スフィンクス なぞなぞ。 スフィンクスのなぞなぞの「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足、これ...

スフィンクスの謎についてわかりやすく解説|141ちゃん|note

スフィンクス なぞなぞ

Contents• 「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足」 「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足。 これは一体何か?」 この「なぞなぞ」を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか? そう。 答えは「人間」です。 赤ん坊は両手と両足を使ってハイハイで歩くため4本足の朝。 やがて成長し手をつかずに歩く昼。 年老いて杖が必要になった夜…。 人間の一生を一日に例えた問いです。 じつはこれと同じ問いが、 ギリシア神話のオイディプス王の物語に存在することはご存知でしょうか? ギリシア神話:オイディプス王の物語 『Oedipus and the Sphinx(オイディプスとスフィンクス)』(Gustave Moreau(ギュスターヴ・モロー画)、) 上記の「なぞなぞ」が登場するのは、ギリシア神話のオイディプス王の物語です。 まずは、あらすじを簡単にご紹介しましょう。 物語の舞台は「テーバイの国」。 この国の王に男児が生まれます。 しかし国王は「男児が生まれたならば、その子はやがて父親を殺すであろう」という神託を受けていました。 よって、王は生まれた子供を隣国との国境近くの山中に捨てさせます。 しかし、その子供は隣国の王に運よく拾われ、王夫婦に育てられることとなります。 この隣国の王に拾われた子供が、 物語の主人公、オイディプスです。 成長した彼はやがて「父親を殺し、母を娶るであろう」という神託を受け、それを避けるため故郷を後にします。 しかし、故郷を出たオイディプスがたどり着いたのは「テーバイの国」でした。 そうとは知らぬまま、彼は本当の生まれ故郷に帰ることとなったのです。 テーバイへ帰った彼は、そこで 民を苦しめていた怪物スフィンクスの存在を知ります。 そして その怪物と対決、これを退治したことで国王として迎えられることとなります。 しかしその時、テーバイの王妃であり、新たに彼を夫に迎えたのは彼の実の母親でした。 またテーバイへの道中、とある山中で彼は道の取り合いから老人を殺してしまいました。 なんと、その老人は実の父親だったのです。 これらの真実を知った王妃は、自らの命を絶ちました。 そしてオイディプス自身も自ら両の眼を潰し、盲目となり流浪の旅に出るのです。 以上が、この物語の簡単な内容です。 この中に登場する 怪物、スフィンクスこそが「なぞなぞ」の出題者なのです。 神話の怪物、スフィンクス オイディプスとスフィンクス(Carole Raddato from FRANKFURT, Germany) 「なぞなぞ」を出題する怪物、スフィンクス。 その顔は人間の女性、胴体はライオンの姿であると言われています。 (中には、これに加えて鳥の翼を持つとする場合もあります。 ) 『Sphinx of Hatshepsut(ハトシェプスト女王のスフィンクス)』() スフィンクスという単語は、あなたも一度はゲームや漫画、世界史などで耳にしたことがあるのではないでしょうか? 本来、スフィンクスはエジプト神話の生物であるとされています。 しかし その存在は、ギリシア神話やメソポタミア神話などにも取り入れられており、幅広い地域の神話や伝承に登場します。 エジプトで有名なスフィンクスと言えば、ギザ大地にある三大ピラミッド近くに存在する、大スフィンクスではないでしょうか。 ここでのスフィンクスは「王家のシンボル」「王の偉大さの象徴」「守護者」など神聖な存在とされています。 ですが ギリシア神話におけるスフィンクスは、「民を困らせ、人を食らう怪物」という、エジプトとは異なった存在として扱われています。 同じ姿形でも、一方は善、もう一方は悪の存在。 それは人間の中にもある善悪の二面性のようにも感じられます。 心理学にも受け継がれたエピソード 「エディプス・コンプレックス」という言葉をご存じでしょうか? これは主に心理学で使われるものですが、これも 実はこのオイディプス王の物語から創られたものです。 オイディプスは父親を殺し、母を娶りました。 これと同様に、 人間の男子は幼児期に無意識に母親に愛着を持ち、自分と同性である父親に敵意を抱く心理傾向を持っているというものです。 「エディプス」というのはオイディプスの英語風の呼び名です。 「エディプス・コンプレックス」とは、精神病理学者であるフロイトがこのエピソードから創造した心理学用語なのです。 この他にも心理学用語の元となった神話の物語は多数存在しますので、興味がある方は調べてみると面白いかも知れません。 最後に… オイディプス王の物語は、結果「彼の父が受けた神託」と「彼本人が受けた神託」その両方が現実となるというものです。 神託を双方が避けようとした結果、その通りになってしまう……。 最善を選んだつもりが全く逆の結果になってしまう……。 なんてことは現在、日々生活を送る中でも実際にあることではないでしょうか。 神話が作られた遠く遥かな過去。 今ある現在。 時間は遠く離れ、生活や文化も違ってはいますが、過去の人々も現在の人々も、どこか同じ考えのようなものが奥底にあるのではないかと筆者は思います。 そしてそれが、古代の神話が現在に残り、また、ゲームや小説、漫画、絵画という芸術から遊びまでのあらゆる作品に用いられる所以なのかも知れません。

次の

なぞなぞ

スフィンクス なぞなぞ

Contents• 「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足」 「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足。 これは一体何か?」 この「なぞなぞ」を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか? そう。 答えは「人間」です。 赤ん坊は両手と両足を使ってハイハイで歩くため4本足の朝。 やがて成長し手をつかずに歩く昼。 年老いて杖が必要になった夜…。 人間の一生を一日に例えた問いです。 じつはこれと同じ問いが、 ギリシア神話のオイディプス王の物語に存在することはご存知でしょうか? ギリシア神話:オイディプス王の物語 『Oedipus and the Sphinx(オイディプスとスフィンクス)』(Gustave Moreau(ギュスターヴ・モロー画)、) 上記の「なぞなぞ」が登場するのは、ギリシア神話のオイディプス王の物語です。 まずは、あらすじを簡単にご紹介しましょう。 物語の舞台は「テーバイの国」。 この国の王に男児が生まれます。 しかし国王は「男児が生まれたならば、その子はやがて父親を殺すであろう」という神託を受けていました。 よって、王は生まれた子供を隣国との国境近くの山中に捨てさせます。 しかし、その子供は隣国の王に運よく拾われ、王夫婦に育てられることとなります。 この隣国の王に拾われた子供が、 物語の主人公、オイディプスです。 成長した彼はやがて「父親を殺し、母を娶るであろう」という神託を受け、それを避けるため故郷を後にします。 しかし、故郷を出たオイディプスがたどり着いたのは「テーバイの国」でした。 そうとは知らぬまま、彼は本当の生まれ故郷に帰ることとなったのです。 テーバイへ帰った彼は、そこで 民を苦しめていた怪物スフィンクスの存在を知ります。 そして その怪物と対決、これを退治したことで国王として迎えられることとなります。 しかしその時、テーバイの王妃であり、新たに彼を夫に迎えたのは彼の実の母親でした。 またテーバイへの道中、とある山中で彼は道の取り合いから老人を殺してしまいました。 なんと、その老人は実の父親だったのです。 これらの真実を知った王妃は、自らの命を絶ちました。 そしてオイディプス自身も自ら両の眼を潰し、盲目となり流浪の旅に出るのです。 以上が、この物語の簡単な内容です。 この中に登場する 怪物、スフィンクスこそが「なぞなぞ」の出題者なのです。 神話の怪物、スフィンクス オイディプスとスフィンクス(Carole Raddato from FRANKFURT, Germany) 「なぞなぞ」を出題する怪物、スフィンクス。 その顔は人間の女性、胴体はライオンの姿であると言われています。 (中には、これに加えて鳥の翼を持つとする場合もあります。 ) 『Sphinx of Hatshepsut(ハトシェプスト女王のスフィンクス)』() スフィンクスという単語は、あなたも一度はゲームや漫画、世界史などで耳にしたことがあるのではないでしょうか? 本来、スフィンクスはエジプト神話の生物であるとされています。 しかし その存在は、ギリシア神話やメソポタミア神話などにも取り入れられており、幅広い地域の神話や伝承に登場します。 エジプトで有名なスフィンクスと言えば、ギザ大地にある三大ピラミッド近くに存在する、大スフィンクスではないでしょうか。 ここでのスフィンクスは「王家のシンボル」「王の偉大さの象徴」「守護者」など神聖な存在とされています。 ですが ギリシア神話におけるスフィンクスは、「民を困らせ、人を食らう怪物」という、エジプトとは異なった存在として扱われています。 同じ姿形でも、一方は善、もう一方は悪の存在。 それは人間の中にもある善悪の二面性のようにも感じられます。 心理学にも受け継がれたエピソード 「エディプス・コンプレックス」という言葉をご存じでしょうか? これは主に心理学で使われるものですが、これも 実はこのオイディプス王の物語から創られたものです。 オイディプスは父親を殺し、母を娶りました。 これと同様に、 人間の男子は幼児期に無意識に母親に愛着を持ち、自分と同性である父親に敵意を抱く心理傾向を持っているというものです。 「エディプス」というのはオイディプスの英語風の呼び名です。 「エディプス・コンプレックス」とは、精神病理学者であるフロイトがこのエピソードから創造した心理学用語なのです。 この他にも心理学用語の元となった神話の物語は多数存在しますので、興味がある方は調べてみると面白いかも知れません。 最後に… オイディプス王の物語は、結果「彼の父が受けた神託」と「彼本人が受けた神託」その両方が現実となるというものです。 神託を双方が避けようとした結果、その通りになってしまう……。 最善を選んだつもりが全く逆の結果になってしまう……。 なんてことは現在、日々生活を送る中でも実際にあることではないでしょうか。 神話が作られた遠く遥かな過去。 今ある現在。 時間は遠く離れ、生活や文化も違ってはいますが、過去の人々も現在の人々も、どこか同じ考えのようなものが奥底にあるのではないかと筆者は思います。 そしてそれが、古代の神話が現在に残り、また、ゲームや小説、漫画、絵画という芸術から遊びまでのあらゆる作品に用いられる所以なのかも知れません。

次の

ABC006

スフィンクス なぞなぞ

「スフィンクス」人の王であり百獣の王でもあるもの スフィンクスと聞いて砂漠の中に猫が香箱を組むようにして佇むあの像を思い浮かべるでしょう。 そうです。 その通りです。 あれこそがエジプト神話におけるスフィンクスの姿なのです。 エジプトではスフィンクスは神聖な存在です。 それは王家の象徴とされていて神と同じように崇められてきました。 スフィンクスを思い浮かべてみてください。 スフィンクスの頭に被せられているものを。 あれはネメスという帽子のようなものですがツタンカーメンの仮面を思い出してもらえると分かりやすいと思います。 スフィンクスはそこネメスを被った王ファラオの顔と百獣の王であるライオンの体を合わせたものです。 そのスフィンクスは大変神聖なもので敵を倒す力と王を守るための力を与えてくれると考えられています。 「スピンクス」ゲームと謎かけが好きなエキドナの娘 場所は変えて舞台を古代ギリシャに移しましょう。 古代ギリシャより伝わる神話ギリシャ神話にもスフィンクスが登場します。 ですがギリシャ神話ではスピンクスと呼ばれています。 ギリシャ神話に登場するスピンクスはエジプトのスフィンクスとは容姿が少々異なります。 百獣の王ライオンの体を持つのは同じですがその顔はファラオではなく女性の顔です。 そしてその背中には鷲の翼を持っているのです。 エジプトのスフィンクスが神のように崇められていた一方でギリシャ神話のスピンクスは怪物とされているのです。 このスピンクスのようにいくつかの生物が合成されたような容姿の怪物はギリシャ神話には他にも登場します。 犬と蛇を合わせたケルベロスにオルトロスの兄弟、ライオンと山羊と蛇を合わせたキマイラもそうです。 ケルベロスにオルトロスやキマイラには実は共通点があります。 それは母親が同じだということです。 その母親とは人と蛇が合わさった怪物エキドナです。 今回お話ししているスピンクスもまたこのエキドナの娘なのです。 スピンクスの時折尻尾が蛇になっている描写がされますがそれはエキドナの血を引いている証拠なのでしょう。 神話の中には怪物スピンクスが破壊や殺戮を繰り返すような描写はありません。 ただ彼女はゲームと謎かけが大好きなのです。 スピンクスがいるのはピキオンという山です。 彼女はここを通る旅人になぞなぞを出します。 冒頭でお話ししたなぞなぞを出すスフィンクスについてですがなぞなぞを出すのはエジプトのスフィンクスではなくギリシャ神話のスピンクスの方なのです。 さて、このなぞなぞ好きなスピンクス。 もし彼女の出すなぞなぞに答えられなかったらどうなるのでしょうか? ゲームが好きとは言え仮にも彼女は怪物です。 そのなぞなぞに間違って答えてしまうと食べられてしまいます。 でも安心してください。 何も答えずに引き返すことも出来るんですよ。 なおスピンクスは戦いにおける死から身を守る力の象徴でもあります。 不死と言われた彼女の母親エキドナの力を受け継いだのでしょうね。 エジプトのスフィンクスとギリシャのスピンクス 今回お話ししたスフィンクスとスピンクスは容姿も名前も違いますが同一の存在とされています。 スフィンクスが持つ敵を倒す力と王を守る力。 スピンクスが持つ戦いでの死から身を守る力。 どちらも戦う者の味方であることは間違いありません。 崇め敬うことでその力を与えてくれるスフィンクスに対してスピンクスの加護を受けるにはどうすれば良いのでしょうか。 スピンクスにとって謎かけやゲームは戦いそのものです。 なぞなぞに答えずに引き返す者は彼女にとっては戦いに身を投じてすらいないのです。 間違って答えてしまえば彼女に食べられてしまいますがそこにはきっとスピンクスから戦った者へ敬意が込められているのではないでしょうか。 スピンクスに勝つにはどうすれば良いのか。 それは簡単です。 スピンクスにとっての戦いつまりゲームに勝つことです。 現に彼女はなぞなぞに正解された際は海に身を投げるそうです。 目の前に戦いが現れた時あなたはどうしますか? 逃げれば何も手に入らない。 戦えば力が手に入るかもしれない。 あなたは逃げますか?それとも戦いますか? それでは今日はこのあたりで。

次の