バーフバリ 相関 図。 『バーフバリ』映画の相関図とキャスト紹介!複雑な人間関係がスッキリ

豪華絢爛な超大河ドラマ『ポロス ~古代インド英雄伝~』翻訳者が語る 『バーフバリ』との違いと字幕制作舞台裏

バーフバリ 相関 図

バーフバリ伝説誕生のネタバレあらすじ:起 遠い昔、インド一帯を支配していたマヒシュマティ王国の時代。 赤ん坊を抱きかかえたひとりの老女シヴァガミ(ラムヤ・クリシュナ)は、追っ手の兵士から逃れながら滝の下に降り、近くの村に向かおうとしたところで足を滑らせて川に転落してしまいます。 シヴァガミはシヴァ神に「自分の命と引き換えに赤ん坊の命を救って欲しい」と祈りを捧げ、赤ん坊は奇跡的に村人たちに救出されましたが、シヴァガミは命を落としてしまいます。 25年後、逞しい青年に成長したシヴドゥは(プラバース)は養母サンガの反対をよそに滝の上の世界へ興味を抱き、何度も何度も滝をよじ登ろうと試みていました。 そんなある日、滝の上から女性の物らしき仮面が流れ着いたのを見つけたシヴドゥはその持ち主に会いたいとの思いを強くし、そこに現れた天女の幻に導かれるようにしてようやく滝の上の世界に這い上がりました。 バーフバリ伝説誕生のネタバレあらすじ:承 滝の上の世界に到達したシヴドゥは、そこで幻の天女に瓜二つの女戦士アヴァンティカ(タマンナー)を見つけました。 アヴァンティカは一族や仲間たちと共にマヒシュマティ王国を支配する暴君バラーラデーヴァ(ラーナー・ダッグバーティ)の軍団と戦っており、囚われの身となっている王妃デーヴァセーナ(アヌシュカ・シェッティ)を救い出そうとしていました。 雪山で野宿をしていたシヴドゥはアヴァンティカに襲撃されますが、次第に二人は惹き付けあい、愛し合うようになっていきました。 そんな時、デーヴァセーナ救出に向かったアヴァンティカはマヒシュマティ軍に捕まってしまい、助けに駆け付けたシヴドゥは生まれつきの怪力を駆使してマヒシュマティ兵を壊滅させました。 辛うじて雪山から脱出したシヴドゥは、アヴァンティカに代わって王妃救出の任務を引き受け、単身マヒシュマティ王国へ向かいました。 バーフバリ伝説誕生のネタバレあらすじ:転 マヒシュマティ王国の都ではバラーラデーヴァの誕生日を祝う祝典が開催されており、黄金に輝くバラーラデーヴァ像が建立されていました。 その一方で、民衆は重税を課され、反対者は容赦なく弾圧されるなど圧政に苦しんでいました。 宮殿に幽閉されているデーヴァセーナは毎日のように中庭に落ちている小枝を拾っており、王家に代々仕えてきた家の出身である武器工場長カッタッパ(サティヤラージ)に対して「いつか息子が助けにくる。 息子がバラーラデーヴァを倒したら、この小枝でバラーラデーヴァを焼くために集めているのだ」と告げました。 脱走したシヴドゥの前にカッタッパが立ちはだかり、更にはアヴァンティカの軍勢や、シヴドゥを追ってきたサンガたちが集まりました。 バーフバリ伝説誕生の結末 翌朝、シヴドゥは自分が一体何者なのかをカッタッパに尋ねました。 カッタッパはシヴドゥらを前に、シヴドゥの正体は先代国王アマレンドラ・バーフバリ(プラバース(二役))の息子マヘンドラ・バーフバリであり、カッタッパはアマレンドラの生涯について語り始めました…。 今から50年前、マヒシュマティ王国を建国した初代国王と王妃が相次いで亡くなり、まだ幼いアマレンドラ王子に代わって前国王の兄ビッジャラデーヴァ(ナーサル)の妃シヴァガミが国王代理を務めることになりました。 ビッジャラデーヴァは息子バラーラデーヴァを王位に就かせようとしましたが、シヴァガミはアマレンドラとバラーラデーヴァを競わせ、優秀な者を次期国王にしようとしていました。 月日が流れ、競い合って成長したアマレンドラとバラーラデーヴァは国の一大事に遭遇することになります。 国の機密情報が漏洩し、隣国の蛮族カーラケーヤに渡ったことを知ったマヒシュマティ王国はアマレンドラとバラーラデーヴァの二手に戦力を分け、10万人にもおよぶカーラケーヤの大軍10万人に対抗する策を取りました。 アマレンドラの部隊は人質を救出しながらカーラケーヤ軍を翻弄、ビッジャラデーヴァの部隊は人質の命も顧みず攻撃を加えました。 両部隊はカーラケーヤの族長(プラバカール)を追い詰め、アマレンドラが討ち取ろうとしたその時、横から割って入ったビッジャラデーヴァが族長を討ち取りました。 しかし、シヴァガミは人質の命を救おうとしたアマレンドラを高く評価、アマレンドラは民衆の歓喜の中で次期国王に即位しました…。 カッタッパは話を終えると、アマレンドラは既にこの世にはいないと語りました。 父が死んだ理由を問うシヴドゥに対し、カッタッパは「仲間に裏切られて死んだのだ。 そして、その裏切り者とは自分のことだ」と告げました…。 (後編『バーフバリ 王の凱旋』へ続く).

次の

バーフバリ 王の凱旋

バーフバリ 相関 図

、で撮影された全2部構成のの第2作。 『』に引き続きが監督を務め、古代王国の王位継承争いの結末を描いている。 前作を上回る25億ルピーの製作費をかけて、ので撮影された。 国内外の合計で100億ルピー以上の興行収入を記録し、インドの興行収入記録を更新して歴代1位となった。 批評家・俳優を問わず映画業界から高い評価を受け、ではテルストラ・ピープルズ・チョイス・アワードを受賞した。 の「インディアン・パノラマ」部門で公開された他、の要請でプレミア上映が行われ、第39回にも招待された。 あらすじ [ ] バーフバリの旅 [ ] 蛮族 ()との戦争に勝利した後、では国母シヴァガミがシヴァ寺院を参詣する悪魔祓いの火の儀式が執り行われていた。 その途中で象が暴れ出す騒ぎが起きるが、次期国王アマレンドラ・バーフバリが象をなだめ、シヴァガミは無事に儀式を終える。 民衆がバーフバリを讃える声が響く中、王位を逃したバラーラデーヴァの父ビッジャラデーヴァは怒り、妻シヴァガミの謀殺を息子に呼びかける。 そこに王家の奴隷剣士カッタッパが現れ、バーフバリの戴冠式の日取りを報告する。 ビッジャラデーヴァは息子を国王に選ばなかったシヴァガミを罵るが、謀反の心を見抜いていたカッタッパは彼らを牽制して立ち去る。 シヴァガミはバーフバリに対して戴冠式までの間、見聞を広めるために国内を巡ってくるように提案し、バーフバリはカッタッパと共に旅に出かける。 旅の途中、バーフバリは河下の小国クンタラ王国の王妹デーヴァセーナの一行が盗賊団に襲撃される現場に遭遇する。 剣を振るい盗賊団を撃退するデーヴァセーナの姿を見たバーフバリは心を奪われ、身分を隠して「シヴドゥ」と名乗り、彼女の従兄クマラ・ヴァルマの使用人となりクンタラ王国に向かう。 クンタラ王国 [ ] バーフバリは軟弱な青年を装いクマラの側に仕えるが、猪狩りの際にクマラの手柄に見せかけて猪を仕留める姿を見たデーヴァセーナは、彼に興味を抱く。 そのころ、部下からバーフバリの動向を知らされたバラーラデーヴァは、デーヴァセーナの肖像画を見て彼女に一目惚れし、バーフバリから彼女を奪い取ろうと考える。 バラーラデーヴァからその願いを聞いたシヴァガミは、王位を継ぐことができなかった実の息子に対する負い目もあって、デーヴァセーナの輿入れを実現させることを誓う。 シヴァガミは、クンタラ王国に莫大な財宝を贈り婚姻を申し出るが、大国の一方的な申し出に不快感を抱いたデーヴァセーナは申し出を拒否し、シヴァガミに挑発的な返書を送る。 侮辱されたことに激怒したシヴァガミは開戦を決意するが、ビッジャラデーヴァの提案を受け入れ、バーフバリに彼女をマヒシュマティ王国に連行するように指示を出す。 カッタッパから婚姻の話を聞いたバーフバリは、シヴァガミが自分のために話を進めていると勘違いし、義母の気遣いに想いを寄せる。 時を同じくして、賊徒ピンダリがクンタラ宮殿を襲撃し、バーフバリはカッタッパと共に応戦する。 武芸に劣るクマラは女性たちと共に一室に逃げ込み怯えていたが、そこに現れたバーフバリから王族の務めを果たすように激励され、襲いかかるピンダリを相手に奮戦する。 バーフバリはデーヴァセーナと共に弓を取りピンダリを射倒し、牛飼いたちと協力して堤防を決壊させ、ピンダリを一掃する。 バーフバリの活躍を見たジャヤ・ヴァルマ国王は感謝を伝え、カッタッパは彼がデーヴァセーナに想いを寄せていることを告げる。 そこにシヴァガミの遣いの鷹が現れ、デーヴァセーナ連行を命じた文書が届けられる。 騙されたことに激怒したデーヴァセーナはバーフバリに剣を向けるが、そこでカッタッパは彼の正体がマヒシュマティ王国の次期国王であることを明かす。 バーフバリはデーヴァセーナに想いを告げ、想いを受け入れたデーヴァセーナはマヒシュマティ王国に赴くことを承諾する。 国母との確執 [ ] マヒシュマティ王国に到着したデーヴァセーナはシヴァガミに謁見し、無礼を謝罪する。 シヴァガミはデーヴァセーナを許し、王族の一員として迎え入れるが、バーフバリとデーヴァセーナは、そこで初めて婚姻話がバラーラデーヴァのための話だったことを知る。 シヴァガミは息子との誓いを守ろうとするが、デーヴァセーナはバーフバリとの結婚を望み、自分の意志を無視するシヴァガミを非難する。 バーフバリは、デーヴァセーナとの「あなたの尊厳を守る」という誓いと、シヴァガミの「何者の妨げに対しても正義を貫け」という言葉に従いシヴァガミの誤りを指摘し、彼女との結婚を求める。 しかし、激怒したシヴァガミはバーフバリの国王即位を取り止め、バラーラデーヴァを次の国王に指名する。 戴冠式の日。 王族や民衆が詰めかける中でバラーラデーヴァが国王に即位する。 次いでバーフバリの国軍最高司令官就任の宣誓が行われ、詰めかけた民衆は「バーフバリ万歳」と叫び出す。 民衆の圧倒的な支持を集める姿を目の当たりにしたバラーラデーヴァとビッジャラデーヴァは、バーフバリへの敵愾心を強めていく。 戴冠式からしばらく後、デーヴァセーナが懐妊し、バーフバリは「孫の顔を見れば母上の機嫌も直る」と喜ぶ。 そこにシヴァガミやバラーラデーヴァたちが懐妊を祝うために訪れるが、バラーラデーヴァは「身重の妻の側にいられるように」という名目で、バーフバリを国軍最高司令官から解任する。 デーヴァセーナは解任を黙認するシヴァガミを非難し、バーフバリに王位を取り戻すように求め、激怒したシヴァガミはその場を立ち去る。 デーヴァセーナはシヴァ寺院への参詣に向かうが、そこで後任の国軍最高司令官セートゥパティが参詣する女性たちの身体を撫で回す姿を目撃し、自分の身体に触れようとした彼の指を切り落としてしまう。 彼女は逮捕されて裁判にかけられるが、セートゥパティの証言を取り上げ自分を有罪に追い込もうとするバラーラデーヴァを非難する。 そこにバーフバリが現れてデーヴァセーナの話を聞き、その場でセートゥパティの首を斬り落とす。 シヴァガミは国王や法を無視した勝手な行動に出るバーフバリに激怒し、2人を反逆罪で追放する。 バーフバリはシヴァガミから受け取った宝剣を返上し、デーヴァセーナ、クマラと共に宮殿を立ち去る。 裏切りと死 [ ] 宮殿を去ったバーフバリとデーヴァセーナは平民として暮らし始めるが、民衆は変わらず二人を敬愛したため、バラーラデーヴァとビッジャラデーヴァは危機感を募らせる。 デーヴァセーナの出産を間近に控えたころ、彼女の出産を祝う民衆がバーフバリの家に集まる中、短剣を持った不審な男の姿を見たクマラは彼を尾行する。 尾行した先にはバラーラデーヴァとビッジャラデーヴァがおり、クマラは二人がバーフバリ暗殺を巡り口論する姿を目撃する。 バラーラデーヴァが立ち去った後、ビッジャラデーヴァはクマラに「バーフバリ暗殺を止めるためには、息子を殺すしかない」と告げ、バラーラデーヴァの暗殺を依頼する。 クマラと部下たちは、ビッジャラデーヴァの手引きで国王の居室に浸入して暗殺を決行しようとするが、待ち構えていたバラーラデーヴァの衛兵に襲われる。 クマラは衛兵たちを返り討ちにするが、ビッジャラデーヴァに殺される。 ビッジャラデーヴァは「バーフバリがクマラを手引きしてバラーラデーヴァを殺そうとした」と訴え、シヴァガミにバーフバリを処刑するように迫る。 シヴァガミは民衆の反発を危惧して処刑を躊躇い、カッタッパにバーフバリの暗殺を命じる。 カッタッパは命令を拒否してシヴァガミに翻意を促すが、「拒否するなら自分がバーフバリを殺す」と告げられ、命令を受け入れる。 バーフバリの元に「カッタッパが反逆罪で処刑される」という知らせが届き、彼はカッタッパを助け出すが、カーラケーヤに襲撃され重傷を負ってしまう。 バーフバリはカッタッパを守るためカーラケーヤと戦い撃退するが、背後からカッタッパに刺される。 カッタッパは、暗殺が王家の命令だったことを告げ、バーフバリは「母上を頼む」と言い残して息を引き取る。 そこにバラーラデーヴァが現れ、暗殺が自身の陰謀だったことを語りながら、バーフバリの遺体を斬りつける。 カッタッパはシヴァガミに真実を告げ、息子の陰謀を見抜けなかったことを非難する。 シヴァガミは後悔し、生まれたばかりの赤子と共に現れたデーヴァセーナに詫び、その赤子をマヘンドラと命名、民衆にバーフバリの死と彼の息子マヘンドラが新国王に即位することを告げる。 シヴァガミはバラーラデーヴァを処刑しようとするが、バラーラデーヴァの衛兵に襲われる。 カッタッパが応戦してシヴァガミとマヘンドラを逃がし、彼女はバラーラデーヴァの放った矢で負傷しながらも滝の下の世界に逃げ延びるが、出産直後で体力を消耗していたデーヴァセーナは捕まり幽閉される。 王権を掌握したバラーラデーヴァは暴君となり圧政を敷き、デーヴァセーナが自分を選ばなかったことへの報復としてクンタラ王国を攻め滅ぼす。 一方、シヴァガミの命を賭した願いと滝の下の世界の村人に助けられたマヘンドラは村長の妻サンガの息子シヴドゥとして成長し、マヒシュマティ王国に戻ってきた。 王国奪還 [ ] カッタッパから父の生涯を聞かされたマヘンドラは怒り、彼に兵士を集めるように告げ、アヴァンティカたちクンタラ王国一党や民衆と共にバラーラデーヴァに対して兵を挙げる。 しかし、戦闘の中でバラーラデーヴァはジャヤを殺してデーヴァセーナを宮殿に連れ去ってしまう。 バラーラデーヴァは城門を閉じてマヘンドラたちを狙い撃ちにするが、彼はヤシの木を投石機代わりにして宮殿に乗り込み、城門をこじ開ける。 ビッジャラデーヴァは王家との誓いを破ったカッタッパを罵りマヘンドラを殺すように命令するが、カッタッパはシヴァガミの宣言によりマヘンドラが王位を継承したことを理由に命令を拒否する。 一方、バラーラデーヴァは自身の手でバーフバリを殺せなかった怒りの心を満たすため、マヘンドラに襲いかかる。 両軍が入り乱れて戦う中、デーヴァセーナは悪魔祓いの火の儀式を執り行い、カッタッパとアヴァンティカを連れてシヴァ寺院に向かう。 ビッジャラデーヴァは儀式の完遂を阻止するためシヴァ寺院に通じる橋に火をかけるが、マヘンドラとバラーラデーヴァの戦いの衝撃で黄金のバラーラデーヴァ像が崩壊し、像の頭部が橋代わりとなりデーヴァセーナはシヴァ寺院に到着する。 バラーラデーヴァは殴り合いの末にマヘンドラに敗れ、デーヴァセーナが集めた小枝の山に倒れ込み、マヘンドラは剣で彼の膝を串刺しにする。 そこに儀式を終えたデーヴァセーナが到着し、動けなくなったバラーラデーヴァを生きたまま焼き殺す。 バラーラデーヴァを倒したマヘンドラはアヴァンティカを王妃に迎え 、デーヴァセーナやカッタッパが見守る中でマヒシュマティ国王に即位する。 戴冠式が執り行われる中、黄金のバラーラデーヴァ像の頭部は河に流され、滝の下の世界に崩れ落ちていく。 滝下ではマヘンドラが育ての母サンガのために安置したシヴァ神の石像が、彼の偉業を讃え続けていた。 キャスト [ ] シヴァと神々 2017年3月には、「何故カッタッパがバーフバリを殺したのか」が映画のテーマであると述べている。 映画の宣伝コピーには、「彼が抱き上げた少年は、彼が殺した男」というカッタッパをイメージしたものが採用されている。 また、ラージャマウリは『』にインスピレーションを得て製作したことも明言している。 撮影監督によると、映画の根底には「ムードと感情」があったという。 クマールはマヒシュマティ王国には暖色、クンタラ王国には寒色、バーフバリには非飽和色を意図的に用いている。 音楽家・学者として知られる ()は、映画のキャラクターが『 ()』、『マハーバーラタ』、『』に類似していると指摘している。 彼はバーフバリを「完璧な」、バラーラデーヴァを「具現化した」と表現した。 ビッジャラデーヴァは ()、バドラの死は ()の死をイメージしていると指摘している。 また、古典以外にも『』『』からの影響も指摘している。 カニケスワランは、「ムーランの敵は赤い龍の花火によって焼死します。 悪魔のバラーラデーヴァは、映画の最後に薪の上に串刺しにされます」と述べ、映画を「シヴァセントリック」と表現し、がマヒシュマティ王国の守護神となっており、メインキャラクターがシヴァの加護を受け、が火の儀式に現れる点に注目している。 ()教授のチャンダン・ゴワダは、「映画における社会秩序はの秩序のように見え、・・は名前のある存在として登場するが、は無名の存在となっている」と指摘し、「マヒシュマティ王国の一員としてがいることも確認できる」と述べている。 批評家 ()は、モジュールとイメージが『マハーバーラタ』のようなインドのから引用されていると感じ、バーフバリを「の集合体」と表現している。 一方で、ゴワダは『マハーバーラタ』のような「道徳的深さや複雑さ」とは一致せず、影響は「大雑把なもの」と述べている。 彼は双方のテーマを比較し、「英雄たちは挫折し、悪は美徳を返上するなど道徳的に矛盾する両者を見る。 『バーフバリ』は白と黒を極め、英雄は完全に善であり、悪は純粋に悪である」と述べている。 また、マヒシュマティ宮殿のシーンは『』『』に類似しているが、戦闘シーンは『』に類似していると指摘している。 ()のガウラ・クマール・ジャーは、「映画はインド人の文化と価値観の具現化」と批評した。 彼によると、映画には「なき後の立憲主義は、国家の腐敗と崩壊に繋がる。 それが、たとえ黄金の輝きによって作られた最強の帝国であっても」というメッセージが込められていると指摘し、「ダーマは永遠のものだが、不当な信仰によって得た力は一時的なものに過ぎない」と付け加えた。 また、バーフバリとデーヴァセーナの愛を「深さ、厳粛さ、信憑性」の点での『』と比較している。 批評家たちは本作を『ライオン・キング』と比較し、共にの『』の翻案だと述べており 、映画を観たファンからも同様の指摘がされている。 ()は両作品を比較して、共に名君の兄弟(従兄弟)である暴君に国民が苦しめられる世界を描いた物語であると批評している。 名君の息子は故郷を遠く離れた土地で血筋を知らずに育ち、成長後に故郷に導かれ、名君の妃は暴君によって虐げられる。 息子には補佐役がいて、自身のアイデンティティーの確立を手助けしているという類似点を紹介している。 さらに両作品での父子の描写にも類似点があると指摘しており 、ファーストポストは悪役のバラーラデーヴァとスカーも共に顔に傷がある点も共通していると指摘している。 公開 [ ] 当初の公開日は2016年夏の予定だったが、前作『伝説誕生』の国際配給の準備のため11月に延期され 、さらに2017年4月28日に変更された。 2作品の合計製作費は25億ルピーになると推測され 、2015年にラージャマウリが確認している。 実際には合計製作費は43億ルピーであり、内訳は『伝説誕生』が18億ルピー、『王の凱旋』が25億ルピーとなっている。 クライマックス・シーンの撮影だけで、『伝説誕生』の2倍に相当する3億ルピーがかけられている。 各国での公開 [ ] 2017年4月27日になどの湾岸諸国でプレミア上映され、インドでは翌28日に公開された。 アラブ首長国連邦検閲委員会のウマル・サンドゥによると、本作の検閲中に委員会メンバーから拍手が起きたという。 また、で上映され、でも上映された。 の「インディアン・パノラマ」部門で上映された。 パキスタンでの検閲では「オール・クリア」となり、ノーカットでの上映が許可され 、シンガポールでは一部の暴力的シーンが検閲によりAランクが付けられた。 本作は2D・で世界9,000スクリーン以上で上映され、インドだけで6,500スクリーンの上映数となり、それまでのインド映画の記録を更新した。 IMAXで公開されたインド映画は、『』『』に次いで3作目となる。 映画はオリジナルのテルグ語、タミル語の他、ヒンディー語とマラヤーラム語に吹き替えされて公開されている。 では395スクリーンで上映され 、アメリカでは1,100スクリーン、カナダでは150スクリーンで上映された。 ヒンディー語版はニュージーランド、オーストラリア、フィジー諸島で上映され、タミル語版はマレーシアで上映された 、パキスタンではヒンディー語版が1,000スクリーン以上で上映された。 日本では12月29日に上映された。 公開されたのは ()が再編集したテルグ語インターナショナル版だが、映画の好評を受けてノーカット版の公開が計画され 、2018年6月1日から公開された。 10月19日からはノーカット版が公開された。 ラージャマウリによると、国際市場の観客の大半はインド系住民だが、日本市場だけは観客の大半が日本人だったという。 2018年10月25日、第10回前夜祭では『バーフバリ 伝説誕生』(第8回にも上映)とともに上映されている。 マーケティング [ ] 打ち合わせ中のプラバース、サティヤラージ、ラージャマウリ 2016年9月30日、「何故カッタッパはバーフバリを殺したのか」というキャッチコピーと共に「Baahubali 2」のロゴが公開された。 10月22日、主演の誕生日に合わせて映画のポスターが公開された。 CNNニュース18によると、このポスターでプラバースは両手に剣と鎖を持った姿で描かれており 、ザ・ヒンドゥーはポスターの背後にバーフバリのバックグラウンドが描かれていると報じている。 演じるバラーラデーヴァのポスターも、彼の誕生日に合わせて公開されている。 インディアン・エクスプレスによると、バラーラデーヴァは「悪質な輝き、塩と胡椒の髪を髷で結い、雄牛の鎧を身にまとい、巨大な伸縮自在のメイスを持っている」姿で描かれている。 2017年1月26日には演じるデーヴァセーナのポスターが公開された。 3月17日に予告編が公開された。 本作は、、でも広く宣伝活動が行われた。 プロデューサーのは宣伝について、「そのアイディアは、異なることに興味がある人々の統計に従うことでした。 あなたに技術があるなら、バーフバリVRは映画を観るための原動力になります。 グラフィックの小説やゲームがあるなら、私たちはそれらのニーズに対応する計画も抱いていました」と述べている。 2月28日には『バーフバリ』のタイトルで小説が電子配信された。 ラージャマウリは、「Before the Beginning」というシリーズ作品の執筆を ()に依頼しており 、彼の執筆した小説は3月7日に『 ()』として出版された。 4月7日には、ラーナーやなどのキャストが映画の衣装を着てファッションショーに登場した。 4月25日にでプロモーション・イベントが開催され 、4月28日には「Baahubali — The Game」のタイトルでマルチオンラインゲームが発売された。 配給 [ ] アメリカの配給について、グレート・インディア・フィルムが権利を取得したという憶測が流れたが、同社はこの憶測を否定している。 その後、アメリカ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドの配給権はCinestaan AAが取得し、これらの国ではヒンディー語版が公開された。 の配給権はスリニヴァサン・セイズ・S・ピクチャーズが取得している。 ヒンディー語版は ()の ()とアニール・タダニのAAフィルムが配給権を取得している。 マレーシアでは、MSKフィルム・プロダクションとアンテナ・エンターテインメントが配給権を取得した。 パキスタンではアムジャード・ラシェードが配給権を取得した。 テルグ語版、タミル語版、マラヤーラム語版の放送権は2億8,000万ルピーで発売され、ソニーはヒンディー語版の放送権を5億ルピーで取得している。 本作は公開前に放送の権利で50億ルピーの収益を挙げている。 は本作の権利を2億5,500万ルピーで取得している。 事前予約用のチケットは100万枚発売されたが、5月2日までに完売している。 その後、公開初週のチケットも完売しており 、売却率は『』の記録を破り過去最高を更新した。 また、予約が殺到したため予約サイトに繋がらない事態も発生している。 アラブ首長国連邦では、インド映画では異例の10万枚以上のチケットが販売された。 最終的に、インドでは公開終了までに1億500万枚のチケットが販売され、過去最高記録を更新した。 しかし、は『 ()』『 ()』『 ()』の記録が残っていないため、確定はできないとしている。 トラブル [ ] タミル・ナードゥ州では複数の映画館でモーニング・ショーが中止するトラブルが起きた。 理由はが配給権をサリ・グリーン・プロダクションに販売した後、 ()に再度販売したことにあった。 サリ・グリーン・プロダクションはすでに現地の配給会社と取引をしていたが違約金を支払うことができずにおり 、アルカ・メディアワークスは映画を問題なく上映させるために違約金を全額負担することになった。 また、事前に様々な対策が講じられたもに関わらず、公開の数時間後には海賊版がインターネット上に違法アップロードされ 、公開2日前には一部のシーンがインターネット上に流出する騒動も起きている。 では一部の活動家が、カッタッパ役のが「過去にの水源問題で不適切な発言をした」ことを理由に、謝罪しない限り同州での公開を延期させると声明を発表し、サティヤラージが謝罪する事態が起きている。 評価 [ ] 興行収入 [ ] 本作は、2017年に世界興行収入ランキングで第52位にランクインした。 インド国内で141億6,000万ルピー、世界市場で28億9,000万ルピーの興行収入を記録した。 中東・湾岸諸国では1,110万ドルの興行収入を記録し、『』の記録を更新して同地域で最も高い興行成績を収めたインド映画となった。 アメリカでは、2017年5月14日の時点で1,900万ドルの興行収入を記録していた。 日本では2018年5月の時点で興行収入が1億5,000万円を超え 、9月7日の時点で2億5,000万円を越えている。 公開後、インドでは1億5,200万ルピー、海外では6億ルピーの興行収入を記録 、公開初日に2億1,700万ルピーの興行成績を収め、『 ()』の記録を塗り替えた。 公開3日で5億4,000万ルピーの興行成績を収め、その内世界市場の収益は1億2,500万ルピーとなっている。 アメリカでは週末に1,100万ドルを記録 し、5月3日に1,250万ドルを記録して『ダンガル きっと、つよくなる』の公開初週記録を塗り替えた。 インドでは公開5日で5億6,500万ルピーの興行成績を収めた。 公開2週間後には、全言語版の合計興行収入が12億5,000万ルピーを超えた。 公開16日後には13億3,000万ルピーの興行成績を収め 、その内世界市場では2億4,000万ルピーを記録した。 公開19日後には14億5,000万ルピーの興行成績を収め 、公開21日後には15億ルピーを超えた。 5月23日には15億8,600万ルピーの興行成績を収め 、全言語版の合計興行収入が8億ルピーを超えた。 公開第5週には16億5,200万ルピーの興行成績を収めた。 とでは3億2,790万ルピー 、タミル・ナードゥ州では1億5,260万ルピー、カルナータカ州では1億2,900万ルピー、ケーララ州では7億5,000万ルピーの興行成績を収めた。 批評 [ ] インド [ ] ラーナー・ダッグバーティ 本作は批評家・観客を問わず高い評価を受けている。 のラシード・グプタは4. 映画はインド神話や文化に匹敵する巨大な作品です。 これまでに作った中では最大の映画であり、CGIには小さな不具合があるものの、恐らくあなたの人生で観ることができる最大の光景になります」と批評している。 ザ・ヒンドゥーのサンジータ・デヴィ・ダンドゥーは、「ほとんどの場合、私たちは『王の凱旋』から目を離すことができません。 それは可能な限り大きなスクリーンで観るべき映画として作られています」と述べている。 ()のアヌパマ・スバマニアンは3. ()のヴィシュヌプラサード・ピライは、「真新しいものは何もない……K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサードの脚本は、そのような大規模な叙事詩に正義を付与することに失敗している」と酷評しつつ、「会話には良いものがあり、脚本を発展させる価値はある」と付け加えている。 私は耳を閉じているように感じた」と述べている。 のは4. それはインドが誇る視覚的な催しです。 プラバースの演じる父と子は素晴らしいです。 もちろん、あなたの席であなたを掴むのはCGIとVFXです」と批評している。 のスカニヤ・ヴェルマは3. スペクタクルよりも高いドラマ性は、栄光・スリル・魔術を持つ復讐の物語である」と批評し、監督とキャストについても絶賛している。 のマイク・マッカラムは4. 多くの荒れ果てたシークエンスのうち、恐らく最も驚異的なものはバーフバリとデーヴァセーナが3本の矢を放つシーン。 それは愛とアクションの両方を示すシーンだ」と批評している。 ()のマヌシャ・ラジャクリシュナンは3. ()のJ・ハラボーは、「映画は最初の複雑なアクションの後に始まります。 しかし、洞察力のある観客はすぐに物語を把握するでしょう」と批評している。 S・S・ラージャマウリと彼のチームは、全ての場面に細心の注意を払っています。 これは視覚的に優れた初のインド映画です」と批評した。 戦闘シーン……創造的であり、頻繁に苦しめられるショートカットでさえCGIによって斬新に映ります。 彼らはキャストに何が起きているかを気にし、ワイヤーに助けられ、CGIの動物を矢で射る」と批評している。 ()のアニータ・ライアーは3. プラバースの演技力についてはすでに言い尽くされているが、彼は映画を維持するためのキャストです。 シヴァガミ役のラムヤ・クリシュナは印象的な演技で知られていますが、この映画でその才能を証明しています。 もう一人のベテラン、カッタッパ役のサティヤラージの演技も優れており、あなたは映画で彼に同情するでしょう。 ラーナー・ダッグバーティはウンザリするほどの悪役で、父親役のナーサルは毒を吐くのに忙しかったが、もう少しキャラクターの肉付けができる余地があっただろう」と批評している。 受賞・ノミネート [ ] 受賞とノミネート 映画賞 部門 対象 結果 出典 テルストラ・ピープルズ・チョイス・アワード バーフバリ 王の凱旋 受賞 グローバル・インディアン・インパクト・アイコン・アワード NRIオブ・ザ・イヤー・アワード タマンナー K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード () アウトスタンディング・アーカイブメント・イン・エンターテインメント バーフバリ 王の凱旋 () フェイバリット・ヒーロー・オブ・ザ・イヤー プラバース ノミネート フェイバリット・ヒロイン・オブ・ザ・イヤー アヌシュカ・シェッティ フェイバリット・ミュージック・ディレクター M・M・キーラヴァーニ フェイバリット・ディレクター S・S・ラージャマウリ フェイバリット・ソング 「 ()」 フェイバリット・フィルム バーフバリ 王の凱旋 () 受賞 () 最優秀アクション指導賞 受賞 () R・C・カマルカンナン () バーフバリ 王の凱旋 () () 受賞 () S・S・ラージャマウリ () プラバース ノミネート () アヌシュカ・シェッティ ラーナー・ダッグバーティ 受賞 () ラムヤ・クリシュナ サーブ・シリル () M・M・キーラヴァーニ () M・M・キーラヴァーニ「Dandaalayyaa」 () ソーヌー、ディープ「Hamsa Naava」 ノミネート () () ()「Soja Zara」 ノミネート () カーラ・バイラヴァ「Shivam」 反響 [ ] はラージャマウリを「神の子」、本作を「インド映画の誇り」と称賛し、もラージャマウリを「映画を作るための全ての称賛に値する」と絶賛している。 ()は本作を「ゲームチェンジャー」と呼び、「インド映画について理解していたことの全てを再定義する」と述べ 、娘のも「ロックバスター」と述べている。 ()は「期待を上回る」と述べ、もラージャマウリを称賛した。 は鑑賞前の時点で本作を絶賛し、「大きな夢を大きな映画館で大勢の観客に売るのならば、そのストーリーを大きく、大胆で、最も素敵な方法で語る勇気が必要です。 ラージャマウリは、それを実現しました」と述べている。 プラバースは、シリーズの第3作が製作されないことを明言している。 一方、ヤーララガッタは「私たちは、アマゾンプライムでアニメシリーズを計画しています。 そして、マヒシュマティ王国のバックストーリーを描くノベライズ作品も計画しています。 私たちは、シヴァガミがどのように権力の中枢に君臨したかをテレビシリーズで描きたいと思っています。 ファンの皆さんが『バーフバリ』の世界に没頭するための企画を、私たちは数多く用意しています」と述べている。 彼の発言をプラバースも確認し、「バーフバリの物語は終わり、第3作はありません。 しかし、バーフバリの世界は、コミックシリーズとテレビシリーズを通して生き続けます」とコメントした。 本作は、2017年のインド国内のTwitterで最も話題になった映画である。 また、国内のGoogleで最も検索された映画となり、世界でも7番目に検索された映画となっている。 本作の成功を受け、撮影が行われたのセットが観光用に開放された。 出典 [ ]• Hindustan Times 2016年8月5日. 2016年8月12日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 シネマトゥデイ 2018年4月6日. 2018年4月6日閲覧。 Twitter. com 25 April 2017. Retrieved 5 May 2017. Hindustan Times 2017年4月8日. 2017年4月10日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2018年11月2日. IBTimes 2017年9月20日. 2018年1月2日閲覧。 India Today. 2017年4月25日. 2017年5月13日閲覧。 2018年1月28日閲覧。 International Business Times. 2017年7月22日時点のよりアーカイブ。 2017年12月8日閲覧。 Catch News 2017年3月11日. 2017年5月3日時点のよりアーカイブ。 2017年12月8日閲覧。 2017年12月21日閲覧。 Pandolin. 2017年12月19日時点のよりアーカイブ。 2017年12月8日閲覧。 2017年12月19日時点のよりアーカイブ。 2017年12月16日閲覧。 2017年5月2日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 の2017年4月29日時点におけるアーカイブ。 2017年5月9日閲覧。 Indiatimes 2017年5月6日. 2017年6月5日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2017年5月26日. 2017年6月3日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2017年5月7日. 2017年6月13日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2017年5月7日. 2017年9月8日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2017年12月19日時点のよりアーカイブ。 2017年12月13日閲覧。 2016年9月9日時点のよりアーカイブ。 2017年12月13日閲覧。 indiatvnews 2015年7月10日. India TV News. 2015年12月6日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2015年9月22日時点のよりアーカイブ。 2017年12月16日閲覧。 2017年5月13日時点のよりアーカイブ。 2017年6月29日閲覧。 2017年5月4日時点のよりアーカイブ。 2017年12月16日閲覧。 Reporter, Manjusha Radhakrishnan, Senior 2017年4月26日. 2017年6月18日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 2017年7月5日時点のよりアーカイブ。 2017年12月17日閲覧。 2017年7月14日時点のよりアーカイブ。 2017年12月17日閲覧。 2017年12月31日閲覧。 www. msn. com. 2017年12月31日閲覧。 2017年12月31日閲覧。 2017年11月15日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2017年5月27日時点のよりアーカイブ。 2017年12月17日閲覧。 2017年12月21日閲覧。 2017年5月24日時点のよりアーカイブ。 2017年6月8日閲覧。 2017年9月20日時点のよりアーカイブ。 2017年12月17日閲覧。 Nancy Tartaglione 2017年3月16日. 2017年4月17日時点のよりアーカイブ。 2017年3月16日閲覧。 Firstpost 2017年4月28日. 2017年4月28日時点のよりアーカイブ。 2017年4月28日閲覧。 2017年5月8日時点のよりアーカイブ。 2017年12月10日閲覧。 Srivatsan 2017年4月25日. 2017年4月29日時点のよりアーカイブ。 2017年5月10日閲覧。 Laghate, Gaurav 2017年4月19日. 2017年6月14日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 2017年6月24日時点のよりアーカイブ。 2017年12月11日閲覧。 2017年6月3日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 2017年8月21日時点のよりアーカイブ。 2017年12月17日閲覧。 Upadhyaya, Prakash. 2017年12月22日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 IndiaToday 2018年2月24日. 2018年2月25日閲覧。 com 2018年9月28日. 2018年10月20日閲覧。 CINRA. NET 2018年5月31日. 2018年6月1日閲覧。 京都文化博物館 2018年. 2019年10月1日閲覧。 2016年10月4日時点のよりアーカイブ。 2017年12月24日閲覧。 2017年4月1日時点のよりアーカイブ。 2017年12月24日閲覧。 2016年12月9日時点のよりアーカイブ。 2017年12月24日閲覧。 2017年8月15日時点のよりアーカイブ。 2017年12月24日閲覧。 2017年1月28日時点のよりアーカイブ。 2017年12月24日閲覧。 ザ・タイムズ・オブ・インディア 2017年3月17日. 2017年12月31日閲覧。 2017年8月22日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 Ganguly, Nivedita 2017年5月2日. 2017年12月25日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 IBT 2017年2月28日. 2017年12月31日閲覧。 Varma, Nikhil 2017年4月4日. 2017年12月21日閲覧。 Rao, Subha J. 2017年4月24日. 2017年12月21日閲覧。 2017年12月21日閲覧。 firstpost Mar,30 2017. 2017年12月31日閲覧。 2017年7月14日時点のよりアーカイブ。 2017年12月14日閲覧。 2017年12月25日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 Hooli, Shekhar H. 2017年6月13日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 2017年4月24日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 2017年8月16日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 2017年7月4日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 www. thestar. com. 2017年5月26日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 Upadhyaya, Prakash. 2017年5月24日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 2017年4月28日時点のよりアーカイブ。 2017年5月13日閲覧。 12 February 2017 at the.. Hindustan Times. Retrieved 5 May 2017. 3 February 2017 at the.. The Indian Express. 1 February 2017. Retrieved 5 May 2017. Times Now 2017年8月10日. 2018年4月7日閲覧。 2017年5月8日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年6月21日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年7月11日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年5月17日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年5月3日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年11月7日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 , , 8 June 2017 on 11 December 2017• The News Minute. 2017年5月27日時点のよりアーカイブ。 2017年6月2日閲覧。 India Glitz. 2017年5月1日時点のよりアーカイブ。 2017年6月2日閲覧。 Chitramala. 2017年6月2日閲覧。 The Indian Express. 2017年5月1日時点のよりアーカイブ。 2017年6月2日閲覧。 2017年7月22日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年7月21日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年8月21日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 www. boxofficemojo. com. 2017年7月22日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 の2017年10月23日時点におけるアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2017年5月20日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 Box Office Mojo. 2017年5月5日閲覧。 ハフィントン・ポスト 2018年5月31日. 2018年6月1日閲覧。 アニメイトタイムズ 2018年9月7日. 2018年9月7日閲覧。 International Business Times 2017年4月29日. 2017年4月29日閲覧。 The Indian Express 2017年5月1日. 2017年4月30日時点のよりアーカイブ。 2017年5月1日閲覧。 2017年8月7日時点のよりアーカイブ。 2017年12月22日閲覧。 Deccan Chronicle. の2017年5月1日時点におけるアーカイブ。 Box Office India. Retrieved 5 May 2017. 4 May 2017 at the.. Business Standard. 28 April 2017. Retrieved 5 May 2017. The Times of India. Retrieved 5 May 2017. 3 May 2017 at the.. The Times of India. Retrieved 5 May 2017. 2017年5月12日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2017年5月14日. 2017年5月16日時点のよりアーカイブ。 2017年5月14日閲覧。 2017年5月17日. 2017年5月17日時点のよりアーカイブ。 2017年5月17日閲覧。 2017年5月19日. 2017年5月18日時点のよりアーカイブ。 2017年5月19日閲覧。 2017年5月31日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2017年5月25日. 2017年5月25日時点のよりアーカイブ。 2017年5月25日閲覧。 2017年6月6日時点のよりアーカイブ。 2017年12月31日閲覧。 2017年6月3日. 2017年6月3日時点のよりアーカイブ。 2017年6月6日閲覧。 28 April 2017 at the.. International Business Times. 29 April 2017. Retrieved 5 May 2017. Rachit Gupta 2017年4月28日. 2017年5月9日時点のよりアーカイブ。 2017年5月12日閲覧。 Sangeetha Devi Dundoo 2017年4月28日. 2017年5月9日閲覧。 Subramanian, Anupama 28 April 2017 4 May 2017 at the.. Deccan Chronicle. Retrieved 5 May 2017. asianet 2017年4月27日. 2018年1月1日閲覧。 28 April 2017 at the.. Hindustan Times. Retrieved 5 May 2017. 28 April 2017 at the.. The Indian Express. Retrieved 5 May 2017. 2017年4月28日時点のよりアーカイブ。 2017年7月3日閲覧。 1 May 2017 at the.. The Times of India 5 May 2017. Retrieved 8 May 2017. 28 April 2017 at the.. Firstpost. com. Retrieved 5 May 2017. Sukanya Verma 2017年4月28日. 2017年5月9日時点のよりアーカイブ。 2017年5月12日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2017年12月5日時点のよりアーカイブ。 2017年12月5日閲覧。 4 May 2017 at the.. The Guardian. Retrieved 5 May 2017. 2017年7月4日時点のよりアーカイブ。 2017年12月23日閲覧。 2017年4月30日時点のよりアーカイブ。 2017年12月24日閲覧。 5 May 2017 at the.. Roger Ebert. Retrieved 8 May 2017. 2017年6月6日時点のよりアーカイブ。 2017年12月24日閲覧。 Goswami, Parismita. 2017年8月12日時点のよりアーカイブ。 2018年10月14日閲覧。 www. zoomtv. com. 2017年12月2日閲覧。 2017年12月2日閲覧。 Upadhyaya, Prakash. 2017年12月7日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 2017年12月1日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 Hooli, Shekhar H. 2017年12月22日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 McNary, Dave 2018年3月15日. 2018年3月15日時点のよりアーカイブ。 2018年3月15日閲覧。 India Today. 2018年10月14日閲覧。 Filmfare 2018年6月16日. 2019年7月11日閲覧。 MMAMirchiMusicAwards. 2018年3月13日閲覧。 2017年9月6日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年6月9日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年6月13日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年5月5日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年6月9日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年5月21日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 2017年6月29日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 Nair, B. Pradeep 2017年12月5日. 2017年12月21日閲覧。 Hindustan Times 2017年12月13日. 2017年12月13日閲覧。 2017年12月15日時点のよりアーカイブ。 2017年12月14日閲覧。 2017年11月3日時点のよりアーカイブ。 2017年12月15日閲覧。 [] 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)•

次の

【独占】美男美女が豪華衣装に身を包む、日本人がまだ知らない古代インド王の物語『ポロス~古代インド英雄伝~』 (2019年8月5日)

バーフバリ 相関 図

あなたは、 バーフバリをもう見ましたか? まだ見てない人は、絶対見てくださいね! 私は バーフバリを初めて見たのは、インドでの公開時でした。 その時は、インド人の彼氏と一緒に見ました。 そして、日本で流行った時も、アマゾンで日本語字幕バージョンを購入し、現在の日本人の彼氏と一緒に見ました(笑) インド映画好きの私が バーフバリにハマるのは当たり前ですが、 特にインド映画好きでもない彼氏が、ドはまりしたのには驚き。。。 バーフバリは、ストーリが秀逸でアクションも派手なので、インド映画を深く知らない人も、めちゃくちゃ楽しめる作品ですね! 皆さんの中にも、 バーフバリを期にインド映画にハマった人は多いと思います。 バーフバリのわき役の俳優の舞台挨拶を含めた、新宿の爆音上映ではチケット販売時にサーバーが集中してページが閲覧不可に。。。 そして、10分程度で完売。 恐るべし、バーフバリ、、、、 ということで、本日は私なりに バーフバリをべた褒めしながら語りつくしたいと思います! (バーフバリをまだ見ていない人は、まずはこちらのからあらすじ等ご覧ください!) また、人物相関図がないと、わからない人もいると思うので、載せておきます。 html 本題に入る前に。。 バーフバリは、南インドで製作された作品です。 「インド映画=ボリウッド」と思っている人がいますが、ボリウッドはムンバイで製作された映画のみを指します。 したがって、 バーフバリは、ボリウッドでは無いです! では、前置きはこのくらいにして、早速、 バーフバリの魅力を語っていきますね! Contents• 魅力1. スケールデカすぎ バーフバリの魅力は何といっても、1つ1つのシーンのスケールのデカさだと思います。 全てが壮大すぎて、常に驚かされるから、上映時間は結構長いけど、とにかく飽きない!!!! 個人的には、下記の3つのスケール大爆発のシーンがお気に入りでした! (ネタばれ防止のため、写真だけでお楽しみください!) ナイスコントロール! きっと、水牛とも心通わせてる そもそもアイデアすごすぎ。 柔軟な脳はIQ無限大。 バーフバリをすでにご覧になったかたは、この3つのシーンを覚えていますよね?w 柔軟なアイデアと、それを実行する身体能力。。。 すごすぎです。 魅力2. バーフバリがイケメンすぎ 女性経験はない(と信じたい)バーフバリ(子)でしたが、アヴァンティカに恋してからは、一気に色気付きます。 アヴァンティカと戦いながら、スムーズにアヴァンティカの服を脱がせ、且つ、メイクまで施します。 また、まさに、天性のイケメンです。 現代では、YouTubeが発達し、「メイク動画」たるものも沢山存在するにも関わらず、女性にメイクを施せる日本人男性はほぼいないでしょう。 ああ、現代にバーフバリがいてくれたらなあ。。。。 しかも、美しくかわいいタトゥーを描く才能まであります! また、バーフバリがアヴァンティカのネックレスを口にくわえて、アヴァンティカが悶えるシーンがあります。 現実世界なら絶対エッチなことをしまくっていると思いますが、インド映画は濡れ場NGなので、ネックレスで表現。。。。 うーんインド映画っぽい!!! そして、何と言っても、バーフバリの魅力は、その肉体です。 長身で、美しい筋肉。 安心感があるその肉体に、私も抱かれたい!!!!! ああ、一度でいいから私を抱きしめて欲しい! ビクともしません! 頼もしい!!!!!!!! そしてもちろん、戦うとめちゃくちゃ強い!! 木の棒で、5人は一気に吹っ飛ばす 矢は余裕の三本まとめ打ち!しかも大ジャンプ。 どんなものでも武器にして、ぶん投げる とにかく、バーフバリは強い!!!! 魅力4. 女性陣が強すぎ バーフバリに登場する女性はみんな、武術が堪能、聡明、そして、美しい。 凛とした表情で自分の意思で発言・行動し、かつ、敵をぶっ倒していく様は、とっても爽快です。 女性の地位が非常に高く描かれているのも、この映画の魅力の一つだと思っています。 子育てしながらでも、戦うシヴァガミ。 シヴァガミは、一国の主人として、試行錯誤しながらも懸命に命を国を守ります。 復讐の使命に燃えるアヴァンティカ(戦いのシーンではないが) バーフバリにも引けを取らない、デーヴァセーナー。 三本まとめ打ち。 魅力5. 個性ある脇役が多い! この映画には、主役級の人がたくさんいますが、脇役もかなりいいキャラしてるんです! 私の大好きなカタッパもユニークな脇役の一人。 カタッパは、卓越した武術と強い忠誠心を持つ、並外れた人物でありながらも、生涯を奴隷として生きる定めとなっています。 時には自分の意思にそぐわない命令にも従います。 彼の行動の一つ一つには、そんな彼の人生の重みが詰まっていて、感情移入してしまします。 あれ、、?サングラス。。 ? また、先日日本に舞台挨拶に来てくださっていたスッバラージュ氏演じるクマラ・ヴァルマもいいキャラしてます。 武術に長けたデーヴァセーナの従兄であるが、本人は武術は苦手。 でも、平民に扮したバーフバリに得意顔で武術を教えるシーンはとってもカワイイ! しかも、最終的には、めっちゃ戦うイケメンになるため、イケメン好きもカワイイ男好きも、どちらもファンになっちゃうというずるい男。 キャ、キャワイイ! そして、悪役もまた、個性たっぷり。 ヒジャラデーヴァは、生まれつき手が不自由、王の座にもつけませんでした。 一方で、兄弟のヴィクラマデーヴァは完璧な人格者でイケメン。 確かに、こんな状況なら、卑屈な性格になってしまってもおかしくないなと思います。 しかも、こういう人にはとっても優しくてなんでもいうことを聞いてくれる奥さんが必要なのに、お嫁さんは超絶気の強いシヴァガミ。。 中々、生きづらい人生だったんんだろうなと思うと、ちょっぴり同情しちゃいます。 彼の子供、バラーラデーヴァも同様。 卑屈な父に育てられ、考え方はすっかり悪人。 でも、この肉体をみる限り、彼もまた並外れた努力家のはず。 (筋肉はそう簡単にはつかないよ。 ) 然るべき教育者や環境が揃ってさえいれば、もしかしたら立派な王になったかもしれないですね。 最後に いかがでしたか? バーフバリを見たことある人は、すごく共感できるのではないでしょうか? また、バーフバリをまだ見ていない人は、「見て見たい!」と思ったのではないでしょうか? バーフバリをまだ見てない人は、必ず見てください。 後悔は、させません。 アマゾンでレンタルor購入できます。

次の