吉村 マハル。 吉村真晴の年収と両親や兄弟も強い?嫁や子供とすごい経歴とは?

「バカじゃないと強くなれない」 メダリスト吉村真晴、壮絶な幼少期

吉村 マハル

2016年リオデジャネイロ五輪では銀メダルを獲得し、、丹羽孝希らとともに日本卓球の飛躍のきっかけをつくった。 2017年の世界選手権ドイツ大会では石川佳純とペアを組み、混合ダブルスでも優勝を果たし、今年からはロシアリーグへの参戦も決めた。 父に日本人、母がフィリピン人という吉村はどのような幼少期を送ってきたのか。 「僕はエリートタイプじゃない。 むしろ異端児って感じ」と自身のキャリアを語る。 彼はどんな軌跡を歩んできたのか。 本人に話を聞いた。 車が好きだったわけではない。 元卓球選手であり、吉村3兄弟のコーチである父に最も厳しく叱られるのが「助手席に座らされたヤツ」だったからだ。 卓球クラブと家の往復の間、誰が怒られるか。 「真晴、助手席だ」。 その言葉を聞くたびに「またかよ…」とため息をついた。 要注意は赤信号で停止してから。 フォームに関して厳しい叱責が飛んでくるからだ。 茨城県の中でも海に面した東海村で暮らす吉村少年の最も古い記憶は小学1年の頃に遡る。 無論、ラケットを握っていた光景だ。 「多分幼稚園の頃から卓球は始めていたと思います。 小学生の時は平日6時から9時くらいが練習時間」だった。 場所は父である弘義氏が指導するクラブ、6時までの間は母が厳しく学校の宿題をチェックしていた。 「宿題していないと親父がめちゃくちゃ怒る。 まぁ卓球でもめちゃくちゃ怒られるんですけど(笑)」。 時には「車で遠くまで連れて行かれて、そこで降ろされて一人で帰ってこい!ということもありましたね。 修行のためだと思うんですけど、小学生ですから、帰れないでひたすら泣いていました」と苦笑する。 「マハル」がフィリピンのタガログ語で「愛する」という意味だったのは奇妙な偶然だったかもしれない。 吉村が「一番キライ」だった練習 スパルタな父だったが卓球以外では「多趣味で、いい親父だった」という。 ゴルフに釣り、サーフィンや浜辺でのしじみ採り…時には燻製の作り方も教わった。 だが、些細なことから「卓球スイッチ」が入ると吉村3兄弟に緊張が走った。 何かやってやろうという気持ち。 吉村3兄弟が最も嫌った練習がある。 それが近くのコミュニティセンターで行われる「吉村家だけの練習」だ。 卓球スペースの一画をカーテンで仕切り、父とのマンツーマンでの練習が始まる。 「お前、そんなんじゃ入んねっぺよ!!」いつも完璧な姿勢で打球を求められた。 「オメエ、何してんべえ!!」。 練習場に設置されている網付き棒はボールを拾うためではなく、吉村たちの足をビシビシと指導するためのものになっていた。 「毎日卓球をやめたいと思ってました」と激闘の日々を振り返る。 それが「試合」だ。 幼少期から吉村は華々しい成果を残し、名門秀光中等教育学校へと進学する。 そこで吉村の卓球人生は大きな転換点を迎えることになる。 吉村真晴選手をUnlimで応援しよう 「兄・真晴、弟・和弘ともプロ卓球選手として世界を舞台に戦っています。 兄弟で日本卓球界の発展に貢献していきたいです」。 吉村真晴選手へのギフティング(寄付による支援)は下記の「Unlim」より実施可能です。 ご支援宜しくお願いします! 写真:伊藤圭 取材・文:武田鼎(ラリーズ編集部).

次の

敵へ拍手を贈る「吉村真晴イイ奴伝説」

吉村 マハル

シングルス 2011• 全日本選手権 混合ダブルス 2014 受賞歴 2017 目次• 人物 [ ] 父は日本人、母はフィリピン人であり、名前の真晴(マハル)はで『愛する』を意味する言葉である。 弟の、も卓球選手であり、和弘はののジュニアの部で優勝、の同大会一般の部シングルスで準優勝などの成績を残している。 卓球には幼稚園児当時から興味を持ち始め、小学校入学と同時に始めた。 吉村の父親が元卓球選手で地元東海村でジュニア世代専門の東海クラブを指導していたことから、吉村も父の指導により厳しく鍛えられた。 小学校は東海村立白方小学校、中学校はのへ進学、中学校3年時にのへ転校、その後に野田学園高等学校に進学した。 高校3年生となったになると、2月のに出場しを準決勝で下して決勝に進出、決勝戦での前に敗れはしたが準優勝を果たすと、アジアジュニア卓球選手権男子シングルスで日本人選手として初優勝を飾りでは男子シングルス/男子ダブルス3位の好成績を挙げるなどの躍進ぶりが際立った。 1月に開催された全日本卓球選手権大会では準々決勝で森本耕平、準決勝でを破り決勝進出を決めると、決勝では前年のジャパントップ12で敗れた水谷と対戦、試合はファイナルゲームの3-3まで縺れ込む互角の展開となった。 しかしエッヂ、サーブミスで流れが水谷に傾き10-7でマッチポイントを握られて瀬戸際まで追い詰められたものの、そこでタイムアウトをとった吉村は後がない状況の中、今まで出したことのないミドルトスサービスからの速攻で再び流れを呼び込み5本連取し、ゲームカウント4-3で勝利を収め高校生として2人目の全日本王者に輝いた。 2012年4月からはへ進学した。 2012年、大会、大会の日本代表に選出された。 、スペインオープンで初のプロツアー大会優勝を果たす。 2015年大会で、38年ぶりとなる混合ダブルス銀メダルを獲得する。 2015年、 、、と世界4強選手のうち3人が出場し非常にハイレベルな大会となったジャパンオープンで、1回戦では大会時19位の、2回戦では大会時世界ランキング11位の、そして準々決勝では大会時世界ランキング5位の日本のエース水谷に勝ち進んできた大会時世界ランキング16位のといった、世界ランキング10位代の強豪選手を3人連続で破り、準決勝では大会時世界ランキング1位の馬龍に勝利して勝ち上がった中国選手のに劇的な勝利を収め、決勝ではに敗れたものの、6人の中国選手と世界のトップ選手が出場する中で大会時世界ランキング30位の吉村が準優勝にまで割り込むという、異例の成績を残した。 2015年ジャパンオープン後の世界ランキングは自己最高となる20位にまで上がり、世界ランキングで、松平を追い抜き水谷、に次ぐ日本人で3番目となった。 2015年9月の世界ランキングでは18位と国内選手では3番目を維持したことから、9月19日にの3人目の代表に決定した。 の世界卓球では団体戦のメンバーに選ばれ銀メダルを獲得した。 9月に結婚した事を発表した。 2017年4月に長女が誕生した。 2019年のは当初出場予定が無かったが、が怪我をしたために急遽石川佳純との混合ダブルスに出場した。 決勝で敗れるも銀メダルを獲得し、3大会連続の混合ダブルスでのメダルとなった。 の1stシーズンはに所属し、2ndシーズンから琉球アスティーダに移籍した。 戦績 [ ]• (2010年) 男子ダブルス 優勝(ペア)• (2011年) 男子シングルス 準優勝• 第51回 男子シングルス 優勝/男子ダブルス 準優勝(ペア)• 世界ジュニア卓球選手権大会(2011年) 団体 準優勝/男子シングルス 3位/男子ダブルス 3位(丹羽孝希ペア)• 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(2011年) 卓球・男子シングルス 3位/男子ダブルス 優勝(有延大夢ペア)• アジアジュニア卓球選手権大会(2011年) 男子シングルス 優勝/男子ダブルス 準優勝(ペア)• 全日本卓球選手権大会(2012年) 男子シングルス 優勝• (2012年) 男子シングルス 準優勝• スペインオープン(2015年) 男子シングルス 優勝• 世界卓選手権個人戦 2015年 混合ダブルス 準優勝(ペア)• クロアチアオープン(2015年) 男子シングルス 優勝• ジャパンオープン・荻村杯(2015年) 男子シングルス 準優勝• (2016年) 団体銀メダル• 全日本卓球選手権大会(2017年) 混合ダブルス 準優勝(石川佳純ペア)• ジャパントップ12卓球大会(2017年) 男子シングルス 準優勝• 第23回(2017年) 男子団体 3位/男子ダブルス 3位(丹羽孝希ペア)• 男子ダブルス 3位(丹羽孝希ペア)/混合ダブルス 優勝(石川佳純ペア)• 中国オープン(2017年) 男子ダブルス 優勝(ペア)• ブルガリアオープン(2017年) 男子ダブルス 優勝(上田仁ペア)• 混合ダブルス 準優勝(石川佳純ペア)• 第24回(2019年) 男子団体 3位/男子ダブルス 3位(ペア) 成績 [ ] この節のが望まれています。 銀メダル()• 準優勝() ITTF世界ランキング [ ] 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2014年 118 108 106 91 85 81 60 2015年 57 59 61 43 43 30 20 20 18 18 18 21 2016年 21 24 19 21 15 19 22 21 23 24 24 27 2017年 28 27 28 30 30 32 37 31 25 30 25 27 2018年 23 21 20 22 25 30 Tリーグの成績 [ ] 年 所属チーム 背番号 種目 試合数 勝利 敗戦 種目 試合数 勝利 敗戦 2018-19 1 シングル 11試合 4勝 7敗 ダブルス 3試合 1勝 2敗 2019-20 17 シングル ダブルス 受賞 [ ]• 茨城県東海村民栄誉賞• (2017年) 脚注 [ ] []• バタフライ• 日刊スポーツ 2012年1月23日閲覧参照• 毎日新聞 2012年1月22日閲覧• - デイリースポーツ、2016年3月11日閲覧• - 愛知工業大学、2016年3月11日閲覧• - 卓球王国WEB、2016年8月20日閲覧• - デイリースポーツ、2016年9月10日閲覧• 報知新聞社. 2017年6月3日. 2017年6月4日閲覧。 - スポーツ報知、2019年4月26日閲覧• - スポニチ、2019年4月26日閲覧• - Rallys、2019年8月15日閲覧 関連項目 [ ]• - 吉村真晴同様に父が日本人で母がフィリピン人の選手、2017年の世界選手権にフィリピン代表で出場。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 卓球ナビ.

次の

吉村真晴と石川佳純はハグして抱き合う仲?

吉村 マハル

いま卓球人の多くが、感動している。 「吉村真晴選手はイイ奴!」ということに。 感動が感動を呼ぶように、人から人へと伝わっている「吉村真晴イイ奴伝説」。 その証拠は、数えきれないほど。 1:相手の良いプレーに拍手する 相手を睨む、挑発する、そんな 殺伐とした試合スタイルとは一線を画す聖人ぶり。 1:53からの平野友樹vs吉村真晴(5回戦)のシーン、平野選手のプレーも凄いし、そのファインプレーに吉村選手が拍手しているのもいい。 — 卓球王国 worldtt 卓球で点を取られた時、相手に良いプレーを決められた時は、どうしても悔しい気持ちが勝ってしまい、相手を称える事などとても難しいもの。 例え練習中でも、なかなか良い攻撃を決められた時に「ナイスボール!」などとは、言おうと心がけていても言えないもの。 とても難しい「試合中の相手をホメる行為」、それをやってしまうのがマハルだ。 まさに「イイ奴」に他ならない。 ある種、全日本選手権でもっともカッコいいシーンだった。 2:謙虚すぎるぐらい、謙虚 例えば…混合ダブルスのパートナー、石川佳純を評し「前陣のプレーは僕以上」と発言している。 「前に出てスピーディーな返球をするのは、(男子の)自分よりうまい」というのだ。 これもイイ奴発言。 「なるべく何でも女の上に立ちたい」というどうしようもないプライドをいつもいつでも捨てきれないのが男なのに!やっぱり 「イイ奴」! さらに・・・日本を驚かせた、高3で水谷を破っての全日本選手権制覇の時のコメントもふるっている。 「水谷さんは目標にしていた選手。 自分が(連覇を)止めちゃっていいのかなと思った」 「本当に、俺で良いんですか」と言わんばかりの極度の謙虚さ。 実際にこの時、水谷選手モデルの「水谷隼FL」を使っていたとされ、まさにウソの無い超・謙虚発言! 3:ファン想い さらに! Twitterでは、知り合いや有名人だけで無く、市井のファンたちのリプライにも、律儀に返答を続けている。 戦法への質問にも答えている。 練習で疲れていたりもするハズなのに… なんて(イイ)奴だ! ( ただし、吉村選手へのさらなるリプライを薦めている訳ではありません。 お忙しい吉村選手なので、リプライはほどほどに) 4:仲間を大切にする そんなイイ奴吉村は、仲間への思いにもしっかり応える。 これは美容院の方の元へ訪問した際の写真だと言う。 またもや、エラい。 卓球 インカレ 吉村真晴の肩の故障もあったが、本人はやれるところまでやると言ってくれて、負けても主将としてチームをまとめてくれました。 無理はして欲しくないのが大前提だが、 肩の故障をした状態でコートに立ち、主将として背中で皆を引っ張った姿は、ケガの吉村が失った得点以上に大きなものをチームに与えたに違いない。 伊藤みまと吉村真晴の会話が完全にタメの会話で草生える — まぱるー koki9201 伊藤美誠選手とのやりとり。 年齢が離れた者とも、仲良くできる姿は、まさに別け隔てなく人と付き合っている証明でもある。 Twitterでも伊藤美誠ら歳の離れた友人たちとの時々やりとりを見ることができるが、 実に微笑ましい、微笑ましすぎる。 さらにここでは大きく取り上げないが、 世界選手権の混合ダブルスでメダルを決めた際の石川選手とのハグに関しても、私は「イイ奴!」を感じている。 ああいったものは実は男の方から遠慮して、避けてしまうもの。 それを 男性側から積極的にハグをした事で、士気は確実に高まったはず。 恥ずかしい事でも率先して行う吉村は、やはり 「イイ奴」 (何%かは「カスミンとハグ出来て嬉しい!」とか思ってるかも知れないけど)。 好きな言葉は「人間力」。 その通り、人間力を僕らへ魅せつけてくれている吉村真晴。 多くの選手が大学で東京へ出る中、愛知という場所で爪を研ぎ、その成果をクアラルンプール、そしてリオで大いに開花させたマハル。 持ち前の ピン球が弾けんばかりのドライブやマジックサーブで、世界選手権で大暴れして、男子の試合の面白さを存分にお茶の間に届けて欲しい。 イイ奴は、凄い奴。 「勝負師はもっと厳しくあるべき」という精神論よりも、こういう人こそ勝って欲しいし、俺達は応援してしまうのである。 マハル、世界に向かって挙げる二本の指のように、その人間力と卓球力を魅せつけてくれ!.

次の