はる内科小児科クリニック。 岡崎市にある心療内科、精神科、児童(小児)精神科の岡崎駅はるさきクリニック|心療内科|精神科|児童精神科|小児精神科|うつ病|ストレス|やる気がでない

坂井市 内科 小児科 クリニックはるさか

はる内科小児科クリニック

当クリニックの目標 どんな小さなことでも気軽に相談できるかかりつけ医を目指しています。 ) 薬物療法だけではなく、食事や運動、トレスへの対処法などの生活療法を大切にしていきます。 子どもたちは社会の宝です。 診察室で診るだけでなく地域に出かけていって、地域の人たちとともに子育ての環境づくりに取り組み、広く子育てのことをみんなと語り合い、考えていきたいと思っています。 当クリニックのめざすこと(クレド) はるこどもクリニックの使命は、 「子どもを育て、人を育て、地域を育てる」 こと はるこどもクリニックの目標は、 「子どもたちの笑顔を増やし、前向きに生きる力を育む」 こと そのために、以下のことに心がけます。 一人ひとりの物のみかた、考え方、文化の違いを大切にし、ていねいに話を聞きます。 説明をていねいに行ない、常に選択肢を示し、治療に取り組む力を引き出します。 自分にこだわることをやめ、声をかけあい、職種の垣根を越えて、協力しあいます。 個人の問題にせず、常に全体で話し合い、失敗から学ぶことを大切にします。 子どもが健やかに育ち、人が健やかに育つための豊かな地域づくりめざします。

次の

はるクリニック

はる内科小児科クリニック

2020. ご理解、ご協力のほどお願いいたします。 マスクの着用をおねがいします 咳やくしゃみなど風邪症状がある方だけでなく、風邪症状などのない方やお子さまも、みなさまにマスクの着用をお願いしております。 ご来院の際は、マスクの着用をお願いいたします。 発熱、風邪症状の方の受診について 発熱、咳、風邪症状の方は、直接来院せず、 事前にお電話での問い合わせをお願いいたします。 お問い合わせの内容により、自治体の相談窓口へご案内する場合がございます。 新型コロナウイルスに関する診察について 以下に該当する方は、まず保健所または帰国者・接触者センターへご相談をお願いしております。 スタッフの健康管理について クリニックの全てのスタッフは出勤時に体温の測定および気道症状の有無を確認し、記録・管理をしております。 当院の定める規定に該当する場合は出勤を停止し、症状が治まるまでは自宅待機としております。 今後の状況変化により、各対応に変更が生じる可能性があります。 ご理解いただきますようお願いいたします。

次の

豊春内科小児科クリニックの口コミ・評判(9件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

はる内科小児科クリニック

2020. 9 診療時間の短縮について 政府の緊急事態宣言の発令を受けて、4月13日月曜日以降当面の間、診療時間を短縮させて頂く事になりました。 平日の内科診療時間を18:00までとさせて頂きます。 ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。 25 新型コロナウイルス感染症への対応について 患者さんへのお願い ・風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続く場合、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある等、 新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合は、 必ず事前に最寄りの 保健所あるいは厚生省都道府県の電話相談センターに電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。 ・感染を予防するため、院内ではマスクの着用を宜しくお願い致します。 また、飛沫感染の予防として、医療スタッフとの会話は必要最小限とさせて頂いております。 ご理解とご協力を宜しくお願い致します。 【帰国者・接触者相談センター連絡先】 川崎市中原区 044-744-3104 受付時間:8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日を除く) 【神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル】 044-200-0730 受付時間:8時30分~17時15分まで(土曜・日曜・祝日を除く) 新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談(コールセンター) 0120-565653(フリーダイヤル) 受付時間:9時~21時(土曜、日曜、祝日を含む) 外国人向けの相談(多言語対応)東京都保健医療情報センター「ひまわり」 03-5285-8181 受付時間:9時~20時(土曜、日曜、祝日を含む) クリニックの特長• 糖尿病 糖尿病は、高血糖が慢性的に続く病気です。 運動不足になりがちなライフスタイルや食生活の変化から、糖尿病患者数は増加し続けており、糖尿病予備軍も含めると日本国内の患者数は2000万人以上と言われています。 脂質異常症 脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪 トリグリセライド などの脂質が、一定の基準よりも多い状態のことをいいます。 以前は、高脂血症と呼ばれていました。 血液中に余分な脂質が多くなると、動脈硬化を起こしやすくなり、脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高くなります。 高血圧 日本国内の高血圧患者数は、約4300万人と推定されています。 高血圧を放置すると、動脈硬化が進行し脳卒中 脳梗塞、脳出血 や心筋梗塞あるいは腎臓病のリスクが高まります。 神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1100-14 フーディアム武蔵小杉2階 TEL:044-750-0303• 内科、糖尿病内科、小児科• 混雑状況により、ご希望に添えない場合もありますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

次の