき高校のを聞く。 勉強、、などに取り組み主人公の能力値を高め、幼なじみで憧れのヒロイン・の理想に近付け、さらにはを重ねて親しくなり 卒業式の日に伝説の樹の下で彼女からの告白を受けることが目的である。 また、本作品には恋愛という表向きの要素のほかに、「3年間の学校生活を追体験する」という裏のテーマが込められている。 むしろ企画の基となったのは学校生活のほうであり、「魅力的なヒロイン」や「卒業の日の告白」という華々しい側面は後から付け加えられたものである。 実際のゲーム内容も、ヒロインとのデート以外はほとんどが校内を舞台としている。 とりわけ、秋に行われるは、本作品における学校生活の重要性を示す好例である。 このイベントは、主人公の部活や登場ヒロインとの関係によって内容が非常に細かく分岐する。 理論上そのパターン総数は1497通り以上に及び 、ゲームの全メッセージ量の実に4割が費やされている。 1年に1度だけのイベントのためにこれほどの手間を割くのは、リアルな学校生活の再現を試みた証である。 開発 [ ] 本作は、コナミのPCエンジン最後のタイトルとして開発された経緯があり、開発にはPCエンジンに『』や『』を移植したスタッフが参加した。 開発スタッフの一人である立石流牙は当初シューティングゲームの企画を出したものの、会社から良い評判を得られず、PCエンジン用ソフトの中でも美少女ゲームが売れていたことに着目し、本作の開発に取りかかった。 システム構築 [ ] 本作は、高校生活を1週間で表現するというコンセプトの元で開発が進められ、高校生活においては勉強だけで無く運動もしていることを考慮し、ヒロイン達に文系や運動系のパラメーター各人の分だけ用意した結果、現在のような形になった。 また、本作では顔の表情に合わせて目や口を動かすシステムが「バストアップアニメーション」として初めて導入された。 立石は、開発の初期段階から多量のCGを用意することを想定していたため、バストアップで表現できないかと思ってこのシステムを取り入れたことをSTINGとのインタビューの中で話しており、1つのバストアップにつき5つの表情パターンを用意する羽目になったと振り返っている。 キャスティング [ ] 本作のヒロインのたちのうち、メインヒロインであるの役には当時大学院生だったが、朝日奈夕子の役にはがそれぞれ選ばれた。 金月は選出の経緯について、「私は事務所がテープオーディションに応募してくれていたんです。 だからちょっと申しわけないのですが、知らないうちに詩織ちゃん役が決まっていたんです。 」と2019年のファミ通とのインタビューの中で振り返っている。 二人は、収録に際して電話帳のように分厚い台本が届いて驚いたとファミ通とのインタビューの中で振り返っている。 本作以前にゲームへの出演経験があった鉄炮塚は、「ひとつのシーンで、何パターンもボイスを撮るような収録も、これまでも経験したことがありませんでした。 喜怒哀楽ごとに、立て続けにテンションの異なるセリフを言っていくというのは、当時はかなり慣れない作業でしたね。 (後略)」と話しつつも、「それほど経験のあるお仕事ではありませんでしたが、そのあたりはきちんとスタッフさんのアシストやご指導があったので、それほど苦労はありませんでした。 」とも話している。 一方で、金月は本作が初めてのゲームへの出演であったことから、とても苦労したとファミ通とのインタビューの中で話している。 金月は「詩織ちゃんはすべてパーフェクトな女の子という設定だったから、逆にどこを目立たせたらいいんだろうとすごく悩みましたね。 (中略)いまゲームのボイスを聴くと、かなりプレーンな声だなって感じています。 」と振り返りつつも、メディアミックスの中で詩織の別の面が見えてきたため、ゲーム以降の詩織の声は印象が異なるとしている。 また、金月は本作のおかげで声優の仕事を継続出来るようになったとも話している。 広報 [ ] 本作は、当時としては珍しくマルチメディア展開が積極的に行われており、発売後には「『ときメモ』キャラバン」という全国ツアーが組まれた。 PCエンジン版『ときめきメモリアル』 [ ] 「」を参照 移植・アレンジ版 [ ] PlayStation版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』 [ ] 10月13日発売のPS版ではハードウェア性能のアップに伴いグラフィック・サウンドの大幅強化が図られ、ユーザーインターフェイスの改善が図られている。 また、新規描き下ろしの人物・イベントグラフィックも多数追加された反面、PS審査基準に合わせて露出が抑えられたグラフィックもある。 タイトルロゴデザインも若干変更されている。 一方で、シリーズで恒例となっている女湯を覗くシーンは、裸体を隠すための湯気が書き足された。 限定版の仕様は以下の通り。 PS版ゲームソフト『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』(限定版専用レーベルデザイン)• 電子オルゴール(外箱内側に接着され、箱を開けると光に反応して告白シーンの曲が流れる)• PS用マウス(藤崎詩織イラスト入り)• マウスパッド2枚(描き下ろしイラスト入り) 11月11日から(・)で配信開始された。 スーパーファミコン版『ときめきメモリアル 伝説の樹の下で』 [ ] 2月9日発売。 のゲーム機初であり、現時点ではシリーズで唯一の任天堂の据え置き型機である。 PCエンジン版をベースにアレンジを加えている。 キャラクターごとにミニゲームが用意され攻略の過程で条件を満たすことでプレイすることができ、その結果により相手の好感度が上がる。 また、キャラクターの表情がオリジナル版よりもマイルドに描き換えられる。 一方、ROMカートリッジの容量の都合上、台詞の音声データは収録されていない。 その補完として一部の台詞では感情に合わせてが変化するほか、ヒロイン総登場のミニドラマと本作品エンディングテーマ「二人の時」のオールキャスト版を収録したシングルが同梱される。 ゲームスタート時にデータロードが完了して本編が始まる際、前回のプレイで最も好感度の高かったキャラクターの短い台詞の音声が流れる。 これはSFC版において唯一女の子の声を聞ける機会である。 PS版までのBGMはの曲が多かったが、SFC版では様々な調にアレンジされており、全体的に色彩感豊かな音楽に仕上がっている。 マウス操作は従来通り対応しているがSFC版は任天堂の『』『』がそのまま使える。 で2007年2月まで入手可能だった(任天堂への直接申し込みのみ)。 また、このSFC版をWindowsに移植したものが「」(アイレボ)によるゲーム配信サービス「i-revoゲーム」によって配信されるアナウンスがされていたが、配信されないまま、サービスは終了している。 セガサターン版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』 [ ] 7月19日発売。 PS版がベースだが、オリジナル要素として卒業式が終わった後、意中の女の子に自分から告白できるイベントが追加された。 この要素はセガサターン版以外では導入されていないが、PCエンジン版メインプログラマーの永山は「伝説の樹を設定した時点で、男子から告白するという概念が存在し得なかった。 サターン版はサービスのようなもの」という証言をしている [ ]。 なお、相手から毛嫌いされている状態であえて告白したときに聞ける主人公を振る際の台詞は非常に容赦のないものになっている。 また一部のキャラクターに追加イベントが設定されたほか、ユーザーインターフェイスの改善など快適なプレイに重点を置いたチューンアップが施されている。 限定版はなく、付録の異なるスペシャル版とデラックス版の2パッケージ併売体制をとった。 スペシャル版• SS版ゲームソフト『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』(スペシャル版専用レーベルデザイン・紙製化粧箱入り)• パワーメモリー(SS本体に装着して使用する外部メモリーカートリッジ。 エメラルドグリーンの限定カラー)• パワーメモリー用ラベル2枚• 特製バインダー(パッケージ兼用、差し替え用のジャケット付き)• デラックス版• SS版ゲームソフト『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』(デラックス版専用レーベルデザイン・紙製化粧箱入り)• 紙製キャラクター紹介カード12枚(描き下ろしイラスト入り)• パワーメモリー用ラベル2枚 Windows 95版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』 [ ] 12月4日発売のWindows版では、PS版をベースにグラフィックの高解像度化・BGMにMIDI音源が利用できることなどPC用に特化したチューンアップが施された。 Windows版はゲーム中の台詞を翻訳した上ででは「心跳回憶」、では「純愛手札」のタイトルで発売された(発売)。 このほか、版も存在する。 ゲームボーイ版『ときめきメモリアルPOCKET』 [ ] 2月11日に発売された版でありシリーズ初の携帯機ソフト。 でのカラー表示にも対応している。 文化系クラブとその関連ヒロインが登場する『カルチャー編 〜木漏れ日のメロディ〜』と、運動系クラブとその関連ヒロインが登場する『スポーツ編 〜校庭のフォトグラフ〜』の2本が同時発売された。 2バージョンに分けたのは、ソフトの容量的な問題や『』の大ヒットによりバージョン違い商法が確立したことが関係しているとするゲーム専門書籍の分析もある 移植のベースはPS版だが、容量の関係上ヒロインがソフト単体では全員登場しない。 その代わり、本作だけで登場するオリジナルヒロインが追加されている(を参照のこと)。 また、藤崎詩織の幼年期のエピソードなどオリジナルの追加イベントやオリジナルのオープニングデモが用意されている。 キャラクターボイスが流れている最中は他の処理が止まる仕様である。 ミニゲームでは「」を2曲(楽曲は『』より「Believe again」と「OVERDOSER」、さらに文化祭でのみプレイできる「DJ BATTLE」も含めると3曲)プレイ可能である。 部活動に関してはカルチャー編では文化系クラブのみ、スポーツ編では運動系クラブのみにしか入部できない。 スポーツ編とカルチャー編に分けて登場キャラを割り振っていることにより、スポーツ編とカルチャー編では攻略難易度のバランスが異なる。 また他のシリーズにはない特徴として、ユーザー同士で行う通信があり、ベストカップル対戦・対戦ビートマニア・スクリーンセーバーのキャラ交換がある。 特にベストカップル対戦はユーザー同士でキャラの相性を競うもので、違うバージョン同士でも対戦できるが、両方のバージョンに登場するキャラのみでの対戦となる。 なお、勝負の判定はクリア時のパラメーター等で左右される。 また、一つのヒロインで負け続けると対戦不可能になり、最初からそのヒロインを攻略し直す必要がある。 ゲームボーイカラーと互換性を持つ全てのゲームボーイシリーズでプレイできるが、以降の機種でプレイすると、一部の音声が出力されない互換性上の問題がある。 PlayStation Portable版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』 [ ] 3月9日発売のPSP版。 『ときめきメモリアル』シリーズ10周年を突破した事を記念して、1995年発売のPS版の完全移植版として発表された。 本作はあくまでもリメイク版ではなく 復刻版となっている。 1995年4月から始まるゲーム内の時間の流れ、それに伴って1990年代前半をベースとしている時代考証なども含めてPS版そのままの再現を目指している。 限定版は、コナミデジタルエンタテインメントの、の専売商品として2000件の受注が集まることを条件に商品化計画が発表されていた。 商品化判断予定日を延長して受注目標を達成し、商品化された。 PSP版ゲームソフト『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』(通常版と同一仕様)• 新作シナリオ収録ドラマCD• PSP用スクリーンフィルター(覗き見防止シート)• PSP用収納ポーチ• PSP用ストラップ テーマソング [ ] オープニングテーマ 『ときめき』:作詞 - SANOPPI、作曲 - 、歌 - PCエンジン版発売当初からの、1コーラスのみのバージョン。 『ときめきメモリアル対戦ぱずるだま』や『ときめきメモリアル対戦とっかえだま』ではイントロからAメロディ前の間奏までで、その後の間奏部分でヒロイン達によるタイトルコールが入るバージョンである。 『ときめきメモリアル対戦ぱずるだま』アーケード版はPCエンジン版のアレンジに近いが、PS版やSS版では『もっと! モット! ときめき』同じアレンジである。 また、アーケード版とPS版やSS版ではタイトルコール部分のアレンジが異なっている。 なお、この『対戦ぱずるだま』バージョンはアーケード版だけだがサントラ盤で聞ける。 実行委員会、作曲 - メタルユーキ、歌 - 金月真美 『ときめき』をベースに若干のアレンジと歌詞に2番・リフレインが追加されたバージョン。 発売のアルバム『CDドラマ ときめきメモリアル パート2 featuring 藤崎詩織』に収録されているものが初出であり、後に金月のファーストシングルとしてシングルカットされている。 ドラマシリーズのVoL. 2『彩のラブソング』とVol. 3『旅立ちの詩』と版では、のアレンジのバージョンが使われている。 後に発表される『』や『』、『』でも、'99(編曲 - )や2001(編曲 - )、OnlyLove(編曲 - )といった別アレンジバージョンが、、の歌唱でアレンジカバーされている。 『』ではメインヒロインの星川真希がナレーションを務めるオープニングムービーで、本曲のサビ部分がメロディとして流れている。 エンディングテーマ 『二人の時』:作詞 - ときめき作詞実行委員会、作曲 - メタルユーキ、歌 - 金月真美 「伝説の樹」の下で女の子から告白された場合のエンディング。 後にたっぴーアレンジによる『二人の時〜forever〜』が作られPlayStation版のゲームサントラに収められた後、ゲームサントラ収録版からオープニングとエンディングの歓声を省いたバージョンがシングル『もっと! モット! ときめき』のカップリングに収録される。 『もっと恋しよう』:作詞・作曲 - 、歌 - 金月真美 主人公からの告白が成功した場合のエンディング。 セガサターン版のみ。 『女々しい野郎どものテーマ』:作曲 - メタルユーキ PCエンジン版のバッドエンディングテーマ。 下記『女々しい野郎どもの詩』の原曲だが、キーが異なる。 『女々しい野郎どもの詩(うた)』:作詞 - 、作曲 - メタルユーキ、歌 - 上田祐司(現・) PlayStation版発売時に制作された同版以降のバッドエンディングテーマで、上記『女々しい野郎どものテーマ』に歌詞と主人公の友人である早乙女好雄役の上田祐司によるボーカルを加えたバージョン。 「めめやろ」の略称・通称がある。 セガサターン版では誰からも告白されなかった時に加え自ら告白して失敗した時のエンディングもこの曲となる。 なお、好雄に彼女を紹介されるイベントが発生した場合はインストゥルメンタルとなる。 後に、2番とリフレインを追加したバージョンがシングル発売されている。 『-対戦ぱずるだま』の最終戦で詩織(プレイヤーが詩織の場合は館林)、『-対戦とっかえだま』のときめきモード最終戦で伊集院に敗北した際のバッドエンディングでもこの曲が流れる。 ぱずるだまのSS版・PS版では、フルバージョンが使用されている。 挿入歌 『恋はほどほどに〜過ちを2度繰り返さないために』:作詞 - 大内正徳、作曲 - シタール妹尾、歌 - ゲーム内のデートでカラオケに行った時に発生するイベントで片桐彩子がフルコーラス歌う曲。 PlayStation版から登場した。 備考 金月のセカンドシングルになった『』は元々伝説の樹の下での女の子から告白シーンで使うために製作されたが、あるスタッフの「告白シーンに歌物はどうか?」と言う指摘からゲーム用のインストバージョンが作られた。 ドラマCDでは使われている。 反響 [ ] 発売された当時は、を含むが、ハードコアなゲームユーザーの多くから軽視されていたため、前評判は決して高いものではなかった。 だが、PCエンジン専門誌2誌でのレビューの高評価と、発売前にに投稿されたライター・のレビューが(主にNifty-Serveと)で話題となった。 その結果、PCエンジン末期のソフトとしては爆発的な人気を呼び、PCエンジン向けの会議室の書き込みが増えたことから急遽本作専用の会議室が作られるほどだった。 また、メインヒロインである藤崎詩織は、主人公に対する要求の高さから人気を呼び、「」と呼ばれることもあった。 売り上げ指標 [ ] 元々コナミは本作を重視しておらず生産量が少なかったことに加え、当時のゲーム流通の不備ゆえに売り切れが続発した。 その結果、価格が付くなどの騒動を巻き起こし、第4版まで再発売が繰り返された。 再発されるたびにの改善等の細かな修正が加えられていった。 本作は1996年までに110万本のセールスを記録した。 また、本作は各機種に移植され、累計で100万本以上を売り上げることでの世界にを定着させる大きな役割を果たした。 本作の関連商品におけるコナミの売上は100億円を突破し 、「キャラクター商品の売り上げが、ゲームソフト自体を上回った最初のもの」とされている。 批評 [ ] ライター・はNifty-Serveに投稿したレビューの中で本作を称賛しており、「高校生活を楽しんだ後にヒロインから告白を受けること」を主目的としている点が『』などと異なるとしている。 また、本作は雑誌『』にて2006年に実施されたビデオゲーム人気投票において23位を獲得している。 が発行した『アニソンマガジン』のゲームソングレビュー集のなかでライターの澄川龍一は、楽曲「二人の時」について音作りの精巧さを指摘し、重厚なコーラス・キラキラとしたの音で構成された「80年代王道のビッグ・サウンド」を特筆した。 金月真美による歌唱については「熱を比較的抑えたあどけないヴォーカルがたまらない」と評価した。 本作に関連する事件 [ ] 人気が高まった一方、本作に関連する問題や事件が発生した。 1996年、コナミは二次創作同人誌を再録した「美少女同人BOOKS2 ときめきALBUM」の出版元であるを提訴し、裁判所はの判断を下した。 同年、コナミは本作の改変データを収録したメモリーカードを販売した事業者に対して裁判所に提訴しており()、ゲームソフトが映画の著作物に該当するか否かが争点となった。 第一審で、コナミの主張は棄却された ものの、第二審ではコナミの主張は認められ 、最終的に2001年に最高裁判所が被告からの上告を棄却したことにより、コナミの勝訴となった。 また、1998年には本作をパロディしたアダルトアニメ『どぎまぎイマジネーション』の存在が週刊誌によって取り上げられたことにより、コナミに多数の苦情が寄せられた。 キャラクターのイメージの毀損を危惧したコナミは、アダルトビデオの制作元に販売差し止めと慰謝料支払いなどを求めに提訴した()。 裁判所はアニメの制作元に対しての侵害を認め 、販売差し止めと在庫・マスターテープの廃棄などを命じた。 派生したソフト [ ] ゲームソフト• ときめきメモリアル 対戦ぱずるだま(・・・)• ときめきメモリアル 対戦とっかえだま(PS・SS)• ときめきメモリアル 〜おしえてYour Heart〜(アーケード)• ときめきメモリアル ドラマシリーズ vol. 1 虹色の青春(PS・SS)• ときめきメモリアル ドラマシリーズ vol. 2 彩のラブソング(PS・SS)• ときめきメモリアル ドラマシリーズ vol. ときめきメモリアルタイピング(・ハイブリッド) ファンディスク• ときめきメモリアル プライベートコレクション(PS)• ときめきメモリアル Selection 藤崎詩織(PS・SS)• ときめきメモリアルSelectionの第2弾と推測される。 デスクトップアクセサリー• きらめき宝石箱(Win95・Mac)• うきうき弁当箱(Win95・Mac)• らくがき絵具箱(Win95・Mac)• どきどきびっくり箱(Win95)• ときめきメモリアルデスクトップアクセサリー 虹色の青春(Win95)• 家庭用にはまずPS・SS版がに発売され、その後Windowsに移植、1996年に発売された。 開発に当たったのはPS・SS版が、Windows版が。 ゲームシステムやルールなど『対戦ぱずるだま』そのものについての解説は、当該項目を参照のこと。 PS・SS版では、アーケード版での『対戦ぱずるだま』シリーズ第3弾となる『進め! 対戦ぱずるだま』の要素が追加された。 なお、オプション設定でオフにも出来る。 また、ステージ間のデモ画面やエンディングなどがフルボイスになるなどの主に演出面での家庭用ゲーム向けのアレンジが加えられた。 また、一部キャラクターのこうげきだまパターンも若干変更され操作性もアーケード版と微妙に異なる。 Windows版はPS・SS版とは別の開発チームが製作し、ゲームパッド対応やオプション機能などを除いては演出面なども含めて徹底的にアーケード版の忠実な再現を目指して開発された。 ただし、ゲームの処理速度にハードウェアへの依存性がある。 そのため発売された1996年当時のパソコンでは快適に動作したものでも10年経過した2006年時点での最新パソコンの場合、仮にOS上で動作したとしても著しく処理速度が上昇しプレイそのものが非常に困難な状況になる。 なお、PlayStation版はに廉価版「」として発売後、同バージョンを元にからで配信されている。 エンディングのスタッフロールにおいてエンディングテーマの「二人の時」の編曲者がたっぴーとクレジットされているが、彼がアレンジを担当した「二人の時〜Forever〜」ではたっぴーが生ドラムを演奏しているが、本作の物はドラムが打ち込みである事から本編のEDと同じ土師一雄アレンジの物である。 最も曲名自体が「二人の時〜Forever〜」と表記されている。 ときめきメモリアル 対戦とっかえだま [ ] ときめきメモリアル 対戦とっかえだま ジャンル 対応機種 [PS] [SS] 開発元 発売元 コナミ 人数 1人 - 2人 メディア 発売日 PS: SS:1997年 『対戦ぱずるだま』の派生作品として1997年に登場した。 前年に登場したアーケード版『』に続き、『とっかえだま』のコンシューマ第1弾となった作品。 開発は。 発売日はPS版が同年、SS版が同年。 「はねだま」と称するプレイヤーが自由に操作できる翼のついた輪を印象づけるべく、パッケージや説明書などのキャラクターにはのように背中に翼をつけた新バージョンのが描かれている(紐緒結奈のみ悪魔のような翼をつけている)。 ゲーム内には翼つきのちびキャラは登場しないがコスチュームはプレイモードや対戦時の場面設定によって・私服・の3種類が設定されている。 パッケージデザインの制服はPS版が冬服、SS版が夏服となっている。 ときめきモード - キャラクターごとに独自のストーリーが設定されていて、伊集院をラスボスとする6番勝負。 なお、伊集院戦に限りコンティニュー出来ず、敗北すると即バッドエンディングとなる。 きらめきモード - オリジナルのアーケード版『とっかえだま』と同じく、ストーリー無しでキャラクターと次々と対戦を行う。 難易度は3段階設定されている。 中級、上級レベルのラスボスは同じく伊集院だが、「ときめきモード」とは違い敗北してもコンティニューが出来る(バッドエンディングになる事も無い)。 上級レベルをクリアすると、クリアしたキャラクターの一枚絵が表示される(伊集院レイは除く)。 ひらめきモード - のように規定回数の操作で「全部消す」「規定数以上の連鎖を発生させる」「一括で何個消す」問題が計99問設定されている。 なおPS版、SS版で出題される問題はすべて異なる。 基本的なシステムやルールは『』の項目を参照。 ときめきメモリアル 〜おしえてYour heart〜 [ ] にリリースされた『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』のアーケード版。 ゲーム内容は本編のデートシーンをクローズアップしたものになっている。 サブタイトルの「おしえてYour heart」という名称どおり操作パネルの左側にはマウスほどの大きさでプレイヤーの発汗・心拍数を計測する「ときめきセンサー」が存在し、センサーの上に左手を載せてプレイする。 右手側のレバーとボタンでの操作によるゲーム内の選択肢に加え、ときめきセンサーの数値が好感度の上下に影響するためゲームのクリアのためには心拍数のコントロールが必要である。 プレイ終了時にはイベントのグラフィック(500種類以上)がカードとしてプリントアウトされ、コレクションアイテムとなっていた。 移植版は『ときめきメモリアル 〜おしえてYour heart〜』の移植版も収録されている。 ときめきセンサーはプレイヤーが自分でマウスを左右に動かすことで心拍数とするシステムとなっている。 Windows版はゲーム中の台詞を翻訳した上で台湾では「純愛手札 交給我你的心」のタイトルで発売された(華義国際発売)。 ときめきメモリアル ドラマシリーズ [ ] 本編の外伝的作品となるアドベンチャーゲームで、により製作総指揮の下で制作された。 1997年7月10日に『vol. 1 虹色の青春』、1998年3月26日に『vol. 2 彩のラブソング』、1999年4月1日に『vol. 3 旅立ちの詩』が発売された。 にから発売された。 製作会社は。 対応機種はPlayStation。 『ときめきメモリアル』のキャラクターイラストを担当した小倉雅史、音楽を担当したらPCエンジン版からのメンバーが中心となって制作された。 本編をクイズゲームとしてリメイクした作品で出演も藤崎詩織をはじめ本編と同じだが、脇役だった早乙女好雄もメインキャラクターに昇格して主人公との友情エンドが用意されている。 14人のキャラクターの中で1人でも感情が最高潮になっているキャラクターがいればそのキャラクターとのハッピーエンドが見られ、それ以外ではバッドエンドになるというルール。 各ステージごとに14人のキャラクターから1人を選んでパートナーにすることができ、わからない問題はパートナーに答えてもらうことができるというのも特徴である。 ただし、パートナーには得意科目・不得意科目があるので間違えることもある。 各ヒロインごとに異なる一定の条件を満たすと、ヒロインの髪型が変わる別バージョンのエンディングが見られる。 これは本作と小説版の挿画でしか見られない。 本作で全キャラクターとのエンディングを見た後で「きらめき高校校歌」を聴く事ができる。 同曲の合唱バージョンは本ゲームのオリジナルサントラCDに収録されている。 なお、からで配信されている。 ときめきメモリアル プライベートコレクション [ ] ときめきメモリアル プライベートコレクション ジャンル 対応機種 [PS] 開発元 発売元 コナミ 人数 1人 メディア [PS] 発売日 1996年に発売。 対応機種はPlayStation。 本作のキャラクターやイベントに関するクイズや占い、ゲーム雑誌に掲載されたイラストが収録された。 クイズで3問不正解すると外井のプライベートビーチ(スキンヘッドのマッチョな兄貴達)に招待される。 このプライベートビーチは5種類ある。 本作のメインヒロイン・藤崎詩織を単独フィーチャーしたファンディスク。 当時、バーチャルアイドル政策の一環として藤崎詩織名義で発表されたシングル2曲ののほか「」などのミニゲーム、ビジュアル集、台詞集などを収録。 デスクトップアクセサリー集 [ ] 1996年に、アクセサリー集Vol. 1『きらめき宝石箱』が版、版同時に販売され、同年にはVol. 2『うきうき弁当箱』、1997年にはVol. 3『らくがき絵具箱』、そして同年のにはVol. 4『どきどきびっくり箱』とリリースされた。 ただし『どきどきびっくり箱』はWin95版のみ。 収録されていたのは(Win95版:形式、Mac版:形式)、、各キャラクターのイラストやゲーム本編のワンシーンなど。 また『うきうき弁当箱』以降には各キャラクターのデスクトップマスコットと時計、カレンダーが、また『らくがき絵具箱』には本編の内容にちなんだのミニゲームが追加されていた。 また『どきどきびっくり箱』には後にコナミから発売される『』のプロローグ体験版や壁紙、マスコットなども収録されていた。 ただ「アクセサリー集」ではあったものの、の起動中はデスクトップのキャプチャー(ハードコピー)ができない構造になっていた。 『きらめき宝石箱』では起動中常時を「コピー禁止」の警告画像で書き換えている。 『うきうき弁当箱』以降の3作はPrintScreenキー押下によるハードコピー時のみクリップボードが「コピー禁止」の警告画像に書き換えられるように変更されている。 Windows版『〜forever with you〜』にも『きらめき宝石箱』と同様のクリップボード書き換えが実装されているが、これはクリップボードの内容を常時消去するものである。 ビーマニポケット ときめきメモリアル [ ] 『ときめきメモリアル』の曲で『』を遊ぶことができる。 ゲーム内の曲やイメージソングのインストアレンジが6曲収録されている。 同じ曲の難易度別バージョンがあるため、実際に遊べるステージは9種類となる。 パチスロ ときめきメモリアル [ ] 2009年11月に、コナミの子会社・より発売された機。 藤崎詩織・虹野沙希・館林見晴の3人が演出の中心になっており、3色のボーナス図柄にもそれぞれのキャラクターが描かれている。 出玉を増やす主な手段として、3人のうちいずれかのキャラクターとデートをする演出の「ときめきタイム」が設けられている。 ラジオ番組 [ ] 本作を題材に「 」としてに系で放送されたラジオ番組およびラジオドラマ、には「」の流れを汲む「」等の番組も放送された。 詳しくは「」および「」を参照。 OVA [ ] に『ときめきメモリアル Vol. 1』が、また同年には『Vol. 2』が発売され2000年には版が1・2同時にリリースされた。 アニメーション制作はスタジオぴえろ(現・)。 このOVA版(Vol. 1)において当時はまだ詳細が発表されていなかった『』の舞台・ひびきの高校の制服を着た女子生徒が背景の雑踏の中に存在しており、1999年8月の『2』制作発表時に話題となった。 OVA版はヒロイン側からの視点での描写が行われており、彼女たちの葛藤や友情が描かれている。 そのため、主人公は後ろ姿などでしか登場しない。 また、キャラクターデザインも大幅に変更された。 なおDVD-Video版だけの特典としてVol. 1には(館林見晴役)、Vol. 2には(藤崎詩織役)のインタビューが収録されている。 スタッフ [ ]• 原作:コナミ株式会社• 監督:• 脚本:• キャラクターデザイン:• 絵コンテ・演出:西澤晋• 作画監督:時矢義則• 美術監督:長﨑斉• 色彩設計:• 撮影監督:吉田光伸• 編集:松村正宏• 音響監督:• 音楽:林有三• アニメーション制作:• 製作:株式会社• 発売元:株式会社コナミミュージックエンタテインメント• 販売元:株式会社 キャラクターCD [ ] 本作に登場するキャラクターが現実世界で歌手デビューしたことも話題を集めた。 当時コナミでは藤崎詩織のことをと称しておりそのデビューシングル「教えてMr. Sky」は発売から1か月で10万枚 を売り上げ、「教えてMr. Sky」と初アルバム『My Sweet Valentine』は合計で約20万枚 を売り上げた。 また『My Sweet Valentine』は初登場9位を記録した。 藤崎詩織• シングル• 教えてMr. Sky(1996年12月5日)• 終わらないメモリー(1997年9月26日)• もう一度キスしよう(1998年3月4日)• Say Hello! 幸せのイメージ(1999年3月5日) - Vol. 3 主題歌• いっしょにいたいから(1999年11月3日)• アルバム• My Sweet Valentine(1997年2月14日)• Memories(1997年11月6日)• 風の扉(1999年4月2日)• forever with you(1999年12月3日) - ベストアルバム 詳細は「」を参照 館林見晴• シングル• もしも私が天使だったら(1997年11月21日)• アルバム• (1998年1月21日)• (1998年11月6日) 片桐彩子• シングル• Tomorrow(1998年4月24日) - Vol. 2 主題歌• アルバム• Message(1998年5月22日) 朝日奈夕子• アルバム• Hero(1998年9月4日) 早乙女好雄• アルバム• アルバム• (1999年1月22日) Go! 作曲 - 、編曲 -。 最初に収録された、副題のつかない『Go! パラメータ』は、虹野沙希役のが作詞した。 キャラクター本人のイメージと、パラメータ嗜好という本作ならではの要素を取り入れた歌詞となっている。 以後、同曲をアレンジして本人(を担当する声優)が作詞するのがキャラクターアルバムの恒例となった。 下記各キャラクターのバージョンがそれぞれのアルバムに収録されている。 なお、最後の2作は「Go! 」の表記が全て大文字になっている。 「Go! パラメータ」-『over the rainbow』• 「Go! パラメータ 〜Shiori〜」-『Memories』• 「Go! パラメータ 〜Miharu〜」-『Dream of you... 「Go! パラメータ 〜Ayako〜」-『Message』• 「Go! パラメータ 〜Yuko〜」-『Hero』• 「GO! パラメータ ver. 作詞のクレジットが菅原でなく虹野になっている。 「GO! パラメータ 〜Yukari〜」-『乙女想夢 -OTOME SOUMU-』 番外として藤崎詩織役の金月真美バージョン「Go! パラメータ 〜Mami〜」が、金月のアルバム『Touch and Go』の初回特典CDシングルに収録された。 他作品との関連 [ ]• PCエンジン版ときめきメモリアルのおまけゲーム「フォースギア」は、ときめきメモリアル本編とは関係の無いストーリーだが、の一作品となっている。 また、PS版のおまけSTG「スターダストシンフォニー」でフォースギアのアレンジBGMが使われている。 ときめきメモリアル(本編)のセーブデータの存在によって、隠しイベントが発生するものがある。 PlayStation版『』では、主人公(プレイヤー)のソリッド・スネークがサイコ・マンティスに心の中(メモリーカードの内容)を読まれ「ときメモ好き」であることを指摘され、版『』では「主人公(プレイヤー)ジョナサン・イングラムの出身高校に伝説の樹があった」「(ときめきメモリアルのセーブデータにおける主人公の)所属クラブに可愛い女子部員がいた」などの隠しメッセージが表示される。 ゲームボーイ用ソフト『』では、された本作のキャラクターが収録タイトルの解説や操作説明を行う。 スーパーファミコン・PlayStation・セガサターン用『』には、本作の舞台・きらめき高校やその世界観をモチーフにしたステージが存在する。 PlayStation・セガサターン版ではある条件を満たすことによって、当該ステージのBGMが本作のヒロイン・藤崎詩織を演じた金月がボーカルを務めるバージョンに変化する。 またPlayStation・セガサターン版のサブタイトル「forever with me」は、本作の同機種版サブタイトル「forever with you」のパロディである。 なお、このボーカルバージョンは「実況おしゃべりパロディウス」のサウンドトラックのほかに金月のアルバム『Touch and Go』の初回特典CDシングルにも収録されていた。 のSFC版「」にて、未来の江戸の大江戸ツーリストの受付として藤崎しおりが出演。 また、ニンテンドウ64版「でろでろ道中」のヤエの隠しコスチュームにきらめき高校のセーラー服をモデルとした「きらめきの服」がラインナップされている• 『』シリーズのの初期のコンセプトが本作の野球版だった。 ではきらめき高校が地方大会の対戦相手として登場し、では伝説の樹も登場する。 のサクセスシナリオ、『五竜郭高校』に本作の伝説の樹とほぼ一緒の伝説を持つ樹が登場した。 』に、CPU専用の隠しボスとして藤崎詩織がゲスト出演している。 対戦ぱずるだま』にも同じく登場し、プレイヤーも使用可能となった。 ニンテンドーDS用パズルゲーム『』『スーパースクリブルノーツ』では、日本語版限定の追加要素として、ノートに「しおり」と書くとアイテムとして藤崎詩織が登場する。 同作では同様に『』の高嶺愛花なども出演している。 脚注 [ ] []• 114-115• ねとらぼ. ITMedia 2019年7月12日. 2019年8月17日閲覧。 コナミデジタルエンタテインメント 2017年9月15日. 2017年9月17日閲覧。 Sting 2002年10月3日. 2002年10月3日時点のよりアーカイブ。 2019年8月17日閲覧。 416. , p. , p. ファミ通. エンターブレイン 2019年8月15日. 2019年8月17日閲覧。 編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。 p115• MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 、20ページから21ページ• p100-101• 2019年8月17日閲覧。 The New York Times The New York Times Company. 1996年11月25日. の2018年1月29日時点におけるアーカイブ。 2018年5月30日閲覧。 マーチャンダイジングライツレポート9月号 [ ]。 マーチャンダイジングライツレポート1998年12月号 [ ]。 2010年5月24日. 2019年5月26日時点のよりアーカイブ。 2019年8月17日閲覧。 Next-gen. biz 2006年3月3日. 2011年6月17日閲覧。 5、洋泉社、2008年7月10日、 88頁。 『漫画同人誌エトセトラ'82〜'98 : 状況論とレビューで読むおたく史』久保書店、2004年、318頁。 西村マリ『アニパロとヤオイ』太田出版、2002年、59頁。 『勝手に使うな! 知的所有権のトンデモ話』、2001年、94頁。 : p. 1998年7月11日• 作花文雄「ゲーム登場人物の図柄のアニメ利用--ときめきメモリアル・アダルトアニメ映画化事件」『別冊ジュリスト』第157号、、2001年5月、 154-155頁、。 (『著作権』第3版)• 『』1997年1月30日付 大阪朝刊• 『』1997年5月9日付 夕刊 参考文献 [ ]• 『ときめきメモリアル 〜forever with you〜 想い出の卒業アルバム』アスペクト、1996年2月14日。 『我が青春の『ときめきメモリアル』ヒロインズ』947、宝島社〈別冊宝島〉、2004年2月6日。 『ときめきメモリアル 10th ANNIVERSARY』コナミ、2005年7月7日。 『ユーゲーDX STAGE 6』マイクロマガジン社、2008年4月4日。 関連項目 [ ]• PCエンジン版『ときめきメモリアル』の予告編が入っている。 ムービー化したものが『ときめきメモリアル』の10周年特設ページにてダウンロードできた。 『ときめきメモリアル』のその後かもしれない世界を舞台にしたオリジナルラジオドラマ。 本作中にも使用できる箇所がある。 またコマンド入力以外でも主人公の名前・あだ名の入力の際に対応する文字を入力することにより効果が得られる。 コナミの公式グッズショップ。 本作の人気絶頂期に登場しており、主力グッズも本作や『2』のものが多い。 『どきどきびっくり箱』のスタッフが開発した恋愛シミュレーションゲーム。 本作の制作者の一人が制作に関わっている。 本作PCE版の製作者の一人が製作に関わっている。 本作の人気絶頂期に開業したの駅。 1999年にとなり、現在は旧駅近隣にの「ときめき」バス停が設けられている。 の開発した「ときめきタウン黒埼」の最寄り駅だった。 なお、福田組は近くに「きらめきタウン小新」も開発している。 女子プロレスラー。 同名の得意技の名の由来となっている(相手の唇を無理矢理奪う。 相手がときめいている時に丸め込んで勝つのが常套パターン。 発売元がKDEI(コナミデジタルエンタテインメント北米法人)であり、また開発元の制作者が「コナミの『ときめきメモリアル』を元にして作った」と発言していることから「北米版『ときめきメモリアル』」の俗称がある。 1996年に成人向け『ときめきALBUM』を出したところコナミ側がいわゆる侵害として抗議し、翌に三和側が謝罪広告を出すまでになった。 なお、1998年にはからコナミ公認のアンソロジーコミックが発売されている。 のの冠番組。 有野の結婚直後に有野結婚記念の寿企画として急遽、本作に変更された(本来は『』の挑戦だった)。 『ときめきメモリアル』のヒロイン「藤崎詩織(誕生日と血液型は妻のと同じになっている)とのエンディングを見る」を目標に挑戦した。 途中、片桐彩子らに心奪われていたが目標である藤崎詩織のエンディングを見ることに成功した。 脚注(関連項目) [ ].

次の

ゲームセンターCXの「ときめきメモリアル」はどうしてDVD化されないのでし...

ゲームセンターcx ときめきメモリアル

キミはゲームセンターCXという番組を知っているだろうか? 芸人であるよゐこ有野晋哉さんが、レトロゲームのエンディングを目指して奮闘する、CSのテレビ番組だ。 キミだけでなく、知らない人の大抵の感想は、 「そんなの面白いの?」 というもの。 実際私もそう思っていた。 しかしこの番組は、なんとも中毒性がある。 そういう人は意外と多いようで、2003年にスタートしたこの番組は、有料プログラムであるにも関わらず2018年現在も人気を維持しながら続いている。 今回は「有野課長が輝きすぎた!ゲームセンターCXの伝説回TOP10」と題し、個人的に伝説回だと思ったゲームセンターCXのタイトルをご紹介していく。 ゲームセンターCX15周年記念となる、幕張メッセでの有野の生挑戦を観戦したきた時の模様は、こちらの記事にまとめている。 「たけしの挑戦状」への「挑戦」がすべての始まり ゲームセンターCXで現在メインとなっているのは、 「有野の挑戦」。 これは冒頭ご紹介したとおり、有野さんがレトロゲームのエンディングを目指してひたすら奮闘するコーナーだ。 レトロゲームのジャンルは実に様々で、ファミコンはもちろんのこと、ゲームボーイやPCエンジン、メガドライブやアーケードゲームなどなど。 そして2015年からは初代プレイステーションや、セガサターンなどの次世代機が解禁になった。 「レトロゲーム?」と思ってしまうが、プレイステーションもサターンも発売は1994年なので20年以上前。 私も年をとるわけだ・・・。 それはさておきこの有野の挑戦。 そもそもは第1回放送で、 伝説のクソゲーと呼ばれた「たけしの挑戦状」に有野さんが挑戦したことからすべては始まった。 当初はゲームクリエイターへのインタビューがメインだったが、有野さんの挑戦が思いの外ウケ、 第2シーズンからは「有野の挑戦」がメインになり、それが今も続いている。 有野晋哉ではなく、有野課長 ゲームセンターCXでは、芸人のよゐこ有野晋哉さんではなく、 ゲームセンターCX興業の有野課長という設定になっている。 番組開始当初は主任だったが、功績が認められて課長代理になり、課長に昇進した。 課長への昇進は結構早い段階だが、「課長」というフレーズがハマりすぎたせいか、活躍はしているもののその後まったく昇進はなく、 万年課長に落ち着いている。 相方は 「エグゼクティブ・ディレクター」なんていう大層な役職をもらっているのに、なんとも不憫な感じだ。 ただ私はやはり、有野課長が大好きだ。 どれだけキツくても、長い時間になっても続ける根性。 何とも言えない、ねっとりしたぬるいボケやツッコミ。 そして、 時折起こす奇跡。 有野課長でしかゲームセンターCXという番組はあり得なかったし、他の芸人にはマネができないと思う。 そして ゲームセンターCXは、ゲーム実況チャンネルのはしりとも言えるだろう。 実際、ゲーム実況で有名な人との共演もあった。 年を重ねて、今はメガネをかけてプレーしてはいるが、個人的にはできる限り続けて欲しいと願っている。 ゲームセンターCXの伝説回ランキングTOP10 そんなゲームセンターCXの中で、個人的に伝説回だと思うものを、独断と偏見でランク付けしていこうと思う。 知らないゲームも多々あると思うが、食わず嫌いにならずに見てみて欲しい。 ゲームセンターCXの伝説回:第10位 子育てクイズマイエンジェル 個人的にこのゲームに大ハマリした経験があり、思い入れもあって選んだ。 アーケードゲームとして人気を博した後に、プレイステーションに移植されたクイズゲーム。 クイズに答えながら選択肢を選び、子供を育てていくという異色作。 ゲームセンターCXスタッフと有野課長の団結力が伺える。 そして、 課長の子育て論にも注目だ。 ゲームセンターCXの伝説回:第9位 最後の忍道 これも個人的な話だが、近くの駄菓子屋にこのゲームがあり、アホみたいに何度もやっていた。 しかし、クリアした記憶はない。。。 アーケードからPCエンジンに移植された作品だが、これもメジャーとは言い難いかもしれない。 ただこの回を選んだのは、個人的な理由だけではない。 詳しくは動画をチェックして欲しい。 ゲームセンターCXの伝説回:第8位 かまいたちの夜 サウンドノベルというジャンルを確立した、チュンソフトの名作である。 私は中学の頃にこれをやって、トラウマになりかけた。 中途半端で終わらせられずに全てのエンディングをチェックして、ピンクのしおりまで出したのも、今となっては懐かしい思い出。 キミがやったことがあるならもちろん、そうでなくても 課長の名推理にニヤニヤすることは受け合いだ。 ゲームセンターCXの伝説回:第7位 ときめきメモリアル 社会現象にもなったときめきメモリアル。 私もご多分に漏れず、ハマった。 有野課長の結婚記念として企画されたこの回。 メインヒロインである、藤崎詩織の攻略を目指す。 ゲームセンターCXの伝説回:第6位 コナミワイワイワールド コナミの名物キャラが総出演したこのゲーム。 ワクワクはしたが、難易度はかなり高かった。 子供の頃はクリアできなかったが、私は放送を見て再度挑戦し、見事クリアできた。。。 というのは余談である。 一人であっても、ワイワイガヤガヤしながら見てほしい。 ゲームセンターCXの伝説回:第5位 風来のシレン サウンドノベル以外の、チュンソフトの名物ソフトとも言える風来のシレン。 毎回ダンジョンの構造が変わるという斬新さが話題を呼び、中毒者を増やした。 この放送では、 課長の伝説の「がっかりプレイ」が見られる。 とくとご覧あれ。 ゲームセンターCXの伝説回:第4位 キャプテン翼 おそらく誰もが名前は知ってるはず。 日本サッカーの発展に大きく寄与しただけでなく、 デル・ピエーロやメッシなど、海外の有名サッカー選手もハマったというキャプテン翼。 そのゲーム内容は、サッカーにも関わらずコマンド式のシミュレーションという非常に画期的なシステムだったが、多くの人の記憶に残った。 私もそれにハマった一人ではある。 前編 後編 ゲームセンターCXの伝説回:第3位 ビックリマンワールド キミもシールを集めた経験はあるだろうが、おそらくゲームはやっていないんじゃないだろうか。 それもそのはず、この「ビックリマンワールド」はPCエンジンで発売された。 かといって決してテキトーなゲームではなく、「ワンダーボーイ モンスターランド」というアーケードゲームが基になっているので、ゲームとしての完成度も高い。 この回は、 有野課長の優しさが心に染み渡る。 そして、最後には・・・。 ゲームセンターCXの伝説回:第2位 スーパーマリオワールド おそらくこれは、キミもプレーしたことがあるんじゃないだろうか。 任天堂の、スーパーファミコン第一弾となった大ヒットゲームである。 ファミコンとはまったく違うグラフィックや動きに感動したことをよく覚えている。 しかし、エンディングを見たかというと少し曖昧である。 「あるある」と思い出しながら見てみて欲しい。 ゲームセンターCXの伝説回:第1位 プリンス・オブ・ペルシャ 私がゲームセンターCXにハマるきっかけになったのは、この回だった。 プリンス・オブ・ペルシャというゲームをやったことはないし、これを見てやる勇気もない。 操作性や謎解きの難しさだけじゃなく、時間制限もあるので、相当難易度は高いんじゃないかと。 実際有野課長も相当苦労しており、おそらく挑戦の時間としては最長。 でも、笑って茶化しながらも 「どうしてもエンディングが見たい」という強い思いを主張したことと、そのひたむきさに胸打たれた。 色々書きたいがネタバレになるので、詳しくは本編をチェックして欲しい。 まとめ いかがだっただろうか? 「ゲームセンターCXの伝説回TOP10」として、下記のランキングをご紹介した。 第10位 子育てクイズマイエンジェル 第9位 最後の忍道 第8位 かまいたちの夜 第7位 ときめきメモリアル 第6位 コナミワイワイワールド 第5位 風来のシレン 第4位 キャプテン翼 第3位 ビックリマンワールド 第2位 スーパーマリオワールド 第1位 プリンス・オブ・ペルシャ 興味があるなら、1つでも見て欲しい。 この記事を読んだキミにオススメ.

次の

ゲームセンターCXの放送内容

ゲームセンターcx ときめきメモリアル

また、商品不具合による返品や返金につきましてもAmazonカスタマーセンターによって対応させて頂きます。 万が一不具合等ございましたら、評価をされる前に当店までご連絡いただけますと幸いです。 誠心誠意対応をさせていただきますのでよろしくお願いします。 内容紹介 クリア困難な伝説のゲームの数々に有野課長が果敢に挑む、CS放送フジテレビONEで話題沸騰の究極バラエティ番組「ゲームセンターCX」が10周年を迎えますます絶好調! DVD第10弾も特別仕様で登場! DISC1 Vol. 3種類のうち1枚をランダムに封入します。 DVD-BOXに封入される他、サントラCD、武道館イベント、3DSゲーム、ザ・ムービーの5大プロジェクトにそれぞれ各3種がランダムに封入されるので全15種類のトレカを収集することが可能! GCCX10周年記念5大プロジェクトの実施にあたり、ファンへの感謝を込めて、抽選で当たる『333人プレゼントキャンペーン! 』を実施します。 応募は商品封入の応募ハガキよりお申し込みいただけます。 予めご了承ください。 内容(「キネマ旬報社」データベースより) レトロゲームをフィーチャーしたバラエティ番組「ゲームセンターCX」のBOX第10弾。 よゐこの有野晋哉が往年のファミコンゲームの全面クリアに挑戦する人気コーナー「有野の挑戦」を中心に、昔懐かしい名作ソフトの面白さを徹底的に紹介する。 BOX10はアクション、レース、シューティング、シミュレーション、アドベンチャー、パズルの6ジャンルのゲームが計9本収録されています。 同じジャンルのゲームが続く場合どうしても観ていて飽きが来てしまうものですが、このBOX10は同じジャンルのゲームが続くことはなく収録順もよく考えられていると思います。 カービィボウルとPC原人はジャンルは同じアクションですが全く違うゲーム性なので続けて観ても楽しめます。 さらに歴代AD陣がほとんど登場するのでファンとしては嬉しいです。 (登場しない高橋さんの活躍はアウターワールド以外はDVDで観ることができます。 ) そういった面で満足度はかなり高いのですが、 あえて不満点を挙げるとすればVol. 19が3丁目の有野のCMから始まるのでこれはセル版には要らなかった気がします。 スキップもメニュー画面移行もできないので早送りするしかなくてちょっと面倒でした。 あと、特典映像のプーヤンは画面がほとんど変わらないので観ていて退屈でした。 BOX9の特典映像のスペランカーは面白かったので、特典にも当たり外れがあるなと思いました。 同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。 window. AmazonUIPageJS? AmazonUIPageJS : P. when 'A'. ssl-images-amazon. js,61H1IaE3QbL. js,212PEt8u8bL. js,012FVc3131L. js,11KoZmq92cL. js,51TNaPzHULL. js,11AHlQhPRjL. js,01-Ag-OPDsL. js,11gNJaXKMSL. js,11p81T3qWFL. js,21ssiLNIZvL. js,0190vxtlzcL. js,61YI5JehKmL. js,01ezj5Rkz1L. js,11EemQQsS-L. js,31pOTH2ZMRL. js,01rpauTep4L. js,01iyxuSGj4L. js,01CRyJpOGrL. ssl-images-amazon. css,019tf1maCwL. css,01HEsUOLYvL. css,410iOIpxjqL. css,11rkuLsEFQL. css,01ElnPiDxWL. css,11kR7aY29CL. css,01gtsdRETQL. css,01IdKcBuAdL. css,01RgENaJKWL. css,01Q48KXvqCL. css,41mrYtlcZrL. css,01gHtvD-BhL. css,51GbKO6RQzL. css,21VGMbCbf7L. css,11BHZ0bWckL. css,0117I5qmNpL. css,01Anldd5yQL. css,21R-IHth0oL. css,01O8SHk5fgL. css,21Upd-ZcZBL. css,11X17kCPZNL. css,01IZMVtllgL. css,11OIOt1XidL. css,011W31jTTCL. css,01eaBDnVntL. css,31rwK42HApL. css,01EqjcrG3VL. css,11YBKEDeqQL. css,01cbS3UK11L. css,21kZwnjgOSL. css,0116OOHSwvL. css? trident' ; A. preload '.

次の