ワーキングメモリを鍛える方法。 【生産性向上】ワーキングメモリを鍛えて自頭を良くする!生産性を爆上げしよう!【鍛える方法3つ紹介】

脳のワーキングメモリを鍛える方法|ゆうゆうランド|note

ワーキングメモリを鍛える方法

ワーキングメモリとは何か ワーキングメモリは頭の中の作業スペース 脳には物事を考えるときに使われる領域が一定量あります。 この領域のことをワーキングメモリと言います。 脳内の 作業スペースだと思ってください。 机なら 机の上 パソコンなら RAM 脳みそなら ワーキングメモリ これらが作業スペースです。 ワーキングメモリとは「頭の中の作業スペース」ですから、そこが散らかっていると頭の中で効率的にタスクをこなすことができなくなります。 つまり仕事が遅くなってしまうということです。 ワーキングメモリの圧迫で仕事の処理速度が遅くなる ここで一つ考えておきたいことがあります。 ゴチャゴチャ散らかったの机の上で効率的に仕事はできません。 アプリを起動しまくってカクカクのPCで効率的に仕事はできません。 色々考えすぎてワーキングメモリが圧迫されている時は効率的に仕事はできません。 ワーキングメモリは個人差が少ない ワーキングメモリの容量は皆そんなに差がありません(鍛えるとある程度は性能がUPします) 誰でも、同時に100個の作業を進めようとしてもできません。 1つずつやるのが一番実力を発揮でき 2~3つ同時にやると能力が低下し 4~5つ同時にやると頭がボーッとして 6つ以上同時にやると思考停止します。 それは誰でも一緒で、あなたも私も一緒です。 複数の作業を同時にやると、何か忘れたりミスしたりしやすくなりますよね。 平均すると、普通の人のワーキングメモリでは3つのことしか同時に考えられません。 ワーキングメモリの容量が少ない人は2つの同時作業で限界ですし、ワーキングメモリの容量が大きい人でも4つの同時作業で限界です。 一般的なワーキングメモリでも覚えやすいように、電話番号やクレジットカード番号も3~4桁で分けられています スマホでYOUTUBE見ながらテレビ見つつ、英語の勉強をしてみましょう。 こんな状態で30分間やったとして、それぞれどの程度覚えていられるでしょうか。 そんなに覚えていられないと思います。 YOUTUBEを10分見て、テレビを10分見て、英語の勉強を10分した方が間違いなく効率よく覚えられます。 このように、仕事も単一の作業を切り替えて、それぞれ集中してやることで最大限の能力を発揮できます。 脳はそういう風にできてます。 ワーキングメモリを鍛えることはできるのか 一応、 ワーキングメモリを鍛えて、性能を向上させることはできます。 「一時的に複数のものを覚える」ことを繰り返すことで、脳の血流を活性化させ、機能を鍛えることができます。 簡単な短期記憶ゲームができるアプリがありますので、興味がある人は使ってみると良いと思います。 DNB - keigo matsumaru無料posted with ただし、ワーキングメモリを鍛えてもそこまで大幅に仕事の処理速度が上がるわけではありません。 なぜならワーキングメモリの性能の良し悪しに関わらず、 マルチタスクをすることがワーキングメモリが圧迫される大きな原因で、マルチタスクこそが仕事の処理速度が下がる原因だからです。 ですから、マルチタスクをやめてワーキングメモリを解放する方が大幅に仕事の処理速度が上がるため合理的です。 ワーキングメモリを解放する方法 ワーキングメモリを鍛えようが、ワーキングメモリの性能が高かろうが低かろうが、マルチタスクをすると処理速度は低下します。 先述の通り、一般的にワーキングメモリは「2~4」が能力幅で、ワーキングメモリが低スペックだと「2」、ワーキングメモリが高スペックだと「4」です。 ワーキングメモリを鍛えて高スペックにしたところで、マルチタスクをしてワーキングメモリの圧迫を続けていたら、せっかく大きくした机上の空いてるスペースにゴミをどんどん置いていくようなもの。 もちろんそれでは仕事のスピードは上がりません。 ということは、ワーキングメモリを鍛える前に、マルチタスクをやめてワーキングメモリを解放するスキルを身に付けることが必要ではないでしょうか。 机を片付けてから仕事するように。 PCを再起動してから仕事するように。 脳みそを真っさらな状態にしてから仕事すると生産性がUPし、効率的に仕事ができます。

次の

ワーキングメモリのトレーニング方法、鍛え方を解説

ワーキングメモリを鍛える方法

計算ドリル• 前頭前野はワーキングメモリが存在する場所で、ここのパフォーマンスがワーキングメモリの機能に大変な影響を与えます。 事実、久保田教授の実験では、 週に1時間走ったグループは、前頭前野の容積が増えたのです。 週1時間のスローランニングを半年間、継続した結果だそうです。 スローランニングは時速5キロ程度、歩くのと同じペースで走ります。 ポイントは、背筋を伸ばし、あごを少し上げることです。 久保田教授の研究によれば、時速9km程度のペースで走れば前頭前野が活性化するのですが、中程度の運動強度になるので、多くの人は長続きしないのです。 さて、ウォーキングでワーキングメモリは鍛えられるのでしょうか?答えはNOです。 ウォーキングはワーキングメモリを鍛える上で効果があまりなく、日本の研究によって、前頭前皮質が活性化しないことが確認されました。 しかし、ランニングでは前頭前皮質の活性化が確認できたのです。 両者の違いは「注意力」です。 ランニングは、スピードや走り方の変化に常に注意力を必要とするので、ワーキングメモリに負荷がかかるのです。 走行時のフォームを維持する必要がありますし、コースも安定しているとは限りません。 ウォーキングと違って、つねにペースにも気を使いますから、ワーキングメモリにぜひとも登場してもらわなくてはなりません。 また、トレーシー・アロウェイらはワーキングメモリを鍛える上で理想的なランニングを発見しました。 『裸足 ベアフット ランニング』です。 文字どおり、靴を履かずに、裸足で走るというランニングです。 靴を履いている時は、地面の小石や砂に注意する必要はまったくありません。 裸足の場合はそうはいきません。 足元に細心の注意を払わなければ、足の裏の皮がめくれ、血まみれになるでしょう。 高度な判断力を走行中に次々にしなくてはなりません。 だからこそ、裸足ランニングはワーキングメモリを鍛える最良のトレーニングと言えるのです。 本を音読する そもそもワーキングメモリは言語を処理するのが主な仕事です。 東北大学医学部教授の川島隆太博士によれば、 音読をすると、脳の血流が増加して、前頭葉-ワーキングメモリが存在する-を活性化させると言うのです。 本や新聞の音読にはワーキングメモリの存在が不可欠です。 文章を音読するには、これから展開される内容を予測して、単語や文章の意味を考えて、解釈を統合したり、自分の知らない単語の意味を前後関係から推測しなくてはなりません。 ワーキングメモリに負荷がかかる作業なのです。 オススメは「高速音読」です。 通常のゆっくりとした音読ではなく、早口で文章を読み上げます。 次々に、文章がインプットされるので、理解力が試されます。 ワーキングメモリはフル活動して、その処理に追われることになります。 そのため、負荷の強度が高いトレーニングになるのです。 もちろん、難易度は高め。 そもそも、高速で読み上げること自体に慣れが必要で、かんだり、意味を理解していなかったりします。 初めは通常の音読をして、慣れてきたら高速音読にチャレンジするようにしましょう。 ちなみに、 音読は学習にも向いています。 一説によれば、口の周辺には記憶中枢に直結している部分があります。 これは人間が言語を習得するときに、口の形で学習していたからだと考えられています。 英語の授業でさんざん音読させられたと思いますが、とても理にかなった学習法なのです。 語学学習で黙読をするのはもったいないです。 単語を手で書いて覚えるのもいいですが、口の運動に活用される脳のエリアは、手についで、とても広いものだと分かっています。 単語を覚える時は、手で書きながら、単語を音読しましょう。 発音問題の対策にもなります。 スポンサーリンク 計算ドリル 東北大学の川島隆太教授が行った実験では、楽しいはずのコンピューターゲームをしている時よりも、 単純でつまらないはずの足し算をしているときの方が脳が活発に活動していることが分かりました。 これは人間が計算をするには、ワーキングメモリが脳の頭頂間溝にアクセスして、数学の知識を引き出す必要があるからです。 また、川島教授は複雑な計算よりも単純計算の方がより脳が活性化することを発見しており、 計算ドリルが脳トレ、特に前頭葉を活性化させると解説されています。 事実、スウェーデンのカロリンスカ研究じょのトルケル・クリンバーグの研究結果によれば、計算ドリルによって発達障害の子どもの認知機能を向上せさることができたと報告しているのです。 これはすごいですね。 以前は、教育熱心な親でなくても、子供にそろばんを習わせていましたが、理にかなっていたのです。 川島教授は、子どもの脳を育てるには公文が良いとも述べており、計算が育脳に有効であることを強調しています。 計算ドリルの教材は書店で1000円前後で手に入ります。 ワーキングメモリの機能に自信がない人であっても、手軽に始めることが出来るので、エントリーにピッタリのトレーニングと言えるでしょう。 ワーキングメモリの任務は「選択」「判断」ですが、これらの要素がバランスよく含まれている活動が料理なのです。 料理を作る際は、肉や魚等の材料を「選択」して、それをどう調理するのかの「判断」をします。 しかも、家事として調理する場合は一品だけではなく、何品も並行して作ることになります。 しかも、用事が立て込んでいる時は、掃除や選択も同時並列でこなす必要がありますね。 そのため、私たちが想像しているよりも、 料理を含む家事は高度な情報処理を求められる作業で、立派な脳トレになるのです。 ワーキングメモリを鍛えるには、レシピに一度目を通したあと、いっさいレシピを確認せずに料理をしましょう。 肉料理の場合は途中で自信がなくなるかもしれません。 パンを焼く場合は「無理だ」と思うことでしょう。 たいていは、レシピを暗記することは出来ないので、抜け落ちた記憶を長期記憶を利用して、推測することにもなるのです。 この作業がワーキングメモリに負荷をかけるのです。 「暗記料理」にぜひ挑戦して下さい。 スポンサーリンク ワーキングメモリを鍛える カテゴリ一覧•

次の

ワーキングメモリのトレーニング方法、鍛え方を解説

ワーキングメモリを鍛える方法

質問されてすぐに答えられる人、文章をスラスラ書けてしまう人など。 頭の回転が早い人には、脳のワーキングメモリの容量が大きいという特徴があります。 「私も頭の回転を早くしたい」という方は、これから紹介する8つの方法を実践してみてください。 今回は、ワーキングメモリの鍛え方についてお伝えしていきます。 ワーキングメモリとは? ワーキングメモリとは、少しの間記憶を保存したり、注意をコントロールする脳の機能の一つのこと。 脳のメモ帳的な存在だといわれています。 具体的な使用場面を想像してみると、例えば、相手の電話番号を記録する時に使われます。 「012-3456-78910」という番号を聞いたとしたら、まず「012」の3つの数字を頭に入れ、メモ帳に記入。 次に「3456」という様に、一度頭の片隅に情報を記憶しておき、後から思い出す力がワーキングメモリです。 他にも、集中力の高さやコミュニケーション力などに関係があります。 頭の回転を早くするには、このワーキングメモリを鍛えればよいのです。 ワーキングメモリを鍛える方法 ワーキングメモリの容量は大方IQで決まると言われています。 しかし、訓練次第ではある程度性能を上げることもできるのだそうです。 その方法を8つ紹介するので、順番に見ていきましょう。 ストレスを減らす ワーキングメモリの性能を十分に発揮するためには、ストレスが重要になってきます。 これはベルン大学の研究 などで分かっていることです。 学校の試験の時に、緊張して頭が回らないというのも、ストレスによるワーキングメモリの悪化が原因だったりします。 ストレスを溜め込まないようにすれば、クリアな思考でいつづけることができるでしょう。 緑茶を飲む バーゼル大学の研究 などでは、 緑茶がワーキングメモリの性能を上げることが分かっています。 この論文では、27. 5gの緑茶でアップしたそうです。 でもお伝えしたとおり、緑茶はストレスの減少にも効果があるので、性能を上げるにはもってこいな方法です。 1日コップ1杯を飲むことをオススメします。 睡眠時間を増やす 睡眠に関する研究 などでは、 睡眠時間を増やしたらワーキングメモリの性能が上がったという報告があります。 最適な睡眠時間は人によって8時間だったり、7時間半だったりと違うので、自分にあった時間を見つけるのが良いと思います。 食事 地中海式の食事を摂ると良いそうです。 特に、ブルーベリーを食べることをオススメします。 ベリー類にはフラボノイドというワーキングメモリの性能を上げてくれる成分が入っています。 研究 でもその効果は実証済み。 積極的に食べていきましょう。 ブルーライト 30分ブルーライトを浴びたら、ワーキングメモリの性能が上がったという研究 があります。 手持ちのスマホを使えば簡単に出来るので、試験前などに短い時間だけ浴びてみると良いかもしれません。 ただ、長期的な効果は不明なので、一時的に頭の回転を上げてくれるくらいに考えておいてください。 運動 「脳を鍛えるには運動しかない」という有名な本にも書いてあるのですが、 適度な運動はワーキングメモリにも効果があります。 エディンバラ大学の研究 によると、20分の中程度の有酸素運動(やや楽~ややきつい)で性能がアップしたそうです。 1週間に3回くらい、少なくとも1回は有酸素運動をしてみると鍛えられるでしょう。 運動が脳に効くという研究をこれでもかというくらいに詰め込んだ本。 この本を読めば、運動してこなかった自分に後悔するかもしれません。 瞑想 1日20分の瞑想を4回行ったら性能が上がったという研究 があります。 呼吸瞑想など、好きな瞑想を試してみてください。 人によっては、20分も続かないという方もいるでしょう。 しかし、メンタルトレーニングは辛いと感じるほど、脳の神経細胞を増やすという効果もあります。 ワーキングメモリをより効果的に鍛えたいという方は、是非取り組んでみてください。 エクスプレッシブライティング エクスプレッシブライティングとは、頭に浮かぶ感情や思考を紙に書き出す方法のこと。 研究の中には、 1日20分のエクスプレッシブレイティングを5週間続けたら、ワーキングメモリの性能が上がったという報告 があります。 必要なのは、紙とペン、タイマーのみ。 やり方は、タイマーをセットし、頭に浮かんできたことを文字の丁寧さや誤字を一切気にせずノートに書きます。 特に、過去のつらかった体験を書くと、より効果的です。 この方法はストレス対策としての効果もあります。 毎日続けることが望ましいでしょう。 まとめ ワーキングメモリを鍛えるための8つの方法についてお伝えしてきました。 もちろん、これらの方法の効果については個人差があるので、必ず効くという訳ではありません。 ワーキングメモリの容量はほぼIQで決まります。 鍛えるとしてもその効果は、想像以上に少ないということもありうるでしょう。 ですが、これらの方法を何ヶ月か続けた後、過去の自分を振り返ってみれば何かしらの変化は出ているはず。 ワーキングメモリだけでなくメンタルを鍛えられるというメリットもあるので、是非試してみてください。 psychologicalskills.

次の