ワンピース 970。 【ワンピース】970話「おでんvsカイドウ」考察・感想

ワンピースネタバレ970話最新話ネタバレ考察おでんとオロチの約束とは?

ワンピース 970

カイドウがただ言っただけの言葉だが、実際に作戦はバレているのでスパイはいたのだろう。 誰なのだろうか・・・ 【ワンピース970話ネタバレ】光月おでん様にスパイ行為!?!?衝撃の犯人【スパイの条件】 ワンピース970話の話しに出てきたおでんのスパイが誰なのか?おでんのスパイに成り得る条件を考えてみよう💡 スパイの条件その1【おでん側の精鋭であること】 今回のおでんの作戦は、おそらく城内でも精鋭のみに対し内密に行われたものだと推測できる。 なぜなら、カイドウの寝込みを襲うという作戦を カイドウ・オロチに支配された国でおおっぴらに言えるわけがないので よほどの精鋭の中にスパイがいない限りは、知れる作戦ではない。 誰でも良いわけではないので、いち家来ではダメだ。 スパイの条件その2【捕らえられた者にはいない?】 おでんサイドでスパイとして活動する以上、カイドウ軍がそのスパイを捕らえて処刑するのは不自然だ。 しかし捕らえられた者の中にスパイがいたとしても成立する・・・ 今の段階では💡 というのは、まだ今回のワンピース970話の段階では捉えただけで処刑はおこなっていないからだ。 この後もし捉えられたのにも関わらず処刑されない人物がいたとすれば・・・誰であれそいつはトンデモナク怪しい。 おでん側のスパイである可能性が高くなる。 スパイの条件その3【必ずしも味方である必要がない】 おでんにスパイをしていた者は必ずしもおでんの味方である必要はない。 なぜならカイドウの言葉はこうだ。 「お前の城にスパイでもいるのかもな」 味方のフリをしていようが、敵として潜伏していようが この言葉なら辻褄が合う。 そして、俺も確かに怪しいと感じている。 ちょっとここは深く掘り下げていきたい。 【ワンピース970話ネタバレ】光月おでん様にスパイ行為!?!?衝撃の犯人【現代でもルフィたちの裏切者がいる】 すこし話が遡りますが、現代でルフィたちも何者かスパイがいることにより、秘密の作戦がカイドウ側にバレています。 なので、当時おでんのスパイとして活動しており、更に現代でもスパイ活動を働いている人物がいる。 となると、該当する人物はかなり絞られてくる。 当時は 「忍者なのに忍べてないキャラ」 という描かれかたをしていましたが、あれは真面目にとらえるとスパイ行為、謀反です。 699話では、屋根裏でおでんとオロチの邂逅を覗いていましたね。 なんにせよ怪しすぎます。 やはりしのぶがおでんのスパイで間違いないのか・・・ 【ワンピース970話ネタバレ】光月おでん様にスパイ行為!?!?衝撃の犯人【不自然なタイミングでの参戦】 内密に行われていたはずのおでんの奇襲、ここに突然しのぶちゃんは参戦します。 しかし、このシーンではおでんを助けています。 スパイをしていたとしても、完全におでんに敵対しているわけではない事がわかるシーンだ。 ただ、どうしてこの秘密の強襲である戦いの日取り場所を知っているのか・・・。 例えば人質を取られているから仕方なくおでんのスパイをしているとか。 おでんのことを恨む過去(おでんが捻じ曲げた川の氾濫で家族が死んだとか)があるけど、おでんの人柄は好きだとか・・・ いくらでも憶測は立てられますが事情はどうあれ 彼女がスパイなのであれば、彼女の行動は一貫性が無いように思います。 【ワンピース970話ネタバレ】光月おでん様にスパイ行為!?!?衝撃の犯人【2種類の解釈】 さきほどの画像のシーン。 俺個人としては、複数の解釈ができると思っています。 解釈その1【おでんがしのぶを助けた】 しのぶを逃す為に、しのぶが仲間じゃないことをカイドウ軍におでんは訴え、しのぶちゃんを逃がしている。 これが普通の解釈だと思います。 この解釈の中では、しのぶちゃんは白ですね。 解釈その2【家臣とは認めないという意味】 「知らん、そんな女家臣にはいねぇ!」とおでんは言いますが 記憶として知らないというのは、先ほど名前を呼んでいるのでありえません。 あるとすれば 「知らん、そんな裏切者は家臣とは認めない」 という意味で言ったのであれば、辻褄が通ります。 この解釈なら、しのぶちゃんは黒です。 【ワンピース970話ネタバレ】光月おでん様にスパイ行為!?!?衝撃の犯人【しのぶちゃんに関する結論】 今の段階では、しのぶちゃんが白か黒かは、判断に迷いますね。 めちゃくちゃ怪しいんですけどね。 でも予想の本命は次の章です。 尾田先生にババァと名付けられてしまった、こやつです!!!俺はこの黒炭ひぐらしこそ、おでんのスパイを働いた張本人だと思っています! マネマネの実の先代能力者であり、オロチをそそのかした張本人。 さあ、3枚におろしていきましょう。 身分的を考えると基本的には城下にはおりないはずだが、マネマネの実の能力で黒炭ひぐらしにコピーされている。 余談だが、コピーするには直接手でほっぺたに触れる必要があるので、かなり近しい存在でなければ、コピーは不可能だ。 つまり、モモの助に化けられる時点で、この黒炭ヒグラシは場内のどこでも自在に自由に動き回ることが可能だったわけだ。 ヒミツの作戦も、その気になれば聞くことができるだろう。 それはイヌアラシとネコマムシの喧嘩だ。 画像の通り、あの2人は非常に仲が良かったが、どうやらおでんが原因で喧嘩をしているようだ。 【ワンピース970話ネタバレ】おでんのスパイをした本命【黒炭ヒグラシがなりすました人物】 では、現段階の最終結論を言いますが 黒炭ひぐらしはネコマムシかイヌアラシのどちらかに化け、おでんのスパイとして潜入したものと思います。 という段階を踏めば、作戦を聞く事ができます。 さらに、その事実がなんらかの形で2人の耳に入ったなら ただでさえ、おでんを死刑に追いやった自責の念がある2人は 互いの間抜けさを恨み喧嘩をしてしまっても不思議はありませんね。

次の

ワンピースネタバレ970話最新話の考察|伝説の1時間としのぶちゃんはオロチの内通者?

ワンピース 970

おでん達サムライは奮戦したものの、なんかメリハリのない戦いになってたよね。 まずは以下のカットから確認していこう。 ワンピース970話より引用 おでん陣営には内通者がいる? まず最初にチェックしたいのは 「内通者」の存在。 しのぶがクロであれシロであれ、いずれにしても 「陰謀の匂い」が立ち込めてきたのはひとつのポイントだったといえるだろう。 で、次に確認したいのは以下のカットなんだけど、ここでカイドウから 「衝撃のひとこと」が飛び出す!! ワンピース970話より引用 カイドウから衝撃のひとことが飛び出す! おでんとヒョウ五郎が手を組めば、侍たちが敵にまわる。 そうしたらカイドウは 「分が悪い」と踏んだみたいだ。 【スポンサーリンク】 伝説の一時間の戦いについて! で、ここから先は具体的に伝説の一時間に迫っていく。 まず最初にチェックしたいのは以下、しのぶの登場。 かつての若く美しいしのぶがおでん陣営に協力してくれる流れになったのはひとつのキーポイント。 しかし実際のところ、彼女が何をどう助太刀してくれたのかはいまいちよくわからない感じだ。 そもそも彼女は先端恐怖症だし、情報戦か何かで助太刀してくれたのかな? ワンピース970話より引用 情報戦か何かで助太刀してくれたのかな? で、ここから先はまさに 「おでん無双」といった感じ。 おでんによる会心撃が炸裂し、カイドウに一太刀が炸裂することになった! 以下のカットにおける桃源十手(とうげんとっか)は迫力ある斬撃だね〜! ワンピース970話より引用 迫力ある斬撃、桃源十手(とうげんとっか)! しかしともあれ、今回の戦いで活躍したかのように見えるのは主におでんのみ。 カイドウ陣営の兵士たちは完全なモブばかりであり、なんなら覇王色一発で相当数を一掃できそうな状態だ。 赤鞘九人男の実力はどっちみち知れてるし、やはりこの闘いは 「おでん単独+おまけの腰巾着たち」って感じのニュアンスがとても強かったように感じるかも。 よし、長くなっちゃったのでで!.

次の

ワンピースネタバレ970話最新話の考察|伝説の1時間としのぶちゃんはオロチの内通者?

ワンピース 970

』 『感謝しろよ〜!?ウォロロロ!!』 ヒョウ五郎『…!?』 クイーン『まったく、カイドウさんも悪趣味だぜ…。 』 『約束なんて守る気ねェ癖に…!!ムハハハ!!』 キング『ふん…!!あんな小心者が将軍の跡取りとはな…。 女将さん…。 』 『アイツら、絶対許さねェ!!』 ドガァァァン!! オロチ『おでんの奴…!!将軍に逆らう気か!?』 福ロクジュ『お庭番衆…!!オロチ様をお護りするのだ!!』 スバッズバッ!! バタ…バタ…!! 福ロクジュ『…!?』 河松『カッパッパ!!この程度で将軍の護衛…??』 アシュラ『弱すぎるど…!!』 護衛は倒され… 家臣を連れたおでんが 「オロチ城」に辿り着く…!! おでん『オロチ…!!お前如きに用はねェ。 』 『今すぐカイドウを呼べェ!!』 黒炭せみ丸『オロチ様、お下がりくだせェ。 』 せみ丸は指を結び、 「バリア」を張る…!! 黒炭ひぐらし『ニキョキョ!!バリバリの術はそう簡単に破れないよ…!!』 おでん『あァ…!?』 ギンッ…!! おでんの 「覇王色の覇気」で、ひぐらしとせみ丸は気絶…。 カイドウ!!』 カイドウ『おでんか…。 おれ様に何の用だ??』 『せっかく仲良くできると思ったのによ〜。 』 おでん『うるせェ。 その程度か…。 』 おでん『硬ェな…。

次の