きつね うどん 油揚げ。 なぜきつねうどんに油揚げがのっている?第93回 NHK「チコちゃんに叱られる!」より

きつねうどんのカロリーは低い?高い?ダイエット向き?栄養・糖質量を比較!

きつね うどん 油揚げ

歴史 [ ] きつねうどんがいつできたかについては諸説ある。 に大阪で作られたという説。 代に大阪で誕生したという説。 (26年)創業ののうどん屋「」が油揚げをのせたうどんを考案したという説。 きつねうどんをメニューとしており、「大阪きつねうどん」の石碑が建てられている。 江戸で油揚げを種にした蕎麦があり、文献によればよりもの方が古いとする説。 『衣食住語源辞典』(東京堂出版、1996年)では、きつねうどんが先行し後にきつねそばが誕生したものと解説されている。 由来 [ ] 名称はと同様、がキツネの好物とされていることに由来する。 一説には油揚げの色()・形がキツネがうずくまる姿に似ているからだともいう。 別称 [ ] 「けつねうどん」あるいは「けつね」と発音されることもある。 「しのだ」ともいい、漢字では「信太 」、「信田 」、「志乃田 」とも表記される。 これは信太の森の伝説に由来する (を参照)。 このほか「はいから」とも呼ばれる。 ただし、いわゆる「」を「ハイカラ」として売り出している店もある。 各地方の特徴 [ ] 「きつねうどん」のうどんの台をそばの台にかえたものを「きつねそば」とも言うが、地方によってはその「きつねそば」を「たぬき」と称する など、地方によって名称や特徴が異なる。 各地域の名称と内容を下記に記述する。 東京 [ ] の書「深話」に、ネギと油揚げをあしらったそばが記述されるなど歴史が古い。 の種物としても出ている。 「」にも油揚げを入れる店も多い。 江戸風俗研究家のは、・東京では単品で食べられる事が多いと解説している。 カップ麺「」の向けでは、向けよりしっとりした揚げであり、味もこってりしている(東京の揚げ物はを使用し、色よくのが主流)。 諏訪 [ ] きつね蕎麦の蕎麦が隠れるほど揚げが大きい。 京都 [ ] 京都の方言では、 けつねとも発音する。 『芦屋道満大内艦』に描かれたのの森のにちなんで「しのだ」と呼ばれることもある。 大阪 [ ] 一般的に「きつねそば」と呼ばれている物を、大阪では「たぬき」と称する。 を中心としたでは、醤油と砂糖で甘辛く煮た薄揚げを乗せたうどん料理を「きつね」、そば料理を「たぬき」と呼ぶことが一般的であり、「きつねそば」や「たぬきうどん」というメニューは通常存在しない。 近畿において、一部に前述の京都の様に、同じ名称でも出される物が異なることがある。 けつねなどと訛って発音する者もいるが 、これは親愛をこめた呼び方といわれ 、また、多くの場合は軽いの様なノリで、わざとそう呼んで注文している場合であるともいわれる。 大阪でも「しのだ」と呼称されることがある。 関西以外 関西 きつね• 油揚げをのせたそば又はうどん (きつねうどん、きつねそば)• 油揚げをのせた うどん(けつね、しのだ) たぬき• 揚げ玉をのせたそば又はうどん (たぬきうどん、たぬきそば)• 京都:刻んだ油揚げの上から葛餡を掛けたうどん• 大阪:油揚げをのせた そば ハイカラ -• 揚げ玉をのせたうどん(ハイカラうどん) 即席めん [ ] としては、の「 きつねうどん」が全国的に発売された後に、が「 」「」を全国に発売している。 の「 天ぷらきつねそば」は、そばの上に天ぷらと煮つけた揚げが乗っている。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 日本国語大辞典第2版、きつねうどん・きつねそば、の項。 『そば・うどん技術教本 うどんの技術』• 『図説 大阪府の歴史』• 52 1994年• 『きつねうどん口伝』• 126 2003年• 97 1996年• 大谷晃一著『大阪学』新潮文庫 p. 60 1994年• 274 1998年• 参考: 複数サイトを参照しメーリングリストや掲示板からの意見をまとめたもの• 「松本名物大揚げきつねそば」• 大辞林、三省堂• 我流京都探訪• 編、『大阪方言事典』297頁、杉本書店、1955、大阪• 大辞林(三省堂)「けつね」の項。 大谷晃一著『大阪学』新潮文庫 p. 50 1994年• 四日市市四郷地区ふるさと方言録 参考文献 [ ]• 宇佐美辰一(述)『きつねうどん口伝』、1991年11月、 、: 1998年10月、 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 メトニミー• ・・・・• (たぬきうどん・たぬきそば)•

次の

きつねうどんに油揚げを入れるのはなぜ?意味や由来はなに?

きつね うどん 油揚げ

下記にレシピも掲載してあります。 ぜひ、ご家庭でも給食の味を再現してみてください。 『きつねうどん』とは? シンプルな【かけうどん】に、 甘辛く煮た油揚げを乗せたもの。 なぜ、油揚げは『きつね』と呼ばれるのか? これにはいくつかのキツネ説があります。 ・油揚げは狐 キツネ の好物だから。 ・油揚げの色が狐色 きつね色 だから。 ・油揚げの形が狐 キツネ が うずくまる姿に似ているから。 地域で違うタヌキとキツネ きつねうどんは全国で共通ですが、 『きつねそば』という言葉は、 関西の方では 存在しません。 なぜなら、大阪を中心とする 近畿地方の方々は、 『きつねそば』のことを 『たぬき』と呼んでいるからです。 冷凍うどんを入れて、沸いたら、 完成というイメージで作ります。 【きつねうどん 1人分の分量 g 】 冷凍うどん・・・・50 鶏肉・・・・・・・20 うずらたまご・・・20 ねぎ・・・・・・・15 にんじん・・・・・10 小松菜・・・・・・10 しょうゆ・・・・・・3 みりん・・・・・・・2 塩・・・・・・・・0. 8 七味唐辛子・・・0. 大根のそぼろ煮 大根のそぼろ煮です。

次の

東京の『きつねそば』は大阪の『たぬき』

きつね うどん 油揚げ

きつねうどんの由来 「きつねうどん」とは、一般的には油抜きをした油揚げを、砂糖やみりん、醤油で、甘辛く味付けして、それをうどんの上に乗せたものを指します。 油揚げがきつねの大好物であることや、油揚げがきつねのうずくまる姿によく似ていることから、「きつねうどん」とネーミングされました。 ですので、油揚げのことを「きつね」と呼んでいるのです。 発祥には諸説ありますが、きつねうどんは大阪で発祥したと言われています。 大阪周辺では、信太森葛葉稲荷神社や、伝説のきつね信玄森の葛の葉に由来して、「しのだうどん」「しのだそば」と呼ばれることもあります。 京都では、味付けされていない刻んだ油揚げを乗せることが多く、甘辛い油揚げが乗っているうどんを「甘きつね」と呼ぶこともあります。 京都は比較的、薄味を好む文化があることが影響されていると言えます。 たぬきうどんの由来 「たぬきうどん」とは、一般的には揚げ玉入りのうどんのことを指します。 うどんの具を指す「たね」や天ぷらの具を抜いた「たね抜き」が変形して「たぬき」になったと言われています。 一説では、砧屋(きぬたや)で始めた「キヌタソバ」が変形して語源となったと言われることもあります。 また、関西では揚げ玉のことを「天かす」と呼ぶため、「たぬきうどん」と呼ばれることは少なく、「天かすうどん」「天かすそば」と呼ばれます。 天かすは本来、廃棄してしまうものなので、関西ではサービスで置いているお店が多いです。 また、この本来は捨てることを皮肉って「ハイカラ」と呼ぶこともあります。 ですので「ハイカラそば」「ハイカラうどん」と呼ばれることもあります。 スポンサーリンク きつねうどんとたぬきうどんの違い 関東と関西で「きつねうどん」と「たぬきうどん」は結局なにを指すのかをまとめました。 【関西】 ・きつねうどん…甘辛く味付けされた油揚げを乗せたうどん ・たぬきうどん… 関西に「たぬきうどん」は存在しません。 「天かすうどん」や「ハイカラうどん」といった呼び名であることもあります。 【関東】 ・きつねうどん…味付けはお店により様々ですが、油揚げを乗せたうどん ・たぬきうどん…天かすを乗せたうどんのこと ややこしいですが、旅先などで注文する際、想像していたものと違うものが出てくることがあるので、お気を付けくださいね。 また「関西」と言っても、京都では、「きつねうどん」を注文すると、味付けのされていない刻まれた油揚げが乗ったものが提供され、「たぬきうどん」を注文すると、短冊切りにした油揚げをのせて、その上にトロミをつけたあんをかけたうどんが提供されるのでご注意ください。

次の