拝読 メール。 「拝読」は敬語!意味と使い方の例文「拝見」との違い、類語、対義語、英語も紹介

メールの返事「拝見」と「拝読」どっちがデキる人?

拝読 メール

「読んでくれてありがとう」という表現は普段の生活の中でたくさん使うことがあります。 そのため、意味について理解することは難しいことではありませんし、このフレーズを使うことも難しいことではありません。 しかし「読んでくれてありがとう」を誰に使ったら良いのか、また、どのような敬語で言い換えたら良いのか理解するのは非常に難しいことと言えます。 でも「読んでくれてありがとう」をどのように敬語で言い換えることができるのか、理解することができていなければ、目上の人と話している時に失礼な言葉遣いをしてしまう可能性があります。 大人としての必要最低限の常識として敬語を理解する必要があるでしょう。 では「読んでくれてありがとう」はどのような敬語表現で言い換えることができるのでしょうか。 敬語の尊敬語で言い換える 「読んでくれてありがとう」という言葉を敬語の尊敬語で言い換えることができます。 「お読みになっていただきありがとうございます」というフレーズを作ることができるでしょう。 このフレーズも敬語なので、相手に対する敬意を示すことが可能になっています。 それに、この敬語が使われることによって、不快に感じる人はほとんどいないでしょう。 なぜなら「お読みになっていただきありがとうございます」というフレーズには、相手を見下したりする態度が含まれていないからです。 普段の生活でいつでも使うことのできる非常に便利なフレーズなので、この表現を忘れないようにしておきましょう。 必要であれば職場の上司と会話してる時にも、この敬語を言うことができます。 「読んでくれてありがとう」の敬語での使い方とは? 「読んでくれてありがとう」というフレーズを敬語で使うとしたら、どのような例文を作成することができるのでしょうか。 「読んでくれてありがとう」そういう言葉の意味について理解することができていたとしても、敬語の言い換え表現を例文を通して知らなければ、実際にこのフレーズを使うことは難しいと言えます。 では「読んでくれてありがとう」の敬語の言い換え方を詳しく紹介します。 敬語の他の種類で言い換える 「読んでくれてありがとう」という言葉を敬語の他の種類で言い換えることも可能です。 既に理解することができたように「お読みになっていただきありがとうございます」は敬語の中でも尊敬語になります。 読むという言葉を敬語の謙譲語に言い換えるのであれば「拝読」になります。 では「拝読してくださりありがとうございます」という文章を作成することができるのでしょうか。 「拝読してくださり」は間違い 結論から言いますと「拝読してくださりありがとうございます」というフレーズが間違えになってしまいます。 なぜ、そのように言うことができるのでしょうか。 なぜなら「拝読」という言葉は謙譲語にあたりますので、自分の身分を低いものとみなして、相手を見上げることによって敬意を示すことのできる敬語になります。 つまり、何が言いたいかと言いますと謙譲語である「拝読」は、自分を低くする自分自身の動作に対して使わなければならないということです。 そのため「拝読してくださり」のような仕方で敬語の文章を作ってしまうと、相手の身分を下げて自分に対して敬意を示すように要求していることになってしまいます。 そのような事態を避けるためにも「拝読」は自分自身の動作に対して使うことのできる敬語である、ということを忘れないようにしましょう。 「読んでくれてありがとう」の使い方とは? 「読んでくれてありがとう」という言葉の使い方について精通することができれば、やがて「読んでくれてありがとう」の敬語表現の使い方にも精通することができるに違いありません。 では「読んでくれてありがとう」をどのように使うことができるのか、まずは理解しましょう。 状況に合わせてどのように使うことができるのかしっかりと理解して、普段の会話の中でも、このフレーズを使うことができるようになりましょう。 友達に対して「読んでくれてありがとう」を使う 「読んでくれてありがとう」というフレーズはそもそも敬語ではありません。 そのため、このフレーズを使いたいのであれば、親しい友達に対してこのフレーズを使うことができるでしょう。 親しくない人に対して、敬語の表現ではない「読んでくれてありがとう」というフレーズを使うのであれば、相手は違和感を覚えることでしょうし、人間関係にヒビが入ってしまう可能性も少なくありません。 そのような問題に陥ることを避けるためにも、敬語ではない「読んでくれてありがとう」は友達だけに使うようにしてください。 メールでの使い方とは? 当然のことながら、敬語で会話することが求められているビジネスの場面において「読んでくれてありがとう」というフレーズを使うことはできません。 そのため「読んでくれてありがとう」をビジネスでも使うことができるように、敬語に変える必要が生じてきます。 どのような敬語の表現で言い換えることができるのでしょうか。 具体的な例文を紹介します。 「お目通し」を使うことも 「読んでくれてありがとう」という言葉を使う代わりに「お目通しいただきありがとうございます」と言う敬語の文章を作成することができます。 相手に伝えている意味はどちらの表現で行っても同じです。 そのため「読んでくれてありがとう」というフレーズを言いたくなった時には「お目通しいただきありがとうございます」という敬語で代用することができるでしょう。 堅苦しすぎるイメージを相手に伝えることもないフレーズになるので、非常に実用的な敬語ということができます。 「読んでくれてありがとう」を敬語表現するときの例文とは? 「最後までご高覧いただきましてありがとうございました」と言う敬語表現を使うことができるでしょう。 この敬語表現を使うことによって「最後まで読んでくれてありがとう」と全く同じ意味を伝えることができています。 しかし、相手に与える印象が違うことに気づくことができますか。 「最後までご高覧いただきましてありがとうございました」という文章では「読んで」の代わりに「ご高覧」と言うより深い敬意を示すことのできるフレーズが使われていることになります。 そのため、取引先の人に対して手紙を送った時にも、 この敬語表現を使うことによって、相手誰の意思の疎通を円滑に図ることができるようになります。 メール 「ご愛読いただきましてありがとうございます」というフレーズも「読んでくれてありがとう」を敬語表現に言い換えた文章になります。 「ご愛読」という言葉には「好んで読むこと」という意味があることが、国語辞書などを調べてみるとわかります。 そのため「ご愛読いただきましてありがとうございます」と言う敬語表現によって「好んで読んでくださりありがとうございます」というメッセージを伝えることが可能になります。 「読んでくれてありがとう」の別の敬語表現例とは? 「読んでくれてありがとう」を他の表現で言い換えることはできるのでしょうか。 場合によっては「お読みくださいましてありがとうございました」と言う敬語表現を使うこともできます。 非常にシンプルな表現と言えるのではないでしょうか。 この敬語表現であったとしても「読んでくれてありがとう」と全く同じ意味を伝えることになります。 しかし、前半の文章に「お読みくださいまして」という敬語表現が使われることによって、相手に対する敬意を示すことが可能になっています。 堅苦しい響きのするフレーズではないので、普段からコミュニケーションをよくわかっている上司に対して使うことができる敬語表現とも言えます。 固い表現を普段からお世話になっている上司に対して使うと「馴れ馴れしいな」と感じられてしまうことがあります。 程よい敬意が示すために「お読みくださいましてありがとうございました」が適切になります。 「読んでくれてありがとう」の敬語表現で細かい気遣いを示す 会社勤めしているのであれば、会社で一緒に働いている同僚や、取引先の人が資料を読んでくれた時にも感謝を示さなければなりません。 もちろん、感謝を示さなければいけないというルールがあるわけではありませんが、そのような細かい気遣いが大事なこととされています。 そのため、もし「読んでくれてありがとう」というメッセージを職場の同僚や目上の人に対して伝えたいのであれば、このフレーズの敬語表現に精通しておく必要があるでしょう。 この記事の中で取り上げた1つ1つの敬語表現を自分の会話の中で使うことができるようになれば、どんな立場の人と会話をしていたとしても、相手の人に対してふさわしい敬意を示すことができるようになるはずです。

次の

教授へのメールの書き方と文例が丸わかり! 返信時のポイントも解説|#タウンワークマガジン

拝読 メール

拝読 / 相手の手紙や文章などを自分が拝むながら読むという謙譲表現。 類語に「拝見」「読ませて」がある。 6月5日付貴信、謹んで拝読いたしました• さて、拝読しました御状によると、長谷川様にはこのたびご入社とのこと、誠におめでとうございます。 メール拝読いたしました• 7月20日付のお手紙,まさに拝読いたしましたところ,お買い上げの商品に破損箇所があったとのこと,誠に申し訳ございません。 斎藤様、お手紙拝読いたしました• このたび先生のご著書「東大式記憶法」を拝読し、ぜひ当校の生徒にも学ばせたい内容であると考え、お願い申し上げる次第です• ご拝読有難うございました• お手紙拝見いたしました。 去る5月20日付のお見積書を拝読いたしました。 弊社で検討を重ねましたが、残念ながら貴意に添いかねることとなりました。

次の

手紙・メールの名前の後ろについている「拝」ってどんな意味があるの?

拝読 メール

「確認しました」という形でももちろん使用できますが、この言葉では丁寧な表現にできません。 後述する例文内にあるような、「確認させていただきました」などを目上の人に確認メールを出す場合は使用するようにしましょう。 相手への敬意がきちんと伝わります。 確認メールを送信する主な目的は、多くの場合シンプルで「メールを確認しました」という旨を伝えることです。 これを目的にしたメールなので、丁寧な文章を心掛けすぎて言葉が多すぎたり、複雑すぎると逆に相手の時間や手間を奪うことになります。 丁寧ながらもすっきりとした文章を心掛けましょう。 」です。 これは、一番シンプルでありながら、敬語表現を使い相手への敬意を表した良い表現です。 この例文を使用した後、例えば「内容には問題ありませんので、いただいたプラン通り同案件を進めていければと考えます。 」など内容を確認した上で自分が取りたい行動について言及するのも良いでしょう。 」です。 「拝読する」とは「読む」という言葉を敬語にした丁寧な言葉です。 1つ目の例文と同様、その後で「内容に関しては特に問題ないようですので、このまま契約を進めていければと思います。 」など自分の見解や意見を述べましょう。 」です。 「拝受する」とは「受け取る」という言葉の丁寧な表現です。 この表現は、「いたしました」という「する」の敬語表現も重なっているので非常に丁寧な響きとなる表現です。 目上の人や自分が懇意にしている大切な取引先の人に使用するとより効果的です。 」です。 この表現は、ただ「メール」を確認したのではなく、あくまでもその「内容」をしっかり確認したという事実を相手に伝えられます。 「メールを確認する」と言っても、それをメールボックスの中にあるのを見る、内容をざっと読む、詳細を確認するなど色んな「確認する」形態があります。 この中でも自分が確認した内容をしっかり伝えたい場合は当例文を使用しましょう。 」です。 この表現は、メールの内容を確認したというよりは、それを確実に受け取ったという事実を強調して相手に伝える際に役立つものです。 この例文の後に、例えば「内容の方も拝見いたしましたが、問題ないようですのでこのまま上司に報告しまた折り返しご連絡させていただきます。 」などの形で続けましょう。 」です。 これは、メールの添付ファイル内容に何か問題があった場合に使える表現です。 相手の時間と労力に負担をかけないためにも、後に「該当の箇所は資料内~ページの~行目の~です。 」としっかり問題箇所を指摘して返信するように心掛けましょう。 」です。 これは、確認したメール内容内に何か不備を見つけた場合に使用できます。 例文1つ目の例と同様、具体的に不備内容箇所を指摘した後、「大変お手数ですが、修正をいただき再度ご連絡いただけると幸いです。 」などの言葉を続けましょう。 」です。 これは、メールにざっと目をとした結果、数字が誤っていたことを見つけた際に使用できます。 この場合も先述した例と同様、該当箇所をきちんと指摘しましょう。 その後、丁寧に折り返し連絡が欲しい旨を伝えておくとスムーズでしょう。 」です。 これは、相手が手違いで他の案件に関する内容メールを送ってきた際にそれを知らせる際に使用できます。 ビジネスでは特にお互い数多くの人を相手に仕事をする関係で、間違った内容のメールを相手に送ってしまうこともあります。 その場合はこの例文のように丁寧にお知らせしましょう。 」です。 これは、相手が該当メールにファイルを添付し忘れた際にそれを知らせるものです。 4つ目の例と同様、メールへのファイル添付を忘れるということも良く起こります。 添付ファイルを確認しないと話を先に進められない場合はしっかり相手に送ってもらえるように依頼しましょう。 」です。 直訳すると「私はあなたのメールを読みました。 」となり、転じて「メールを確認しました。 」となります。 」です。 これは、直訳すると「私はあなたのメールを受け取りました。 」となり、転じて「確認しました」という意味になります。 これは、直訳すると「私はあなたのメールを見てみました。 」となり、転じて「確認しました」という内容を伝えられます。 」です。 これは、直訳から「私はあなたのメールを確認しました。 」という意味となり、そのままの意味で使用できます。 」です。 これは、「私はあなたのメールの内容を確認しました。 」という意味となり、そのままの意味で使用できます。 相手側の状況によってはすぐに内容を確認してもらえない、あるいは相手の直接的な反応がすぐに得られない場合もあるメールは緊急なやりとりに向きません。 その場合は電話で伝えるようにしましょう。 これは自分が非常に忙しく、相手に「確認しました」という内容のメールを返信する間もないケースです。 メールをするより電話の方が効率が良いという場合は電話を選びましょう。 相手の会社を訪問した際や同じ会議やイベントに出席する機会などに直接「メールは届きましたか?」と確認してみましょう。 相手に「こちらから先日お送りしたメールは届きましたでしょうか?」とお伺いのメールを出しましょう。 丁寧な文面にしておくのがポイントです。 直接、電話を使って「昨日お送りしたメールは届きましたでしょうか?」などの形で聞いてみましょう。 場合によっては一番効率の良い方法です。 「確認しました」のメールへ返信する必要はある? 相手に余計な手間と時間をかけそうな場合は特に返信の必要はない 基本的に、相手が非常に忙しい人などの場合は、相手に余計な手間と時間をかけそうな場合は特に返信の必要はありません。 返信するのが丁寧、と思うかもしれませんがそれは相手の状況とタイミングにもよります。 逐一自分で判断しましょう。 緊急性などがあれば「確認させていただきました」と敬語で返信しよう 仮に相手から「緊急なのでこのメールにすぐ確認のメールしてください。 」などと伝えられた場合は、「お送り頂いた確認完了メールについてこちらでも確認させていただきました。 」などの形で返信しましょう。 敬語で返信できるとベストです。 「確認しました」のビジネスメールの書き方を覚えて仕事に活用しよう! 当記事では、「確認しました」のビジネスメールの書き方や注意点などを具体的な例文も交えて詳しくお伝えしてきました。 ぜひこの書き方を覚えて仕事にも積極的に活用してみてください。 下記関連記事内では、「ご確認ください」のビジネスメール例文をご紹介しています。 興味のある方はこちらもチェックしてみてください。

次の