人 感 センサー 電球。 人感センサー付きLED電球のおすすめ人気ランキング10選【斜め取り付けタイプも】

人感センサー付き電球を買ってみた。

人 感 センサー 電球

センサーの感度の良さ1 感知範囲が広い 比較して申し訳ないのですが、アイリスオーヤマは真下に来ないと反応しないなどの理由で、パナソニックへの乗り換えAmazonレビューが15件ありました。 もちろんその後のパナソニックは良い評価をもらっています。 なぜでしょうか? 検知範囲を比較してみましょう。 比較対象はパナソニックとアイリスオーヤマ、そしてオーム電機、最後にAmazonで高評価の海外電球を調べてみましょう。 調べてみると表示の高さがまちまちなので、2mにそろえて検知範囲を再計算してみます。 そして検知半径の広さを比べて見ましょう 検知範囲が広いということは、その分早く感知してくれるということです。 5m …4m …4m …4m 数字で比較すると一目瞭然ですね。 パナソニックが頭一つ出ています。 センサーの感度の良さ2 点灯してから再検知の感度が高い 理由は「人感センサーのよくある誤解」で後述しますが、 人感センサーとはいっても実は動きがないと消えてしまいます。 そこで通常のセンサー感知範囲内に加えて、他社にはないさらに狭い「微動検知範囲」がパナソニックにはあり、これにより人のわずかな動きでも感知して消えない仕組みです。 なので急にパッと消えるストレスがないのが良いですね。 3.5年保証がある LEDは長寿命なイメージが先行していますが、実はそうでもないのです。 光る部分のLED素子は長寿命ですが、LED電球は一例として80種類ほどの電子部品からなり、その中のコンデンサーが寿命で使えなくなることが多いようです。 色々なメーカーのLED電球を使ってみましたが、同じ型番でも使えなくなるまでの個体差が激しく、同じ照明で同時に使っても1カ月程度から数年持つ場合もあります。 したがってLED電球は特に保証に重きを置きたいですね。 海外製はあって1年程度で、連絡が付かないレビューがチラホラあるのでマイナスポイントです。 ・ 明暗センサー付き センサー付き電球では一般的ですが、昼間の明るい時には動作しない機能です。 メリットは夜だけ点灯するので省エネです。 商品によってはこの機能がなく、いつでも光るものもあります。 ついつい値段の安い海外製品に目が行きがちですが、買ってストレスなく失敗しないのが日本製の魅力ですね。 注意事項 ・ 屋外には使えないとされています 逆に屋外仕様とは耐候性や雷サージ(雷に打たれた時にダメージから守る)を高めたものと、パナソニックから返答をもらっています。 理屈では動くはずですが、玄関外の軒下などで電球の下が覆われていない照明では使わないでください。 ・旧タイプは買わない パナソニックの類似品として旧タイプの「ひとセンサタイプ 内玄関向け」があります。 玄関という文字がより専門的で良さそうに響きますが、LDA10LHKUGKは古く2014年発売です。 レビューもよくないので、間違って買わないようにしましょう。 現行タイプは「トイレ向け」とこの「玄関向け」が一つになったものです。 ・シェードが長い場合 下が覆われていなくてもセンサーを遮るまでシェードが下りている場合には、延長ソケットが必要です。 IKEA モーションセンサー ・電球が覆われていても反応する センサーから電球はよくある赤外線ではなく、もっと波長の長い2. 4GHz帯を使っています。 ・感度の良い位置にセンサーをつけることができる ただしセンサーは電球から10m以内です。 ・センサーの検知範囲 壁上2mにセンサーをつけたとき、120度の角度で5mが感知範囲です。 ・複数の照明を同時に点灯させておしゃれにできる 最大10灯までの電球を同時に点灯できるので、玄関収納近くにフロアライトや、テーブルライトを置くと、空間に光の陰影ができて高級感が感じられます。 また口金といいますが、照明による電球の差込の大きさが違うE26とE17の混在が可能です。 ・昼間のセンサー感知も可能 夜だけ感知と、昼も夜も感知の、2モードの切り替え可能です。 なので薄明るくてセンサーが感知しないときなどに、昼も夜もの検知モードで対応できます。 ・玄関の外からも、内からもセンサーで点灯できる センサーを2個に分けて、同じ電球を操作できます。 こうすることで室内、室外でそれぞれ感知して内玄関と外玄関同時につけることができます。 また階段途中の照明の電球にすれば、階下と階上でそれぞれ感知できて便利ですね。 わが家では外だけにセンサーをつけて、内外両方の電球とリンクさせています。 設定方法はイケアのサイトにもありますが、センサーですべての電球をリンクしてから、新しく初期化状態のセンサーと、それぞれに電球から離して、リンクボタンを同時に押すことでセンサーのリンクコピーができます。 イケア公式オンラインもありますが、ポイントや、配送料と速さで決めましょう。 「TRADFRI」という名前でスマートライティングのシリーズ電球が動かせます。 旧モデルにはセンサーと電球のセットがありましたが、新モデルは別売になります。 注意事項 ・消灯までの時間の違い 旧モデルは動きの感知がなくなってから1,5,10分で消灯 新モデルは動きの感知がなくなってから3分で消灯(紹介したのは新モデル) ・屋外は使用不可 外玄関などのパッキンが使われている密閉型の照明には使えないとされています。 そうではありますが、わが家ではセンサーで点灯時間が少ないから発熱はそれほどないと踏んで、自己責任で外玄関に使用しています。 ・センサーの電池 テスト電池はわりあいとすぐ切れるので、事前に交換用電池の準備がお勧めです。 ・リンクの初期設定が必要 ボタン一つで設定ができ、日本語の説明書が入っています。 ・斜め付けのE17ダウンライトの場合• 天井埋込のダウンライト• ダウンライトによくある差込が斜めの場合には、先に紹介したE17電球では光が真下までいかないので、間にアダプターを入れます。 裸電球でシェードがない場合に使います。 写真にあるように人感センサーが本体からつき出ているので、シェードがある場合にはつかえません。 ・明暗センサー付き 明るい時には点灯不要として、人感センサーが動かない機能です。 ついてほしいのに明暗センサーが明るいと判断してつかない場合には、明暗センサーなしでいつでも人感センサーが動くもあります。 また製品の正規サイトでも混乱が見られたので、問い合わせ確認をしたうえでの情報です。 ・センサーの範囲と調整 先の項目で比較したセンサー付き電球に比べると、感知範囲は広くはありませんが、感度が悪いレビューもないので、ストレスのない実用範囲内といえます。 図の通り電球側には感知しないので、電球ソケットを軸にして回転させて、センサーの向きをしっかり調整する必要があります。 ・最大消費電力 白熱灯60W、蛍光電球20W 使っていい電球の最大のW(ワット)数です。 この下の注意事項を参照してください。 ・レビュー評価 日本製のため初期不良のレビューは多くないです。 明るさの感度の調整ができないので、それほど暗くなっていなのに点くのを良くないとするレビューがあります。 他のほとんどのセンサーライトは調整できないので、この機能は優れています。 ・センサーのアームと、センサー部の角度がそれぞれ調整可 センサーアームは最大28cmまで開きます。 これよりも大きいシェードはセンサーが隠れて反応しなくなるので注意です。 ・レビュー評価 アームが伸びて見た目が悪い。 細かく設定できる分、初期設定が面倒。 設定しきれないで使えないのか、本当に性能が悪いのか不明ですが、センサーが理由で低評価もいくつかあります。 人がいるのに消えてしまう 人感センサーといっても、人の形を認識して人が近づいてきて、そこにいるのかどうかを判断しているのでありません。 人感センサーとしているのは、正確には熱センサーです。 熱の移動があるか、ないかを感知します。 なので猫や、センサーによっては、ひょっとするとヤモリでも動く熱に反応してしまうかもしれません。 逆にどの商品にも同じですが、センサー感知範囲内で止まっていると、それぞれの商品で決められた時間後に消えてしまいます。 なのでトイレで大便の時には動きがなく、人感センサーは熱の移動を感知しないので消えてしまうのです。 この場合は腕を振るなどして、腕の熱の動きを感知させてあげる必要があります。 ただこの時に腕を振らなくてはいけないのか、頭のちょっとした動きだけで感知するのかの性能差はあります。 この性能差で秀でているのがパナソニックの微動検知範囲を持つセンサー付き電球と言えるでしょう。 レビューで人がいるのに時間が来ると消えてしまうと、どの商品にもありますが、これはセンサーの仕組みなので仕方のないことなのです。 反応しにくい角度 こちらもどの商品にも共通ですが、センサーにまっすぐ向かうと反応しづらいです。 再度パナソニックの検知範囲の図を見てましょう。 左の人はセンサーの 真下に向かって真っすぐ進むので、感知しづらくなります。 逆に右の人はセンサーの 範囲を横切るように進むので、感知しやすくなります。 例えるのなら自転車の車輪は軸から何本もの針金(スポーク)でタイヤを支えていますが、このスポークがセンサービームのようなもので、これを遮らないと感知しない仕組みです。 センサーの角度ではなく、位置が調整できる商品は、ただまっすぐに人が向かう方向ではなく、少し位置をずらすと感度が良くなることが分かるはずです。

次の

センサーで消し忘れ防止!節電するならLED電球ひとセンサタイプがおすすめ【自動点灯・消灯】 ─ 電球屋.JP

人 感 センサー 電球

このスイッチの蓋の内部に[明るさを検知するセンサー]がありますが、 必要によりoffにすることができます。 詳しくは、次のURLをクリックして参考にして下さい。 ・品番の枠内に[WTP181WP]を入力してから右の[表示]をクリック しますと[取扱説明書]が表示されますので、動作内容を確認します。 注意1 このスイッチに交換する作業には電気工事士の資格を持った方 電気 工事屋さん に依頼する必要があります。 注意2 このスイッチに交換する場合のLEDランプは、"調光器対応型"のLED ランプを使用します。 照明器具側であれば明るさセンサと人感センサを独立して調整できるものもありますが、LEDライトで人感センサつきのものはニーズからいっても明るさセンサとセットですね。 何せエコを売りにするわけですから、明るい時に点くと本来はまずいわけです。 一応高くつきますが一つの案として、センサーつきスイッチで代用すると言うのはどうでしょうか。 現在の照明スイッチの位置がちょうど良いところであればそのスイッチをセンサーつきスイッチに取り替えるだけで、 場所をスイッチ以外のところにしたい場合はセンサーとスイッチが独立したものが利用できると思います。 これらは 明るさセンサはなく、人感センサーのみのようです。 もう少しLEDライト探してはみますが・・・。 A ベストアンサー たいがいの人感センサーの灯具は明るさセンサーとの併用ですよ。 昼間は点灯しません。 むしろ明るさ連動でないものを探すほうが難しそう。 普通のライトのソケットにセンサー付きLED電球やセンサーソケットなどを使うと既存のものにセンサーの追加も可能です。 うちではダウンライトにはQライトマルチというセンサーソケットを使ってますが、明るさ検知レベルも変更できて便利。 いきなり100%でパッとつくのではなく、ほわっと徐々に明るくなるので暗闇で点灯しても目に痛くないのが好み。 losttechnology. html 灯具自体のではパナソニックのFreePaシリーズやかってにスイッチなどがオススメ。 これもQライトマルチのようにふわっと点灯してくれます。 taroto. panasonic. 昼間は点灯しません。 むしろ明るさ連動でないものを探すほうが難しそう。 普通のライトのソケットにセンサー付きLED電球やセンサーソケットなどを使うと既存のものにセンサーの追加も可能です。 うちではダウンライトにはQライトマルチというセンサーソケットを使ってますが、明るさ検知レベルも変更できて便... A ベストアンサー その照明器具を電球で使用していた時に、点灯時、消灯時にフェード機能はありませんでしたか? 人に反応してス~っと明るさが増して点いたり、逆に自然に減光しながら消えたりという機能です。 もしそういう機能のある照明器具であるならば、ANo. 1さんが言うように調光対応型のLED電球でなければ対応できません。 ですがいまや調光対応LED電球は消滅しつつあります。 フェード機能のない照明器具でLED電球が瞬く場合、そのLED電球が安価な海外製などである場合が多いです。 基本的に人感センサー式照明器具にはLED電球は対応しません。 理由は人感スイッチが機械的な接点式ではなく電子リレー式だからです。 ですが日本家電メーカー製のLED電球であれば通常は問題なく使用可能です。 照明器具のメーカーによる差もあります。 一般的にはパナソニック製や東芝製の照明器具は人感センサーの付いたタイプでも問題なくLED電球に対応します。 それ以外の照明器具メーカー製ですと、器具によってはLED電球に対応できないものもあります。 これは内部の電子リレーの造りの差です。 ほたるスイッチがどうと言ってる人もいますが、今時ほたるスイッチに対応できないLED電球ほど珍しいです。 ホームセンターなどで売ってるよほど安価なものでない限り、いまやそういうものはないと思います。 当然日本家電メーカー製LED電球は初期の頃からほたるスイッチ対応型でした。 それと安価なLED電球がほたるスイッチでうまく消灯できない原因と、人感センサー式照明器具でLED電球が点滅してしまうのとは原因が全く違います。 そもそも安価な海外製LED電球と日本家電メーカー製LED電球は造りも性能も全く持って違います。 その照明器具を電球で使用していた時に、点灯時、消灯時にフェード機能はありませんでしたか? 人に反応してス~っと明るさが増して点いたり、逆に自然に減光しながら消えたりという機能です。 もしそういう機能のある照明器具であるならば、ANo. 1さんが言うように調光対応型のLED電球でなければ対応できません。 ですがいまや調光対応LED電球は消滅しつつあります。 フェード機能のない照明器具でLED電球が瞬く場合、そのLED電球が安価な海外製などである場合が多いです。 基本的に人感センサー式照明器具にはLE... Q 新居にて既設の照明器具を交換しようとした所、取り付け方法が引掛シーリングではなく、 配線が直接照明器具に繋がっている形状のものでした。 そこで、不動産屋と交渉し引掛シーリングのものに変更しても良いか相談をしようと思っています。 が、そもそも工事費が幾らぐらいかかるのか見当がつきません。 1-2万程度、不動産屋も許可するなら工事をしたいと思っています。 どなたかご存知の方がいらっしゃったらご教示頂けないでしょうか。 東京都23区内で対応できる業者の方をご紹介頂けると大変助かります。 また、インターネット上で実際の工事方法を掲載しているHPがあったら教えて頂けないでしょうか。 以上、宜しくお願い致します。 A ベストアンサー 全て揃っているのなら無理かもしれませんが、この際照明器具の 1つ位を家電量販店等で購入し取付工事を依頼されてはどうでしょうか? また照明以外にエアコン取付工事等を依頼される場合はその業者に お願いしてみるのも良いかもしれません。 出張費用が伴わない場合、シーリングの取付であれば1箇所につき 2~4000円くらいで行ってもらえるのではないでしょうか。 高価なものを購入された場合は交渉してサービスしてもらってください。 なお、ご承知のとおり工事には電気工事の資格が必要です。 不備があった場合、感電、ショート、火災の危険が伴いますので 絶対にご自分では行わないでください。 1,家のブレーカーを落とす。 または照明器具のスイッチをオフにする 2,既存照明器具より配線(黒、白)を取り外す。 (ワンタッチで取れない場合は切断しても可) 3,取り外した配線を引っ掛けシーリングの2つの穴に それぞれ入れて、引っ張っても抜けないことを確認 銅線部分が露出してしまう場合はショートの危険があるので 一度外して、銅線部分を切断して長さを調整すること。 4,余分な配線を天井に押し込み、シーリングを天井に固定して付属のビスで 天井に固定します。 この際、なんの抵抗もなくビスが入ってしまうような場所だと 取付不可です。 別の場所(下地が入っている位置を探して)に固定してください。 5,新しい照明器具を取り付ける。 重量があるものの場合、別途補助金具などを天井に固定し、チェーンか 紐で吊っておくこと。 6,ブレーカーを入れて、動作確認。 全て揃っているのなら無理かもしれませんが、この際照明器具の 1つ位を家電量販店等で購入し取付工事を依頼されてはどうでしょうか? また照明以外にエアコン取付工事等を依頼される場合はその業者に お願いしてみるのも良いかもしれません。 出張費用が伴わない場合、シーリングの取付であれば1箇所につき 2~4000円くらいで行ってもらえるのではないでしょうか。 高価なものを購入された場合は交渉してサービスしてもらってください。 なお、ご承知のとおり工事には電気工事の資格が必要です。 Q ダウンライトを交換するために天井各穴の径を計ろうとダウンライトを引き抜いていたところ、何気なく白黒の配線を見るとライトのコネクタの穴の所に片側にWと書かれて線のイラストが描かれており、片方のは無印でした。 Wの方に黒が刺さっていたのですが、素人考えではWとはホワイトを意味していて、白い線を差し込むのでは?と疑問に思いました。 ネットで調べてみると黒線のが電気の流れる側で白線が設置側(N側?)で感電防止のための構造だというところまではわかりました。 ためしに他のダウンライトも調べてみたら、1階のダウンライトはWに黒の線、2階が白の線で、混在状態でした。 築20年の家で今まで特に問題もなかったので大丈夫かとは思いますが、なんだか不安です。 GW明けにダウンライト交換を業者に依頼する際に、全設備の点検もお願いすべきでしょうか。 A ベストアンサー >ネットで調べてみると黒線のが電気の流れる側で白線が設置側(N側?)… ちょっとあいまい。 >1階のダウンライトはWに黒の線、2階が白の線で、混在状態でした… あまり神経を使わない工事屋さんだったのでしょうね。 >全設備の点検もお願いすべきでしょうか… Wに黒線をつなぐことによる不具合は、 1 そのダウンライトが白熱電球または電球型蛍光灯の場合・・・スイッチオンのまま電球交換したとき、口金部分に手を触れると感電する。 スイッチをオフして交換すれば問題ない。 2 コンパクト形蛍光灯の場合・・・スイッチオフ時にも安定器に電圧が加わっているので寿命が縮む恐れがある。 あなたにとってこれが気になるなら、点検してもらえば良いでしょう。 A ベストアンサー 回路的は可能ですし、改造自体もとても簡単な物です。 センサーライトは焦電型赤外線センサーを応用した製品で、電源とランプの間にこの回路を利用したスイッチが入っているだけです。 従ってこの回路内のリレー(電磁石の力で動くスイッチ)と並列にスイッチを設け、リレーがオフのときでも新たに設けたスイッチを通してランプに電源を供給すればいいだけの話です。 ただし、このような改造を行うには少なくても、回路の中のリレーを見つけ、リレーの端子のどことどこがランプと電源の間にあるのかを探す必用があります。 なれた人間が見ればすぐにわかるのですが、基礎知識がないと、AC100Vを扱うものですので危険が伴います。 内部回路の写真(基盤の両面)でもあればどの端子がどこへ行っているか判るのですが、この質問からでは判りません。 また、半田付けなど、多少の電子工作の経験がないのであればやめておいた方がいいでしょう。 A ベストアンサー 実際はつったり掘ったりスラブ固めたり仕事してますから。 もし「ダイナマイト発破は許される」としても鉄筋メッシュが入っていたら、 手で撤去できるほどのひびが伸びませんから、単独一撃では無理ですよ。 鉄筋はサンダーで、細部はハンドドリルではつる目に遭います。 お仕事として破壊するならノウハウの有る人をコネで探し現場に入れるか、 少なくとも「鉄筋あるか基礎につながっていないか」見抜いてください。 日が暮れてハツリがダメなら、中ハンマー大ハンマーで頑張ってますが。 民間人で鉄筋無い箇所ならダイヤモンドカッターとか「切る工具」しかない。 東京の地下鉄統合問題のニュースで「壁を取って2社ホーム連結を視察」 の画像で探せば見えるはずだけれど、ここは防火隔壁扱いのタテ壁なので、 100mmのホールソー(円筒ドリル)で破線を四角く掘って壁を抜く工法です。

次の

【楽天市場】センサーライト 人感電球 LED電球 屋内 LED 照明 人感センサー ライト人感センサー付きLED電球 LED電球 E26 E17 自動点灯 自動消灯 センサーライト 60W形相当 工事不要(LUX

人 感 センサー 電球

センサーの感度の良さ1 感知範囲が広い 比較して申し訳ないのですが、アイリスオーヤマは真下に来ないと反応しないなどの理由で、パナソニックへの乗り換えAmazonレビューが15件ありました。 もちろんその後のパナソニックは良い評価をもらっています。 なぜでしょうか? 検知範囲を比較してみましょう。 比較対象はパナソニックとアイリスオーヤマ、そしてオーム電機、最後にAmazonで高評価の海外電球を調べてみましょう。 調べてみると表示の高さがまちまちなので、2mにそろえて検知範囲を再計算してみます。 そして検知半径の広さを比べて見ましょう 検知範囲が広いということは、その分早く感知してくれるということです。 5m …4m …4m …4m 数字で比較すると一目瞭然ですね。 パナソニックが頭一つ出ています。 センサーの感度の良さ2 点灯してから再検知の感度が高い 理由は「人感センサーのよくある誤解」で後述しますが、 人感センサーとはいっても実は動きがないと消えてしまいます。 そこで通常のセンサー感知範囲内に加えて、他社にはないさらに狭い「微動検知範囲」がパナソニックにはあり、これにより人のわずかな動きでも感知して消えない仕組みです。 なので急にパッと消えるストレスがないのが良いですね。 3.5年保証がある LEDは長寿命なイメージが先行していますが、実はそうでもないのです。 光る部分のLED素子は長寿命ですが、LED電球は一例として80種類ほどの電子部品からなり、その中のコンデンサーが寿命で使えなくなることが多いようです。 色々なメーカーのLED電球を使ってみましたが、同じ型番でも使えなくなるまでの個体差が激しく、同じ照明で同時に使っても1カ月程度から数年持つ場合もあります。 したがってLED電球は特に保証に重きを置きたいですね。 海外製はあって1年程度で、連絡が付かないレビューがチラホラあるのでマイナスポイントです。 ・ 明暗センサー付き センサー付き電球では一般的ですが、昼間の明るい時には動作しない機能です。 メリットは夜だけ点灯するので省エネです。 商品によってはこの機能がなく、いつでも光るものもあります。 ついつい値段の安い海外製品に目が行きがちですが、買ってストレスなく失敗しないのが日本製の魅力ですね。 注意事項 ・ 屋外には使えないとされています 逆に屋外仕様とは耐候性や雷サージ(雷に打たれた時にダメージから守る)を高めたものと、パナソニックから返答をもらっています。 理屈では動くはずですが、玄関外の軒下などで電球の下が覆われていない照明では使わないでください。 ・旧タイプは買わない パナソニックの類似品として旧タイプの「ひとセンサタイプ 内玄関向け」があります。 玄関という文字がより専門的で良さそうに響きますが、LDA10LHKUGKは古く2014年発売です。 レビューもよくないので、間違って買わないようにしましょう。 現行タイプは「トイレ向け」とこの「玄関向け」が一つになったものです。 ・シェードが長い場合 下が覆われていなくてもセンサーを遮るまでシェードが下りている場合には、延長ソケットが必要です。 IKEA モーションセンサー ・電球が覆われていても反応する センサーから電球はよくある赤外線ではなく、もっと波長の長い2. 4GHz帯を使っています。 ・感度の良い位置にセンサーをつけることができる ただしセンサーは電球から10m以内です。 ・センサーの検知範囲 壁上2mにセンサーをつけたとき、120度の角度で5mが感知範囲です。 ・複数の照明を同時に点灯させておしゃれにできる 最大10灯までの電球を同時に点灯できるので、玄関収納近くにフロアライトや、テーブルライトを置くと、空間に光の陰影ができて高級感が感じられます。 また口金といいますが、照明による電球の差込の大きさが違うE26とE17の混在が可能です。 ・昼間のセンサー感知も可能 夜だけ感知と、昼も夜も感知の、2モードの切り替え可能です。 なので薄明るくてセンサーが感知しないときなどに、昼も夜もの検知モードで対応できます。 ・玄関の外からも、内からもセンサーで点灯できる センサーを2個に分けて、同じ電球を操作できます。 こうすることで室内、室外でそれぞれ感知して内玄関と外玄関同時につけることができます。 また階段途中の照明の電球にすれば、階下と階上でそれぞれ感知できて便利ですね。 わが家では外だけにセンサーをつけて、内外両方の電球とリンクさせています。 設定方法はイケアのサイトにもありますが、センサーですべての電球をリンクしてから、新しく初期化状態のセンサーと、それぞれに電球から離して、リンクボタンを同時に押すことでセンサーのリンクコピーができます。 イケア公式オンラインもありますが、ポイントや、配送料と速さで決めましょう。 「TRADFRI」という名前でスマートライティングのシリーズ電球が動かせます。 旧モデルにはセンサーと電球のセットがありましたが、新モデルは別売になります。 注意事項 ・消灯までの時間の違い 旧モデルは動きの感知がなくなってから1,5,10分で消灯 新モデルは動きの感知がなくなってから3分で消灯(紹介したのは新モデル) ・屋外は使用不可 外玄関などのパッキンが使われている密閉型の照明には使えないとされています。 そうではありますが、わが家ではセンサーで点灯時間が少ないから発熱はそれほどないと踏んで、自己責任で外玄関に使用しています。 ・センサーの電池 テスト電池はわりあいとすぐ切れるので、事前に交換用電池の準備がお勧めです。 ・リンクの初期設定が必要 ボタン一つで設定ができ、日本語の説明書が入っています。 ・斜め付けのE17ダウンライトの場合• 天井埋込のダウンライト• ダウンライトによくある差込が斜めの場合には、先に紹介したE17電球では光が真下までいかないので、間にアダプターを入れます。 裸電球でシェードがない場合に使います。 写真にあるように人感センサーが本体からつき出ているので、シェードがある場合にはつかえません。 ・明暗センサー付き 明るい時には点灯不要として、人感センサーが動かない機能です。 ついてほしいのに明暗センサーが明るいと判断してつかない場合には、明暗センサーなしでいつでも人感センサーが動くもあります。 また製品の正規サイトでも混乱が見られたので、問い合わせ確認をしたうえでの情報です。 ・センサーの範囲と調整 先の項目で比較したセンサー付き電球に比べると、感知範囲は広くはありませんが、感度が悪いレビューもないので、ストレスのない実用範囲内といえます。 図の通り電球側には感知しないので、電球ソケットを軸にして回転させて、センサーの向きをしっかり調整する必要があります。 ・最大消費電力 白熱灯60W、蛍光電球20W 使っていい電球の最大のW(ワット)数です。 この下の注意事項を参照してください。 ・レビュー評価 日本製のため初期不良のレビューは多くないです。 明るさの感度の調整ができないので、それほど暗くなっていなのに点くのを良くないとするレビューがあります。 他のほとんどのセンサーライトは調整できないので、この機能は優れています。 ・センサーのアームと、センサー部の角度がそれぞれ調整可 センサーアームは最大28cmまで開きます。 これよりも大きいシェードはセンサーが隠れて反応しなくなるので注意です。 ・レビュー評価 アームが伸びて見た目が悪い。 細かく設定できる分、初期設定が面倒。 設定しきれないで使えないのか、本当に性能が悪いのか不明ですが、センサーが理由で低評価もいくつかあります。 人がいるのに消えてしまう 人感センサーといっても、人の形を認識して人が近づいてきて、そこにいるのかどうかを判断しているのでありません。 人感センサーとしているのは、正確には熱センサーです。 熱の移動があるか、ないかを感知します。 なので猫や、センサーによっては、ひょっとするとヤモリでも動く熱に反応してしまうかもしれません。 逆にどの商品にも同じですが、センサー感知範囲内で止まっていると、それぞれの商品で決められた時間後に消えてしまいます。 なのでトイレで大便の時には動きがなく、人感センサーは熱の移動を感知しないので消えてしまうのです。 この場合は腕を振るなどして、腕の熱の動きを感知させてあげる必要があります。 ただこの時に腕を振らなくてはいけないのか、頭のちょっとした動きだけで感知するのかの性能差はあります。 この性能差で秀でているのがパナソニックの微動検知範囲を持つセンサー付き電球と言えるでしょう。 レビューで人がいるのに時間が来ると消えてしまうと、どの商品にもありますが、これはセンサーの仕組みなので仕方のないことなのです。 反応しにくい角度 こちらもどの商品にも共通ですが、センサーにまっすぐ向かうと反応しづらいです。 再度パナソニックの検知範囲の図を見てましょう。 左の人はセンサーの 真下に向かって真っすぐ進むので、感知しづらくなります。 逆に右の人はセンサーの 範囲を横切るように進むので、感知しやすくなります。 例えるのなら自転車の車輪は軸から何本もの針金(スポーク)でタイヤを支えていますが、このスポークがセンサービームのようなもので、これを遮らないと感知しない仕組みです。 センサーの角度ではなく、位置が調整できる商品は、ただまっすぐに人が向かう方向ではなく、少し位置をずらすと感度が良くなることが分かるはずです。

次の