糸魚川 ジオパーク。 糸魚川ジオパーク検定は糸魚川を愛する人を増やすために実施されているご当地検定

糸魚川ジオパーク大断層(糸魚川-静岡構造線)見学地

糸魚川 ジオパーク

次回の試験日は《2020年11月8日 予想 》です。 残り 132日です。 糸魚川ジオパーク検定は、ジオパークの理解者を育てることを目的とし、糸魚川を愛し楽しむ人がひとりでも多くなることを願い2009年より実施されているです。 レベルは、初級・上級・達人級が用意されており、初級は誰でも挑戦することができます。 達人級に合格すれば、糸魚川を自分のものにしたのと同じかもしれませんね。 3点】という結果になっています。 この結果だけをみると、 難易度はそう高くないと思われますので、公式テキスト「糸魚川世界ジオパークのことがわかる本」の内容をしっかり学習しましょう。 また、検定合格へ向けて、問題の傾向やテキストブックに掲載されていない糸魚川ジオパーク情報などが学べる 無料セミナーが開催されていますので、時間が合う人は参加し合格点を目指しましょう。 地質や文化・歴史を感じることができる場所が『ジオサイト』と言われており、糸魚川には24箇所存在しますので、上級、達人級に臨む人は、改めて訪れるのもいいかもしれません。 また、東京大学庭師倶部楽主催の「糸魚川ジオパークカレッジ」が、一年を通して学習ができるスケジュールになっています。 興味のある人は参加することでより多くのジオパークが学べるのではないでしょうか。 市内の保育園、幼稚園、小学校、中学校では、毎月第一水曜日は「ジオ給食の日」とされおり、糸魚川の地元産食材を使った給食です。 児童生徒へのジオパーク学習と地産地消の推進を目的とされており、子どもにも検定に興味をもってもらえるかもしれません。 2018年4月現在、世界38カ国、140地域にユネスコ世界ジオパークがあり、そのうち9地域が日本にあります。 糸魚川がそのひとつであり、ユネスコ世界ジオパークに認定されるには厳しい審査を受け、認定された後も4年に一度の再審査があり取り消しをされることもあります。 ジオパークの「ジオGeo」は【地球・大地】と「パーク Park」【公園】とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味します。 地球を学び、丸ごと楽しむことができる場所と言われています。 この楽しむことができる場所を保護し世界のみんなの手で守り伝えなければならないのです。 ですので、この検定は地球の未来を守るための検定であるとも言えるのではないでしょうか。 受験資格 受験制限は特にありません。 誰でも受験可能です。 但し、上級は初級合格者、達人級は上級合格者に限ります。 レベル 初級、上級、達人級の3段階で実施されています。 試験内容 糸魚川ユネスコ世界ジオパークを題材にした、ジオパークの基本的知識、歴史、地理などが問われる内容になっています。 3 者択一式、穴埋め式、小論文形式、試験時間は13:30~15:15です。 試験科目 各級それぞれ以下の範囲から出題されます。 初級:公式テキストブックから 70 %程度出題 3 者択一式 100 問出題されます。 上級:公式テキストブックから 50 %程度出題 3 者択一式、穴埋め式で 80 問出題されます。 達人級:穴埋め式、記述式 40 問のほか、小論文( 400 文字程度)2 問を出題されます。 合格基準 合格基準は各級それぞれ以下のようになっています。 初級:100点満点で70点以上を合格です。 上級:100点満点で70点以上を合格です。 達人級:100点満点で80点以上を合格です。 申込み期間 例年、9月から10月くらいまで受付されています。 試験日 例年、11月第2日曜日くらいに実施されています。 試験日は1年に1 回です。 試験地 以下の試験地で実施されています。 糸魚川会場(初級・上級・達人級)《ヒスイ王国館》• 能生会場(初級)《能生生涯学習センター》• 青海会場(初級)《青海生涯学習センター》• 新潟会場(初級)《新潟大学 総合研究棟(物質生産系)161教室》• 会場は毎年変わる場合があります。 合格発表日 試験日より約1ヶ月以内に、糸魚川市役所 1 階ロビー、糸魚川商工会議所、ホームページなどで発表されます。 併せて合格者には合格証を送付されます。 受験料 各級それぞれ以下の受験料が必要です。 初級:大人(高校生以上):1,080 円 子ども(中学生以下):540 円• 上級:大人(高校生以上):2,160 円 子ども(中学生以下):1,080 円• 達人級: 3,240 円 問合せ先 糸魚川ジオパーク検定事務局(糸魚川市役所ジオパーク推進室内) 〒941-8501 新潟県糸魚川市一の宮1-2-5 TEL:025-552-1225 参照:.

次の

【糸魚川】観光PRパンフレット ~まずはココ!厳選 糸魚川ジオパーク~

糸魚川 ジオパーク

次回の試験日は《2020年11月8日 予想 》です。 残り 132日です。 糸魚川ジオパーク検定は、ジオパークの理解者を育てることを目的とし、糸魚川を愛し楽しむ人がひとりでも多くなることを願い2009年より実施されているです。 レベルは、初級・上級・達人級が用意されており、初級は誰でも挑戦することができます。 達人級に合格すれば、糸魚川を自分のものにしたのと同じかもしれませんね。 3点】という結果になっています。 この結果だけをみると、 難易度はそう高くないと思われますので、公式テキスト「糸魚川世界ジオパークのことがわかる本」の内容をしっかり学習しましょう。 また、検定合格へ向けて、問題の傾向やテキストブックに掲載されていない糸魚川ジオパーク情報などが学べる 無料セミナーが開催されていますので、時間が合う人は参加し合格点を目指しましょう。 地質や文化・歴史を感じることができる場所が『ジオサイト』と言われており、糸魚川には24箇所存在しますので、上級、達人級に臨む人は、改めて訪れるのもいいかもしれません。 また、東京大学庭師倶部楽主催の「糸魚川ジオパークカレッジ」が、一年を通して学習ができるスケジュールになっています。 興味のある人は参加することでより多くのジオパークが学べるのではないでしょうか。 市内の保育園、幼稚園、小学校、中学校では、毎月第一水曜日は「ジオ給食の日」とされおり、糸魚川の地元産食材を使った給食です。 児童生徒へのジオパーク学習と地産地消の推進を目的とされており、子どもにも検定に興味をもってもらえるかもしれません。 2018年4月現在、世界38カ国、140地域にユネスコ世界ジオパークがあり、そのうち9地域が日本にあります。 糸魚川がそのひとつであり、ユネスコ世界ジオパークに認定されるには厳しい審査を受け、認定された後も4年に一度の再審査があり取り消しをされることもあります。 ジオパークの「ジオGeo」は【地球・大地】と「パーク Park」【公園】とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味します。 地球を学び、丸ごと楽しむことができる場所と言われています。 この楽しむことができる場所を保護し世界のみんなの手で守り伝えなければならないのです。 ですので、この検定は地球の未来を守るための検定であるとも言えるのではないでしょうか。 受験資格 受験制限は特にありません。 誰でも受験可能です。 但し、上級は初級合格者、達人級は上級合格者に限ります。 レベル 初級、上級、達人級の3段階で実施されています。 試験内容 糸魚川ユネスコ世界ジオパークを題材にした、ジオパークの基本的知識、歴史、地理などが問われる内容になっています。 3 者択一式、穴埋め式、小論文形式、試験時間は13:30~15:15です。 試験科目 各級それぞれ以下の範囲から出題されます。 初級:公式テキストブックから 70 %程度出題 3 者択一式 100 問出題されます。 上級:公式テキストブックから 50 %程度出題 3 者択一式、穴埋め式で 80 問出題されます。 達人級:穴埋め式、記述式 40 問のほか、小論文( 400 文字程度)2 問を出題されます。 合格基準 合格基準は各級それぞれ以下のようになっています。 初級:100点満点で70点以上を合格です。 上級:100点満点で70点以上を合格です。 達人級:100点満点で80点以上を合格です。 申込み期間 例年、9月から10月くらいまで受付されています。 試験日 例年、11月第2日曜日くらいに実施されています。 試験日は1年に1 回です。 試験地 以下の試験地で実施されています。 糸魚川会場(初級・上級・達人級)《ヒスイ王国館》• 能生会場(初級)《能生生涯学習センター》• 青海会場(初級)《青海生涯学習センター》• 新潟会場(初級)《新潟大学 総合研究棟(物質生産系)161教室》• 会場は毎年変わる場合があります。 合格発表日 試験日より約1ヶ月以内に、糸魚川市役所 1 階ロビー、糸魚川商工会議所、ホームページなどで発表されます。 併せて合格者には合格証を送付されます。 受験料 各級それぞれ以下の受験料が必要です。 初級:大人(高校生以上):1,080 円 子ども(中学生以下):540 円• 上級:大人(高校生以上):2,160 円 子ども(中学生以下):1,080 円• 達人級: 3,240 円 問合せ先 糸魚川ジオパーク検定事務局(糸魚川市役所ジオパーク推進室内) 〒941-8501 新潟県糸魚川市一の宮1-2-5 TEL:025-552-1225 参照:.

次の

糸魚川ジオパーク絶景めぐり「小滝川ヒスイ峡」と「高浪の池」

糸魚川 ジオパーク

抄録 Geopark is a beneficial tool for regional development that makes use of characteristic natural and cultural resources, such as landform, rocks, animals, and plants, as well as human history, culture, and traditions in an area. Geopark as a system includes promoting regional development based on integrating three fundamental elements of geopark activity, i. , conservation, education, and geotourism. Itoigawa Geopark was designated a member of the Global Geopark Network with assistance from UNESCO on 22 August 2009. Itoigawa is a small city with a population of about 48,000 located on the coast of the Japan Sea close to mountains. Following its recognition, the citizens of Itoigawa became aware of the international excellence of the nature and culture of the city and developed pride in their hometown. Consequently, work began to construct a new community by promoting the region based on the geopark system. The awareness of the citizens generated the spontaneous ideas and actions needed to construct a comfortable life with good health, education, and economy in the city. Local governments, such as those of cities, towns, and villages, especially in rural areas, have been looking for ways to promote their regions because of Japan's weak economy over the past twenty years. The geopark is expected to be a useful tool for achieving significant regional development in rural areas.

次の