ラッド ミュージシャン。 あぱれる速報 : ラッドミュージシャンで服買うやつwwwwwwwwww

ラッドミュージシャン買取|【エコスタイル】

ラッド ミュージシャン

コメント一覧 20• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 14:53• ラッドは未だにキュンキュンさせてくれる服をたまに出す ドメだからって差別するのイクナイ• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 15:16• ホワイトマウンテニアリングのワイ沈黙• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 16:15• 最近はヘルムートラングデザインの服がユニクロで買えるぞ。 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 16:21• ファクトタムはまだまだ現役だろ• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 16:24• TRICK OR TREATのわい、低みの見物• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 16:48• やっぱりファクトタムだろうね• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 17:16• こないだラッドでチェスター買ったけどシルエットアタとかよりきれいだったゾ 去年ほど長くなかったし• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 17:33• ファクトタムだろうね• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 17:54• ラウンジからファクトタム、アタッチメントにラッドと無理してセールで買い漁ってたな ラッドミュージシャンがぴちぴちの細身ってイメージは無い• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 18:03• いう程ピチピチじゃないよな。 寧ろ早いうちからルーズよりにシフトしていった方だと思うけど。 08〜07辺りのN-2BとN-3Bは未だに現役だわ。 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 19:31• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 19:41• インポートかファストファッションのワイ低みの見物• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月06日 23:08• markawareのワイ太っても大丈夫と余裕の見物• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月07日 10:21• オワコン感より 自分の好みが変わっただけだろ• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月07日 13:07• 家賃抜いた9万の仕送りで生活してる大学生だけど5万で食費3ヶ月とかすげーな 晩飯だけでも月3万かかってるわ• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月08日 01:52• 癖ありすぎて社会人になったら着れたもんじゃない ウンジリ、アタ、ファクトタムあたりで十分• 名無しのあぱ速さん• 2014年10月10日 02:45• ラッド好きでよく買うが何故だかいつもラッドで固めたコーディネートになってしまう ディオールとかサンローランなんかないと合いそうで合わない気がしてしまう• 名無しのあぱ速さん• 2014年11月17日 17:38• 時々ブランドの格付けしてるやつがいるけど なんでいつもあんな的はずれな書き込みを ドヤ顔で出来るのか理解に苦しむ 脳の恥を感じる部分が壊れてるのかな• 名無しのあぱ速さん• 2015年02月25日 23:22• ラッドって馬鹿にされること多いけどなんとなく寄ったら欲しいのが一つはあるなぁ 特にスラックス類はすごく良いと思う 買ったことないけど• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月28日 23:13• ラッド安いし好きだけどなぁ まあ人それぞれだし。

次の

ラッドミュージシャン 通販&店舗情報

ラッド ミュージシャン

ラッド ミュージシャン LAD MUSICIAN は、日本のメンズファッションブランド。 デザイナーは黒田雄一が務める。 基本コンセプトは「音楽と洋服の融合」であり、音から得た不可視のインスピレーションを洋服という有形のものへと落とし込んでいる。 最高級のウールギャバをはじめとする上品な生地感、端正で直線的なラインで作られるジャケットやスラックスを筆頭に、ロックムードを漂わせつつもミニマルかつモードなコレクションを展開。 細身で洗練されたシルエットは、それ自身音楽的な響きを湛えながらも、あくまで着用した際の着心地の良さという身体感覚に基盤を置いている。 あるいはオーバーなサイズ感のアイテムでも、生地のハリないしドレープ、スリーブの計算された量感ゆえにルーズな印象は払拭され、冷ややかかつモードな雰囲気へと昇華されている。 過去には、「ヴァンパイア」 2010年秋冬 や「ドリアン・グレイ」 2011年春夏 に見られるようにインパクトあるテーマを掲げたコレクションを発表してきた。 しかし1つのテーマに沿ってコレクションを作り込むことに疑問を覚え、2011年秋冬シーズンにはブランドの根底にある「MINIMAL ART ROCK」という3つのワードをもとに、素材や質感、デザインのブラッシュアップに重きを置いた製作を行う。 以後、音楽のみならず、フランスの批評家ロラン・バルトの『美術論集』といった書物 2018年春夏 や東洋・西洋哲学 2019年秋冬 などに着想を得て、コンセプチュアルに響くテーマを独自のミニマルなスタイルへと転化しているようである。 カラーリングはブラックやホワイト、グレーを中心に、シーズンによってはダークグリーンやグレーのかかったパープルなど、いずれも暗く落ち着いたトーンで構成される。 その一方で、スーツやシャツ、カットソーに描かれる、毒気を含んだように色鮮やかな花柄もまた大きな特徴。 また、サイ・トゥオンブリーやアンディ・ウォーホルといった美術家に着想を得たものをはじめ、アーティスティックなグラフィックも印象的である。 2020年現在、東京には代官山、原宿、新宿、渋谷の4店舗、名古屋・栄、大阪・梅田の計6カ所に直営店を構える。 ラッド ミュージシャンの沿革・歴史 1995年、黒田雄一によりラッド ミュージシャン設立。 1998年、東京・代官山に初の直営店をオープン。 2005年、ギターメーカーのフェンダーユーエスエー FENDER U. A とコラボレーション。 以後継続的にタッグを組む。 2009年、旗艦店3店目となる新宿店をオープン。 なお、このシーズンでは、デビュー以来続けてきたショーやインスタレーションでのコレクション発表に代わり、映像や音楽と合わせてライブで発信するという新しい表現を企画していたものの、3月の震災の影響のため見送りとなった。 2011年、国内6店目となる渋谷店をオープン。 2012年秋冬シーズン、コレクションの映像をライブ配信。 ラッド ミュージシャンのデザイナープロフィール.

次の

あぱれる速報 : ラッドミュージシャンで服買うやつwwwwwwwwww

ラッド ミュージシャン

A post shared by ladmusician on Oct 23, 2019 at 8:32pm PDT LAD MUSICIAN ラッド ミュージシャン は、1995年に 黒田雄一 Yuichi Kuroda が設立した日本のファッションブランドです。 若者からの人気が特に高く、ドメスティックブランドにのめり込んでしまうきっかけとなるブランドの1つだと思います。 ブランドの経歴 1995年にスタートしました。 舞台衣装のデザイン、ポスターなどのアートディレクションなどを行った後、自身のブランド「LAD MUSICIAN ラッド ミュージシャン 」を設立されました。 東日本大震災の影響でそれまで16年間続けたファッションショーを一時中止しました。 その時に一度原点に戻り、デザインに大きな変化が現れました。 身に着けたときに初めてわかる良さを追求しました。 現在、東京では代官山、原宿、新宿、渋谷。 名古屋の栄、大阪の梅田に直営店を構えています。 デザイナー デザイナーを務めるのは、黒田雄一さん。 ラッドミュージシャンのデザイナーであり、ラッドミュージシャンを運営している有限会社フラワーズの代表取締役を務めています。 1964年、東京生まれ。 エスモードジャパンを卒業後、ニューヨークでオートクチュールのウエディングドレスのデザイナーを経験しました。 その後、帰国し舞台衣装のデザイン、ポスターなどのアートディレクションなどを行った後、自身のブランド「LAD MUSICIAN ラッド ミュージシャン 」を設立しました。 有名人の着用 川上洋平 芸能人の着用もよく目にしますが、ラッドミュージシャンといえば [ALEXANDROS アレクサンドロス ]の川上洋平さんだと思います。 「」と組み合わせたりして着用なんかもされています。 どちらのブランドも他のブランドとの組み合わせが難しいので、上手いこと組み合わせていると個人的に思います。 アレクサンドロスでは衣装代を全て自腹のようで、自分たちのお金で、ということなのでとても真剣に選ばれているようです。 そのうえでラッドミュージシャンを着られているのでそうとうお気に入りなのかもしれません。 これ以外にも他のLAD MUSICIANのアイテムも着用されています。 菅田将暉さんのその他の着用ブランドについては、からご覧ください。 山田孝之さんのその他の着用ブランドについては、からご覧ください。 LAD MUSICIANの特徴 ブランドコンセプト ラッドミュージシャンでは、 「音楽と洋服の融合」をブランドコンセプトに活動しています。 音から得られる目に見えないインスピレーションを洋服という形のあるものにしています。 この点に関してはドメスティックブランドの中でも突き抜けてこだわられていると思います。 ブランドの特徴 A post shared by ladmusician on Jul 4, 2019 at 8:00pm PDT 性別、国境、年齢、宗教を超えた自由な世界を提案し、着る人にとってのライフラインとなるのを目指しています。 シャープなものから オーバーサイズなものまで様々なアイテムを展開していて、ブランド名の通り、ミュージシャンが着ていそうなものが豊富です。 基本的に、黒や白を基調としたアイテムが多く、黒のアイテムでは、そこに 花柄があしらわれたシャツやジャケットが人気アイテムとなっています。 独特な雰囲気が全面に出ているので初見では気づきにくいかもしれませんが、無駄な装飾のない絶妙なミニマルなスタイルを提案されています。 花柄アイテム A post shared by ladmusician on Mar 8, 2019 at 7:02pm PST 2019年春夏にネオゴシックを象徴するシンボルとして三角形が多く見られました。 中でも、ジョイ・ディヴィジョンのファーストアルバム「UNKNOWN PLEASURES」のアルバムカバーのデザインを三角形にしたグラフィックが目立ちました。 THE NOVEMBERS 2016年、日本を代表するロックバンドTHE NOVEMBERSとのコラボレーションTシャツを発表しました。 バンド結成11周年を記念し、バンドを象徴する11の数字をミニマルに表現しました。 デニス・モリス 2016年秋冬で、写真家のデニス・モリスとのコラボレーションを発表しました。 プリントされる写真には、デニス・モリスが撮影したセックスピストルズの写真を使いました。 ブランドの評価・評判 他のドメスティックブランドとはまた異なった雰囲気なので、おすすめです。 特に、ミュージシャン・ロックテイスト・オーバーサイズが好きな方におすすめします。 価格もめちゃくちゃ高いということでもないので、ドメスティックブランドデビューにぴったりではないでしょうか。 FASHION PRESS• FASHIONSNAP. COM• hatenablog. オンラインストア・通販•

次の