お布施 水引 色。 お通夜・葬儀・法事・法要の時の水引は何色?表書き、結び方は?

【解説】のし袋で黄色の水引を使うのはどんなとき?

お布施 水引 色

1.四十九日とは? 49日目に何がある? 仏教では亡くなってから49日間を「中陰」と呼び、四十九日目にあたる日を「満中陰」と呼び忌明けとされます。 四十九日までの間、厳密には七日ごとに七回の法要があります。 この間、一般的には初七日以外の法要は遺族だけで供養が行なわれますが、四十九日の法要だけは忌明けの日として親族・友人・知人たちも参列し、僧侶による読経のあと、焼香や会食が行なわれます。 このページでは四十九日の香典袋について説明します。 この日を境に故人が仏様になるとされ、供養のための香典の表書きも御霊前から御仏前に変わります。 ただし、宗派によって異なります。 もし故人の宗派がわからない場合には一般的な作法に従って四十九日までは「御霊前」、四十九日の法要およびそれ以降は「御仏前」を持参しましょう。 そのため、「納骨・納骨式」は四十九日に合わせて行なわれることが最も多いほか、仏壇が無いお宅ではこの日までに新規に仏壇を準備し「開眼供養」は四十九日の法要までに行なわれます。 [納骨・納骨式] 遺骨をお墓に埋葬する儀式。 納骨は四十九日に行なわれることが多いようです。 四十九日の日に行なわない場合でも遅くとも三回忌の頃までに済ませます。 [開眼供養] 仏壇開きとも言われ、魂を入れた本位牌を仏壇に安置する儀式です。 [香典返し] 通夜・葬儀に香典を頂いた相手に、お礼状を添えて香典返しを送ります。 一般的に四十九日の忌明けにタイミングを合わせて手配をします。 包む金額が多くなると双銀の水引き) 関西の一部の地域では黄白の水引き。 包む金額が多くなると双銀の水引き) 関西の一部の地域では黄白の水引き。 包む金額が多くなると双銀の水引き) 関西の一部の地域では黄白の水引き。 (2-2)仏教以外の場合には? 参考情報 水引きの種類と色 四十九日は仏教の法要なので、他の宗教にはありません。 ここでは他の宗教の場合の同様の儀式の際の香典袋の書き方について参考情報として紹介します。 香典袋・不祝儀袋の表書き書き方 仏教・仏式 神道・神式 キリスト教 御仏前、御佛前、御供物料など 神道では四十九日の法要はありません。 50日めに五十日祭があり、その時に持参します。 表書きは御玉串料、御神前料、御神撰料、御供物料など キリスト教では四十九日の法要はありません。 一ヶ月目に追悼ミサ(プロテスタントでは昇天記念日)があり、その時に持参します。 表書きは御花料、お花料、御供物料など 香典袋の水引きの種類、水引の色など 仏教・仏式 神道・神式 キリスト教 黒白・双銀が一般的。 関西では黄白を使う地域もあります。 また四十九日以降に黄白を使う地域もあります。 双銀の水引のついた香典袋を使います。 蓮の花や蓮の葉の絵柄がついた袋は使えません(使えるのは仏教だけです)。 白い封筒に入れ、水引はかけません。 白い封筒を使わない場合には、市販の袋でキリスト教専用の十字架がついた音花料の袋や白い花の柄が描かれた袋もあります。 ・仏教の場合の、法事ののし袋の表書きは「御仏前」「御佛前」「御供物料」「御香料」などです。 (御霊前という表書きは四十九日には使いません。 ) ・ 薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。 ・のしの水引きは黒白、双銀などの結び切りのもので、下段には出席者の氏名(フルネーム)を書きます。 蓮の花の入ったのし袋は、仏教にしか使えません。 ・夫婦で法要に参列する場合、夫の氏名だけでも構いませんが、夫婦二人とも故人にお世話になった場合には、右の見本画像のように連名で書きます(中央に夫の氏名を書き、左側に妻の名を書き添えます)。 (2-4)四十九日の香典袋の入れ方 Q. 四十九日は新札を使っても良いの? A. 四十九日はあらかじめ日程がわかっている法要なので、新札でも良いとされます。 もし新札が用意できない場合でも汚れたお札やシワシワのお札は避けるようにします。 (ちなみに…通夜・葬儀では新札はNGです。 突然の訃報に際し、まるで新札をあらかじめ用意していたようで失礼だとされます。 それに対し四十九日の法要は日程がわかっているため新札を用意しても良い、と考えられています。 ) Q. お札の向きは? A. ) お札の向きをどうするのかについて気にしないという場合でも、二枚以上のお札を入れる時には、 お金の向きを揃えて入れるようにしてください。 裏から見たときの折りたたみ方は? A. 背面からみた時には、上から下にかぶせるようにして水引をかけます。 また、四十九日の法要のあとで会食(おもてなしの食事。 お齋(おとき)と言います)があるかどうかによっても包む金額が変わって来ます。 年齢やおつきあいの深さによっても変わってまいります。 また、自宅での法要とホテルなどでの法要とでは相場も変わってくるようです。 更に地域によっても金額に差があります。 ・ 四十九日の法要以降、一周忌を過ぎると次第に故人との付き合いがある程度あった人だけが参列するようになってきますので、香典の金額も3,000円以下のような少額な人は少なくなります。 ・ 故人の孫、ひ孫といった立場の場合などは、他の親族と相談して金額を揃えても良いでしょう。 一人当りの金額が少額の場合には、香典ののし袋の下段を「孫一同」「曾孫(ひまご)一同」とし、まとめた形でお供えすることもあります。 四十九日の香典袋の中袋の金額の書き方 ・市販の香典袋の中には、中袋(中包み、内袋)がついているものもあります。 ・ 中袋に金額や住所を書く欄があるものは、その中に記入します。 ・下記は、中袋に書く漢数字の表記のしかたの例です。 上に金という文字を書くのが通例ですが、「金参萬圓也」のような也はつけなくて良いとされています。 香典袋の中袋の表側 / 金額を書く [弔事の場合] 金額の例 10,000円 漢数字を書く場合には縦書きで。 もしアラビア数字で書く場合、5,000円、10,000円、30,000円などは横書きで書きます。 四十九日からは濃墨で書いても構わない 薄墨を使うのは、悲しみの涙で墨がにじんでいますという意味だとされます。 そのため突然の訃報に涙で文字がにじんだという意を表して四十九日よりも前まで(通夜や葬儀・葬式)は薄墨を使います。 四十九日に忌明けを迎えるだけでなくこの日が法要であるとすでにわかっていることなので、濃い墨で書いても構わないとされます。 毛筆の代わりに筆ペンでもOK。

次の

法事のお布施を渡すときに知っておくと得する7つの豆知識

お布施 水引 色

そもそものし袋とは? 本来ののし袋の意味を解説します。 のし袋の種類 のし袋にはどのような種類があるかご紹介します。 弔事の時に使うのし袋の種類と表書き 葬儀や法事の時に使うのし袋の種類と表書きの書き方を解説します。 宗教別のし袋の種類 仏教・キリスト教・神道、それぞれ使うのし袋の種類をご紹介します。 のし袋の選び方 のし袋を選ぶポイントなどを解説します。 のし袋は弔事だけでなく様々な場面で使うことが多いです。 のし袋の選び方や使い方を学んでおけば、いざという時に恥ずかしい思いをしなくて済みます。 この記事を最後まで目を通していただき、のし袋の意味を理解しいただけると嬉しく思います。 また「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 そもそも のし袋とはどのようなものなのでしょう。 のし袋の説明の前に熨斗(のし)の歴史を解説します。 昔、中国ではアワビを熨して乾燥させたもの、 のしあわびが長寿のしるしとしてお祝いに欠かせないものでした。 しかし今も昔もあわびは高級品で、簡単に贈ることができません。 そこで紙の右上に少しだけのしあわびを付けて、お祝いの品物を贈ったというのがのしの始まりです。 現在では簡略化され、袋や紙などの右上についている、のしマークがのしあわびの名残ということのようです。 熨斗はのしあわびのことですから正確にはお祝いの時に使う右上に黄色などののしマークがついた紙をのし紙、袋状をのし袋と言い、それ以外のものはのし紙、のし袋と呼んではいけないということになります。 現在では、現金を入れる祝儀袋も不祝儀袋もまとめて「のし袋」と呼ぶことが多いです。 「慶事用のし袋」「弔事用のし袋」と分けて呼ばれることもあります。 のし袋を使う意味 まず のし袋を使う意味について解説します。 上記にあげた通りに、かつてはアワビを乾燥させたものが最上級の贈り物とされていました。 やがてお祝い品などの贈り物は品物ではなく現金を贈る場面が増えたことで、現金を入れやすい袋状になったのし袋を使うようになったようです。 品物の上につけるのし紙も同じ意味で、最上級の贈り物という意味から、のし袋・のし紙が使われるようになりました。 あわびはおめでたいイメージがありますので、弔事の時はのしマークの付いたものは使えません。 のしマークのついていない不祝儀用のし袋というものがありますので、渡す相手に 敬意を払う、気持ちを込めて丁寧に渡すという意味で、葬儀の時の香典はのし袋に入れるようにしましょう。 のし袋の用途とは のし袋は用途によって 使い分けが必要です。 特に慶事と弔事は 絶対に間違えてはいけません。 水引の色やのし袋の模様、形などに注意しましょう。 のし袋を購入しに行くと、様々な種類があってどれを選んでよいか迷いますよね。 ここでは のし袋の種類を解説しますので、ぜひ参考にしてください。 水引の種類 のし袋についている 水引には意味があります。 ここでは、それぞれの結び方がどのような意味を持つのかを解説します。 あわび(あわじ)結びの水引 あわび結びとは、ほどけそうでほどけない水引のことを指します。 結んだ部分があわびの形に似ているところからあわび結びと呼ばれています。 ほどけないということで「二度とあってはならない」「繰り返さない」という意味が含まれていますので、 結婚式やお悔やみに使います。 蝶結びの水引 蝶結び、いわゆるリボン結びの水引は、ほどいて何度も使えることから、良い事は何度でも起こってほしいということで、 慶事の時に使います。 出産祝いやお誕生日のお祝いなどに使われます。 ただし慶事でも結婚祝いは何度も起こってはいけないので、蝶結びの水引は使わないようにしましょう。 結び切りの水引 結び切りは、あわび結びよりきつく水引を結んだものです。 真結び・こま結びとも言います。 中央できつく結んでいますので、一度結ぶとほどくのが困難です。 このことから、あわび結び同様「一度きり」「繰り返さない」の意味で、 お悔やみや快気祝いなどで使われます。 水引の色 水引の色にも意味があります。 目立つ部分でもありますし、慶事と弔事を間違えると大変なことになりますので、水引の色も注意するようにしましょう。 白・黒 白と黒の水引は、弔事、特に 葬儀や忌中の香典の時に使われることが多いです。 白とグレーの場合もあります。 結び切りやあわび結びをします。 弔事ですのでのしマークの付いたものは NGです。 紅白 紅白の水引きは、 慶事の時に使います。 紅白+蝶結びは、 結婚祝い以外のお祝い事全般に使います。 紅白+結び切り・あわび結びは、 結婚祝い・お見舞いなどに使います。 黄・白 黄色と白の水引を使ったのし袋は、主に 西日本方面で四十九日法要や年忌法要の際の香典を入れる時に使うところが多いです。 黄・白の水引は 葬儀では使いませんので注意してください。 忌明けのお返しの品物、あるいは年忌法要の際の引き出物に、黄色と白の水引ののし紙を使用する場合もあります。 のしマークの付いたものは NGです。 金・銀 金・銀+蝶結びは、 神事での祈祷の際に使います。 金・銀+結び切り・あわび結びは、 結婚祝い、長寿祝いなどで使われます。 地域によっては、銀・黒+あわび結びを弔事で使うところもあります。 金色は 弔事・仏事には使わないようにしましょう。 弔事で使うのし袋の種類と表書き ここでは 弔事で使うのし袋の種類と表書きの書き方について解説します。 間違った使い方をしても咎められる訳ではありませんが、大人のマナーとして知っておくようにしましょう。 葬儀で使うのし袋 葬儀に参列する時に持って行く香典は、白・黒のあわび結びか結び切りの水引を使ったのし袋を使うようにします。 紅白の水引き、のしマークの付いたもの、蝶結びの水引は葬儀では 絶対使わないようにしましょう。 香典の表書きの書き方 香典の表書きは 「御香典」あるいは「御霊前」と書きましょう。 文字数が4文字にならないように気を付けてください。 4という数字は「死」を連想させることから縁起が悪いとされています。 4文字になる場合は2行になるように書きましょう。 下側に贈る方のフルネームを書きます。 複数でまとめて香典をする場合は、代表者、1~2人のフルネームを書き、その横に「他〇名」と書くようにしましょう。 葬儀の時は 薄墨を使うのがマナーとされています。 宗教によって表書きが変わってきますが、それは次の章で解説します。 法事で使うのし袋 四十九日や一周忌などの 法事の時も、香典はのし袋に入れて持参しましょう。 水引は、あわび結びか結び切りで、白黒・双銀・双白・白青を使うようにしましょう。 地域によっては白・黄色を使う場合もあります。 香典の表書き 四十九日の忌明け後の法要における香典の表書きは 「御仏前」あるいは「御佛前」と書くようにします。 「御香典」は忌明け前までですので間違えないようにしましょう。 葬儀の時の香典同様に、下に贈る方のフルネームを入れます。 薄墨は「急なことで墨をする暇もなかった」「涙で墨も薄くなった」という意味から、葬儀の時に使います。 法事は故人が亡くなってから時間も経っていますので、薄墨ではなく 普通の濃い色にしましょう。 筆ペンでなくても大丈夫ですが、ボールペンや鉛筆、黒以外の色は使わないようにしましょう。 香典の書き方についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。 葬儀の時ののし袋は、 宗教ごとで異なる場合があります。 ここでは仏教・キリスト教・神道、それぞれに使うのし袋の種類を解説します。 仏教の場合 仏教の葬儀の際に使うのし袋は、 蓮の絵が入ったものが望ましいです。 しかし必ず蓮の絵が入らなければいけないということではありませんので、絵の入っていない不祝儀袋でも構いません。 水引は結び切りかあわび結びで、色は葬儀、お通夜の場合は、白黒・白銀・双銀を使います。 法事の時は、西日本方面では白黄を使うところもあります。 のしマーク、紅白の水引きは NGです。 表書きは 「御香典」「御霊前」「御香料」などです。 キリスト教の場合 キリスト教の葬儀で使うのし袋は、 ユリの花か十字架の絵が入ったものを使うようにします。 なければ 真っ白の封筒を使いましょう。 蓮の花の絵が入ったのし袋は、仏教専用ですのでキリスト教の場合は使わないようにしましょう。 キリスト教では、水引は特に決まりはありません。 水引の付いたものを使うなら、白黒か双銀で結び切りかあわび結びのものを使いましょう。 のしマーク、紅白の水引きは NGです。 表書きは 「御霊前」「御花料」「御ミサ料」などを使います。 神道の場合 蓮の絵が入ったのし袋は、仏教専用ですので神道では使わないようにしましょう。 同じく、ユリや十字架の絵が入ったものはキリスト教専用です。 神道の場合は、 真っ白の封筒か絵の入っていない不祝儀袋用ののし袋を使いましょう。 水引は結び切りかあわび結びで、神道だとわかっている場合は双銀か双白で、相手の宗教がわからない場合は、白黒か双銀のものを使いましょう。 のしマーク、紅白の水引きは NGです。 表書きは 「御玉串料」「御榊料」「御神饌料(ごしんせんりょう)」「御霊前」などです。 相手先の宗教がわからない時は、絵の付いていない白黒の水引の不祝儀用のし袋にしましょう。 また「御霊前」は宗教に関係なく使うことができます。 のし袋を選ぶ際のポイント 金額 のし袋 3千円~5千円 印刷タイプ 1万円~3万円 水引金封 5万円~ 中金封 10万円~ 大金封 10万円~100万円 特大金封 初穂料で使うのし袋は? 初穂料とは、神前にお供えする金銭のことを指します。 初穂料は合格祈願、安産祈願、交通安全、厄除け(やくよけ)、お宮参り、七五三などの御祈祷のお礼として神様に捧げるものです。 弔事の場合は、神道であっても「初穂料」ではなく 御玉串料と書くのが一般的です。 あわび結び、結び切りののし袋は使わずに、紅白の水引きで蝶結びのものを使うようにします。 のしマークはあってもなくても大丈夫です。 お見舞いで使うのし袋は? 病気や災害などで お見舞いをする時に使う、のし袋について解説します。 お見舞いはお祝いではありませんが供養でもありません。 間違ったのし袋を使うと、受け取った側が気分を害される可能性がありますので注意が必要です。 水引の色は紅白 お見舞いはあまりおめでたい事ではありませんが、早く元気になりますようにと願いを込め、受け取った側も前向きな気持ちになるように水引の色は 紅白にします。 白黒・白黄は弔事に使うものなので絶対に使わないようにしましょう。 蝶結びはほどいて何度でも使えることから、出産祝いや長寿のお祝いなどに使います。 お見舞いは二度と起こってはいけないということから、 結び切り、またはあわび結びののし袋を使うようにしましょう。 表書きは 御見舞と書きます。 のしマークのあるものは使わない のしマークは祝福という意味があります。 お見舞いはおめでたい事ではありませんので、のしマークの付いたものは 避けるようにしましょう。 少額なのに豪華なのし袋はマナー違反です。 また結婚祝いに使うような豪華な飾りのついたのし袋はNGです。 シンプルなデザインのものを選びましょう。 お見舞いで水引を使ってはいけないケース 病気やけがのお見舞いは、紅白の結び切りの水引の付いたのしマーク無しののし袋で大丈夫ですが、以下のお見舞いについては 水引なしの真っ白な封筒を使うようにしましょう。 元々、のしとは長寿のお祝いとして贈られた、のしあわびの事です。 現在は、紙などの右上に付いているのしマークがその名残です。 正確にはのしマークのついている袋や紙のことを熨斗と呼ぶのですが、祝儀袋も不祝儀袋もまとめてのし袋と呼ぶことが多いです。 のし袋を使う時はその用途によって、のしマークの有る無し、水引の形や色を使い分けるようにしましょう。 特に祝儀用と不祝儀用は絶対に間違えてはいけません。 のし袋は宗教によって使い分けましょう。 仏教は蓮の花の絵がついたもの、キリスト教はユリの花か十字架の描かれているもの、神道は何も書いていない真っ白なものを使うのが良いとされています。 のし袋を選ぶポイントは、用途や入れる金額で変わってきます。 弔事は結び切りかあわび結びで、白黒、あるいは白銀、双銀の水引を使うようにしましょう。 慶事は蝶結びの紅白、あるいは金銀の水引を使いましょう。 ただし慶事でも結婚祝いは結び切りかあわび結びのものにします。 お見舞いは結び切りの紅白の水引きの付いたものか、真っ白な封筒を使います。 金額に見合ったのし袋を使うのがマナーです。 難しいのし袋の選び方ですが、水引の色や形を覚えておけばたくさん種類があるのし袋でも、ふさわしいものを選ぶことができますよ。 特に慶事と弔事は絶対に間違えてはいけないものなので、この機会にしっかり学んでおきましょう。 「終活ねっと」では、葬儀や法事のマナーのほか、知っておきたいマメ知識なども多数掲載しています。 他の記事も目を通していただき、葬儀や法事の時に役立ててくださればうれしく思います。

次の

法事のお布施を渡すときに知っておくと得する7つの豆知識

お布施 水引 色

見出し• お盆のお布施の相場は? お盆に渡すお布施というのは、一般的に提供されるサービスのように価格設定が明らかにされているものではありません。 日本ではお金に関する話はあまり公にしないこともあり、地域や内容によって異なるお布施の相場がわかりにくく、慣れないうちは苦労しがちです。 もちろん、普段からお世話になっている菩提寺の住職と親しければ、その都度おおよそのお布施として渡すべき相場を尋ねることもできます。 ですが、特に金額が決まっていないため、個々の檀家の判断にゆだねるという回答をされることも珍しくありません。 また、菩提寺を同じくする檀家同士であっても、金額に開きが見られることも多々あります。 そもそも、お布施というのは自分の生活に支障がない範囲で、お寺や住職に感謝する気持ちを包むものですので、収入や感謝の気持ちに応じて差異が生じるのはある意味当然のことです。 そこで、こちらではあくまでも一般的な相場としてお布施の金額をご紹介します。 宗派やお寺によっても異なってきますが、通常のお盆で渡すお布施の相場は、5000円以上が多いです。 毎年のことでもあり、多めにお布施を渡すところでも1~2万円までというのがほとんどです。 通常のお盆では、住職は檀家の自宅に訪問し、読経をあげてすぐに他の檀家のところに向かうため、読経のための準備やお布施、お茶などの通常のもてなし以外に特別に用意しておくものはありません。 一方、新盆というのは故人が亡くなってから四十九日の忌明けを過ぎ、初めて迎えるお盆です。 このときには住職だけでなく、親族や故人が親しくしていた知人などを招いて法要を行います。 自宅や故人が埋葬されているお墓の前で読経をあげてもらったり、新盆を迎える檀家がお寺に集まって合同で法要を行ったりとそのやり方は様々です。 いずれにしても、新盆は通常のお盆よりもお布施の相場は増え、3万円以上包むことがほとんどです。 新盆の場合は金額の開きも大きいですが、目安としては、上限は5万円程度と考えておきましょう。 また、新盆では墓参りや読経だけでなく、招いた人との会食の席を用意することもあります。 そのため、住職にもお布施とは別に、お車代として5000~1万円、お膳料として5000~2万円程度用意しておくべきです。 地域によっては、厳禁のお布施以外にお供え物の果物やお膳の現物などを渡すこともあります。 お布施を包むときのマナー お盆のお布施は、単に適当な袋に入れて、あるいは現金を何にも包まずにそのままで住職に渡せばよいというわけではありません。 包むための品物はもちろん、包み方や渡し方にもマナーがあります。 お布施を包むときには大きく分けて二通りの方法がありますが、正式な包み方は、半紙や奉書紙を用いる方法です。 まず、半紙でお札を包んで中包みの状態にします。 半紙がない場合には、白い封筒状の中袋にお札を入れても構いません。 これをさらに奉書紙で包みますが、お寺に不幸があったわけではありませんので、弔事の折り方にはしません。 まず奉書紙の上側を折り、次に下側を重ねる慶事の折り方にしましょう。 奉書紙は全体が無地なので表と裏がわかりにくいですが、触ってみてつるつるしている方が表面で、ざらついて光沢が少ない方が裏面になります。 奉書紙は文房具店やネットなどで手軽に入手できますが、ネットではお布施を渡すときに間に合わず、店舗を探し回っても代用可能な封筒しか見つからないこともあります。 このような時には、もう少し略式な方法として、白い封筒にお布施を入れる包み方もあります。 手軽に使えるものとしては、「お布施」と印刷してある封筒が市販品で売られていますが、これも見つからない場合には、白い封筒で郵便番号が印刷されておらず、二重になっていないものを用意します。 というのも、二重になっている封筒は同じことが二度重なるという意味になりますので、不幸ごとにはあまり向いていないからです。 「お布施」とあらかじめ印刷してある封筒と、一回り小さい中袋がセットになっている商品ならば、不幸が重なるという意味には取られませんので、中袋にお札を入れてからお布施袋に入れるという包み方で差し支えありません。 なお、市販の封筒を使う場合には、中袋を用意せずにお札を直接入れても問題ありません。 この場合には、封筒の表面に氏名を、裏面に住所や電話番号、金額などを記しておくと、複数の檀家を回る住職が後でお布施を取りまとめるときに整理しやすく親切です。 金額を書くときの数字は、壱、弐、参といった旧字体の漢数字です。 お布施のために用意するお札は葬儀の時などとは異なり、前もって準備しておくことができるものですので、新札を使用しましょう。 お札を入れる向きは、封筒の正面上部にお札の肖像画がくるようにします。 水引の色に決まりはある? お盆に渡すお布施の封筒には、水引は一般的には必要ないといわれています。 実際、奉書紙にお布施を包んで渡す場合などは水引がついていませんし、市販の白封筒を使う場合でも、水引をつけずに渡しても何ら問題はありません。 ただ、これは一般的な考え方であり、地域によっては水引をつけなければならないケースも見られます。 この時でも、水引と封筒が別々になっている不祝儀袋やお布施用の専用の封筒を用い、最初から水引が印刷されているのし袋は使わないようにします。 水引にはいろいろな結び方がありますが、お布施として使う場合には、結びきり、あわび結びのものを使います。 封筒は右上にのしがついておらず、柄や地模様のない白い封筒を選びましょう。 また、水引の色は、仏教であれば関東は双銀や白黒のものが一般的で、関西では白黄のものを使用することが多いです。 神式の場合には、地域に関係なく双銀のみとなっていますので、特に白黄の水引に限定される地域でなければ、白い封筒に双銀の封筒を用意しておけば問題ないでしょう。 水引の数は5本または7本で、表書きは仏教の場合と神式の場合で異なっています。 仏教では「お布施」や「御礼」が一般的ですが、神式では「御礼」や「御祈祷料」、「御祭祀料」です。 以上が水引を付けた場合の一般的なマナーですが、大まかな地域の中でも、特殊なルールが存在することも珍しくありません。 転勤や結婚などで、これまでと風習が異なる地域に引っ越して間がないときには、どのようにお布施を用意しているのかを前もって聞いておいた方がよいでしょう。 お布施袋の書き方のポイント お布施袋に表書きなどの必要事項を書くときにも、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。 せっかくお盆のお布施用にきちんとした封筒や奉書紙を用意しても、書き方で失敗しては台無しです。 ある意味、お布施袋そのものよりも、住職の目につきやすいところですので、正しいマナーに従って書くようにしましょう。 お布施袋に書くときによく間違えられるのが、お香典などと混同して、薄墨を使用するというものです。 お盆の法要は弔事の延長のように考えられがちですが、お布施というのは読経をあげた住職への御礼の気持ちが込められていますので、通常の黒い墨を使い、筆で書くのが正しいです。 お布施袋に書く内容は、表書きとして上段中央に「お布施」と書きます。 既に印刷されている場合には、こちらは省略して構いません。 また、一般的には「お布施」と表書きをしますが、記入しない場合もあります。 表側に名前を書いている場合には、封筒の裏側に住所や金額を記入しましょう。 奉書紙では、「お布施」と記入して、中包みの裏側、右下にお布施として入れてある金額を旧字体で縦書きし、左下に住所や氏名を記入します。 慶事では中包みの表側中央に金額を記入していますので、混同しないように注意しましょう。 お布施袋に必要なことを記入するときには、慶事のように力強く、大きな字で書く必要はありません。 読みやすい大きさで、丁寧に書くようにしましょう。 また、お布施袋の文字は住職へのお礼の気持ちを込めて書くものですので、雑な書き方や汚い字、必要以上に崩して読みにくくしている字などは避けるべきです。 パソコンやプリンタが普及した現代では、字を書くのが苦手な人の中には、封筒に筆文字で印刷をする人もいます。 印刷すれば確かに字は綺麗で読みやすいですが、お礼の気持ちを込めるという意味では気持ちが伝わりにくくなるでしょう。 字に自信がなくても、できる限り丁寧に、読みやすいように心を込めて書いた文字の方が活字よりも価値があります。 お布施を渡すときのマナー お布施の準備ができたら、後は住職に渡すときのマナーです。 結婚式や葬儀の受付では直接手渡しすることも多いですが、お布施を住職に直接手渡すことはマナー違反です。 また、テーブルや畳、床などの上に置いて渡すことも失礼に当たりますので避けましょう。 お布施を住職に渡す方法は、自宅で読経をあげてもらったときと、自宅以外で法要を行ったときで若干異なります。 自宅の場合は基本的に屋内でお布施を渡すことになりますので、お盆や菓子折りの上に置いて、それらと一緒に住職に差し出します。 お盆は切手盆とよばれる黒塗りの小さいお盆を使用し、食器などを運ぶときに使うお盆は使いません。 手元に切手盆がない場合には、会場や葬儀社などで貸し出しをしていることもあります。 また、菓子折りを使うことも可能です。 お布施以外に菓子折りなどを渡すときには、お盆は省いて菓子折りにお布施袋を乗せて、菓子折りごと渡すという流れです。 一方、自宅以外で法要を行ったときには、屋外で渡したり、靴を脱がない屋内で渡したりすることも想定されますので、袱紗(ふくさ)に包んで渡すようにします。 袱紗は紫色のものを用意しておくと、慶弔療法で使うことができて便利です。 従来からある風呂敷タイプでも良いですし、簡単に取り出せるケースタイプでも問題ありません。 風呂敷タイプで包むときには左側につめが来るように袱紗を開き、お布施袋を置いたら右側、下、上、左の順に織って包みます。 渡すときには一度袱紗から取り出して、袱紗の上にお布施袋を乗せてから袱紗ごと差し出します。 なお、いずれの場合でも、渡すタイミングは読経の後が一般的です。 合同で法要を行うときや会場を借りている場合などは、菩提寺や会場などに相談するのもよいでしょう。 渡すときには、お布施の文字が相手から読める向きにしてから差し出します。 新盆などで、お布施とは別にお車代やお膳代などを渡す場合には、お布施を差し出すタイミングでお布施袋と一緒にお盆や菓子折り、袱紗などの上に置いて、そのまま渡すようにしましょう。 書き方と渡し方を意識しておこう このように、お布施を渡すときには書き方や包み方、渡し方などにきちんとしたルールがあります。 お布施というのは、お盆のときだけでなく葬儀や法事など様々な時に用意すべきものですので、きちんと知っておいて損はありません。 その地域や宗派、菩提寺のやり方を理解して、決まり通りに準備をして渡すのが理想的ですが、お金のことでもあり、菩提寺や周囲の人に聞いても明確な答えが得られないこともあります。 そのため、まずは一般的なお布施の渡し方を理解しておいて、法要に呼ばれたときなどに独特な決まりごとがないのかをチェックするとよいでしょう。 まず覚えておきたいのが、お布施というのがお香典などのような不祝儀と同じように扱うべきではないという点です。 お布施は菩提寺や読経をあげた住職への感謝の気持ちですので、弔事と同じマナーで準備をして渡してしまうと、先方に失礼をしてしまいます。 かといって、結婚式のような純粋な慶事でもありませんので、慣れないうちは特殊な決まりごとに迷うことも多いでしょう。 まず、失礼のないようにマナーを重視したいのであれば、お布施袋の書き方と住職への渡し方は特に意識しておくと安心です。

次の